小沢一郎は日本国の敵である



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

西村眞悟先生


正論3月号に、敬愛する前衆議院議員西村眞悟先生の記事が掲載されました。

「まったくもってその通り!」と思いますので、転載します。

なお、転載にあたりましては、正論のご許可もいただいています。

~~~~~~~~~~~~~

「日本に仇なす無道の人に告ぐ」

(前略)
本文において述べたように、私は今まで幾度も小沢氏を誰何してきた。
一体貴殿は何者なのかと。

貴殿の推進する外国人の参政権付与は、一体何処の為になるのかと。

さらに、同人の昨年末の中国・韓国訪問と帰国後の記者会見や党大会における言動を踏まえて、この思想戦に勝ち、誇りある日本を再興するために、ここで明確にお伝えする。

中国共産党が歓迎した民主党幹事長小沢一郎は、日本国の敵である。

【WEB正論】
http://www.sankei.co.jp/seiron/
~~~~~~~~~~~~~

まったくもって同感です。

以下は、この文章をもとに、日心会MLに投稿された所感です。

~~~~~~~~~~~~

小沢とその一派及び民主党は「売国政党」であると以前より指摘はしておりましたが、保守の重鎮の一人からこのように明確な意志表示がなされた事はきわめて重大だと思います。

小沢一郎が日本国の敵ならば、日本を護るためには、御皇室を護るためには 彼らから権力を奪う以外に日本が生き残る道はないとい。

ほとんどの日本人が気づかないうちに、いよいよ日本の正念場が近づいています。

戦争に負けて「戦争の悲惨さ」を大いに学んだ日本人です。
しかし、共産主義独裁国家に蹂躙された国が、国民が、どういう目に遭うのか「一度属国になってみないと分からない」などと相変わらず能天気にいうのなら、それはあまりにも無知・無能です。

自分たちは散々自由主義の恩恵にあずかっておきながら、子供に孫に「共産主義で我慢しろ」というのですか?

自分の妻や夫や子供や孫に、中国共産党が自国民やチベット、ウイグル、東トルキスタンでした事と同じことをされるのを指を咥えて見ているわけにはいかないのです。

私は絶対にイヤです。
中国や韓国のいいなりになるつもりは毛頭ありません!

私はもう50歳も過ぎました。必要とあらば妻と子供のためならいつでもこの命捧げます。
~~~~~~~~~~~~

西村眞悟先生は、ご自身のホームページにも、2月4日、以下のように書いておいでです。

先生は、保守は「愛である」と説かれます。
名文だと思います。

~~~~~~~~~~~~

「原点・愛国心、祖国への愛が日本を守り救う」
http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=487

政治も、教育も、経済も、経営も、祖国への愛が根底になければならない。
それがなければ、無力だ。

二月二日の日比谷公会堂の「頑張れ日本!日本解体阻止!外国人参政権阻止!全国総決起集会」のことを書いたが、そこに参集した三千名を越える方々が訴えたものは、つまり、
「祖国への愛」であった。

この単純で明快な心的事実をお伝えするために、昨日に続きここに入力している。

二月二日に集まられた方々、即ち同志は、この「祖国への愛」の故に、国家の危機を感じ、自分も祖国に対して何かをしなければならないという思いで集まられたのである。


では、その危機とは何か。


それは、戦後体制の極まった果てにこの一年で我が国の中枢部に顕著に表れてきた外国勢力に迎合した日本解体の動き、つまり、


 「祖国への裏切り」である。

考えてみれば、民衆が如何に祖国を忘れようとも、政治の中枢にあるものは祖国に忠誠を誓わなければならない。
また教育者として日々子供たちに接する者は、祖国への愛を子供たちに伝えねばならない。
また、自国の若者に、職場を提供できなくなった経営者は、如何に会社が世界的大企業であっても、自国の経済界の代表となってはならない。
経営者は、外国に存立の足場を置けば、お得意様である外国のために働かざるを得ないからである。

しかし、現在の我が国は、政界、教育界、経済界において全てこの正反対の現象が起きている。

即ち、具体的に言えば、

政治の中枢にある者は、中国共産党に迎合して、韓国で祖国を侮辱している。

教育者は、日本が中国や朝鮮に悪いことをした国だと日々子供たちに教えている。

経営者の代表は、中国の統計に幻惑されて中国で儲けさせてもらえると迎合し、常に中国寄りの発言をして国政に影響を与えようとしてきた。特に、車を中国で売っている会社。


そして、これらの各界の者達は、

   靖国神社に参拝しない。


我が国では政界、教育界、財界で「偉くなれば」、中国様に気兼ねして靖国神社に参拝しないのだ。

つまり、各界の中枢部が、祖国よりも外国に迎合する者達で占められている。
そもそも外国に迎合する者でなければ中枢に入れない。
この逆転現象、閉塞状況、これが我が国の危機である。

よって、日本解体阻止、日本再興の道とは、この逆転を解消することに尽きる。
我が国の中枢部に祖国への愛をもった者達を送り込むことである。

その為に、政界の再編はどうしても必要である。

その再編は、祖国への愛をもった保守の新党誕生という起爆剤によって開始される。

今は、その為の圧縮熱を高める時期である。


臥薪嘗胆という言葉がある。

日清戦争後の明治二十八年、我が国はロシア、フランス、ドイツの三国干渉を受け入れて山東半島を清国に返還した。

以後我が国は、この屈辱を忘れずに独立自尊の力をつけるために歯を食いしばった。
この時の合い言葉が、臥薪嘗胆である。
 

今、歴史観において教育において政治において、我が国は三国干渉を遙かに凌駕する干渉を中国共産党から受けている。
その上で、中国共産党は、核ミサイルと海軍力を中心に巨大な軍備拡大に乗り出している。
明らかに、我が国を力で屈服させるためである。

中国は、日本と戦いそして勝つために、軍備を増強している。
つまり、、我が国は顔を背けて見ようとしていないのであるが、中国は、近い将来、我が国と力で対決しようとしているのである。

これ、第二次日清戦争ではないか。中国共産党の国は、清国の版図を引き継いだ帝国である。
その戦争の前段階が、今ある中国共産党の対日内政干渉と位置づけられる。

従って、今が本当の臥薪嘗胆の時と言わねばならない。

ところが、この状況において、こともあろうに、在日中国人に参政権を与えるなど、利敵行為の最たることである。

よって、この状況下において、外国人に参政権を与える為に動く者は、ご承知の通り、一見人権や平等を尊重してみせながら日中友好を装って国民を誘導しているのであるが、
本質は祖国日本を中国共産党に売り渡す中国共産党の走狗、「祖国を裏切る者」である。

~~~~~~~~~~~

まったく同感です。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

100202頑張れ日本!全国行動委員会結成大会_西村眞悟氏赤池誠章氏


日本の心を伝える会では、いま会員の募集をしています。
登録無料!! ご入会は、
①ハンドルネーム
②お住まいの都道府県
③メールアドレス

の3つを書いて、assist@nippon-kokoro.com にメールするだけ。
ご入会受付後、メーリングリストへの招待メールをお送りいたします。
この機会に、あなたも是非、どうぞ^^♪
日本の心をつたえる会ロゴ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

誰だ~

誰だ~
在日優遇と在日特典を知ら無いアホが存在した携帯でもパソコンでも良いから直ぐに検索しろ戦後の日本で日本人の殺戮し資産を略奪した在日、ソフトバンク・電通・マルハン・創価・朝鮮銀行・朝鮮総連・韓国民団、在日の圧力でマスコミも支配下、日本は親日的なインドと友好しましょう。チョンとチャイナは断絶希望、日中友好を考えは馬鹿は誰だ~小沢一郎の親分の田中角栄、日中友好での日本の莫大な損害、莫大な資金と技術が中国に流れた。

反日スクヒョン

小沢一郎
小沢一郎支持者て誰ひとりとして小沢一郎とキム・スクヒョンの関係を説明してくれません。元韓国民団で反日活動の小沢一郎の秘書です

椿

自分だけは逃れられるわけがない。


>自分たちは散々自由主義の恩恵にあずかっておきながら、子供に孫に「共産主義で我慢しろ」というのですか?<

本当です。こういうところが、本当に子や孫を愛しているのか?と疑問に思いますね。衣・食・住だけ与えても、国が外国勢力に乗っ取られたら、財産どころか、自由や命までもぎ取られる。

>自分の妻や夫や子供や孫に、中国共産党が自国民やチベット、ウイグル、東トルキスタンでした事と同じことをされるのを指を咥えて見ているわけにはいかないのです。<

その通りだと思います。『悪を看過する者』は、悪を行う者と同じように“悪人”なんです。

年輩の方達は、自分達が死ぬまでは、何とか今の日本を保っていられると思っているのでしょうが、残念ながら、そうは問屋がおろしません。

再び生まれ変わり、外国勢力に乗っ取られた“一番厳しい時代の日本”を生きねばならないでしょう



MR2

多少は優遇されてると思うけど(特ア)は‥

しかし自分が知ってる中国人はみな最低でも仕事二つはしてるぞ(昼夜)!フィリピン人も同様(笑)
在日韓国人は生活保護(家族全員か?いい加減にしろ!)で悠々自適そうだが‥
..都内下町

真正保守

死んでるコピペにコメントをどうも
〉MR2

 さあどうだか。スーパーマーケット、デパート、夜の繁華街の現地報告ではかなりいるということになっている。この不況で買い物客は財布の紐を絞めてあまり買わないが、特亜人だけは景気がいいとの話も聞いている。
 実際の統計資料ならネットでいくらでも探せる。ランキング上位のブロガーも扱っている。
 自公連立で始まった特亜人誘致(移民政策)は民主党政権でさらに加速されるだろう。入国条件や手続きの緩和(簡素化)を推進する。
 観光客誘致も知っての通りだ。また、在日外国人の公団無抽選入居、帰化手続きの簡素化など異常なほどの優遇ぶりだ。
 民主党による
「国家解体」→「日本解放」→「中共による無血占領」(=「日本自治区化」)
 計画は本当だ。
 日本人は奴らの静かな侵略に気づかないだけだ。

MR2

今日,何かあったの?
>真正保守

そんなに外国人(中国人,韓国人)が日本で優遇されて居るとは思えないけどね‥
そんな天国(日本)みないな国だったら、あのずる賢い中国人や韓国人だったら、今頃たくさん日本に住んでるだろうが、今以上に‥

真正保守

パチンコマネー(利権)問題(2)

 さらに、パチンコは脱税御三家(パチンコ・サラ金・カルト)の一つでもある。この御三家と在日系が密接な関係にあることも忘れてはならない。
 パチンコ献金(=外国人献金)による「パチンコマネー汚染議員」は与野党問わずかなりの数に上る。先般、自民党・中川秀直と民主党・赤松広隆が、国会をサボって「ハワイでゴルフ」をしていたが、ゴルフコンペを主催し招待したのはパチンコ関連業者であった。もう政治家はパチンコという麻薬に完全に麻痺している。
 福田康夫もパチンコ献金問題を指摘されながら首相の座に昇り詰めたというのだから正気の沙汰ではない。そして、パチンコ献金で脅迫でもされているのか、「反日勢力」の意のままに操られている木偶の坊である。
 こういった連中が、いざというときに、在日系が大半を占める「右翼暴力団関係者」とのツーショット写真をスクープされるなど、都合のいいように利用されてきたのである。
 つまり、在日や特亜に不都合な政策を実行しようとする政権や議員が出てきたりすれば、いつでもスキャンダルや不祥事を暴けるのだ。
 ワルは誰だかはっきりしている。
 潰すべき組織、勢力も。

※【参考】
「ホールコンピュータ」又は「ホルコン」でネット検索してみると、特許庁まで丸め込んでいるらしいことがわかる。

(以上)

真正保守

パチンコマネー(利権)問題(1)

 日本の危機的な状況を把握する上で、このパチンコマネー問題は象徴的である。
 先般、韓国の李明博新大統領が、民主党小沢代表や公明党太田代表と会談した際に、「(韓国大統領が)日本におけるパチンコ不況の改善を要請し、両党代表が快諾する」という前代未聞のニュースが話題になった(いや、ならなかったが正解)。因みに韓国では、2006年に「パチンコ全面禁止措置」を採っている。
 パチンコ利権と謂われる理由は、パチンコが元来、民間では禁止されている「賭博」ではなく「遊興」であり、「公然たる闇換金」に対する取り締まりを放棄していることによって生まれる不当な利益だからである。実質的な闇換金を特殊景品(=有価証券と等価)を介して3店方式で違法性を免れているが、これが「賭博」を「遊興」として擬装していることは誰の目にも明らかである。
 その経済規模は、30兆円とも40兆円とも謂われ(現在は半減している)、著作権・意匠権を保有するマスコミ、芸能界、映画界、まんが・アニメ界、文藝界(出版界)などへ莫大な利益をもたらし、パチンコメーカーとその開発提携大手電子部品メーカー等との癒着の問題、景品交換物品と交換所利権の問題、警察関係者のパチンコ店やプリペイドカード会社への天下りと暴力団との癒着の問題、暴力団の資金源や南北朝鮮への闇送金の問題、パチンコマネーを原資とする在日系の経済界、政界への進出と不正の問題、政治家への献金と癒着の問題など、多くの問題を孕んでいる。
 この他にも、パチンコ・パチスロにハマリ、サラ金に借金して首が回らなくなり、自己破産する者、公金や会社のカネに手を出す者、詐欺・強盗などの犯罪に手を染める者、自殺する者が絶えない。
 また、パチンコ店に連れてきた子どもが誘拐されたり、赤ん坊を車に放置したまま興じて死亡させたり、自宅に置き去りにしたまま興じて火事になったりするなど、様々な社会問題を引き起こしている。

(続く)

真正保守

ソフトバンクモバイル、在日特権に匹敵する逆差別(2)

 『週刊新潮』('08年5月29日号)は、そのソフトバンクが、今度は「中国人向け」のさらなる格安サービスまで実施していたことを報じている。以下は、その要旨。

▼在日中国人向け週刊新聞『東方時報』に度々掲載されている「広告」によると、ソフトバンクの携帯電話からかける国際電話が、中国なら1分10円だという
▼ある中国人向けモバイル代理店業者曰く、
 「通常は、平日日中なら130円もかかるし、夜間や土日でも72円。私たちでさえ、どう頑張っても30円が限度。10円というのは、あまりにも異常な割引です」
 「この割引手法が事実なら不正なやり方だし、代理店が独断でやれるとは思えない。もし、ソフトバンクも承知の上で黙認しているなら、これは一般契約者に対する裏切りだし、株主に対する背信行為でしょう」
▼この広告主は、『國際販賣中心』で、『東方時報』の発行会社『東方インターナショナル』とは極めて密接な関係にあり、『東方インターナショナル』自体が「中国人向け大手ソフトバンク代理店」である
▼つまり、この割引は、レッキとしたソフトバンクの大手代理店が関与しているサービスなのだ
▼このサービスを受けるには、
1)専用のプリペイドカードを購入するか、事前にコンビニなどで入金する
2)入金すると、契約者ごとに携帯番号とIDが与えられる
3)そこにかけると“2回転送”され、中国国内の相手先と通話ができる
 この“2回の転送”がミソで、これこそがまさに不正な手法だとのことらしい
▼実は、この“2回の転送”には、ソフトバンクが法人向けに実施している『おとくライン定額』なるプラン利用の疑いが濃厚で、このプランは同社自身が“電気通信事業法に定める電気通信事業者は利用不可”と定めており、『東方インターナショナル』のサービスは、まさにその不正項目に該当するということらしい

(以上)

真正保守

ソフトバンクモバイル、在日特権に匹敵する逆差別(1)

 2008年1月、『民団新聞』に掲載されたソフトバンクの「キャンペーン広告」によって、以下のような「在日韓国人を対象とした特別割引」が露見した。

【ソフトバンク携帯電話料金システム比較】
▽基本使用料
日本人:9600円
在日韓国人:4500円
▽Sベーシック
日本人:315円
在日韓国人:0円
▽パケットし放題
日本人:4410円
在日韓国人:0円
▽26250円分通話料
日本人:26250円
在日韓国人:0円

《合計》
日本人:40325円
在日韓国人:4500円

(キャンペーン広告は、2008年1月16日付『民団新聞』に掲載された)

【解説】
 毎月発生する経費がこれだけ違うのである。
 通話料を月に26250円も使う個人はなかなかいないから、在日韓国人は携帯電話の利用上最も高いと言われる通話料を支払わずに済んでいることになる。
 また、携帯電話の「販売促進法」により、購入時はタダ同然でも、実質価格は5~7万円、或いはそれ以上もし、その分は利用者が毎月負担しているが、ソフトバンクは負担分を日本人利用者だけに負担させてはいないか。
 また、ソフトバンクモバイルは、民潭との「ソフトウェア共同開発」も発表しており、「総じて『民潭組織』を特別扱いし、モバイル事業の利益を民潭組織に還元する目的ではないか」とも指摘されている。
 これは、日本人への広告宣伝(告知)をしなかった点も含め、「電気通信事業法第6条」(※1)に抵触するのではないか。

※1「電気通信事業法第6条」
 電気通信事業者は、電気通信役務の提供について、不当な差別扱いをしてはならない。

(続く)

真正保守

特亜留学生優遇政策

【中国人留学生への優遇実態】
1)奨学金
月額142,500円
(年171万円)
2)授業料
▽国立大学
全額免除
▽公立・私立
文科省が負担
(年52万800円:現時点)
3)渡航旅費/航空券支給
(例、東京―北京:111,100円)
4)帰国旅費
奨学金支給期間終了後、所定の期日までに帰国する場合は航空券を支給(渡航旅費と同じ)
5)渡日一時金支給
25,000円
6)宿舎費補助
月額9,000円または12,000円
(年14.4万円)
7)医療費補助
実費の80%支給

 上記、1)~6)の合計額は年262万円。4年間いるとして1048万円。
 しかも、返還不要。
 この日本人を蔑ろにした上での異常優待がなぜ勝手に決められ、問題視されないのか。留学生総数を10万人として計算すると負担総額はいくらになるか。10万倍してみるといい。
 日本政府は今後、中国人留学生を30万人に増やすつもりだ。
 貸与の奨学金すら支給されず、大学や大学院への進学を断念する日本人が多くいるなかで、この優遇はなんなのか。
 誰がこんなバカなことをやらかしているのか。

【大使館推薦による日本政府奨学金募集要項】
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/ryugaku/boshu/08031212/001.pdf

※入学検定料、入学金、授業料は日本持ち。宿舎は日本が用意。奨学金として月額134,000円支給(年160.8万円)。返還不要。

【往復航空券支給~国費留学生制度の詳細】
(独立行政法人 日本学生支援機構)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/gijiroku/007/030101/3-2.htm

【平成19年度外国人留学生在籍状況調査結果】
http://www.jasso.go.jp/statistics/intl_student/data07.html

【留学生総数】
1)平成18年5月1日現在
中国人:74,292人(全体の63.0%)
韓国人:15,974人(全体の13.5%)
2)平成19年5月1日現在
中国人:71,277人(▲3,015人(▲4.1%)減)
韓国人:17,274人(1,300人(8.1%)増)

(以上)

真正保守

華僑、思わぬ分野から日本上陸!

『華教』

 日本は東南アジアと違って過去、華僑の跳梁を許さなかったが、彼らは思わぬ分野から上陸してきた。大学などの教職で、法務省統計ではいま2507人の中国人が教鞭を取る。中には「ガス田は日本が主権を放棄しろ」と朝日新聞に書く華僑出身の福井県立大名誉教授もいる。統計では日本で中国の利権を叫ぶ教授は10年で倍々に増えている。これってかなりコワい話ではないか。

(以上、『週刊新潮('08年2月7日号)』、「変見自在(連載284回)」より抜粋)

 「華僑」を捩(もじ)って「華教」としている。
 教育機関、マスメディア、立法府、行政府、裁判所などの日本の中枢を乗っ取る、或いは乗っ取らせる。どこぞの政党が企みそうなことである。いやいや、よくよく見れば、日本は既に他民族に乗っ取られている。気づかないだけかも。

※【参考資料】
『日本に在学中の中国人留学生は7万人以上』

▽愛知大学、大学院には346人

▽東京大学には約700人

▽早稲田大学には約1200人

('08年5月15日現在、読売新聞調べ)

※これまでのコピペは全て拡散周知を希望しての貼りつけです。但し、著作権侵害に問われる可能性がありますので、さらなるコピペをする際には十分気をつけてください。

エコエコアザラク

No title

真正保守

小沢一郎の正体(4)

5.小沢レバー(パナマ・コネクション)
(レバーは「操縦捍」の意)

 米国はアメとムチを使って小沢を操ってきた。アメは在日米軍関係のリベートや、日本の特定市場開放に伴う日本の関係企業からの献金であり、ムチは『小沢一郎、池田大作、ノリエガ将軍(パナマの独裁者)』の麻薬取引を巡る関係が発覚し、これをネタに圧力をかけたという。これはまた同時に、小沢の帝国主義的海外膨張を押さえつける意味でも有効なムチとなった。
 小沢はこの著書で扱った「オザワ批判リポート」が書かれたことで、米国では誰にもまともに相手にされなくなった。それが小沢の「反米」に繋がっているのだ。
 「米国への日本売り」の元祖は小沢である。その小沢が今度は「日本を中国へ売る気」だ。

【晴耕雨読 - 続:アメリカはいかにして日本を滅ぼしたか】
http://sun.ap.teacup.com/souun/137.html
(『アメリカ殺しの超発想』(霍見芳浩著、徳間書店)の解説。以下同様)

【「阿修羅」ブログ】
http://asyura.com/0601/senkyo20/msg/1067.html

【No.8『アメリカ殺しの超発想』 霍見芳浩著】
http://page.freett.com/sokagakkai_komei/katsudou/00008.html

【d‐5‐11 オウム事件の背後に潜むもの 日本の闇を探る(11)】
http://www.h3.dion.ne.jp/~b-free/siranai/siranai-3/d-15-11.html

【参考文献】
『アメリカ殺しの超発想』
(霍見芳浩著、徳間書店)(霍見=つるみ)
『闇将軍』
(松田賢弥著、講談社+α文庫)

(以上)

真正保守

小沢一郎の正体(3)

4.政治家や秘書の不審な死

『松岡農水相は自殺か』
 松岡農水大臣は、過去に小沢一郎の「自由党」と「民主党」の合併時の不自然な金の流れを国会で追及しているが、昨年の参院選前に、朝日や反日テレビが「政治と金」の問題で騒ぎ、「民主党」を優位に誘導していた時期ではあったが、小沢にしてみれば、この松岡農水大臣の存在は目障りだったに違いない。

http://tamtam.livedoor.biz/archives/50693624.html

【藤井裕久(Wikipedia)】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E4%BA%95%E8%A3%95%E4%B9%85

▽自由党幹事長時代、自由党と民主党の合併3日前の2003年9月23日、政治団体「改革国民会議」に対して5億6096万円を寄付したのは、「政党助成金」の「返還義務」を逃れるためではないか。
▽大和銀行から自由党への10億円の借り入れを返済した事が政治資金報告に記載されていない。
 以上の2点を自民党の松岡利勝により指摘されている。このような重大な疑惑があったにもかかわらず、マスコミは全く報道していない。
 『闇将軍』(講談社+α文庫)に小沢の不正の数々が記されているのだが、小沢陣営には何度も公安当局が捜査に入っている。しかし、肝心の秘書が突然解雇されたり、不自然な死を遂げたり、失踪している。
 竹下登の秘書「青木伊平」が自殺したとき(この自殺も実に不自然で、竹下に捜査の手がのびた頃であり、青木伊平を知る者は皆、自殺説を懐疑的にみている)に、小沢一郎の秘書「中條武彦」は突然定年退職という形で解雇され、青木の遺体にとりすがり「次はオレの番か…」と号泣したという。そして中條も原因不明の死を遂げている。
 裏の金庫番だった、小田島明(小沢の親戚)は1億2000万円と共に突然、失踪してしまうのだが、小沢は小田島のことを「元秘書(小田島)がいたのは10年ほど前からで、5年ぐらい前に辞めた。どうして辞めたのかはわからない」と嘘の証言をしている。
 「皇民党事件」で金丸、竹下、小沢(コンチクショウ)は暴力団とは切っても切れない関係を結ぶことになった。
 昨年の参院選では、指定暴力団、山口組(神戸)が「民主党応援」の指示を出している。小沢に都合の悪い人物は消される。暗殺してくれる組織がバックについている。

(続く)

真正保守

小沢一郎の正体(2)

2.小沢一郎、昭和天皇暗殺未遂犯を墓参

【小沢一郎(Wikipedia)】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B2%A2%E4%B8%80%E9%83%8E

 Wikipedia(小沢一郎「人物像」)によると、
 「小沢は、1999年4月に韓国を訪問した際、同月18日に日本の党幹部・閣僚クラスの政治家としては初めて(当時)となる、ソウルにある金九、尹奉吉、李奉昌、白貞基といった、嘗ての『抗日独立運動家』の墓地を参拝した」
 とある。
 李奉昌とは、1932年に東京で昭和天皇を暗殺しようとしたテロリスト。日本の政治家が、天皇暗殺など反日テロリストの墓地に訪れ、墓参りしているのだ。これが日本人のすることか。有り得ないだろ。だいたいが、マスコミがまともなら、とっくに政界から抹殺されているはずだ。

3.小沢一郎の韓国人女性秘書・金淑賢(キム・スクヒョン)
 2000年、小沢一郎は韓国人女性を秘書にする。

【『小沢一郎・民主党代表を補佐する韓国人女性秘書』(YONHAP NEWS)】
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2007/08/09/0400000000AJP20070809003300882.HTML

【『小沢一郎民主党代表の韓国籍女性秘書』(目安箱)】
http://www.rondan.co.jp/html/mail/0709/070904-13.html

【『小沢一郎の秘書・金淑賢が日本側代表を務める「世界韓民族女性ネットワーク」の反日デモ』(Hatelabo)】
http://anond.hatelabo.jp/20070811134136
 「世界韓民族女性ネットワーク」とは、「世界の韓国化」のために活動している団体で、米下院での慰安婦決議で反日デモを行っている。

(続く)

真正保守

小沢一郎の正体(1)

1.小沢一郎、出生の秘密

【小沢一郎にまつわる噂】
http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&aq=t&hl=ja&ie=UTF-8&rls=SUNA,SUNA:2005-49,SUNA:ja&q=%e5%b0%8f%e6%b2%a2%e4%b8%80%e9%83%8e%e3%81%ae%e6%af%8d%e8%a6%aa

 これらの噂に加え、『闇将軍』(講談社+α文庫)の記述をまとめると以下のようになる。

▽父・小沢佐重喜(サエキ)は、弁護士で東京府会議員。夜叉の異名を持つ香具師。北朝鮮満州派の潜入工作員。戦後、岩手方面に進駐した朝聯の指導者
▽母は済州島出身。通名・荒木みち。南朝鮮労働党の残党
▽長女のスミ子、次女の則子は父・佐重喜がみちと結婚する前の子ども
▽東京御徒町には、「キーセン接待」をする在日が多いが、偶然にも小沢一郎の両親は「御徒町」に住んでいた
▽小沢一郎の夫人は創価学会員
▽小沢一郎の娘は創価学会幹部

※あくまでも「ウワサ」なので、中には「ガセ」もあるかもしれない。しかし、有権者から選ばれた公人が謎だらけでいいのか。日本を代表せんとする政治家ならば、自ら明らかにすべきではないか。

《余談》
『伎生 (きしょう、キーセン)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A6%93%E7%94%9F
 東京の「御徒町」には在日の商売人が多く、日本のメーカー幹部から安く商品をまわしてもらう為に韓国へ「招待旅行」の話をもってくる、所謂「キーセン接待」。
 つまり、「メーカーから商品を不正に横流ししてくれたら、韓国旅行(キーセン接待)をプレゼントしてあげます」というわけである。メーカーは確かな小売店にしか商品を卸さない。そして卸値も全国一律だ。在日商工人は、メーカー品を安く仕入れてボロ儲けするために、メーカーの支店長などに声をかけてくる。
 北朝鮮でいえば“喜び組”。
『中国でいえば「ハニートラップ」』
http://www.asyura2.com/0510/war75/msg/1248.html
 一度、女に手を出したら、次は「脅しのネタ」として使われる。

(続く)

bingo

No title
>まず、このコメントは管理人のみ閲覧できます
と書きこむ人は左翼だと思うのですが、反論があるなら
姑息な書き込みをやるのではなく、自分の意見を言えばいい。

地域主権などと言っている、民主党の言い方は本当の馬鹿だと思います。国家主権の中に別の主権が存在するなんてことは、国家崩壊、国がばらばらになる意図があることです。中央主権を独裁と言うかもしれないですが、国家の主権は、憲法、安全保障上の軍隊、国家、国体を含むものです。

したがって、地方主権など、ほざいている人物は、国家像の欠落した人間で、国体の歴史、伝統、文化に全く配慮がない考えです。故に地方主権などの言葉を発する人物は、日本の生い立ちを全く理解をしていない愚か者と判断する以外できないことです。

おれんじ

No title
最近コメント欄でも議論が盛んですが、私はねずきちさんに今まで通りのブログを続けて頂きたいと思っています。

ここは古き日本を懐かしむのではなく、忘れ去られた(あるいは忘れさせられた)素晴らしい日本を「思い出す」場だと思うからです。

現在の時事ネタについては他のブログさんたちが沢山取り上げていらっしゃいます。もし最近の政治経済外交防衛について討論したいのであれば、そちらに行かれてはいかがでしょうか。

私はねずきちさんのブログで日本の伝統、歴史、文化、何より日本人の精神といったものに触れる機会を得ています。人が一人ひとり違うように、ブログにも自ずとそれぞれの個性があるのでは。これからもねずきちさんのエントリーに期待しています。

石原昌光

一般日本人
この間、国会中継を見ていたら、原口総務大臣が、地域主権は、憲法92条の地方自治に権源がある。と答弁していました。これ、おかしいです。主権は、つまり排他的民族自決権の事で、自国の政治は自国民で決める、他国の干渉は受けない、の意味だと思います。独立国は、この排他性を担保する為に軍隊を保有する。従って、地域主権を認めると日本は、各自治体がバラバラに三権を保持し、その主権の排他性を担保する為に地域軍を持つ事になります。こんなこと誰が考えてもおかしいですが、特に世間が騒がない所を見ると、一般の日本人は、主権も自治権も同レベルと考えていて、そもそも主権について、なにも考えたことがないのでしょう。

bingo

No title
もはや、躊躇することなく、ひたすら日本国の国体の防衛のため、そして今後の日本民族の存続のため、やるべきことは、明確です。

日本人の心も有しない、韓国、朝鮮帰化人たちの野望を打ち砕かねばなりません。

小沢一郎は、済州島にルーツもつ白丁の流れ者です。このような恥の概念も無い人物が、日本解体を企てることに手を染めることを許すことは、日本の将来に自らの命を捧げられた英霊の方々への裏切り行為です。

鳩山由紀夫、菅直人、輿石東、千葉景子、北沢、岡田、土井たか子、福島瑞穂、安倍とも子、辻本清美のような反日左翼は、断固として最終手段として武力をもっても排除の戦いをしなくてはなりません。

おてもやん

我が国を信じたい
真の保守派の政治家は 即刻 全員靖国参拝をすべきです。 国民は 誰が真剣にこの日本を護ってくれる本当の政治家なのか急速に目覚めると思います。

にっぽんじん

小沢の血は日本人ではない
正論の3月号は私も読みました。まさに小沢の本心を書いています。日本の保守と言う「仮面」を被った韓国政治家です。そのような人間が国政のトップになろうとしています。韓国人秘書を使うような政治家に日本の政治を任せられるでしょうか。

口は日本保守でも実態は韓国党です。日本の国民は騙されてきました。未来がある若者は日本を守るために立ち上がって下さい。若者の力こそ日本を変えることができます。黙っていては何も変わりません。

一式陸攻
田代って弁護士も、重慶・南京「無差別爆撃」アホ。
一式陸攻機に無差別爆撃するほど爆弾は積めない。戦後の人間は東京・大阪爆撃を考えて馬鹿な事を言うが、当時は爆弾を節約するために照準器でピンポイントの狙うのが日本の爆撃機です。
田代なんて奴が日本を悪くするのです、小沢もこの手と変わりませんね。韓国の大学での講演が彼の全てを表しています。無知権力・金欲まみれ!!!!

真正保守

挨拶抜きで失礼
 誰に対するレスかも書く気がしない。
 「時間と労力は余計」というのは、それはPCからアクセスしている人の言う言葉。私は自慢じゃないが、携帯から接続している。今どき珍しいなんて言われたくはないが、都合上そうなっている。
 アソコのブログでのいきさつは最初の方からブログ主のコメントを少し読めばだいたいわかる。私のコピペを「『集合知』でより良いものに仕上げてやってもよい」などと抜かしている。つまり歓迎の弁である。それが一変して、いきなり削除しまくる“切り裂きジャック”に豹変したのだ。
 そもそもが、ケンカを買った原因は、「確定申告作業」をしていたときに、ちょっと一服してこのブログを覗いたからだ。確定申告で領収書が見つからずイライラしていたところへ、あのクレームだ。カッとなったのはそのためであった。
 しかし、今回のアソコでの「削除抹殺事件」は心底怒っている。
 ところで、コメントを簡潔に書く工夫を提案されているようだが、資料の記述を省いていい場合とそうではない場合があるかに思う。私のコピペは本来、ブログを開設してエントリーにアップすべきボリュームのものだ。わかってはいるが、ちょっと参加して「要領を得た説得力のあるコメント」を書いて、さっと退場するという現代風の若者のソレとはちょっと違う。
 まっ、君の忠告や提案や案内は素直に受けとめておきたい。

共通一次世代

No title
国政、そして地方でも、真に国思う政治家を知り、これからも気概を持った、そういった政治家を応援しなくちゃいけないと思います。


真正保守さんへ
sadatajpさんは、まず、なによりも
「ここはねずきちさんのブログであること」
を伝えたかったのだと思います。

そして、コピペが長くて読みづらいのを何とかしたいという思いがあってのことだと思います。

>時間と労力を割いて
このことばをわざわざ言う必要はないと思いました・・。

コピペの中身はとても重要で、少しでも多くの人たちに知らせたいというお気持ちはすごく良くわかります。焦るのも分かります。

私は2ちゃんねるの「ニュー速」(その日の新着記事)でその日の政治に関するニュースを確認するんですけど、あそこで見るコピぺはすごく短く最重要点を纏めて貼ってることが多いです。あそこのコメントは玉石混交ですが、でも短い文で的確に「そうだよなぁ」とおもわせるコメントが多くてすごいなと思います。

自分が目が覚めたのはほかでもないあの掲示板で、自分が感じていた「こんなこと絶対おかしいぞ!」という感覚とおなじものが多数あったからです。自分の感覚は間違いじゃなかった、同じ思いの人がたくさんいるんだという安心感が先ず来て、それからいろんな「真実」をネットの他の掲示板で受け入れて行きました。

ねずきちさんのブログも多くの人を惹きつけて、実際に行動されてもいらっしゃる。信頼できる方だからみんな集まります。
sadatajpさんもその中のお一人ですよ。HPも拝見しましたが、冷静になってもう一度sadatajpさんの仰ってることに耳を傾けてみていただけたらと思いました。

どうか、一方的に他の人からの意見をはねつけず、少しづつでも意見を取り入れてみませんか?

という私も、いつも長々とかいてるので・・。纏めるのが下手なんですよ・・。ぱしっと端的に言えたらといつも反省しきりです・・。
ご迷惑をおかけしている一人ですから・・。

偉そうに言ってすみません・・。

No title
一知半解さんと同じ考えを持っていました。保守派はなぜ民主党などにいられるのか?何をしているのか?
自民にも売国はいますが、、小沢も鳩山の民主党は日本にとってもっと酷い敵です。

靖国参拝。小沢一郎は以前は肯定派でした。この人はどんな信念を持っているのか、さっぱり分かりません。今の小沢からは考えられない発言です、、


■小沢一郎、昭和61年4月2日の国会答弁

質問者:社会党、佐藤三吾議員
佐藤 「公式参拝については?」
小沢 「国務大臣であろうが無かろうが、今後も行きたいと思う。」
佐藤 「A級戦犯合祀について?」

小沢 「基本的に、お国のために、一所懸命、その是非は別として、戦ってそれで亡くなった方であるから、 そういう戦没者に参拝することによって、誠の気持ちを表す、また自分なりにそれを考えるということである。
    
従って、A級であろうがB級であろうがC級であろうが、そういう問題ではないと思っている。 たまたま敗戦によって戦勝国から戦犯とされた人もいる、 あるいは責任の度合いによっていろいろランクを付けられたが、 その責任論と、私たちの素直な気持ちと言うのは、これは別個に考えていいのではないか」



真正保守さんへ

>反日左翼の非国民が嫌がる内容だったからではないか

違います。

自分の過去のコメントをいくつか読んでいただければ、自分が反日とかサヨクではない事は、理解していただけると思います。Mも自分です。

しかし、、反日サヨクや、偽者ウヨクはいろいろな手を使い日本人を攻撃しますから、勘ぐりたくなるお気持ちは分かります。

ミヤビ

おはようございます☆
今日もテレビや新聞では知ることができない事を
教えてくださってありがとうございました。
他の専門家の方々のご意見も知りたいです。
ねずきちさん、みなさんよろしくお願い致します!!

一知半解

その言や良し、しかし彼の果たしてきた役割を振り返ってみると…
西村慎吾氏の主張はごもっともなんですが、最近私は、民主党内の保守派という存在に疑問です。

西村氏・前原氏・松原氏らは、民主党内でも保守派と見做されていますが、彼らは主張にふさわしい活動を、影響力を民主党内で発揮しているでしょうか?

現状を見る限り、「否」と言わざるを得ません。

彼らは、民主党が売国的政党であることをカムフラージュするための役割しか果たしていないのではないかという疑念がどうしてもぬぐいきれない。

どうにも「客寄せパンダ」のような気がしてなりません。

今後、彼らが実際にどのような行動を取るのか注視する必要があるのではないでしょうか?

真正保守

コメント再開宣言

国破れて山河在り

諸行無常の響きあり

後は野となれ山となれ

 そんな心境に達している人もいるようだ。
 さて、ここへはもう貼らないと宣言した私だが、そう決断させた参加者の一人が、
【sadatajpの「基本を押えて」】
http://d.hatena.ne.jp/sadatajp/mobile?date=20100208
 を開設する者だった。
 この参加者が、一悶着あった後で、このブログのコメント欄で上記ブログを紹介し、「文句のある奴はかかって来い」と息巻いた。
 そもそもの事の発端は、私の「コピペ三連投」に始まり、それにクレームを付けられてカッとなったことで、ケンカが成立した。紹介されたブログへ、私が行かないでどうするという気になった。
 それに、「お客さん、ケンカは外でやってくれ」ということからすれば悪くない話であった。
 私の怒りは疾に冷めていた。ケンカはこのブログで済ましていた。別に紹介されたブログでケンカの続きなどする気にはなれない。
 そこで私は、せっかく用意された専用エントリーを勿体なく思い、「ならばここへコピペを貼るか」と思い立った。
 これがいけなかった。他人様を信じてはいけない。私は時間と労力を割いて、9つの長文のコピペをそれぞれ分割して貼りつけた。ところが、このブログ主は、最初は歓迎しておきながら、あるとき突然バタバタとコピペを削除しやがった。
 【#001】【#003】のコピペだけ残して、7つすべてのコピペをいきなり削除したのだ。
 今から思えば、私の「コピペ三連投」にクレームを付けたのは、反日左翼の非国民が嫌がる内容だったからではないか。だからクレームを付けてケンカを売った。まんまと騙されたわけだ。
 長文コピペを分割してバタバタと貼れば、ブログ主や参加者はさぞや迷惑だろうと遠慮はしてみたものの、そんなことを気にして遠慮していたら、日本は消えてしまうかもしれない。長文コピペの連投は読みたくなければ無視すればいいだけの話である。
 別にブログ主を貶めるでもなし、ブログの評判を下げるでもなし。日本と日本人の未来を憂いて参加しているだけだ。ブログ主が参加を断らない限り、別段遠慮する事はない。
 今回、私が腹を立て、自ら退場宣言したことは、私のコピペを嫌がる連中からしてみれば、まんまと罠に嵌まったということになる。もう遠慮などしない。ブログ主から退場宣告がない限り、参加を再開したい。

-

重慶大爆撃の原罪・渡洋爆撃を考える
日時 2010年3月16日(火)午後6時開場、6時半(開始)~9時
演題 「重慶大爆撃の原罪・渡洋爆撃を考える
       -浜松基地からの上海・南京等への無差別爆撃」
講師 田代博之さん(重慶大爆撃訴訟弁護団・弁護士)

ttp://www.anti-bombing.net/
ttp://japanese.cri.cn/881/2010/01/28/147s153913.htm
(URL始めに「h」つけてね)

未だに日本軍の訴訟かよ!しかも12回目って・・・ORZ

70年越しの無責任 

アホ国民に禍有れ。
2年前にTBS系列で「シリーズ激動の昭和 あの戦争は何だったのか 日米開戦と東条英機」という番組がありました。
主役の東条英機役はビートたけしです。
この番組の中で、マスコミ関係者が戦争を煽って国民も大いに盛り上がった事実が指摘されていたと思います。
実際、開戦に消極的な政府を、マスコミと国民が大いに突き上げた、という事実がありました。

そういう事を考えた時、上から目線で、「日の丸」や「君が代」や「象徴天皇制」を批判する日本人は何様か?と思います。
とりわけ象徴天皇制を廃止しようとする政治家達。
ある日突然「尊皇攘夷!」と叫んで、京都でひっそり暮らしていた天皇を強引に引っ張り出しました。
明治天皇は親政を行ったわけでもなく、政治の表舞台に天皇が復帰するにあたって大いにガクガクブルブルし、過去の天皇の怨霊にお伺いを立てて和解する大イベントまで行って気を静めた程です。
その後政府が「天皇陛下万歳!」とやり始め、戦争に負けたら突然被害者となって「反日」に転じる。
何という無責任国民!

「郵政民営化!」「米百票!」で支持率が90%近くになってしまい、てめーで一票投じたくせに「自民が・・・」「自民が・・・」と他人のせいにする無責任気質。
「政権交代!」のプロパガンダに踊って、今頃「騙された・・・」と嘆く情報弱者ぶり。
日本人は70年前から思考回路が全く変わっていません。
アホ国民に巨大な禍有れ。

pantera rosa

偽善と感傷の国
■引用
(読者の声2) ワシントン・ポストの「ゲーツがまだ遅くないイラン経済制裁」へふたつ、コメントを出した。
「経済制裁は効果がない。イランは、1年で核保有国となる。欧米は核を持つイランとどう付き合うかを準備せよ」
「ゲーツの発言はイランを米軍が攻撃する準備に見える。ヒラリーが、大統領選時代に、“イランがイスラエルを核攻撃したら、obliterate(跡形もなく地上から消してやる)”と発言して、現在では撤回している」。
「同盟国の日本は米イラン戦争(第三次世界大戦の発端となるだろう)に、中立国でいるべきだ」と言うと、少し賛同者があった。
僕にはゲーツを評価するほどの知識も面識もない。だがこのタイプは理解しやすい。
つまり職業軍人。効率と勝ち残ることしかアタマにはない。だが政治家ですよ。政治理念を持たない政治家です。
ヒラリーに「鳩山を潰せ」といっていることは、容易に想像できる。この人は軍人として頼りになる。好き嫌いの表情が顔に出るので、実直と感じる。ゲーツは誰を後継者にするのだろうと観察するが判然としない。レオン・べネッタではないです。
敗戦後の日本には独立する意思がない。
その認識からはじめなければ、大東亜戦争の記念館は未来永劫できない。記念館を作るほどの気概がないならば原爆投下正当論~東京裁判正当論~南京虐殺記念館~日本は公共の敵(米戦争省ビデオ)~裕仁天皇は戦争指導者~満州建国は侵略」とほぼ確定した戦勝国側の歴史には勝てないのです。
ボクは残念には思わない。なぜなら、これから勝つつもりだから。戦争で勝つのではなく「優秀な民族」と言う意味です。もちろん、日本人全体ではない「同志」だけでです。
(伊勢ルイジアナ)
引用終わり
http://www.melma.com/backnumber_45206_4758202/

■「未公開の打撃力」を警告=2治安機関が異例の声明-北朝鮮
http://www.jiji.co.jp/jc/c?g=int_30&k=2010020800817

■人民解放軍[日本自治区]野戦軍司令官小沢一郎、カルト[友愛党]鳩山由起夫を外患誘致罪(刑法第81条)にて極刑に処すべし
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク