日本を救った古代の英雄・・・大伴部博麻



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

大伴部博麻の碑(福岡県八女市)
右の柱「尊朝愛国(そんちょうあいこく)」
左の柱「売身輪忠(ばいしんゆちゅう)」
大伴部博麻の碑


日本で最初に「愛国」という文字が使われたのは、いまから約1300年前、第41代持統天皇が持統4(690)年に、大伴部博麻(おおともべのはかま)という兵士に与えた「勅語」が最初とされています。

これは、日本書紀第三十三巻持統天皇に記された言葉で、そこには次のように書かれています。

「朕嘉厥尊朝愛国 売己顕忠」

意味は、おおよそ次のようなものです。

(朕は、朝廷を尊び、国を愛し、己(おのれ)を売ってまで忠を顕したことを感謝する)

持統天皇は、大伴部博麻に、従七位下の位を与え、絹織物十反、真綿十屯(1.68㎏)、布三十反、稲千束、水田四町の報酬を与え、さらに課税を父族、母族、妻族まで免じています。

そして今日にいたるまで、天皇が一般個人に与えた「勅語」というのは、これが最初で最後です。

では、大伴部博麻は、いったい何をした人なのでしょうか。


斉明6(660)年、唐は、新羅の求めに応じて、蘇定方(そうていほう)を将軍に任じ、山東半島から13万の軍勢に海を渡らせ、百済に上陸し、百済王都を占領します。

百済の義慈王は、熊津に逃れるけれど、間もなく降伏し、この年の6月7日、百済国は滅亡します。

4世紀から6世紀の朝鮮半島
4世紀から6世紀の朝鮮半島


滅ぼされた百済の遺臣は鬼室福信・黒歯常之らを中心として百済復興の兵をあげ、日本に滞在していた百済王の太子豊璋王を擁立し、百済国の復興を企図します。
そして日本に救援を要請した。

中大兄皇子はこれを承諾します。
そして当時68歳だった斉明天皇に働きかけ、朝鮮半島出兵の決定を仰ぎます。

斉明天皇は、中大兄皇子らとともに九州に渡り、筑紫国の朝倉宮(現在甘木市宮野村)を行在所に定め、大本営を設置します。

このとき、中大兄皇子、大海人両皇子を乗せた軍船に、二人に愛された額田王(ぬかだのおおきみ)も乗っていた。
額田王がこの時詠んだ歌が、有名な、

 熟田津(にぎたづ)に
  船乗りせむと月待てば
   潮もかなひぬ 今こぎいでな

そして筑後国から、大宝律令に基づいて、陽郡(やめごおり・現福岡県八女市)から、20歳から60歳まで農民の男子を徴兵し、三個軍団(約9千人)を編成します。

このとき、八女から一兵卒として徴用された中のひとりが大伴部博麻です。

ちなみに大伴部(おおともべ)の「部」は、古代の部民制を意味します。
したがって、大伴部の博麻という名前は、九州の豪族「大伴氏」に属する何らかの職業集団(部)の一員であった博麻(はかま)君という意味になります。


さて、いよいよ百済へ出陣という斉明7(661)年、斉明天皇は朝倉宮で崩御(ほうぎょ)されます。

そして斉明天皇の後任として、中大兄皇子が「天智天皇」として即位します。

天智天皇は、征新羅将軍に、阿部比羅夫(あべのひらふ)を任じます。
阿部比羅夫という人は、この百済遠征軍の大将をおおせつかる4年前、水軍180隻を率いて、蝦夷を征伐した実績のある将軍です。


征新羅軍は、那の津(博多港)から3班に分かれて朝鮮半島に出発します。

先遣隊 1万余人 661年5月出発
主力隊 2万7千人 662年3月出発
後続隊 1万余人 

という編成です。

日本の戦闘構想は、まず先遣隊とともに豊璋王を帰国させ、百済復興軍の強化を図る。
そして主力軍の参入により、新羅を撃破したあと、後続隊の到着を待って唐軍と決戦するという考えです。

天智2(663)年、豊璋王率いる百済復興軍は、日本の援軍を得て、百済南部に侵入した新羅軍を駆逐します。

このままでは危ないとみた新羅は、再び唐に増援を依頼します。
唐は、劉仁軌率いる水軍7000名を派遣し、部隊は白村江に集結します。

日本と百済の連合軍は、10日遅れで白村江に集結した唐・新羅連合軍に戦いを挑むけれど、火計、干潮の時間差などを利用した唐・新羅水軍に大敗し、白村江に集結した1000隻余りの倭船のうち400隻余りを炎上させられ、大敗します。

日本水軍は、各地で転戦中の陸上軍および亡命を望む百済遺民を船に乗せ、唐の水軍に追われる中、やっとのことで帰国した。

これが白村江(はくすきのえ)の戦いです。

ちなみに当時の唐は至るところで諸民族を征服しています。
丁度このころの唐の勢力圏は中華史上最大のものです。
また、この時参加した唐の水軍は、主力は女真族(満洲人)で構成されていたといいます。

さて、この戦に一兵卒として出征した大伴部博麻は、唐軍の捕虜となり長安に連行されます。

連行された博麻らは、捕虜とはいえ拘束されることなく自由に長安を往来できたようです。
そんななかで博麻はある日、「唐の軍隊が日本襲来を計画している」との情報を耳にします。

唐の軍隊が日本に攻めてきたら大変です。
日本にとっての一大事です。
大勢の人が殺されてしまいます。

「なんとしてもこのことを、日本に知らせなければならない」

しかし虜囚の身です。
旅費がない。

博麻は、土師連富杼・氷連老・筑紫君薩夜麻・弓削連元宝の子の四人の仲間にこう言います。

「ワシを奴隷に売れ。そのお金でおまえが日本に帰るのだ。そして唐による日本襲来計画のことを伝えてくれ」

博麻は奴隷に売られ、その売却代金をもとに、四人は衣服、食料、旅費を調達して、日本に向かいます。


天智10(671)年、四人はようやく対馬に到着します。

四人の報告は、直ちに「筑紫國大宰府政庁」に伝えられ、天智天皇に奏上されます。

情報は生かされ、天智天皇は、大宰府沿岸の警備を強化し、また都を近江に移して、国土の防衛を図ります。

一方、博麻は、ひとり唐の地にとどまること20数年、知り合いの唐人から、日本に行くが一緒に来ないかと、声をかけられます。

そして日本書紀によれば、持統4(690)年10月、博麻は30年の年月を経て、ようやく日本に帰ってきます。

この、己の身を奴隷に売ってまでして情報を伝えた「大伴部博麻」の国を想う忠誠に、時の女帝・持統天皇が、博麻に贈ったのが、冒頭の勅語と、階位と報償の数々でした。

そしてその勅語の中に「愛国」の言葉がうまれたのです。

「愛国」という言葉は、近年では、単に戦時用語の一種であるかのように思われがちな言葉となっています。

しかし「愛国」という言葉は、この物語が示すように、いまから1300年以上も昔から使われている、「国を思い、身を捨てても国、すなわち『みんなのために』尽くす」という、意味が込めた言葉であるとわかります。

~~~~~~~~~~

日心会のMLでこの物語が紹介されたとき、ゆみさんが、次のようなメッセージを下さいました。

~~~~~~~~~~

そんな大昔から、身を捨ててまで、日本を守ろうとした人がいたのですね。

そんな方々が守り通してくれた日本を、私利私欲のために平気で、外国に売り渡す政治家たちに好き勝手されてたまるか!!

外国人参政権、断固反対!!

美しい日本を次の世代の子供たちに残してあげれるように頑張りましょう!

~~~~~~~~~~

ぼくもまったく同感です。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

遠き日の勇者の物語
~白村江の戦と大伴部博麻~


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

名無しさん

教科書に載せたい
遥か昔にこのような先人がいたことを誇りに思います(それに比べて今の政治家や官僚ときたら・・・)。

この大伴部博麻は絶対に教科書に載せるべきです!

原 学人

大伴部博麻について教えてください
大変興味深く読ませて頂きました。ありがとうございます。ある新聞の記事では唐の軍隊が攻めてくるのでなく、つかまった2千の捕虜が帰国することに驚かないようにと身を売って友人を帰したなどと表記されていますが、どうも腑に落ちません。その辺りのところはどうなんでしょうか?そのような史実が残っているのでしょうか?教えてください。

おいおい

No title
>たけるくん

中臣鎌足は

天孫(てんそん)邇邇芸命(ににぎのみこと)が天照大御神のご命令で高天原から日向の高千穂峰に天下られたときに、お供として一緒に天下られた五伴緒(いつとものお、お供の五神)の一柱である天小屋根命(あめのこやねのみこと)の御子孫じゃ。

この不勉強者!

-

「美しい日本」にいろんな思いが詰まっている
>美しい日本を次の世代の子供たちに残してあげれるように頑張りましょう!

私も同じ意見です!

楽仙堂

ニコニコ国会動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9684748
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9684811
与謝野馨先生の大活躍。
「あなたはもう総理大臣やっている資格ないんですよ」
ぜひごらんください。

共通一次世代

No title
何年か前に起こった上海総領事館、電信官の自殺を思い出しました。
暗号解読を狙った中国当局の執拗な恫喝に
「日本を売らない限り私は出国できそうにありませんので、この道を選びました」
との遺書を残して自殺した電信官を思うとき、今の民主党政権を選んだ国民は彼も見捨てたと同じだと感じるのです。

中川昭一さんも同じです。
国民に裏切られたと同じです。

国を命と引き換えに守った彼らとは逆に、日本国民である拉致被害者さえも蔑ろにする国会議員が、今、政府の中枢にいる。
辻元清美が国交省副大臣である事実が自分にはどうしても信じられません。このことを国民はどう思っているのか。

辻元は昨日の報ステで、「観光産業の為に、ゴールデンウイークなどの連続休日を分散化するする方向に持っていく」などと言っていました。

昨日、私は職場で「今日っていったい何の祝日なん?」と聞かれました。
祝日の意味さえ曖昧になり、「国民の祝日」とは名ばかりとなっているんです。
五月の連休が何で成り立っているのか、理解している人さえ少ない。サヨクは「こどもの日」が男女差別だとまで言っている。

八月は「お盆」という習慣があり、みなそれに合わせて帰省する。
年末年始は正月を家族で過ごし、新年を祝う為。

それぞれ意味があるのにも拘らず、それを分散させるなどと簡単にのたまう。

私には、辻元が「日本を精神的に分断するつもり」だと思えてなりません。

これからマスコミは、再び民主のフォローに突進するはずです。
枝野が行革刷新担当相になったことで、また、「事業仕分けパート2」などと煽るはずです。
枝野は今日の予算委員会集中審議で、小沢、石川の件に関して、「埼玉で行った演説で話している」として国会での答弁を拒絶し、また、「一時間の時間貰えば話しても良い」などと言う卑怯な議員です。これらは非常に国会を軽視した発言だと怒りを覚えます。

今の政権を支持することは「売国」に他ならない。

愛信

民主・小林陣営選挙違反事件
繰上げ当選は
第45回衆議院議員選挙 
【北海道】(故)中川 昭一 (ナカガワ ショウイチ)
【出身】 北海道   
【生年】 1953年
【党派】自民  
【前元新】前 :衆議院議員8期、選挙区支部長

愛信

民主・小林陣営選挙違反事件 札幌地裁が選対幹部に有罪判決
http://www.hokkaido-365.com/news/2010/02/post-802.html

刑が確定すれば小林千代美議員は連座制で失職の公算。
【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi
【政治・経済タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

あまぎの住人

ちょっと訂正
<朝倉宮(現在甘木市宮野村)を行在所に定め

何時も感心して読ませて頂いております。町村合併により、「甘木市宮野村」は現在「朝倉市宮野」となっております。
地元に住むものとして、訂正しておきます。
朝倉宮橘宮蹟は南に開けた台地の上にあり、誠に気持ちがよい場所です。

椿

朝鮮民族はまさに『百害あって一利なし!』


以下の歴史的事実を見れば、いかに南北朝鮮と同盟を組んではいけないかが、“一目瞭然”です。

南北朝鮮と同盟を組んだ国は、“ことごとく敗れ去って”います。

【白村江の戦い】
唐・新羅(勝者) VS 日本・百済(敗者)

【タラス河畔の戦い】※注1
アッバース朝(勝者) VS 唐・高句麗(敗者)

【文永の役】
日本(勝者) VS 元・高麗(敗者)

【弘安の役】
日本(勝者) VS 元・高麗(敗者)

【応永の外寇】
対馬・九州探題 (勝者)VS 李朝(敗者)

【サルフの戦い】
後金(清) (勝者)VS 明・李朝(敗者)

【シャンギャンハダの戦い】
後金(清)(勝者) VS 明・李朝(敗者)

【アブダリ・フチャの戦い】
後金(清)(勝者) VS 明・李朝(敗者)

【丁卯胡乱】
後金(清) (勝者)VS 李氏朝鮮(敗者)

【丙子胡乱】
後金(清)(勝者) VS 李氏朝鮮(敗者)

【日清戦争】
大日本帝国(勝者) VS 清・東学(敗者)

【第二次世界大戦】
米英など(勝者) VS 日+台+朝鮮(敗者)

朝鮮戦争※注2
北朝鮮・中国(勝者) VS 米・韓等(敗者)

ベトナム戦争
越・中・露(勝者) VS 米・韓など(敗者)

※注1
当時、高句麗はすでに滅亡していますが、唐軍を指揮したのは高句麗出身である高仙芝である。

※注2
勝敗はついていないが、韓国は開城を北朝鮮に奪われてしまったため、事実上敗北と言えるでしょう。李承晩も停戦協定に不服として、協定に不参加。

そして…>百済が日本に朝貢していて、いわば人質として、王子を日本に送っていたからです<

私も、古代南朝鮮(新羅・百済)は、“日本の属国”であったと聞いています

それを現在の朝鮮どもは、反対の「捏造歴史」を声高に喧伝する事で、誤魔化そうとしているのでしょうが、そうは問屋がおろしませんよ!(笑)
 




No title
すごい話ですね、、初めて知りました。こういうすごい人達がいたからこそ、今、日本があるのですね。

>田母神さん

先日、田母神さんのテレビ出演やら何やらを、ウヨクが大喜びしてて笑える、、、などと書いているブログに偶然出会いました。

ウヨクウヨクと小ばかにしていましたが、、、たぶんんこの方は、在日の成り済まし右翼などの存在をご存じないのだろうな、、と思いました。
自分もですが、ネットで勉強を始めるまでこういう事は、なかなか一般人には分からないですから、、、

また、まだ左翼思想がえらいとまだ勘違いしているようでした。愛国保守派は悪い、古い、、、と朝日新聞や日教組などに洗脳されたままのように感じました。


日本は日本人の国だと言うと、眉をしかめるような、そんな日本人では困ります。
多くの人が、愛国心、保守的な考えは普通なのだと目覚めて欲しいものです。

pantera rosa

白旗の少女
http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/fb8dab33a2cf285cd7aeb28859bb8899
私も「沖縄戦で白旗を掲げ投降した少女」とばかり思っていました。ほっとしたような気持ちと共に激しい怒りも湧いてきます。

ミヤビ

わくわく!!
私もあおこさんと同じく、この頃の時代が好きです!!
特に額田王です。
昨日の講演でも、渡部先生がお話しされていましたが
歴史は考古学より勝るもので、古い歴史を学ぶための
大切さを例をあげて教えてくださいました。
正しい歴史を生涯学習として勉強することは、日本人として大切なことですね☆
ねずきちさんのお陰で
「天皇陛下万歳」の聖寿万歳がしっかりとできました。
ありがとうございました!!

たけるくん

百済は、
>日本に滞在していた百済王の太子豊璋王を擁立し、百済国の復興を企図します。
そして日本に救援を要請した。<

百済の王子は、なぜ日本にいたのか。
それは、百済が日本に朝貢していて、いわば人質として、王子を日本に送っていたからです。
日本は、百済の王子を擁立して、百済国の復興のために戦いましたが、唐に負けてしまいました。
そして、滅亡した百済から、王族など多くの人が、日本に亡命してきました。それを、日本は受け入れた。
続いて、高句麗も滅亡して、亡命してきたものを受け入れた。
日本と朝鮮半島の歴史の重要な部分ですが、この歴史は、歪曲されたり、無視されたりします。
中臣鎌足が百済王子だったみたいに。

あおこ

「はくすきのえ」で一発変換されない…(´Д`)

この頃の歴史が大好きなんです(^ω^)一説には、中臣鎌足が百済王子余豊璋だったとか?
当時も今もなんら変わらない、人が動いて歴史が作られているんですね。

裸族のひと

No title
>そんな大昔から、身を捨ててまで、日本を守ろうとした人がいたのですね

今の日本では自衛隊の方々ぐらいでしょうか。その自衛隊を誹謗中傷する似非市民団体、田母神さんのような国思う人の発言に対して罷免しようとする政治家達、中川昭一さんのような愛国者を死ぬまで、いや死んでも叩くマスゴミの数々・・・。いったい日本はどうなっているのでしょうか。

「愛国」という言葉を右翼が使う死語のように汚してきた反日の者どもを、とても許す事はできませんね。先人が時として命がけで守ってくれた我々の国、日本。海外勤務で離れていても、いやはなれているからこそ愛しく思います。こんなに良い国は、他には中々無いですよ。

他国の人でも、自国の人や政府をけなす事は有っても「愛国」を卑下したり恥ずかしい言葉のように扱う国民など、見た事がありません。少なくとも、これからの子供たちには「愛国心」をもって育って貰いたいです。その為にも、ねずきちさんのブログをより多くの人に読んで欲しいと思います。

書籍化は難しいのでしょうか?個人的にはBlogRankingで三橋さん、博士の独り言さんの次で3位ぐらいに入って良い内容の濃さだと思っているのですが・・・
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク