不屈の精神とユーモア・・・高崎弥生さん



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

満洲国新京・吉野町界隈の風景
満洲国新京・吉野町界隈の風景


鹿児島の高崎弥生さんの「実録・遥かなる回想」を、またご紹介させていただこうと思います。

この本からは、以前、「石頭予備士官候補生の戦い」をこのブログでご紹介させていただきました。
URL=http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-757.html

今日は、この本の著者の高崎氏の満洲渡航のいきさつや満州での恋物語を通じて、当時の日本人の「気分」を学ばせていただこうと思います。

高崎さんのご家庭は、もともとは海運貿易でたいへん栄えていたお家なのだそうです。
しかしある日、友人の借金の保証人になったことから巨額の負債を背負ってしまう。

一家は一転して貧窮のどん底に突き落とされます。

長男の高崎さんは、学業優秀、身体剛健な若者でしたが、中学の授業料も遅滞し、「左記の者、授業料未納につき出校停止」と学内に掲示されるのは毎度のことだったといいます。

高崎さんが子供心に「これで学校をサボれるゾ」などと笑っていると、
「高崎っ! これを持っていけ!」と、財布を投げ出してくれた先生もいた。

そんなあたたか味に触れて、高崎さんは停学になっても、みんなに後れを取るものかと、懸命に自習し、見事、上位の成績を維持し続けます。

貧しさゆえに、授業を受けれないだけではありません。

家では毎日、幼い弟や妹の世話をします。勉強も、妹をおんぶしながらです。

中学までは、家から片道8km、往復16kmあったそうです。
自転車など買うお金はありません。
もちろん電車もなければ、自家用車なんてものもありません。
高崎さんは、毎日徒歩で学校に通います。

ある日のことです。
学校の教練で整列中に、配属将校が高崎さんの足をやんわりと踏んだそうです。
そしてニヤリと笑いながら、
「高崎、お前、特上の革靴を穿いてきたナ!」

靴が破損し、履いて行く靴がなかったからと、高崎少年は、素足に墨をなすりつけていたのです。

「どうだ、上等の靴を譲ってくれんか」

「せっかくですが、非売品なので、売ることは苦痛(クツ・靴)です!」

さすがの将校どのも、大笑い。

本の中で高崎さんは、当時を振り返り、
「貧乏は、私に不屈の精神とユーモアを植え付けた」と述べておられます。


さて、高崎さんは、中学を優秀な成績で卒業後、成績を惜しんで上級校への進学を勧める教師の薦めに応えず、実務的な商業高校へと進学します。

そして昭和16年、商業高校を首席で卒業する。
代表謝辞を読みながら涙を流し、家計を助けるためにと、好待遇の満洲の会社に就職します。

就職当時の高橋さん
満洲製鉄入社の頃


そしてひとり、満洲へと向かいます。

始めてみる異郷の地。

当時の満洲・大連は、色彩豊かな洋館が立ち並び、ゆったりと広い街並みには、アカシアの街路樹が甘い花の香りをただよわせていた。

そして大連から、特急あじあ号に乗り込んだ。

特急あじあ号については、以前、このブログでもご紹介させていただきましたが、当時、機関車の最高時速がせいぜい80km/hだった時代に、なんと時速130km/hで爆走する世界最速の弾丸特急です。
【関連記事】=夢の超特急「あじあ号」
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-663.html

1等客車には、冷暖房完備、車輪は直径2メートル。宮殿とみまごうばかりの豪華ラウンジも装備されています。

もっとも高崎さんが乗ったのは三等車です。
乗賃が安いかわりに、乗客の質も悪い。

車内には、ニンニクの強烈なニオイがただよい、乗客はやたらと白いヒマワリの種を噛んでは床に撒き散らす。

日本のいまどきの列車は、どこも清潔だし、乗り心地もよく作られているけれど、今の調子でシナ人や朝鮮人の乗客が増えてきたら、やはり同様に、車内は不潔で、臭いものとなることを、日本人は覚悟しなくちゃいけません。
それが嫌なら、ChineseやKoreanの入国に、厳しく制限を課すべきです。

あじあ号の三等車で、当時16歳の高崎さんは、ひとり歌を歌います。

♪ボクも行くから、君も行け
 せまい日本にゃ住みあきた
 海の彼方にゃChinaがある
 Chinaにゃ四億音の民が待つ

あるいは、

♪心猛くも 鬼神ならぬ
 人と生まれて 情けはあれど
 母を見捨てて波こえてゆく
 友よ兄らといつまた会わん

♪波のかなたの蒙古の砂漠
 男多恨の身の捨てどころ
 胸に秘めたる大願あれば
 生きて帰らん望みはもたぬ

前者が「馬賊の歌」、後者が「蒙古放浪歌」です。
当時、内地から満洲へと向かう人たちの「気分」がよくあらわれている歌だと思います。

在職中の満洲製鉄本社ビル
在職中の満洲製鉄本社ビル


あじあ号にゆられること八時間。
ようやく満洲の首都「新京(長春)」に到着します。

新京の本社ビルで新入社員教育を受けた高崎さんは、なんと本社の秘書課兼人事課勤務を命ぜられます。

他の新入社員の羨望をかったそうですが、いきなり重要ポストに着いたのには、卒業校の恩師(先生)から会社に、
「この者を採用しなければ貴社の損失云々・・・」と最大級の推薦状が来ていたのだそうです。

これを知った高崎さんは、「このうえは、母校の名誉にかけても期待に報いよう」と情熱を燃やします。

そして母校に書き送った高崎さんの礼状は、全校生徒に朗読されています。

入社後、高崎さんは、弟や妹の学費を稼ぐために、食い盛りの腹を空かせながら、寮の昼食を抜き、毎月給料から20円余りを家に送金したそうです。

当時の小学校の校長先生の給料が30円の時代です。

満鉄の高級もすごいですが、昔はいまよりももっと重役と一般社員の給料格差が少なかったという点も見逃せません。
給料の多寡より、人としての威厳や貫禄、能力が大切にされていたのです。

はじめて、家に給料を送金したときには、お母さんから泣かんばかりの礼状をもらったそうです。

夜もろくろく寝れずに、仕立物の内職をするなど、苦労の連続だったお母さんの喜ぶ顔が浮かんで、それが若い高崎さんにとっての最高の生き甲斐だった。

そのためにはどんな苦労もいとわない!

「燕雀(えんじゃく)いずくんぞ鴻鵠(こうこく)の志を知らんや」

当時、高崎さんが弱気になるたびに念じ、自らを叱咤した言葉だそうです。
つばめや、すずめが、どうしてこうのとりや白鳥の志を知ろうか。

高崎さんは、憧れの本社で、時を惜しむように必死に職務に熱中します。

威厳に満ち、雲の上の存在のような貫禄充分の重役。
素晴らしい情熱を持つ上司たち。
美しい秘書の女性たち。

たまには、会社直属の鉄廟子病院長との会食などがあり、二十余人のうら若い美人看護婦たちに囲まれ、メシもノドを通らず冷や汗タラリだった日もあったとか。

19歳の入隊前の青春のヒトコマです。

そんな高崎さんが、次第に職務に馴れたある日のこと、若く美しい白系ロシア人のエレベーターガールから声をかけられたのだそうです。

ドギマギして名乗るのがやっとだったのだけれど、日を重ねるにつれうちとけて、話し合うようになった。

戦後、なだれこんできたソ連の囚人兵たちとは違います。

革命で国を追われたロシアの貴族たちが、当時、ハルピンや、新京など、満洲東北部に亡命し、絨毯や毛皮商などを営んでいたのです。

そんな旧ロシア貴族の娘さんが、たまたま満鉄本社のエレベーターガールをやっていた。

彼女は、貴族の令嬢にふさわしく、見るからに優雅で抜けるように白い肌、青い瞳で、物腰もやわらかく、とても魅力的な女性だったそうです。

高崎さんには、とても手の届かない高根の花に思えていたのだけれど、その彼女が、いつも発売と同時にすぐに売り切れる洋風の高級タバコのマーキュリを買い置いてくれて、高崎さんにそっとプレゼントしてくれたのだそうです。

高崎さんはタバコを吸わなかったのだけれど、せっかくの彼女の好意なので、素直に受け、これを内地に送ったそうです。
マーキュリーは、内地で、まるで宝石のように珍重されたそうです。

彼女とのカタコト交じりの語らいは、さして不自由もなく、いつか二人はデートするようになります。

美しい都大路を夕日が真っ赤に染める。
そよ風がわたる大同大街の並木道を、互いに肩を寄せ合いながらそぞろ歩く。

通り沿いにある児玉源太郎記念公園の池のほとりを、一緒に歩くと、建国大学から美しい歌声が聞こえてくる。
そんなところを二人で歩きながら、ロシア王朝時代の物語などを語り合いながら、時間を忘れて、お二人は楽しくデートされたそうです。

19歳の若い青春。
異郷の地で知り合った、異国の恋人。
たがいに指一本触れぬまま、熱い思いを抱いて、昭和16年12月8日、大東亜戦争が勃発します。

高崎さんは地方に転勤となる。
二人に別れの日が訪れます。

♪ニレの並木の夕月に泣いたとて
 夢は夢ゆえ かえりゃせぬ
 胸に嘆きを せつない夜を
 泣いて謳うよ 満洲ブルース

当時流行した「満洲ブルース」です。

大東亜戦争は、初戦に華々しい戦果をあげたものの、昭和17年6月のミッドウエー海戦以降、制海権を奪われ、日本は追い詰められていきます。

このため大本営は、満洲に駐屯する「関東軍」から次々と兵力を抽出し、南方戦線に転用します。

弱体化した「関東軍」に大本営が下した命令は「静謐確保(せいひつかくほ)」。
つまり、静かさを保ち、ソ連に参戦の口実を与えるな、でした。

高崎さんは、本業の満鉄の仕事に従事するかたわら、戦地にいる兵隊さんたちのために、慰問袋をこさえて、幾度も送ります。

ところが、高崎さんのお名前が「弥生(やよい)」さんであるため、慰問袋で女性と間違われて礼状をもらってしまったことがあったそうです。

戦地の兵隊さんを落胆させるのもいけないと、女性社員に代筆を頼んで返事を書いてもらったところ、なんと今度はその人からプロポーズされてしまった!

よもやと思ったけれど、ある日、その本人が思い詰めて来訪してきてしまいます。

仰天して逃げ回ったけれど、ついにとっつかまってします。
仕方がないので、「高崎ヤヨイは、男でござる」と開き直ったのだとか。

いまとなっては笑い話かもしれないけれど、いつ死ぬかもしれない戦地の兵隊さんの真剣な気持ちと、あたたかな心のこもった慰問袋をめぐるひと騒動であったかと思います。

そして、ついに昭和19年9月、高崎さんのもとに関東軍ハルピン入隊せよとの命令がきます。

かねて覚悟はしていたといいますが、この頃になると、赤紙召集すらなく、口頭通知だったそうです。

内地の両親に別れを告げるいとまもなく、連日の送別会の宴に続き、いよいよ出発の朝には、社前の広場を埋め尽くすほどの見送りの社員や、関係者が集まり、盛大な壮行会が催されたそうです。

女子社員たちによって集められた寄せ書きの避難るを肩にかけ、万感の思いを胸に出征の挨拶をした。

緊迫する戦況下では、もはやここに集まってくれた人たちとは、今生の別れとなるのです。
おもわずこみ上げるものを、ぐっとこらえて、電車に乗り込めば、日の丸の旗、旗、旗がひしめいている。

高崎さんは、「いまなお、あの日の光景が彷彿と胸中を去来する」と書いています。

昭和19年10月1日、関東軍ハルピン二〇九部隊に入隊した高崎さんは、そこで一定の訓練の後、ソ連国境守備隊、綏西(すいせい)二七三部隊に転属になります。

そこで幹部候補生を受験し、見事合格した彼は、部隊全員が整列するなか、「左記の者、本日付をもって転属を命ずる」と、牡丹江省石頭予備士官学校へ入校します。

石頭予備士官学校の生徒たち3600名は、すでに武器すらない中で、昭和20年8月9日、突如、日ソ不可侵条約を破って百二十万の大軍で攻めてきたソ連の戦車隊と、工事用のダイナマイトの束を抱いて、肉弾突撃を敢行します。

一分でもソ連の大戦車隊を釘づけにし、満洲開拓団の婦女子たち民間人を逃がそうとした。

彼らは、玉音放送があったことすら知る由もなく、転戦に次ぐ転戦を続け、ようやく八月下旬ごろになって、鏡泊湖に近い山中で、状況不明のまま、突然、「完全軍装を解け!」と命令が下り、部隊長から、終戦の詔勅が伝達された。

生き残った者、わずか三十余名。そして彼らはソ連兵に拉致され、シベリアに抑留されます。
【関連記事】石頭予備士官候補生の戦い
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-757.html


昨今、「自分のために働く」、「自分のために勉強する」のだとよく言われます。
しかし、人というものは、自分のためだけに努力できるほど、強いものではないです。

部活で疲れて帰宅して、サァこれからテストの勉強をしようと思っても、やっぱり眠ければ寝てしまう。
だって、勉強は自分のためなのだから、自分が、まぁ、成績はこのへんでいいかナ、と思ったら、寝るのも自分のためです。

しかし子のために、夜更けまで内職をしてくれたお母さん同様、弟や妹たちのために、あるいは家族のために、そう思うからこそ、人間、踏ん張れる。火事場の糞力だって出せる。眠い目をこすってでも、努力することができる。

要するに昨今の日教組やマスゴミの、「自分のために~」などという言葉は、日本人を骨抜きにするための世迷いごとでしかないといえると思います。

貧しくて学費が払えないのを、笑顔で財布を投げてくれた先生。
「どうだ、上等の靴を譲ってくれんか」と笑顔を向けてくれた教練の将校。

本人の努力もさりながら、挑戦的とも思える最大級の賛辞を書いてくださった先生。
恩師の心に報い、母校の名誉のためにもと必死に働く青年。

子供たちのためにと、毎日夜遅くまで、内職仕事をしてくれた母。
幼い弟や妹の学費にと、もらった給料をほとんと全部、家に送金していた青年。

ロシア貴族の家に生まれながら、ソ連の革命によって満洲に追われたロシアの家族。
まじめに働く青年と、そのロシア貴族の美女との淡い恋と、別離。

出征と、今生の別れ。

ダイナマイトを抱いたソ連戦車隊との凄惨な戦い。

ひとついえるのは、すくなくとも、そうしたひとつひとつのエピソードが、ことごとく、人として、家族への、学校への、恩師への、そして会社への、あるいは、避難民への

「信頼に応えて生き抜こうとする精神」

に裏打ちされている、ということではないでしょうか。

そして、戦後日本、とくに最近の日本に一番欠けているもの。
それが、

自分ひとりの人生ではなく、人は、親兄弟や恩師、先輩、家族、子や孫、友人など、いろいろな人に支えられて生きているということ。

その支えに自ら進んで応えて行こうとするところに、たぶん人間としての不屈の精神と成長が生まれ、温かみや、心からの本当の笑いやユーモアが生まれる。

高崎さんは、謙遜して、

「貧乏は、私に不屈の精神とユーモアを植え付けた」と述べているけれど、それは決して貧乏ということではなく、ほんとうは、人として、もっとも豊かなことといえるのではないか、と思います。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

浅田真央とキムヨナを比べてみた


キムヨナの回転不足ジャンプ


日本の心を伝える会では、いま会員の募集をしています。
登録無料!! ご入会は、
①ハンドルネーム
②お住まいの都道府県
③メールアドレス

の3つを書いて、assist@nippon-kokoro.com にメールするだけ。
ご入会受付後、メーリングリストへの招待メールをお送りいたします。
この機会に、あなたも是非、どうぞ^^♪
日本の心をつたえる会ロゴ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

愛信

【北朝鮮が日本世論軟化策】
【北朝鮮が日本世論軟化策】
http://kakutatakaheri.blog73.fc2.com/blog-entry-2131.html

今年の課題に「日本の連立政権が対北朝鮮政策を転換させ制裁を撤回
させて、日朝平壌宣言に従って過去の清算を基礎とする国交正常化に
本格的に向かうよう(総連が)事業を行う」ことを挙げ、具体策とし
て「学界、マスコミの有力者との事業」や「政界をはじめとする各界
代表者たちの訪朝を積極的に推進する」として、地域密着で日朝友好
行事を行うよう指針を示した。(以下略)

【マスコミ隠蔽の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

楽仙堂

No title
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9952052
ニコニコ動画《3月8日日本一斉募金支援動画》
こ、子供に教えられるまで知らなかった・・・・。
日本の若者(2ちゃんねらーらしいのですが、若いのかどうかは保障できません)は素敵ですね。気がつかないうちに郵便局が閉まってしまいました。

杜若

No title
人生での物事の捉え方には二通りに大別できるような気がします。
これは人の動機の部分に係わりますが、それは主体的な行動によるものかあるいは受身的なものなのかの違いだと思います。
それによって生ずる結果は同じようでも、それによってもたらされる精神的な充足度、あるいは残される記憶の色合いが大きく変わってくるということなんです。今回の記事の主人公である高崎弥生さんはまさに前者なのでしょう。

もし、他者の為に命を犠牲にして生きる行動が主体的なものならそこには、他者の否定的評論などは入り込む余地が存在しない。
しかし、そこに受身の感情のまま取り組めば、その行為にはよからぬ他者の評論の介入を許してしまう。

行動も結果も同じなのにそこには、天地ほどの違いが生まれてくる。なぜか最近そんな気がしてきました。物事に取り組むならばかりにそれが宿命だとしても、やはり主体的に自らの意志として取り組むべきなんでしょうね。
なにごとも。

みのる

No title
【政治】 民主党推薦候補、またも破れる…兵庫・洲本市長選、竹内氏初当選

洲本市長選(兵庫県)は7日投開票され、前市議会副議長の竹内通弘氏(64)が前市議の氏田年行氏(41) ▽税理士事務所職員の浜野隆氏(46)▽旧五色町長の砂尾治氏(67)▽会社社長の生田進三氏(47)を破り、初当選した。投票率は61.33%。

確定得票数次の通り。

当6867 竹内 通弘=無新<1>
 6170 砂尾  治=無新
 5753 氏田 年行=無新
 4771 生田 進三=無新[民]
  731 浜野  隆=無新

0428

気のせいでしょうか?
素晴らしい日本人の物語にいつも接していると、自分自身もその様な人間に近づいている気が・・、まあ自助努力なしにそれはないでしょうが、「愛する他者のために生き、場合によっては命を投げ出す」感覚は、いくらかは醸成されると信じます。

影丸

No title
今の日本よりも豊かに感じてしまうほどの
素晴らしい情景が浮かびます。
ただただうらやましいと感じました。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク