未来への建設



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

日本美・雪


以下は、日心会MLで紹介された投稿です。
とても大切なことが書かれています。

陛下は、日本人の進むべき道をきちんと指示しておいでになる。

このことを、日本人はよく考え、理解する必要があると思います。

---------------------------

■持てる力のすべてを未来への建設に傾け、
(未来に向かって、力を発揮しよう。)

■道義を重んじて、志操を堅固に保ち、
(日本人の心を大切にして、それを守っていこう。)

■誓って国体の精髄と美質を発揮し、
(日本国・日本人の素晴らしい所を発揮しよう。)

■世界の進む道におくれを取らぬよう心がけよ。
(世界の平和を実現するために誰よりも前に進もう。)

これは、終戦の詔勅にある昭和天皇のお言葉です。

今、開戦の詔勅、終戦の詔勅の現代語訳を、子ども向けに分かりやすい説明を加えながら、改編しているのですが、ふと思った事があります。

「終戦の詔勅」が、大東亜戦争という武器と武器で戦う戦争をやめて、新たな白人社会との戦い、つまり経済戦争へ移行せよとの宣言だったのではないかと思うのです。

日本が武力で西洋諸国を東アジアから一度追い払った事で、再度、武力による植民地支配は難しくなりました。
そして、武力支配ができなかった事は歴史が証明しています。

そこで、アメリカなどは、経済的な優位性を活かした支配状況を構築するつもりだったのだと思います。
実際に、戦後ドルが基軸通貨になり、アメリカの経済支配戦略は順調に進むかに見えました。

しかし、戦後の日本の経済復興によって、白人社会による経済支配に、再び黄色人種の日本人が楔を打ったのです。
そして、日本の経済支援・技術支援がアジア地域に広がることによって、もはや白人による世界の経済支配体制を事実上不可能になりました。

もし、大東亜戦争がなければ、世界は白人支配社会のままだったかもしれません。と同じように、戦後の日本経済の復興とアジアへの経済活動の拡大がなければ、世界は経済による白人支配社会のままだったかもしれないと言えるのではないでしょうか。


リーマンショックによって、欧米諸国の経済力が陰りを見せる中、日本は鳩山大不況とは言いながら、経済的には他国に比べられない程の余力を残しています。
政治が好転さえすれば、経済的に立ち直れるのは世界の中でも日本だけかもしれません。

つまり、私たち日本は、大東亜戦争後の新しい戦いである経済戦争に実は勝利しているのではないでしょうか。
少なくとも、白人に対抗できる力を手にしているのは間違いないと思います。


終戦の詔勅に

■持てる力のすべてを未来への建設に傾け、
■道義を重んじて、志操を堅固に保ち、
■誓って国体の精髄と美質を発揮し、
■世界の進む道におくれを取らぬよう心がけよ。

という部分があります。私たちは今ようやく、最初の第1文である「持てる力のすべてを未来への建設に傾け」を実現して、「白人による一方的な経済による搾取がない世界」を実現したのではないかと思います。

戦後60年の様々な問題はありますが、日本は成功しているのではないかと思いました。

そして、ようやく第2文の「道義を重んじて、志操を堅固に保ち」という文言の実現のために力を発揮する段階に来ているのではないでしょうか。
 

大東亜戦争で命をかけて日本を守った方々の意志を引き継いで、戦後60年の経済復興のみに全力を費やした日本人は、今ようやく「道議を重んじて、志操を堅固に保つ」日本を作るための戦いを始める事ができるようになったのではないでしょうか。

このように考えると、

去年の今上天皇陛下が在位20周年にあたり

(1) わが国の安寧を願い、国民の健康と幸せを祈ると仰せられました。

(2) 世界が透明化し多くの人々が事実関係を共有することができるようになったと仰せられました。

(3) 日本において次第に過去の歴史が忘れられてゆくのではないか、とご心配され、過去の歴史的事実を“十分に”知って未来に備えることが大切


と仰せられた。

これらのお言葉は、「道義を重んじて、志操を堅固に保ち」という第2文へのステップアップをするようにとの宣言ではないかと思えてくるのです。

そして、それは政治家や官僚といった権力を握る者からの上位下達で実現するものではなく、日本国民1人1人が目覚める事によって実現しなさいとの宣言のように、私には聞こえてきます。

そして、今の民主党の政治が、道議を軽んじ、志操を持たない状況であるなら、臣民の力でこれを変えなければならないのだと思いました。

------------------------

今上陛下はご在位20周年に際して、

(1) 「わが国の安寧を願い、国民の健康と幸せを祈る」と仰せられました。

今上陛下はご在位20周年にあたり、

(2) 「世界が透明化し多くの人々が事実関係を共有することができるようになった」と仰せられました。

今上陛下はご在位20周年にあたり、

(3) 「日本において次第に過去の歴史が忘れられてゆくのではないか」、とご心配され、「過去の歴史的事実を“十分に”知って未来に備えることが大切」と仰せられました。


陛下のこの3つのお言葉は、日本は大東亜戦争の「真実」を国民みなが共有し、その「歴史を忘れず」、しっかりと地に足の着いた国になりなさい、とのお言葉ではないでしょうか。

こんなに世界が透明化し、事実がちゃんとわかる時代になっているのだから、先の大戦の真実を、日本人は決して風化させることなく「正しい真実の歴史認識」をきちんと持ち、そのうえで未来に備えなさいとも聞こえました。

裏返しに言えば、陛下は、日本が日本の過去について間違った歴史認識を持たされていることを陛下はとても憂慮され、このままでは日本は間違った未来を築いてしまうとご心配されていると推察します。


昭和天皇は、終戦の詔勅の末尾で次のように述べられています。

「もし、事態にさからって激情のおもむくまま事件を頻発させ、あるいは同胞同志で排斥しあい、互いに情勢を悪化させ、そのために天下の大道を踏みあやまり、世界の信義を失うがごとき事態は、朕のもっとも戒めるところである。

そのことを、国をあげて、各家庭でも子孫に語り伝え、神国日本の不滅を信じ、任務は重く道は遠いということを思い、

持てる力のすべてを未来への建設に傾け、
道義を重んじて、志操を堅固に保ち、
誓って国体の精髄と美質を発揮し、
世界の進む道におくれを取らぬよう心がけよ。

汝ら臣民、以上のことを朕が意志として体せよ。


阪神淡路大震災では、神戸地区を中心に、街はガレキの山となり、多くの人命が失われました。

そういう非常事態では、やはり自衛隊(軍)のチカラがモノをいいます。
そして人命を救助し、仮説の医療施設、仮説の住宅ができ、避難所の治安維持が図られると、次に行われたのは、災害復興です。

災害復興には、物流のための道路の確保、土木・建設の振興が行われます。

街がある程度復興したら、こんどは、流通の活性化です。
神戸ルミナリエなどのイベントも行い、街に活気が戻る。

ここまでの阪神淡路地域の流れは、ほとんど日本の戦後復興と重ねて見ることができるのではないでしょうか。

日本の戦後復興は、焼土と化した国土の建設から始まりました。当初は治安維持のためにGHQのMP(軍警察)の協力もいただいた。

そして軍事を米軍に委ね、日本は官民挙げて一体となり、戦後の復興をなし、国内外の流通や物流を活性化し、経済再建に取り組んできた。

そしてバブルの頃になると、日本は世界の経済大国にまで復興するに至りました。

しかし、富に甘んじ、努力を忘れ、それまでに蓄積した利益の食いつぶし状態になった日本は、次に行うべき道筋を忘れ、ただ人々が身勝手に自己の利益のみを追い求めるようになった。

世界は競争社会でもあります。日本人が慢心し、安心し、安住して努力をことを怠ったら、日本はあっという間に世界から転落する。

あげくの果てが、「どうして1位じゃなきゃいけないんですか? 2位じゃだめなんですか?」
こないだある方が、「バカヤロー、クラリオンガールで1位になったから、いまのお前があるんだろう!!」なんておっしゃってました。(笑)

バブル崩壊後、アメリカにしてもEUにしても、東亜にしても、どの国も経済がある程度右肩上がりで伸長しているのに、日本だけは横ばいに推移し、昨今は低下基調にすらなっています。

問題が起こったら、原点に還れが原則です。

私たちは、もういちど、昭和天皇、そして今上陛下のお言葉をふかくかみしめてみる必要がありそうです。

「道義と志操に基づき、日本人としての美質を再確認し、戦後復興期から新たな美質を創造する国家として再出発せよ」

ボクには、陛下のお言葉が、そのように聞こえます。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

世界最強の天皇陛下


日本の心を伝える会では、いま会員の募集をしています。
登録無料!! ご入会は、
①ハンドルネーム
②お住まいの都道府県
③メールアドレス

の3つを書いて、assist@nippon-kokoro.com にメールするだけ。
ご入会受付後、メーリングリストへの招待メールをお送りいたします。
この機会に、あなたも是非、どうぞ^^♪
日本の心をつたえる会ロゴ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

第一義

No title
>あげくの果てが、「どうして1位じゃなきゃいけないんですか? 2位じゃだめなんですか?」
こないだある方が、「バカヤロー、クラリオンガールで1位になったから、いまのお前があるんだろう!!」なんておっしゃってました。(笑)

納得!同意!

笑う門

まったく椿さんの言う通りだと思う。特に拉致に関して熱心に取り組んでいた中川さんを落選させた北海道の有権者には椿さんのコメントをぜひ読んでほしいな。

愛信

初代内閣安全保障室長・佐々淳行 鳩山・小沢氏はバッジをはずせ
初代内閣安全保障室長・佐々淳行 鳩山・小沢氏はバッジをはずせ
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100120/plc1001200240001-n1.htm

政権発足からわずか4カ月で「天皇の政治利用」「日米同盟弱体化」
「外国人参政権」「デフレ・スパイラル」と異形内閣の数々の過誤で
日本が危ない。倒閣を急ごう。

【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi
【政治・経済タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

椿

日本の心を取り戻すのには…。

 ①持てる力のすべてを未来への建設に傾け、(未来に向かって、力を発揮しよう。)
②道義を重んじて、志操を堅固に保ち、
(日本人の心を大切にして、それを守っていこう。)
③誓って国体の精髄と美質を発揮し、
(日本国・日本人の素晴らしい所を発揮しよう。)
④世界の進む道におくれを取らぬよう心がけよ。
(世界の平和を実現するために誰よりも前に進もう。)

この①③④のお言葉を守っている日本人は、戦後も多くいらっしゃったのではないでしょうか? しかし…失礼ながら、②のお言葉は守られているのでしょうか?

そして、このお言葉の中には、“同胞を守る気概”も入っているのでしょうか?

確かに、日本人は『世界の平和に貢献』していると思いますが、我が国日本の平和はどうなのでしょうか?我が国日本の同胞は、安全に安心して、暮らせているのでしょうか?

拉致されて30数年以上、世界最貧国の独裁大失敗国家で、一体どんな暮らしをさせられているのか? 生きているのか、死んでいるのかも全く分からぬ状況で、私達日本人は、旅行やグルメやファッション・趣味や金儲けに奔走している。

②『日本人の心を大切にして、それを守っていこう…』には、自分自身も含めて、本当に疑問を感じてしまいます。 

本来ならば、拉致被害者家族の方々は、自分達の怒り悲しみを表現し、『戦争してでも、奪還してやってくれ!』と、政府や同胞に訴えたいだろうに、

それを“言わせない”、“認めない”雰囲気が、日本中に蔓延しているように思います

これがアメリカなら、いえ、日本以外の国であるなら、彼らの訴えは、“当然の事”として受け入れられ、同胞の奪還に、みな協力してくれたのではないでしょうか? 

少なくとも、『奪還してくれ!』という主張は、何の違和感もなく受け入れられたと思います。

世界に貢献し、世界から有り難がられている日本人ですが、こんなに同胞に冷酷なのは、一体どうした事なのか?

私はかって外国の友人に、『日本人はとても優しく、思いやりのある国民だと思っていたけれど、結構、冷たいのね。北朝鮮に拉致されている同じ日本人に対して、なんでみんな無関心なの?何でみんな怒ったり、抗議をしたりしないの?何でもっと早く救出してあげないの?』と言われた事がありましたが…。その時、本当に返す言葉がありませんでした…。

穴があったら、入りたいくらい恥ずかしかった事を覚えています。

そして、あれから何年も経ちましたが、いまだに何の進展もない…。これからも私達が、“拉致被害者奪還”を避け続け・放置し続けていたのでは、陛下が仰るような『真の日本の心』を取り戻す事は、決して、出来ないように思います。




草莽の一市民

No title
太字の文色付きの文字『ハトサブレ(鳩・左・振れ)内閣』は日本にとっての「害鳥」に等しい。
全勢力を挙げて『駆除』すべき。

-

No title
【小沢問題】 「秘書は死しても語らず、あの世へ葬むり去る。それが鉄則。金沢氏、責任の取り方判りますよね」…小沢氏の掲示板に
・民主・小沢一郎氏公式サイトの掲示板に、以下のような支持者からのメッセージが掲載された。
 なお、サイトでは「他人の権利を侵害するもの、他人に精神的損害を与えるもの、脅迫的なもの、
 他人の名誉を毀損するもの、いやがらせ、他人を中傷するもの、品性を欠くもの、嫌悪感を与えるもの」 などは掲載されないとの断り書きがある。
 
---以下、引用---
chilya    東京 会社員 40才代 2010/01/15 12:41

質問書、      石川議員の前秘書
金沢隆 殿
本日1月14日
自由民主党本部で
石川議員 小沢幹事長に対する両名の政治資金に対する発言かテレビ放送されていました。
貴方はご自分の行動と数々の発言について。物的証拠か有るなら提出して下さい。
1 裁判所が納得出来る証拠は在るのか。
2 目撃者は居ますか
3 それを法廷で証言して貰えますか。

貴方は議員に推薦されないので、恨み つらみで、この様な騒ぎを起こしたに過ぎない、 何にも得になる処か自民党に選挙区でも戴きましたか。 議員秘書足る者 死しても語らず あの世へ葬む去る それが鉄則である。 石川秘書 小沢幹事長が無罪になった時、責任の取り方判りますよね。
---以上---
 ttps://www.ozawa-ichiro.jp/keijiban/s8_b.php3?b_id=19&d_order=4

共通一次世代

No title
改めて、以前のエントリーでねずきちさんがご紹介くださっていた「終戦の詔勅」の動画を現代語訳と照らしながら聴きました。

【終戦の詔勅 (玉音放送) ~完全版~(現代語訳付き】
http://www.youtube.com/watch?v=1XMja7jwtV4&feature=player_embedded

日本国民全てにもう一度聴いて欲しいと思いました。

私は、昨年の天皇陛下ご即位20年の記者会見で、皇后陛下が、述べられた言葉がものすごく心に残っています。

『陛下と共にこの国の人々の資質を信じ、これからも人々と共に歩んでいきたいと思います。 』

「この国の人々の資質を信じる 」

この言葉です・・・。

断崖絶壁
今の日本は「自国」を自分で守れない断崖絶壁に立たされていると言う「危機感」な無いのでしょう。
自由・放縦・反日的な思想に凝り固まった民主党の大臣が外国の内政干渉に感謝する「発言」もマスコミの俎上に上げられない。
加えて検察より「権力」の有る国会議員が自党の幹事長を守る為に、徒党を組んで検察を脅迫する暴力団より性質が悪い。
可笑しな裁判官の「独り言」を法律が認めたものと勘違いして「外国人参政権」を「住民に上げる」アホとしか表現方法が無いのが悲しい。

愛信

【小沢氏団体不透明会計:胆沢ダム受注「小沢氏側が謝礼要求」-2
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100119ddm041010126000c.html



組織犯罪者民主党小沢組を摘発しよう。
下請け企業に対するミカジメ料3年間は組織犯罪行為で人権剥奪が妥当の処置でしょう。
検察特捜が大勝利

 

日本の未来は、残念ながら、無いだろう・・・
蓮舫議員らが「無駄」と一蹴した為、予算削減となったスパコンですが、その他にも技術開発系の予算が軒並み「無駄」として予算削減の憂き目に遭いました。
富士通はこの度、シンガポール政府と共同で、スパコンの開発に取り組む事になったようです。
民主党日本を見捨てて、技術が欲しい外国と組むのだそうです。
企業とはそういうものです。

「命を大切にする」民主党の政策下で、全国の小・中学校の耐震化工事の予算が大幅に削減され、子供達は被災の恐怖に晒される事となりました。
子供手当てや高校無償化の為に、子供達が大量死するのです。

みんな死んでしまえばいいんじゃないでしょうかね?
死ねば、事の重大性が解るでしょう(冷笑)

富士通、シンガポール科技庁へのスパコン納入を正式発表
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20100119ATDD1908U19012010.html

卓ちゃん

すみません
良い指針を言って頂き嬉しく拝読しました。
腰を折るようですみません。
仮説→仮設
では、
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク