回天、後日談



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

回天碑に供えられた回天模型
回天碑に供えられた回天模型


山口県周南市、徳山港の沖合い10数kmのところに大津島という島があります。

戦時中、その島には日本海軍の特攻兵器の一つである人間魚雷「回天」の訓練基地が設置されていました。

昭和20(1945)年8月15日、大津島の回天基地にも、終戦の詔勅がくだります。
基地の全隊員が、分隊ごとに玉音放送を聞くよう手配された。

みんなでラジオに耳をかたむけたけれど、古い時代の話です。
雑音がはいり、ひどく聴き取りにくかった。

放送が始まると、指揮官の板倉光馬少佐は、すぐに全回天を48時間以内に使用できるよう、急速整備を指示します。
しかし、放送の内容が判明し、途中で回天の整備指示は解除された。


大津島で終始回天戦を指揮した板倉少佐は、みずからの出撃を再三要求していたそうです。

しかし、指揮官の勤めは回天の戦力化にあるとし、司令部は許可しなかった。

それでも出撃を強行しようとする板倉に、7月には多田武雄海軍次官がとんできて、
「おまえが出るときは、海軍が命令を出す」と、説得した。

板倉は反論します。

「指揮官先頭は帝国海軍の伝統です。部下を出して、なぜ私をのけものにするのですか」

多田次官は、
「軍司令部総長の命令だ」と、大声を張り上げた。

こうして板倉少佐は、志を果たせずに終戦をむかます。

汚名を残すまいと板倉がいったん自決の腹をきめたところへ、近くの平生基地での、橋口寛大尉自決の報せがはいります。

橋口大尉は、出撃の直前に敗戦の知らせを受けました。
彼は、18日のまだ夜が明けないうちに、純白の第二種軍装で威儀をただして回天の操縦席にすわり、拳銃を胸にあて、自決した。

橋口大尉の遺書にはこう書かれています。

「吾人のつとめ足らざりしが故に、
 神州は国体を擁護しえなかった。
 その責任をとらざるべからず」

「さきがけし期友に申し訳なし」

そして次の遺詠で結んでいます。

 おくれても
 またおくれても 卿達に
 誓いしことば われ忘れめや


また同じく近くの大神基地では松尾秀輔大尉が、どこから持ち込んだか手榴弾に火をつけて、右胸の前で爆発させて自決した。

「戦争に負けた以上、将校たる者は責任をとらなきゃなあ」

ちなみに松尾大尉の母・綾子は、8月25日未明、枕元に、息子の松尾大尉が立ち、
「お母さま」と、声をかけられたそうです。
綾子は飛び起きたけれど、秀輔の、元気のない悲しそうな様子に死をさとったといいます。


橋口・松尾のの悲報を耳にした板倉は、自決を心に決めます。

しかし呉鎮守府の参謀たちは、板倉に渾身の説得をした。

「まだ戦争をつづけようという動きがある。
 おまえがとめてくれ。
 ポツダム宣言は受諾したのだ。
 部下たちを死なせてはならん」

板倉は死ぬに死ねなかった。

板倉は、妻子と離れて回天戦を指揮しているさなかの1月9日に、生後4ヶ月の男の子を失っています。遺骨を墓におさめる暇もなく、徳山の大空襲で家ごと失っている。

そして過労から、3月には訓練中に喀血もしている。

そして終戦。

最大のストレスの中で、さらに追い打ちをかけるように公職追放。


窮乏と混乱の戦後社会を、板倉は、妻・恭子にささえられて生き抜きます。

「回天その青春群像~特殊潜航艇の男たち(翔雲社)」という本を書いた上原光晴氏が、平成9年に板倉光馬元少佐に会っています。

板倉はこのとき、上原さんに、自分の死後、遺体を大阪の医大に献体すると申し出たことを明かしたそうです。

自分の体は当然、飛散して、なくなるべき運命にあったのだからと。

医大教授はいたわるように言ったそうです。

「わかりました。
でも板倉さん、ゆっくりと、おいでくださいよ」


以前このブログでご紹介した第二回天隊長の小灘利春中尉が、部下7人とともに、八丈島に進出したのは昭和20年5月のことでした。

小灘は、いつでも回天を発進できるよう準備を整えていたけれど、8月、終戦。

10月になって、米軍が島に上陸します。

そしてまっさきに回天の武装解除を命じたそうです。

そして米軍は、火薬のつまった頭部を海に捨て、本体は洞窟ごとに爆破した。
洞窟爆破は小灘大尉の提案だったそうです。

おかげで、洞窟の入り口がふさがっただけで、回天はそのまま埋まった。

20年後の昭和40(1965)年8月、小灘大尉以下8人が再会し、回天がまだ残っていないかと炎天下の島をたずねたそうです。

しかし、洞窟にはなにも残っていなかった。

昭和20年代、朝鮮戦争で鉄などが高く売れたときに、古物商がやってきて回天を掘り出して売り払ってしまったのだそうです。

男は泣くものではない。

泣いてはいけないと育った彼らが、洞窟の跡地で滂沱の涙を流した。

泣いて、泣いて、

そして、「回天はなかったが、それでよかったのかもしれん・・」と語り合った。


ちょうど世の中は高度成長経済の真っただ中だった。

戦後の焼け野原からの復興で、街は活気にあふれ、人々の生活は、3c時代と呼ばれる豊かさの時代を迎えようとしていた時代です。

戦後の経済復興の最中で売られた回天は、なるほど当時の感覚としては、「それでよかったかもしれん」と思ったことも無理からぬことかもしれません。

しかし、ねずきちは思うのです。

それは違う! 断じて違う!
よくなどはない!!

戦争に敗れたとはいえ、回天は命をかけて戦った男たちの「魂」そのものではなかったのかと思うのです。
その「魂」を、単に鉄のカタマリとして売り払う。

そういう経済優先の下賤の考え、もっといえばカネさえ儲かればいいんだという腐りきった性根が、日本から誇りを奪い、日本をダメにした。


終戦は、日本人の価値観を大転換させた大きな事件だったといわれています。

しかしねずきちは思うのです。

もういちど日本は、その価値観の大転換をしなければならない。
カネのために魂を売るようなそんな国であり続けることは、断じてよいことではない。

そう思うのです。

日本は価値観の再転換を!と思う方
 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

あヽ回天


日本の心を伝える会では、いま会員の募集をしています。
登録無料!! ご入会は、
①ハンドルネーム
②お住まいの都道府県
③メールアドレス

の3つを書いて、assist@nippon-kokoro.com にメールするだけ。
ご入会受付後、メーリングリストへの招待メールをお送りいたします。
この機会に、あなたも是非、どうぞ^^♪
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

No title
 南海に散った回天の勇士143柱。彼等を送って再び還ることのなかったイ号潜水艦8隻、乗組員860名余。
 今、千尋の海に沈みつつ、海神に抱かれ神として魂鎮まるるや。
 
 回天の華々しい活躍を支えた強者を忘るまじ。

sddf

No title
反省の態度は皆無で、遺族らへの謝罪の言葉は一言もない。軽減すべき事情も、矯正の可能性も全くない」と断罪した。  http://www.ukghdhair.org/
http://www.shoptraveljackets.com/

-

訂正
訂正 お詫び致します。

金川真大(まさと)>真大(まさひろ) の間違いでした。

死刑を求刑

「犯行当、完全な責任能力があったことは明白」とした上で、「一片の人間性のかけらも見いだすことができない。反省の態度は皆無で、遺族らへの謝罪の言葉は一言もない。軽減すべき事情も、矯正の可能性も全くない」と断罪した。 (産経)

市橋達也
07年3月 英国人女性他殺体見つかる。 当時、英国では「韓国系日本人」 として発表されましたが、毎回、韓国系日本人と指摘していたとは思えませんので、日本人の犯行として信じられているものと推測します。

女子大生殺害>”特亜人” 現時点でその手の情報はゼロですので控えますね。
犯人が早く捕まるよう願うだけです。

かぐやひめ

やっぱり・・・
椿さん
このブログを訪れる人なら、誰しも「やっぱり」と、思い、島根の事件も、同じように思うでしょう。

これを、防ぐには、どうすればいいのでしょう。
被害に遭われた方のご遺族のお気持ちを思うと、いてもたってもいられません。

椿

やっぱり…。

名無しさんへ、

>逮捕された市橋は、帰化韓国人です。<

やっぱり・・・。

私は、あの女子大生の平岡都さんを殺害し、遺体をバラバラに山にまきちらした、あの凶悪犯人は、やはり“特亜人”だと思います。

まるであの“世田谷一家惨殺事件”を思い起こさせます。

彼女の胴体は“性別が不可能”なほど、刃物で傷つけられていたと、産経新聞は報道していましたが、性別が不可能って…、一体どんな惨い傷つけ方なのか・・・。

日本のマスゴミ人に、『ジャーナリスト魂』を持てとは言いませんが、責めて人間としての倫理観を持って、何人であろうととも、誠実に報道をして頂きたいものです。



椿

親が頑張らねば!
太字]八目山人さん、

>然し、戦前の日本を同時代的に俯瞰すれば、決して日本が遅れていたり悪かったりする事は有りません。 <

激しく同意です!

確かに仰るように、戦後の洗脳によって、『後世に語り伝える』という仕事は、非常に困難になってきています。

ですので、親世代は覚悟を決め、最初から学校の教師や文科省に頼らず大東亜の真実を教えるのも、愛国心を持たせるのも、苛めに負けない子に育てるのも、行儀作法や言葉遣いを教えるのも、全て親の責任・親の仕事と考えてかからねばならないと思います




aboabo

「死に勝る明確な動機」
生死を掻い潜った人の言葉を、我々は後世に伝える義務があります。
世の中には命よりも大切なものがあります。

八目山人

椿 様へ
「後世に伝える」のが、非常に困難に成っていると思います。

保守派や自分は右だと言っている若い人が、負け試合に一番責任ある人を指す時に「A級戦犯」とか、どこかの組織が嘘ばかり言う時、「大本営発表」とかと使っています。
何故か悪い例として、戦前の日本を例にしたり、軍隊を例にしたりします。このような事は多いです。
なぜか毛沢東やスターリンやショウ・カイセキやルーズベルト、あるいは彼らがやった事を、悪い比喩として使う事は有りません。
共産主義者やキリスト教徒も、「いいもん」でしか描かれません。

然し、戦前の日本を同時代的に俯瞰すれば、決して日本が遅れていたり悪かったりする事は有りません。
現在の嘘までついて自国を貶める日本の方が、世界に例が無い異常な状態だと気付くでしょうに。

やはり戦後60年の内に、少しずつ洗脳されてきたのでしょう。
それに一番手を貸したのは、テレビや映画、小説、演劇です。それを陰で動かしていたのは、いわゆる左翼でしょう。

この巨大な構造を破壊するには、途轍もない力が必要になるでしょう。
私はまずテレビに、アメリカのFOXの様な局を認可するのが第一だと考えます。

真実は何よりも強いと思います。小さな穴が開けば、劇的に変わる可能性があります。
戦略的な思考が必要かと存じます。

軍人
軍人・政治家は違法裁判に、しかし終戦時に責任を取られた将官34名・佐官74名・尉官142名・下士145名・兵士94名、これだけの人達が自分の責任で自決をされています。
国家に対する報恩姿勢と責任感がなせる業、後世に伝えていかなければならない事ですね。

hello

No title
外国人参政権よりも恐ろしい法案が、既に11月5日に民主党から参議院に請願されている。

「外国人住民基本法 」


恐ろしさに身震いする。
何が恐ろしいってここでいう「外国人住民」は、不法入国者や不法滞在者でも問題ないと読み取れることだ。

「外国人住民基本法(案)」 http://www.pusan-jchurch.org/gaikokuzinkihonhou.pdf
「参議院請願済み」 http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/seigan/171/yousi/yo1710948.htm


参政権は隠れ蓑【外国人住民基本法】外国人参政権のどさくさ紛れに民主が既に参院請願!!!!
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1257945224/
■■■■■ 外国人住民基本法 ■■■■■
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1257436907/

名もなき釣り師

No title
最後の結びは、いつものねずきちさんらしくないですね。

椿

使命…。

黙して語らず・・・ですか。

確かに、あの大戦で生き残られた方々の心中は、お察ししようもありませんが、『この世の無常感』を深く感じられたことだと思います。

ですが・・・生き残られた方々には、生き残ったなりの理由があり、命の灯火が消える最後の瞬間まで、その使命を全うしなければならない『使命』が、あるように思われます。

後世に語り伝える』という使命です。

『一国を賭してまで、日本が“守り抜こうとしたモノ”は、なんだったのか?』

『あの大東亜戦争の“意義”とは?』

そういう日本人の立場から見た、“大東亜の真実”を後世に語り伝え無ければならないと思うのです。それが、最後に生き残った者の『最後の使命』だと私は考えます。

米国の占領下では、捏造・歪曲のオンパレードになる事は、十分に推察できたことだと思います…。ですが、その中で、国を守って散華された英霊方の名誉を、間違いなきように子孫に語り伝えるのが、戦争を生き抜かれた方々の使命ではないでしょうか?

歴史に“もし”はありませんが、もし私が当時、生き残った女であれ、男であったとしたならば、たとえ米兵に強姦されようとも、どんな屈辱を受けようとも、最後まで生き抜き、“自分の父祖や戦友の真実”を、子々孫々に至るまで、命の終わる最後まで、伝え続けて行くと思います。

そう、“ありとあらゆる手段”を使ってでもです。

後世に伝える』、その使命を与えられたからこそ、死んでもおかしくない“あの悲惨な状況下”で、生き残ったのだと、思うからです。神仏からの“命が下された”のだと思います。

ある小説家の方が、インドに来る日本人の印象を、インド人牧師に訪ねたとき、『幸せでない人達』と仰ったそうです。

そしてまた、『彼ら日本人は、お金もあり、健康で、溢れる才能にも恵まれていますが、彼らはただ“したい事をしている”だけであって、“なすべき事をしていない”』のだそうです。

これを聞いて私は、『なるほど…』と思いました。なすべき事を知り、なすべき事をする人間と、したい事だけやっている人間とでは、同じ人生でも、“人生を生きる深み”が、まるで違うのだと改めて思い知らされました。





かぐやひめ

友人のお父様は、回天の指揮官だった
友人のお父様は、戦時中、自分の命令で回天を出撃させ、そして、終戦で死に時を失ったひとりだったそうです。

いわゆる「職業軍人」ですから、職も失ったのでしょう。
それでも、結婚されて私の友人は生まれたのですが・・・お父様は、ずっと生きている気持ちがしなくて、ある日、妻子をおいて、死に場所を求めて郷里に帰ってしまい、両親は離婚されたのだそうです。

再婚を求めて美しいお母様にプロポーズするどんな人も、母の膝の上で、彼女が追い払ったそうです。
そのうちに、警察予備隊が、できて海上自衛隊から呼び戻され、それを機会に同じ人と二度目の祝言。

「母の人生は、本当にさびしかった」と、友人は言います。ほとんど父は海の上で、家族を顧みてくれないし、陸にいても、嵐が来ると我が家は捨てて艦を心配して港にかけつけてしまう。おかげで、台風の備えは、全部女手ひとつで、母がしなければならない。」

お父様は、最後、南極観測船の艦長になられたと聞きました。

でも、彼女から「父親の眼から見た大東亜戦争の話」を、まったく聞かされたことがありません。

父上は、家族にもひとことも、回天のことを、語られなかったのでしょう。
教会での結婚式、真っ白な海上自衛隊の制服で、娘をエスコートする父上は、ほんとうに素敵でした。
でも、その胸の内は、いかばかりであったかと「回天」と聞くたびに、思い出します。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク