自転車で転んで農機具を発明・・・佐藤忠次郎



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

ドライジーネ自転車
ドライジーネ自転車


自転車といえば、いまでは本当に一般化した乗り物です。

自転車の先祖は、1817年にドイツのカール・フォン・ドライスによって発明された木製の乗り物で、ドライジーネ (Draisine)というものなのだそうです。
二輪ですが、ペダルやチェーンはついていません(上の図)。

自転車はその後、次々と進化を重ね、いまでは、一般的なママチャリだけでなく、マウンテンバイク、折りたたみ式、電動アシスト式など、ものすごい種類の自転車が販売されています。

自転車による最高速度の記録としては、平地での公式最高速度記録として、1995年10月3日にオランダのフレッド・ロンベルバーグが記録した268km/hというものがあるそうです。
すごいですね。

スポーツタイプの自転車には、外装式ギヤチェンジがついていますが、ママチャリですと、内装式3段のギヤチェンジのものをよく見かけます。

この内装式ギア、なかには14段変速なんてものもあるのだそうです。ねずきちもびっくりです。

内装型14段変速機の内部構造
内装型14段変速機の内部構造


実はこの自転車が、農業効率化のための農機具発明の原点となった、というのが今日のお話です。

いまから120年ほど昔のことです。

当時の農作業は、田を起こすのも稲をこぐのも、ほとんどを手作業に頼っていました。

田は、手作業で鍬(くわ)で耕します。
田植えも、一株ごとに、手で植えます。

秋になると、千歯(せんば)という道具を使って稲こぎをします。

千歯というのは、長細い鉄の歯を、髪の毛をとかすときに使うクシのように並べたもので、その歯の間に稲をはさみ、引っ張って籾(もみ)を落とすものです。

この千歯は、元禄時代にいまのの大阪府高石市高師浜で考案されたもので、日本の古式の脱穀用農具です。

千歯扱きの脱穀
千歯扱きの脱穀


木の台の上から鉄製、もしくは竹製の櫛状の歯が水平に突き出した形をしていて、木製の台に付属した足置きを踏んで体重で固定し、櫛状の歯の部分に刈り取った後に乾燥した稲や麦の束を振りかぶって叩きつけ、引いて梳きとります。

力がいるし、時間もかかる。とてもたいへんな仕事です。


島根県の東出雲町に、佐藤忠次郎が生まれたのは、明治20(1887)年のことです。

忠次郎は、12歳のとき、父が目の病気にかかり、働けなくなってしまった。

一家の生活を見なければならなった忠次郎は、せっかく進学した高等小学校を辞め、親戚の農業の手伝いをして収入を得るようになります。

14歳の時、生家近くの宝満山で銅の採掘が始まります。
彼はそこへ坑夫として通うことになった。

ある秋の朝のことです。

銅山への道を古い自転車で走っていた忠次郎は、誤ってハンドルをとられて転んでしまいます。

起き上がってみると、横転した自転車の車輪がまだ回転している。
その回転する車輪が、道端に垂れている稲穂に触れている。

そしてパラパラと稲穂が飛び散っている様子を見ます。

彼の頭の中に、何かがパチンと閃きます。

速く回転するものに稲穂を当てれば、力を用いなくても能率よく籾が落ちるのではないか。

忠次郎は、新しい稲こぎ機をつくり出そうと研究に取り組みます。

しかし考えたものを作るには、金属を熱して鍛える技術がいります。

「そうだ。鍛冶屋の仕事を習おう。そうすれば、自分で機械をつくれる」

忠次郎は、銅山の仕事をするかたわら、暇をみては鍛冶屋の仕事の手伝いに行った。

仕事を覚え、自分で金属の加工ができるようになると、土間を仕事場にして、あれこれと試作品を作ります。

「一度にもっとたくさんの籾(もみ)を落とすことはできないか」
「こんなに力を入れなくても、籾を落とすことはできないか」

忠次郎の研究への意欲はますます大きくなっていきました。
考えてはつくり、また考えてはつくり直すという努力を続けます。

ところがその間に、祖父が亡くなり、祖母も亡くなり、ついには母まで亡くなる。

父は、目の病気がすこし快復し、農作業を始めた。

忠次郎は、銅山から帰ると、父の農業を手伝い、夜遅くまで研究を続けます。

働きながら、忠次郎は「もっと効率的に仕事できるような機械は作れないものか」と考えます。

「足で踏むとうまく回転するようになったなあ。これに稲の穂をあてれば籾がよく落ちるのではないか」

「歯が切れすぎて籾が傷ついてしまう。これでは使えない」」

「針金を歯にしたらどうだろうか」

「歯を三角形の山の形にしたらどうだろう」

忠次郎はつくってはやめ、つくっては壊しました。

家の外には、試しにつくった機械の山ができる。

こうして、大正3(1914)年、忠次郎27歳のとき、ついに回転式稲こぎ機ができあがりました。
最初のひらめきから、13年の月日が経っていました。

忠次郎はできあがった回転式稲こぎ機を、5台作り「サトー式稲麦こぎ機」と名付けて、近くの農家で試してもらいました。

サトー式稲麦こぎ機
サトー式稲麦こぎ機


新しい機械の評判はなかなかよく、明くる年には30台をつくって島根県各地へ出荷し、やがてその機械は日本全国へ、広がっていきました。

その後も、田の土をほり起こして草を取る除草器も発明し、忠次郎は農家の人々に大変喜ばれましす。

また忠次郎は、大量に農機具を作り、ねだんを安くすることに努めたので、農機具は、県内はもとより、日本全国、そして、タト国にまで広がっていった。

こうしてできた会社が、佐藤造機株式会社、後の三菱農機株式会社です。

いまでは、三菱農機株式会社は、クボタ、ヤンマー、ヰセキに次いで、国内シェア第4位、資本金30億円、年商620億円、取扱品目は、トラクタ・耕耘機・管理機等整地機械、田植機・野菜移植機等栽培用機械 コンバイン・バインダ・ハーベスタ等収穫調整機械、その他農業機械、育苗・米穀・花卉栽培・菌床栽培・低温処理等施設、各種ハウス等建築土木工事、 生ゴミ処理機等廃棄物処理装置、その他産業用機械も扱う会社となっています。

ねずきちも子供の頃、自転車でよく転びましたが、イテテテテ!となるばかりで、まさかその自転車から回転式稲扱機なんて、まるで思いつきませんでした(笑)

佐藤忠次郎は、決して豊かだったわけではありません。
むしろ貧しさのどん底の中にいた。

それでも忠次郎は、希望と夢を失わず、まじめに努力をし続けた。

そして14年かかって、夢をカタチにした。

きっと「なにもかも揃っているから何かができる」というものではないのだろうと思います。足りないから工夫する。努力する。

そしてその努力を何年も続けた先に、大きな結果があるのだろうと思います。

いま、日本の危機に際して、それぞれの立場で、それぞれの人が、日本を取り戻すための保守活動を始めています。

ひとりひとりができることは、ほんのちょっぴりかもしれません。

けれどたいせつなことは、きっと日本は復活する、絶対に再生するって希望をもち、夢を抱いて、日々、少しずつでも努力を重ねること。

足りないと嘆くのではなく、ひとりひとりが「勇気をもって前に向かって進む」ことなのではないでしょうか。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

自転車ドリフト(高画質)


日本の心を伝える会では、いま会員の募集をしています。
登録無料!! ご入会は、
①ハンドルネーム
②お住まいの都道府県
③メールアドレス

の3つを書いて、assist@nippon-kokoro.com にメールするだけ。
ご入会受付後、メーリングリストへの招待メールをお送りいたします。
この機会に、あなたも是非、どうぞ^^♪
日本の心をつたえる会ロゴ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

GASGAS

No title
ねずきち様
自転車のドリフトの動画有難うございました。
実は私もこの動画みたいな完璧な2輪ドリフトでは
有りませんでしたが、
ドロップハンドルの自転車でドリフトしたり、ウイリーしたり
して遊んでいました。
公道でウイリーしてて白バイに捕まったりパトカーに
止められたり。
KYコメントですみません。

草の根運動

力を貸して下さい
このコメントを読んで下さった方々に、協力して戴きたいのです。

一つでも
多くの政治に目が向きにくいブログや、ネットをやらない方々に知らせて下さい。

「日本人が知って欲しい本当の歴史」と
「日本が置かれている状況」を知ってもらいましょう。

国民を変えたいのです。
力を貸して下さい。m(_ _)m


今、色んなブログに
「真実を知ったもん」として投稿しております。
1つ2つでも構いません。お願いします。

管理人さま、突然この様なコメントを残し申し訳ありません。

愛信

平成二十二年 新年ご挨拶 衆議院議員 平沼 赳夫
平成二十二年 新年ご挨拶 衆議院議員 平沼 赳夫

天皇陛下におかせられましては平成二十一年四月に御成婚五十年をお迎えに
なられ、十一月十二日に御即位二十年をお迎えになられましたこと心より寿ぎ
奉り、天皇皇后両陛下の末永い御健勝と日本国の弥栄を乞い祈み奉ります。
http://www.hiranuma.org/new/newyear/greeting2010.html

詳細は【平沼 赳夫 新年ご挨拶】をカッチとね

【新党勝手連の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/ktr.cgi
【新党勝手連タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい

椿

『神仏に敵う悪無き故に…』

>イルミナやメイソンは怖いんだから逆らえないだぞ、という刷り込みを行っていますが、奴らも超人ではないんだから、撃てば死ぬ<

全く同感ですね!私はね、英雄さんのようにこういう“闇の世界支配”とかいうのものには、詳しくはありません。ちょっといろんな書物を覘いてみても、元締めが“ユダヤ”だの、“英米”だの、果ては“宇宙人”だのと、色々書かれていましたが・・・

そりゃあ確かに、この宇宙には他の惑星も存在しているわけだし、宇宙人だって山ほどいらっしゃるでしょう。

そして、この地球だって人間だけでなく、馬や牛や他の動物や植物の”多くの魂”が存在するのだから、何がいたって不思議ではないです。

ですが・・・、『神仏に敵うモノなど、この世のどこにも存在しません!』そりゃ、人間同士の間では、時に善が負けたり、悪が勝ったりとかはあるでしょうが…、

ですが、どんなに“悪の世界制覇”だの、“悪の帝国”が栄えたとしても、所詮、みんな生命ある存在であり、いつか死ぬ運命で、滅ぶ存在でしかないのです。

後に残るのは『』のみです。『』だけは“不滅”です。

確かにこの地球には、『闇の支配者なる者』が存在し、色んな“”や“策略”を仕掛け、戦争を起こし、民族の抹殺を企て、己の利益と欲の為に“悪魔の所業”を行っている者もいるでしょう。

ですが・・・、その人達だって永遠の命を授かっているわけではないでしょう?一体何歳なわけ? もしその元締めが、超戦略の天才で17歳だったとしても、結局、100年も生きれないんですよ

どう考えたって、そういう闇の支配者達やその傘下にいる者は、もうすでに70歳くらいは越えてると思います。

じゃあ、あと何年生きるわけ?莫大な金を使って、臓器移植しまくって、生きに生きたとしても、無事に“100歳まで生きれるかどうか?”

もし奇跡的に医学界に“寿命延ばし薬”のようなものが開発され、800歳くらい生きれるようになったとしても、

所詮、『死ぬんです』。何故って?人間だから…。

その死後の世界が怖いんですよ。『神仏』と『己の魂』だけが、“己がしてきた事実(悪業)”を知っているんです。包み隠さず全てね。

そして人間は、自分が生存していた時に犯してきた行為(業)によって、“あの世での行き場”が決まる

そう、この世で、他人を苦しめ・騙し・欺き・殺し続けてきた結果、何百億・何千億・何兆・何十兆・何百兆という金を手にしたとしても、所詮あの世に持って行ってつかえるわけでもなく、

また、その莫大な金で、神様と交渉し、罪を軽くすることなど絶無です。もちろん、この世での裁判においては、金の力は絶大ですので、いくらでも他人に罪をなすりつけ、冤罪者を犯罪者にし、己の大罪を誤魔化す事が出来ます。

そうちょうど、戦勝国らがやった“インチキ東京裁判”のようにね。(笑)。ですが…、神仏の前では無駄です!!

なんだか、長々と書いてしまいましたが、結局私の言いたい事は、そんな闇の支配者なんかに絶対に負けない!命尽きるまで、徹底的に抗戦あるのみ!と思っています。

ですが、志半ばで達成できずに死んだとしても、悔いはありません。なぜなら、魂は不滅なのだから七生報国ではないですが、100回でも200回でも生まれ変わってやり遂げます

それに、私が死ねば、また必ず私の遺志をついでくれる者が現れ、戦ってくれます。人間自分のもって生まれた徳以上には生きれませんし、やり遂げられません。

前世で、どれだけの徳=善行を積んできたかによります。それは充分承知していますので、私は私の徳を持って戦うだけです。

あとは、ただただ、神仏におまかせするのみ。『この世は、神仏の善に敵う 悪無き故にと云々(うんぬん)
 


みなみ

なかよ市
宗教法人東京神社庁のHP中にこのサイトがあります。子供を持っているお母さん、ぜひお子さんと一緒にこのサイト見てください。日本の子供の未来が明るいようにhttp://www.shinseikyo.net/nakayoshi/

かぐやひめ

東京都神社庁ほかが動き出された嬉しい知らせです
東京都神社庁はかのご提案にしたがい
必ず、用紙をいっぱいにして提出します。

全国の神社庁に広がってほしいものです。
今年は、やはり勝負の年になりますね。

自分に何がどこまでできるか、もどかしい思いですが、何かせずには、おきません。

転載

東京都神社庁が動き出した『外国人参政権法案・夫婦別姓法案反対!』
この度、東京都神社庁、神道政治連盟東京都本部、東京都神道青年会による、外国人参政権法案および夫婦別姓法案反対の署名運動が行われるとのことです!

いよいよ東京の神社庁が動き出しました!これはすごいことですよ!

なんでも東京都内全ての神社の社務所に署名用紙を設置して呼びかけを行うのだそうです。


日護会は、この署名運動を全力でサポートします…(以下略)


案内および署名用紙PDFダウンロードはこちら
http://public.me.com/null_music/ja/jinjyasyomei/

http://oniblo.at.webry.info/200912/article_4.html
http://seaside-office.at.webry.info/201001/article_1.html

英雄

No title
↑  上の名無様

朝鮮進駐軍の大規模な、日本民族への大量虐殺。悔しいですね。もう戦後64年もたちます。沢山の日本人が苦しまれたことでしょう。私も一部しか知りませんでした。
もうなんとかして全国民に拡散できませんか

ジャギ様

大切にしたい幼き日のイマージュ
 ねずきち様、新年あけましておめでとうございます。
 保守再生の元年としたい新年に際して、あらためて「保守思想とは何ぞや」ということに思い至ります。
 多くの知見があると思いますが、「世代を超えた全ての子供に継承して欲しい生き様や矜持」というものに還元されるのではないかと考えます。

 私の仕事場は目黒区で建設中の「大橋ジャンクション」のそばですが、気になるのは、工事現場で一昔前まで定番の熱視線を送る小学生の群れが無いことです。(日本に数台しかない建設重機が稼動しているにもかかわらずですよ。)
 私が悪童の頃は、ランドセルを背負ったまま何時間でも眺めていたであろう風景に、今の子供が関心を持たず塾通いしていることに想いをめぐらすと寂しい気持ちになります。
 こんな考えを抱くのも、自分の仕事は長くて5年くらいしか保管されない文書しか作成していないからかもしれません。
 我々の経済活動というものは、大きな目で見ればせいぜい5年くらいしか役に立たないもの、5年以内にゴミになるものしか作りえていないのではないか?
 大規模建設の土建屋さんに、この歳で憧れるのは100年は残る仕事に対する嫉妬心かもしれません。

 現代の子供たちが、働く大人たちにどのような印象を持っているのか、幼き五感でどのように自然や社会の営みを捉えているのか非常に関心のあるところですが、ゲームやアニメだけでなく「現実」に立ち向かう気概と、未来を切り開くイマージュを身につけて欲しいものです。

英雄

No title
昨年あたりから寒くなりましたね。氷河期が迫ってるようですね。間氷期でしょうか。食料危機の可能性がありますよ。それと2012年はポールシフトの可能性もあります。

そこらへんでのことを含んでで、世界政府の馬鹿達は早急に地球の天下統一に乗り出してるようです。戦争も仕組んでるみたいだし。人口を減らすのは本気でしょうね。馬鹿達は人生の意味を取り違えてるのですが、世界征服は本気みたいでやめる気はないようです。

民主党や自民党やマスコミや日教組の後ろに統一がいるのですよ。その統一の後ろにCIAがいる。  そのまた後ろには米英政府オバマがいて その後ろにロックがいて さらに後ろにロスがいて  その後ろにメシアがいて  もうねピラミッド状できりがないですよ。

あらゆる所が工作員であうべて上で繋がっている
勿論小沢もメイソンりーだという情報があります・
総ての組織がバチカンもイルミナテイも含めて上で繋がっている。恐ろしいことです。

協力している日本国内の工作員も全員、危機に生き残った有色人種は掃討戦で洗浄されて絶滅さされるのにわかってない。

馬鹿達が工作員の作家を使ってイルミナやメイソンは怖いんだから逆らえないだぞ、という刷り込みを行っていますが、奴らも超人ではないんだから、撃てば死ぬ。皆がネットで情報を知って拡散していけば彼らは何にも出来なくなる。工作員も覚醒する。今年は戦いの年です。

英雄

No title
今年もネットを見ていたのですが、前途は多難のようですね。色んな謀略などの攻撃があるでしょうが、それに、そのつど対抗する体制を整える事は現実問題として不可能でしょうから、基本だけでも整えるといいのですが。

日本自身のことにたいして正直に考える。日本自身の事、いい事も悪い事も、強い面も弱い面も現実のあるがままを過不足なく受け入れる。

こうすると後ろにひっくり返ったり、足払いをかけられる可能性は低くなる。
日本を蔑む事がいらないのと同様に背伸びをする必要もないということです

みすず

鳩山は?
1月4日は毎年日本国の首相が神宮参拝をする日。日本の神々に国家の安寧を願う、その象徴として首相の神宮参拝はきわめて大切な慣例。これを鳩山は踏襲するのか否か。日本国総理である以上、当然すべき責務であるが、見届けるべし。(伊勢神宮の正式名称は神宮)
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク