新手一生・・・升田幸三



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

升田幸三


相手の出方をしっかりと読んで、陣を構築したり、敵将を追い詰めたり、運を天にまかせるギャンブルとも違う、人と人との駆け引きや勝負を行う。

指先の操作だけで、一定のルールに従って自然とキャラクターが成長するだけのコンピューターゲームなどと違って、碁や将棋は、思考力そのものを養う。

最近では、ゲーム機の普及によって、あまり将棋や碁を指す姿が見られなくなっているような気がしますが、これも日本弱体化工作による成果なのでしょうか。

将棋といえば、大好きなプロ棋士に、升田幸三(ますだこうぞう)がいます。

大山名人とともにひとつの時代を築いた人で、将棋界では知らない人はいない実力制第四代名人です。

破天荒な人柄と独創的な指し手で、三冠独占を果たした天才棋士で、「魅せる将棋」、「新手一生」などの名言を残しています。

升田幸三は、大正7(1918)年の生まれ、広島県三次市の出身です。

この升田幸三が、戦後間もない頃、GHQに呼ばれたときの対話が、本人の回顧録に残されています。
すごくおもしろいです。

以下、引用します。

~~~~~~~~~~~~
■缶ビール片手に放談

おなじ年の夏、私はGHQに呼び出され、大演説をブッておるんです。
対局とか、木見先生の代理で関西本部の仕事とか、東京へ出る機会がわりと多かった。

現在の朝日新聞顧問、当時は業務局長だった永井大三さんと意気投合して、上京すると朝日の本社に転がりこみ、永井さんの部屋をねぐらにしとったんだが、ある日、業務局次長の窪川さんが、
「GHQでお前にこいといっている。いろいろ将棋の話が聞きたいそうだ」という。

将棋界には大成会という組織があり、木村義雄という立派な会長がおられる。将棋の話なら、そっちから聞くのが筋だろう。
だがアメリカさんのご指名とあれば、いやでも出向かなくちゃならん。

GHQの本部は皇居のお濠の手前、いまの第一生命のビルにあった。部屋に通されると、ベタ金の軍服を着たエラそうなのが4、5人、脇に通訳がいる。

「酒を飲ませてもらいたい」

開口一番、私はこういった。

自分は5歳の時から、酒を飲んで育っておる。
酒を飲みながら人と話をするのが、自分の習慣である。

「よろしい。日本酒はないが、ビールとウィスキーがある。どちらがよいか」
「ビールをちょうだいする」

これはね、あらかじめ立てていった作戦なんです。
いったいなにを聞こうとするのか、相手の意図が分からん。
うかつにしゃべって、言葉じりでもつかまれたらアホくさい。
ビールを飲めば、必然的に小便が近くなる。
難しい質問をされたら便所へ立ち、じっくり返事を考えよう、というんです。

よろしいといいながら、なかなかビールを出してくれん。
催促すると、目の前に並んどるという。
なんのことはない。缶ビールなんだ。

こっちは横文字が読めんし、ビールの缶詰があるなんて、夢にも知らない。

空けて、飲んでみる。まずい。

「まずいなあ。これ、本物のビールか」

大声でそういったら、みんなビクッとした。
よし、この調子なら大丈夫だろう。

やがて質問が始まる。

「剣道とか柔道とか、日本は武道というものがある。おかげでわれわれは、沖縄の戦いで手を焼いた。武道とは危険なものではないのか」

「そんなことはない。武道の武とはホコ(矛)を止める、と書く。身につけても外へは向けず、おのれを磨くのが武道である。武士道とは言葉づかいの道のことだ」

ビールをまずそうに飲みながら答えると、あちらさんも気をつかって、

「ナポレオンがある。これはどうか」という。

ナポレオンが高級な洋酒であることを、これも私は知らない。

「ナポレオンなんて、冬がくると負けちまうような将軍、私ゃ好きになれん」

トンチンカンな返事をするから、通訳はオロオロしおる。

「われわれのたしなむチェスと違って、日本の将棋は、取った相手の駒を自分の兵隊として使用する。これは捕虜の虐待であり、人道に反するものではないか」

おいでなすったな、と思った。
たぶんこれをいってくるだろうと、覚悟しておった。

「冗談をいわれては困る。
チェスで取った駒をつかわんのこそ、捕虜の虐殺である。
そこへ行くと日本の将棋は、捕虜を虐待も虐殺もしない。
つねに全部の駒が生きておる。
これは能力を尊重し、それぞれに働き場所を与えようという思想である。
しかも、敵から味方に移ってきても、金は金、飛車なら飛車と、元の官位のままで仕事をさせる。
これこそ本当の民主主義ではないか」

こういうと、一気にまくし立てたようですが、一区切りごとに通訳が入って時間がかかる。
その間、こっちはまずいビールをグイグイ飲む。

「あなた方はしきりに民主主義を振り回すけれど、チェスなんてなんだ。
王様が危なくなると、女王を盾にしても逃げようとするじゃないか。
古来から日本の武将は、落城にあたっては女や子供を間道から逃がし、しかるのちにいさぎよく切腹したもんだ。
民主主義、民主主義と、バカの一つ覚えみたいに唱えるより、日本の将棋をよく勉強して、政治に活用したらどうだ。」

酔いにまかせていいたい放題いうもんだから、ベタ金の将校さんも毒気に当てられ、苦笑するばかり。
こうなればホラの升田の独壇場です。

「お前らは日本をどうするつもりなんだ。
生かすのか殺すのか、はっきりしてくれ。
生かすなら、日本将棋にならって人材を登用するのがいい。
殺すというならオレは一人になっても抵抗する。
日本が負けたのは、武器がなかったせいだ。
オレはよその飛行機を分捕ってきて、お前らの陣地に突っ込んでやる。」

いやもう滅茶苦茶です。
酔いが回るにつれて、「あなた方」と呼んどったのが「お前ら」に変わり、おしまいには「おんどれら」になった。
これには通訳が困惑して、意味が分かりませんという。

「おんどれらとは、大あなたという意味で、これ以上はない尊敬の言葉だ。こんなのを知らんどって、よく通訳がつとまるな」

ハハアと通訳の奴、不思議そうな顔で納得した。

木村前名人のことも話題に出たので、

「戦争中、あの人が海軍大学などを講演して回り、おかげで日本は戦争に負けた。
オレが代わりにやっとったら、日本が勝っておる。
おんどれらにとっちゃ、あの人は大恩人なんだぞ」といってやった。

■戦犯をうまく使え

かれこれ5、6時間も話とりましたかな。引き揚げていいというから、

「余計なことかも知らんが、一つ注文がある。巣鴨にいる戦犯の連中を、殺さんで欲しい。
彼らは万事よく知っており、連中を殺すのは、字引を殺すようなものである。
生かして役立てる道を考えてもらいたい」こういったら、ベタ金の一人がフンフンとうなずいて、

「よくわかった。沈黙は金とかで、日本人は口が重い。
戦犯たちにいろいろ聞いても、すっきりした返事をしてくれない。
だが貴公は実によくしゃべる。
珍しい日本人である」といいおった。

シャクにさわったから、最後にこういって帰ってきた。

「日本人は菜食主義で、元来がおとなしいんだ。
それをおんどれらは、やれ肉を食え、牛乳を飲めと、日本人の血圧を高くさせ、短気にさせようと心がけよる。
いらんことをせんといてくれ」

帰りしなに、ウィスキーを持って行けという。
大風呂敷をひろげた男が、ヘイありがとうともらっては、コケンにかかわる。
のどから手が出るほど欲しかったが、いりませんと断った。
必要ならいつでも取りに来いと、感じはよかったです。

ライシャワーさんと一緒に講演したり、ロバート・ケネディにお説教するようになったのは、この時のお喋りが切っ掛けだったんでしょう。

大阪を本拠地にしとる私が、なぜGHQに指名されたのか、いまもって理由はわかりません。
思い出してみて、よくまあズケズケとしゃべりまくったもんだと、自分ながらあきれます。
私には、酔ってしゃべり出すと止まらないところがあるんです。

でも、よかったんじゃないかな。
私の放談のおかげで、吉田茂さんはやりやすくなったんだと思う。
~~~~~~~~~~~

「生かすなら、日本将棋にならって人材を登用するのがいい」

この言葉は、日本国内におけるマイノリティだった朝鮮人を使った日本統治の不具合と相まって、結果としてGHQは、日本にもとからあった行政機構や人材を再登用する道を開いています。

升田名人からのヒアリングは、単なる放言という枠を超えて、日本人による日本の独立を果たす一翼を担ったといえるのかもしれません。

昨今、いろいろな分野で「マニュアル化」などが叫ばれ、なんでもかんでもマニュアルを作り、マニュアル通りにやることが「正しいこと」とされるような風潮があります。

しかし、碁や将棋には、マニュアルなどありません。

常に相手があり、相手の動きの先を読んで、戦いを制する。

現代日本人は、うわべだけの数値や出来事を単に「評価」することに馴れ、出来ごとの裏側にある深い「洞察」や「思考」といったものを、忘れているような気がします。

名人の碁や将棋にみるように、ここで「飛車」を取られても、最後に「王手」がかかるという、深く長い「読み」。そうしたものが、すくなくとも戦前や戦後の一定の時期までは、確実に、日本にあった。

すくなくとも、そうした「読み」に対する訓練があったなら、多くの日本人が「子供手当」などという露骨な利益誘導に釣られて、ろくに考えもせずにミンス党などに政権を渡すことはなかったのではないか。

日本にいま必要なことは、単に現象面に捉われた対処療法だけでなく、政治の根本を見直すもっと抜本的な根治療法も視野に入れた戦いが必要なのではないかと思います。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

升田幸三 - 名人に香を引いた男


日本の心を伝える会では、いま会員の募集をしています。
登録無料!! ご入会は、
①ハンドルネーム
②お住まいの都道府県
③メールアドレス

の3つを書いて、assist@nippon-kokoro.com にメールするだけ。
ご入会受付後、メーリングリストへの招待メールをお送りいたします。
この機会に、あなたも是非、どうぞ^^♪
日本の心をつたえる会ロゴ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

No title
 最近、永世名人米長を破った将棋のコンピューターソフトができたようですね。

togyo

仕事師
一筋に生きながら、世相を斬れる、そんな升田幸三さんのような姿勢に憧れますね。
この度の話は痛快でした  (^_^)

TEXAS

将棋
学生の頃は、私はアマ4段でした。 一般の道場ですから段位/実力はたかがしれています。
「升田幸三」の話は、彼の著書だったかにも書かれていました「勝負」?。 大山-升田の名人戦の迫力は、今のタイトル戦ではもう見られんでしょう。

将棋から離れて、もう云十年。 時折、昔の棋書を引っ張り出して読んでいます。

光夫

No title
将棋 名棋譜解説 46対局

http://www.youtube.com/view_play_list?p=B3D925021814AD0A

^_^)b 解説付

沖野ピノキオ

将棋とチェス
将棋もチェスもルーツは古代オリエント文明。メソポタミア辺りらしいです。
三人でやったり四人でやったりするものもあったそうですが、二人でやるかたちのものが遊戯性が高く各地に浸透して行きました。
ヨーロッパにはそのまま。
インド経由で中国に入り【象棋シャンチー】となります。

日本には平安時代に伝わったそうです。
【小将棋】
9×9マス、9種類のコマ。
【中将棋】
12×12マス、21種類のコマ。
【大将棋】
15×15マス、29種類のコマ。

凝り性の日本人らしく。どんどん複雑なコマを増やし、盤面を広げて行きましたが、とったコマが使えないのはチェスと同じでした。

やがて現在の9×9マス、8種のコマの本将棋のかたちに落ち着きます。

「とったコマを再利用できる」というルールを付け加えただけで複雑さ不規則性が増し、下手にコマの種類を増やしたり、盤面を広げたりするよりも遊戯性が向上したからです。

それを可能にしたのはコマの形だと思います。

チェスや象棋は「色」で敵味方を区別します。(象棋は使っている漢字も違う『将』と『帥』、『象』と『相』、『士』と『仕』、『卒』と『兵』、『砲』と『炮』など『馬』『車』は同じ字。)

日本の将棋は平たい五角形のコマで違うのは『王将』と『玉将』だけ。敵味方の差別がないから再利用が可能。

「色が違うから」との理由で他者を受け入れない思考を持たないのです。

まあ、その特異な「お人よし」性質のおかげで国際的に不利になることもしばしばありますが。


ちなみにチェスの場合、20年以上前に人間の名人よりも強いコンピューターが開発されましたが、

将棋ではプロに勝てるコンピューターはまだ作られていません。(いや、一手あたりにものすごく時間をかけるならば可能性はありますが)

将棋は日本人の性質と相俟って、完成された遊戯になったと言えるのではないでしょうか。

-

No title
将棋はいいね! 
   チェスは将棋に勝てない。

日本が武士道の国なら、英国は紳士の国らしい。

紳士ってわんさか植民地をもって、奴隷を使い搾取に明け暮れた人間のどこが紳士なのだろう??

もっこす曹候補正

No title
升田 幸三をよくぞ紹介してくださいました。
将棋を嗜む者として最も尊敬する棋士です。
GHQとのやり取りでの大物ぶりや将棋での
鮮烈な指しまわしに没後久しい今でも我々を
魅了しつづけています。
ねずきち様、いつもよい話を読ませていただき
感謝しています!

愛信

【徴用などへの補償用意、鳩山首相が非公式表明か】
【徴用などへの補償用意、鳩山首相が非公式表明か】
http://blogs.yahoo.co.jp/ayahiro1959/archive/2010/3/9

日本の鳩山由紀夫首相が、日本植民地時代の徴用・徴兵などの問題に
対し順次補償していく用意があることを、米議会の重鎮に非公式の場
で示したと伝えられた。韓国の社団法人、太平洋戦争犠牲者遺族会の
民間請求権訴訟代理人を務める米国在住のマイケル・チェ弁護士が
7日、聯合ニュースの電話取材に対し明らかにした。

【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi
【政治・経済タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

裸族のひと

No title
>出来ごとの裏側にある深い「洞察」や「思考」、「読み」に対する訓練

非常に大切な事だと思います。確かに昔の日本人と比較して、今はこれらの訓練が足りていないのではないでしょうか。次の一手を指す前に熟考を重ねて勝利を掴む将棋は、良い訓練になりそうですね。

最初のうちは相手の手など見えず、自分の手だけを考えてボロ負けするものですが、相手の手を読んで様々な可能性を考えないと勝てませんよね。昔は新聞・雑誌の隅に、詰将棋やクロスワードが有りましたが今もやっている人はいるのでしょうか?
(私は海外駐在が長く、新聞を見なくなって久しいのでわかりません)

今のような時代こそ、子供たちには”先を読む力=洞察力”を付けさせる教育や遊びをさせるように心掛けたいものです。

june

No title
マスゴミは報道しないテロで隠蔽!草の根で拡散希望!!

驚愕!『子供手当て』の外国人優遇内容

2010/3/8 参議院予算委・丸川珠代(自由民主党・改革クラブ)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9958237
(子供手当に関する質疑・・・19分20秒ぐらいから)

3月8日の国会質疑で丸川珠代さんが追及している。
↓動画
http://bit.ly/a0xRw4
(子供手当に関する質疑・・・18分58秒ぐらいから)

2010/3/5 衆議院厚生労働委・田村憲久(自由民主党・改革クラブ)
「アラブの王族に50人の子供がいて50人分支給される」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9928944

愛信

与党、2法案の週内の衆院通過目指す
与党、2法案の週内の衆院通過目指す

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4374882.html

子供手当と授業料無料化で毎年20兆円が必要になる、継続不可
能な法案を強行する民主党は先の衆議院選挙に掲げた
マニフェスト詐欺で国民を騙す、売国政党。

【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi
【政治・経済タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

N

No title


必見! くわしい まとめです
http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/a8843de60b784b5ced94a769e9ae2cfc



光夫

No title
升田幸三の全対局
ttp://wiki.optus.nu/shogi/index.php?page=29875dc87538de6e467e31191272dbe0

升田式石田流
ttp://f11.aaa.livedoor.jp/~uzway/main/ishidaryu/ishidaryu0.html
「升田式石田流」は、その名の通り升田幸三実力制第4代名人が江戸時代中期に盲目の棋士・石田検校が生み出した「石田流」を改良した戦法です

やる夫で学ぶ将棋入門 「将棋を始めよう」
ttp://www.nicovideo.jp/mylist/10596686

ボケ防止に将棋を始めたら、はまってしまった

隆介

教材として
学校用教材として活用されたら良いですね。

毎日朝一番の一時間を使って子供に読み聞かせる。それに対して意見交換をする。本当は凄かった日本人、模範にしたい公に奉仕する精神。日本人であることを誇りに思えるはず。

授業が終わった後にも子どもたちの会話に登場したり、先生に意見を聞きにいく光景を想像してしまいます。

これが現実になった時は本来の日本を取り戻せた時だと思います。

影丸

No title
いつもありがとうございます。
冗談ではなく、こういった日本の偉人のエピソードを
本にして、それを日本の国会議員に配るということは
出来ないものでしょうか。読むだけでずいぶん感化される
ものだと思います。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク