もうひとつの大東亜戦争・・・ハバロフスク事件(1)



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

ハバロフスク


ハバロフスク事件というのは、敵性捕虜としてスターリン時代の極寒の捕虜収容所で地獄の生活を送りながら、理想と信念を捨てず、祖国日本を信じて戦った人たちの物語です。

山崎豊子さんの小説『不毛地帯』に、シベリアで抑留生活を送っていたある青年が強制労働中に腰の手拭いを取って、自らの斧で手首を切ると、その血で手ぬぐいに日の丸を染めて、これを起重機に縛りつけ、
「皆さん、どうか私がこの世で歌う
 最後の歌を聞いて下さい」
と言って不動の姿勢をとり、「海行かば」を歌う。
死に臨んで歌う声が朗々と空を震わせる。
歌い終わった彼は、身を翻(ひるがえ)すと20メートルの地上に飛び降りて死ぬ、というシーンがが出てきます。

この本が出版された頃、通勤電車の中でこのシーンのところを読んで、涙が止まらなくなり、ずいぶん恥ずかしい思いをした記憶があります。
小説の中に出てくるこのシーンは、実話をもとに構成されています。

実話は次のようなものです。
大東亜戦争終結後、ソ連は、旧関東軍の将兵をシベリアに抑留しました。
ソ連兵の態度は、まったく威圧的で情け容赦なく、
「我々は、百万の関東軍を
 一瞬にして壊滅させた。
 貴様等は、敗者で、囚人だ」
と、何かにつけ怒鳴ったのだそうです。
もう本当に「嘘を言うな!」とこちらが怒鳴りたくなりますが、ソ連兵は銃を持ち、こちらは丸腰だから、悔しいけれど抵抗できない。

現実には、そもそも終戦時、関東軍の主力は、ほとんど南方戦線にまわされていて、満州には戦えるだけの戦力がありませんでした。
そういうところにいきなり日ソ不可侵条約を一方的に破棄して参戦してきて、強奪と暴行の限りを尽くした卑(いや)しい見下げ果てた連中が、「自分たちは勝者である」と威圧的態度をとる。
腹がたって仕方がないが、生きてさえいれば、いつの日か、必ず祖国に帰ることができる。
生きて家族に会うことができる。
その一点のためだけに、彼らは、腹の立つのをぐっとこらえて、耐え続けていたのです。

しかし従順に職務をこなす日本人捕虜たちに対して、ソ連兵が行ったのは、徹底的な酷使です。
日本人は黙って言うことを聞くから、もっともっと酷使しちまえ!というわけです。
人を人として考えない。
モノや使い捨ての道具のようにしか思わない。
まるで鬼畜外道の振舞ですが、実はそれが世界の標準です。
日本だけが違う。
ご皇室をいただく日本では、ご皇室という国家最高権威によって、民衆が「おほみたから」と規定されます。
権力は、ご皇室のもとで、その「おほみたから」が豊かに安全に安心して暮らせるように責任を持つことが役目です。
そういう国家のカタチは、世界の中で日本だけが持っていた、これこそが誇るべき日本のカタチだし、戦前戦中の日本人が必死で戦って護ろうとしたものです。

シベリア抑留者たちは、10年間、耐え続けました。
昭和30年6月のことです。
ハバロフスクの捕虜収容所に、ミーシン少佐という監督官兼保安将校がいました。
ミーシンは、日本人みんなから猛烈に嫌われていました。

ある日ミーシン少佐は、零下30度の身を切るような寒さの中で日本人がやっと作業現場にたどり着いて雨にぬれた衣服を乾燥するために焚き火をしていたら、これを踏み消して作業を強制しました。
濡れた衣服のままでは、体温を奪われ、死んでしまいます。
あまりのことだと班長が抗議しました。
するとミーシンは、その班長を怒鳴りつけ、銃を突きつけて営倉処分にしました。

ひとりの青年が堪忍袋の緒を切りました。
彼は手にした斧で、ミーシンを殴りつけました。
ミーシンが倒れました。

10年間おとなしいだけだった日本人が怒鳴り、怒り、手を出したのです。
その場に居た銃を手にしたソ連兵は、銃を持たない素手の、しかもガリガリに痩せ細った日本人に恐怖を感じてみな逃げ出してしまいました。
世の中というのは、そんなものです。

一方、日本人の側は、
「たいへんなことをしてしまった。みんなに迷惑がかかる」
と、激情に駆られた青年は、すぐに気が付き、とっさに近くにあった起重機に登りました。
そして起重機の先端に立った青年は、腰に巻いた白い布を手に取ると、指を噛みちぎって血で日の丸を描きました。
彼は起重機の上で、その日の丸を風になびかせました。

そして大きな声で空に向かって「海ゆかば」を歌いました。
 海行かば 水漬く屍(かばね)
 山行かば 草生(くさむ)す屍
 大君の 辺にこそ死なめ
 かえりみはせじ
歌い終わると、彼は起重機の上からみんなを見渡し、そこから飛び降りようとしました。
それまで、ただ黙って固まっていた仲間たちは、そのとき、はっと気がつきました。
「やつを、死なちゃいけない!」
10年間、悔しい思いをしながら、日本にみんなで揃って帰国することだけを夢見て一緒に耐えてきたのです。
全員が同胞であり仲間たちです。
彼らは起重機に駆けあがり、青年の投身を必死で止めました。
こんこんと説得しました。
そして青年に自殺を思いとどまらせたのです。

青年はミーシン少佐を、斧の刃でなく峰の部分で打っていました。
峰の部分で撃ったということは、あきらかに殺意がないということです。
しかし彼は、公務執行中のソ連官憲に対する殺人未遂犯にされてしまう。
そして既に科されていた戦犯としての25年の刑に加えて、10年の禁固刑を科されました。
そして別な監獄に送られました。
その後、その青年がどうなったのかは、不明です。

以上が実際にあった出来事です。
山崎豊子さんの小説以上の鬼気迫る現実がそこにあります。

大東亜戦争終戦の7日前、突然欲をかいて参戦したソ連は、いきなり満洲・樺太・アリューシャン列島にいた日本人に襲いかかりました。
日本軍は、手元に残る少量の武器で抵抗しながら、敵の武器を奪って戦いました。
それでも各地の日本兵は善戦し、120万のソ連の大軍を随所で蹴散らしています。
本当に日本軍は強かった。

しかし8月15日には終戦となります。
軍は、本国の命令で動くものです。
本国から戦闘修了の命令があれば、どんなに勝っている戦いでも、戦闘を止め、敵の武装解除に応じなければならない。
それが軍隊です。

だから武装解除しました。

当時の満洲は、都市整備のためのインフラが各地で建設中でした。
道路や線路、橋梁、建物を作る民間、あるいは軍隊の技術者や職人さんたちも大勢いました。
発電所施設の建設を行う者、施設の管理や整備を行う者たちも、まるごと満洲に残っていた。
そしてその家族もいました。

ソ連は、そうした民間の技術者集団達を含めて、彼らをまるごとシベリアに連れ去って、ソ連邦各地の都市インフラの整備を、無報酬で彼らにやらせました。
「君たちは戦争犯罪者であるにも関わらず、
 食わせてやっているのだから報酬なんてない。
 栄養が足りようが足りまいが、
 生かしてもらっているだけでもありがたく思え」
というわけです。

「ソビエト共産主義革命によって、
 人々は労働から解放された。
 ソビエトは5カ年計画によって
 国家の都市インフラを整備させ
 ソ連の民衆に幸せをもたらした」
とさかんに宣伝されました。

しかしこれは矛盾のある言葉です。
民衆が労働から開放されたということは、民衆が働かないということです。
働かないのに、どうしてソ連各地の都市インフラが、次々と誕生するのでしょうか。

実際には、満洲各地に建設されていた建物や設備を、そっくりそのままモスクワ他、ソ連各地に移築することで、都市インフラが整備されたのです。
そしてその労働力になったのが、シベリアの抑留者となった日本人たちでした。

シベリア抑留というと、満洲北部あたりだけに抑留されたようなイメージがあるかと思いますが、当時、抑留された日本人達は、満洲にあった資材とともにソビエト各地へと送られ、そこで強制労働によって都市インフラの整備や建築に従事させられていたのです。

働かなくてもみんなが平等に国から報酬を受け取ることができる社会主義理想国家などというものはありません。
どこかで誰かが労働しなければ、みんなの生活は支えることができないのです。
その労働する人を、国家最高のたからとしたのが日本なら、その労働する人を、奴隷として酷使してきたのが、世界の歴史です。

もうひとついうと、共産主義国であるソ連は、すべてに「政治」が優先した国でした。
いまでも、共産主義を掲げる国はそうです。
これは実に徹底していて、なんと医療も政治が優先します。

どういうことかというと、「政策」で入院患者は疾病患者全体の2%以内と決められれば、それを越える入院患者は、症状の如何に関わらず、いっさい入院は許されないし、仕事を休むことも認められないのです。
そんなバカな、と思うかもしれないけれど、それが「政治優先」ということです。

日本でも某政党が政権を取ったとたん、政治優先と称して事業仕訳などを行い、現実を無視した「政治」を行いました。
その結果、以後に起こった天然災害では、すさまじい被害が続出することになりました。
では、当時の政策について、彼ら自身から反省の言葉のひとつでもあるかといえば、何もありません。
彼らの頭脳では、政治がすべてなのであって、現実は関係ないことだからです。

ソ連のシベリアの捕虜収容所では、どのような労働を課せられるかは、軍医の体位検査によって決定していました。
体位検査は1級から4級までで、4級以外は原則として収容所外の工場、学校等の建築作業に出ることとされていました。

しかし戦後10年を経過して、かつては屈強だった若者も、ガリガリに痩せた病弱となり、作業できる人員が漸減してしまっていました。
ところが4級認定者は何%以内と決まっているわけです。
だから実質4級(インワリード=不具者という呼名)であっても3級に認定され、屋外の建築作業にかり出されていました。

そもそも日本人の体位は、ソ連人とくらべて著しく劣っています。
これでは作業割当に支障をきたすというので、日本人はソ連人より1階級ずつ格上げした体位検査が用いられていました。
つまりソ連人の2級、3級該当者を、日本人なら1級、2級にしたわけです。
そしてソ連人の労働者に適用する作業ノルマを、そのまま日本人に遂行させた。むちゃくちゃです。

さらに旧日本軍では、重労働に要するカロリーを3800と規定していたのだけれど、ソ連収容所では、接取カロリーを2800と規程していました。
カロリーを奪えば、体力が落ちて抵抗力を奪えるから、扱いやすくなるし、与える食事の総量も減らせるというわけです。
それでどうなったかというと、実際には、日本人軍医4名の共同調査・算定の結果では、やっと2580しか与えてもらえなかったのです。

だから日本人のシベリア抑留者たちは、裸になって並んだとき、前に立っている男の肛門が見えたそうです。
尻の肉まで削げ落ち、みんなガリガリにやせ細っていたのです。

ラーゲリのカロリ-


それだけ酷い待遇、環境に置かれながら、日本人の働き振りは昭和30年の第一・四半期にロシヤ共和国第一位、第11四半期には全ソ連第一の成績です。
まるで幽鬼のさながらに痩せさらばえていながら、それでも全ソ連第一の建築成果を挙げている。
まさに日本人、恐るべしです。

石田三郎著「無抵抗の抵抗」に以下のような描写があります。

****
現場監督側および収容所当局の日本人に対する態度はどうであつたろうか。
彼らの基本的な態度といえば、それは従順な日本人を徹底的に搾つて自分らの功績をあげること、日本人は最も憎むべき重大戦犯であるから死ぬまで酷使するということにあった。
このため現場側と収容所側は申し合せて、将校一、下士官一の監視係を任命し、毎日終日私たちの作業を監視させた。

勿論彼らは建築についてはズブの素人であり、仕事の段取その他について知るはずもなかつた。
その彼らが事毎に私たちの作業に干渉して作業能率を低下させる許りでなく、現場側と結託して私たちの給金査定にまで容喙するし、時には作業未遂行、あるいは国家財産の故意の損耗を理由に懲罰作業をさえ強制する。

また零下20度、30度のトラック上の寒風に吹きさらされて現場にたどり着く私たちに、仕事前の暖を取ることさえ禁じたり、雨にぬれた衣服を乾燥するため焚火している火を踏み消して作業に狩り出す。
当然負傷などの災害が予想される危険な作業にまで追い出し、これを拒絶すれば直ちに営倉に入れる。

そしてあらゆる言葉の二言目には、
「貴様らは囚人だ。
 いうことを聞かなければ、
 また監獄に送るぞ。」
と脅迫するなど目に余るものがあつた。

ところがその反面、彼らは日本人の大工に私物の家財道具を造らせたり、自宅の薪用に板切れや棒切れを現場側に無断で搬出させたりさえもしたのである。
また現場側で、ソ連側最高貴任者が監督を集めて訓示を与えるとき、
「ここの日本人は戦犯だから死ぬまで酷使してもよい。」
と放言したり、私たちにたいしても、彼らが民間人でありながら営倉に入れるぞと、おどしたりするのは何時ものことであった。

何しろ収容所当局、現場当局に対する不満は数限りなくあった。
要するにソ連側は、私たち日本人を奴隷としてしか取り扱つてはくれなかった。

****

昭和30年11月26日、ソ連兵は、政治部将校の立会いの下で、営内の軽作業に従事していた病弱者26名を、営外作業に適するとして無理に作業に出しました。
シベリアの11月の末といえば、零下20~30度の酷寒です。
病弱者たちの病状は悪化し、収容所にたどり着くや倒れる者が何人も出ました。

ところが12月15日になると、ソ連の将校たちは、さらに他の病弱者65名に営外作業を命じました。
ハバロフスク捕虜収容所では、みんなで必死に嘆願しました。
「その分自分たちが働くから、
 病弱者に無理はさせないでもらいたい。」
しかしソ連兵は耳を貸しません。

病状は悪化し、血圧が170、180以上になる者が多くなり、中には、200を越す者も出る始末でした。
寒風のなか、病弱者は、あるものは友の肩にすがりながらやっと身体を動かし、ある者は虚空をつかむ幽鬼のように手を伸ばし、よろけながら歯を食いしばって頑張りました。

囚人扱いですから、作業休を認められない限りいかなる状態でも休むことは許されません。
休めばサボタージュとみなされます。
「病弱者、営外作業に追い出し」といわれました。
これは病弱者殺害が目的としか思えないものです。

戦争は、昭和20年に終わっています。
それからまる10年経っているのです。

日本に帰えることだけど夢見て、みんなで頑張ってきた。
ちからをあわせ、励まし合って、どんな無理難題にも耐えてきた。
それなのに、ここまで支え合ってきた仲間の命さえも、ここで失わなければならないのか。
誰も死んでほしくない。仲間を死なせるわけにいかない。
みんな一緒に、日本に帰るんだ。

「これ以上、もう我慢できない。」
それまで、まる10年従順でおとなしかった日本人が、ついにソ連兵の横暴に立ち上がりました。

(明日の記事に続く・・・・)

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

引き揚げ(600万人在外邦人・シベリア抑留者引き揚げ)1/4


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

履歴書の書き方

No title
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

-

ロシア囚人の刺青には犯罪歴が描かれる
アメリカの重罪犯刑務所に収容された若い囚人は、強姦され、幅を利かす囚人の慰め者にされるようです。

中東からのイスラムの青年が監獄の廊下に立ち、顔を壁に向け泣き叫んでいます。 その後ろに立ってたユニホームを着た米軍人が、、、強姦していたのです。

グアンタナモ(キューバ) で拷問が行われているとの内部告発で。
隠しカメラの一部をニュ-スで公開した時の最後の一瞬の映像でしたが、信じられないものを見てしまったという感じで不愉快そのものです。 一、二年前のニュースです。

50年くらい前にシカゴで実際にあった、確か15~17人の「女子寮強姦殺人事件」 日本でも放送されたので覚えている方もいると思います。

確か、看護婦の女子寮で独りだけベットの下に隠れて奇跡的に助かり証人として証言し、逮捕に至る。

この犯人は最も重い刑の入る監獄で、囚人たちの慰安婦となり生きています。

看守から女性ホルモンの薬が与えられ、胸が女性のようにふくらみ、服装もしぐさも女性的です。(この犯人の成れの果てを、カメラは一瞬だけ写した)

吐き気を感じるオゾマシイ世界これらは一部ですが、現在のアメリカの話です。

世界のオゾマシイ陰の実態を、少しでも知っていただきたく書きました。 お役にたてば幸いです。

椿さんも同じ考えだと思います。

M2

ロシアは絶対に許しては!
ならない国ですね日本からすれば!

なぜ..ナポレオンが又 ヒトラーがロシアを侵略しよとしたのか これで分かりました。

ロシア人って世界規模で許してはならない クズ民族だったのです!

ちなみにイギリス人が一番嫌うのも このロシア人だとか(あ太郎級か?)

..笑

以蔵

母方の祖父がシベリア抑留者でした。生前、祖父は戦争を語ることのない人でしたが、母や叔父達の話を聞くと…。

冬の寒い日は、木の幹に皆で抱きつき暖を取っていたそうです。

極寒の地、シベリアですからバタバタと人が倒れ、死んだそうです。

喧嘩っ早く、情にもろい祖父は軍曹だった事もあり使命感からソ連兵と交渉し、部下の為に角砂糖を分けてもらい与えた。それでも亡くなる方は後をたたなかったと聞きます…。

亡くなった方の爪や髪を遺族の方の為に渡す為に切り取り隠し持ったりもしたと聞きました…。

帰国後、祖父自身も眼底主血で苦しみました…。

只、戦後50年近くたった頃。私用の為に旅行した際、駅で電車を待っていた祖父に「○○さんですか?」と聞いてくる人が…。なんと、祖父の部下だった方で、祖父が救った方でした…。多くは語らなかったようですが、それでも込み上げるモノや報われた思いがあったそうです…。


コメントにありましたが、近衛公の御子息の「近衛文隆公」は11年の長きに渡り拘束。結局、壮絶な最期をを迎えました…。余談ですが、「劇団四季」のオリジナルミュージカル「異国の丘」は「近衛文隆公」を主人公にしたものです。

愛信

【香港、不正取引の温床…北朝鮮兵器輸出】
【香港、不正取引の温床…北朝鮮兵器輸出】

準大手ゼネコン西松建設の「裏金持ち込み事件」では、同社が裏金を
捻出(ねんしゅつ)するため、香港でペーパーカンパニーの取得と閉鎖
を繰り返し、架空の設計業務を発注するなどしていたことが明らかに
なっている。

【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi
【政治・経済タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

第一義

露助は野蛮な蛮族
露助の蛮行は私も知っている。珍しいが、ノンポリの母から聞いたことが蛮行を知った最初だった。

何が戦犯だ、非人間扱いの態度に、火事場泥棒、抜け駆け参戦にスパイ行為、汚い以下の行為をやりたい放題の蛮族が、どの口でそういうことを言うか。

くたばれ、露助。

椿

共産党員とは、本当に“下劣極まりない!”

名無しさん

>私はこの青年は生き地獄を味わうより自殺したほうが幸せだったと、何とも云えぬ辛い気持ちになりました。 <

私も同じ思いです。かってV.A.アルハンゲルスキー氏の『プリンス近衛殺人事件』を読んだ時、近衛公爵家ご嫡男のあまりの“悲惨な運命”に、憤りを隠せませんでした。

こんなことを言ってはなんですが、共産党員というのは、本当に“下劣極まりない畜生”のようです。よくもそんな“下劣”で“下品”で“下卑”た行為が思いつくなと、軽蔑・侮蔑を通り越して、唖然・呆然ですよ。

それだけに、純粋無垢で正義感が強く真に誇り高い方々が受けた“辱め”は、筆舌に尽くし難かったであろうと、心中察するに余りあります!!

アルハンゲリスキー氏のこの著書の中には、『捕虜取り調べ』について少し記述されていましたが、その取り調べだけでも“えげつない”と言わせて頂きます!!

大変高貴な家柄の出あった近衛公は、階級闘争で成りあがってきた“どこの馬の骨とも分からない”卑しい身分出身の共産党幹部どもから、“妬み”・“嫉み・“僻み”の対象とされ、何度も『肛門検査』なるものを受けたと、書いてありました。

また、卑しい中国共産党員らによる、高貴なるチベット僧侶や尼僧に対する『取り調べ』や『拷問』は言語に絶し、私達の想像をはるかに凌駕致します。

人々から尊崇を集める高貴な僧侶人望厚き方であればあるほど、中共は公衆の面前で、彼らに“小便”を飲ませたり、“大便”を食べさせたり、また尼僧と“性交”をさせたり、尼僧を“強姦”したりと、

彼らの権威を“トコトンまで、醜く貶めようとする”その様は、まさに「鬼も裸足で逃げ出すほどの悪逆非道振り」です。

私は何が許せないと言って、こういう“心根の卑しい”、“畜生のような下卑た輩”によって、“純粋な魂”や“高貴なる魂”が卑しめられたり、貶められたりするのが、一番許せないのです!!!

だから…、誇り高き関東軍の兵士達が、シベリアで舐めた“筆舌に尽くし難い辛酸”を思えば、腸が煮え繰り返ります!!!

私はなんとしてでも、この“鬼畜米英露中の悪逆非道振り”を忘れずに、シッカリと『後の世にも語り継ぐ』と、英霊方に固く御約束いたします。


しかし…、もしも、もしも…、天皇陛下がこのような目に遭ったらと思うと身の毛がよだちます…。


ジャギ様

No title
 戦争に敗北するといことが、古今東西の歴史を見るまでもなくいかに悲惨なものか、観念的平和論者・非武装中立論者の人に今日の話の感想を聴いてみたくなります。
 久々に「怒気」が全身を満たして、今夜は眠れないかもしれません。

-

No title
違う話でごめんなさい、
北海道11区中川昭一さんの地盤を乗っ取った石川知裕は(日本人とは思えない面立ち)小沢の土地取引偽装4億の犯罪で立件されました!
北海道の地元の方はこのような方を選んで中川さんを落とした。悔しいです。

愛信

【40×40】宮嶋茂樹 小沢“呆中団”600人
特典は「コキントウ様」との握手会か。分かっとんの? 
相手はわが国の海底資源を盗み、尖閣諸島を奪い取ろうとしている敵の
首魁(しゅかい)やで。
そんな人と、よう恥ずかしげもなく、行列作って握手しよるなあ。

【議員連盟の掲示板】長城計画大訪中団の国辱大握手会参加議員はこち
らをカッチとね
【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi

かぐやひめ

シベリア抑留
シベリアの話は、よく聞きました。
けれど、無事戻れた人しか、語ることはできないわけで、戻れた人は、ロシア語が、話せたり、顔がロシア人そっくりだったりして、優遇された人ばかりでした。

身近にこんなにも、たくさんの人がいるのだから、相当の人数がシベリアにつれていかれたのですね。

今の日本が、平和で幸せなのは、こういった人々の献身的なご努力があったお陰だと思えてなりません。あの戦争で、日本は、本当に多くの国のためにつくしたのですね。

うらみは恨みをもって収まらず、恨み鎮めて、恨み鎮まるーといいます。インドが戦時賠償を放棄するときの言葉だったと思います。
インドは寛容だと思ったのは、間違いでした。
これほどの目に合わされながら、なお、未だに世界に好意をむける、日本こそ、恨みを鎮めて、世界貢献・・・とてつもない国だと、あらためて、先人への感謝でいっぱいです。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク