伊勢神宮の式年遷宮に協力しよう!



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

伊勢神宮
伊勢神宮


伊勢神宮というのは、古事記、日本書紀にも登場する由緒ある神宮です。

天照大御神(アマテラスオオミカミ)とを祀る内宮(ないくう)と、衣食住の守り神である豊受大御神(トヨウケノオオミカミ)を祀る外宮(げくう)によって構成されています。

7世紀から、式年遷宮が定められ、以来、20年毎に建て替えが行われています。

7世紀頃の建築物といえば、すでに技術的には、長持ちする建物を造ることは可能だったのだけれど、伊勢神宮は、常に清浄であることと、建築技術や伝統工芸を次の世代に伝承するために、建物や神宝を、20年毎に新調する制度を作ったとされています。

遷宮によって取り壊された鳥居や神殿の古材などは、徹底した再利用が行われるのだそうです。

たとえば、宇治橋のところにある大きな鳥居は、正殿の棟持柱だったものを再利用し、さらに20年間鳥居として使ったあと、伊勢海道の入り口にある関の追分と、桑名の七里の渡口の鳥居となり、さらにさらにそのまた20年後には、日本各地の神社の修繕材料などとして再利用されるのだそうです。

すさまじいばかりの資源の再利用です。

唯一神明造り
唯一神明造り


また、遷宮によって不要になった御装束や御神宝も保存されています。

ちなみに出雲大社の遷座は、60年に一度だけれど、伊勢神宮ほど、全面的な建て替えはなされない。

もともと伊勢神宮の遷宮が定められたのは天武天皇の御代のことです。
第一回の式年遷宮が行われたのは、持統天皇4年(690)の御代でした。

以来、神宮式年遷宮が古式のままに行われ、次回の平成25年は第62回を数えます。
1300年の伝統ある儀式です。

次回の遷宮(平成25年)では、正殿、御垣内(みかきうち)のお建物、全部を新造。

さらに殿内の御装束(おしょうぞく)や神宝(しんぽう)を新調して、御神体を新宮へお遷し申し上げる。

建替えられる伊勢神宮の建築様式は、唯一神明造(ゆいいつしんめいづくり)と呼ばれ、弥生時代にまで遡る高床式穀倉(たかゆかしきこくそう)の姿を今に伝えるものです。

神宮のお建物が完成するまでには、ほぼ10年かかるのだそうです。

その間、御料木を伐り始めるお祭り、御造営の安全をお祈りするお祭り、旧神領民がこぞって参加する行事などの行事が目白押しになる。

また、御造営と平行して、御装束や神宝も、古式に従って調製されるのだそうです。

ちなみに、御装束というのは、正殿の内外を飾る御料の総称で、これだけでも525種、1,085点もある。

神宝とは調度の品々で、189種、491点ある。

これらを全部作りかえることで、伝統工芸の優れた技術を守り伝えるのだそうです。

そしてこの行事は、皇家第一の重事、神宮無双の大営といわれ、ご皇室の大祭であると同時に、神宮の永遠性を実現する大事業でもある。


こうした神宮遷宮の伝統事業は、もともとは、古来、国の事業として、幕府の援助や国費などの公費で行われてきたのだそうです。

ところが戦後は公費が使えなくなり、遷宮のためには、心ある人々が「国民の力で遷宮を」と奉賛会を作り広く国民から募金を集めるようになった。

平成25年の次回神宮司記念遷宮の総予算は550億円。
その内330億円は神宮司庁が遷宮資金として積み立てていたものを遣い、残りの220億円を国民から募るのだそうです。

古い町では、毎年伊勢神宮大麻と氏神様の御神札を配布・販売しているのだけれど、今年からは、遷宮のための奉賛金を1件当たり1000円以上(任意)でお願いしていところなどもあるようです。

でも新しい町や、都会などでは、こうした町会のシステムがないところも多いのだけれど、その場合は、各都道府県神社にある、「奉賛会」に入会する。

奉賛金は、1000円からで、伊勢神宮の記念品(奉賛金の額により異なる)、神宮参拝証(一般では入れない御垣内での参拝ができる。金額により1回~期限内フリーまでいろいろ)などが頂けるのだそうです。

その他にも、遷宮頒布品を購入することもできる。
http://www.sengu.info/shop.html">http://www.sengu.info/shop.html

国民の信教は自由だけれど、1300年続く日本の伝統行事、伊勢神宮遷宮の儀式。滞りなく成功させたいものです。

日心会としてもなんらかの応援方法を考えようと思いますが、これを機会に、当ブログの読者の皆様も、伊勢神宮の奉賛会へのご寄付を考えてみられたらいかが?

伊勢神宮奉賛会
http://www1.ocn.ne.jp/~awajinja/newpage17.html


日本の歴史と伝統を護ろう!と思う方
 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

伊勢の遷宮―第61回神宮式年遷宮―2


日本の心を伝える会では、いま会員の募集をしています。
登録無料!! ご入会は、
①ハンドルネーム
②お住まいの都道府県
③メールアドレス

の3つを書いて、assist@nippon-kokoro.com にメールするだけ。
ご入会受付後、メーリングリストへの招待メールをお送りいたします。
この機会に、あなたも是非、どうぞ^^♪
日本の心をつたえる会ロゴ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

中谷直樹

地元です
伊勢生まれの伊勢育ちです。

今年はお白石持ち行事があって盛り上がりました。
この時だけ一般人も御神殿に入ることが許され、一人ひとり持ってきた石を敷き詰めるのです。

でも、最近のマスゴミの報道が異常で平日でも外宮、内宮は人で溢れています。
地元の人間としては複雑な心境です。
商売は繁盛して嬉しい反面、よからぬ人も来るので少々困る事もあります。

赤福の会長も言っていましたが、外国人には来て欲しくない!
特に、シナ、チョンは駄目です。
民度は低すぎの民族は、神聖な伊勢の地に来て欲しくないと言うのが、地元の本音です。

TTM

やることが、さすが自虐! (爆笑
大笑いさせてもらいました、fukkinさん。

あなたのブログ・・・・
コメント欄で、「あなた」とお味方の「ふくろう」さんがコテンパンに論破されてるじゃないですか!

ご自分のケツも拭けないのに、中韓さんにも同じ書き込みをなさってましたよね、「クリックお願い」って。

“コテンパン論破”が、まだ足りませんか?

そんな貴方には、「自虐道の達人」の称号を差し上げます。


ふく

fucking様
あ、間違えましたfukkinさんでしたか。

椿さんが言い尽くしてくれたので特に言うことはありませんが。

それだけ反省しているのならば、先ずあなたが自費での賠償をやっておいてもらえませんか?

あなたは罪を認めているんでしょう?

人に要求する前に先ず自分がやりなさいと言いたい。

私はそんなでっち上げの罪は認めておりませんので。

椿

朝鮮虫が湧いてます。
fukkinという“朝鮮虫”が湧いてきていますね。(笑)

>正義の名の元、正式な「謝罪」と「賠償」を行うべきだ。 強く、要求したい。 <

日本こそ、『神の正義』の名の下に、シナ・朝鮮に対して、正式な“土下座謝罪”と“賠償金”を強く要求します!!

、“悪意ある捏造話”で、シナ・朝鮮にとって『大恩ある日本の英霊方』の名誉を著しく棄損した罪は大きく、

私達ご先祖様の名誉棄損に対して、また、戦後のシナ・朝鮮による“凶悪犯罪”・“領土・領海侵犯”に対して、莫大な「賠償金」と「謝罪」を徹底的に要求いたします!!

私達子孫は、シナ・朝鮮の「」・「捏造[と歪曲/色]」・「悪意あるプロパガンダ」・「姑息な責任転嫁」を、広く世界に知らしめ、シナ・朝鮮の大罪を“厳しく弾劾”致します。

そちらこそ、『[色:FF0000]首を洗って待っておけ!!!』
と言わせて頂きます。





-

神宮
実は伊勢神宮の正式名称は神宮です。神宮はただひとつだけ、○○神宮という必要は実はない。天皇陛下のようなもの。こんなすばらしい日本に生まれてきて、本当に幸せ

愛信

中国、日本製品のITソースコード強制開示強行へ、影響1兆円
中国、日本製品のITソースコード強制開示強行へ、影響1兆円

小沢民主党「長城計画」訪中団に知らせてください麻生内閣がこれを拒否して
中国側は実施を1年間延期した
詳細は中国、日本製品のITソースコード強制開示強行へ、影響1兆円をカッチ
とね

【動画ニュース掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュースタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

基準点

No title
 本ブログにも「戦地売春婦」に、謝罪と賠償を訴える奇特な人物が現れるとは、釣りは釣り堀に行ってやって欲しいものです。

椿

英霊方の功績を“顕彰”する日です!

今日、12月8日は『大東亜戦争開戦日』ですね。

黒人を奴隷にし、日系人を排斥し、インディアン・フィリピン人を大虐殺し、残虐非道のシナ軍閥を幇助し続けた“アメリカ”に、『一矢報いた』誇りある日ですね。

真珠湾攻撃』は、今まで苛めに苛めぬかれてきたアジア人・アフリカ人に代わって、日本が鉄槌を下した世界史上に永遠に残る『聖戦』です

英霊方の功績を“顕彰”する日です!!



やまとおのこ

No title
日本文化と所謂西洋文化の違いは自然の脅威に対して顕著にあらわれます。

荒ぶれる自然(神と捉え)に日本人は受け流すという術を施します、
中西さんが語られた五重塔しかり(東寺五重塔は400年ほど前に再建されたものですが、それでもその間の震災に耐えてきた、木造だけに火災には弱く現在のものは五代目らしいですが)通し矢で有名な三十三間堂も揺れても元に戻る日本の建築技術がいかされています。
比して外っ国は防波堤に見られるように自然に抗い、
より高くより大きくで
景観は台無しで、それを越えた自然の脅威には悲惨さをさらけだします。

日本的生活文化の特質をその英知を知ることは日本が好きになる(日本人ならあたりまえなのですが)
一助になります、あらためてねずきちさんのブログの貴重さを思い知ります。

今年も初詣はお伊勢さんでした、三が日は避けましたがそれでも参拝者は大勢おられ御札を頂くのも行列でした、ただね内宮、外宮に限らず、障害者に実に親切で感激しましたよ。

お参りに行くと寄付所があります。
遠くお住まいの方のためにはかぐやひめさんの案に
賛成です。

コピペ失礼します

行動する保守に殺害予告が!
あの主権回復を目指す会に殺害予告が届いたそうです!

「殺害予告届く 主権関西」(よーめんのブログより)
http://youmenipip.exblog.jp/12455595/

※コピペ拡散お願いします

fukkin

No title
従軍慰安婦(性奴隷制度)の問題。今こそ法的決着でせめてもの償いを!!!
第2次大戦中、日本軍は中国大陸や朝鮮半島などにおいて非人道的な行為を行ってきた。
その中の一つに「従軍慰安婦問題」(性奴隷制度)がある。

日本軍の指揮を高めるために、朝鮮・中国・台湾・フィリピンなどから若い女性を拉致し日本軍兵士の士気向上のために性的欲望の処理の対象にした。

被害者たちは、自分の子供を死なせるはめになったり、自分自身が殺されそうになったり、毎日殴られたり、毎日強姦されたひどい思い出とともに苦しみの中で生き続けている。

フラッシュバックで突然過去に精神状態が引き戻される瞬間も多い。
今回政権が代わり、常識的な政治家が増えてきたと信じている。

今こそ、歴史的な事実を厳粛に受け止め、法律の名のもとにその責任と重みを正式に表明し、正義の名の元、正式な「謝罪」と「賠償」を行うべきだ。

強く、要求したい。

http://blogs.yahoo.co.jp/hukkinnkyouka314/23173434.html

愛信

旧日債銀粉飾、差し戻し 最高裁「旧会計基準で再審理」
同様の構図で争われた旧日本長期信用銀行(現
新生銀行)の粉飾決算事件は一、二審有罪だっ
たが、最高裁で逆転無罪となった。旧日債銀の
ケースについて最高裁は「貸出金が回収不能と
評価すべきものか、審理がさらに必要」とし
た。

郵便銀行は阻止したが、日債銀の名誉回復で次は足銀国有化へ

【足銀国有化の見直しの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj3.cgi
【足銀国有化の見直しのタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

-

No title
国旗の重みシリーズ 英雄編~十三秒後のベイル・アウト~
http://www.youtube.com/watch?v=hG2cwv6F40Y&feature=player_embedded
再生回数 2,704 回

最後に ねずきちのひとりごと が紹介されています

皆さん 大量拡散しませんか?

効果
1 中川空佐と門屋空佐の名誉回復
2 美談を悪行に変えるマスゴミ ヘの鉄槌
3 ねずきちのひとりごと の読者が増加
4 日本の心を伝える会の会員が増加
5 日本人が目覚める
6 日本奪還

基準点

伊勢神宮の式年遷宮について
私は、以前勤務していた場所の近くに海上自衛隊の舞鶴地方総監部が有りまして、そこには講堂が有りますが、その正面左右に大きな絵が掲げられています。

左側には、旅順港閉塞における「杉野は何処?」で有名な広瀬武雄中佐が船内を捜索する間にも、船外では敵弾が雨あられのごとく降って来ている中を、広瀬中佐と杉野曹長を待つ端艇の姿です。

右は、川のほとりにセーラー服の若者と母親らしき和服姿の女性そして神官が描かれています、一見しただけではのどかな風景とも思えるものですが、場所は伊勢神宮の御手洗であり、時はあたかもバルチック艦隊を迎えて日露が雌雄を決するべき時と知るに及んでは、決して長閑な絵で無いことに気付きました、海軍水兵であり国運を担う息子の帰省に当たり、伊勢神宮に神の御加護を祈りに訪れたであろう母子の思いを、五十鈴川の畔の御手洗を借りて顕した決死の思いなのだと気付くと涙が止まりませんでした。

その後機会を作り、伊勢神宮に参拝し日露戦争における戦勝等日本の平和と繁栄の礎になられた神仏にお礼を申し上げて参りました。
その折にも、この式年遷宮に向けた募金が行われておりましたので些少ではありましたが寄付をお納めをしてきました。
式年遷宮の寄付をしますと、本殿への昇殿参拝をさせて頂くことができますので、目標を達成した暁には妻ともどもにお礼に参りたいと思っております。
1人でも多くの方が寄付をされますことを祈っております。

また、特別会員1000万円の寄付とのことですが、私には現在そのような余裕は有りませんが、そのような方もおられることは有りがたいことだと思います。

お金を持っていると、格差社会の元凶の様に非難される御時世ですが、お金は金持ちの所に集まるのです、また、集める能力の優れた方が金持ちになることを考えれば、お金持ちが有意義なことに惜しまずお金を出して下さることは有難いことでもあります。

これによってまた、多くの庶民がその生活の糧を得ることができるのです、格差社会を非難するあまりに金持ちが金を使えない状況を作ったがため、デフレになっているとも言えるのではないかと思います。

それぞれの生活の中から少しでも御寄附をして頂ければと思うところです。

ミヤビ

お知らせ有難うございます
氏神様の神社で問い合わせて寄附してきます。
しかし1000万とか寄附して特別会員になれる人って
どんな方々なのでしょうね~~
朝から驚きました!!

馬鹿陽区

民主党が事業仕訳しそうで怖すぎる。
その時は最低でも自民党に復活してもらわないと困ります。
頑張れ自民党頑張れ国民

bb

ねずきちさん、おはようございます。
日本の文化の伝承は、なんと素晴らしいのでしょう。

でも、伊勢神宮は世界遺産には登録されていません。その理由はレプリカだから・・・・

なんとばかばかしい理由。世界の価値観に迎合することはありません。

文化とは何か?世界が日本にかなわないのですね。日本の文化伝承は奥が深いです。

宮大工、船大工(和船もすばらしいですね。それに伴う儀礼も)。宮大工は建物の北側には北向きの斜面で育った木材を使うと聞いたことがあります。そういうことを含めた文化伝承の細やかな精神は、世界には理解が出来ないのかもしれません。

この文化を守るために協力したいと思います。

かぐやひめ

尊さに身の引き締まる思いがした動画でした
伊勢神宮の奉賛会へのご寄付を、考えたいと思いますが、どこに申し込めばいいのかわかりません。

日心会としてひとまとめにしていただけるのであれば、正直ありがたいです。

-

No title
信仰の自由、言論の自由、
民主党政権ではいつまで守られるか不安です。
マスコミはインチキ支持率で脱税犯罪総理の擁護姿勢を明らかにしました。
押尾では弱いと見たか、普天間で国民の目を脱税から逸らせようと懸命です。
民主政権をマスコミが死守したいのは何故?
それに最近のNHKは反米なのでしょうか?
まるで韓国の牛肉反米デモのように、普天間で日本国民にも反米デモをさせたいかのよう~!

中西

日本人の叡知
ねずきち様

考えてみれば、後世に残すための方法(技術や部材、原材料の保護、保存)がとられているとはいえ、現在も美しい形が残っているというのは、素晴らしい事ですね。

五重塔に見る当時の建築(耐震)技術は、現在にも応用されていると聞いた事があります。
凄い事ですよね。

兵庫県では阪神淡路大震災を経験しましたが、技術の粋を集めたであろう建築物が見るも無惨に崩壊してしまいました。

幾多の災害を乗り越えて、今なお残る古来からの建造物の事を考えると、使い捨てる事に慣れてしまっている私達、その私達に迎合し安くて早い物を造り出す社会、これでは駄目なんだろうなと感じます。
私が住んでいる家も、何年もつ事やら…。

とりとめなく申し訳ありません。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク