老農と呼ばれた男・・・石川理紀之助



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

石川理紀之助
石川理紀之助


「老農」という言葉があります。
あるいは「農聖」ともいいます。
在来の農法を研究し、自らの体験を加えて高い農業技術を身につけて、農村指導をした人のことをいいます。
そんな「老農」のひとりが、秋田県の石川理紀之助(いしかわりきのすけ)です。

石川理紀之助は、弘化二(1845)年、いまの秋田市金足小泉の奈良家の三男として生まれました。
慶応元(1865)年、21歳のときに、秋田郡山田村(現昭和町豊川山田)の石川長十郎に婿養子に入ました。
ところが理紀之助が養子にはいった石川家は、旧家だけれど借金もぐれでとても苦しい生活でした。

理紀之助は「このままではいけない」と、近隣の農家の若者たちと語り合い、「山田村農業耕作会」を結成しました。
そして「豊かな村づくり」を合言葉に、それまでの個人の営みとしての農業を、農民を広く組織した集団的農業に改革に乗り出したのです。
理紀之助の取組みは、大成功を納め、彼自身も石川家の借金を数年で完済してしまっています。

「山田村にすごいやつがいる」という噂がひろまりました。
秋田県は理紀之助を秋田県庁の勧業課に招きました。職員にしたわけです。
理紀之助28歳、明治五(1872)年のことでした。
こういう試験や学歴、家柄や門閥にこだわらず、必要とあればどんどん民間から人材を登用するというのは、古くからの日本の伝統です。

じつはこの頃、秋田県農業では腐米(くされまい)問題に頭を痛めていました。
ただでさえ寒冷地で稲作が困難な地域です。
そこへ稲の病気が流行ったのです。
理紀之助は原因を追究し、収穫時の米の乾燥方法に新しい方法をあみだして、県の腐米改良指導に尽力し、功績をあげました。
さらに理紀之助は、寒冷地に適したおいしいお米の生産の普及を目指し、明治十一(1878)年には「種子交換会」を開催しました。
いまでも秋田で続いている「種苗交換会」のはじまりです。

理紀之助は、こうして行政の農業指導官としての実績をあげながらも、官という上からの指導の限界を痛感しました。
ほんらいなら、お百姓のみんなと、毎日一緒になってやらなければだめだと思うようになったのです。
彼は、行政官としての仕事とは別に、各地の老農を結集して自主的な農事研究団体として「暦観農話連」を結成しました。明治十三(1880)年、理紀之助35歳のときです。

このときの理紀之助の言葉があります。
========
何よりも得がたいものは信頼です。
信頼は、つつみかくさず教え合うことから生まれます。
進歩というのは、厚い信頼でできた巣の中で育つのです。
========
まさにその通りです。

最近ではなんでもマニュアルにしたり、法律を作ったり取り締まったりしさえすればなんとかなると考える人が増えていますが、規則や決まり、ルールやマニュアルが人を育てたり進歩を導くものではありません。
互いの厚い信頼関係こそが、人を育て進歩を育くみます。
なぜなら人は人との関係の中でしか成長しないからです。
人の成長がなければ、そこに進歩はない。あたりますぎるくらいあたりまえのことです。

「暦観農話連」には、結成早々に74名の老農たちが参加しました。
ここで大事なのは、早々に74名の「老農たち」が参加した、という点です。
老農と呼ばれる農業の達人、あるいは農業指導者が、明治初期にたくさんいた、ということです。
そしてそれは江戸時代にもたくさんいたし、もっといえば神話の時代から数多くの老農がたくさんいて、全国の農産物指導を担っていたのです。日本は古来、そういう国だったのです。

暦観農話連
暦観農話連


その「暦観農話連」で理紀之助は、会合の都度近くのお寺や農家に泊まり、自炊しながら催しを支えました。
夜になれば時のたつのを忘れてみんなと話し込みました。
こうすることで理紀之助は、農業への熱い夢と情熱を、みんなと共有したのです。

「暦観農話連」による信頼の輪と固い絆は、こうしてだんだんに広がり、明治の末にはなんと499名の会員を擁する老農集団となっていました。
会員は秋田県にとどまらず、お隣の山形、宮城や、遠く埼玉からも仲間が集まっています。

さらに理紀之助は、明治15(1882)年から6年にわたって、二県八郡49カ町村の「適産調(てきさんしらべ)」を実施しました。
各地の土壌、面積、人口、戸数、生産物、自作農地と小作農地の収入、農作業、生活習慣などを総合的に調査し、調査結果とその地の農業の再建計画を作成したのです。
このときの理紀之助のレポートは、731冊に及ぶ膨大なものです。

適産調
適産調


この調査のとき、理紀之助とその仲間たちは、つねに顔を覆う白布と、葬儀料、死亡届のための戸籍謄本を身につけていました。
旅先でいつ死んでもいいようにです。
自分が旅先の道中で死んだ時、旅先の人に迷惑をかけてしまう。
だからすこしでもその迷惑を減らせるようにとの配慮からです。

実はこうした習慣は、古くから続いている日本の習慣です。
江戸時代ですと、当時の通貨は「小判」ですが、旅をするときには、その小判を襟の中に縫い付けました。東海道中膝栗毛の弥次さん喜多さんも、襟には一両小判が縫い込んであったのです。
一両はいまでいったら、だいたい六万円くらいです。

明治十六(1883)年、三十九歳の時、理紀之助は役人の職を辞しました。
そして故郷の山田村の救済のためです。

実は明治十(1877)年ころから、米の値段が上がり出すのですが、五年後の明治十五(1882)年には、逆に米の値段が急落したのです。
これに冷害が重なりました。
どの農家も借金に悲鳴をあげますた。
至るところで食べれなくなる農民が増えたのです。
理紀之助の故郷の山田村もまた借金であえいでいました。

「この息も絶え絶えの農村を救うにはどうしたらよいのか」
これまで培った知識と技術をもとに農民に戻り田畑を耕し、山田村を建て直したいと、理紀之助は山田村に帰り、村人に次の提案をし「山田経済会」を発足させました。

一 質の良い肥料を作り、これまでの倍の量を田んぼに施し、米の収量を増やす。
二 収量が増えた分を借金の返済にあてる。
三 無駄遣いをやめ、暮らしに必要なものは「共同で」買う。
四 養蚕をとりいれ副業に精を出す。
五 仲間外れが出ないよう、助け合い、励まし合う。

困ったときに収穫高を増やしたり副業を振興したり無駄遣いやめようというのは、昨今の国政や、会社などでもよく言われることです。
けれど理紀之助は、さらにそこから一歩進めて、「暮らしに必要なものを共同で買う」ということを実施したのです。

実は、収入というのは、生産高と常に等しいものです。
生産し、働いた分が収入になるからです。
これはあたりまえのことです。

ところが価格が急落するというのは、生産量に対して、収入が減った状態を意味します。
収入が減ったからといって、生産量を減らしたのでは、ますます収入が減ります。これまたあたりまえのことです。
デフレのときに、リストラして生産量を減らせば、ますます収入が減るのです。
これまた考えてみればあたりまえのことですが、世の中というのは、デフレになったら生産量を減らす(=リストラ)したり、税を引き上げて、人々の減った収入からさらに収入を減らそうと考える人がいます。
頭のおかしな人としか言いようがありません。

これに対し、理紀之助が行ったことは、実に理にかなっています。
デフレで生産量に対して収入が減ったのだから、みんなでお金を出し合って、もっと生産量をあげ、収入を増やそうとしたのです。

理紀之助は「山田経済会」を発足すると、毎朝午前3時に、掛け板を打って村人を起こしました。
そして早朝からみんなで力を合わせて農作業を行ないました。
夜明け前の闇に、毎朝「コーン、コーン」という掛け板の音が響き渡る。村人が集まります。
そしてみんなで農作業をする。
山田村はこうして村人たちの努力と協力で、わずか五年で村の借金を完済してしまいます。
その当時に、理紀之助が詠んだ歌があります。

 世にまだ生まれぬ人の耳にまで
   響き届けよ 掛け板の音

吹雪の朝のことです。理紀之助がいつものように午前3時に打ち終えて、雪まみれになって家に入ると、妻が、「このような吹雪の朝に、掛け板を打っても誰にも聞こえないし、ましてやこの寒さでは、誰も起きて仕事をしようとはしないでしょう」と、言ったそうです。

理紀之助は、「そうかも知れないね。でも私は、この村の人々のためだけにやっているのではないのだよ。
ここから五百里離れたところの人々にも、また五百年後に生まれる人々にも聞こえるように打ってるんだ」
理紀之助の志が、単に目の前のことだけではなく、遠く未来を見据えたものであったことが、この一語にあらわれています。

毎朝3時に村民の起床を促した掛け板
毎朝3時に村民の起床を促した掛け板


明治三十四(1901)年、理紀之助56歳のとき、尊敬している前田正名(まえだまさな)から、九州の霧島山(きりしまやま)のふもとの開田事業の手伝いを頼まれました。
前田正名が五百町歩の新田を開いたから、来てくれないかというのです。
手紙にはこう書いてありました。

========
私は、この開かれた新田で、新しい農村をつくろうとしている。
そこで、あなたおよびあなたの同志数人に来てもらい、あなたたちの考える理想の村づくりをしてもらいたいと思う。
しかし、私は開田のために、もう資金がなくなってしまった。
なのであなた方に来てもらっても、日当も報酬も払えないし、往復の旅費も支払えない。
だから、費用は自前で、できれば一年ぐらい滞在して指導をしてもらいたい。
========

いやはやずいぶん無茶な話です。
農業指導に秋田から九州まで来てくれ。ただし、カネはない。交通費も日当も、給金も、ぜんぶ自前で、しかも仲間を連れてきてくれ、というのです。

理紀之助は、自分は行くにしても、仲間はついてきてくれるだろうかと悩みます。
そして正月早々、仲間に集まってもらってじっくりと話しました。
みんな快諾してくれました。
そしてそれぞれが家族や親類をまわって金を工面し、不在中のことについても話し合い、大変な無理をしながらも「先生と同行して勉強したい!」と申し込んできてくれたのです。

一行は、明治三十五(1902)年四月始めに、出発しました。
鹿児島まで汽車で行き、ここで一泊します。翌日から馬車に乗って北上し、宮崎県北諸県郡中霧島村(現在の北諸県郡山田町)の谷頭(たにかしら)の事務所に着いたのは、4月20日の夕方でした。

わらじを脱いで板の間に上がると、脚絆(きゃはん)(旅行時に歩きやすくするため足に巻く布)も解かずに、すぐに明日からの行動計画と自分たちの日課表を決めて、それを壁に張り付けました。
谷頭は、桜島が噴火したとき、難を逃れてきた人々が住み着いたところです。
一帯は霧島山の火山灰でできた台地で、樹木も十分に育たず竹林が茂っている。
畑からは芋(いも)しかとれない。
村には、すでにあきらめムードが漂っています。

理紀之助は翌朝から日程表に決められた通り、午前3時に起床の掛け板を打ち鳴らしました。
けれど誰も来ません。
そして朝7時頃になって、みんなそれぞれの自分の畑にバラバラに出かけて行きました。

理紀之助は村人を集め、農業振興のための方針を話そうとしました。
ところが理紀之助は、秋田弁です。谷頭の人たちは薩摩弁、まるで言葉が通じません。
筆談しようにも、村人たちは読み書きができない。
しかも、自分たちがどんなに貧しくても、そういうものなのだ、とあきらめきっています。

このとき、理紀之助は、秋田から一緒に来た仲間たちに次のように語りました。
=======
私たちは、まず指導しに来たのだという考えを捨てよう。
この村の一員となりきって行動するようにするのだ。
そしてこの村の欠点やここの人々の劣っていることを決して口にしないこと。
欠点を直そうと思ったら、自分たちの生活や行動で気付かせるようにしていくこと。
農業のことについて聞かれても、自分の知識や体験で断定的な話をしないようにすること。
=======

実は、ブータンでダショーの称号をもらった西岡京治も、台湾や朝鮮半島、満州で日本人が行ったやり方も、全部、これと同じです。
どこまでも謙虚に、そしてみんなを交えて、みんなの合意を形成する。
それが日本のやり方です。

理紀之助は、仲間たちと朝にわらじをつくり、それを庄内の店に売りに行ったら十銭儲かったとか、竹かごを売って十五銭儲かった、などと村人たちに話しました。
村人たちは、早朝に仕事をする習慣がなかったのだけれど、そんなに儲かるなら、じゃワシらもやってみようということになり、一人、二人と早朝に集う人が出てきました。

さらに理紀之助は、夜は子供たちのために夜学を開きました。
こうして理紀之助たちの指導が始まって二週間、村の中にほのかな希望が芽生え、明るく生き生きとした雰囲気が生まれてきます。
早起きする人も増えて、どこの村よりも多く貯金するようになってきたのです。
夜学の子供たちも、眼を輝かせて学問に励む。その様子は、外を歩く者が足を止めて見入るほどだったといいます。

こうして理紀之助が前田正名と約束した6ヵ月が過ぎたとき、いよいよ谷頭を去ろうとする頃には、村のお年寄りや若者、子供たちまで全員集まって、別れを惜しんでどこまでもついてきてくれました。
帰れといっても帰らない。
理紀之助は、別れを惜しむ村の人たちの純情に、涙を流さずにはいられなかったそうです。

理紀之助ら一行の、このときの心は、その後、全国の講演会で紹介され、日本の台湾や朝鮮半島、満洲での現地農業指導にそのまま活かされました。
台湾でも、満州でも、私たちの先人達は、まったくそのようにして現地の人々と一緒に開墾をしたのです。

その結果、台湾では米の生産高が30年で3倍以上、サトウキビの生産高は26倍、朝鮮半島ではわずか15年の間に農業生産高が2倍に増え、満洲の大豆の収穫高は14年で164倍に増えています。
人々に笑顔が戻る。みんなが労働の喜びを共有する。
そうして喜びをわかちあった現地の人々を漢奸狩りと称して、Chinaは虐殺の対象とした。人間の所業じゃありません。

ちなみに満洲(いまのChina東北省)の耕地面積は、日本の満洲統治時代に開墾した当時のまま増えていません。
その一方で、農業従事者の人口は約3倍に増えています。
食えようになったからではありません。ふたたび貧困が支配しているのです。

理紀之助は大正四(1915)年、70歳でその生涯を閉じました。
亡くなる前の最後の仕事は、秋田県仙北郡強首村の救済事業でした。
当時、理紀之助は、よく次のように語ったそうです。
「俺は農民だ。農民が農民を助けないで誰が助けると言うのだ。」

そう言って、老いる体にムチ打って、毎朝三時に掛け板を鳴らし続ける理紀之助のもとには、多くの若者たちが馳せ参じてくれたそうです。
「これら青年を見よ。わしらの意志をしっかり受け継いでくれている。これこそが世に残す財産だ」
理紀之助が残した最後の言葉です。

石川理紀之助の生涯を尋ねれば、決して豊かな暮らしをしていたわけではないし、どちらかといえば生涯富には恵まれず、貧乏な生活を送った人です。
けれど彼の生涯は、心根の豊かさを私たちに想起してくれます。

明治の気骨という言葉がありますが、その気骨の原点にあるのは「公に尽くす」の一語です。
みんなのために尽くす人生、人の人生は決して自分だけのものではないということを、理紀之助は私たちに教えてくれているような気がします。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

満州植民地計画から敗戦・引き揚げまで


日本の心を伝える会では、いま会員の募集をしています。
登録無料!! ご入会は、
①ハンドルネーム
②お住まいの都道府県
③メールアドレス

の3つを書いて、assist@nippon-kokoro.com にメールするだけ。
ご入会受付後、メーリングリストへの招待メールをお送りいたします。
この機会に、あなたも是非、どうぞ^^♪
日本の心をつたえる会ロゴ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

この花咲くや姫

秋田から
秋田県人をとりあげてくれてありがとうございます。その他乾田馬耕をなした斉藤宇一郎さんもいます。昔稲は深い泥沼に植えたので腰あたりまで浸かって農作業したため重労働で収穫も少なかったそうです。それで宇一郎先生が乾田馬耕にしました。むろん大変な仕事の末です.また、村人と米をすくった猫がいて忠猫碑があります。斉藤宇一郎、にかほ市.忠猫碑は横手市です。詳しくはhpを見てください。まだ立派な人はいますよ。

日本がんばれ!

No title
「公に尽くす」の一語なんて言うとカッコ良すぎでしょうか?
でも、国や郷土(ふるさと)を思う気持ちは同じだと思います。
ねずきちサン頑張ってください!
もっともっと素晴らしいお話をお願いします!

杜若

No title
日本人全てが善人でもないし、働き者ばかりとも限らない。
しかし、この国には高等宗教はなくとも自然なかたちで、それ以上の境地に至る方が多いことも事実でしょう。
そして、その裾野も広い。私は、上杉鷹山という方が大好きですが、そのような方々が探せばいくらでも見つかりそうです。
私たちは、それをこそ誇りにすべきでしょう。

また、そういった人たちのことを知らずにいることも確かです。今、私たちはこの民族の本来の姿を忘れつつあるような気がします。
特に、今の若い人たちに気がついてほしい。
この国に生まれた意味を。

宗三

No title
ねずきちさん

何時も心にしみわたるお話しありがとう御座います
日本人としての
誇りや自信 責任 勇気を再確認でき 又、新たに教えて頂き感謝致します
禁止された件の方達は当たり前の処置です

私は、ねずきちさんと同じ日本人で居る事に誇りに思い、先人達の事も素晴らしく誇りに思っています

-

No title
今日も素晴らしいお話をありがとうございます。

-

何も知らない私
ねずきちさんのブログを訪れると本当に私は何も知らないのだなぁと。・・・
先人の方達は凄い人がいっぱいいるという事に日本人として誇りを感じますね。
それだからこそ外地でもインフラ整備を行い欧米に対抗し
アジアを彼らと対等にしていこう。それが日本の利益にもなると考えたのでしょうね。当時は日本自体経済的に余裕が無かっただろうに。

このような日本国を特亜3カ国は国際社会で貶めお金をせびり未来永劫謝罪を要求するのでしょうか。?
許せません!いつまでも日本人は大人しくばかりしているわけにはいかないと思いました。いっとき日本の美徳をそばにおいても反撃するべき時はしなくてはいけない。

そうしないといつまでも舐められたままで先人にも子孫にも申し訳が立たない。

あ太郎

愛があるか
いつもよく調べて書いてあるので感心します。 書き手が愛情を持って書いているかで、ブログの人気の度合いが判定できそうです。

ところで、一知半解なる輩のブログをチラリと見たら、投稿禁止にされた事を逆恨みしていますが、負け犬の遠吠えです。

せいぜい十数冊の本を読んだだけの、切り売りの知識で論陣を張ろうとやっきになっていますが、山本七平自身まだ評価が定まっているとはいえません。

浅はかな知識の事を、一知半解というのか。 

山本の著作の中で、「人望の研究」といのがありますが、虚栄(見栄)こそが人望の大敵だと、述べています。一知半解は、まだ読んでいないようですね。

猫のひげ

イイ顔してますなぁ
古い写真を見ると、昔の日本人は皆さん立派な顔をされてますね。志が顔に出ています、なんて偉そうに言うのもなんですが。石川理紀之助さんも素晴らしい顔をしています。
人間40超えたら自分の顔に責任を持て、と聞かされ、とっくに超えてしまった自分としては、まだまだ先人たちに追いつくことは難しいと感じるこの頃です。

オリンピックのフィギュアスケートで、八百長がクローズアップされていますね。私は、浅田選手のことを思うと涙が出ます。彼女は、なんと健気なのでしょう。
バカで失礼なマスコミを相手に、常に誠実に応対し、妙なバッシング記事やバッシング番組があっても前向きに対処しています。彼女は、ジュニア時代からずーっとそういう人でした。真に尊敬に値すると思います。
どなたかのブログで弥勒菩薩と、浅田選手の写真を並べて「似ている」というのがありましたが、本当に気高く、気品が溢れていて、こんな素晴らしいスケーターが日本にいてくれて良かったと、つくづく感じているところです。
浅田選手は、まだ若いのに内面の美しさが態度や表情に出ていて素晴らしい。

八百長というのは「わざと負ける」ということなので、今回のフィギュアは、スコア捏造事件、出来レースといったものなのでしょうか。

ねずきち様のスタンスに私は全面的に賛同していますので、訳の分からないコメントでここを荒らす輩を締め出すのは賛成です。かなり包容力のある(と、勝手に感じてます)ねずきち様が処断されたのですから、よほどのことなのでしょうね

まつ星

國體の顕現
老農  秋田の石川理紀之助 
全く知りませんでした。こんなにパワフルで公に尽くした偉人がいたから、日本の農業は発達していったのですね。
半島でも台湾でも満州でも 一口に人口が増えた、鉄道がのびた、産業が進んだ、というけれど、あちこちにこのよな偉人がいたのだと明確に思うことができます。
そんな先輩たちがいて本当に私たちは幸せです。学んで今に生かすことができるからです。忘れてしまったように思われるがあっても、この精神性はきっと埋もれていて出番を待っています。新しく創らなくても取り戻すだけでいいのです。実際 ねずきちさんの文章を読むとすんなりと感動できるではありませんか。
これを国体・國體の顕現ともいうのではないでしょうか。

一世

いつもありがとうございます。
いつも、心に沁みるお話をありがとうございます。
今年の1月13日にねずきち様が書かれた“石頭予備士官候補生の戦い”において、一知半解? とかいう輩に、私はどうしても我慢が出来ず、コメント致しました経緯がございます。
今回の処置は、この記事をご覧になられておられる方々にとりましても、納得の処置と思われます。
どうかこれからも、日本人の心の寄り所を絶やさぬ様お願い申しあげます。

JPN

No title
素晴らしい話、ありがとうございます。

「俺たちは日本人だ。日本人が日本人の名誉を護らないで、いったい誰が護ると言うのか」

プク

No title
この石川翁の物凄いパワーはどこから生まれたのか? なぜ、現代ではこのような人物を輩出できなくなっているのか? 何か基底部分が脆弱になっている?

-

これは日本人の話だ!と自分に言い聞かせて読んでいます
ねずきちさんのブログを読んでいてたまに
「この話は本当に日本人のお話なのか?」と思ってしまう時があります。

読めば読むほど今の日本人との違いを見せ付けられ
どこか遠い国の物語のように感じてしまいます
それが悔しいです。一体どうして今の私達はこんな風になってしまったのか・・・

愛信

【騒然とする北教組本部 永田町の小林氏は無言】
【騒然とする北教組本部 永田町の小林氏は無言】

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/218300.html

「地検、地検だ」。若い男性組合員が叫び、屋内に走り込んだ。
民主党の小林千代美衆院議員(道5区)に対する不正な資金提供をめ
ぐり、政治資金規正法違反容疑で委員長代理らが逮捕された北海道教
職員組合(北教組)。

【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi
【政治・経済タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク