弾丸列車と戦後左翼の利権



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

弾丸列車計画図
弾丸列車計画図


東海道新幹線が開業したのが昭和39(1964)年10月1日と、もちろん戦後のことです。

ところが、実は新幹線の完成予定は、それより10年も前の昭和29(1954)の予定であり、新幹線の工事着工は、大東亜戦争開戦の前の年である昭和15(1940)のことだった、と聞くと「ええっ!そうなの?」と思われてしまうでしょうか。

当初予定されていた新幹線は「弾丸列車」と呼ばれるものでした。
なんと機関車全盛だった時代に、電気で走り、最大時速は200キロ。
東京~大阪間を4時間、東京~下関間は、9時間で結ぶという大構想です。

そして計画では、その終着駅は、なんと北京だった!

下関から、朝鮮海峡海底トンネル(全長約200キロ:世界最長トンネル)を経て、釜山へ渡り、そこからソウル、奉天(現瀋陽)を経て、以前ご紹介した満州国首都である新京(現長春)へ、分岐した一本が、北京へと到達する大路線だったのです。

満洲の新京までが、35時間40分。
北京までは、49時間10分の旅です。

弾丸列車の総工費は5億5千万円。

このうち1億3200万円がトンネル工事費です。
土地買収費が7000万円。

総予算のうち、用地の買収費が、とても安く感じられるかと思うのですが、当時は、多くの国民が、こうした公共工事のための用地買収に、とても気持ちよく応じた。もちろん相応の補償もある。当然です。

むしろ工事の計画としては、たいへんなのは用地買収よりもトンネルの工事です。

最大の難関が、熱海の新丹那トンネル(全長7880メートル)だった。

なぜかというと、場所が、熱海温泉の近くです。
温泉が噴き出す・・・つまり熱湯が噴き出す可能性があった。
そのため、新丹那トンネルには工事期間に7年半もの期間を予定しています。

逆にいえば、ここさえ完成すれば、かなり建築計画が確実になると思われていた。
それにくらべたら、下関~釜山の朝鮮海峡海底トンネルのほうがはるかに簡単だったのです。
深度さえあれば、熱湯は出ない。

新丹那トンネルは、戦争中の昭和17(1942)年3月20日に起工式が行われました。

しかし残念なことに、翌、昭和19年3月には、戦況の悪化にともない、工事は中止されてしまいます。
当時出された報告書「昭和十九年度新幹線実施方針」というものがあります。

「目下工事中のものは新丹那隧道其他工事、日本坂隧道其他工事及新東山隧道工事の3件であるが、新丹那隧道其他工事は、未だ完成迄に長期日を要するを以て、工事中止が現在線に影響を及ぼさざる程度に整理工事を行ひ18年度限り中止する」

「中止」です。
関係者のみなさんの無念な思いが伝わってくるようです。

そしてこの文の後ろには、

「然しながら“新幹線”の使命の重要性と長期計画たるに鑑み、計画の一貫性を保持し後年度情勢の変化に伴ふ工事の促進に備ふるため計画未決定区間の計画の確立及諸設計を促進せんとする」と書かれている。

このときすでに「新幹線」の文字が使われて、さらに「後年の情勢の変化に」応じて未決定区間の「設計」は続けよう、と書いています。

関係者の新幹線にかけるものすごい思いが伝わってくるようです。

終戦後、新幹線の工事は、往年の弾丸列車の計画のまますすめられます。

途中で工事が止まった新丹那トンネルもようやく完成。これがいまも、東海道新幹線がくぐっている新丹那トンネルです。

ちなみに、現在走っている新幹線は、ほぼ全線、戦前の弾丸特急予定路線で用地の買収が進められた区間です。 

成田空港の土地買収を考えれば分かるとおり、戦後の公共工事では、個人の権利に押されて、用地買収は進まないし、ようやく土地の買収ができても極端に地価が吊りあがり、工事費全体が莫大な金額となっています。
このため大規模な道路工事や、幹線鉄道整備などがなかなかすすまない。

なにせ現行憲法は主権在民をうたっているのです。
「主権」というのは、交戦権を包含する国家権力そのものです。それを個人が持っている。
いってみれば、会社の経営権も人事権も経理処理の権限も、すべてひとりひとりの社員が持っているようなものです。

現行憲法のもとでは、日本国民は、国家に対して主権の行使、すなわち宣戦布告をすることさえできる。
世界中、どこの国を探しても、そんなアホな法律を「ケンポウ」といってありがたがっている国などありません。

そうなると、政府は、個人の用地買収をするときには、いわば外国政府を相手どって用地買収をすすめるようなもので、これはつまり下手をすれば戦争になりかねないくらいの大問題のわけですから、用地買収費も極限まで跳ね上がってしまう。

戦後の左翼は反日主義者たちは、国や県が大規模な公共工事の計画を発表すると、大挙してそこに押し掛けました。
で、工事の反対運動をやる。

国や県は穏便に用地を買収しようと、言い値で土地を買い取ります。
結果、土地の値段が吊りあがる。

そして、ここがおもしろいところですが、結局そこで得た売得金の多くは、反対運動をしにきた左翼主義者や反日組織が、手間賃としてとってしまう。
肝心の地主さんは、素直に買収に応じた場合の金額に、せいぜいほんのちょびっと味付けしたくらいのお金しかもらえていません。

そういうまるで茶番劇としかいえない用地買収闘争が、そこここで繰り返され、左翼や反日組織が巨利を得、さらにいっそう、肥え膨らんでいった。
そしてその利得金の出所は、もとはといえば、わたしたち一般の国民の税金です。

いま、新幹線の乗車賃は、空を飛ぶ飛行機と同じです。
飛行機は空を飛んでいるから、そのルートに用地買収費は発生していない。

飛行ルートに用地買収費が発生していない空飛ぶ飛行機と、巨額の土地買収金が必要だったはずの鉄道が、ほぼ同じ運賃でいれるのはなぜかというと、なんのことはない、戦前、多くの地主さんたちが、国家の公共の福祉と発展のためにと、進んで用地を提供してくれたからなのです。

いまと違って、用地買収よりも、工事そのもののたいへんさの方が、工事全体の予算の中で大きな地位を占めた時代。
人々の中に「公に尽くす」という概念がはるかに強かった時代。
用地を提供した多くの地主さんたちは、むしろ自分の土地に夢の鉄道が敷設されることを心から喜んだといいます。

ちなみに、もし、新幹線全線が「戦後」に誕生していたのなら、どうなっていたのでしょうね。
いったい乗車賃、特急券代は、いくらになったのでしょう。
ていうより、平成21年のいまになっても新幹線は開業すらしていないのではないか。

ちなみに、戦前の日本の鉄道計画は、以前の記事でお伝えした、東京発で日本海を一周して樺太から北海道を経由して東京に至る「日本海大環状線」があります。
そして今回ご紹介した「北京線構想」があった。

それだけではありません。
なんと北京~南京~ベトナム~カンボジア~マレーシアを経由してシンガポールに至るという大鉄道網を、アジアに建設する、という大計画が作成されていた。

その一部が、日本が作ったマレー鉄道であり、朝鮮半島を縦断する鉄道であり、大連~新京にいたる満州鉄道であり、東北本線であり、東海道本線であり、山陽本線でもあります。

つまり、具体的に「実現」している。

そしてそれらは、いまにいたるも、まだ接続されていないだけでなく、鉄道路線そのものも、ほとんど伸びていない。旧帝国日本が作った当時のままです。

大東亜共栄圏、八紘一宇とかいうと、やれ戦争だ、日本の侵略だといわれる。
そういう反日左翼が、いまの日本には数多くいます。

しかし、もし、民の幸せこそ国家の幸せとし、法治主義に貫かれた帝国日本の精神が東亜に定着していたなら、東亜はその後どうなっていたでしょう。

Chinaは中国共産党によって何100万人も殺されずに済んだ。
朝鮮半島は南北に分断されずに済んだ。
ベトナム戦争も起きなかった。
ビルマやカンボジアの内戦もなかった。
ウイグルの虐殺もない。チベットの動乱もない。

そして東亜のヒト・モノの交流は、いまよりももっともっと盛んになっていたろうことは想像にかたくない。

いやそれどころか、東シナ海の中東に匹敵するといわれる大油田の採掘によって、東亜の人々みんなが安い石油を買うことができている。

日本のやり方というのは、反日左翼推奨の階級闘争主義ではありません。
もちろん欧米流の契約主義でもない。
相互信頼主義という、人の和を大切にする教育勅語の精神です。

大事にする大アジアの栄光の歴史と平和と大いなる発展が、きっと約束されたに違いない。

もうひとつ付け加えます。

戦後、成田闘争をはじめ、全国各地で大規模な高速道路や鉄道敷設、新駅の建設、ダム工事など、各種の大規模公共工事の計画が出ると、必ず対象地の地価が跳ね上がり、左翼反日運動家による大規模な反対運動やデモが行われました。

国家の横暴を許すな!というわけです。

ところが、戦いすんで日が暮れて、用地の買収が済んでみると、もともとの地主さんは、当初国から補償してもらうことになっていた金額程度のお金しか手元に残らない。
その額の数十倍の金額を受け取ったはずなのに、いったいどうしたのかというと、反対運動家たちにみんな持っていかれてる。

「闘争費用をよこせ!」というわけです。

結局、地主さんはたいした儲けもなく、闘争を行った左翼や反日組織が大儲けして肥え太った。その「儲け」の出所は、わたしたちの税金です。
誰も得しない。国も国民も、みんなが損をして、地主はツーペイ、左翼反日組織だけが実は大儲けしていたというアホな構図がまかり通っていた。
これが戦後の用地買収にかかる大闘争の内幕です。

わたしたち日本人は、戦後64年間、いったいなにをしてきたのか。
なにか大きな間違いをし続けてきたのではないか。
ねずきちにはそんな気がしてなりません。

戦後左翼や反日組織を許すな!と思った方
 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

国旗の重みシリーズ 英雄編~十三秒後のベイル・アウト~
この動画、必見です!
作成してくださった方に、日心会を代表して心から感謝申し上げます。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

昨年にあじあ号のところに書き込んだ匿名希望です

No title
そうなんですよね。
実は面白い傾向を経験していまして、例えば高速道路などの建設計画が持ち上がって、立ち退きを求められた場合の反応なんですが、

戦時中にすでに成人していた世代の方はおおむね、
つべこべ言わずに話をつけて比較的早くに話に応じる

ということです。
私の住む地域は比較的老人が多いですけれど老人の中でも大老人の多い場所では、公共のための提供ならば理解が早いです。
そういう人が遠くに行ってしまうとそれはそれで残念だったのでしょうが、ほとんどの方が幸い旧居の近くに今もいらっしゃるようで心強いです。

にゃんきち

No title
今思うと中止になってよかったです。つながっていたら大変でした。

三本足の鴉

日韓トンネル
九州と壱岐-対馬-韓国を結ぶ海底トンネルの構想が戦前からあったものだったとは知りませんでした。数年以上前から何度かネットでは目にしてはきましたが、また在日利権と結託した政治家の妄想程度に思っていました。そのうち立ち消えになったので忘れていたら、暫くしてまた蒸し返されてきました。

この執拗さはどこから来るものかと疑問でしたが、構想自体が大日本帝国の残滓だったからなのですね。1980年代になって、統一教会の世界事業の一環としてとして韓国側から全く同じ構想で提案され、日本でも可能性を検討したといいます。KCIAの関与も分かっているようです。

そう考えると、外国人参政権を執拗に要求するのも、元々朝鮮半島人も臣民だったという歴史的事実を盾にしているためなのでしょうか。

今、日本で問題視されている異常法案や韓国による自治体庁舎建設の請け負いなどの行為は、戦前戦中に日本が半島に行った政策をそっくり韓国主導でやり返すことにあるのではと思えてなりません。またしても歪んだ劣等感の現われなのでしょう。そこに利権を見出す政治家の多さには呆れを通り越してます。もっとも構想の方に利権があるならば、おそらくは実現はしないと思うのですが・・。可能性がゼロでない以上、参政権同様気は抜けません。

bb

ねずきちさん、おはようございます。
最初の地図をみると、日本は本気で「いっしょにいい国を作りましょう」と考えていたことが分かります。

何と豊かな感性でしょう。そして何と大胆なことでしょう。

ごまめのはぎしり

新幹線
新幹線(戦後)は東京ー新大阪間500Kmが当初予算1700億円で始まり最終的に3800億円まで膨らみました。ずいぶんいい加減な予算だなと感じましたが、実は国鉄では初めから3800億円を見込んでいたというのです。まだ戦後の貧乏な時代に、3800億円で国会に上程したらとても通らないと考えた十河総裁と島技師長らは、密かに1700億の予算案を組み立て、工事が始まってから、追加予算で切り抜けて行こうと策をめぐらします。1700億円でも国会は大もめでしたが世銀からの借款計画なども盛り込み、どうやら国会を通過しました。こういう手法は、今もたびたび使われているようですし、とてもうさんくさい話です。しかし十河氏らは新幹線建設が日本再興に欠かせない事業だとの信念で大芝居を打ったのだと思います。かつて西郷南洲と山本権兵衛が、国家予算に匹敵する軍艦購入を議会を通さずに決めたという話にも通じるものがあるようです。そして、横浜にみなとみらい線という鉄道があります。横浜ー元町中華街およそ6kmですが直通する東横線の反町ー横浜間の地下化を含めてこの工事費が3800億円だそうです。時代が違うとはいえ、片や用地買収を要する500km、此方都会とはいえ用地買収は最小限の地下鉄6kmおよそ1/100・・・がほぼ同額ということになにか釈然としないものを感じます。新丹那トンネル一つでMM線より長いのです。新幹線黎明期には、このように国家意識をもったサムライ官僚が居たのですね!

愛信

【女性に薬物譲渡 押尾容疑者の逮捕状請求】
判決理由の中で、井口裁判官が押尾元被告のMDMA使用や犯行発覚
までの経緯などについて「押尾被告の法廷での説明は内容が不自然で、
信用し難い」と指摘した

【動画ニュース掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュースタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

エンちゃん

はじめまして。
この度の記事には、大変驚かされました。
個人的には、用地買収費の高騰が公共事業の停滞を招き、日本の閉塞感に繋がっているものと理解していたからです。
つまり、日本の閉塞感は公共心の無い地主のせいであり、結局は国民の民度に由来すると思ってたら、プロ市民共の活動費用の為だったなんて.......orz
自分の不勉強を恥じ入るばかりです。
もしよろしければ、何方かソース、著作についてご教示願えませんか?
公共心有る地主さん達の名誉回復に、微力ながら努めたいと思います。

椿

日本は、苦しみに喘ぐ中国人の『サンタクロース』だった。

『上海事件の開始』
南京からやってきた粒よりの“蒋介石軍10万人対2千人の日本兵”。罠を仕掛けられ、王手をかけられながら、一週間昼も夜もなく、食う物もなく、“数十倍の敵”を持ちこたえた。

未来のいつか、この戦いの歴史が書かれる時、軍事史が記録される時、あのクリミア戦争でロシア軍と戦ったイギリス軽旅団と同じように、“圧倒的不利にも拘らず”、一週間持ちこたえた“2-3千名の日本兵”の立場でそれは書かれるだろう。

戦いは圧倒的不利にも拘らず、“血の一週間”を持ちこたえた。しかしながら、世界の新聞は“日本を罵り嘲った”。

特に、アメリカが率先していた

と同時に、ある外国の国々は『日本の没落』を熱望しつつ、中国軍に援助と武器の供給を始めのだ。なぜなら、貿易において『日本はライバル』だったからである

一部の西洋列強とその国民は、あらゆる方法で日本の邪魔をしている。日本が中国を牛耳っている“軍閥”と戦争を始め、この中国を保守的な良い政府の下に安定させ、平和をもたらせようとしているからである

日本は、残虐非道な中国軍閥や外国人によって、苦しみに喘ぐ中国人の“サンタクロース”だったのである。今の屁垂れ左翼どもには、逆立ちしても出来ない“偉業”です。

必見の書、フレデリック・ヴィンセント・ウィリアムズ著の
中国の戦争宣伝の内幕』です。日本人なら絶対に一度は、読んで頂きたい書です。近現代史に疑問をお持ちの方は“目から鱗”ですよ。(笑)。
http://www.7andy.jp/books/detail/-/accd/32344225



匿名希望

No title
笑っていいとも!では、出演時間も短い上に、田母神さんが持論を展開しそうになると、
必ずタモリさんが話題をそらしてばかりで、詳しいお話がちゃんと聞けませんでした。

田母神さんのお話をちゃんと動画で見れるところを見付けました。
http://www.768.jp/ondemand/viproom/archive/23.php
単純な検索では見つからない動画でした。

内容は、StyleFM-女性のための放送局に出演した際の対談映像になっていて、田母神さんの講演の時より、ゆっくり判りやすくお話されていました。
1つ目は自衛隊、2つ目は外交、3つ目は正しい歴史や戦後の思想戦略が、語られています。
特に3番目はお薦めと思います。田母神さんの講演会に参加できない方々に一人でも多く見ていただきたいと思い思い切って投稿しました。
「拡散」というのでしょうか?ブログでご紹介いただければ幸いです。

Hidekun

かぐやひめさん
かぐやひめさん
山手幹線道路の話が出たのでローカルすぎて恐縮ですが、
まだ芦屋川の工事が完成してないので全通ではないです。
この道路ほど、住民のエゴを感じる道路はないですね。
ごねまくったところは、2車線が1車線になり、豪華絢爛な防音壁が付いています。
説明するのが難しすぎて説明できませんが、住民以外は、山手幹線道路から曲がってはいけないという区間まであります。
「公」の精神など、かけらもありません。
戦後の「反日左翼洗脳教育」、「道徳教育の欠如」の結果だといつも思っています。

-

No title
マスコミが隠す動画(新着)
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/389.html

(239)民主党と連立の方々に投票した皆様へ
http://www.youtube.com/watch?v=GiSpCaaJaEw&feature=player_embedded

(240)【偏向TVキャスター】1位.古舘、2位.鳥越、3位.みの【放送法違反】
http://www.youtube.com/watch?v=I4dkfUR18rc&feature=player_embedded

(237)酷い!中国人犯罪者の実態
http://www.youtube.com/watch?v=5IyEcEGftaY

qw

No title
>>いま、新幹線の乗車賃は、空を飛ぶ飛行機と同じです。
>>飛行ルートに用地買収費が発生していない空飛ぶ飛行機と、巨額の土地買収金が必要だったはずの鉄道が、ほぼ同じ運賃でいれるのはなぜかというと

戦前は都心を除いて土地は安かったですし、投機目的で土地を買うような事は無かったそうです。

新幹線運賃が航空機と同じ状態は、ねずきち様の主旨と逆の意味で異常です。
国鉄の負の遺産も引き継いだ故、割高に設定しないとならなかったというのが実情でしょう。
韓国やEUの高速鉄道は日本より遥かに安いのに、日本の新幹線だけが航空機と張り合う高価格なのか、反日左翼国鉄労組による痛手が未だJR各社に残り、新幹線高価格はその後遺症です。

-

満州国 五族共存 体験
高潔な先人達は、「人間は皆平等」の理念のもと
 『五族共存』 (日、満、中、朝、露かモンゴル) を堅く信じていました。

純粋で頼もしい日本の先人達。
満州国鉄道は、世界に架けた夢の架け橋の出発地点だったのかも知れません。

しかし下の関から、朝鮮、満州、北京と、もしこの計画が実現していたらと、思うと寒心します。
とっくの昔に、日本は、無法者国家で、日本人は少数民族になっていたでしょう。

共存するには500年早すぎると、神様が守って下さったのです。

bingo

No title
弾丸列車計画図を拝見し、ぞっとする気分です。日本の皇統の歴史、文化、伝統は、日本列島が海で囲まれていたから、今日まで生き延びてきたこともあると思います。

今は、空路、海路共に発達はしていますが、直接、鉄道でつなぐなんて、今の私には恐怖です。

bingo

No title
下記サイトは、日本を護るために役に立ちます。
ぜひ、情報源と共に活用」してください。

草莽全国地方議員の会
http://www.soumou.net/

SNS-Free Japan
http://www.sns-freejapan.jp/

手作りチラシ集積サイト
http://chirasihokanko.makibisi.net/


猫めでる婆

亡き父を思い出しました
いつも良いお話をありがとうございます。
敷地100坪ほどの実家が、長野新幹線に“当たった”者ですので、今日は大変興味深く拝見いたしました。
思い当たる点はいくつかありました。
用地買収されそうな土地所有者に呼びかけ、説明会をしたり、東北新幹線を見学させていた団体がありました。
確か実際の着工より20年も前からです。
一体そんな新幹線情報がどこからもたらされたのか、今となっては不思議です。
あるいはサヨクではなく、他の利権がらみの団体だったのかもしれません。
しかし亡父は、「国がやる事に反対などしない、代替地に引っ越す」と決断しました。
父の知る限り、サヨクやゴネ得を狙った人はいないようです。
軽井沢で、立ち木トラスト運動をしていた人たちはサヨクです。

そんなこんなで、新幹線に当たった家は儲かったらしいと噂され、両親はとても憤慨していました。
確かに前の家より大きくはなりましたが、その分は持ち出しです。
戦前の公共心を教育された父にとっては、耐え難かったと思います。

へのへのもへじ

No title
>ありがとうございます。 僕はいいだしっぺなんで、あと10冊買って皆に配ります。

共通一次世代

No title
民主党のいう「削ってはいけない金。どんどん増やさなきゃいけないカネ」↓

「国民の為」と言いながら、実は在日朝鮮、韓国、中国人への「特権的な生活保障費」にまわす為の「こども手当て」を始めとする様々な「お手当て」


民主党のいう「削っていいカネ」↓

日本と日本人を「維持」し、「更なる発展を遂げる」ためのカネ。

そして・・

日本と日本人を護るため異国で最後まで戦った多くの日本軍の英霊の方達の遺骨を祖国へ還す費用。

【野口健 公式ブログ】
『金多楼寿司にて麻生太郎前総理と遺骨会談』↓http://blog.livedoor.jp/fuji8776/archives/51336269.html

TTM

愛国は、金になる!
“へのへのもへじ”さん。

「愛国は金になる」戦略、意表をつかれ愉快です。
骨のないマスコミの弱点を喝破した、言われて見りゃ至極当然の、でも見落としがちな視点でした。
愛国(商売の)マスコミを育成する、不景気が味方する投資戦略ですね。

さっそく新潮「株」を買いに行ってきます。

2人
昨日のタモリ拝見しました、氏の本を読んだ人が2名でしたが、さもありなん番組で2名居た事に驚きましたが、こんな程度なのだと理解もしました。
新幹線用地にはプリンス・運輸会社も群がりました、新幹線駅を作り銅像まで作られた人も居ます。

M

No title
新幹線のおかげで、自分は数年間、日帰りで東京の病院に通う事が出来ました。時間に正確で綺麗で、、本当に感謝しています。


しかし、、、、サヨクというのは全くとんでもない団体ですね。金の亡者、、
反日活動だって、金になるからやっている、という人もいるのかもしれません。

aboabo

戦後64年
新幹線の戦前からの大構想と用地買収、「新幹線」という言葉での中止報告など全く知りませんでした。我々の生活の多くは戦前の方々のご努力のおかげなんですね。
64年間の間に失ったものを日心会が起爆剤となって取り戻しましょう!

かぐやひめ

戦後はどこでもおなじことが
神戸市を東西に走る山手幹線道路の計画は、戦前からありました。
でも、戦後になって「土地買収がすすまず」立案から60年ほどかかってようやく完成したと記憶します。
けれど、そこから東、芦屋市の一部が買収できないため、そこで、止まったままです。

最近、北区で、ようやく駅前のバイパス道路工事に着工できるめどがつきましたが、これから人口が減ろうとしている時期に、道路が出来ても、もう、街の活気は取り戻せるものではありません。

時期が遅れても意味のある事業になるのであれば、まだしも、時すでに遅しでは、費用をかける意味もありません。

私達は、いつのまに「志操」よりも「金」
「信義よりも、金」
「命よりも金」
金の亡者になりはてたのでしょう・・・

いや、いつの時代も「命より大事な金」ではありました。
それを、調整して社会を創ることを「文化」といいます。

文化を失った果てが、今の日本です。

文化とは「自分より先に他人、社会を思いやる心」を言います。
それを、取り戻しましょうというのが、日心会の「精神・真髄」です。

へのへのもへじ

反民主に小金をだそう
 週刊新潮が反民主、反外国人参政権の特集やってます。みなさんできるだけ買いましょうよ。こういうのが売れれば売れるだけ民主はやりずらくなるし、雑誌は商売上またやらざるを得なくなるから。愛国は金になるという風潮をつくらないと。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク