木で作った閘門式運河・・見沼通船堀



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

見沼通船堀
見沼通船堀


昔の地名というのは、非常におもしろいもので、たとえばねずきちが住んでいる埼玉県の家は、東京湾から50kmも離れている内陸部なのですが、近くに「戸埼(へさき)」という地名があります。

すこし高台になっているその場所は、大昔は海に面した御崎(みさき)だったのだそうで、それがなまって「へさき」と呼ばれるようになったのだそうです。

同じ埼玉に「見沼」という地名のところもあります。

これも読んで字のごとくで、大昔は、大きな沼だった。見渡す限りの沼が“つまって”みぬま、になったのだとか(笑)

この沼には東西から大地が張り出しています。
江戸のはじめごろ、この貼りだした東西の台地を利用して堤防を築き、沼の水をせき止めて、田で使う水を貯めておくための大きなため池が作られました。

これが「見沼溜井」で、池の面積はなんと1200ヘクタールもあったそうです。

享保12(1727)年、八代将軍徳川吉宗は、故郷の紀州藩から土木・治水の名手、井沢弥惣兵衛(いざわやそうべえ)を呼び寄せ、この見沼溜井を、新しく田に造りかえるよう指示します。
食料の大増産です。

さっそく惣兵衛は、ため池の堤防の一部をくずして水を抜き、ため池を水田に変えようとしますが、ひとつ大きな問題が生じた。

なにせ1200ヘクタールです。広い。広すぎて、こんどは水田を維持するのに必要な水が足らないのです。

そこで惣兵衛は、利根川から水を引くために、全長60kmにおよぶ用水路をつくります。
惣兵衛は、村の人たちを指揮して、これだけの用水路をわずか半年で作ってしまったというから、たいしたものです。

この用水路は、「見沼溜井」作り代えて用水にしたという意味で「見沼代用水」と名付けられました。まぁ、わかりやす名前です。

この用水ができたことによって、見沼溜井跡は、広大な水田に生まれ変わった。

しかし田ができ、莫大な生産高の収穫があっても、採れた米を合理的に江戸に運搬できるようにしなければ、意味がありません。

そこで惣兵衛は、見沼代用水と、近くを流れる芝川を、運河でつないで、米などを船で運べるようにしようと考えます。

ところがここにも、難問が起こります。

見沼代用水と芝川は、距離はたったの1kmなのですが、水面の高低差が3Mもある。
これは大問題です。

そこで彼は、通船堀を「閘門式(こうもんしき)運河」にしようと計画します。
閘門式(こうもんしき)というのは、運河の途中に水門を作り、流れる水をせき止めることで水位を調節し、水門を開けることで水位を下げ、高低差のあるところに船を通そうとするものです。

この方式は、いまではパナマ運河が採用していますが、井沢弥惣兵衛は、パナマより2世紀も昔に、粘土と木板で、閘門式運河を計画し、完成させたのです。

船が最初の関に入ると、水門に角落板がはめ込まれて水路が閉じられます。
そして流入してくる水で水路に水を貯める。
水位があがり、船が次の水路に進めれるところまでくると、反対側の水門を開けて、船を通す。

見沼通船堀2


閘門が設置された場所は、水底を粘土で突き固めました。
そこに杭を打ち込み、底板を全面に貼り付けた。
側面も板と杭で全面を囲んだ。
要するに、木製のプールのような形状にしたのです。

閘門の中心は、ケヤキの角材で門柱を作り、そこに角落板とよばれる平板を積み上げて水を貯めたり、板を抜いて排水したりして水位調節を行いました。
角落板は、幅6寸(18cm)、長さ1間5尺(3.3M)のものを使用したそうです。
あまり大きいと、人力で操作できなかった。

角落板は、関に10~12枚使用したそうです。
幅18cmの板を横にして置くことで、水位を1.8~2.1Mまで調整できた。

この角落板には、両側にカギがついていて、職人さんが長い棒で1枚ずつ、引きあげたり降ろしたりしたのだそうです。

こうしてできあがった「見沼通船堀」は、享保16(1731)年に完成します。
これが、わが国最初の閘門式運河です。

ついでにいうと、この運河には、閘門の関が2か所あり、途中には“舟溜り”と呼ばれる船と船が行き違うための場所も作られていたそうです。
芸が細かいですね。

完成した見沼通船堀は、見沼代用水に沿った村々の年貢米をはじめとして、野菜や薪などの産物が江戸へと運ばれ、江戸からは、主に乾鰯や大豆粕といった肥料や塩などが運ばれました。埼玉の物流の柱になったのです。

通行は、見沼通船と呼ばれ、幕府直営で運営されました。
明治になると、見沼通船会社によって運営されるようになります。

しかし昭和なって、鉄道やトラックなどの陸上交通が発達しはじめると、江戸まで3日の行程がかかる見沼通船は、次第に押され、ついに昭和6(1931)年に廃業してしまいす。

見沼通船堀跡は、閘門ともども、朽ち果てるままになりました。
いつしか掘は土に埋もれ、木でできた閘門の板も腐り、形もなくなっていった。

しかし、先祖伝来の誇りある閘門をこのままにしておくわけにはいかないと、昭和30(1955)年、埼玉県が県の史跡に指定します。地元には保存会もでき、近隣の人々の協力で、保存が図られてきた。

昭和57(1982)年になると、閘門式運河が国の史跡に指定されます。

そして平成6(1994)年から平成9(1997)年にかけて、ようやく閘門式水門が復元され、往年の姿を顕すようになりました。

経済優先で、朽ち果てるままになっていた江戸の心が、ようやく、平成にはいってから復活した。

捨てられてから66年目のことでした。

見沼通船堀は、江戸時代の日本の土木技術の高さを示すものです。

ここに再び船が通ることはありません。
しかし全長わずか1kmとはいえ、この堀は、国内初の閘門式運河として、先人の智恵の結晶です。

日本は、戦後、経済の復興を最優先とし、日本人として心や誇りをどこかに置き忘れてきました。

戦後64年、ようやく多くの日本人が、日本の心と誇りを取り戻すために立ち上がり始めています。

こんどは見沼通船堀ではなく、日本の誇りを取り戻すときがやってきたと思うのですが、みなさんは、いかがでしょうか。

日はまた昇ると思う方
 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

先人たちの創り上げた国、日本


日本の心を伝える会では、いま会員の募集をしています。
登録無料!! ご入会は、
①ハンドルネーム
②お住まいの都道府県
③メールアドレス

の3つを書いて、assist@nippon-kokoro.com にメールするだけ。
ご入会受付後、メーリングリストへの招待メールをお送りいたします。
この機会に、あなたも是非、どうぞ^^♪
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

sddf

No title
運河が採用していますが、井沢弥惣兵衛は、パナマより2世紀も昔に、粘土と木板で、閘門式運河を計画し、完成させたのです。< http://www.salejeansmart.com/
http://www.shoptraveljackets.com/

椿

No title

ふくさんへ

おぢまげで~』ですか?東北の言葉は、暖かいですね。ふくさんが、私の大好きな東北地方出身の方だったとは、存じませんでした。(笑)。

これからは、ふくさんのコメントを見るたびに、きっと、私の小学校時代の友人が、語ってくれた、『優しい雪国の話』を思い出すことでしょう。

懐かしいです。

彼女の東北弁からもいつも“暖かみ”がありましたから・・・。中学校になる前に、引っ越ししてしまい、その後疎遠になり、今はどうされているのかも分かりませんが、優しい彼女の事、きっと『素敵な家庭のお母さん』になっていると思います。

そして、いま大人になって彼女の東北弁を振りかえる時、厳しく長い冬を過ごす東北の人は、言葉に暖かみを持たせて、“お互いの心を暖かく通わせる”ようにしていたのかな?等と、勝手に想像したりしています。間違っていたら、ごめんなさい。




ふく

No title
椿さん

おお、東北弁に憧れですか・・・
私は東北地方の生まれなもので、東北弁を聞くとほっとしたりしてしまうわけですが、東北弁にこんな言葉があります。

おぢまげで(笑)

子供に大して大人が「おぢまげで、この~!」と叱ったりする言葉なのですが、「子供のくせに背伸びして生意気だ」みたいな表現なんです。

標準語にすれば長ったらしくなって、説教口調になってしまうものが、一言で表現されると何故か愛情の裏返しに感じたりして(笑)

お前の事が心配だから言っているんだ、という感情まで含まれているような気がします。

標準語ではそぎ落とされてしまったもの・・・

大切にしたいですね。

たぬきち

それにしても…
>この方式は、いまではパナマ運河が採用していますが、井沢弥惣兵衛は、パナマより2世紀も昔に、粘土と木板で、閘門式運河を計画し、完成させたのです。<

昔も今も、日本の技術者の凄いこと!

なんで政治家だけが劣化したんでしょう???

たぬきち

断固阻止!!
バカも馬鹿ですが、そんなものではすまない、人間として最低な「売国奴」です。

諸外国なみの普通の「スパイ防止法」が制定されていれば、現内閣のほとんどは逮捕されますよ。

それぐらい常軌を逸した民主党政権です。

自民党の代議士が平然としているのが信じられないくらいです。

転載中

【バカなの?】なぜ不法外国人に選挙権をあげるの?【緊急FAX】
国籍法の緊急拡散、あれから一年の歳月が経ちました。
 なんと民主党は国籍法よりも更に酷い、不法滞在外国人に日本の選挙権をあげる
(外国人参政権付与)法案を進めようとしています!
 日本が外国人に乗っ取られかねない法案ですので、動画で緊急拡散し
FAXにて意思表示し断固阻止しましょう!
・YouTube  http://www.youtube.com/watch?v=wD0SMxdJ7dI
・ニコ動  http://www.nicovideo.jp/watch/sm8750863

拡散お願いします!

椿

素敵な日本のお話…。


いいお話ですねぇ。これからも日本の各県の『功績』や『偉人伝』などを教えて頂きたいと思います

どこの国もその県や州に特色があり、また対立などもあるかもしれませんが…、特に、日本は目に見えない分断政策のせいか、日本人同士の『団結心』や『愛国心』や『郷土愛』に、亀裂をいれらてきたように感じるのです。私の考え過ぎかもしれませんが…。

かって小学生や中学生だった頃、私の中では他県に対する「優越感」や「劣等感」というものが、全く存在しませんでした。というより、むしろ、自分の住んでいる県以外に、“淡い初恋”のような憧れを抱いていたくらいです。

というのも…、私の小学校の友人が『東北地方の出身の子』だったせいか、私は大変東北地方に憧れていて、その子が話す“東北弁”にも、凄く憧れていたんです。そして、東北地方にかかせない『雪かき』や『かまくら』や『雪ん子』や『スキー』のお話など、まるで“おとぎ話”や“日本昔話”のように、聞き惚れていたくらいでした。

ですが、テレビやメディアの影響でしょうか?、なんだか東京以外の県は、みな格下のような扱いで、特に東北地方の言葉は、“田舎者の代名詞”のような扱われ方をしてきて、かなり戸惑ってしまいました。「あんなに憧れている東北が、ダサイの?」と随分ガッカリした記憶がありますが、

でも、それは大きな間違いだったと気付きました。

やはり、どの県も素晴らしい郷土の歴史や伝統があり、偉人もたくさん輩出しているのだと分かり、出身の県に関係なく、私は日本人として『誇り』に思い、『感謝』すればいいのだと思いました。

私の友人で愛媛県出身の人がいるのですが、いつも「愛媛は田舎で、何も無いから…。偉人とか誰もいないし、ミカンだけだよ…」と苦笑いして言っていましたが、

私は『そんなことない!愛媛出身者には、秋山好古・真之という、日露戦争で大いに活躍された立派な軍人がいるし、日本が誇る歌人の一人、正岡子規もいるじゃない!』って言うと、

『え~、全然知らなかった、全然教えてもらってないよー』って、物凄く嬉しがっていました。

だから、私思うんです。日教組とかの影響もあるのかもしれないけど、戦後は、決して日本人として誇りに思ったり、団結したりしないように、お互いの県同士“対立”・“敵対”・“劣等感”・“優越性”を植え付けられていたのかな?って…

反対に、郷土の偉人や歴史をキチンと教えてもらっていないような気がするのです。

だから…、ねずきちさんの『誇れる日本のお話』や『偉人のお話』は、“団結心”や“愛国心”や“郷土愛”を断たれるような教育をされてきた者にとって、とてもとても『有り難いお話』なんだと思うのです。

これからも是非、いろんな県のいろんな偉人や功績を教えて頂きたいと思います。




bb

かぐやひめさん、こんにちは。
乱暴ではありません。

おっしゃるとおりとおもいます。また学界でも近世史は関東の方が研究が盛んだとおもいます。

学生時代奈良を恩師と歩いたときの逸話です。

中世研究の大家である恩師とは千葉や茨城を調査で歩きました。関東では中世の遺物を見つけると飛びあがるほど喜ぶのです。歴史家は何故か古いものに飛びつく・・・

奈良を歩いていてその辺にごろごろ中世の遺物を発見。奈良は中世など古くないのです。だから関西の歴史家は近世など・・・という傾向があると思います。あくまで傾向ですよ。

近世江戸の研究はお膝元から、ですね。

かぐやひめ

ともかく江戸(東京から)始めてはどうでしょう?
bbさん、おっしゃるように江戸時代については、やはり国の中枢だった江戸・関東にこそ、大切な事柄があったと思います。

私の住む兵庫県南部の「郷土誌」を読むと、調子の高い古代史と、奈良・京都に都がおかれた時代には「天皇の行幸があった」など、詳しい記述が伝承と共にありますが、

長い300年の江戸時代については、「朝鮮通信使が通過するときだけは、鉄砲で猪を撃って、彼らの食材にすることが許された」ということ以外、ほとんど、目につく内容がありません。

江戸時代の研究は、ともかく江戸(東京)から始めるべきではないでしょうか?

地区を限定すれば、取りつきやすそうです。
そして、それが参勤交代で五街道を通り地方へもたらされたのでしょう?

芸能なんかは、そうですよね。
各藩の動向が大切になるのは戊辰戦争ぐらいからじゃないかな。
乱暴な意見でしょうか?

bb

ねずきちさん、こんにちは。
関東地方には、江戸幕府が行った多数の土木工事や新田開発の名残があります。

江東区は(ここで育ちました)まさにオンパレード。地名にも沢山残っています。

小学校の社会科では張り巡らされた運河、新田開発のこと。それらには開発した方の名前をつけています。

たとえば今は砂町ですが、砂村某(ごめんなさい、名前が思い出せない)により新田開発されたのが由来で、以前は砂村でした。村~町への変貌だと思っていた私は子ども心に歴史を学びたいとおもいました。

ねずきちさんのご先祖さんも運河の工事に携わったとお聞きしたことがあります。

徳川幕府は関東を日本の中心とすべく、大いに努力したのでしょう。探せばあちこちに面影を発見し、その功績を検証することが可能だとおもいます。

秀吉によって天下は統一されましたが、政治はまだ不安定でした。家康によって幕藩体制が整えられ人々は安定した戦いのない暮らしを手に入れました。何と300年近くも奇跡のような歴史を刻みます。

みなさんおっしゃるとおり、江戸時代を見直し評価すべきですね。近世史は結構取り組んでいる人います。難しいのは地方文書で、江戸時代の教育によって識字率が高く、庶民が書いた文書が多々あり、これらの解読です。

これも学べば読めるのが、私はギブアップでした。民俗学では基本的に口承伝承を扱うので、文書からは開放されましたが、その分能力不足になりました。

現在聞ける伝承の多くは江戸時代のその起源とされるものが多いです。特に関東は。生き生きした人々の暮らしが推し量れます。

江戸時代に光を当てることは、日本を立て直す大切な方法の一つになるかもしれませんね。

あ太郎

宝暦治水事件
江戸時代中期に、幕府が薩摩藩に命じて行なわせた木曽川、長良川、揖斐川の治水工事もあります。 

明治維新で薩摩が討幕運動をする下地になりました。大変だったのですね。

匿名希望

こういう話を今後も続行ください
全国各地に「いい話」が転がっています。
身近な故郷の先人の足跡を地域でもっと共有すべきです。
健全な愛国心は愛郷心から。

基準点

No title
ねずきちさん本日も素晴らしい話をありがとうございます。

私も、日本の土木技術は江戸時代以前からも連綿として伝えられたが、江戸時代に更なる発展を遂げ、藩主或いは豪商、豪農によって、各地の干拓、ため池、用水路、堤防の築造、道路整備が行われたことで、農業、漁業、商業、運送業、金融業が発展するとともに、そこから生まれた余裕が日本独自の文化を育んだと思っておりますが、さらに新たな証拠が追加されたと思っています。

かぐやひめ

江戸時代の研究は、本当に必要だと思います
猪さま
江戸時代は、本当に大切だと思います。
おっしゃるように、現代を支える文化も技術も、江戸300年を基盤にしているからです。

でも、研究というものは、非常に個人的で、誰か優れた先生が出て、そこに集う学究の徒が集まらないと、なりたたないのでしょうか?

私の気のせいかもしれませんが、昨今「中国」について研究する学者がけっこう多いように思います。つまり、そこには、何らかの補助ないし、資金援助があるのではないでしょうか?

江戸時代というと、素敵な着物姿の杉浦日南子さんていう方が、NHKで、江戸の話をされていたのに、お若くて亡くなられたのですね。
あれきり、同じ分野の方をみかけません。

国は、国の方針にそった研究にお金を出すべきだと思いますし、そういう方針をしっかり100年の計として、打ち出すことが国益にかなうはずです。

ここにも、私達が、取り組むべき問題があると思います。
江戸時代の研究です。

知りませんでした
江戸時代の技術は日光の陽明門を始め実に多くの建築物・治水技術を使い「大江戸」の生活を維持してきたのは世界でも珍しい。
江戸文化・江戸時代のモラルが近代日本の基本にある事は歴史をみても明らか、江戸時代の研究ももっとやる人が多く居てもおかしくないのですが、明治近代化の基礎が江戸に在り事を知らせたくないのでしょうか?不思議な気がします。
これからも江戸時代の大作業が有れば記載してほしいものです。琵琶湖の水を京都に引いたのもこの技術が生かされたのでしょう。

火事場の馬鹿力

先人方の、様々なご苦労のがあるからこそ、今の日本の繁栄があるのですね。
反日勢力はその歴史を断ち切ろうとしています。
許してはなりません。
とは言え、ねずきちさん、あまり無理はしないでくださいね。
先は長いのですから(^O^)

nanashi-san

No title
日本文化は自然との調和と四季を愛でるやさしい心に根ざしています。
しかし、今の日本人は河川の三面張り(コンクリートで河川の三面を覆うこと)などを平気でやっています。日本の河川事業はまさに日本人の伝統をこわすものです。河川が泣いています。もっと見直すべきではないかと思います。

ねずきち様は、いろいろと私たちの知らない良き日本を紹介して下さるので、感謝感激です。
でも、余り無理はなさらないで下さい。体は正直です。
無理をすれば、なにかと異常もでてきます。心配無用とは思いますがご自愛下さい。

かぐやひめ

先人の足跡を残す
兵庫県姫路市にある日本玩具博物館に、イラン人とパキスタン人を連れて行ったことがある。
館長は、あちこち案内しながら、反対に彼らに問いかけた「あなたのお国には、昔の玩具が残っていますか?あるなら、ぜひ、手に入れたいのだが」

そして、ブリキのおもちゃのコーナーで、話してくれた。
「日本では、その時代に人気のあったものは、それぞれに残されているのです。でも、外国には、昔の子供が遊んのものは残っていません。アンティークドールなどの、骨董品のことではないんです。普通に、家庭で子供たちが遊んだ日用品のおもちゃが、外国では残っていないのです。」

そういえば、映画が全盛になる前の大衆演劇、その前の歌舞伎、その前の人形浄瑠璃、その前のお能。それより前の雅楽。
日本には、それぞれの時代のものが、細々でも、全部残されている。
雅楽にいたっては、もともと唐の時代の中国から渡ってきた。そして、日本で1000年以上守られている。古代楽器そのままに継承されている。
しかし、すでに、中国では、それらはすべて失われた。

「世界でひとつ日本だけ」ということは、たくさんあるが、「先人の足跡を大切にして後世に伝える」ことに、日本人は、大層熱心だ。

そして、さらに、これと矛盾するように見えること、古い時代を、何の頓着もなしに切り替え、新しい時代を生み出す、まったく相反する機能も、備えている。

明治維新、日本人は、ほとんど何の躊躇もなしに「ちょんまげを切り捨てた」

世界に稀有な民族だと思う。

それにくらべて、シナは「維新」を成し遂げることもできず、しかも、文化大革命で、民族の遺産も魂もともに破壊してしまった。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク