「真珠湾はアメリカ」というウソ



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

真珠湾攻撃099


日心会、八重垣さんから教えていただいたお話です。

ワールド・フォーラム4月例会で、千葉大学名誉教授清水馨八郎が語られた講演です。

以下、概要です。

~~~~~~~~~~~~

日本は、昭和16(1941)年12月8日、ハワイにある真珠湾に攻撃を行いました。
大東亜戦争の開戦です。

ところがこのとき、

“ハワイは、アメリカではなかった”というお話です。

ご存じ、アメリカ合衆国の国名は、United States of America です。

United = 結合した
States = 状態の
America = アメリカ です。

米国として結合(States)しているところが、米本土です。

昭和16(1941)年の時点で、ハワイは、アメリカの領土ではありません。
しかも、真珠湾攻撃の当時、ハワイの人口の半分は日本人でした。

そして日本が攻撃したのは、米軍の軍需施設だけです。
一般市民に対する攻撃はいっさい行っていない。

そもそもハワイはどことも繋がっていない独立国でした。
これをアメリカが侵略した。ハワイはもとは、白人と何の関係もない島だったのです。

ハワイが、アメリカ合衆国となるのは、昭和34(1959)年になってからです。

アメリカは「日本がアメリカ国土を攻撃した」と言えるように、国内世論の反対を押し切って、戦後、ハワイを合衆国にしています。

もしあのとき日本が真珠湾を攻撃し、アメリカとの戦争を行っていなかったら、日本は51番目の星としてアメリカの国旗に取り込まれていた。

これは世界の忠臣蔵、素晴らしい攻撃だったのです。

日本が地球の歴史を変えたのです。
あれがなかったら黄色人種はいまだに奴隷だった。

これに気がつかなくてはいけない。誰も気がつかない 誰も言わない。

肌の色で人類を差別してはいけないという思想は、日本が始めたのです。
これを忘れてはいけません

地球の人々の思想を変えたのは日本なのです。

大東亜戦争の意義を忘れてはいけない。

~~~~~~~~~~~~

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

清水馨八郎先生1/3「日本文明のユニークさとその世界的使命」


日本の心を伝える会では、いま会員の募集をしています。
登録無料!! ご入会は、
①ハンドルネーム
②お住まいの都道府県
③メールアドレス

の3つを書いて、assist@nippon-kokoro.com にメールするだけ。
ご入会受付後、メーリングリストへの招待メールをお送りいたします。
この機会に、あなたも是非、どうぞ^^♪
日本の心をつたえる会ロゴ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

後にその併合の違法性はアメリカ自身が認めていますが、その是非に係わらず、1898年にアメリカ自身大統領がハワイのアメリカ合衆国への編入を宣言し、ハワイ準州となったことをもってハワイはアメリカ合衆国の一部となったとのではないでしょうか?

感動のコメント発見
猪さんの‘大東亜戦争なければオバマ大統領ありえない’一言で全てを物語ってる

PPG

れぬ森の美女
 表題は「れぬ森のブ男」が正しい。
 日本国が貶められて何も感じない現代人はどのような国民なのか。現代人の脳から国家意識が欠落しているのである。だから平気でいられる。
 マスコミが報じないからというのは、もはや言い訳に過ぎない。インターネット、書店、新聞などの書籍の広告で知る機会はいくらでもある。そこから情報を得ようとしないのは興味、関心がないからである。
 国民の国家意識の欠落は、国家を蔑ろにし、いずれは外敵から蝕まれて滅ぼされてしまうに違いない。
 国家意識の欠落は、危機感を抱かず、怒りも抱かず、従って国民の結束力を失い、侵略をはね除ける原動力も生まれない。
 歴史を捏造され、歴代首相の多くが売国言質を放ち、ときの政権が「凄まじい数のおぞましい法案」を立法化しようとしていても知らぬふりが出来るのは国家意識が欠落しているからだ。
 いや、これは眠れない男のひとりごとだ。忘れてくれ。次のエントリーからはお邪魔することはない。

PPG

南京大虐殺記念館
 「南京大虐殺記念館(Wikipedia)」を閲覧して何も感じないのがまず信じられません。
 まず、南京大虐殺は朝日系在日記者らが捏造しました。これは間違いない事実です。そして、旧社会党の田辺誠らが中国政府に記念館建立の話を持ち掛けています。中国当局は資金不足を理由に建立を拒みました。そこで、総評が3000万円を出して建てさせたのが始まりです。設計も日本側が面倒をみています。
 この記念館建立に関わった日本側の組織・団体・個人は普通の国なら死刑でしょう。それより何より、法的に処分する以前に日本に住んでいられる筈がありません。日本人からバッシングされ、石を投げられ、住まいや組織・団体の建物を焼き討ちされて当然の売国行為です。
 こうした売国行為は国会議員に顕著に見られます。その最たる売国奴が首相や衆参両院議長を務めているのです。
 日本人は「お人好し」のレベルを遥かに超越しています。それを普通、「解脱」とは言いません。「間抜け」と言います。

椿

朝鮮の現在の姿は、『悪業の結果』です!!

朝鮮どもは、いつも自分達がうまくいかず、日本人だけが、世界の桧舞台で脚光を浴び続け、称賛されている事が理解できないし、実にオカシイと思っている。

反対に、日本よりずっと文化的にも精神的にも優れている“はず”の韓国が、いつもいつも、日本やシナの陰に隠れ『存在感なし・・・

その上、戦後、“国家経済破綻を2回”もやらかし、荒廃の一途を辿っている。「なにゆえ????」と、馬鹿チョンは信じられない思いでいっぱいでしょうが、

自業自得』、『悪因悪果』なんですよ!!大恩ある日本に、恩を仇で返し、唾を吐きかけ、いまだに性懲りもなく、嘘くそ言って、自分達の悪業を正当化し、日本人に対して、悪業の限りを尽くしているのだから、その報いが、何倍・何十倍となって、朝鮮民族の上に降り注ぎ始めているだけです。

実に見事に、“神仏の摂理=宇宙の真理”が、正しく働いて下さっている証拠なんです。

それに気付かない、いえ、“気付かない振り”をしても、神仏は全てお見通し!!この法則は、日本の売国奴議員達やその議員を支援する売国奴達の上にも、キッチリと働いているようですね。(笑)。



ねえさん


勉強になりました
ありがとうございました

PPG

日本人大虐殺(4)
 日本との中立条約を一方的に破棄し、満州に攻め込み、無抵抗の日本兵、民間人を連行して、シベリア鉄道建設の労働力として、ラーゲリー(収容所)に抑留した。涙も凍る極寒のシベリアで食料も防寒具もろくに与えられず(日本人は夏服しか持っていなかった)、重労働を課せられ、実に40万人という、夥(おびただ)しい日本人が死亡していった。まさに『氷の原爆』と謂うに相応しい。しかも、スターリンは虐殺された日本人死者数を誤魔化すだけでなく、日本人墓地を破壊して『日本人虐殺の証拠を隠滅した』のである。

3.中国人による「日本人大虐殺」 ~ 『日本女性の悲劇』
 『満州開拓史』(昭和41年発行)に、『事件別開拓団死亡者一覧』が記載されている。避難の途中、中国軍、ソ連軍、満州軍、中国暴徒の襲撃などにより戦闘死又は自決した者の内、殆んどが“全滅”あるいは犠牲者を出した例を一覧にしたものだ。
 置き去りにされ、オオカミの餌食になったと思われる日本人の子供達もいた。栄養失調で死ぬ日本の子供達が続出した。
 昭和18年に、大陸の花嫁として敦賀港(つるがこう)から満州に渡ったK子は、満州での生活にも慣れた頃、日本の敗戦を迎えた。開拓村を出発してまもなく、中国人の“匪賊(ひぞく)”の襲撃を受ける。これまで親しくしていた中国人の友人も“匪賊”と化して襲ってきた。
 妻を、夫を、愛する我が子を交戦の場に残して、人々は逃げ惑った。難民収容所の生活は、塩を入れたトウモロコシの粥だけ。栄養失調で倒れる者が続出し、治安が収まると、クーリキ(苦力)として働かされた。そして、「日本人は皆殺しだ!」と宣伝され、幼児までが「中国語で話せ!」と強要された。
 ソ連軍はもとより、それ以上に残酷で鬼畜な所業は、中国、満州側の軍人と国民が、貧しく無抵抗な「日本人開拓団民」を襲撃し、日本女性を衆人環視の前で強姦し、中国人たちの『性奴隷』として働かせ、赤ん坊のオシメまでもぎ取り、虐待し、虐殺したことだ。

(続く)

愛信

オランダ、連立政権が崩壊 アフガンからの撤退めぐり
オランダ、連立政権が崩壊 アフガンからの撤退めぐり
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20100220STXKG020220022010.html

移民問題、人種問題で蝕まれていき、八つ裂きにされる国体
オランダの悲劇―多文化共生がもたらしたもの
外国人参政権を断固拒否しよう
多文化イデオロギーは、世界で最も寛容だと自国の文化を
誇っていたオランダに社会破壊 をもたらしてしまいました。
これはオランダ人自身による報告と告発です。

【前航空幕僚長の論文問題の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj10.cgi
【前航空幕僚長の論文問題タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

大東亜戦争
大東亜戦争が無ければ、今の「オバマ大統領」なんて事は起こり得ない事でした。
20世紀は日本が世界を変えた「歴史」だったのですね。
明治が良くて、昭和が悪い、戦後教育の終着駅、そんな断絶の歴史は日本には無いのです。

杜若

No title
皆さんのおっしゃるように、yaegaki hime様のコメントはまさに正論です。
私が、書いたことは、このブログで仕入れたような気がしてきて、ちょっと恥ずかしい。

確かに、日本人は自分たちのことを、知らなさ過ぎますね。特に、明治維新以降の歴史に関しては白紙に近いような気がします。
私は、どちらかといえば歴史物が好きなほうで、よく知っているほうかななんて思っていましたが、このブログを拝見するようになって、何にも知らなかったんだなとの思いを深くする毎日です。

多くの人たちに知って頂きたいブログです。

椿

No title

yaegaki hime さん、

朝から、“素晴らしいコメント”ありがとうございます。わさび漬けさん同様、全く一言一句貴方の仰るとおりです!!何一つ、異論はございません

貴方がコメントされた以下の部分は、特に日本が真剣に取り組み、果たさねばならない、“最低限の義務”であると私も強く同意いたします!!

>IMFだのODAだのにばら撒く金があるんだったら こうした検証をきっちりやり、それこそ謝罪の記念館ではなくて本当の外交記念館なりを立ててですね、しっかりと資料と映像を流すそういうものを日本は作らないといけません。

政治家が間違えないように、親達が忘れないように、子供達が騙されないように

平和、平和と言いますが 軍隊を持ちたくないのならこういうところに多大な予算を投入して世界五ヶ国語くらいには翻訳して常に発信して 捏造でやられてしまわないような深い防衛をしないといけないのです。

知の防衛です。

職員も沢山抱えて常に世界の発信物に注意を払い、抗議しないといけません。これこそが外交の一種で防衛なのです。

シーシェパードの行為にも世界に向かって知らせる。五ヶ国語でネットに発信する。このくらいの知恵がなくてはやっていけないです。 <

>明治の終わりから さんざんやられてきたのにまだ情報戦こそが防衛だと理解しないばか者ですね、日本人というのは。これほど優秀で潔癖にして阿呆な民族を私は知りません。<

本当に、今の日本人、ご先祖様の欠点はそのまま改善されること無く受け継ぎ、継承すべき『大和魂』は、置き去りにされている。情けないを通り越して「哀れ」ではないですか?


ミヤビ

おはようございます☆
素晴らしい動画ありがとうございました!!
清水馨八郎先生がお話しされることが、私が感じていることと同じなので嬉しかったです。

脱西洋文明から日本回帰
脱石油文明から太陽回帰文明
日本が出なければ人類は救われない
危機とは危険な時こそチャンス到来という意味
などです。

オバマがなぜあのように批判覚悟で低頭して陛下と握手したのかも、よーく理解できました。

これからも、このような先生の動画を教えてください☆

あきつ

諸悪の根源 日本国憲法
いつもよいエントリありがとうございます。

戦前を否定する事を目的とし今の政治が行われています。
政治・教育・社会を動かす根本原理はなんでしょう?

 憲法です。

戦前を否定する憲法が存在する以上
それに沿った政治家が生まれるのは当然。

政治家が悪いのではない 憲法が悪いのです。

鳩山さんなんか 日本国憲法での優等生です!!

?

No title
ハワイだけでなく、南太平洋の小さな国々は、欧米に飲み込まれてしまっていますね、、、文化を破壊され何も残って異な国々も。彼らに、欧米人はどう謝罪するのか?


アメリカは、戦時中ならともかく戦後になっても、散々酷い反日映画、侮辱映画を山ほど生産し、今もしています。見ていませんが、工藤さんの立派な映画が製作されていたとしても、プラスマイナスゼロにもなりません、、、そう自分は感じます。

きあら

No title
知りませんでした。
当時もうハワイは合衆国に組み込まれていたとばかり。
アメリカはハワイでもろくな事してませんね。
ハワイの花嫁を描いた工藤夕紀の映画があったっけ。
アメリカ映画なのがエライところですが。

わさび漬け

特亜三国の実質的侵略から日本を守れるのか[e:734]
5:31のyaegaki hime さんのご意見に一字一句 賛同します。
そして これは一般民衆の出来る仕事の範疇ではないのですから、政治家という職業の方々がまず、しなければならなかった事であります。

我が国の政治家の頭の中から、与党だろうが野党だろうが「国防」という観念が喪失しております。

しかもここに来て最悪は、近隣に三国も反日・嫌日国家を抱えながら、国防は「無策」こそ唯一の策とする民主党(実質 民主共産党)に政権を与えたのですから、日本の運命は「神頼み」の次元に変わりつつあります。

皆様 覚悟は出来ておりますか?

yaegaki hime

ハワイ最後の王朝についても
真珠湾攻撃の裏にある、もう一つの重大な史実です。
ハワイ=侵略されたアメリカ になってしまっていますが
アメリカこそがハワイ王朝を断絶させて侵略した当の本人なんですね。ここのところを世界中が忘れる。

ハワイの本物の王様が、明治天皇の御世に日本を訪れて自分の姫を親王の后にして欲しい、ハワイを救って欲しいとお願いにいらした史実があります。

1881年、国王カラカウアは赤坂離宮で、日本にハワイを併合して欲しいと申し出るんです。連合化して欲しいと。カイウラニ王女と山階宮定麿王とのご婚儀も希望されました。

日本はアメリカとの衝突を避けるために丁重にお断りしたのですが このカイウラニ王女はアメリカに併合されてしまった翌年に23歳の若さでなくなってしまいます。なんとも言えず痛ましい気がします

一度は日本の皇族との縁談が持ち上がった姫です。日本が併合していればもっと長く続いたかもしれませんね。実際、1893年のハワイ革命が起きた時に東郷平八郎率いる日本の巡洋艦がハワイに行き、米艦を牽制します。

このような歴史的背景があり、ハワイ最後の王朝が日本によくよく頼んで行ったのですから真珠湾など日本のが正統なる継承者みたいなものです。

実際当時の日本にはそういう気持ちの上で近いものがあったに違い有りません。
明治帝の時代に頼まれた土地ですから この軍需施設を攻撃するっていうのは弔い合戦みたいではないですか。
昭和天皇は真珠湾の攻撃の後 くれぐれも民間に被害を出さなかっただろうなと念を押されて、この方のが攻撃よりずっと怖かったと報告に上がった軍人が漏らしています。
日本の王というのは そのようなのです いつも清らかで民を心配してくださる。少なくとも明治からこちら、ずっと皇室というのはそのような存在です。ロシアやフランスのただれた王家とは訳が違います。

私は実はフライングタイガースを出して実質日本を中国本土で攻撃していたアメリカは、宣戦布告なしで日本を戦争に引きずり込んだ張本人だと判断します。

蒋介石だってあれほどの援助がなければ戦えなかったのですから。大東亜戦争の前も、真珠湾も 原爆も 日本のハワイ軍需攻撃と違って市街地を絨毯爆撃したことも、そこには並々ならぬ悪意が満ちていると思います。
そうして1959年、真珠湾から18年も経ってから後々日本を悪者にするためにハワイを州に加える。

まるで昔からアメリカだったかのように。

歴史は曖昧になるということを知っているのです 最後に強く印象付けた者の勝ちだと知っている。実に悪賢く、昔にこれだけ悪賢かった民族が今、進歩し続けていないわけがないのです。

あの昔でもこれだけ大きな信じられないような罠にかかっていたということは今を生きる教訓にしなくてはいけません。
歴史に学ぶというのはそういうことではないでしょうか。

ねずきちさん、このように騙され迫害された日本の戦後は
朝鮮総連のあの横暴と暴行、強姦で日本を更に叩きのめしたのです。

そして今、あの強姦と捏造と逆恨みの民族に主権を奪われようとしています。
それもこれもみんな日本人が歴史を忘れるからです。
何も知らない議員が国会にいるからです
犯罪者側に謝罪する内閣がいるからです

是非、大東亜戦争の総括を連載してくださいませ。日本がどんなに立派だったか、アジアにも白人国にも徹底的にやられた日本というものを掘り起こしてください。日本の学校に在日だの同和の人達が子供達に日本人の残虐と差別を刷り込んでいる昨今、これはせめてネットに一つは書いてあって欲しいです。謝罪して欲しいのはこっちの方なんです。恨みがましいことの一つも言わずに 日本人ていうのはさらっとした民族です。あんまりさらっとし過ぎて 嘘まで信じてしまう。
長々と失礼しました。よろしくお願いします

yaegaki hime

あの辛酸の中でもアジアを独立させた日本
ねずきちさん、記事になされて嬉しいです。
大東亜戦争の下敷きになっていた要因の一つにアメリカでの日本移民への過酷な財産の没収やゲットーへの強制収容に陛下も大変にお心を痛められた史実がありますね。

私は夏にニューヨークのエリス島(移民局があって現在は博物館)に行き、あの時代の日本人がなめた辛酸を語る写真を見まして涙が止まりませんでした。それから粗末な着物を着た生真面目な若い女性達のセピアの写真、本人自筆の入国書類「まつ」などの古めかしい名前には心を打たれました。ああ、この日本人達を待っていた運命の過酷さよ、と。
心から辛く悲しく、立ち去ることもできずに実感しました。

新渡戸 稲造が1920年(大正9年)の国際連盟設立に際して、連盟の規約に人種的差別撤廃提案をして過半数の支持を集めましたが、ウィルソン米国大統領の意向で否決された経緯があります。世界で人種差別の撤廃を定義したのは日本が始めてだと思います。

人類の歴史上はじめて国際舞台で白人の支配者を目の前におじけることなく これを出したのです。それを否決した国と壮絶な戦いを後にするというのは、つまり伏線がありましたね。

日本はユダヤ人を助けたし、朝鮮を必死で独立させようとしたし、あの戦争の前は日本は鎖国なんです。一度も侵略という概念のなかった国です。
全ての戦争は陥れられ、迫害され、自衛のために立つしかありませんでした。末端に不心得者の不祥事のいくつかはあっても 大体においては日本の立場 世界の謀略はこのようでした。

そうして腹黒い白人国に立ち向かい、同盟国であるドイツにまで裏切られ、不可侵条約のソ連には蹂躙され、中国には利用されたのがあの戦争だったではないですか。日本軍はしかもこれほどの壮絶な最後にまだ、アジアの独立のために戦ってあげたじゃないですか。インドネシアやフイリビンなどで命を賭して。こんな民族がどこに居ますか?なんで韓国や中国に謝罪しないといけない?本当の世界情勢の分析と正しい歴史認識を誰に憚ることなくやるべきなのです。これほど情のある、優秀で潔く、良心に支えられた民族は滅多に歴史に出てきません。これこそを子供達に教え、私達も襟を正さないといけないのです。鳩山政権を潰さなくては村山談話より酷い物が出ます。小沢一郎の韓国での国賊行為は断罪されなくてはいけません。国家侮辱罪です。脱税どころではありません。

更に真珠湾に戻ると、アメリカはフライングタイガースという軍隊を中国に派遣していました。これは真珠湾以前に宣戦布告もなしにアメリカが日本に仕掛けていた戦争ではないですか!
それからハルノート、移民への迫害に続く全ては周知の事実ですが、もう一つ真珠湾攻撃を待っていた事実。最新型の戦艦は全部ハワイの沖合い遠くに出払っていた。日本が来るのを知っていたからですね。
IMFだのODAだのにばら撒く金があるんだったら こうした検証をきっちりやり、それこそ謝罪の記念館ではなくて本当の外交記念館なりを立ててですね、しっかりと資料と映像を流すそういうものを日本は作らないといけません。政治家が間違えないように、親達が忘れないように、子供達が騙されないように。
平和、平和と言いますが 軍隊を持ちたくないのならこういうところに多大な予算を投入して世界五ヶ国語くらいには翻訳して常に発信して 捏造でやられてしまわないような深い防衛をしないといけないのです。知の防衛です。職員も沢山抱えて常に世界の発信物に注意を払い、抗議しないといけません。これこそが外交の一種で防衛なのです。シーシェパードの行為にも世界に向かって知らせる。五ヶ国語でネットに発信する。このくらいの知恵がなくてはやっていけないです。
明治の終わりから さんざんやられてきたのにまだ情報戦こそが防衛だと理解しないばか者ですね、日本人というのは。これほど優秀で潔癖にして阿呆な民族を私は知りません。

kinako

真珠湾攻撃
アメリカが、王国であったハワイをだますような形で王政を廃止させて手に入れたというような話を聞いたように思いますが、詳しいことは知りません。しかし、真珠湾攻撃の時には、まだ独立国だったとは初めて知りました。アメリカは、目的のためなら手段を選ばないようなところがありますよね。
しかし、ハルノートの時点で、日本を一州にするというより、戦争して叩き潰すのが目的だったでしょうし、人類の歴史を変えたのは確かですが、真珠湾攻撃をしなかったなら、日本も51番目の州になっていたというのは、ちょっと微妙な説ですね。

座敷童子

知らないことばかりです。
ハワイも…

杜若

No title
日本が、大東亜戦争で戦った意義は小さくありません。
敗戦という結果ではあっても、戦争目的という観点から見ればそれは決して敗れたとは言いがたい。

そして、その意義の中で特筆すべき事項は、けっして工業力、技術力でひけをとらない戦いをしたことです。
零戦には近づくなとは、アメリカのパイロットの言い草でした。また、空母機動部隊を始めて編成したのも日本だったと思います(ただ、その重要性に気がついたのはアメリカでしたが)。

日本は、このアジアから一時は全ての西洋列強をたたき出した。それによるアジアの人々に与えた心理的影響は計り知れないものがあります。
そして、それ以上に、アジアの人々を驚かしたのが、西洋列強に負けない、戦闘機の編隊が飛び交う姿であり、近代的な艦船で戦った日本というアジアの国家だったのです。

なによりもそれこそが、彼らに与えた自信となったのです。
同じ、肌をした人たちが、白人に負けない工業力で技術力で、戦っている。それこそが、彼ら植民地とされ、抑圧された(それは精神的なものが大きい。彼らは自分たちに自信が持てずにいた。)方々にとって驚きであり、また自信を取り戻す契機となったのです。

そして、今の日本も、、、。

こんな逸話を読んだことがあります。
終戦後、日本の飛行機は研究用(たぶん?)としてアメリカに運ばれました。その中にある輸送機もありました(ずいぶん前に読んだもので名前等は忘れました)。
確か、エンジンが二基の輸送機だったと思います。
そのエンジンの一基が輸送途中で故障したそうです。
しかし、残り一基のエンジンで飛行機は目的地まで余裕でたどりついたそうです。
その操縦したパイロット曰く、こんな飛行機を作れる国が戦争に敗れるなどあり得ない。だったそうです。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク