菅直人のへたくそな字



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

上村彦之丞中将
上村彦之丞中将


東京の目黒区青葉台1丁目に、上村坂という坂道があります。
山手通りの一商高交差点から少し曲がりながら下る坂道です。
坂下は比較的緩やかですが、坂上になるほど傾斜が急になります。

なぜこの坂に上村坂という名前がついたかというと、戦前、この上、つまり山手通りの交差点あたりに、海軍大将上村彦之丞(かみむらひこのじょう)の家があったからです。

上村彦之丞は、実は日本武士道の華として、世界的に広く知られている人物です。

日露戦争の頃の話です。

上村艦隊は、ロシアのウラジオ艦隊と交戦し、1艦を撃沈、2艦に壊滅的打撃を与えます。

このとき撃沈されたロシアの巡洋艦リューリックは、沈没するときに乗組員の将兵達が船から飛び降り、海上に漂った。

海上に漂う敵の将兵626名。

敵艦のリューリックは、日本の海上輸送を妨げ、十数隻もの船を沈めて、一般人を含む多くの日本人の命を奪った仇敵です。

戦艦沈没時というのは普通、乗員の95%は、沈没時に海に避難します。助かるのです。
現代の人なら、戦闘が終わったら、敵の兵であれ、人命救助はあたりまえと思うと思います。

しかし当時、ウラジオ艦隊に沈められた日本船で、ロシア船に救助された者は誰もいません。ほぼ全員の日本人が、海上で殺された。

時代は少し異なりますが、皆様御存じ戦艦大和も、沈没したときには乗員3,332名のうち、約3000名が海に飛び込んで漂流した。飛び込んだ日本の将兵には武器はありません。つまり攻撃力は皆無だった。

しかし雲霞のごとく群がった米軍は、海に漂流する戦艦大和の乗員に対し、容赦なく飛行機や艦船からの機銃掃射を加えた。その結果、生還したものは、わずか269です。

黄色人種の命など、虫けらと同じ・・・そういう時代だったのです。


いま、上村の目の前には、ロシア巡洋艦リューリックの乗員が、波間に浮かんでいます。
そして戦闘は終わっています。

上村は、迷わず全艦に命令します。

「溺(おぼ)れる者をことごとく救助せよ」

さらに上村は、部下が敵兵に復讐の念をもって虐待行為をしないよう、各艦に「捕虜を厚遇せよ」と重ねて命じた。

日本艦隊は、漂流者全員をひとり残らず救助した。

さらに上村は、救助したロシア兵に対し、日本軍が暴行を働いていないか、参謀の佐藤鉄太郎中佐に、見に行かせます。

佐藤参謀長が見に行くと、負傷して横たわる敵兵に対して水兵が、真夏の猛暑の中で、ロシア兵の周りを取り囲み、手に扇を開いてあおいでやっていた。

水兵は佐藤に言った。
「こいつらは憎い奴ですが、こうなるとかわいそうです」

佐藤が上村に報告すると、上村は「それはよかった。それで安心」と喜んだそうです。

この物語は、当時、全世界で絶賛され、いまでも海軍軍人の手本、フェアプレイ精神の手本として各国海軍の教本に掲載されています。
世に言う「蔚山沖海戦(うるさんおきかいせん)」です。


蔚山沖海戦(うるさんおきかいせん)について、すこし背景を述べたいと思います。

日露戦争が始まったころ、ウラジオストクを母港とするロシア・ウラジオストクには、装甲巡洋艦ロシア、グロモボイ、リューリックの3隻からなる艦隊がいました。

この艦隊は、旅順にいたロシア太平洋艦隊とは別行動を取り、日本の商船や輸送船を狙って活発な海上破壊活動展開していた。

日本海軍は、上村中将を司令官とする第二艦隊を遊撃部隊としてウラジオストク方面に展開させ、ロシア艦隊の捜索を行い、撃破を図ろうとした。

明治37(1904)年6月15日には、陸軍兵士を輸送中の常陸丸、佐渡丸が撃沈され、須知源二郎中佐以下の近衛後備歩兵第1連隊等の兵員千名余りが戦死しています(常陸丸事件)。
さらに7月にはウラジオストク艦隊は東京湾の沖に出現した。

ウラジオストク艦隊の海上破壊活動は、日本の帝国議会でも問題になります。

上村中将が濃霧のためウラジオストク艦隊を見失ったと東京の大本営に打電したところ、ある議員は
「濃霧、濃霧、逆さに読めば無能なり」と野次った。

民衆は怒り狂って上村の自宅へ投石し、上村を露探(ろたん=ロシアのスパイ)呼ばわりした。
この事に部下たちが憤慨すると、上村は「ウチの女房は度胸が据わっているから大丈夫」と笑って取り合わず、批判や中傷にじっと耐えたと言います。

上村という人物は、薩摩藩出身で幕末の戊辰戦争にも従軍した男です。耐える上村の胸の内はいかばかりだったことでしょう。

上村という男は、明治4年には海軍兵学寮に入り、在学中に台湾征伐にも出征し、日清戦争も戦ってきた勇士です。

無類の酒好きで豪傑。先日ご紹介した山本権兵衛が艦長、上村が副艦長をしていた頃に、こんなエピソードがあります。

陸上で大酒を飲んで戻ってきた上村が艦内で暴れ出した。
山本権兵衛は静かに上村に話しかけ、抱きかかえるようにして甲板に連れていったそうです。
この様子を目撃した少佐が心配してあとをつけると、権兵衛は上村の胸ぐらをつかんで殴りつけていた。権兵衛といえば相撲取りを目指したこともある剛腕の男です。

明治21年、ロシアの戦艦ドミトリー・ドンスコイが修理のために横須賀のドックに入ったとき、日本海軍が地元の水交社を宿泊所にあてたのだが、日本など眼中にないロシア水兵たちは水交社でも我が物顔に振る舞っていた。
上村は水交社に行き、ロシア水兵とビリヤードを始めた。
すると一人のロシア士官が「君は何という名前だ」と尋ねてきた。

上村は「大和艦副長 海軍大尉 上村彦之丞だ」と答えるのだけれど、もとよりロシア兵には、日本語など分からない。

ロシア士官が再び名前を聞きなおすと、上村は「大和艦副長 海軍大尉 上村彦之丞である!」と大声で怒鳴った。
その様子を見てロシア士官がクスクスと笑った。

上村は、「人の名前を聞いておきながら笑うとは、無礼千万!」と怒鳴ると、手にしたキューでロシア士官を殴り倒した。
なにせ幼いころから薩摩示現流で学んだ打ち込みです。
キューは、真っ二つに折れ、ロシア士官は、一撃で倒れ込んだ。

激怒した他のロシア水兵が全員で上村に襲いかかってくると、上村は、ビリヤード台に上って天井のランプを引き外して投げつけ、さらに椅子を振り回して大暴れした。
ロシア水兵全員は、上村の迫力に押されて逃げていった。

また、日清戦争のあと渡英した折には、英国アームストロング社のナンバーワンのノーブルを怒鳴りつけている。
当時、日本は英国のアームストロング社に、軍艦「千代田」を発注していたのです。
ところがアームストロング社は日本を見くびって、千代田用に発注された12センチ砲を無断で南阿戦争中の英軍に振り分けてしまった。

これに怒った上村は、ノーブルを呼びつけて抗議した。
しかしノーブルは英国造船界の大物です。上村など眼中にない。平然とトボケている。
通訳もノーブルの影響力を恐れて、上村の発言を笑顔で恐る恐る訳していた。

上村は、「君じゃ話にならん。ほかの通訳を呼べ!」と通訳の交代を命じます。
そして代わってやってきた通訳に対し、
「通訳はただ訳せばいいのじゃない。怒った時は怒ったように、叱った時は叱ったように、すべて本人の態度と同じようにせよ!」と怒鳴りつけ、ノーブルを徹底的に叱り飛ばした。
その堂々とした姿にノーブルは、日本という国を見直し、これを機に、アームストロング造船所の日本に対する態度は一変したといいます。

その上村にとって、ロシアのウラジオストック艦隊の行状は、最早許しがたい一線を越えていた。

さらに8月10日、旅順からウラジオストクへ向かう旅順艦隊を援護するため、ウラジオストク艦隊はウラジオストクを出港したとの情報が伝わります。

上村中将も、ウラジオストク艦隊を捕捉すべく、装甲巡洋艦「出雲」「吾妻」「常磐」「磐手」、防護巡洋艦「浪速」「高千穂」からなる日本海軍第二艦隊を出撃させた。

8月14日、上村艦隊は、蔚山沖でウラジオストク艦隊を発見する。

ウラジオストク艦隊は、敵が輸送船団ではなく、巡洋艦隊であることに気が付くと、即時、直ちに北へ向けて逃走を開始した。

農霧の中です。ロシア艦隊は、霧の向こうからめちゃくちゃに大砲を撃ってくる。

その砲弾の中を、全艦火になった上村艦隊が全艦、全速力で猛追する。

追撃戦のさなか、「出雲」の後続艦「磐手」に乗っていたあるカメラマンが逃走するウラジオストク艦隊を撮影した。後で現像してみたら、それは先行していた友軍の「出雲」であり、同僚に笑われるという喜劇も起きた。

敵の砲弾が炸裂する。味方の艦首大砲が轟音とともに火を噴く。

そしてついにウラジオストク艦隊の3つの巡洋艦のうちのひとつ、リューリックを撃沈した。リューベックは、沈没しながらも、半沈しながらも砲撃を止めなかったといいます。
味方の船を逃がすため、最後の最後まで砲撃を止めなかった。
これを見た上村は「敵ながら天晴れな者である」と述べたという。

リューベックの主砲が鳴りやみ、上村艦隊は残りの2艦を追撃します。
2艦は、はたびたび反転しては、上村艦隊を砲撃した。

上村艦隊も、これに反撃する。

あまりの騒音と喧騒で、艦内は隣の人とも話もできない轟音に包まれます。
その砲撃戦のさなか、上村艦隊の砲弾が残りあとわずかになってしまう。

参謀がそのことを上村に伝えようとするのだけれど、艦内の轟音で、話ができない。
参謀は、黒板に「我レ、残存弾数ナシ」と書いて、その事実を上村に伝えた。

上村は、それを受取ると、参謀から黒板ごと奪い取り、床に叩きつけ、足で踏みつけて悔しがった。

やむなく上村艦隊は2艦の追撃をあきらめ、沈没した「リューリック」いた場所に戻り、乗組員の救助を行った。

ついでにいうと、逃げたウラジオストク艦隊の2隻は、なんとかウラジオストク港まで逃げ込んだ。しかし、2隻とも日本軍によって上甲板に大穴を開けられており、二度と出撃することはないまま廃船にされています。

この蔚山沖海戦(うるさんおきかいせん)で、日本は日本近海の制海権を取り、その後の日本海海戦、奉天戦の戦い等を遂行し、日露戦争を勝利に導いています。

上村彦之丞中将の書
上村彦之丞中将の書


うちのオヤジの口癖は、「書いたものを見れば人柄がわかる」というものだったけれど、上村彦之丞の書を見ると、実に見事としか言いようのない筆致です。
古武士のような力強さと豪快さ、大義のために尽くす強靭な精神と、人に対するやさしさが書に見事に表れている。

上村彦之丞の書は、人間を鍛えあげると、ここまで凄味が出るものかと、いまさらながら感心します。

書といえば、省庁の看板文字は発足時の大臣が書くことになっています。

下の写真の国家戦略室の看板の書は菅直人の字らしいのだけれど、気障でかっこをつけた字でありながら、一字一字が子供じみててバランスが悪い。
国家戦略室の墨字

リキミは感じるけれど中身がない。この程度の人物が国家戦略を語る?
片腹痛いというのはこのことです。

日本男児が育つ環境造り、日本はそこから出直さなきゃなんない。ねずきちには、そんな気がします。

日本を立て直せ!と思う方
 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

鳩山由紀夫vs 鳩山由紀夫
本文とはまったく関係ないのですが
この動画、笑えます。


日本の心を伝える会では、いま会員の募集をしています。
登録無料!! ご入会は、
①ハンドルネーム
②お住まいの都道府県
③メールアドレス

の3つを書いて、assist@nippon-kokoro.com にメールするだけ。
ご入会受付後、メーリングリストへの招待メールをお送りいたします。
この機会に、あなたも是非、どうぞ^^♪
日本の心をつたえる会ロゴ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

志望動機

No title
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

加藤清正

No title
日心会の本部所在地と代表者名は公表されないのでしょうか?

bingo

大同団結の協力お願い
突然のメッセージ失礼いたします。
マスゴミを許せないとお考えの方、真の報道番組であるチャンネル桜を応援
している方へ、長文で恐縮ですが是非とも一読頂きたくメッセージを送らせ
て頂きます。

もう1年前のことになりますが、チャンネル桜が倒産の危機に瀕したときに
何が起こったかご存知でしょうか。

YouTubeとニコニコ動画で国籍法改悪の桜の報道が大ブレイクし、桜の経営が
V字回復で急速に安定しだしたのです。
これはチャンネル桜と、売国法案を監視し続けてきた水間政憲氏、桜の動画
サイトを1年も無償で運営することで陰ながら桜を支えてきたFreeJapanの
坪田恒氏による、コラボレーションの成果と言えるのではないでしょうか。

実は後のお二人は、桜が報道しないところでも凄いことをしているのです!

水間さんは、南京問題研究の第一人者であられた故・田中正明先生から研究
を最も多く引き継がれた方で、雑誌SAPIOなどで「スクープ数がダントツの
日本一」の実績を持つ、最も国益の元となる情報を発掘しているジャーナリ
ストであると共に、十年以上前から「マスゴミ対策」に取り組み「NEWS23」
の捏造報道を追い詰めた、マスゴミ対策の「プロ中のプロ」です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・続き

昨年度の桜のYouTubeとニコニコ動画の動画はどんどん綺麗になっていっ
て、しかもニコ動へのアップも最速だったのに、今年度は素人同然の動画
になって違和感を覚えた方が多かったのではないでしょうか。
アップ主・FreeJapanの坪田さんが運営を桜からFreeJapanTVへ替えた
からでしょうが、これ程の違いが出るとは正直思っていませんでした。

その坪田さんがこの春に立ち上げたFreeJapanTVは、ニコニコ動画の政治
カテゴリでランキングトップを連発し、瞬く間にネット報道で支持率が
「日本一」へと急成長を遂げています!
YouTubeではハイビジョン放送に対応していて、スカパーのテレビ局に匹敵
するような結果を出しているにも関わらず、個人が自費で運営してきたなんて
ちょっとビックリしませんか?

こんな二人が桜に協力したからこそ、V字回復できたのではないでしょうか。
この二人は、国会議員との連携によって結果を出すことを重視されています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・続き

ジャーナリストの青木直人さんが「ドイツと比較して日本のデモは結果を出し
ていない」と言われているように、一般的にデモはネットの動画と同様、あく
まで視覚的なものなので、それを見た人への周知にはなります。
しかし外国人参政権などの売国法案を通すか通さないかは、最終的には国会
議員が決めることであり、国益となる具体的な結果を出すためには、水間さん
達が主張される、議員と私達ネットの有志との連携が最重要です。

2ヶ月以上前から水間さんとFreeJapanTVの坪田さんが準備に取りかかった
「10・27売国法案阻止請願」は結果として「10万」もの請願書が集まり
「中川昭一先生への追悼」を兼ねた集会は平日にも関わらず「5000名」も
の有志が集い、保守では「日本初」となる、国会をぐるりと取り囲む程の
大規模なものとなりました!

マスゴミは国民に法案の実態を一切伝えず、売国法案を通そうと必死でした。
しかし国会議員の多くがこの集会を目の当たりにし、最高の形で意思表明が
できたその結果、数日後に公明党が外国人参政権の法案提出を見送るという
2009年秋の時点における最高の政治決着を迎えました!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・続き
国会議員と、水間さんと、FreeJapanTVさんとネットの有志が協力し売国法案
をストップさせたのは、これにて「3・10偽装人権擁護法案」、「女性差別
撤廃条約選択議定書」に続き実に3回目となり、ストップ率は7割を超えてお
ります!!

このような売国法案を阻止する政治決着にご賛同頂けましたら、今後の売国
法案を阻止するためにも下記のURLにてFreeJapanTVのYouTubeのチャンネルと
ニコ動のコミュニティの登録で、意思表明をお願いしたします。(※登録無料)
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FreeJapanTV
http://ch.nicovideo.jp/motion/co15938

また、来年の国会に民主党が法案を提出するようですので、これは絶対に
阻止しなくてはなりません! もっとも効果的に阻止するための秘策が
下記にありますので、是非ともご協力頂けないでしょうか。

山中

No title
わたしも野狐禅さんと同意見です。
字の巧拙と人格は無関係と思います。

野狐禅

菅直人の字について
菅・直人の書について、酷い評価がなされていますが、そんなに酷評される書体でしょうか。

お断りしておきますが、私は菅という男は大嫌いですし、我々愛国者側から見れば唾棄すべき敵性議員だとすら思っています。

書いた字がその人の本性を現すということもまた一面の真理であろうと私も思っておりますが、彼の書いた国家戦略室という字を、誰が書いたか名前を伏せて、虚心坦懐に眺めた時に、果たして皆さんが仰るような悪評が圧倒的なものになるとは、少なくとも私には思えません。

“坊主憎けりゃ袈裟まで憎い“類の感を抱くのは私だけなのでしょうか?


bingo

No title
菅直人 には、明治天皇が下された軍人勅諭を読んでもらいたい。国のために誠をつくすこととは、そんな軽いものじゃない。

「国家戦略」なんて、おこがましいにもほどがある。日本国の国体への戦略なんて語るときは、皇統を中心とした原点との認識がないままで、国家戦略なんて迷惑千万!

http://www.youtube.com/watch?v=eL638Wf_634&feature=player_embedded

生涯ROM

初めまして
いつも素晴らしいお話を有難うございます。
やはり文字には自分自身が現れるのですね…。
管氏の字も普通に上手いと思うくらい、幼稚で汚い文字の自分には耳に痛いお話でした。
精進致します。

ところで今の内閣も数人を除いて皆さん達筆だとは思いますが、元首相の字は本当に美しく心に染み入る文字でしたね。
日本人ならばああいう文字を書けるようになりたいものです…はぁ。

ねずきち

みなさん、コメントありがとうございます。
八目山人さんが紹介してくださった筆字、せっかくだから、張っておきますね^^;

・・・・それにしても、ヒドイ・・・||||(・・、)

nanashi-san

No title
国家戦略室の看板の文字を見ていえることは、

1、何事も身構えて取り組まなければならないような強迫観念を感じるし、余裕が感じられない。

2、文字に柔軟性がなく内側に向かって湾曲しているので懐の深さを感じない。

3、バランス間隔に欠けた文字で線の太さが一様でなく、全体的に力みが強くて、硬直している。

など、素人でもこの文字を書いた人に国家の戦略が柔軟に建てられるとは思えない。また、意見を纏められるような人柄を感じない。
‥‥以上私の感想です。あくまで、漠然とした感想で根拠はありませんが‥。

キャビン

No title
今日の記事を読んで省庁の看板文字に興味を持って少しググッてみたらこんなサイトが・・・
http://mangetsu.net/otukimi/archives/001336.html

いやあ、人によっていろんな感じ方が有るものですな。民主アゲ派から見ると菅の文字も上手く見えるようです。


やっぱりミンス支持者って・・・・目が腐ってるんだな・・・いろんな意味で・・・w

シロ

No title
このことは、戦前の修身の教科書にも掲載されています。「敵国の人間であっても、目の前で苦しんでいるものが射たら助けるのが、博愛の道である」と。

愛信

小沢氏秘書が現金提供要請か 「裏献金」5千万円を2回
民主党の小沢一郎幹事長側が2004~05年、重機土木大手「水谷建設」
(三重県桑名市)から計1億円の裏献金を受けたとされる疑惑で、現金の提供は
小沢氏秘書が働き掛けた疑いのあることが20日、分かった。

【動画ニュース掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュースタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

太郎の嫁

NHKがまた反日NPOを褒めまくり
本日夜9時前のNHKニュースで「女性DVを防ぐ会議」を取り上げていました。
「全国女性シェルターネット」主催で「女性保護の先進国」から招いた人が壇上に韓国人のヨン某(失念しました)!!!
世界一の強姦大国の韓国女が講師!!!
反日NPOとすぐに判りました。
補助金を貰うのが大好きな在日団体と認識しました。

やまざる

No title
金星から来たのとカッポレでも踊ってナ。

椿

屁垂れが示す『友愛』は、弱さを誤魔化す為の“詭弁”!

>日本帝国海軍顕在であった時の敵に対する慈愛行動だからこそ、その價値は世界中から賞賛されるのであり、<

全くその通りですよね。強くて傲慢が当たり前の世界にあって、その強さに決して奢ることなく、敵に対して慈愛を持て接する、そういう“稀有な強さ”を見せるからこそ、世界は感動し、尊敬するのであって、

屁垂れ政権”が、その“弱さを誤魔化す為”に、卑屈な親切心や寛大さ発揮しても、反対に軽蔑されるだけで、尊敬を得ようなど「夢のまた夢」です。こういう当たり前の常識が、『民主の屁垂れども』には、全く理解できていないようですね。

岡田克也の字・・・『政権交代』だ・け・が、目的だったみたいですね。“稚拙な字”にマザマザと現れています。

福島みずほ・・・『平和をあきらめない!』って…、凶悪犯罪者シナ・朝鮮を、日本に引きずり込もうとしている張本人が、どの面下げて言ってるのか? 福島さん、あなたの目的は「シナ・朝鮮の平等と平和」だ・け・が、大切なようですね。あまりにも下手くそな日本語は、きっと“ハングル文字”を書き慣れているせいでしょうか? 



keito

No title
上村彦之丞中将の書、ねずきちさんのお父様がおっしゃるように書かれた方のお人柄そのものですね。

書展などでこういった墨書を拝見すると、それぞれ書かれた方の息遣いが伝わって来るようで、深い息をつく事が多いです。人は魂で字を選び、気概を以て形にする。優れた書を見るとそう思います。丹田に力を込め、心を澄ませねばこのように意志を形にする事はできないと思います。

菅氏の文字は形だけをとりつくろった浮ついたものにしか見えません。この看板には魂は入っておらず、単なる記号になってしまっていると思います。彼等の日本に対する思いもからっぽだからでしょう。

おっさん

No title
そういえば、中国の若い人はこういう字を書くような気がします。

おっさん

No title
国家戦略室・一般的には下手な字じゃないでしょうが、味がまったくないので、だれが書いたのかなあと思ってました。
菅さんだったらもう少し良い字が賭けそうなもんだけど、左翼系の人は観念だけで行動してるから心が育たないのかもしれませんね。

nanashi-san

No title
〝国家戦略室の看板の書″は気になっていましたが、そうですか。
あまりにも、子供じみた書体なので返って目立ちます。‥が、ちょっと恥ずかしい看板です。

野狐禅

強者の慈愛
友愛という言葉を臆面もなく使っている人が我が国の総理大臣となった。
友愛という言葉の持つ語感は、受け取る側の感性により様々であるとは思うが、使う人の人間性により、その重みが大いに異なると思う。

質実剛健、他を圧倒する力を持つ者がその言葉を発した時、その言葉の持つ慈愛が真に感じられるのであって、腕力も知恵も不完全な者がその同じ言葉を発すれば、ただの独りよがりの哀れな物笑いの種になることを知るべきである。

翻って、今の日本にその“友愛“という言葉に値する力があるだろうか。
他国にその安全を保護して貰う、根性なしの国家から発せられる“友愛“という言葉は、ただ奴隷根性の単なる卑屈な弱者の物乞いに似た哀れな響きにしか他国には思えないであろう。

言葉が本来の意味と違った使われ方をされ、危険な思想を上手にオブラートに包み、その実態を隠して用いられる傾向が多く、由々しきことだと憂慮している。

“人権擁護”“平和運動”など民主党のマニフェストなどに見られる数々のこれらの偽装言葉を、見抜く心構えが必要と考えている今日この頃である。

日本帝国海軍顕在であった時の敵に対する慈愛行動だからこそ、その價値は世界中から賞賛されるのであり、世界から軍事的、外交的に馬鹿にされ、相手にされない現状の日本では、同じ行為でもその價値は相対的に低い評価しか与えられないことを我々はもっと知るべきではなかろうか。

国家戦略局
一番国家戦略のない、カイワレ大根が局長?名前を付けるなら~「金銭出納監視局」~とでも呼んだ方が良いのではないでしょうかね。
岡田・鳩山・福島の文字よりは文字の意味は判りやすい。

bb

ねずきちさん、おはようございます。
立派な方の書は、胸に迫るものがありますね。

菅さんは形も迫力もエセです。

最近拝見して素晴らしいと思ったのは細田前幹事長の字です。書道の基本がしっかりしていて、見ていてさわやかな字でした。

比べて「国土交通省」これ小学生?と思うばかりの稚拙な字。

看板なのですから、見た目も大切。プロにお任せした方が良いと思います。

「平成」も伸びやかで素晴らしかった。

私が好きなのは裁判所の表示です。最高裁判所は、前のものを使ったのでしょうか。

もう少し文字を大切にして欲しいです。

すみません、本論からそれました。

日本の魂

ただの独り言です・・・
「歴史上、貴方が尊敬している人物は?」と聞かれると大概の日本人は「織田信長」とか「徳川家康」
後は幕末から明治始めに活躍した人物の名前くらいしか「いえない」。
それはそれ以降の日本の歴史上偉業を成した人物を学校では教えていないからだ。
私は本当にこの事がどうしても絶対に許せない!
「どんな時代よりも純粋に天皇(=日本国民)を守る為だけに世界と戦った」時代の英霊達を
蔑ろにしてはいけないと思うのです。

共通一次世代

No title
強さと優しさ・・。

18日、職場でお昼休みに読んでた産経新聞。
下のほうにあった『別冊 正論』の広告。

「朝日新聞・NHKの大罪」
「追悼企画 朝日よNHKよ、叩かれ続けても中川さんはこんなことを語っていた。」

~~「マスコミの潜在的良心に対するわが期待」~~

v-496中川さん!!v-496

-

No title
政権交代が最大の景気対策・・!と言ってた選挙前の民主党。
政権交代は最大の景気後退でした。
お調べください世界の株価、
日本だけが酷い事になってて民主鳩山政権発足から急降下↓です。
マスコミに煽られた国民自身がその責任を負うべき、と思いますが入れなかった人も連帯責任は辛いです。
それに菅さんの字を見てこんな、このブーメランが次期総理かと悲しくなりました。
国際社会が、麻生政権を世界最強経済プロの政権、と日本を羨ましがったのに、マスコミによるデマゴーグ、衆愚が無念でなりません。




非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク