ウズベキスタンの日本人



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

国立ナポイ劇場
国立ナポイ劇場


トルキスタンとか、カザフスタンとかいいますが、その「スタン」というのは、ペルシャ語で「国」という意味の言葉です。

その「スタン」という名前がつく国の中に、ウズベキスタンという国があります。

古代からシルクロードの中継地として発展したオアシス都市が栄えたところで、13世紀にはモンゴル帝国に征服されるけれど、14世紀になるとティムール王朝が興って、中央アジアから西アジアに至る広大な帝国を築き上げた歴史を持ちます。

そのウズベキスタンの首都都タシケント市に“国立ナポイ劇場”(写真)があります。
実はこの建物は、日本人が造った。

終戦後間もないころです。

シベリアに抑留された日本人65万人のうち、2万5千人が、このタシケント市内の13箇所の収容所に入れられます。

シベリア抑留者というのは、ただソ連によって強制連行され、抑留させられた、というわけではありません。

シベリアに連行された日本人は、旧満鉄の職員や技術者、関東軍の工兵たちなどです。
要するに技術者集団でもあった。

ソ連は、ヤルタ協定を一方的に破棄して対日参戦しただけでなく、満洲や朝鮮半島、樺太などを一方的に占有し、日本軍から奪った武器弾薬兵器は、シナの八路軍(中国共産党)や、北朝鮮金日成らに無料同然で売り渡し、日本人技術者たちを強制連行してソ連のインフラ整備のために無料で使役したのです。

65万人の技術者集団です。
彼らを単に抑留するだけなら、食費やら施設の維持費等で、建国したてのソ連は大赤字となります。
65万人に給料を払うなら、たとえば今の相場で月30万円の給料を出すとなれば、それだけで月に2千億円、年間2兆4千億円の費用がかかる。
それを給料無料で、ろくな食事も与えず、彼ら日本人の持つ高い技術と能力、旧満州にあった機械設備をまるごと接取して、ソ連のシベリア開発のために使役した。

道路敷設、水力発電施設の建設、鉄道施設の充実強化、森林伐採、農場経営、建物建築等々。

莫大な国費を要するそれら国内インフラの整備事業を、拉致した日本人65万人を使ってソ連全土で展開した。

ちなみにいまでもロシアに残る社会インフラで、ちゃんと稼動している施設は、ほぼ日本人抑留者が造ったか、ソ連以前の帝政ロシア時代の建造物かどちらかです。
旧ソ連時代にできたものは、あまり多くない。

要するにソ連は、人だけでなく、モノと技術を一緒にソ連に運んだのです。
そして日本人を奴隷のように使役し、モスクワの町やらイルクーツクの街並み、カザフやウズベキの街や道路、発電所、建築物等を作らせた。

使役させられた日本人たちの様子がどうであったのかは、山崎豊子の小説「不毛地帯」に詳しく紹介されています。

裸にされて並ばせられると、すぐ前に立っている者の肛門まで見えた。ろくな食事も与えられず、全員がそこまでガリガリにやせ細っていた話、モスクワでの建設工事の最中、あまりの労苦に耐えかねた日本人のひとりが、クレーンの先端まで駆け上がって「天皇陛下万歳!」と叫んで飛び降り自殺した話等々、涙をさそう逸話が数多く紹介されている。

ウズベキスタン
ウズベキスタン


ウズベキスタンのタケシント市に抑留された2万5千人の日本人達も、同じです。

運河や炭鉱などの建設や、発電所、学校などの公共施設の建築などの強制労働につかされ、過酷な気候条件と厳しい収容所生活で、栄養失調や病気、事故など813人の日本人がこの地で亡くなった。

しかし、彼らが造った道路や発電所などの施設は、いまでもウズベキスタンの重要な社会インフラとなっている。
それどころか、国立ナポイ劇場の建物などは、いまやウズベキスタンの人たちの誇りとさえなっている。

ウズベキスタンの市民たちは、劇場が建設された当時のことをよく覚えているといいます。

日本人たちが、捕虜なのにどうしてあそこまで丁寧な仕事をするのか、真面目に働くのか不思議がったといいます。

冒頭の写真のナポイ劇場は、約2年の月日をかけて昭和23(1948)年に完成したものです。
実は、その後、タシケント市では、2度、大地震が起こった。
市内の建造物は、なんと3分の2が倒壊しています。

ところが、この大地震に、ナポイ劇場はビクともしなかった。

劇場を眺めるとき、ウズベク人たちは、
「戦いに敗れても日本人は誇りを失うことなく骨身を惜しまず働いて立派な仕事を残した。素晴らしい民族だ」と今も語り継いでいる。

同じ抑留者でも、ドイツ人たちは、ロシア兵に反抗もするし、自分たちの権利を主張した。ロシア兵たちもドイツ人たちにたいしては、あるていど大目に見ていたといいます。
日本人はイエローなので、差別された。ひどい扱いを受けた。
それでも日本人たちは、威張らず、文句も言わず、黙々と作業をした。
その姿に、市内の作業現場ではタシケント市民は、ソ連と戦争をした日本人を、かえって尊敬と畏敬感を持ったといいます。

ナポイ劇場の建造は、500人の日本人抑留者が担当したそうです。
そのうち60人が、建築途中で亡くなった。
どれだけひどい環境下にあったか、その数字だけをみてもあきらかであろうと思います。

1996年、ソ連崩壊後、独立したウズベキスタンで、大統領のカリモフ氏は、壮麗なナポイ劇場に、日本人抑留者の功績を記したプレートを掲げました。

プレートには、ウズベク語、日本語、英語でこう書かれています。
「1945年から46年にかけて極東から強制移住させられた数百人の日本人がこの劇場の建設に参加し、その完成に貢献した」

ナポイ劇場正面に掲げられたプレート
ナポイ劇場正面に掲げられたプレート


1999年7月に、駐ウズベキスタン特命全権大使となった中山恭子氏は、ウズベク在任中に、いまも国民に電気を供給している水力発電所の建設を仕切った元現場監督に会ったそうです。

その元監督は、まじめに、そして懸命に汗を流していた日本兵抑留者たちの思い出を涙ながらに語ったといいます。

苛酷に働かされた工事でも、決して手抜きをせずまじめに仕上げてしまう日本人。

いまでもウズベキスタンの母たちは子供に「日本人のようになりなさい」と教えているのだそうです。

ウズベキの人たちは、当時抑留されていた日本人たちの姿を見て、
「日本人の捕虜は正々堂々としていた。
ドイツ人捕虜が待遇改善を叫んでいたのに対して、彼らは戦いに敗れても日本のサムライの精神をもっていた。
強制労働でも粛々と作業につく姿を見て、我々市民は彼らに何度か食料を運んだ」というそうです。

タケシント市にある日本人墓地は、元抑留者たちの募金活動やウズベキスタン政府の協力によって整備され、日本から送られたサクラの苗木1300本も植樹されました。

過酷な環境の中で祖国帰還を夢見ながらも、まじめに働き、ウズベキスタンのインフラを残した日本人抑留者。

彼らが造った道路や工場は今でも使用されています。

どんなときでも勤勉にまじめに生きた私たちの父祖の日本人。

戦後の日本人は、そういう父祖たちの生きた時代の日本を、あまりにも矮小化して見てはいないだろうか。

日本を護れ!と思った方
 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

ウズベキスタンの紹介


日本の心を伝える会では、いま会員の募集をしています。
登録無料!! ご入会は、
①ハンドルネーム
②お住まいの都道府県
③メールアドレス

の3つを書いて、assist@nippon-kokoro.com にメールするだけ。
ご入会受付後、メーリングリストへの招待メールをお送りいたします。
この機会に、あなたも是非、どうぞ^^♪
日本の心をつたえる会ロゴ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

kanako

日本の声を世界に
日本の声をもっと世界に。
歴史、ニュースは人々に知られたいようにコントロールされているのではないか。
いろいろの角度のストーリーがあってもいいのに、声の大きいものが勝ったりする。これが事実となる...

日本人の声、英語で世界に発信しているブログがある。
このような貴重なお話も、ぜひ世界に発信してもらいたい。

http://japanbroadcasting.net/

M

あ太郎

とうとう来なかったな..

ちなみに前もこの用なくだらん質問された今回のも合わせて計2回

お前の言ってる事
小中学生レベルぞ悪いけど、まぁ一生気付かないと思うけどね..(大笑)


M

あ太郎氏
返事コメしたけど

返しのコメは?

期待はしてないけど 、まともな返事が来るなど!
(大笑)

モンスリー

偶然にも同じブログなんですが
親日ウズベキスタン人のことば
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid744.html

「アンカー」青山繁晴 民主党とポッポが検察に圧力かけてる件のテキスト全文
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid747.html

M

疲れるな
ロシア→ソ連→現在 ロシア

開戦時の国名にそんなに固執しなくてもいいだろう!

多分 該当者は意味すら分からないと思うが(苦笑)

空死似故腐

人のいい日本人
金持ち日本人に寝返っただけだろ…いつもながらおめでたいぜ。

みちお

No title
そういう先人たちの苦労があったのですね。
…もう20年以上前のことですが、私はソ連を旅行したことがあります。
シルクロードが旅行の半分で、タシケント・ブハラ・ヒワ観光などをした記憶があります。
サマルカンド・シャフリサプス・ペンジケントなども行きました。
私たちが日本人だったからでしょうか、向こうであった人は皆親切でした。それもそういう先人たちのご苦労の賜物だと、今更ながら胸に染み入りました。

「かぐやひめ」さんへ。
「手取川」さんは怒っていらっしゃいますが、一応『「スタン」という接尾語は「国」のことだ』と解釈してもかまわないと思います。以前どこかでそう聞いたことがあるように思いますし、少なくとも私が旅行した当時は「タジキスタン」を「タジク共和国」、「ウズベキスタン」を「ウズベク共和国」、「カザフスタン」を「カザフ共和国」と呼んでいましたから。

私がその旅行で一番心に残ったのはペンジケントの遺跡から見た風景でした。その遺跡そのものは門外漢の私にはさっぱりでしたが、その遺跡は丘の上にありましてね。
その丘から見る山脈の美しさに思わず圧倒されました。
私が呆然と立ち尽くしていたら、いつの間にかガイドが後ろに立っていまして「あの山の向こうがアフガニスタンですよ」と教えてくれました。(ということは、かつてソ連はその山を越えてアフガニスタンに侵攻したことになります)

話が逸れました。
かつて三蔵法師が「ペンジケントは風俗が軽薄で金のことだけしか考えていない」と評したとか。
「風俗が軽薄で金のことしか考えていない国は滅びる」ものです。かつて世界をまたにかけて栄華を誇ったソグド文化の都、ペンジケントもいまやただの遺跡でしかない。

…関西の毎日放送「ちちんぷいぷい」で「鳩山総理の献金問題、黙認できますか?」って街角アンケートを行ったところ、「黙認する」が72%って結果だったそうです。信じられません。信じたくありません。
日本は大丈夫でしょうか?

それにしてもあの国も変わったものです。旅行中、同行の日本人と「なぁこの間、一ヶ月くらい前に書記長変わったよな。ゴルバチョフと云ったっけ。この国変わるかな?」「さぁ、そう変わらないと思います」なんて話をした事を憶えています。
ソ連がロシアと変わり、レニングラードもサンクトペテルブルグと変わった。

ペンジケントは滅んだ。ソ連も滅びましだ。
M党政権誕生以来、日本は大きく変わった。しかし日本の滅亡だけは防がねばなりません。

M

頭わるいだろうな~
きっと!

↓無視

あ太郎

無題
M #JalddpaAよ

真珠湾攻撃当時、「ソビエト社会主義共和国連邦」ではなくて、「ロシア」と断言する根拠を、400字詰め原稿用紙2枚以内で簡潔に述べよ。

TEXAS

給油?
M #JalddpaA様、

是非、出典元を紹介していただけませんか?

M

意外な事実(マジ)
日米海戦の時

真珠湾を奇襲攻撃した日本の艦隊

出港すると時 国後島か択捉島に居て

そこでロシア側から戦艦や空母などに必要な燃料『重油』を充分に補給してもらっていたんだとさ!

あの当時ロシアも日本を是非ともアメリカと大戦してほしいと思ってたんだろうな!

そうなったけど(笑)
‥戦前裏話しでした

お達者クラブ

民主党のことで気になっていること。
テーマ違いでごめんなさい。

先の衆議院選挙の時、私は地区の投票所の立会いを食事とお茶の時間を除いて開始から終了時までしました。
最近思い出してみて気になったことがあります。
次回の選挙も自民党はヤバイという思いです。
民主党支持に山口組(街宣右翼団体含む)があるというのはこのブログの人は周知の通りです。
立会いをしていて、選挙をしそうも無い人が結構居たのです・・・・田舎ですからなんとなく解る。
荒仕事の人(工場などの下請け仕事、鳶など)、工場地帯ですし、現場で定期点検工事(定修工事=ブレーク工事)をした経験から何々組という業者が多く入ります。
その類と思われる人が投票に来るのです。
この何々組というのはゼネコンの下部業者とも類似して、山口組傘下などに入っているのも多い、スナックなど縄張りに有る場合も同様です。
浮動票です。考えすぎでしょうか。

それと、鳩山・小沢問題です。
朝鮮総連土地取得偽装で緒方元公安調査庁長官が犯人にすり替えられました。何処の誰の圧力があったのでしょう。
 

青空白雲

No title
シベリア以外にも抑留されていたんですね。この抑留については日本人の悪いところもあったことを書いてください。敵に事大して、共産党に洗脳され、最後はスターリンに感謝状まで出して帰ってきたことを忘れてはいけません。

bingo

おしらせします。失礼をお許しください
衆議院議員 平沼赳夫代議士、が下記番組に出られる予定です。

今後の日本にとって、真正の保守政党が必要だと思います。

【番組名】
BS11 『INsideOUT』

【放映日】
12月3日(木) 22:00~23:00 

八目山人

終戦直後の皇太子殿下の話
本文とは関係ありませんが、今上陛下に就いての素晴らしい話が有りましたので、下に紹介させていただきます。
私は15年ぐらい小金井に住んだことが有るのですが、この話は知りませんでした。
http://archive.mag2.com/0000000699/index.html

晋作

No title
母の兄がウズベクからの引き揚げでした。
昭和28年に引き揚げてきたそうです。
やはり、共産主義洗脳を全員受けていたそうで、その中でも本当に洗脳されて、共産主義化して帰ってきた人も半数はいたとの事でした。
兄から聞いた引き揚げ船の中での出来事の話を、よく母が語ってくれます。
『海上の国境線を越えた(つまり日本領海内に入った)とたん、母の兄を始め、共産主義に洗脳されなかった者達は小さな白い布切れに赤い丸を書き、胸に縫いつけたと言います。日の丸です。自分は共産主義には洗脳されなかったぞっ、と。そして、日の丸を胸に縫い付けなかった共産主義に洗脳されきってしまった者達と、引き揚げ船の中で、まっぷたつに別れたのです。』

-

100万人の抑留者 卑怯者スターリン、Fルーズベルト
1945年8月8日、ロシアはまだ有効期限のあった、日ソ中立条約を無視し日本に宣戦布告をし、満州や朝鮮半島に侵入した。それも、日ソ条約中の2年前(1943年)、スターリンは、ルーズベルトに対し、ドイツ降伏後、日本との戦争に参戦すると、約束をしていた。

「生き馬の目を抜く」のが西洋文明(中京、南北朝鮮含む)です。 「世界は腹黒い」それが、現実で今も昔も変わってはいません。

情報不足と、日本外交の甘さが招いた悲劇といえます。
知識と情報を駆使し、日本は外交のエキスパートにならなければ。失敗を繰り返さない為にも。

日本人の外人に対する対処の甘さが、民主党を支配しているエセ日本人(外国人)をのさばらせる結果を招きました。 このエセ日本人達を一言でいえば、「只のやくざ者で、恫喝はするが日本人が毅然とした態度を示すと、とたんに小さくなる小心者。それも揃って頭の弱い馬鹿ばかり」
しかし性格は、残虐で理性がないので注意が必要。
野放しの狼をやっける方法、そんな感じ対処すればよいのです。

民主党を支配している、エセ日本人達の、やる事成すこと全ては、日本を略奪する為の仕事であり、中国共産党、南北朝鮮の為にだけに働いています。

次の衆院選では、、、、なんて、そんな余裕はありません。
独裁政権になったら、次はありません。

民主党を潰さない限り日本に、明日はないのです。

-

No title
本当に早く正常な日本にと、心から願う日々でございます。
民主党の事業仕分け!なるもので、科学技術予算を削減する判定が相次ぎ、ノーベル賞受賞者や大学関係トップから異例といえる怒りのコメントが出されました。
一般にも危険な民主党の正体は認識されてきたのでしょうか。
出自のハッキリしない民主議員は100人とか、
テレビ各局の株が在日に20%超えて買われ(外国人株取得限度は20%まで、違反は放送免許取り消し)それで、脅されてるとか驚きの話があります。
異常だった安倍自民保守叩き、大磯吉田邸火災、今回の政権交代選挙も、韓国による主権国家侵略に見えてくるのです。




椿

『3つの原爆』を投下された“日本”

しかし…、聞いていて“堪えがたい事実”ですね。

卑俗・馬賊が跋扈する残虐非道なシナ・ロシア、伝染病の蔓延する不衛生な外国になぞ、何が悲しくって行かなきゃならないのか!それでもみな、“お国の為”、“親や妻や子を護る為”に命をかけて行ったのに、

戦後は『戦犯(犯罪者)』扱い、運良く靖国神社に祀られても「侵略者」呼ばわりされて、顕彰もしてもらえず、遠き異国の地で“壮絶な最期を遂げられた”我らがご先祖様の遺骨は、64年間いまだ「放置状態」…。

シナ・朝鮮の恩知らず振りに、いつも憤激しておりましたが、血の繋がった日本人のなんと水くさい、恩知らずな事か…。

いま、この平和な日本でノウノウト暮らせているのも、“壮絶な最期を遂げられた英霊方”の並々ならぬ『自己犠牲の精神』があればこそなのに…。

そしてもっと悲しい事に、戦争で被害に遭われた方々は、「一体だれが敵であり、自分達の家族を虐殺したのか、「一体誰が、自分達を強制連行し、虐待したのか?」を忘れてしまっているのではないでしょうか?

全て、かっての大日本帝国の責任にされてしまっています

[色:0000FF]捕虜虐待、捕虜強制連行、捕虜虐殺
は、当時でも国際法違反です。そして、アメリカ人達は、原子爆弾投下で無辜の民を大虐殺するという、『人道に対する罪』を犯しています。

これらを総合して考えても、日本政府を糾弾するよりも前に、何故、“ロシア・アメリカの大罪”を糾弾しないのか? 何故、彼らに賠償要求をしないのか?私は不思議でなりません。

一度お時間のある方は、V.A.アルハンゲリスキー著の『プリンス近衛殺人事件』をお読みください。スターリンらが虐殺した日本人は“60万人以上”にも上るそうです。スターリンの側近達が、『まさに、氷の原爆!』と呼んだほどです。

広島・長崎の原爆被害より、はるかに大きな“氷の原爆”。心身ともに疲労困憊している日本人の身の上に、情け容赦なく投下されたのです…。

日本は『3つの原爆』を投下されています。

①『火の原爆』=広島・長崎の原子爆弾
②『氷の原爆』=シベリア強制連行
③『心の原爆』=GHQによる“日本精神解体

ここまでされねばならぬほど、一体私達のご先祖様は“どんな悪い事をした”というのでしょうか? 

日本を独立国家に保ちたい」ということが、「人種差別をなくし平和な世界を願う事が」、それほど悪いことでしょうか? それほど白人達の“逆鱗に触れる”ことでしょうか?

ねずきちさんのトピにあるように、捕虜の日本兵たちは、『非道な仕打ちにも耐え、サムライの如く、言い訳もせず文句も言わず、ただ黙々と作業を行っていた』と書いてありましたが、

ご先祖様達はもちろん、サムライ精神で『言い訳がましい事』は一切仰らなかったのだということは理解できますし、また、“言えない過酷な状況”であった事も理解できます。

だからこそ、私達子孫がご先祖様の“想い”を伝え続け、必要とあらば、誤解をしている世界中の人々に、『英霊方の真実』を伝え続けねばならないと思っています。[/色]



たぬきち

テーマ外ですみません。
日心会MLに「兼光さん」が東京地検への応援メールを呼び掛けておられます。

もはや社会正義を希求しないマスコミに何の期待もできません。これでさらに東京地検までが及び腰になっては民主党独裁に拍車がかかります。 時間がありせん。
東京地検の「ご意見窓口」のアドレスを貼りますので各自
【応援メール】を送って彼らに国民の支持を知らせ勇気を与えましょう!

(兼光さんの文章の要約を転載します。)

どうも地検は我々国民がどう見ているか、様子見をしているようです。それに民主党側も乗っかり、何とか沈静化させようとしております。検察がまじめに捜査をしてくれれば、立件逮捕できるほどにいろいろな事実が明らかになっているのにもかかわらず、検察庁は及び腰で、秘書だけで終わらせようとしていることは明らかです。ここで、僕らは立ち上がらないとこのまま民主党を生き延びさせてしまいます。ぜひ、みんなで声を上げましょう。

本日の関西テレビ「アンカー」にて

青山繁晴氏によると、「鳩山・小沢の疑惑について、東京地検に大きな圧力がかかっている。このままだと大したことなく終わるだろう。あとは国民の声しかない」旨の発言あり。

今、この瞬間からでも、東京地検に、国民からの大きな応援の声を届ける必要があります。 状況は一刻を争うのではないでしょうか。

東京地検の人々が、勇気を持って捜査を続行できるように、
応援をしてください。
業務の邪魔にならないように、でも特捜の人たちが、国民の
支持を得られていると実感できるように。

なんでもいいです。
メール1回でもいい。
東京地検メールフォーム https://www.kensatsu.go.jp/kensatsumail/feedback.php?id=006

共通一次世代

No title
今朝、TBSの朝ズバでノーベル物理学賞の益川教授が中継で出演されていました。

司会のみのや与良正男毎日新聞解説委員(ちょびヒゲの人)が、事業仕分けの批判をかわそうと、また「役人の説明が悪い」と言う方向へ持って行こうとしていました。

加えて今回は、卑怯なことに「科学分野においては今までの政権も蔑ろにしていたのではないか」と、いわば、前の自民党政権の批判を益川教授にさせようとしていたのです。

益川教授は、みの与良2人がかりの誘導尋問に対して、あっさりと「耳を傾けてくれていた」という風に話されました。麻生さんたちは日本の科学技術を勿論「日本の底力」としてバックアップしていたはずです。それをちゃんと益川教授は言葉で証明した。

益川教授はノーベル賞受賞後、9条の会などとの関係も取りざたされていたので、恐らく「左寄り」学者だという判断がTBSに働き、自民政権への批判や民主政権擁護の言質を容易に取れると思ってゲストに呼んだのだと思いました。しかしその当てが外れたんです。

今日のやり取りを見ても、改めてマスコミは本当に汚いやり方をし、卑怯であると思います。またレンホウや枝野も、「各省庁の説明が下手だから、不足していたから」などと批判の矛先を自分達とは反対側に向けようと必死ですが、一時間でどうやって納得させられるのでしょうか。

変な例えかもしれませんが、1つの商品をお客に買ってもらうのにも30分は掛かると思います。納得させるには時間が必要です。頭ごなしの質問と、削減最初に有りきのやり方の中、納得させろと言うほうがおかしいのではないですか。さすが「本当の強行採決をする」民主党のやり方だと思います。

審議を何日も行うが代案を出さずになんでも反対、審議に参加してくれと頼んでも審議拒否、仕方なく採決していた自民党と違い、民主党は本当にたったの数時間で「審議した」と言い張り、もっと審議してくれと頼んでも無視、仕方なく反発したら本当にに強行採決。

国籍法改正の時も千葉景子がしたことは「有無を言わさず強行採決」でした。

益川教授は「中国の文化大革命と同じだ!」「仕分け人は紅衛兵だ!」
と何度も言われました。あのやたらと朗らかだった教授は心底怒っていました。みのたちの、仕分け作業を認めさせようというおしつけに決して迎合せず、まっすぐ科学者として訴えていた。
最後にみの与良が、天下りに対する批判を引き出そうとしても「何を決めるにも先ずは緻密な検討が必要だ」と話していました。

ノーベル賞の科学者を政治に利用し、事業仕分けを正当化しようとしたTBSは、見事に失敗したんです。



今日のエントリー、胸が苦しくなるくらいでした。
何故一般の国民は知りうることが出来ないんだろう。
何故自分達はこのシベリア抑留の方達のことをもっと知る機会を得ることができなかったんだろう・・。
何故こんな戦後何十年も経ってからでしか知ることが出来なかったんだろう・・。

悲しさと申し訳なさと悔しさと、いろんな思いが入り混じって本当に苦しい。
そして自分が日本人であることがどれだけ幸せなことであるか、これだけの誇りを持てる日本人であることがどれだけ素晴らしいことか。
この日本という国を守ってくださった英霊の方達に改めて感謝の気持ちを持つ思いです。


~~~吉田茂の訓辞(昭和32年2月、防衛大学第1回卒業式にて)~~~

「君達は自衛隊在職中、決して国民から感謝されたり、
 歓迎されることなく自衛隊を終わるかもしれない。
 きっと非難とか叱咤ばかりの一生かもしれない。御苦労だと思う。
 
 しかし、自衛隊が国民から歓迎されちやほやされる事態とは、
 外国から攻撃されて国家存亡の時とか、災害派遣の時とか、
 国民が困窮し国家が混乱に直面している時だけなのだ。

 言葉を換えれば、君達が日陰者である時のほうが、国民や日本は幸せなのだ。
 どうか、耐えてもらいたい」

『日陰者の誇り』・・・日本人は元来こうなのだ・・。

あん

No title
私をわが子のようにかわいがってくれた叔父さんは学徒出陣で満州でソ連に抑留され将校だったからか帰国できたのは昭和27年、2年後会計士の資格をとり、活躍されましたが、抑留時代の病がたたり50歳すぎに他界されました。抑留時代のことを子供の私がきいても、あまり話さなかったけど地獄だったのはわかった。あとからの話では士官は洗脳された兵隊につるしあげられ、苛め抜かれていたそうでした。洗脳された兵卒は赤化革命の分子として3-4年で帰国できたそうです。

タシケント
私の叔父がソ連に抑留されタシケントで働いていた。
捕虜収容所時代の記録を貰っていますが、この部隊は億の技術者も自動車部隊が中心で川口の鋳物工場の人が多くて、一種の技術集団が居られたようです。
ドイツの捕虜は働かないので使えない、当地では日本兵を、ソ連軍・アメリカ軍と戦った人として畏敬の眼で民間の人は見ていたと記しています。

トラネコ

もの言わぬ高潔な魂
こんにちわ、ねずきち様。
私も会員の一人です。毎回心に染み入る日本人の美談が楽しみです。私は現在海外でボランティア活動をしています。ラテンアメリカの某国ですが、ここではすべてがいい加減と適当の世界で、几帳面な日本人と対極の世界です。私もこちらでの仕事の杜撰さに辟易しますが、自分の手がけた仕事だけはきちんと納得がいくまで妥協しません。ウズベキスタンの日本人捕虜技術者の、決して驕らず、卑屈にならず、黙々と自分の仕事を責任を持って果たした無言のプライドは、いまでも現地の人びとの語り草であり、日本人の誇りを世界に伝えてくれた行為として、高く評価したいです。私も先人の行為を胸に任地で頑張っていきたいです。

愛信

サマック元タイ首相死去、国会に幽霊?
民政移管のため行われた同年12月の下院総選挙で同党が第1党になったこと
から、2008年1月に首相に就任した。しかし、サマック政権は軍の掌握に失敗
した上、タイ王室に関する発言や対カンボジア外交などをめぐり野党、保守派の
攻撃を受け、発足後数カ月で閣僚が次々に辞任。

【関連情報】
サマック元首相が死去=西松事件で収賄疑惑-タイ

【マスコミ隠蔽の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

かぐやひめ

シベリア抑留
手取川さんのおっしゃるように、シベリアでは、伐採が主な仕事で、かつ、ソビエトによる「洗脳=共産主義者になるよう教育する」も、あったと、シベリア帰りの人から聞きました。

「心に明るさのある人、最後はよい日が来る」と、思える楽観主義者しか生き残れなかったと言われていました。

ウズベキスタンとは、様子がちがったのでしょうね。
ウズベキスタンでは「日本人のようになりなさい」と子供たちに教えると言う話は、ほかでも読みました。でも、こんなに詳しくは知りませんでした。

私も「スタン」という接尾語は「国」のことだと想像していました。

昔の日本人には、とても、勝てないと思うけど・・・今も、日本人は結局は同じだと私は思います。
だから「日本人は悪いことをした」と言われても、反抗的にならずに、反省してしまうのでしょう。

手取川

工兵だけではない。
この劇場はあまりにも有名ですが、今回のねずきちさんの話には納得できません。
まずこのタンというのは山とか山岳地帯という意味があります。アフガニスタンやパキスタンなど中央アジア一帯にタンと付く国が幾つもあります。
更に満州にいた関東軍は何も工兵だけではありませんよ。 私の父は軍属として関東軍の経理に勤務していましたが、九月にシベリアへ抑留されました。
ソビエト軍にしてみれば軍人も軍属も関係ないのです。
父がいたキャンプでは2000人の約三割が二年の内に亡くなったそうです。 仕事は森林の伐採だったのですが、あまりにも死者が多いので墓地のスペースが足りないことに、そこで埋葬した死体を掘り起こしてバラバラにして墓地の周辺に捨てその穴に新しい死体を埋葬したとか、夏になると腐敗臭が当たり一面に漂い、そうでなくても不味い食事が喉を通らなくなったと言っていました。
更には共産党の再教育をして密告とか自己批判をやらせ耐え切れなくなった何人もが自殺しています。  戦後シベリアからの帰還兵に共産党や社会主義の思想に染まった人たちが多くいたのもその成果でしょう、それが今なお形を変えて現在まで政党として生き残っているのですから。

たぬきち

No title
>いまでもウズベキスタンの母たちは子供に「日本人のようになりなさい」と教えているのだそうです。<

ありがたい話です。でもそれでは日本人を一番知らないのは「日本人」という事になりますね。 

それに機会があったらウズベキスタンの子供たちに伝えねばなりません。

「日本の総理大臣のようにはなるな」ってね。

M

このタシケントの日本兵達が造った劇場は有名ですよね。

モスクワなどまで行ってたんですか初耳
シベリア抑留者もほぼロシア全土に散らばってたのですね!
一説には100万人以上は抑留されたとの話しもありますが..
(日本人)
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク