匿名記事と顕名記事



中山成彬代議士の失言問題について、妻の中山恭子首席補佐官が
「お騒がせして申し訳ありません」と、一連の問題を謝罪したうえで、
「日本のために一生懸命やっているんです」と夫をかばったという記事です^^

中山恭子さんというのは、とても日本人的なゆったりとした人柄で、素晴らしい人だと思いますね~~^^

事態の内容はともかく、世間をお騒がせしたことについて、まず丁寧にお詫びをしたうえで、夫をキチンとたてるとこなんて、ほんとうにいい奥さん、って感じがします^^

会場も、ゆったりとした恭子さんの話し方に、大爆笑の渦だったとか^^

感情的になるのではなく、笑いと笑顔の中で、許すべきものは許し、ほんとうに日本にとって必要なことは何かを、議論し、訴えるというのは、とてもたいせつなことだと思います。

それと、この記事でエライのは、毎日新聞の記事なのですけど、記者が、ちゃんと自分の名前を書いて記事にしていること。

問題発言がどうのとか、失言ヾ(▼ヘ▼;)オイコラ!型の記事、どれもみんな匿名記事です。

どうして匿名なんだろう?? なんかへんな気がします。

叩かれる大臣は、ちゃんと名前のある「人」。
叩くほうは、みんな匿名・・・・

自分のところには火の粉が飛んでこないという安全なところで、他人を平気で揶揄し攻撃する。それって、なんだか卑怯者って気がします^^
イジメそのものwwww

イジメはイクナイっていいながら、マスコミがイジメをしているこの現実!www

報道だから匿名でいいというなら、それって詭弁だと思います。

報道の使命は、正しい事実を国民に伝えることで、
中山代議士の問題でいうなら、
(1) こういう発言があった。
(2) 問題視している人たちは、こう言っている。
(3) それにたいし、反対の意見はこうだ。
までが、報道の仕事。

なぜそれが問題なのか、中山代議士は責任をとるべきかどうかという話は「意見・社説」の分野です。

意見や社説なら、その社の誰の意見なのか、書いた人の文責を明らかにすべきと思うんです。名前も出せず、文責を負えないような文章なら書くべきじゃないし、報道に含めるべきじゃない。そんなの卑怯者のすることです。

あくまでも評価は国民がすること。それが国民主権ってことでしょ??

いまの日本て、まるでマスコミ主権。
国民はマスコミのいいなり??

そんなのおかしいって思うのですけど・・・・

<記事引用>-------------------------------------
[中山国交相辞任]妻の首相補佐官、講演会場で謝罪
中山恭子首相補佐官(前拉致問題担当相)が28日、香川県多度津町で開かれた文化講演会で、「中山成彬という主人がおります。お騒がせして申し訳ありません」と、一連の問題を謝罪した。いつもの穏やかな口調で話したせいか、会場は笑いの渦に。一方で、「日本のために一生懸命やっているんです」と夫をかばった。
講演会は町などが主催し、自民党支持者ら約700人が集った。「それぞれ(別に)動いており、私がコントロールすることはできない存在」と恭子氏。しかし日教組批判については神妙な面持ちで、「教育問題は以前から家の中でしていたが、もう少しきちんと準備をして話をしたらいいのに。たまっていたものをつい言ってしまったのかな」と話した。【大久保昂】
(livedoorニュース。記事提供:毎日新聞
--------------------------------------------------

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v

マスコミを批判する人、期待に反する発言をする人


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

りょうすけさん、コメントありがとうございます。
ぼくも、ちょいコーフンしちゃったかも^^;
ポチ、ありがとうございますぅ^^v

りょうすけ

おお!それはホントに思いますよ!
お前ら人のあげ足取って突っついてるけど、お前らの発言や記事で傷ついてない人は一人もおらんのか!と言ってやりたい!!ところだったのです。
ちょっと興奮しちゃった…

ポチ
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク