いまなお続く法輪功弾圧



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

法輪功燭光の写真


法輪功事件というのは、たびたび日本でもブログサイトなどで扱われるのだけれど、実は、いまだに続いているChina政府による残酷な弾圧事件です。

法輪功というのは、もともとChinaで李洪志という人が、平成4(1992)年に、Chinaで始めた気功健康法の団体です。
Chinaの善意の歴史と伝統を現代に蘇らせ、これを学習しようという団体でもあります。

創始以来、China国内で法輪功の学習者は劇的に増え、一説によれば1億人を突破しているという説もあります。

平成11(1999)年になると、江沢民は法輪功を全面禁止処分にし、創始者の李洪志を国際手配します。

China共産党が法輪功に対して危機感を抱いたのは、

1 China共産党が長年存在しているにもかかわらず、その党員数が法輪功に遥かに及ばないこと。
2 法輪功の主張する「真善忍」という概念が、Chinaに住む多くの善良な人々に生活の将来性と生きがいを提示していること。
3 法輪功の概念が、China共産党の嘘と暴力の支配体制の、いわば「対極にある」ものであるから、
といわれています。

法輪功が説く「真善忍」という概念のうち、「忍」について、法輪功のHPにあった一文を紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~~
「心が動じない」という「忍」 作者・唐開
http://www.epochtimes.jp/jp/2009/12/html/d88741.html

漢字は実におもしろい。
「忍」という字をよく見てみると、「心」に「刃」が刺さっているではないか。

痛いはずだが、刺されている心は安定していて、まったく動じない様子。
痛さを我慢するという「忍耐」ではなく、痛ささえも感じない、心が動揺しないことこそ、本当の「忍」の境地であり、古人がこの字で私たちに伝えたかったことかもしれない。

中国では昔から「忍」の精神が語り継がれてきた。

漢の時代、劉邦の大将軍をつとめた韓信という名将は、小さい時から「忍」の精神が並の人ではなかったという。
彼は少年時代から武術をたしなみ、武術者としていつも剣をさげていた。

ある日、彼が街を歩いていると、ならず者が道の真ん中で仁王立ちして韓信に、

「お前は偉そうに剣をさげているが、人を殺す勇気があるのか。殺せるものなら、俺の頭を切り落としてみろ。殺す勇気がなければ、俺の股下をくぐって行け」と挑発した。

韓信は周囲のあざけりの中、本当にその股下をくぐった。

どんな時も衝動に煽られず、「忍」という動じない心を持っているからこそ、後に偉業を成し遂げたのだと後世は彼を讃える。


孔子の言葉に、
「小忍ばざれば則ち大謀を乱る」
(小さな事を我慢できないようでは、大きなことを成し遂げることは出来ない)がある。

辱められても、勇気を持って耐え、動揺しない。
刃が刺されても動じない。
そういう修養と意志、真の意味での「忍」の心を持ちたいものだ。

~~~~~~~~~~~~~

要するに法輪功というのは、こうしたChinaに古くからある教えを、広く華人たちに知らしめ、Chinaを本当の意味で民主化につなげていこうという運動をしています。

はやくいえば、Chinaの良心といえるかもしれない。


もうひとつ、法輪功のHPからの紹介です。
(ちなみに、ねずきちは別に法輪功の信者とかではありません)

~~~~~~~~~~~~~
「試練を乗り越え、生まれ変わる」

空高く舞い上がり、力強く飛ぶ鷹(タカ)の一生をご存知ですか?

鷹は鳥類の中でも寿命がもっとも長く、70年ほど生きることが出来るといわれている。
しかし、実際にその長い命を全うするためには、40年という節目に、必ずや一つの大きな試練を乗り越えなければならないのだ。

40歳ごろになると鷹は爪の老化が始まり、獲物を捕らえにくくなり、くちばしも長く伸びすぎて、胸まで曲がってくる。
さらに、羽が多く、分厚くなりすぎているため、重くて飛びにくくなる。

この時期の鷹には二つの選択しかない。
このまま何もしないでただ死ぬのを待つか、自らを変えるために様々な苦痛に耐え、【試練を乗り越え】生まれ変わるか、どちらかである。

鷹の中の勇者達は、やがて渾身の力を振り絞って絶壁に飛び上がり、巣を築く。最初の50日間で、岩石を突いて痛みに耐えながらくちばしを削り落とし、再び生え出るのを静かに待つ。

そして、次の50日間で、生え出たくちばしで、さらなる痛みに耐えながら爪を剥ぎ取り、再生するのをさらに待つ。

最後の50日間で、生え出た爪で、古い羽を1本1本抜き取っていく。

この150日間の間、鷹は生まれ変わるために、ひたすらさまざまな苦痛に耐えて過ごすのである。

やがて鷹は、新たなくちばしと、新たな爪と、新たな羽が揃った翼で、再び、次の30年に向かって羽ばたくのである。

孟子の教えに、

「天の将に大任を是の人に降さんとするや、必ず先づ其の心志を苦しめ、其の筋骨を労し、其の体膚を餓やし、其の身を空乏し、行ひ其の為すところに払乱せしむ」
というのがある。

苦難にじっと耐え、身を削るような努力をする、それをする勇気と精神力の持ち主だけが、新たな境地を迎えることができるのだ。

~~~~~~~~~~~

江戸時代の日本人が、日本精神として学んだ教えが、ここにあります。

法輪功といえば、カルトであり、邪教であり、China国内では「法輪功は、気のとき薬を飲ませず、殺人と焼身自殺させる」などと宣伝しているのだそうです。

そして暴行や殺人による弾圧は、いまもなお続いている。

一例を写真で紹介します。
あまりに残酷なものが多いので、URLだけ貼っておきます。
http://photo.minghui.org/images/persecution_evidence/death_300_1.htm

実は、私たち日本人も、かつて通州事件や通化事件、あるいは尼港事件その他、大陸でこの法輪功の被害者たちと同じ目に遭わされてきました。


次にあるのは、法輪功のHPにあった言葉です。

=================

 本当に勇気ある人は

 静かで平和的な方法によって闘う

==================

この世は、もしかすると古代のゾロアスター教の教えにある善と悪の永遠の戦いの場なのかもしれません。

さいわい日本は、陛下の御元で、圧倒的に善神が強い国家として長い年月を過ごしてきました。

私たちは、私たちの住む日本の文化を護り、育て、あらゆる悪に敢然と、そして静かに平和的に戦い続ける民族であってほしいものだと思います。

そして同時に、断固として、二度とこうした悲惨のない国家の建設を図ってゆく必要がある。

そのためにも、私たち日本は、世界に誇るやさしさを持った国家として、断固たる軍の備えをし、市民の一人ひとりが、断固として戦う気概を持つ必要があると思います。

韓信といえば、数千の兵で趙の二十万の軍勢を「背水の陣」をもって打倒したという伝説の人物です。
麻雀の好きな方なら、国士無双の言葉が、実は韓信を讃えて生まれた言葉でもある、短槍の名手の大将軍です。

その韓信が「股くぐり」をしたから絵になるわけで、ただの弱虫で、なんでもかんでもカネで解決しようとする卑怯者が股くぐりをしても、何のシャレにもなりません。

日本が、世界一美しい日本の心を維持していくためには、日本は同時に世界一強い武装国家である必要がある。

そして世界一の強者であればこそ、静かで平和的な闘い方をし、この世から悲惨の二字をなくすことができるのだと、ねずきちは思っています。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

法輪功信者虐殺と日本にいるChina工作員の実態


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

No title
中国共産党の存在は日本の尖閣諸島問題だけではなく世界を脅かす存在を、今まさにまざまざと見せ付けた。
差し当たり尖閣諸島問題を取り上げ、中国共産党を非難する日本の方策は、①諸外国に今回の懸案を広めること②沖縄米軍駐留を強化し、尖閣諸島海域で軍事演習を実施すること③弾圧を受けている法輪功に日本人が率先して資金援助等をすること④日本人は国威啓発に取り組むこと
中国共産党は法輪功の人々だけの問題ではなく、世界を脅かす脅威となってきている。

真正保守

提灯新聞記者がお酌をしに(元日の小沢邸)
 たしかに、元日の小沢邸での新年会は明らかに異様だった。自宅を訪れた国会議員は166人にも及ぶ。一度に入り切れないという理由で、午後1時と3時スタートの二部制になった。一部は初当選の小沢レディースが中心、二部は中堅やベテラン議員中心だが、小沢氏側近の青木愛議員は始まりから終わりまでいたという。
 全国紙政治部記者がいう。
 「宴会が行われたのは離れの2階にある大広間。菅直人氏、平野博文氏、原口一博氏、中井洽氏、川端達夫氏ら5人の閣僚のほか、新党大地代表の鈴木宗男議員や次期参院選に出馬予定のライフコーポレーション会長の清水信次氏らも出席した。ぶってぶって姫の姫井由美子氏は晴着姿、元キャバクラ嬢の太田和美氏や仕分け作業で名を馳せた蓮舫氏らも顔を見せていた。ところが、小沢番記者は2階の大広間には上がれず、1階に集められ、おせち料理や酒が出された。2階の宴会取材は代表取材だけで、映像も頭取りだけだった。」
 だが、この2階宴会席に出席した記者もいる。テレビ朝日のコメンテーター三反園訓氏ほか、共同通信のF氏、時事通信のS氏、NHKのS氏、読売新聞のK氏らで、いずれも昔から小沢氏との関係が深いとされる。このうち、三反園氏は宴会についてテレビで喋っていたが、ほかの記者は自らのメディアでそのことについて触れた形跡はない。
 読売新聞政治部記者は「元日といえば、読売新聞は小沢疑惑について踏み込んだ記事を掲載した日。K氏は社の幹部であり、そのスタンスが問われる」と怒る。彼らのなかには、率先して小沢氏にお酌をしに行った者もいるというが、まさに「提灯マスコミ」(新聞社OB)のきわみではないか!

杜若

No title
>共通一次世代様

まさに、貴方がおっしゃる通り私たちは自衛隊と言う存在にもっと関心を持つべきだし、また共にこの国を守っているとの連帯感を持たねばならないと思います。

一朝事ある時には、彼らと共に戦う覚悟が必要です。
彼らのみを前線に立たせることはできません。我々も、彼らの心と一つになる気概が常に必要だと思います。

真正保守

民主党大会はまるで株主総会
 ('10年)1月16日、民主党大会が開かれた日比谷公会堂周辺は、異様な雰囲気に包まれた。この大会はおかしなことがたくさんあったが、ほとんど報道されていない。
 まずは異様なまでの厳重な警備と、道路を挟んで数百人参加の街宣活動。街宣は外国人参政権に反対するものだったが、同時に巨額政治資金疑惑の渦中にある小沢一郎幹事長を糾弾するものだった。
 しかし、公会堂の内部は一転して平和そのもの。小沢氏を批判する声は一切なし。まるで「シャンシャン」で終わる株主総会である。
 とくにそれを強めたのが、小沢氏が退場した後で行われた「優秀県連の表彰」だ。岩手県、福島県、新潟県、山梨県、長野県、愛媛県、滋賀県、長崎県の8県連が、「昨年の衆院選で全小選挙区で当選を果たした功績」により、表彰されたのだ。壇上に上がった各県連代表には、金一封が贈呈されたが、かなりの厚みがある大きな祝儀袋に入れられたものだった。それを党代表の鳩山由紀夫首相から手渡された際には、会場から割れんばかりの歓声が上がった。
 その様子は、もはや政党の大会ではなく、まるで売り上げを伸ばした営業マンの表彰式のようだった。真の民主主義を目指そうと、標榜する民主党だが、その実態は小沢氏の「独善政治」に対して何もいえない非・民主主義体制である。
 反小沢系の民主党議員がいう。
 「政権交代のエンジン役を果たしたのは、たしかに小沢一郎氏によるところが大きいが、訪中団や正月の小沢邸などの様子を見ると、やはり異常としかいいようがない。例えば、小沢チルドレンと呼ばれる143人の新人たちは1班から10班に振り分けられている。それぞれに当選2回以上の班長がつけられ、“監視”されているのだが、中学生じゃあるまいし、国会議員としておかしすぎる」

kororin

民主党人権侵害救済法案提出へ
民主党鳩山首相2月3日表明

  民主主義国家からの決別へ。
  日本の共産主義国家・暗黒社会主義国家の始まりである。

 常に疑心暗鬼で回りの人間に
 注意しながらの生活が始まる。
 誰に対してもじっと心を閉ざして
 いないとならぬ社会。
 まさに安心して住めない社会だ。


   「人権侵害救済法案」=「秘密警察法案」
   「人権救済機関」=「秘密警察」

――――――――――――――――――――――――
 (産経新聞 2010年2月4日)
  
人権侵害救済法案 首相、「早期に提出」表明

愛信

石川議員ら3人を政治資金規正法違反で起訴
石川議員ら3人を政治資金規正法違反で起訴

公設秘書が政治資金規正法違反で有罪になれば、連座制で如何なる国会
議員も辞職しなければならない。 
このことは 鳩山由紀夫首相が過去の街頭演説やメルマガで強調している。
http://news.biglobe.ne.jp/social/833/jc_091105_8334716097.html

【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi
【政治・経済タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

うたのすけ

No title
百パーセント同感です。われわれは嘘で固めた中国共産党政権にまっこうから立ち向かう勇気をもっていきたいものです。

こころ

No title
外国人参政権に反対する会・全国協議会 公式サイト
http://www.geocities.jp/sanseiken_hantai/

成立の危機です。
国難です!!

2007年から地道に署名を集めていますが、現在は2万名の署名が集まっているそうです。


阻止するには数が足りません!
皆さんにも是非ご署名お願い致します。!

共通一次世代

気概を持つ
ねずきちさん、
>断固として戦う気概を持つ必要があると思います。

「拉致された日本国民を絶対に救い出す」という‘気概’を持った政治家が数えるほどしかいなかったことにどれだけ失望したことか・・。
それでも中川さんや安倍さんらがいてくれたことが僅かながらも希望であったのに、マスコミに潰され、中川さんは亡くなってしまった。

「自分の国は自分たちで守る」という気概がないのであれば、政治家なんか辞めて欲しい。

小沢は不起訴になった。国民は本当に許す気なのか・・。小沢が国のカネを食い潰したことを多くの国民は知らないままでいるのか。

小沢が湾岸戦争に130億ドル(約1兆円)もの拠出金を出し、その直後に戦争は終わって、そのカネが一体どうなったかも分からない。そんな状態の中、1991年に半年間、イラク軍が敷設した多数の機雷が残るペルシャ湾に海の安全を取り戻すべく、海上自衛隊から掃海部隊が派遣され、非常に危険な機雷除去作業をそれこそ命懸けで行った。磁気機雷に反応しないための木造艦、しかもたった400トンの小さな掃海艇に乗って。

当時、マスコミや市民団体の滅茶苦茶な批判の嵐の中、ペルシャ湾に掃海部隊が向かう日、海自はもとより、空自のファントムも見送りに。更には海上保安庁の巡視船まで見送りに来て、その甲板には保安官達が登舷礼で並んでいたそうです。それほどに最も危険な任務だったということです。

世界の評価も素晴らしかったのに、マスコミは一切それを伝えなかった。

日本の誇るべき掃海部隊に何故、光が照らされないのか、悔しくなります。
この本、是非読んでみたいと思います。↓

【海をひらく ・ 知られざる掃海部隊】 桜林美佐 (著)

~「産経新聞 2008年11月4日 書評より」~、
=======
香川県の金刀比羅宮では毎年、掃海殉職者追悼式が行われている。お祀りされているのは79人の殉国者であるのだが、終戦直後から今日まで途切れることなく続く勇者たちの活躍を、恩恵を受けてきたはずの、多くの国民は知らない。

本書は、平時でも有事と同じような任務に就く掃海部隊の「戦いぶり」を描いている。 その出自は自衛隊の前身、警察予備隊よりも古い。

米軍は、終戦までの5ヶ月間に機雷1万2000個をばらまき、日本の軍事・経済にとどめを刺した。本土防衛用に、日本側が敷設した機雷も5万5000個にのぼった。軍は解体され、公職追放が始まったが、米軍にとっても危険となった機雷撤去は焦眉の急で、一部の海軍軍人は掃海任務を命じられた。実際、進駐軍や民間の艦艇が触雷し、一度に数百人単位の犠牲者が出たことも珍しくなかった。

「人の命1万円で買います」と新聞記事で募ったほど、死が間近に見える任務ではあったが給料は破格。酔ってヤクザとの大立ち回りも度々で「掃海ゴロ」などと怖がられもしたが、期待されて「産まれた」はずだった。(←※復員兵の方々が多くいたとのことです)

朝鮮戦争が勃発するや、米軍から朝鮮半島沿岸に派遣を命じられる。技量への評価も背景にはあったが、延べ1200人の派遣隊員に対し犠牲者1人を出した。前の戦争を生き抜いたのに、5年もたっての「戦死」は悲しい。だが、戦争放棄を謳った新憲法の建前から、その派遣も死も伏せられた現実は、もっと悲しい。

「継子扱い」の自衛隊は、既にここから始まっていた。任務を終えても口外できない隊員たちに、当時の所轄官庁、海上保安庁の長官は悔しさを滲ませ、こう訓示したという。

「国際社会において、名誉ある位置を得るためには、その汗によって獲得しなければなりません」

掃海部隊の活躍が、講和条約締結や海上自衛隊創設の機運を早めたと、著者は指摘するが、以来今日に至るも「汗」による「名誉ある位置の獲得」は数えるほどしかない。

=======

海自、40年ぶりの大規模機雷戦訓練 愛媛・伊予沖 (MSN産経 2010/2/2)
http://sankei.jp.msn.com/region/shikoku/ehime/100202/ehm1002020231001-n1.htm

国民は、気概を持って国を守る人たちに先ず目を向けるべきだと思います。
そして考えなくては・・。

あ太郎

勇気が出ますね
「鷹の話」  

いいですね。いい話だと思います。 勇気が出てきます。

-

No title
【カナダ/中国】カナダが逃亡してきた犯罪者や不法滞在中の中国人2313人を強制送還へ

2010年2月2日、世界新聞報は、カナダが近く中国人2313人を強制送還する見通しだと報じた。
これら中国人は、逃亡してきた犯罪者や難民申請を認められず不法滞在中の者。

カナダ当局によると、海外逃亡犯及び難民申請が認められなかった外国人1万7846人以上が同国に滞在しているが、現在、母国への強制送還を検討しているという。国別では中国が2313人でトップ。続いてメキシコの1976人となる。

中国では汚職した官僚や実業家が海外に逃亡する事例が後を絶たない。カナダに逃亡した者も多い。送還対象者のうち、約70人がカナダで逮捕された海外逃亡犯。しかし逃亡犯の中でも象徴的存在ともいえるのが頼昌星(ライ・チャンシン、密輸容疑で告訴)は、司法手続き中、あるいは送還リスク評価中の人物を対象とした「送還一時延期者」の身分であるため、今回の対象には含まれていない。

2313人もの大量の送還は注目を集めているが、実施にはまだハードルが残されている。
難民申請に失敗した者は結婚や親族訪問など別のビザの申請を試みて合法的な滞在許可を得ることも多いという。(翻訳・編集/KT)

ttp://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=39415

【ロシア】大量に押し寄せる中国人移民、半数が「嫌悪感」[11/19]
ttp://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1258641819/
【シンガポール】新移民の増加は国家のリスクか?女性が中国で建国記念日のパレードに参加し中国国民としての愛国心を示す[10/20]
ttp://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1256080664/
【イタリア】「迷惑な街」チャイナタウン、現地社会と「同化」できない中国移民 [03/05]
ttp://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1236232008/
【カナダ】 「奴隷扱いされたくなければ、そのまま韓国で暮らせ」~移民希望の韓国人が直面する「カナダ・ドリーム」の現実[01/31]
ttp://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1233457265/
【米国】違法移民の中国人を送り返すことに成功中~取り締まり強化と景気後退で[9/25]
ttp://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1222299065/

真正保守

ありがとうございました
〉わさび漬けさん、共通一次世代さんへ

 そうなんです。重複投稿や誤字脱字、内容の誤認が多くて反省していたところです。
 いろいろ面倒をお掛けして申し訳ありません。
 PCからの外部アクセスは原則禁止していますので、ここへは携帯からアクセスしています。携帯でも再編集可能なのか早速試してみたいと思います。

【過去コメント訂正(気づいたもののみ)】

大験

大検
(恐らくこれでも内容自体が誤っています)

人権擁護法案

人権侵害救済法案(旧人権擁護法案)

人権委員会

人権救済機関

共通一次世代

真正保守さん、わさび漬けさん、
真正保守さん、わさび漬けさん、

投稿時、【パスワード】 の欄に自分で決めたパスワードを入れておけば自分のコメントを手直しできます。
コメント欄に表示された自分の投稿の一番下にある 【編集】という青いボタンをクリックすれば編集画面が出てきて手直しできます。
また編集画面では、「送信」ボタンと「削除」ボタンの両方がありますからどちらか選べばOKです。

内容間違っても、同じ投稿を誤って連続投稿してしまっても、手直し、削除、両方できるから安心して投稿できますよ。

で、再投稿しても、最新コメントにはならずに、コメント欄には元の投稿の順で表示されますから、それも安心してください。

パスワードさえ入れておけばOK、ってことです。

私も良く使っています。

ねずきちさん、ちょっとでしゃばって失礼致しました。m(_ _)m

わさび漬け

失礼しました。
私も間違えてしまいました。

愛信様 ではなく 真正保守 様でした。

訂正しお詫び申し上げます。

わさび漬け

ブログ主 様
愛信様の投稿は大変重要な論功です。

おそらく操作ミスだと思いますがまったく同じものが二つ続いて投稿されていますので、お手数ですが削除をお願いします。

愛信さま 「続き」の方 よろしくお願いします。

真正保守

「日本解体法」そろい踏み?(2)
 これらは、民主党の支持団体である部落解放同盟の要望をほぼそのまま取り入れたものでもある。野党議員からは「人権救済とは名ばかりで、政府や特定団体による『人権抑圧法』だ」との批判もある。            (小島優)

(以上、'10年2月4日付産経新聞4面記事より転載)

※著作権法違反を承知で貼っております。「人権侵害救済法案」が可決されれば日本人の言論の自由はまずありません。日本人の言論の自由がなくなるのです。中共が国内で弾圧しているのと大差なくなります。著作権法違反どころではありません。

※【民主党政権の目指す日本】
「国家解体」→「日本解放」→「中共による無血占領」(=「日本自治区化」)

真正保守

「日本解体法」そろい踏み?(1)
『人権救済法案 首相「早期に提出」』
 鳩山由紀夫首相は3日の参院本会議での代表質問に対する答弁で、民主党内で検討されている人権侵害救済法案(旧人権擁護法案)について「できる限り早期に国会に提出できるよう努力を約束する」と表明した。また、「差別問題をはじめ数々の深刻な人権問題が後を絶たない。人権救済機関の創設は非常に重要だ」と必要性を強調した。民主党の松岡徹氏の質問に答えた。
 首相が同法案の提出に強い意欲を示したことで、永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案や夫婦別姓法案と合わせ、与野党の保守系議員らが「日本を日本でなくする国家解体法案」と指摘してきた3つの法案が今国会でそろい踏みする可能性が出てきた。
 民主党の救済法案は、各省庁の上位に、独立性が高く他の機関のチェックの及ばない「第2の司法機関」ともいうべき人権侵害救済機関を設置することを柱としている。
 かつて自民党政権も党人権問題調査会を中心に法整備を検討し、平成20年に法案(太田誠一調査会長私案)をまとめたにもかかわらず、結局は国会提出に至らなかった。人権侵害防止は他の法令で可能とされる上、法案は肝心の「人権侵害の定義があいまい」で「救済機関の権限が強大」と指摘されたためだ。また、公権力による民間の言論活動への介入の根拠となるだけだとの意見も多数出された。
 一方、民主党は昨年の衆院選マニフェストで「人権侵害救済機関の創設」などを掲げ、千葉景子法相は就任直後の9月17日の記者会見で、「国際的にみても(設置が)当たり前の機関だ。実現に向けて早期に取り組みたい」と語っていた。
 ただ、民主党案は自民党案よりさらに大きな問題も指摘されている。1つは、焦点の救済機関を自民党案の「法務省の外局」ではなく、首相官邸直結の「内閣府の外局」に設置することだ。政府と党の一体化を進める民主党政権では、党の意向がより反映されやすい。さらに、救済機関を中央だけでなく、各都道府県に置くことや、立ち入り調査などを行う人権委員に国籍要件を設けないため、外国人の就任も可能とされることも問題視されている。
 救済機関は、人権侵害の申し立てがあれば、立ち入り調査のほか、調停や仲裁、勧告、公表、訴訟参加など国民生活の隅々にまで介入・干渉する司法権を持つ。また、報道機関には努力義務を課すなどメディア規制色も強い。

(続く)
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク