関東大震災の記録

人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

関東大震災で焼け野原となった横浜市
関東大震災で崩壊した横浜市


日心会のMLに掲載された記事からのご紹介です。

関東大震災というのは、大正12(1923)年9月1日午前11時58分に関東地方で発生したマグニチュード7.9の巨大地震による災害です。

地震の震源地は、相模湾北西沖80kmです。

震災は、千葉県・茨城県から静岡県東部までの広い範囲に甚大な被害をもたらし、日本災害史上最大の被害が発生しました。

被害の概況は次の通りです。

死者・行方不明者 14万2800人
負傷者   10万3733人
避難人数  190万人以上
住家全壊  12万8266戸
住家半壊  12万6233戸
住家焼失  44万7128戸(全半壊後の焼失を含む)
その他   868戸

地震の発生時刻は、ちょうどお昼どきでした。
炊事の時間帯であったことから、合計136件に及ぶ複数の火災が同時発生し、これに折から能登半島付近にいた台風の余波による大風が重なったのです。

火は、火災旋風を引き起こしながら広まり、鎮火したのは2日後の午前10時頃です。
被災した市内の気温は、この間、ずっと40度を超えるものとなった。

東京市内の建造物の被害としては、凌雲閣(浅草十二階)が大破。建設中だった丸の内の内外ビルディングが崩壊。ここでは作業員300余名が一瞬で圧死しています。

また、大蔵省、文部省、内務省、外務省、警視庁など官公庁の建物や、帝国劇場、三越日本橋本店など、文化・商業施設の多くも焼失しました。

古本街で知られる神田神保町界隈や、東京帝国大学図書館なども類焼で壊滅。
多くの貴重な書籍も失われています。

震源に近かった横浜では、官公庁やグランドホテル・オリエンタルホテルなどが、石造・煉瓦作りの洋館であった事から一瞬にして倒壊しています。
内部にいたものは逃げる間もなく圧死した。

さらに火災によって外国領事館の全てが焼失しています。
工場・会社事務所も90%近くが焼失した。

千葉県房総地域では、北条町で銀行の建物が2棟、辛うじて残った以外は、郡役所・停車場等を含む全ての建物が全壊した。
測候所や旅館などが、地割れした亀裂の中に呑みこまれた。

地震以後も気象観測を続けた東京の中央気象台では、1日21時頃から異常な高温となり、翌2日未明には最高気温46.4度を観測しています。

その気象台にも大規模な火災は迫り、ついに気象台自体も、燃えてなくなった。

この結果、関東大震災では、190万人が被災、14万人余が死亡あるいは行方不明になったのです。

建物被害は、全壊が10万9千余棟、全焼が21万2千余棟です。

さらに太平洋沿岸の相模湾沿岸部と房総半島沿岸部は、高さ10m以上の津波が発生しました。

神奈川県根府川村(現、小田原市の一部)の根府川駅では、その時ちょうど通りかかっていた列車が、駅舎・ホームもろとも土石流で海中に転落した。100人以上が一瞬にして亡くなり、さらに村も山崩れによって壊滅しています。


震災発生の8日前に、加藤友三郎内閣総理大臣が急逝しています。つまりこのとき、内閣は総理不在の状況だった。

しかも時は大正時代です。
テレビはおろか、まだラジオすらなかった。

報道集団は、新聞だけです。

ところが肝心の新聞社は、東京に一局集中し、地震発生によって活字ケースが倒れて活字が散乱し、印刷機能が停止してしまう。

さらに大火によって東京日日新聞・報知新聞・都新聞を除く13社がすべて焼失しています。

最も早く復旧した東京日日新聞が9月5日付夕刊を発行するまで、報道機能も完全に麻痺したままとなった。
それまでは、かろうじて印刷機が残った新聞社の支所が、必死で号外を打ち続けています。

通信・交通も途絶。

首都圏は、完全に孤立した状態です。

このような状況のもとで、朝鮮人たちが「井戸に毒を入れ、また放火して回っている」という噂が飛び交った。

時の警視総監・赤池濃は、「警察のみならず国家の全力を挙て、治安を維持」するために、内務大臣・水野錬太郎に「戒厳令の発布を建言」します。

戒厳令というのは、いっさいの法の執行を停止して、すべてを「軍の管制下におく」というものです。

これを受けて内務省警保局長後藤文夫が、各地方長官に向けて以下の内容の警報を打電しています。

「東京付近の震災を利用し、朝鮮人は各地に放火し、不逞の目的を遂行せんとし、現に東京市内に於て爆弾を所持し、石油を注ぎて放火するものあり。

既に東京府下には一部戒厳令を施行したるが故に、各地に於て充分周密なる視察を加え、朝鮮人の行動に対しては厳密なる取締を加えられたし」

更に警視庁からも戒厳司令部宛に

「朝鮮人の中の不逞の挙について、放火その他凶暴なる行為に出る者ありて、現に淀橋・大塚等に於て検挙したる向きあり。

この際これら朝鮮人に対する取締りを厳にして警戒上違算無きを期せられたし」

つまり、関東大震災の被害の最中にあって、多くの朝鮮人達が暴徒となり、日本人の生存者を片端から襲い始めたのです。

本来、震災の直後にあっては、互いに助け合って、被災者の救助にあたったり、火災の延焼を防ぐため、みんなで力を合わせたり、あるいは怪我人を介抱し、生き残った老人、婦女、子供たちの安全を図り、みんなで協力して食料の確保や情報ルートの確保にあたらなければなりません。

多くの生き残った日本人たちが、そうして互いに助け合おうとする中で、朝鮮人達は、みんなと一体となって助け合うどころか、逆に暴徒と化し、日本人を襲い、食料を奪い、暴行を働き、あるいは人殺しをし、婦女を強姦した。

当然、混乱の中で、多くの日本人が“暴徒と化した朝鮮人”を恐れます。

若者たちを中心に、当然自然発生的な自警団も生まれた。

街の安全を確保するために、各所に関所なども設けた。

朝鮮語では語頭に濁音が来ないことから、道行く人に「十五円五十銭」や「ガギグゲゴ」などを言わせ、うまく言えないと朝鮮人として追い払った。

なかには方言を話す地方出身の日本内地人や聾唖者が、こうして追い払われたというケースもあったろうことも、容易に想像できます。

これについて、方言の強い内地人(日本人)や聾唖者が「殺害された」と書いている本等もありますが、ではそのとき殺害されたのは「誰か」となると、なんの記録もない。
一般的に考えて、自警団が設けた関所では、ガギグゲゴの発音ができない者は、「ここを通るな!」とやったろうし、集団でそこを強行突破しようとする者があれば、当然、そこでもみ合いの喧嘩が起こったということは容易に想像がつきます。
しかし証拠もないのに、一方的に「殺された」と書いているものは、冷静に考えて、やはり疑問があるといえます。

ただし、日本人自警団が、攻撃は最大の防御と考えて、朝鮮人を襲ったりしたケースは、当然にあったであろうと思います。

横浜の鶴見警察では、署長の大川常吉が、保護下にある朝鮮人等300人の奪取を防ぐために、1000人の群衆と対峙し、

「朝鮮人を諸君には絶対に渡さん。
この大川を殺してから連れて行け。
そのかわり諸君らと命の続く限り戦う」と群衆を追い返したといいます。

さらに大川所長は、「毒を入れたという井戸水を持ってこい。その井戸水を飲んでみせよう」と言って一升ビンの水を飲み干している。

軍隊でも同様に、多くの朝鮮人を保護しています。

また警察は、朝鮮人・中国人などを襲撃した日本人を逮捕しています。
殺人・殺人未遂・傷害致死・傷害の4つの罪名で起訴された日本人は362名に及んでもいる。

しかし、そうした日本人自警団の動きより前に、昔の新聞報道を見ると地震につけこんで朝鮮人が暴虐の限りを尽くしていた事実を、まず承知する必要があると思います。

小樽新聞 大正12年9月3日号外第一
 「朝鮮人、隊をなして石油・爆弾使い放火」

小樽新聞 大正12年9月3日号外第三
 「朝鮮人、各所暴動検束数千名」

大阪朝日新聞 大正12年9月3日号外
 「朝鮮人、横浜~王子放火」

荘内新報 大正12年9月3日号外第十八報
 「朝鮮人、爆弾・放火・王子横浜で軍隊と衝突」

新愛知 大正12年9月4日号外
 「朝鮮人、屋根から屋根へ放火 婦人凌辱 略奪」 

名古屋新聞 大正12年9月4日号外第二
 「朝鮮人浦和高崎に放火検挙 爆弾所持し唯氷峠列車爆破自白」

福岡日日新聞 大正12年9月4日号外
 「朝鮮人、殺人虐殺凶悪ぶり 進行中の列車に爆弾投げつける」

小樽新聞 大正12年9月4日号外第一
 「朝鮮人、爆弾・掠奪・鮮人・銃殺」

九州日報 大正12年9月4日号外第三
 「朝鮮人捕縛 爆弾其の他押収。軍隊が治安維持に出動したため、不逞鮮人は爆弾を携帯しながら各地方へ退散、鎮圧鎮静化へ」

大阪毎日新聞 大正12年9月4日号外第二
 「朝鮮人暴挙は完全取締を遂行」

最後の大阪毎日新聞では「警視庁、不逞鮮人暴動を沈静化」するだけでなく、「不逞ではない朝鮮人」保護のため、警視庁が「取締りは完全に遂行せよ」と急告通達をした事実が報道されています。
「不逞朝鮮人ではない朝鮮人」も爆弾、毒薬を疑われたからです。

警察には、繰り返し、多数の事件通報がはいった。

政府は「不逞鮮人では無い鮮人」の保護を閣議決定し、彼らを習志野に収容します。

そして政府は、「不逞な朝鮮人については、三々五々群を為して放火を遂行、また未遂の事実があるけれど、既に軍隊の警備が完成に近づきつつあるので、国民のみなさんは、恐れないでください」とも通達している。

要するに、朝鮮人たちは、関東大震災による大災害の混乱に乗じて、日本人に対して暴動・放火・強盗、強姦、殺人など、日本人相手に好き放題の暴虐を尽くした。
このことは、大東亜戦争終結直後に復員しようとする日本人に対して彼らが何をしたかをみれば、まったく同様のことを行っているという事実を見ることができます。

またごく最近に至っても、半島に観光に行った日本人女性などの観光客に対し、強姦や暴行を働いている、あるいは、最近においても日本国内で彼ら朝鮮人が行う凶悪な暴行・強姦事件があとを絶たず、結果、刑務所に服役している凶悪犯の圧倒的多くが彼ら朝鮮人であり、朝鮮から帰化した日本人であることをみれば、よほど神経の鈍感な人でも、彼らがどういう民族であるかがわかろうというものです。

関東大震災当時、特に横浜方面から品川にかけて、朝鮮人達が、大挙して日本人に襲い掛かり、抵抗する男性を片端から残虐な方法で殺害。女性を強姦し、殺害した。

深川、墨田エリアでは、どうみても火災が起きるはずのない場所で、爆発や火災が発生してもいる。

震災の混乱に乗じた朝鮮人の暴徒に、当時の日本人たちは、やむなく自警団を作ります。
そうしなければ、危なくておちおち寝てもいられない。

不思議なことに、この朝鮮人の暴動に関して、当時日本に多数いた台湾人など、朝鮮人以外の外国人に関しては、まるっきりこの手のトラブルが起きていません。瞬間湯沸かし器のように、いきなり沸騰して日本人を襲い始めたのは、朝鮮人だけです。
このことも当時の記録にあきらかな事実です。



さて、関東大震災からやがて30年が経ち、ひとびとの記憶から朝鮮人の暴行の記憶が薄れはじめた昭和28年ごろのことです。

この関東大震災における朝鮮人暴徒事件に関して、ふたたび問題が再燃します。

関東大震災のとき、朝鮮人達がいわれなく6000人も殺された、というのです。

戦後、日本にいた朝鮮人達は、GHQによって準戦傷民族の地位を与えられました。
そして朝鮮戦争の勃発によって、大量の朝鮮人達が日本に来日した。
そこへ、戦前逮捕されていた共産主義者たちが牢屋から出てきて、日本人が関東大震災時に、朝鮮人6000人を殺害したと、いい加減なデマを流しはじめたのです。

6000人という数字すら、なんの根拠ももたない。
いきなり降ってわいたような数字です。

それをいうなら、彼ら朝鮮人によって、どれだけの日本人が殺害されたのか。
関東大震災は、震災そのものによる死亡者よりも、その後の人災によるものが20倍の被害を発生させているといいます。その20倍というものが、彼ら朝鮮人によるものだというのなら、朝鮮人による日本人被害者は、13万人ということになります。
けれど、そんな議論をすること自体が不毛でしかない。

朝鮮人たちは、自分たちこそが被害者であると言う。裏返しにいえば、日本人は、差別主義の悪逆非道者であるという。

しかし事実は、上に示したように、悲惨な大震災を奇貨として、不逞な朝鮮人達が無抵抗の日本人を相手に、略奪、暴行、強姦、殺人の限りを尽くし、甚大な被害を発生させた。

これに対する対抗措置として、自然発生的に街の自警団ができあがり、暴徒と化した朝鮮人達から普通の市民を守ろうとした。これが実際に起こった出来事です。

要するに、朝鮮人達が、ふつうに、被災した日本人とともに、互いに助け合い、被災者の救助や街の復興に普通に協力していれば、そもそも何の問題も発生していない。
このことが重要なのです。

現に、朝鮮人以外の外国人に関しては、まったくこうした暴徒問題は発生していないのです。たとえば当時、首都圏には多くの台湾人がいたけれど、台湾人が震災の際に暴徒と化したなどという話は、ただの1件も発生していない。

にも関わらず、自分たちの不逞行為は棚にあげ、あたかも朝鮮人こそ一方的な被害者であると言い出し、それも、事件の記憶が薄れ、実体験した人たちがだいぶ減ってきた昭和28年ごろ・・・事件から30年も経ってから、なんの根拠もなく6000人が「殺された」とわめく。

非常に卑しい行為です。見下げ果てた行為です。

おもしろいもので、人間というもんは、過酷な極限状態に置かれたとき、それぞれの本性というか、得意なパターンの行動をとるという習性がある。

小さな例では、たとえば同一人の泥棒は、必ず毎回同じ手口をとる。
喧嘩になったとき、大声を出す人は、必ず大声を出して怒鳴るし、黙って手を出す人は、やはり毎回モノも言わずに手を出す。泣き出す人は先に泣くし、必死に説得しようとする人は、まずしゃべる。

同様に民族的にも、極限状態に置かれた民族は、たとえば
ドイツ人は自己主張する。シベリア抑留のときも同様でした。
ロシア人は、大量殺戮する。暴飲、強姦を得意とする。
Chineseは、集団となると悪趣味な残虐行為を働く。
Koreanは、火病を起こして暴徒と化し、集団で女性が死ぬまで強姦する。

これに対し、日本人は、過酷な情況になればなるほど、我が身を犠牲にしてでも、周囲を助けようとする。旧日本軍人さんたちがそうであったし、シベリアでもその傾向は顕著です。
近くは阪神大震災や新潟の地震等でも、同様の行動パターンが行われている。
むしろ自分よりまわりの人を助けようとして、多くの人が命を落としたりしています。

教育とかそういう次元の問題ではなく、これは民族的DNAのはたらきである、としかいいようがないかもしれない。

こうした傾向は、すべての○○人に当てはまるというわけでなく、当然、個体差(個人による行動パターンの違い)はあります。

朝鮮人でも、立派な人はたくさんいるし、現に関東大震災の際でも、不逞でない朝鮮人達はいた。そうした人たちは、日本の警察や軍隊が、当時、しっかりと保護しています。全部が全部ではない。

日本人にも、おかしな奴はいる。しっかりした人もいる。

けれど、それでもなお、民族的傾向性というものは、厳然として存在する。
そしてその「傾向性」は、時を超えて、なお繰り返すのです。

次は大東亜戦争中の話です。
日本軍は、China事変が始まる以前から、軍属として多くの朝鮮人を雇用していました。

China事変勃発後からは、朝鮮人にも志願制度が敷かれ、朝鮮人が正規兵として日本軍に参加した。

その頃の話です。

-------------------------
「鍼灸医の体験した日本軍の香港占領」
著者 謝永光 翻訳 森幹夫 社会評論社 1993年

九龍が占領された翌朝、農夫の姿に変装した二人の女性が、有名な作家侶倫(原名李林風)の家の門を叩いた。

頭巾をとると、鑽石山(ダイヤモンド・ヒル)の某映画製作所に避難していた女優であることが分かった。

彼女たちは恐怖に引きつった表情で、日本軍の馬丁に暴行された昨夜の出来事を打明けた。

当時の鑽石山はまだ一面の荒れ山で、未完成の映画制作所があるだけだった。製作所の経営者は避難してきた彼の会社の管轄下の職員や俳優をかくまっていた。

最初の数日間は平穏無事で、「皇軍」の姿は全くみられなかった。

ところがある日、突然5~6人の「獣兵」が現れ、麻雀をしていた4人の女優を輪姦したという。

前述の女優は日本軍の馬丁に暴行されたが、この馬丁とは恐らく朝鮮人に違いなかった。

当時朝鮮は亡国の運命を辿り、台湾も日本の植民地であった。

日本は兵力不足のため、大量の朝鮮人や台湾人が戦場に駆り出されていた。

香港占領期間中、多くの朝鮮人が日本の軍服を着ていたが、一般の日本人よりも背が高く、 日本の正規軍よりももっと凶暴だった。

このとき民家に乱入して婦女暴行を働いたのは、 ほとんど日本人の手先となって悪事を働いていた朝鮮人であった。

当時香港住民は日本軍に対するよりももっと激しい憎悪の念を彼らに抱いた。

日本軍が占領下にあった香港では、アヘン販売や売春市場は朝鮮人たちが取り仕切っていた。

-----------------------

時代がずっと下って、昭和40(1965)年から朝鮮人が参戦したベトナム戦争での出来事です。
このときも彼らは同じことを繰り返しています。

------------------------
「私の村は地獄になった」
ニューズウィーク日本版
2000年4月12日号

韓国軍がベトナムで行った残虐行為の被害者たちが真実を語りはじめた
ロン・モロー(バンコク支局長)

韓国軍がベトナムに派兵されていたのは1965~73年。
歴史の闇に葬り去られていた虐殺の事実に再び光が当てられたのは、勇気ある韓国人研究者、具秀ジョン(ク・スジョン)が行った調査のおかげだ。

彼女は韓国軍による大量虐殺の詳細を記録したベトナム政府の文書を発見した。

生存者の証言によると、虐殺は理由なき無差別殺人であり、多くはベトコンとの戦闘が行われていない時期の出来事だった。

グエン・フン・トアイ(46)もビンスアン村の虐殺と同じころ、アンリン郡の別の村で危うく殺されかけた。

当時13歳だったトアイは、韓国軍が家に近づいて来るのを見てすぐに逃げた。

近くの畑に隠れて見ていると、韓国兵は村の家に次々と火をつけ、母親と祖父母、弟と妹、そして近所の人々に暴行を加えたという。

韓国軍は、トアイの家族を含む11人ほどの村人に銃剣を突きつけ、防空壕に追い込んだ。

残りの12人ほどは、穴の外に立たされた。

次の瞬間、何の前ぶれもなく銃声がとどろき、手榴弾の爆発音が空気を引き裂いた。
トアイはとっさに頭を隠した。

硝煙が消えたとき、すでに韓国軍の姿はなかった。トアイは急いで家族がいた場所へ行った。

防空壕の前には、穴だらけになった血まみれの死体が並んでいた。

防空壕の中も、誰かが生きている気配はまったくなかった。

トアイは恐怖に駆られて逃げ出した。戦争が終わった後も、ここへ戻ることはできなかったという。

「みんな、村を離れたくなかった。私たちにとって、家や土地や水田はかけがえのないものだ」。トアイはそう言って泣きだした。
「でも、立ち去るのを渋った人間はみんな殺された。連中は村をめちゃくちゃに破壊してしまった」

こうした残虐行為の結果、多くの人々がベトコンの陣営に加わった。


67年、16歳のときに父親を韓国軍に殺されたブイ・タイン・チャムもその1人だ。

チャムは数人の韓国軍がアンリン郡の家に押し入る直前、裏口から脱出した。

韓国兵は70歳の年老いた父親を捕らえ、防空壕に押し込むと、すぐに手榴弾を投げ入れた。
チャムは日が暮れてから村にこっそり戻り、崩れた避難壕を掘り返したが、「肉片しか見つからなかった」という。

それから数週間、物ごいをしながらさまよったチャムは、山岳部にこもっていた共産ゲリラに加わる決意を固めた。

「父を殺した奴らに復讐したかった。韓国兵が村でやったことを見た以上、そうせずにはいられなかった」


グエン・ゴク・チャウは83歳になった今も、憎しみを忘れていない。

67年5月22日、フーイェン省ホアドン郡のミトゥアン村で農業をしていたチャウは、たまたま親戚のいる近くの村に出かけていた。

そこへ前夜、韓国軍が村を攻撃したという知らせが届いた。

大急ぎで帰ったチャウが目にしたのは、村人が井戸からバラバラになった遺体を引き揚げている光景だった。犠牲者のなかには、妊娠中の妻と4人の子供も含まれていた。

虐殺を隠れて見ていた老人の話では、韓国兵は女性や子供を井戸に落とし、助けを求める声を無視して手榴弾を投げ込んだという。

チャウは、盛り土をしただけの簡単な墓に家族の遺体を葬った。

「殺されたのは女や子供ばかりだ。共産主義者なんかであるわけがない」と、チャウは言う。「韓国人は人間じゃない。目の前に現れたら、首を切り落としてやる」

-------------------

過去の歴史を虚心に振り返ったとき、明らかな事実として、また現代を生きる私たちへの重要な教訓を教えてくれます。

つまり、歴史は繰り返す・・・からです。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

関東大震災の記録 (大正12年9月1日)


日本の心を伝える会では、いま会員の募集をしています。
登録無料!! ご入会は、
①ハンドルネーム
②お住まいの都道府県
③メールアドレス

の3つを書いて、assist@nippon-kokoro.com にメールするだけ。
ご入会受付後、メーリングリストへの招待メールをお送りいたします。
この機会に、あなたも是非、どうぞ^^♪
日本の心をつたえる会ロゴ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

zin

No title
準戦傷民族→準戦勝民族
今回の従軍慰安婦の日韓合意には、失望しました。何が、日本を取り返すだ?
これからも、韓国にたかりをさせる口実を与え、さらには、先祖や孫子に汚名を着せることになってしまいました。はなはだ遺憾です。こんな総理を選んだ国民が悪いですが。竹島の司法裁判にも出てこない国と交渉など不要です。

共通一次世代

No title
八潮 さんが書かれていますが、阪神大震災の時に、ある地域では酷い状況があったことをその地元の人から私も以前聞きました。避難先になった六甲山の北側でも、街が一時とても荒れたと聞きました。話してくださった人はご両名とも「本当に酷かったんよ・・」という感じで話されていました。話の流れから偶然に得た「真実」でしたが、そうでなければ話す機会もないのかもしれないと思います。

椿さんのコメントを読んでいて、「怒り」と「憎しみ」の違いは何なのだろうと思いました。

=======
「怒り」には正義と心があると言われています。
この正義も心も無くなったときに「憎しみ」にかわるのです。
「憎しみ」には何かを変えようとか、前に進もうとか、そんな気持ちは存在しません。
ただ破滅に向かいます。向かってもいい、と考えます。
そこが根本的に違うのです。
「怒り」とは、何かを変えようとする前向きな表現の一つなのです。なので怒ったり、怒られたりすることは人にとってとても重要なことなのです。
ただ甘えると、それは「憎しみ」に変わります。
=======

上の言葉はネットの検索で探した中で一番自分が共感した考えです。
椿さんの仰ってることもほぼ同じじゃないかなと私は受け止めています。
「憎しみ」は持って当然の感情だと思います。でも憎しみは持続すると自分自身が嫌になったりします。憎しみはあらぬ方向へ、また、全く関係ない方向にまで流れていくこともあると思います。
死刑制度はそういった点からも必要な制度と考えます。

本当に・・・、奇麗事はもう沢山だ!と、この数年どれだけ思ったことか。

拉致事件を解決するには「同情」や「可哀想」の感情だけでは解決し得ないとずっと思ってきましたし、そう書いてきました。「怒り」こそが必要なんだと。

今の拉致問題を含む今の日本の状況に「怒り」を持たないのは真実を知らないからだと。
真実を知らせることが兎にも角にも必要なのだと思います。

そしてそれは日本の為に戦った方々の名誉回復、中川昭一さんや安倍さん、麻生さんの名誉回復にも繋がる。
今の日本に必要な人たちをもう失いたくはないです。

かぐやひめ

たしかに
阪神淡路大震災のとき、
なにも、表ざたには、ならないけれど、
風評のように、長田区のあたりでは、女性一人で歩くと、まず強姦されるらしいといううわさを聞きました。

信じたくなかったけれど、ありうる地域だと思いました。

ジャギ様

日本人の信用預金→半島人の残高は?
 半島人の悪辣な行為に対する記憶、戦後の駅前地の占拠や竹島の簒奪は、いずれも日本が弱り目の時を狙った「火事場泥棒」行為です。
 関東大震災時の騒乱については、日中戦争前だったこともあり、マスコミも半島人による火事場泥棒(火事場暴動というべきか)行為については、「デマだった」とその後の報道を自粛しているため、現在では「日本人は反省汁!」の具材にされています。
 SAPIOの発掘した連載記事は半島人の行動原理が一貫していることをあらためて示しています。
 ベトナム戦争時の村落虐殺も、半島人の成功体験の為せる火事場泥棒行為と言って良いでしょう。
 つまるところ「溺れた犬は叩け」を機会さえあれば実践するのが愛国心より強い習い性となっていることを記憶すべきでしょう。

 ここまで書かなくても、マスコミのデバイスがかからない一般の日本人が半島人に抱く信頼預金の残高は、永年赤字繰越といったところでしょうか。

No title
私も拝見し、虐殺現場でのパチンコ、焼肉店の繁盛に吐き気を催しました。

<<在日のタブー朝鮮進駐軍について>>
見てください できれば拡散して下さい m( _ _ )m

http://www.nicovideo.jp/watch/sm9202102

てん

No title
ビラまとめ、朝鮮進駐軍の記事は永久保存。映画、動画等にして全国民に知らしてあげたいもの。未来永劫これらの件は忘れない。戦後空白の期間の事件は薄々は知っていたけど、こんなに酷いものだったとは。まとめていただき、公開していただいた皆さんに感謝いたします。

?

No title
現在の朝鮮系(在日も帰化も)の振る舞いを見ると
小生みたいな団塊世代でも、日本は正しかったが正解でしょう!!

愛信

在日のタブー☆朝鮮進駐軍☆について【どうか見てください】
朝鮮進駐軍でぐぐって下さい。文はネットで色々拾ったものです。
戦後のコリアンの横暴 を知って、できれば拡散して下さい!!
動画を見るのが面倒くさい人は全文がサイトに有ります→http://aaarurururu.hp.infoseek.co.jp
皆さん現政権の危険性をみんなに知らせてください。

【動画ニュース掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュースタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

スー

お薦め
上の動画
<<在日のタブー朝鮮進駐軍について>>
は是非みて下さい。
怒りがこみ上げてきます。

福沢諭吉
アジアの悪友との離別、今一度日本人は福沢諭吉の言葉を思い起こすべき時期です。

-

朝鮮進駐軍
<<在日のタブー朝鮮進駐軍について>>
見てください できれば拡散して下さい m( _ _ )m

http://www.nicovideo.jp/watch/sm9202102

憂慮すべき事態

小沢一郎が、子供達の虐殺を計画している?
困ったものです。
都内を中心に、全国の学校施設で耐震化が「無駄」のレッテルを貼られて先送りされました。

小中2800棟耐震先送り…高校無償化余波http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091228-OYT1T00732.htm

>大地震で倒壊の恐れがあるとして、全国の自治体が来年度中に着工予定だった公立小中学校など約5000棟の耐震化工事について、文部科学省の関連予算が約63%削減されたことがわかった。

 2800棟に相当する規模という。学校の耐震化は国が最大3分の2を補助してきたが、鳩山政権が掲げた「高校授業料の実質無償化」で約3933億円の予算が必要となり、しわ寄せを受ける形になった。

 文科省によると、自治体側からの要望があった約5000の学校施設の耐震化工事の関連予算は、約2775億円。自治体からの要望を審査し、使途を限定した補助金として交付する。毎年ほぼ満額が認められており、今年度は約3800億円が投じられた。だが、政権交代後は高校無償化予算を工面する必要から、政務三役らによる協議や11月の事業仕分けを経て、25日に閣議決定された政府予算案では約1032億円に圧縮された。

 来年度に工事を計画していた5000棟の学校施設の内訳は、東京が535棟と最多で、大阪357棟、愛知238棟、京都224棟、福岡215棟など。
~~~~
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク