ランボーは日本人だった!・・・舩坂弘軍曹物語



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

アンガウル島
アンガウル島


シルベスター・スタローンの「ランボー」といえば、2008年にも「ランボー最後の戦場」が公開された、いわずと知れた大ヒットシリーズです。
ところが映画の主役のジョン・ランボー顔負けの大活躍をした日本兵がいます。
お名前は、舩坂弘軍曹。大正9年のお生まれの方です。

昭和19年3月、23歳で除隊を目前にした舩坂氏は、宇都宮歩兵第59連隊軍曹として、パラオ・ペリュリュー島南西のアンガウル島に着任しました。
アンガウル島は、東西2.5km、南北3kmほどの小さな島です。
米軍はここを占領し、飛行場を作ろうとした。同年9月11日、米軍が来襲します。

開戦から5日間にわたり米軍は、まず空母ワスプから発進した爆撃機で島の絨毯爆撃を行った。次いで戦艦テネシーから、島の形が変わるくらいの激しい艦砲射撃をした。そして9月17日、米陸軍第81歩兵師団2万1千名が島の北東と南西の二面から海岸に上陸します。

このとき、島を守っていた守備隊の日本軍は、わずか1400名の中隊です。
小さな平たい島です。内陸部に誘い込んでの戦いはできません。日本軍は、はじめ上陸しようとする米軍を水際作戦で迎え撃ちます。
このとき舩坂軍曹は、擲弾筒および臼砲で米兵を200人以上殺傷します。しかし兵力差は15倍、装備も劣る日本側に勝ち目はありません。

水際作戦で中隊が壊滅するなか、舩坂軍曹は、筒身が真赤になるまで擲弾筒を撃ち続けた。
そうすることで米軍の足を止め、退却する中隊の隊員たちを守ります。
米軍は陸続と上陸してきます。日本軍は、大隊残存兵力を島の北西の洞窟に集結させる。ここから先はゲリラ戦です。

戦い3日目、舩坂軍曹はひん死の重傷を負います。米軍の砲撃で左大腿部を割かれたのです。場所は敵陣のど真ん中、味方が助けようにもすぐには助けれられない。
押しつ戻しつの戦いの中、米軍の銃火の中に数時間放置された舩坂のもとに、ようやく軍医がやって来ます。

傷をみた軍医は、あまりの傷口の深さと大きさに、もはやこれまでと、舩坂軍曹に自決用の手榴弾を手渡して去ってしまう。
おまえはもう死んでいる、と宣告されたようなものです。「負けるもんかっ!」舩坂は近くにあった日章旗で足を包帯代わりに縛り、夜通し這って洞窟の陣地に帰り着きます。
着いた時には、死体が這ってきたような姿だったのですが、この舩坂軍曹、並みの体力気力ではありません。翌日には、左足を引き摺りながらでも歩けるまで回復してしまった。

舩坂軍曹はその後も何度となく瀕死の重傷を負い、動くこともままならないような傷を負っても、不思議と翌日には回復しています。ご本人は「生まれつき傷が治りやすい体質なのだ」と笑っておいでだったそうですが、ほとんど人造人間もどきの体力です。

舩坂軍曹は、栃木県西方町の農家の三男坊で、子供のころからきかん気でガキ大将だったそうです。長じては剣道と銃剣道の有段者。また中隊随一の名射手でもあった。気迫と集中力の素晴らしい人だったようです。

舩坂軍曹は、絶望的な戦況にあってもなお、自身の重傷をものともせず戦い続けます。
ある日は、拳銃の3連射で3人の米兵を倒した。

ある日は、米兵から奪い取ったサブマシンガンで3人の米兵を一度に倒し、左足と両腕を負傷した状態で、銃剣で1人刺殺し、サブマシンガンを手にしていたもう1人に、その銃剣を投げて顎部に命中させ、突き殺した。まさに鬼神の如き奮戦です。

舩坂軍曹を見た部隊員は、舩坂を「不死身の分隊長」、「鬼の分隊長」と形容したといいます。

しかし、食料も水もない状況での戦いです。
洞窟の中は自決の手榴弾を求める重傷者の呻き声で、生き地獄の様相となっていた。
舩坂自身も、敵の銃弾が腹部を貫通する重傷を負い、もはや這うことしか出来なくなってしまった。

さらに腹部の傷が化膿し、ハエがたかって蛆(ウジ)が湧いた。
舩坂軍曹は、蛆に食われて死ぬくらいなら最早これまでと、ついに自決を決意します。

このときの舩坂の体調は、死の瀬戸際です。立って歩けない状態になっていることはもとより、極度の栄養失調と失血で、両目もほとんど見えなくなっていた。彼は遺書を書きます。

「若年で死ぬのは、親孝行できず残念です。靖国に行ってご両親の大恩に報います。
国家危急存亡のときに、皇天皇土に敵を近ずけまいと奮戦したのですが、すでに満身創痍となりました。
天命を待たず、敵を目前にして戦士するのはくやしいけれど、すでに数百の敵を倒したので、自分は満足しています。
七たび生まれ変わって、国難を救わんと念願し、いま、従容として自決します。
思い残すことはありません。
 陸軍軍曹 舩坂弘」
【原文】若年ニテ死スハ、考ノ道立タズ遺憾ナリ。幸イ靖国ノ御社ニ参リ、御両親ノ大恩ニ報ユ、今ヤ国家危急存亡ノ秋ニ、皇天皇土ニ敵ヲ近ズケマイト奮戦セルモ、既ニ満身創痍ナリ、天命ヲ待タズ、敵ヲ目前ニ置キ戦死スルハ、切歯扼腕ノ境地ナレド、スデニ必殺数百ノ敵ヲ斃ス、我満足ナリ。七度生レ国難ヲ救ハント念願ス。今従容ト自決ス、思ヒ残スコトナシ

自決を決意した舩坂は、手にした手榴弾を引き抜きます。自爆しようとした。ところが手榴弾が爆発しない。思いに反して手榴弾が不発だったのです。
なぜ死ねないのか、なぜ死なせて貰えないのか。
舩坂はこのとき、深い絶望感を味わったといいます。

このときも洞窟には、絶えず米軍の爆撃・砲弾の音と振動がこだましています。
周囲は、傷の痛みに呻く声が満ちている。
数時間、茫然自失の状態に陥った舩坂は、絶望から気を取りなおします。そして、どうせ死ぬならその前に、せめて敵将に一矢報いんと、米軍司令部への単身での斬り込みを決意します。

そして拳銃弾から中の火薬を取り出すと、その火薬を腹部の患部に流し込み、火をつけた。貫通創です。腹部の前からうしろ(背中)に向けて穴が空いている。その両側から炎が噴き出します。このとき激痛のあまり意識を失い、半日ほど死線を彷徨したそうです。

意識を取り戻した舩坂軍曹は、まだ傷口が痛むなか、体に手榴弾6発をくくりつけ、拳銃1丁を持って、洞窟を這い出ます。

当時、米軍指揮所周辺には歩兵6個大隊、戦車1個大隊、砲兵6個中隊、高射機関砲大隊など、総勢1万人が駐屯していた。
そのまっただ中を、舩坂は数夜這い続け、米軍前哨陣地を突破し、指揮所周辺さえも突破してしまう。そして4日目には、米軍指揮所テントにあと20Mの地点にまで到達します。

舩坂は、米軍指揮官らが指揮所テントに集合する時に突入すると決めます。
しばらくすると、テントにジープが続々と乗り付けてきた。指揮官たちが集まったのです。

舩坂は、右手に手榴弾の安全栓を抜いて握りしめ、左手に拳銃を持ち、全力を絞り出し立ち上がった。突然、茂みから姿を現した異様な風体の日本兵に、発見した米兵もしばし呆然として声もでなかった。まるで血まみれでボロボロの幽鬼にしか見えなかった。

それもそのはずです。このときの舩坂軍曹は、すでに左大腿部裂傷、左上膊部貫通銃創2箇所、頭部打撲傷、右肩捻挫、右足首脱臼、左腹部盲貫銃創など大小合わせて24箇所の重傷を負い、更に連日の戦闘による火傷、全身20箇所に砲弾の破片が食い込んでいた。

全身血まみれ、服はボロボロ。人間に見えたら不思議なくらいです。

米軍の動揺を尻目に、舩坂は司令部目掛け渾身の力で20Mを突進します。
そして指揮所テントに到達し、手榴弾の信管を叩こうとした瞬間、首を撃たれて昏倒してしまう。

倒れた舩坂のまわりに集まった米兵たちは、あきらかに戦死と判断します。全身血まみれで首を撃たれているのです。生きていると思うほうがどうかしている。駆けつけた米軍軍医も、死亡と判断し、舩坂を野戦病院に運んだ。

このとき軍医は、手榴弾と拳銃を握りしめたまま離さない舩坂の指を一本一本解きほぐしながら、米兵の観衆に向かって、
「これがハラキリだ。日本のサムライだけができる勇敢な死に方だ」と語ったそうです。

死体置き場に3日間転がされていた舩坂は、そこで息を吹き返します。死体の山の中からむっくりと起き上った日本兵の姿を見た米兵は、あまりの恐怖に血が凍った。
そして舩坂に銃口を向けます。

その銃口にゆっくりと向かってきた舩坂は、銃口に自分の身体を押し付けた。そして「撃て! 殺せ! 早く殺せ!」とうなり声をあげた。

不死身の日本兵の話は、アンガウルの米兵の間で瞬く間に話題となり、伝説と化します。
米軍は、舩坂の無謀さに恐れをなしながらも、その勇気を称え、舩坂に「勇敢なる兵士」の名を贈った。

元アンガウル島米軍兵であったマサチューセッツ大学教授のロバート・E・テイラーは、戦後舩坂宛ての手紙の中で、
「あなたのあの時の勇敢な行動を私たちは忘れられません。あなたのような人がいるということは、日本人全体の誇りとして残ることです」と、讃辞の言葉を送っている。

一命を取りとめた舩坂は、米軍の治療で数日で歩けるまでに回復し、となりのペリリュー島に送られます。闘志の衰えない舩坂は、そこに居並ぶ米軍の飛行機を見て「よし!いつかはあの飛行機をすべて破壊してやる」と心に誓います。

ペリリュー島に送られた2日目、重傷者であり監視が甘かったのを幸いに、舩坂は夜陰にまぎれてこっそり収容施設を抜け出した。ちょうどペリリュー島の日本軍最後の拠点である大山が占領される前の日の夜のことです。

舩坂は、千Mをほふく前進します。途中にあった日本兵の遺体の弾丸入れから、彼は小銃弾を67発集め、火薬を抜きます。そしてその火薬を導火線にすると、米軍の火薬庫に火をつけた。火薬庫は大爆発を起こし、次々に別の棟へ爆発が移った。島の米軍火薬庫の弾薬はすべて燃え尽きてしまいます。米軍は、犯人不明でこの事件を迷宮入りさせています。
舩坂は、火薬庫の爆発を見届けると、こっそりとまた収容所に戻ります。

収容3日目の夜、舩坂はこんどは歩哨を殺して銃を奪います。そして夜陰にまぎれて歩哨の背後に忍び寄った。あと5メートルというところで、背後から「ヘーイッ!」といきなりタックルをくらった。舩坂も必死に抵抗します。しかし相手は米兵の大男です。まだ怪我の治らない舩坂に勝ち目はない。

舩坂はぐるぐる巻きにされ、収容所の柱にくくりつけられた。米兵の大男が顔を真っ赤にして「死に損ないの気狂いめ」と英語で罵って舩坂に銃を向けます。銃殺される。これで楽になれる。そう思った舩坂は、目を閉じた。

ところが舩坂の耳に聞こえてきたのは銃声ではなく、たどたどしい日本語だった。
「神様ニマカセナサイ。自分デ死ヲ急グコトハ罪悪デス。アナタハ神ノ子デス。アナタノ生キルコト、死ヌコト、神様ノ手ニ委ネラレテイマス」
日本語を話すその大男は、舩坂をそのままにしてテントを出て行った。

翌日、縄を解かれて放置された舩坂は、懲りずに飛行場炎上計画を練り始めます。そして炊事係の朝鮮人のおっさんを煙草で釣って、マッチを手に入れた。マッチがたまったある日、以前自分を捕まえた大男がジープに乗ってどこかへ出かけていくのが見えた。歩哨にそれとなく聞くと、明日まで帰らないという。

今夜こそがチャンス。舩坂はその夜、秘かにテントを出ると、ほふく前進で有刺鉄線を越えます。
「よし、あとすこしだ。」そう思って頭を上げると、そこに例の大男が立っていた。舩坂は拳銃を突きつけられ、テントに戻されてしまいます。

「殺せ」という舩坂に、大男はこう言った。
「アナタガ歩哨ニ私ノ日程ヲ、タズネタコト、私ニ連絡キマシタ。アナタガ何カ計画スルトシタラ今夜ト思イ、私ハ仕事ノ途中ダケレド、切リ上ゲテ帰ッテキマシタ」
そして以前同じ箇所から脱走しようとした日本兵が射殺されたことを話し、こう続けた。
「アナタハ私ガ帰ッテコナケレバ、即座ニ射殺サレタコトデショウ。私ハソレガ心配デ大急ギデ帰ッテキタノデス。無事デヨカッタデス」

さらに大男は、舩坂の無謀な行動を戒め、「生きる希望を捨てるな」「死に急ぐな」と説いた。そして「アナタニハ私ノ言ウコトガワカラナイカ」と問うた。舩坂は「わからない」と意地を張った。しかし舩坂の心に、その大男の人間味あふれる言葉が心にしみいった。

舩坂ら捕虜は、ハワイへ送られることになった。一団を乗せた上陸用舟艇がペリリュー島を離れようとしたとき、いつもの大男がやってきた。
そして「軍曹、死ンデハイケナイ。生キテ日本ニ帰リナサイ。私ハ軍曹ガ無事ニ日本ニ帰レルヨウ神ニ祈リマス」そう言って彼は一枚の紙片を軍曹の渡した。それには彼の名前が記されていた。
「F.V.CRENSHAW」

舩坂はその名詞をポケットに入れたのだけれど、次の収容所でMPに取り上げられてしまった。
舩坂はペリリュー島捕虜収容所から、グアム、ハワイ、サンフランシスコ、テキサスと終戦まで収容所を転々とし、昭和21年に帰国します。

帰国したは、舩坂は栃木の実家に帰った。実家では、舩坂は戦死したものと思われていた。
アンガウル島守備隊が玉砕したのは昭和19年10月19日。昭和20年12月には、舩坂の実家に戦死公報が届けられていたのです。

ボロボロの軍衣で帰還した実家で、御先祖に生還の報告をしようと仏壇に合掌したら、仏壇に真新しい位牌があって、そこに「大勇南海弘院殿鉄武居士」と戒名が書かれていた。
「弘って字があるけど、これ俺のこと?」
村の人々も、帰ってきた舩坂の傷だらけでボロボロの姿を見て、これは幽霊に違いないと噂した。しばらくのあいだは、物の怪の疑いで見られていたといいます。

そして舩坂が故郷に帰って一番初めに行ったことは「舩坂弘之墓」と書かれた墓標を抜くことだったそうです。

戦後、舩坂は、焼け野原となった東京・渋谷駅ハチ公前の養父の地所に、わずか一坪の書店を開きます。そしてこの書店が、日本で初めて建物を全て使用した「本のデパート・大盛堂書店」に発展する。

彼は書店経営の傍ら、「英霊の絶叫・玉砕島アンガウル戦記」「血風 二百三高地」「ペリリュー島 玉砕戦」「サクラ サクラ ペリリュー島洞窟戦」「硫黄島‐ああ!栗林兵団」「殉国の炎」「聖書と刀‐太平洋の友情」「関ノ孫六・三島由紀夫その死の秘密」などの本を著わします。

また剣道を通じて親交があった三島由紀夫には、自慢の愛刀、関の孫六を贈っている。
関の孫六は、のちに三島割腹自殺の際の介錯に用いられています。

また、ペリュリューで世話になった大男、CRENSHAW伍長にも何とか連絡を取りたいと考え、米軍関係者になんと110通もの手紙を出しています。ようやく連絡がとれたCRENSHAWとは、生涯の友となった。

舩坂は、他にもアンガウル島に鎮魂のための慰霊碑を建立し、以後、戦記を書いてはその印税を投じて、ペリリュー、ガドブス、コロール、グアム等の島々にも、次々と慰霊碑を建立した。書店経営の忙しさの中で、アンガウル島での遺骨収骨と慰霊の旅を毎年欠かさず行っています。

さらに他遺族を募っての慰霊団の引率、パラオ諸島原住民に対する援助、パラオと日本間の交流開発などを精力的に行っている。

舩坂が築いたアンガウルの慰霊碑慰文には、次のように記されています。
------------------------------
尊い平和の礎のため、勇敢に戦った守備隊将兵の冥福を祈り、永久に其の功績を伝承し、感謝と敬仰の誠を此処に捧げます。
------------------------------

まさに映画のジョン・ランボー顔負けの戦いをした舩坂弘軍曹。
そして戦後は一転して亡くなられた仲間たちのために生涯をささげられた舩坂弘氏。
かつての日本には、こういう男がいたのです。

日本の魂を取り返せ!と思った方
 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

大東亜戦争 ひめゆり部隊 沖縄戦 Himeyuri


日本の心を伝える会では、いま会員の募集をしています。
登録無料!! ご入会は、
①ハンドルネーム
②お住まいの都道府県
③メールアドレス

の3つを書いて、assist@nippon-kokoro.com にメールするだけ。
ご入会受付後、メーリングリストへの招待メールをお送りいたします。
この機会に、あなたも是非、どうぞ^^♪
日本の心をつたえる会ロゴ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

sakiyomi17

舩坂弘さんを主人公にしたドラマや映画を誰か作って欲しいです。
舩坂弘さんを主人公にしたドラマや映画を誰か作って日本人へこの方の事を知らせて欲しいです。
 昔で言えば源為朝の化身のようです。(歴史上最も人間離れした武者です)
 ちなみに源為朝とは
為朝は七尺ほど(2m10cm)の大男で、目の隅が切れあがった容貌魁偉な武者だった。強弓の使い手で、左腕が右腕よりも4寸(12cm)も長かった。勇猛で傍若無人、兄たちにも遠慮しなかった。
13歳の時、父・為義に勘当されて九州に追放されてしまう。~その後、自ら鎮西総追捕使を称して暴れまわり、菊池氏、原田氏など九州の豪族たちと数十回の合戦や城攻めを繰り返し、3年のうちに九州を平らげてしまった。
 とあるように若輩の為朝がわずか3年で九州を平らげている。
 保元の乱では敵方の平清盛の軍は数では圧倒的に勝るものの全然為朝(手勢28人)に歯が立たず逃げ出し、その後に攻めてきた兄義朝の軍もかろうじて勝ったといってよく為朝は何度か義朝を射抜くチャンスがありながら兄ということで見逃しているのです。
 結局為朝の上皇方が敗れ伊豆大島に流刑になりましたがそこでも島を支配してしまうのです。その後本土からの征伐軍にも抵抗するも自害してその生涯を終えています。

日本人

凄い!
舩坂弘さんは日本人の鑑

その時

三島由紀夫展
昭和45年秋、東京池袋の東武デパートで
三島由紀夫展が開催された。
そこで、確かに関ノ孫六の実物が展示されているのを見た。
 それから、程無く、11月25日、三島氏他の市ヶ谷での事件が発生した。
 あれから、早39年の歳月が流れ、三島事件の意義が
これほど、深まってしまった日本。

 舩坂弘氏のことを詳しく教えて頂き、有難うございました。

英雄

No title
オレンジさんこんにちわ。はい。我、撃たれて倒れるとも、進軍 進軍 撃ちとせ止まんですよ。突撃するのみです。

怒ってること  を敵にぶつけるのです。

必死なのを 敵にぶつけるのです。

我々の父や兄がしたように、再び戦おうではありませんか。

愛信

吉永みち子「外国人参政権を反対している理由は何なのか」
テレビ朝日が民主党擁護の偏向報道を番組中に自白か?
テレビ朝日のコメンテーター「我々が支持率が下がらないよう支えている」
意識的に民主党を擁護していることを認める発言?

【今が旬、愛信情報】
http://www.aixin.jp/AJI17.htm

たぬきち

No title
ノストラダムスは確か1999年の世紀末に人類は滅びると予言していましたよ!

本や映画が売れればいいだけの「いかにも」なミエミエ商売ですが、マスコミが騒げばまた同じようにボロ儲け! 

外れても賠償不要。 騙された方が悪いというわけ。

おれんじ

英雄さん、
大東亜戦争の本当の敵である米英

→海外でもよく語られる「陰謀論」の黒幕はアングロ・アメリカン(米英)と言われていますね。アメリカでもいわゆる一般のアメリカ人の間では一握りの人間が世界を支配することに強い反発を覚えているようです。

日本人は日本を守りましょう!

おれんじ

凄まじいの一言
こんな凄い人がいたとは今の今まで知りませんでした。
まるで映画のような描写に引き込まれました。ねずきちさん、ありがとうございます。

サイパンでの日本人への蛮行に憤激しましたが、ここに出てくるアメリカ人には感動しました。坂井三郎さんを尊敬するアメリカ人も多いと聞いていますし、先日のバークさんもしかり、真の軍人は敵を認めることも出来るのでしょう。

応援クリック。

英雄

No title
http://aitoawaremi.rakurakuhp.net/

↑世のなかがすさんでくると2012年とかの映画が流行りますが騙されないようにしてくださいよ

たぬきち

No title
イサムさん

>事業仕分けで漢方が保険適用除外の決定を受けました。
報道は一切行われず、強行決定されました。
署名のご協力をお願いします! <

電子署名しました。 しかし、国民が知らないところで随分あからさまに中国の利益になり日本国民の不利益になることをするもんですね。

民主党に投票し漢方薬を服用している患者さんは是非気づいてほしいですね。 「騙されているんだ」って。

愛信

皇居・東御苑に儀装馬車 28、29日運行
儀装馬車の運行に先立ち、皇宮警察音楽隊が記念演奏。
即位の礼が行われた平成2年にヒットした米米CLUBの「浪漫飛行」などを披露
した。 
運行は28、29日の両日、午前11時と午後2時の1日2回行う。

【皇室関係の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj7.cgi
【皇室関係のタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

bb

ねずきちさん、こんにちは。
亡き父の上官だったんですね。アンガウルで父も戦ったんです。

同じように戦死の広報が届き、帰国した父はおなじく栃木の菩提寺にいき、戒名を破いたのでした。

父は多くを語りませんでした。苦しいことは何一つもです。その代わり楽しいことは良く語ってくれました。

父は、一度だけアンガウルを訪ねたことがありました。多分ですが、軍曹とご一緒したと思います。

読みながら父の明るい笑顔が浮かんで、文字が涙で曇ってしまいました。

子供手当て

家族崩壊
あるネットニュースのことです。多分多くの方が、読んでるかも知れませんが気になるので書き込んでおきます。

全文読みたかったのですが、直、削除されていました。

以下に、

2人の中学生男子生徒が万引き。この子供達の言いぐさが 「子供手当てがもらえるんだからそれで返してもらえばいい」。

今後子供手当てが入る家庭の親子の会話は、かわるでしょう。
そのうち、子供達は「僕たちの面倒は国が看ているんだ」と言い出すかも。
日教祖は「国が君たちを養っている」と家族破壊の為に利用するでしょう。

一瞬にして消えたニュースでしたが、「今後日本に起きる社会現象」 を垣間見た瞬間でした。

だからこそ直、削除されたのでしょう。

民主党は国益、国民の幸せなど考えていませんよ。
鳩も、小沢も逮捕され、民主党崩壊となることを節に願う。

-

日本人魂
火の打ち所のない勇敢な日本人。

波乱万丈の人生なれど、強運の守護霊に守られた稀に見る幸せな方と思います。

いつも感心するのは 「先人達はどうして、こんなにも素晴らしいのだろか」 ということです。

それに比べて、日本の首相が愛して止まない民族:

韓国で13歳未満の子供に対する性的暴行事件は、2002年には548件だったのが、08年には1172件に急増している。

どうやったら獣達を日本から追い出せるか。 思案中。

韓国で入院したら殺される。
    ”日本人よ、韓国には行かないで”

愛信

韓国は本当に安全な国なのか加害者の立場で費用請求する「韓国」
韓国は本当に安全な国なのか加害者の立場で費用請求する「韓国」

韓国釜山市の射撃場火災で、同市のハナ病院が、入院中に死亡した雲仙市吾
妻町、中尾和信さん=当時37歳=の遺体を遺族に引き渡す条件として、約1千
万円の治療費支払いを日本側の公的機関に保証するよう求めていたことが26
日、分かった。

【マスコミ隠蔽の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

素晴しい
始めて知りました。真の愛国者、こんな政治家が20人も日本に居られれば日本は救われます。
是非政治家に聞かせてやりたい話です。

漢方薬は私も愛用しています、偶々親戚が漢方の製造をやって居ますので2回の手術後、飲んでいます。
1年が3年・5年・10年と命を永らえていますが、親戚は自家で製造しています、自分では漢方の効果も有ったと確信している。署名しましょう。

aboabo

この感動を子供達へ
ねずきちさん
またまた素晴らしいお話に感動致しました。本当に映画を観ているような気持ちで読ませて頂きました。鮮やかに映像が残っている気分です。読んでいると勇気をもらえます。ありがとうございます。こういう話を子供達にどんどん伝えていけば日本は再生すると確信します。

ミヤビ

おはようございます
そうだったんですか~
あの「本のデパート・大盛堂書店」の創業者の方って、そういう方だったんですね。
いつも、さっと立ち寄るだけでしたが、今度は隅々まで観察してきます。
ミラクルなお話し有難うございました。

かぐやひめ

命のある限り戦える
ひめゆりの動画をみて、自分にはまだ、時間と命が残されていると感じました。

国会のありさまを見ていると、この国は占領されてしまった・・・というのが正確な表現かもしれません。でも、命のある限り、戦える。

あの戦争のように、武器や手りゅう弾をもっての戦いではありません。
現に兵器なしで占領されてしまった。

私達の戦いも「情報戦」です。

mie さま
お知らせありがとう!
そうでした・・・そうでした・・・あの選挙にも「すばらしいおまけ」がついていたのでした・・・うっかり忘れていました。

御神酒

真似したランボー
舩坂弘軍曹について初めて知りました。

ねずきちさんも出版されたらいかがでしょうか、
インターネットない皆様の為にも御一考願います。
いま「中韓」の辻本さんの本を買って読んでいます。
失礼しました。

-

危険近寄らず
りょうこ  35歳

職業   詐欺

住所   鳥取

関係のあった男3人が不審死

そのうちの一人の名は  りょうたろう。

花うさぎ

動画にしたい話ですね
おはようございます。素晴らしい話をありがとうございました。全く知らなかったので驚きです。

どなたか、これを題材に五分程度のフラッシュを作って拡散してくれると嬉しいですね~。

りょうこ

危険な冒険してみたい
早い時期に結婚してしまって、少し後悔しているんです。私は、今の夫しか経験が無くって、このままでいいのかなって…。思うようになってきてしまって…冒険はしたいんですけど、やっぱりばれたりしたら怖いので…割り切りで会える方って居ませんでしょうか?連絡お待ちしてますね♪最初に年齢を教えてくれるとうれしいです。pop-music-lo-ve@docomo.ne.jp

mie

No title
ちょっと嬉しいニュース!

--------------
「外国人参政権付与に反対=谷垣自民総裁」
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009112601077

 自民党の谷垣禎一総裁は26日午後、広島市内での会合で、永住外国人への地方参政権付与について「反対だ」と明言した。谷垣氏は「公明党と連立を組んでいる時は、公明党が(参政権付与に)非常に強い主張だったから(自民党も)影響を受けていた面があると思う」と指摘。その上で、「党全体を賛成の方向でまとめていくつもりは全くない」と強調した。(2009/11/26-22:10)
--------------

最大野党、自民党に応援メッセージを贈ろう!

明日は、

<第3弾>街宣大演説会&山手線全駅前街宣!
11.28 日本解体阻止!外国人地方参政権 絶対阻止!
平成21年11月28日(土) ※ 雨天決行!
http://www.ch-sakura.jp/topix/1290.html

に参加します! m9(`・ω・´)シャキーン

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク