もうひとつの大東亜戦争・・・ハバロフスク事件(3)



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

ハバロフスク市
ハバロフスク市


(昨日までのあらすじ)
シベリアに抑留された日本兵たちは、祖国への思いを胸に、10年間、ソ連兵の横暴に堪えた。
しかし、日に日にソ連兵の横暴はつのる。
このままでは仲間の命が危ない。
ついに769名の日本人は立ち上がった。

----------------------


2月3日、第16収容所所長が交代しました。
マルチェンコ大佐の後任に着任したナジョージン少佐は、着任当初は、いかにも温和な態度で、彼の表現を借りれば「日本人の立場に入り込んで事の解決に努力する」と言明していました。
しかし事件の原因の説明、私たちの要求の説明という段になると、用事があるといって引っ込んでしまって出て来ない。

そして何かというと
「私は新たな立場で着任した。
 従って以前のことについては
 何も知らない。
 君らの要求に対する回答は、
 今度できた新指導部の命令がくるまで
 どうにも動けない」
と言い逃れていました。
しかも、
「作業については当分言及しないことにする」
と言明したかと思うと、3日もすると、
「作業だ。作業に出れば万事解決する」
と作業強要の態度に豹変する。

1月31日に異動してきた病院長のミリニチェンコ中佐はまだマシで、従来のソ側の非をさとり、石田らの病院関係にたいする改善要求を素直に聞きいれ、彼のできる範囲内で、真剣に改善に骨折ってくれました。
日本人軍医を信頼して、その起用を計画もしてくれました。
病人食の支給にも大いに努めてくれました。
注射、投薬等も多量に施してくれました。
入院を宜告されていたが、まだ入院できないでいる約30名のために、新たな病窒拡張を計画してくれました。
病院炊事を拡大し、医務室日本人勤務員の過労を見てとり、勤務員の増加の計画もたててくれました。
病院勤務員の手当の増額についても努力してくれました。
そしてソ連人病院勤務者の態度が一変して親切になりました。

しかし、「計画」だけでした。
「計画」されたものは、まるで実施されませんでした。
一部実施されたものも2週間たらずのうちに、また、もと通りに戻ってしまいました。
ミリニチェンコ中佐の上役である、ハバロフスク地方官憲当局者が、彼の申請をことごとく却下したからです。

ミリニチェンコ中佐がソ連側の非をさとり、どんなに改善に真剣に取り組もうとしても、彼の上司の見解、決定が変更されない限り、彼一人がいくら躍起となっても、所詮、無駄骨折りになるのです。
それが政治主導の正体です。

ハバロフスクには、中国人、朝鮮人、蒙古人がかなりの数、収容されていました。
彼らの代表が、ある時、闘う日本人を訪ねて共闘を申し込んできました。
「私たちはこれまで、
 日本人は何と生気地がないのかと
 思っていました。
 日本に帰りたいばかりに、
 何でもソ連の言いなりになっている。
 それだけでなく
 ソ連に媚(こ)びたり、
 へつらったりしている。
 情けないことだと思いました。
 これがかつて、
 私たちの上に立って支配していた民族か、
 これが日本人の本性かと、
 実は軽蔑していました。
 ところがこの度の一糸乱れぬ
 見事な闘いぶりを見て、
 私達が誤っていたことに気が付きました。
 これが日本人だと思いました。
 私達も出来るだけの応援をしたい」

石田さんは、この言葉に感激しました。
そしてこれまでの自分たちが軽蔑されるのは当然だとも思いました。
ソ同盟万歳を叫び、赤旗を振って労働歌を歌い、スターリン元師に対して感謝状を書くといった、同胞のこれまでの姿を、石田さんは改めて思い返しました。

いくつもの抑留者の手記で述べられていることなのですが、戦いに敗れて、同じように強制労働に服していたドイツ人は、収容所側の不当な扱いに、毅然とした態度をとりました。
ある手記によれば、メーデーの日に、日本人が赤旗を先頭に立てて祝賀行進していると、一人のドイツ人捕虜の若者が、その赤旗を奪いとって地上に投げ、
「日本の国旗は赤旗なのか」と怒鳴ったそうです。
このドイツ人の若者は、同じようにソ連から理不尽な扱いを受けている仲間として、日本人が共通の敵であるソ連に尾を振る姿が許せなかったのです。

しかし、自分の身よりも他人を気遣う日本人には、ドイツ人達のような行動がとれない。
自分が一線を飛び越えることで、他の日本人の仲間、他の虜囚たちに迷惑をかけることを、どうしても気遣う。
自分が暴走するのは簡単です。
しかしそのことで、仲間たちみんなに迷惑がかかったら、取り返しがつかないのです。

なぜなら、ひとりひとりに、みんな祖国の家族が待っているのです。
だから、耐えたし我慢したのです。
自分がつらいときは、他人もつらい。
だから我慢する。
そうしてみんなが一緒に日本に帰る。
だから10年間、言いなりになってきたのです。

でも日本人には、内なる力があります。
その内なる力に火がついたとき、日本人は変わります。
ひとりひとりが自らの意思で闘い、命を賭けて戦うのです。

昭和31年2月が終わろうとする頃、石田さんたちの作業拒否闘争は膠着状態となっていました。
作業拒否を宣言してから2ヶ月、中央政府に対する請願文書の送付も、現地収容所に握りつぶされているのか、まるで中央政府から返答がありません。

日本人たちの団結は固く、志気も高い。
しかし何とかこの状態を打開しなければという危機感が高まります。
石田さんたちは、知恵を絞りました。

人材には事欠かきません。
元満州国や元関東軍の中枢にいた要人もいるのです。
かつて陛下の軍隊として戦った力を、今は新たな目標に向け、新たな大義のために役立てているのです。
収容所側を追い詰め、中央政府に助けを求めざるを得ない状態を作り出す手段はないか。
そして、ひとつの結論を導き出しました。
それが「断食をする」というものでした。

収容所の日本人全体が断食して倒れ、最悪死に至ることになれば、収容所は中央政府から責任を問われます。
収容所は、そういう事態を最も恐れるだろう。
それで現状のこう着状態を打開できるかもしれないと考えたのです。
こうして全員一致で断食闘争が決まりました。
密かに計画が練られ準備が進められました。

健康で生きて祖国に帰ることがこの闘争の目的です。
断食をいつまでも続け、自滅してしまったのでは元も子もありません。
ただでさえ、みんなの体力も落ちているのです。

そこでみんなが少しずつ蓄えていた日頃配られた食料の一部や、小麦粉から密かに作った乾パンなどを、貯蔵し、秘かに断食闘争に使おうということになりました。
完全な断食によって、体力を消耗し尽くし、倒れてしまったら元も子もないからです。
そして断食闘争に入った場合、相手が変化して中央政府が何らかの行動が入るまでに、およそ一週間と見通しをつけました。

闘争代表部は、断食宣言書を作り、収容所のナジョージン少佐に渡しました。
「作業拒否以来70日が経過しました。
 この間何等誠意ある対応はみられません。
 ソ連邦政府の人道主義と平和政策を
 踏みにじろうとする地方官憲の卑劣な行為に対して
 我々は強い憤激の念を禁じ得ません。
 そこで自己の生命を賭して、
 即ち絶食によって
 中央からの全権派遣を請願する以外に
 策なきに至りました。
 3月2日以降、我々は断固として
 集団絶食に入ることを宣言します」

そして断食闘争に耐えられない病弱者を除き、506名が断食に入りました。
このような多数が一致して断食行動に出ることは、収容所の歴史にも例のないことで、収容所当局は、狼狽(ろうばい)しました。
彼らは態度を豹変させ、何とか食べさせようとして、なだめたりすかせました。

しかし日本人の意志は固い。
ある者は静かに目を閉じて座し、ある者はじっと身体を横たえて動かない。
それぞれの姿からは、死の決意が伝わり、不気味な静寂は侵し(おか)難い力となりました。

収容所の提供する食料を拒否し、乾パンを一日二回、一回に二枚をお湯に浸してのどを通します。
空腹に耐えることは辛いことです。
しかし零下30度を越す酷寒の中の作業に長いこと耐え、様々な辛苦を耐えてきたことを思いました。
そうすることでみんな堪えました。

一点、これまでの苦労との違いがあります。
これまではソ連の強制に屈して奴隷のように耐える苦労でした。
しかし今度の苦労は、胸を張って仲間と心を一つにして、正義の戦いに参加しているのだという誇りがあることでした。

一週間が過ぎたころ、収容所に異質な空気が漂ってきました。
そして3月11日午前5時、気温零下35度の冷気の静寂をただならぬ物音が打ち破りました。

「敵襲!起床!」
不寝番が絶叫しました。
「ウラー、ウラー」
威嚇の声がしました。
すさまじい物音で扉が壊されました。
ソ連兵がどっとなだれ込んできました。
「ソ連邦内務次官ポチコフ中将の命令である。
 日本人は戸外に出て整列せよ!」
入り口に立った大男がロシア語で叫びました。
並んで立つ通訳がそれを日本語で繰り返しました。

日本人は動きません。
ソ連兵は、手に白樺の棍棒を持って、ぎらぎらと殺気立った目で、大男の後ろで身構えていました。
大男が手を上げてなにやら叫びました。
ソ連兵が日本人に襲いかかりました。

ベッドにしがみつく日本人。
腕ずくで引きずり出そうとするソ連兵。
飛びかう日本人とロシア人の怒号。
収容所の中は一瞬にして修羅場と化しました。

「手を出すな、抵抗するな」
誰かが日本語で叫ぶ声がしました。
この言葉が収容所の中でこだまし合うように、あちらでもこちらでも響きました。
長い間、あらゆる戦術を工夫してきたなかで、合言葉のように繰り返されたことが「暴力による抵抗をしない」ということでした。
棍棒を持ったソ連兵の、扉を壊してなだれこむ行為は、支配者がむき出しの暴力を突きつけた姿です。
その暴力に暴力で対抗しら、もっと容赦ない暴力が引き出されることは明らかです。

だから咄嗟の事態でも、
「我慢しろ、手を出すな、全てが無駄になるぞ」
という声が日本人の間にこだましたのです。

引きずり出されてゆく年輩の日本人の悲痛な声が、ソ連兵の怒鳴る声の中に消えて行きました。
柱やベッドにしがみつく日本人をひきはがすように抱きかかえ、追い立て、ソ連兵は、全ての日本人を建物の外に連れ出した。

収容所の営庭で勝者と敗者が対峙しました。
敗れた日本人の、落胆し肩を落とした姿を見下ろすソ連兵指揮官の目には、それ見たことかという冷笑が浮かんでいました。
ソ連がこのような直接行動に出ることは、作業拒否を始めたころからずっと警戒し続けていたことです。
そして断食宣言後もずっと、中央政府の代表が交渉のために現われることを期待していました。
それが予想外の展開になったのです。

「もはや命がないのか。。。」
誰もがそう思いました。

「首謀者は前に出よ!」
石田三郎さんは、ポチコフ中将の前に進み出ました。
ボチコフは、中央政府から派遣された将官でした。
威厳を示して椅子座っています。

石田さんは敬礼をして直立不動の姿勢をとりました。
そして将官の目を見詰めました。
沈黙が流れました。
一面の緊張が漂いました。

「こいつがソ連の中央政府の代表か」と、石田さんの心には、走馬灯のように、かつて満洲になだれ込んだときのソ連軍の暴虐や、混乱、逃げまどう民間人の姿、長い刑務所での労苦、収容所の様々な出来事などがよみがえりました。
悔しさ、悲しさ、怒り・・・
こみあげる感情の中で、石田さんは、気が付きました。
ポチコフ中将の態度が、これまでのソ連軍とは何か違うのです。

石田さんは、この時ひとつのことに気が付きました。
さっきソ連兵が収容所に踏み込んできたとき、彼らは白樺の棍棒を手にしていました。
銃を使っていませんでした。

石田さんは、気づきました。
そして胸を張って発言しました。
「私たちがなぜ作業拒否に出たか、
 そして私たちの要求すること。
 それは中央政府に出した
 数多くの請願書に書いた通りです。
 改めて申し上げますと・・・」

ポチコフ中将がその言葉をさえぎりました。
「それらは読んで承知している。
 あらためて説明しなくもよい。
 いずれも外交文書としての
 内容を備えている」

「しかし」とポチコフ中将は、鋭い目で石田さんを見据えました。
「お前たち日本人は、
 ロシア人は入るべからずという
 標札を立ててロシア人の立ち入りを拒んだ。
 これはソ連の領土に
 日本の租界をつくったことで許せないことである」

これは石田さんが拉致されるのを阻止しようとする青年たちが、自分たちの断固とした決意を示すために収容所の建物前に立てた立札を指しています。
石田さんにとっては、自分が厳しく処罰されることは初めから覚悟していたことです。
驚くことではありません。

石田さんが黙っていると、ポチコフ中将は、今度は静かな声で聞いてきました。
「日本人側にけが人はなかったか」
「ありませんでした」
石田さんは続けました。
「お願いがあります。
 私たちの考えと要求事項は、
 この日のために書面で準備しておきました。
 是非ご調査いただき、
 私たちの要求を聞き入れて頂きたい。
 そのために日本人は、
 死を覚悟で頑張ってきました。
 私の命はどうなっても良いです。
 けれど他の日本人は処罰しないで頂きたい」

「検討し、追って結論を出す。」
会見は終わりました。
このあと、日本人の要求事項は、事実上ほとんど受け入れられました。
病人の治療体制も改善され、中央の病院は拡大され、医師は、外部の圧力や干渉を受けずにその良心に基づいて治療を行なうことが実現されました。
第一分所を保養収容所として経営し、各分所の営内生活一般に関しては日本人の自治も認められるようになりました。
その他の、日本人に対する扱いも、従来と比べ驚くほど改善されました。

けれど石田さん中心とした闘争の指導者たちは、禁固一年の刑に処せられ、別の刑務所に移送されました。

この事件について、瀬島龍三さんは、回顧録で次のように述べています。

「この闘争が成功したのは
 国際情勢の好転にも恵まれたからであり、
 仮にこの闘争が四、五年前に起きていたなら
 惨たんたる結果に終わったかもしれない。」

このハバロフスク事件は、昭和30年12月19日に発生した事件です。
ソ連による武力弾圧は翌年の3月11日です。

その年の12月26日、興安丸が舞鶴港に入港した。
そしてこの船で、最後の日本人シベリア抑留者1025人が、日本に帰国したのです。
ハバロフスク事件の責任者石田三郎さんの姿もその中にありました。
一足先に帰国していた瀬島龍三さんは、平桟橋の上で、石田三郎さんと抱き合って、再会を喜びあったそうです。

この事件について、ロシア科学アカデミー東洋学研究所国際学術交流部長アレクセイ・キリチェンコは、その著書「シベリアのサムライたち」の中で、以下のように語っています。

「第二次世界大戦後、
 64万人に上る日本軍捕虜が
 スターリンによって
 旧ソ連領内へ不法護送され、
 共産主義建設現場で
 奴隷のように使役されたシベリア抑留問題は、
 近年ロシアでも広く知られるようになった。

 しかしロシア人は当局によって
 長くひた隠しにされた抑留問題の
 実態が明るみに出されても、
 誰一人驚きはしなかった。

 旧ソ連国民自体がスターリンによって
 あまりに多くの辛酸をなめ犠牲を払ったため、
 シベリアのラーゲリで
 6万2千人の日本人捕虜が死亡したと
 聞かされても別に驚くほどの事はなかったからだ。

 とはいえ、ロシア人が
 人間的価値観を失ったわけでは決してなく、
 民族の名誉にかけても
 日本人抑留者に対する
 歴史的公正を回復したいと考えている。

 今回ここで紹介するのは、
 私が同総局などの古文書保管所で資料を調査中、
 偶然に発見したラーゲリでの
 日本人抑留者の抵抗の記録である。

(中略)

 敵の捕虜として
 スターリン時代のラーゲリという
 地獄の生活環境に置かれながら、
 自らの理想と信念を捨てず、
 あくまで自己と祖国日本に
 忠実であり続けた人々がいた。

 彼らは、自殺、脱走、ハンストなどの形で、
 不当なスターリン体制に抵抗を試み、
 収容所当局を困惑させた。

 様々な形態の日本人捕虜の抵抗は、
 ほぼすべてのラーゲリで起きており、
 1945年秋の抑留開始から
 最後の抑留者が帰還する1956年まで続いた。

(日本人による抵抗運動のことを)
 ソ連の公文書の形で公表するのは
 今回が初めてとなる。

 半世紀近くを経て
 セピア色に変色した古文書を読みながら、
 捕虜の身でスターリン体制に
 捨て身の抵抗を挑んだ
 サムライたちのドラマは、
 日本研究者である私にも新鮮な驚きを与えた。

(中略)

 これは総じて
 黙々と労働に従事してきた日本人捕虜が
 一斉に決起した点で
 ソ連当局にも大きな衝撃を与えた。

 更にこの統一行動は十分組織化され、
 秘密裏に準備され、
 密告による情報漏れもなかった。

 当初ハバロフスク地方当局は
 威嚇や切り崩しによって
 地方レベルでの解決を図ったが、
 日本人側は断食闘争に入るなど拡大。

 事件はフルシチョフの下にも報告され、
 アリストフ党書記を団長とする
 政府対策委が組織された。

 交渉が難航する中、
 ストライキは三ヶ月続いたが、
 結局内務省軍2500人が
 ラーゲリ内に強行突入し、
 首謀者46人を逮捕、
 籠城は解除された。

 しかし兵士は突入の際
 銃を持たず、
 日本人の負傷者もほとんどなかった。

 スト解除後の交渉では、
 帰国問題を除いて
 日本人側の要望はほぼ満たされ、
 その後労働条件やソ連官憲の態度も
 大幅に改善された。

 1956年末までには
 全員の帰国が実現し、
 ソ連側は驚くほどの寛大さで対処したのである。

(中略)

 極寒、酷使、飢えという
 極限のシベリア収容所で
 ソ連当局の措置に抵抗を試みた人々の存在は
 今日では冷静に評価でき、
 日本研究者である私に
 民族としての日本人の特性を
 垣間見せてくれた。

 日本人捕虜の中には、
 浮薄(ふはく)なマルクスレーニン主義理論を安易に信じ、
 天皇制打倒を先頭に立って叫ぶ者、
 食料ほしさに仲間を密告する者、
 ソ連当局の手先になって
 特権生活を営む者なども多く、
 この点も日本研究者である私にとって、
 日本人の別の側面を垣間見せてくれた。」

事件の総括は、上に示すアレクセイ・キリチェンコ教授のまとめの通りと思います。

日本人の中には、
 浮薄(ふはく)なマルクスレーニン主義理論を安易に信じ、
 天皇制打倒を先頭に立って叫ぶ者、
 食料ほしさに仲間を密告する者、
 ソ連当局の手先になって特権生活を営む者など
もいた。
いまの日本でも同じです。

日本人の中には、日本の歴史・伝統・文化を学ぶこともせず、安易にGHQの日本解体工作を信じ、天皇を否定し、国旗や国歌を否定し、カネ目当てに他国に媚を売るような恥ずべき人もいます。

しかし、それでもなお多くの日本人は、いまでも天皇を愛し、自分より子や配偶者、部下たちの幸福を第一に考え、誰かのために、何かのために貢献できる生き方をしようと模索しています。

戦前の通州事件や、尼港事件の際、殺された多くの日本人たちは、「日本人は逃げろ~!」と叫んだといいます。
戦後の阪神大震災のときも、多くの日本人は、自分より先に、家族を助けてくれと救助隊に懇願して果てました。
そしていまなお、多くの企業戦士、多くの母親たちは、規則やきまりなど、外の力で動くのではなく、会社を守ろう、部下を守ろう、家族を守ろう、子に恥じない親になろう、父母に叱られない自分になろうという、内なる力に衝き動かされ、毎日を必死に生きています。
それは、ひとりひとりの人間として一番大切な生命をかけた戦いでもあります。

日本は法治国家だという人がいます。
たしかに、今の日本はそうかもしれない。
しかし、非常に治安が良かった江戸時代や、戦前の日本には、現代日本にあるような事細かな法律や省令、政令なんてものはありません。
そんなものがなくても、日本人ひとりひとりの中にある、道義心によって、現代社会よりもはるかに安心して暮らせる日本ができあがっていたのです。

わたしたちは、すくなくとも過去を否定するばかりでなく、現在と未来のために、過去の歴史からもっともっといろいろなことを学べるのではないかと思います。

最後にもうひとつ大切なことを書いて起きます。
私も、かつてのソ連やソ連が行った日ソ不可侵条約の破棄やその後の国際法上も違法な行為の数々、シベリア抑留や共産主義思想の強制など、ソ連に対しては限りない怒りを感じていますし、絶対に許すべきことではないと思っています。
しかし、そのことをもって、「ソ連人は」とか、あるいは「ロシア人は」とかいう一般化は、これは間違っています。
ひとりひとりを見れば、気の良いロシア人の方が圧倒的に多いのです。

ChineseやKoreanについても同じです。
異常行動を取る政府や政治は、憎むべき対象です。
しかしだからといって、それをChineseやKorean一般の問題にすり替えるのは、良くないことです。

先に結論を書いてしまえば、これらの問題は、特定個人が最高権力者となって、その個人に従うことが社会の秩序であり、それ以外の一切は排除される、という社会の仕組みそのものが人類の歴史の中で持ち続けてきた、大いなる過ちの集大成である、と思っています。

「眼の前にいる人たちを殺せ。
 殺さなければ、お前とお前の家族を皆殺しにするぞ」
と銃を突きつけられるという社会にあって、個人の持つ正義感を最大限に発揮するということは、そうそうできることではありません。
しかし、人類の歴史は、そういうことですくなくともこの何千年かの間、営まれ続けてきたわけです。

「眼の前にいる人たちを殺せ。
 殺さなければ、お前とお前の家族を皆殺しにするぞ」
と言われて、やらざるを得なかった人たちと、
「浮薄(ふはく)なマルクスレーニン主義理論を安易に信じ、天皇制打倒を先頭に立って叫ぶ者、食料ほしさに仲間を密告する者、ソ連当局の手先になって特権生活を営」んだ、シベリアの日本人と、果たして、どちらが是で、どちらが非なのでしょうか。

そのような日本人がいたから、日本人はすべて卑劣なのでしょうか。
問題は、世の中の歪みそのものにあったのではないでしょうか。



※本編は群馬県議員中村紀雄氏のHP
「今見るシベリア強制抑留の真実」を基に構成させていただきました。
この場にて感謝を申し上げます。
ありがとうございます。
http://kengi-nakamura.txt-nifty.com/diary/

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

引き揚げ(600万人在外邦人・シベリア抑留者引き揚げ)3/4


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

愛国日本!反日撲滅!

No title
もうひとつの大東亜戦争・・・ハバロフスク事件(1)(2)(3)読ませて頂きました。

記事のコメント欄に投稿されている、椿さんの意見に共感を覚えます。

私達日本国民一人ひとりが、理想(つまりは日本の平和、ひいては世界平和)を実現させる為に行う正しい選択、その選択を行うことの意味を理解すること、それを各々がを持つことが重要であるのだと私は思います。

当時(戦前)の日本ではそれが出来る人が大勢居たのでしょう。

最善の道を知り、最良の道を行く。武士道ではないでしょうか。

最良の道を知り、最善の道を行く。天皇(神道)ではないでしょうか。

私達は最善の道、即ち天皇の理想を叶える為に、即ち私達の理想を叶える為に、最良の道を行く、それが私達の道だと思います。

これらはいわゆる、時事的な言葉に置き換えれば、車の両輪と言うべき関係ではないでしょうか。

あい

戦後引き上げの際
いつも勉強になります。質問なんですが戦後日本人が満洲や朝鮮から引き上げてくる際、たくさんの方が亡くなっていますが、その方たちの遺骨などは遺族に返されているのでしょうか?また二日市保養所に関しての記述があれば知りたいです。無知で大変恐縮ですがご教授のほどよろしくお願い致します。

愛信

欧州、だぶつく新型ワクチン 副作用恐れ、低い接種率
欧州、だぶつく新型ワクチン 副作用恐れ、低い接種率

他の主要国でも状況は同じだ。イタリアでは各自治体に計743万回分が配布
されたが、15日現在で接種したのは約69万人だけだ。ドイツでも接種済みは
約670万人と、人口の8%にすぎない。

自国民へ有害ワクチン、断種(子供を出来なくする)ワクチンを注射する国の
狂った政策を直ちに停止しさせよう。

【新型ウイルスの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/snt/snt2.cgi
【新型ウイルスタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

aboabo

二重人格
日本人は国境の内あっては過去から蓄積された道徳心で生活し働き、外にあっては力、主義主張、国際協調を駆使して生き抜いて行くことが出来る民族です。
二重人格になりきることが出来る民族です。
過去の先人に出来たことが、今の日本人にも出来ないはずがないと思います。

椿

無戦略国家=日本…。

>「どうしてアフガンへの兵増派をしている人にノーベル平和賞が贈られるの?」となるでしょう。ここに日本人の弱点があるのです。<

私もこのコメントを聞いたとき、『こりゃ、ダメだ…』って思いました。こういう事を言っている限り、日本人は『真の国防』を考える事は出来ないと思いました。

こういう事を言っているから、「日本人は核の犠牲になったのだから、核を持っていはいけないんだ!」等と、あべこべ理論を恥ずかしげもなく平気で口に出せるのです。

核を持ってはいけない、核廃絶を一番にすべき国は、日本に2度も原爆投下をし人体実験をした、悪業深きアメリカなんですよ!!

それが平和ボケ日本人には、全く分かっていないのではないでしょうか?

こんなことでは、広島・長崎での犠牲を、未来永劫“無駄”にし続けることでしょう

2度も原子爆弾を落とされ、数十万の日本人が餌食となり、消滅させられた“唯一の被爆国日本”だからこそ、周辺諸国が次々と核武装を進める中、『二度とこの国土に核を落とさせてはいけない!!』と、反対に世界に向けて訴え、

日本の核武装”をドンドン推し進めて行くべきなのに、現実は信じられないほど、幻想と妄想と平和ボケに絡め取られて、完全に危機意識がゼロになってしまっています。

だから…中朝露という“核兵器を実戦配備”している国々に取り囲まれ、恫喝されているにも関わらず、全く危機意識もなく、『核廃絶しよう!』、『日本は平和を愛する国、核を持ってはいけない!』などと、

とてつもなく“呑気で悠長”なことを言っていられるのだろうと思います。本当に…大きなため息が漏れます。

現在の日本の核抑止戦略は、“まったく意味をなさない”というのは、素人目にも明らかです。また、これほどの能天気さは、ある面“犯罪”にも等しいと思うようになりました。

共通一次さんが上で仰ったように、『力のない正義は無力なり。』という真実に、多くの日本人が早く気付いてくれればと・・・、願わずにはいられません。

いくら正論を振りかざしても、『丸腰しのまま』ではどう考えても無防備で無茶すぎますよ。「死に急ぎたいのか?lと、嫌みの一つも言いたくもなります。




愛信

今日の内閣支持率12月26日の内閣総理大臣支持率 支持 2.1% 不支持 97.9%
今日の内閣支持率12月26日の内閣総理大臣支持率 支持 2.1% 不支持 97.9%
http://www.jra.net/ank/online/naikaku.php


鳩山由紀夫首相は元公設秘書が偽装献金事件に絡み政治資金規正法違反
の罪で在宅起訴されたことで釈明会見をしたが、説明に「納得できない」とした
回答は76・1%で、「納得できる」の17・8%を大きく上回った。
首相が説明責任を果たしていないとの判断が内閣支持率低下に拍車を掛け
たとみられる

【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi
【政治・経済タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

-

こぴぺですが
【東京都千代田区】外国人参政権阻止!上海万博粉砕!アジアの海と大地に自由と平和を!
年末年始靖国10日間街頭活動(12/27~1/5)

・日時 
平成21年12月27日(日曜日)~平成22年1月5日(火曜日) 毎日 10時~1600分  
但し平成21年12月31日~平成22年1月1日は徹夜で年越し街頭活動の予定です。

※ 開始時間や終了時間は多少、変更になる可能性があります。
※ 雨天決行!但し、雨天・降雪時にご参加の際は場所の移動などありますので要
確認です

・場所
靖国神社 九段参道 東京理科大前 九段下より大鳥居に向かう銀杏の木の下



※ 当会は中国内部や周辺国家内部の民主活動家・信仰の自由を求める方々とも連帯しております。
差別用語・差別発言あるいはそれと誤解される言動は排除いたします。
また、当会は日本有事・台湾有事とその抑止における在日米軍の存在を重視しており、日米離間につながる言動も排除致します。


主催
日台関係正常化を求める会 090-5013-0397


うたのすけ

これからの日本
ねずきちさんのお話、いつも面白く読ませていただいてます。御主張は概ね共感するのですが、ただ一点疑問があります。
それは、今回も触れられている道義心だけをたよりに日本人はやってゆけるのであろうか、というものです。江戸時代が安心して暮らせたのは、徳川体制がしっかりしていたからではありませんか。今から見るととても残酷な刑が控えていたからという点もあったのではありませんか。
大和心、人を信頼する心、道義心だけでは、これらが少ない諸外国人と渡り合っていけないと思います。しっかりした法理論とそれを遵守する意志、そして、それを武器に正々堂々と主張できる態度を身につけねばならないと思います。これが欠けていることこそ今までの日本人の良さに隠れていた弱点です。
おおらかさは弱さや卑怯さに通じます。小生はむしろもっと積極的に西洋人の生き方、キリスト教と絶えず血を血で洗う歴史から得られた、あのしっかりした明快な生き方を学ぶべきだと思います。
オバマ大統領のノーベル平和賞受賞について、古きよき日本の伝統的価値から言うと「どうしてアフガンへの兵増派をしている人にノーベル平和賞が贈られるの?」となるでしょう。ここに日本人の弱点があるのです。
西洋人には、武力と共に強い理想があるのです。

M2

タロ~(あ太郎)
四百字詰め原稿用紙2枚以内に簡潔に述べよ
↓(この工作員..爆)

-

今の日本人
>現代の日本人に戦前の日本人の心はもうひとかけらも残っていませんよ。<

タロ~さん自身は ? 大和魂の血が騒いでいるのに ?
なのに、、、、なんですか ?

>派遣切りに代表される人間ばかりです。

仕事がないって辛いですよね。 「ねずきちの ひとりごと」
を読むきっかけに恵まられたら、きっと人生観が変わるのではと、想像します。  日本人ならば。

かぐやひめ

日本人の心
日本人の心が、残っていないとは、私は、思いませんが、椿さんがおっしゃるように、武力をもって、自分の足で立ち、民族の命を自分で守るようにならない限り、地に埋もれたまま、表に出ることはないと思うのです。

日本人の血を日本人の血であがなうまでは、偽者の日本人だといわざるを得ません。

ここを、正さない限り、真剣に生きることは、ありえない。
自国の命を自国の命であがなう覚悟のある民族なら、あんな、「眠っている間にぼくちゃんの懐に入っていたんだもん。大金が・・・僕知らない!」なんていう人物を国の代表になど絶対にすえません。

タロ~

今の日本人
戦後生まれの日本人にはブログで言われているような日本人はもういません。派遣切りに代表される人間ばかりです。現代の日本人に戦前の日本人の心はもうひとかけらも残っていませんよ。

花うさぎ

ありがとうございました
気合いの入った三部作、ありがとうございました。大変勉強になりました(--)。

共通一次世代

No title
昨夜、仕事から帰ると、子供達がテレビで映画を観ていました。トム・クルーズ、渡辺謙が出ている「ラスト・サムライ」でした。
「ラスト・サムライ」のあらすじはよく知らず、確か、姫路城でロケがあって、トム・クルーズが姫路に来ていたというローカルニュースを何年か前に見た覚えがあるだけでした。

子どもに内容を聞くと、なんとなく、ケビンコスナーの「ダンス・ウイズ・ウルブス」という映画に似ているなと思いました。

アメリカ西部のインディアン部族の居住区まで潰しに掛かる白人の暴力的侵略の中で、直接に一部族と接触することとなった主人公の中尉が、一族の人間性や部族の誇りに惹かれていくという映画で、自分はえらく感動してしまい、ビデオで何度も見た映画です。

強者である側の中にいる単なる一人の人間が、自分とは異なる民族、あるいは部族に対して、その存在や価値観、民族〔部族)としての誇りを認める、あるいは魅せられる、ということは多々あったかもしれない。でも、その一人の声は限りなく弱く遠いもので、その人間が施政者なら劇的に変わるのかも知れないけれど、世界の歴史の上では実際にそんなことは殆どなかったのだろうなと。

「ダンス・ウイズ・ウルブス」もたった一兵卒の理解と力ではどうにもならない現実が描かれていましたが、国家として考えることと個人の繋がりとして考えることは、まったく考える「位置」が違う事を今の日本人はごちゃ混ぜにしてしまっているのだと思います。

日本企業もそうなのだと思います。
中国と経済で繋がろうという前に、中国という国が根っからの「中国共産党による一党独裁の軍事、共産、無法主義国」であることをどうしても忘れてしまっている。

椿さんのコメントを読んでいるとまたこの言葉を思い出しました。

「正義のない力は暴力なり。力のない正義は無力なり。」

この言葉に尽きます。
中国は「正義のない力」。チベットは「力のない正義」。悲しいけれどこれが現実なんだと日本人は早く気がつかなきゃいけない。

殺すより殺されるほうがマシ、などという言葉をテレビで聞くけれど、それは自分達の子や孫の世代まですべて見殺しにする、しかも人間としての尊厳を何もかも否定され奴隷となり、残虐極まりない過程を経ての「残酷な死」を子や孫に自ら与える事と同じだということを日本人は知らなきゃいけない。

今やテレビが国民の「先生」になってしまってることがそもそもの間違いだ。
みのもんたも、NHKの夜9時のニュースキャスターも、元メダリストも、新聞やテレビ局の解説委員も、みな、ペテン師だ。卑怯者の集まりだ!
そして勿論、民主党も!
「鳩山、辞めろ!!」
詐欺内閣!脱税内閣!傀儡独裁内閣!

卓ちゃん

辞任要求
昨日、官邸へ辞任の要求のメルを出しました。
自分の身の処し方ひとつ何もできない子ども宰相は,国に害あって利なし。
言動不一致な脱税総理は、日本国にとって不要。
朝鮮へ永住を願いたい。
統一教会が喜んで資産家の信者を受け入れてくれるものと思います。
皆さんも、官邸・民主党へ辞任のメルを。

この国は↑の様な方向に向かっている気がします

この日本が日本人の「収容所」になる危険性
昨日から今回の話を読んでいて怖くなりました
私達のこの国がもし侵略され占領されたら
(武力以外にも チベット 同様に大量の中国人を日本に住まわせ事実上支配する戦法もありますね)
即座に私達は「外国人」になってしまい・・・

しかも「その時」は、「帰る国(希望)」が無いのです・・・

The Man

No title
鳩山首相「辞任せず」どう思う?・・意識調査の投票

鳩山由紀夫首相は、偽装献金問題についての会見で「私腹を肥やしたわけではない」
などと述べ、辞任を否定。あなたはこの判断をどう思う?
http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/quiz/quizresults.php?poll_id=4852&wv=1&typeFlag=1

特亜の巣窟のYahoo!でも、ようやく覚醒してきた日本人が増えてきたのか、
「辞任したほうがいい」が7割を超えています。
しかし、ここにきて、「辞任する必要はない」のパーセンテージがどんどん上がって
きています。特亜勢力が組織票を入れ始めたのでしょうか。

椿

情報操作する共産主義者達。


>シベリアのラーゲルで6万2千人の日本人捕虜が死亡したと聞かされても別に驚くほどの事はなかったからだ。<

V.A.アルハンゲリスキー氏によれば、『氷の原爆=シベリア抑留』によって、僅か1ヵ月で“60万人以上の日本人捕虜が殺された”とされていますが…、

自分に都合の悪い数字は、10分の1、100分の1に操作するのが、ソ連やシナの共産主義者に“共通する行為”なのでしょうか?
>とはいえ、ロシア人が人間的価値観を失ったわけでは決してなく、民族の名誉にかけても日本人抑留者に対する歴史的公正を回復したいと考えている<

自分達が糾弾される立場になるかもしれないと感じたら、今までの“思想・信念を180度転換させる”のが、共産主義流というものかしらね?
恐れ入りますよ…。



椿

都合が悪くなってきたから『解放』したのでは?

>1956年末までには全員の帰国が実現し、ソ連側は驚くほどの寛大さで対処したのである。<

こんな言葉に騙されてはいけないと思います!何が“寛大な処置”なんでしょうか?私にはサッパリ理解できません。

1956年?確か…その4年前(1951年)、サンフランシスコ平和条約により、日本は一応、アメリカの占領下から解放されていますよね?

日本の侍達が鬼畜ソ連を相手取って、『誇り高い戦い』をして下さった事を誇りに思いますが、

しかし…、あの鬼畜ソ連が、“サムライの魂”に胸を打たれて、日本人捕虜を解放したとは、とても思えません。

むしろ、日本がアメリカの占領下から解放され、世界と講和条約を結び、独立国として歩み始めようとしていたから、

これ以上、日本人捕虜をソ連に引き留め、“奴隷のように酷使し続ける”ことが難しくなってきたから・・・というのが本音ではないでしょうか?

そしてまた、国際的世論や評判にも関わってくるし、なにより、ソ連にとって“大変都合の悪い状況”になってきたからだと思います。

サムライの誇り高さに心を打たれるような、そんな殊勝気な気持ちがあるソ連だとは、とても思えません。そんなに“世界は甘いものじゃない”と私は思うのです。

シナ・朝鮮の歴史、ロシア革命、フランス革命、アジア・アフリカの植民地の歴史を知るにつけ、民族の誇りをかけて、命を捨てて戦った英雄達もいたと思うのですが、

ですが…、その英雄達に心打たれて『植民地にしなかった国』がありましたでしょうか?農民を搾取・弾圧しない王侯貴族や指導者達がいましたでしょうか?悲しいかな、現実はいなかったと思います。

日本だけが、『特殊な例外』だったように思います

指導者達の高潔さを信じる事が出来た日本人だからこそ、世界で日本人だけが、他国の独立の為に“死にもの狂い”で戦えたのだし、

国庫を赤字にしてまでも、他民族のシナ・朝鮮を、貧困や疫病や文盲や飢餓から、救う事が出来たのだとも思います。

しかしそれは“精神の清らかさ”だけで、成し遂げたのではないと思います。それと共に、強い軍事力国力も背景にあってのことだと思っています。

精神の清らかさだけで勝てるなら、慈悲深き、非暴力のチベット人達こそが、イの一番に『報われる』べきだと思いますが…、軍事力も国力も領土も奪われた彼らには、50年たった今も『祖国』を取り戻せません。

勿論、武力だけでは話になりませんが、『精神の清らかさ』だけで、この世を生きていけるとはとても思えないのです。

この世の煩悩を解脱し、真に神仏の精神性の中で生きることを誓うならば、武力なし、国力なしの世界でも生きていけますが・・・、

それならば、いついかなる時も自分や家族も“虐殺”と“拷問”の憂き目にあうという事を、シッカリと把握し、覚悟をしておくべきだと思います。





非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク