西郷頼母と姿三四郎



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

シンクロナイズドスイミング日本チーム
シンクロナイズドスイミング日本チーム


シンクロナイズドスイミングといえば、オリンピックの水中の女神たちとして、最近は大人気です。
水深3M以上のプールで、音楽に合わせて体を動かし、技の完成度、同調性、構成、芸術的な表現力などの得点で競います。

チームやコンボ競技では、8~10人の団体競技となり、選手たちの息のぴったり合った演技は、とても美しく、見る者を魅了します。

現在は、女子のみがオリンピック種目となっていますが、日本選手団は大健闘し、1984年大会から現在に至るまで、全ての大会でメダルを獲得しているのはご存じのとおりです。

実は、このシンクロナイズドスイミングを日本に導入したのは、「日本泳法」の団体です。

「日本泳法」というのは、日本古来の水泳術で、重たい鎧(よろい)を着たまま泳ぐ方法や、水中での格闘、立ち泳ぎしながら火縄銃を射撃するなどの古武道泳法です。
武士のたしなみとして江戸時代に大発展しています。

昭和6(1932)年以降は日本水泳連盟が、日本泳法12の流派を公認しています。

明治時代に「日本泳法」の指導者として有名だった人に、西郷四郎という人物がいます。

西郷四郎と聞くと、ピンとくる方も多いかもしれません。
そうです。あの「姿三四郎」のモデルになった人です。

西郷四郎
西郷四郎


そういえば「ヤワラちゃん」で有名な女子柔道家の谷亮子選手(いまは先生)は、女三四郎と呼ばれていたことがありましたけれど、小柄で強い柔道家を「○○三四郎」と呼ぶのは、西郷四郎がモデルとなった「姿三四郎」の影響です。

姿三四郎といえば、有名な村田英雄の歌もあります。
Youtubeにありましたので、下に貼っておきます。

「姿三四郎」村田英雄


西郷四郎は、大正11(1922)年、病気療養先だった広島県尾道で逝去されました。

講道館柔道の創始者の嘉納治五郎は、西郷四郎の死を悼み、没後、六段を追贈するとともに、碑に、次の文章を刻んでいます。

~~~~~~~~~~
講道館柔道開創の際 予を助けて研究し、
投技の薀奥(うんおう:奥義の意)を窮む。

その得意の技に於ては、
幾万の門下、いまだその右に出たる者なし。

不幸、病にかかり他界せりと聞く。
えん惜に堪えず。

よって六段を贈り
もってその効績を表わす

(注:原文はカナ文字)
~~~~~~~~~~~

西郷四郎は、講道館柔道の師範代、講道館柔道四天王のひとりとして、幾多の名勝負に勝利した人として有名です。

彼は、明治15(1882)年に上京し、成城学校(当時は陸軍士官学校の予備校:いまの成城中学・成城高校)新宿区原町)に入学し、天神真楊流柔術の井上敬太郎道場で学んでいるところを、嘉納治五郎に見出され、16歳で講道館に入門しました。

ちなみに四郎が学んだ井上敬太郎の弟子に、前田光世がいます。

その前田光世の弟子に、エリオという少年がいました。
その少年が、最近話題のグレイシー柔術の開祖エリオ・グレイシーです。

そしてエリオの長男が、いまや世界最強、無敗の王者と呼ばれているヒクソン・グレイシーです。
ちなみに、ヒクソン・グレイシーは日本をとても愛していて、京都大原三千院なども訪問し、正面の売店に色紙なども書いています。


姿三四郎に話を戻します。

西郷四郎は、講道館に入門した翌年には初段を取得します。
実は、講道館柔道が人気となったのは、この昇段制度で、黒帯がもらえるという点にあったともいわれています。練習する生徒たちの励みになったんですね。

それから3年後の明治19(1886)年、警視庁武術大会で、他の柔術諸派の選手にことごとく勝利します。講道館強し。そこから講道館柔道が警察の正課科目になっています。


師匠の嘉納治五郎が外国通だったこともあり、西郷四郎は、23歳のとき講道館を飛び出します。そして東京で義勇軍を募り、Chinaの解放運動に身を投じます。

当時のChinaは、権力をとったら民衆に何をしても許される、そのくせ権力をとっても民衆に対してなんの仁徳も示さない。そのため国は植民地化され、民は地獄の苦しみを味わっている。いまもですが、こうした悪風を打ち破り、普通の人がふつうに暮らせる新しい国家の建設をしよう、というわけです。
要するにいまで言ったら、真正保守の活動のようなものです。

Chineseの中にも国情を憂いて、古代にあった義と徳を柱とする新たな国家を建設しようとする者たちがいたのです。
とくに日本で学んだ孫文などの優秀な学生たちは、Chinaに日本風の相互信頼主義に基づく道義国家を建設しようとしていました。
それの動きが、Chinaの辛亥革命の動きになっていきます。

西郷四郎は、友人で二天一流の使い手の宮崎滔天と語らい、義勇軍の友らとChinaにわたり、孫文らとともに、Chinaの秘密結社哥老会・三合会・興中会3派の大同団結を実現し、辛亥革命の基礎作りをします。

13年後、辛亥革命に敗れた四郎らは、日本に帰国し、長崎で新聞の編集長をしながら「日本泳法」の指導家になります。


さて、その西郷四郎ですが、実は会津藩士です。

四郎の実の父親は会津藩士志田貞二郎で、四郎は三男。会津若松の生まれです。

実父の志田貞二郎は、戊辰戦争で元新撰組副長の土方歳三の配下として、越後方面を転戦します。

戦争が起こったとき、当時3歳だった四郎は、母に連れられて、新潟県の津川(いまの阿賀町)に疎開します。
そして7歳で大東流武術を習い始めました。
大東流は、柔術だけでなく、水練も含め、様々な武術を伝習するものです。

四郎はめきめき上達し、もはや津川では四郎に敵う相手が誰もいなくなります。


そんな四郎を、見出し、東京で本格的に柔術の勉強をさせようと、四郎を養子に迎えたのが、元会津藩家老西郷頼母(さいごうたのも)です。

西郷頼母
西郷頼母


西郷頼母といえば、戊辰戦争のときの会津藩の家老だった人として有名です。
西郷家は、代々会津藩の家老職を勤め千七百石を拝領する名門だったのですが、頼母は、現職の家老時代、会津藩の京都守護職就任に反対し、幕末動乱で熱くなっている家中から、「腰ぬけ家老」とののしられ、家老職を解任され、蟄居(ちっきょ)処分となります。

ところが腰ぬけどころか、西郷頼母は、会津藩秘伝の日新館正果武術の達人です。

漢の劉邦の時代に、背水の陣の逸話で有名な「韓信の股くぐり」同様、武芸百般に通じた猛者だったからこそ、虚心坦懐に藩の行く末を案じて不戦を唱えたのです。

会津若松城の戦いでは、頼母の母や妻子など一族21人の女たちが、頼母の登城後自刃するという悲劇が語り継がれています。

国難に際し、戦いの足手まといになるのを不本意とした彼女らは、全員白装束に身支度し、辞世を詠んで、水盃を交わしたあと、妻の千恵子が、まず9歳の田鶴子を刺し、4歳の常盤、2歳の季を刺したあと、その返す懐剣で自らの咽喉を突いて自刃した。このとき千鶴子34歳です。そして次々と女たちが自刃して果て、逆さ屏風を立てた広間は21人の遺体で埋まった。

このときの有名な物語で、まだ13歳だった次女の瀑布が、

 けなげにも
 手をとりて共に行きなば迷はじな

と上の句を詠むと、姉の細布16歳が、

 いざたどらまし 死出の山道

と下の句をついぎ、二人で互いの咽喉を突いて果てています。


父の頼母は、彼女たちの思いを受け、戊辰戦争を最後まで戦い抜きます。

会津若松城の落城の際は、切腹しようとする主君の松平容保に対し「殿が死なれれば、家中の者がみな後を追いましょう」と、家中の藩士たちの命を慮って自害を思いとどまらせ、容保に降伏を勧めます。

そして頼母は、榎本武揚や土方歳三と合流して、函館五稜郭に立て篭って、篭城戦を戦い抜いた。

五稜郭の敗戦後、西郷頼母は捕縛され、禁固刑を受けますが、その後、福島県霊山(りょうぜん)神社の宮司となり、そこで、大東流合気武術を編纂し、74歳の生涯を閉じます。

大東流合気武術というのは、八百年前、源義家の弟、新羅三郎義光が創始したといわれるもので、甲斐源氏武田家が代々秘伝の武芸として門外不出のまま伝え、会津藩では、これを会津藩「合気之術」として、上級武士の間だけで伝承してきたものです。

そして大東流合気武術が、西郷頼母によって、武田惣角に伝承され、戦後植芝盛平に「よって「合気道」となって現在に伝わっています。

そして一方では、シンクロナイズドスイミングとなっている。


日本の歴史というの実におもしろいと思います。
いろいろな物事や人が、いろいろなところでつながっている。

ちなみに植芝盛平の弟子で、神と呼ばれた人が塩田剛三です。

塩田剛三の動画がありましたので、これも下に貼っておきます。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

超偉人伝説 神様と呼ばれた男 合気道塩田剛三伝(1


日本の心を伝える会では、いま会員の募集をしています。
登録無料!! ご入会は、
①ハンドルネーム
②お住まいの都道府県
③メールアドレス

の3つを書いて、assist@nippon-kokoro.com にメールするだけ。
ご入会受付後、メーリングリストへの招待メールをお送りいたします。
この機会に、あなたも是非、どうぞ^^♪
日本の心をつたえる会ロゴ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

池月

武田惣角2
 合気は易者が教えたことは、子孫の遺稿集で真言密教・修験道・易学を学んだ証拠が出てきて証明されました。ヨガの瞑想まで修行してました。
 もう一つは、殿中護身術の柔術ですが、藩主護衛役の御供番は武術に優れた者が選ばれて60名いた、武芸十八般、武術の達人集団が教え、武田惣角は隣に住んだ妻の祖父から教えられた。鉄扇・居合・杖術・手裏剣なども教えられ、武田家に伝わった話も創作されたものです。
 西郷頼母は大東流の名前を、借金返済に苦しむ惣角から頼まれて付けた
ことは真実でしょう。日新館は武術の研究組織ではない。
 具体的証拠は、明治の戸籍(士族ではなく農民)、妻の子孫の自伝があります。国会図書館は先祖武田国継について、甲斐武田の文献にないと発表しており、村内の他家を引用していた。
 小説「孤塁の名人」には、西郷頼母は達人とは思えないと高弟佐川幸義が語っている。
 子孫の代になって、家族まで隠され史実が美化されておりました。

池月映

武田惣角
 武田惣角の生家会津を中心に調査し、「合気の発見」を書きました。地元では奇人変人「妙な小男」でまったく評価されておりません。これまでの作品とはまったく異なり、柔術、合気の理論を教えたのは、西郷頼母ではなく、別人でした。格式をつけるために大東流をつけてもらったかもしれませんが、西郷頼母が武術の達人だと発表した郷土史家もなく、武田惣角が研究対象のなったこともないです。
 小説になっても、テレビ・映画にならなかった理由は、ここにあります。合気を教えたのは天才占い師で、調べた私もビックリしました。

-

No title
>杜若さん
>今の柔道などでは関節技は危険なので禁止されていると思います

関節技は肘関節のみで
高校生から使えます

SR400

杜若さん
ピストルの弾をよける、というのは、武田総角の弟子で合気道を創始した植芝盛平ではなかったでしょうか。修業者はそう言われることをあまり好まないようですが、関節技は、多いと思います。ただ、逆に極めて拉ぐ捕り手式よりも、他の古流柔術と同じく、順手で曲がるほうに極める、手首(自他共)をうまく使った技が多いようです。

kororin

民主党支持者に問う
 友愛で中国に近づく民主党および民主党支持者は
   自分および日本国の悲劇を想像せよ。
   日本の未来の姿はチベットだ。
   日本を中国の奴隷国家にしようとしているのは
   民主党を支持している貴方たちなのだ。
   民主党が左翼・社会主義政党であることを知らなければ
   ならない。今は正体をマスコミによって、
   隠されているだけである。

   民主党支持者は自分が、国家解体、社会主義・恐怖政治を
   推進しさらに中国の属国にしようとしていることに、
   気がつかなければならぬ。
    中国共産党は日本人の考えがおよばぬほど、腹黒いのだ。
   本当に日本をチベット化したいのか?。
   民主党も民主党支持者も例外なく、中国共産党の民族浄化
   の犠牲になることを覚悟しなければならない。

行動する保守

拡散願います
拡散願います。


(1)読売新聞が投稿欄「気流」の日曜版「日曜広場」で『外国人参政権を考える』をテーマに投稿を募集しています。
参政権反対の投書をお願いします。

締め切りは2月17日必着です。

▽330字程度で 
▽職業、氏名、年齢、郵便番号、住所、電話番号を明記
▽匿名は原則不可

▽あて先 〒103-8601 郵便(株)日本橋支店留、読売新聞東京本社「気流」係
  ファクス=03-3217-8229
  メール=tousho@yomiuri.com(投稿文はメール本文として送る)

(2)自民党が「外国人参政権 断固反対チラシを作成しました。今後、印刷物として配布するかは検討中とのことです。
とりあえずダウンロードして近所にポスティングしましょう。

http://www.jimin.jp/jimin/re-seiken/re_009.html


(3)日本会議からも外国人参政権反対チラシがダウンロードできます。

http://www.nipponkaigi.org/0000/data-news220116.html

愛信

日本郵政、3社に統合へ 改革法案の素案発表
日本郵政、3社に統合へ 改革法案の素案発表
http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010020801000606.html

上とか下とか無関係、4社体制から3社バラバラへ郵政民営化改革法案で
7年前倒しで噴出する国民資産、銀行法、預金保険法、保険業務法を適用
されてハゲタカの餌食となり、砂に滲み込む水のように国民資産が消滅す


【郵政民営化のイカサマ】
http://www.aixin.jp/ysmss.cgi
「乗っ取り屋」の手口は足銀国有化と同じです。
【足銀国有化の見直しの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj3.cgi
【足銀国有化の見直しのタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

お父さん

No title
史上最強の柔道家 木村政彦
全日本選手権13年連続保持、不敗のまま引退したことから史上最強の柔道家として名高く、「木村の前に木村なく、木村の後に木村なし」とうたわれる

熊本の迎駅で電車を待ってるとMPが列を作って待ってる日本人に鼻をデコピンして苛めていた
頭にきた木村は、自分の番になったときこの4人のMPに対して、背負いで川に叩き込み、頭突きを食らわせ、殴り倒し最後の一人は金玉をねじ上げてKO(?)したという(笑)
これを機に米兵へ柔道講師となる

木村は山口利夫とともにプロレスラーに転身する事となる。プロレスの世界は馴染まない物であったが、ストレプトマイシンなど妻の病気(結核)の薬を買うためには止むを得ない選択であったと後に木村は語っている

<<< 木村政彦 VS エリオ・グレイシー (1951年) >>>
http://www.youtube.com/watch?v=tRNkioq0c48&feature=related
( 2 : 20 ~ ) 木村政彦の人柄

エリオは「グレイシー柔術アカデミー」総裁となる。1930年代からバーリ・トゥードを戦い始め、約20年間無敗を誇りブラジルスポーツ界の英雄となる
エリオの三男が、ヒクソン・グレイシー 六男が、ホイス・グレイシー

豪放磊落で、冗談好き人に愛され快活だった人物のようである
私がもっとも尊敬する武道家 木村政彦

『わが柔道』 ベースボール・マガジン社

にっぽんじん

確定申告に行きます
確定申告の時期になりました。今回で3回目です。昨年と異なるのは子供の申告です。親の脛をかじる学生は扶養家族です。しかし、アルバイト収入が一定金額を超えれば扶養家族になりません。

扶養家族にならない子供の確定申告で8000円の納税となります。子供の納税を親の私が払います。これは贈与でしょうか?。鳩山首相の納税額には及びませんが大事な国税です。正直者が馬鹿をみる世の中にしてはいけません。

鳩山首相と小沢幹事長は「正直者は馬鹿をみる」社会をつくろうとしています。国民は許してはいけません。

杜若

No title
以前、ピストルの弾を避けた実話と話したのは、武田惣角氏の事ではと思って調べたのですが、どうも間違いだったようです。
ずいぶん前に読んだ中で印象に残っていたもので、書き込みましたが信憑性はちょっとないかなと、反省しております。

昔の古武術はまさしく命のやり取りの為だったのでしょう。今の柔道などでは関節技は危険なので禁止されていると思います。もう、半分スポーツということなんでしょう。
合気道の場合は関節技は禁止でなかったように思いますが。

ミヤビ

おはようございます!!
頼母の母や妻子など一族21人の悲劇はテレビで見たことがあります。
なかなか死に切れずに苦しんでいたようでした。
そうなった時、人間はどのように思うのであろうか・・・
と複雑な気持ちになってしました。
生きていて欲しかったです。

合気道ってやっぱりすごいですね。
やはりこの方たちも、保守の危機感をお持ちになって
何らかの日本を守るための行動をしてらっしゃるんでしょうね。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク