中国四千年の歴史という馬鹿げた妄想

人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

彦崎遺跡
彦崎遺跡


中国といえば、四千年の歴史という言葉がすぐに修飾語として浮かんでくるほど、いまどきの日本人は洗脳されているといえます。

しかし、中国は、四千年どころか、かなりその歴史は疑わしいものと断じざるを得ない、というのが今日のお話です。

平成12(2000)年のことです。

東大の植田信太郎、国立遺伝学研究所の斎藤成也、中国科学院遺伝研究所の王瀝(WANG Li)らが、中国で発見されている遺骨のDNA分析の結果を発表しました。

調査の対象となったのは、

1、約2500年前の春秋時代の人骨
2 約2000年前の漢代の臨シ(中国山東省、黄河下流にある春秋戦国時代の斉の都)遺跡から出土した人骨
3 現代の臨シ住民

です。

これらの人骨から得たミトコンドリアDNAの比較研究の結果によると、三つの時代の臨シ人類集団は、まったく異なる遺伝的構成を持っていました。

どういうことかというと、約2500年前の春秋戦国時代の臨シ住民の遺伝子は、現代「ヨーロッパ人」の遺伝子に非常に近い。

約2000年前の前漢末の臨シ住民の遺伝子は、現代の「中央アジアの人々」の遺伝子と非常に近い。

現代の臨シ住民の遺伝子は、現代「東アジア人」の遺伝子と変わらない。

つまり、2500年前のChina大陸で、春秋戦国時代を築いていた集団は、現代ヨーロッパ人類集団と遺伝的に近縁な人類集団であった、すなわり、いまのChineseたちとは、まるで異なる集団であったということです。

言いかえれば、2500年前から2000年前の500年間に、Chinaでは大きな遺伝的変化が生じた、つまり、China大陸では、大規模な人類の移動があったということです。

そもそも中国語と英語を含むヨーロッパ系言語では、文法や語順のなどが、非常に似通っています。

たまたま文字が漢字であるため、見た目のイメージはまるで異なる言語にみえるけれど、語族として考えたら、日本語と中国語よりもはるかにChina語は、ヨーロッパ系言語に近い。

しかも、ひとくちに中国語といっても、Chinaは広大な大陸です。
さまざまな方言があり、外国語並みにたがいに言葉が通じない。
文法や語順、あるいは基本的名詞に至るまで、まったく違うものもあり、もはやその言語は、互いに別な言語というほうが、はるかに正しいです。

たとえば、我々が中国語口座を受けると、「声調」は「四声」と教わるけれど、これは北京語の話であり、広東語は九声、福建語は八声もある。
上海語と客家(ハッカ)語は六から七声です。

また、北京語には濁音がないけれど、南方語には、濁音が存在する(日本語の影響?)。

フランス語と、英語は、語順等は似ているけれど、母音の数がまるで異なります。当然、異なる言語とされている。国籍も別です。
Chinaにある諸方言を考えたら、これらをひとまとめに、同一言語であるとみる方が、むしろ異常です。

中国語の方言
中国語の放言


中国四千年の歴史なる言葉は、そもそもが、三皇五帝(さんこうごてい)なるChinaの神話伝説時代の帝王からきている言葉です。

三皇は神、五帝は聖人で、それらはChinaの伝説の時代である「夏」の時代(紀元前2070年頃 - 紀元前1600年頃)よりも古い時代の皇帝だというのだけれど、これも大載礼記、史記、戦国策、易経、礼記、淮南子、世経、三統経、資治通鑑外記などで、誰が皇帝であり、誰が帝王だったのかすら、全部言い分が異なっています。

炎帝(姜王)などは、礼記と准南子に登場するけれど、体が人間で、顔は牛だったというから、そもそも人類であったかどうかすら疑わしい。
要するに、これらは単なる神話とされ、いまでは、その実在は誰も認めていません。

三皇五帝のあとにくる「夏王朝」にしても、いまからちょうど四千年あたり前から470年続いき、その後「殷」に滅ぼされたとされているけれど、これも、その実在性がかなり疑わしいとされている。

結局Chinaで考古学的にはっきりとその存在が証明されているのは、「殷王朝」で、これは、紀元前17世紀頃から紀元前1046年の王朝です。遺跡もある。

そして遺跡があるおかげで、この時代の殷王朝を形成した人々が、いまの漢民族とは、まるで異なる遺伝子を持った別な民族であったということが立証されてしまっています。

時代が下って、西暦220年頃の三国志に登場する関羽とか張飛とかのを見ると、関羽は、髭(ひげ)の長い巨漢、張飛は、ずんぐりむっくりの巨漢です。

遺伝的特徴からしたら、髭(ひげ)の薄い漢民族の特徴というよりも、関羽あたりは北欧系のノルウェーの海賊(バルカン民族)の特徴をよく備えているし、張飛の遺伝的特徴も、漢民族的特徴はまったくなくて、どうみても、北欧系のドワーフです。

関羽や張飛の姿は北欧系のコーカソイド
の遺伝的特徴そのものである
バイキングとドアーフ


そしてこの時代の人骨からは、先に述べたとおり、明らかにヨーロッパ系の遺伝子を持った遺伝子・・・漢民族とは異なる遺伝子を持った人骨・・・が発見されています。


さらに時代をさかのぼると、Chinaの文明の始祖として、20世紀前半に黄河文明の仰韶(ヤンシャオ)遺跡が発掘されました。仰韶遺跡は、紀元前5000年から同3000年まで続いた文化です。

遺跡からは、彩文土器、竪穴住居、磨製石斧などが出土し、彼らが粟などの栽培や、豚や犬の飼育、鹿などの狩猟を行っていて、竪穴住居に住み、集落を形成し、石斧・石包丁などの磨製石器や彩陶を使用していたことは、明らかになっています。

しかし、そこで発見された彩陶土器は、西アジア、中央アジアから伝来したものです。
つまり、どうやら工具的にも、ここの文化を構築した人たちは、東洋系の人種ではなく、コーカソイド系の人たちだったようです。漢民族的特徴を示す物は、残念ながら発見されていません。

コーカソイド系の人々
コーカソイドの類型


これに対し、黄河文明よりも、もっと古い遺跡として発見されたのが、長江文明です。
これは紀元前6000年~紀元前5000年ごろのもので、河姆渡(かぼと)遺跡などからは、大量の稲モミなどの稲作の痕跡と、高床式住宅、玉器や漆器が発見されています。
栽培されていた稲は、ジャポニカ種です。

どういうわけかジャポニカ米の原産地は、長江中流域などとされ、日本の稲作の起源が、Chinaの長江流域などと「決め付け」られているけれど、ジャポニカ種の米の栽培(稲作)に関しては、日本の岡山県の彦崎遺跡と朝寝鼻遺跡が縄文前期(紀元前6000年前)のものなどがあり、もしかすると成立年代的に、日本で始まった水田灌漑技術と、稲が、Chinaにわたって長江文明を形成した可能性も否定できません。

要するに、いまから約8000年前に、日本には稲作文化があり、7000年前には、Chinaの長江流域に、日本と同じ稲作を営む集団がいたということです。
そして、長江文明を営んでいた人骨は、明らかにモンゴロイド系の特徴を持っています。


そのモンゴロイド系の遺伝子を持つ長江文明を形成した人々は、その後西から移動してきた麦作と牧畜を基礎とした文化を携えたコーカソイド系の人々によって滅ぼされてしまいます。

で、できたのが黄河文明です。

おそらくは、狩猟民族と農耕民族の違い、すなわち武器文化と非武器文化の違いで、武力に勝るコーカドイドが勝利した。

ただ、流れてきた人々よりも、農耕によって食を賄い、古くから住んでいた人々の方が、人口的には多かったであろうことが想像され、人口に勝るモンゴロイドが、軍事的政治的文化的には敗者となったけれど、結果として遺伝子的には黄河文明の人々をしのいだ。
それで漢民族が「黄色」になったとみることができます。

おもしろいのは、男から男に引き継がれるY遺伝子は、ほぼ完全に黄色人種の特徴を示すのに対し、女性から女性にだけ引き継がれるミトコンドリアの遺伝子には、コーカソイド系の特徴をそのまま残している、ということです。

つまり、戦い好きなコーカソイド系の男たちは、軍事的に結局は死に絶え、その遺伝子は女性から女性にのみ引き継がれた(ミトコンドリア遺伝子)という姿が見えてきます。

ふつうに考えればわかることですが、狩猟族というのは、獲物を追ってどこまででも遠くへ移動する。土地に定着する必要がないのです。

コーカソイドが、古代に日本に来たというお話もあります。
スサノオのヤマタのオロチ退治の伝説です。

古事記などでは、ヤマタのオロチは、八本の尾がある大蛇とされていますが、飛騨の阿礼家に伝わる伝承では、ヤマタのオロチは、八人のオロシャなのだそうで、おそらくは、漂流してきたコーカソイド系の男たちであったのであろうかと思われます。

彼らは、山に巣食って、村を襲い、村の娘たちを拉致していた。
そこをたまたま通りがかったスサノオが、オロシャ人に酒を飲ませて、酔いつぶれたところを退治した。

日本は、島国だったので、8人程度の移民で済んだのでしょうが、大陸ではそうはいきません。大挙して押し寄せて、村の娘たちや食糧を根こそぎ奪っていった。
で、出来たのが黄河文明だったと考えられるわけです。


いづれにしても、黄河文明を形成した人々と、いまのChineseたちとは、血統はどっかつながっていようかと思いますが、彼らが、中国四千年の歴史と称する歴史は、王朝が変わるたびに、ことごとく前王朝の民族抹殺、大量虐殺を繰り返してきたものであり、わるいけれど自慢できるような平和の歴史とはほど遠い。


さらにいえば、いまあるChina共産党の中華人民共和国などは、まさに中国共産党王朝ともいうべきものでしかありません。

なにせ、Chinaに十五億いる人々の中の、わずか7千万人の共産党員が、我が物顔にのさばり、党員以外の人々から酷い収奪をする。

中国人とひとくちに言っても、民族も様々、言語も様々、文化も様々。
要するにその中で、中国共産党という名称の「民族」が、設立わずか60年の絶対君主制の帝国主義王朝を築いているというのが、いまのChinaです。

ちなみに、中華人民共和国という国名のうち、「中華」と「国」以外は、全部日本語です。

そしてChinaの歴史は、民族同士が互いに殺戮しあい、生き残りのためには誰も信用することができず、民族浄化とホロコーストを続けてきた歴史です。

とてもじゃないが、四千年の歴史などと呼べるものではない。中国四千年の歴史というのは、Chinaの大地の中で、異民族同士が、互いに絶滅を賭して殺し合い、強姦しあい、騙しあってきた、殺戮と暴力の嘘と虚構の歴史です。

そしてその暴力と虚偽の歴史は、いまなお、法輪功の弾圧や、ウイグルの虐殺、旧満州の女真族に対する民族浄化と暴力で続けられている。

そんな地獄の亡者やゾンビの大軍の殺し合いのような国家にたいし、長く平和と愛情と和の精神を築きあげた日本が、自ら率先して「友愛」などしにいく必要など、さらさらないのです。

それは、まじめに生きてきた日本民族を、暴力団や極道よりもはるかにたちの悪い亡者の前に、進んで身を晒すようなものだからです。


もはやChinaを国家と認めるべからずと思う方、
 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

姫神: 縄文海流~風の縄文Ⅲ~  赤道伝説 ... AINU


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

間違い?
いつも貴重なお話ありがとうございます。
このページを参考にしたと思われるサイトを見て、あれ?と思って確認に来ました。
現在確認されている日本最古の稲作は、確か約6000年前だったかと。
以下の文章は数字間違いかなと思いました。

【ジャポニカ種の米の栽培(稲作)に関しては、日本の岡山県の彦崎遺跡と朝寝鼻遺跡が縄文前期(紀元前6000年前)のものなどがあり・・】
(紀元前6000年前)→(6000年前)

【いまから約8000年前に、日本には稲作文化があり・・】
約8000年前に→約6000年前に

ねず様のブログは影響力がありますので、もし2000年もずれてると大変です。ご確認いただけると幸いです。こちらの勘違いでしたら、ご無礼お許しください。

名無しの日本人

No title
ロシアにクルガン仮説と言うものがあります
コーカサスを源流にした墳墓や文化などの広がりを考察したものです
実際小麦はコーカサスあたりが原産地で、羊の家畜化もメソポタミアです
黄河流域は小麦と羊の遊牧ですから、文化的にも西方の影響を受けたいたと思います
現在では米は北海道でも栽培されますが、原種に近い米は淮河以南でないと栽培できなかった物でした
斉、晋(韓魏趙)秦、宋なども西ユーラシア人の影響が強かったのかもしれませんね
2000年、東京大学の植田信太郎さん、国立遺伝学研究所の斎藤成也さん、中国科学院遺伝研究所の王瀝さんの研究は興味深かったです

みゅうみゅう

No title
漢服の中に西洋人のドレスのような服装があって、現代でこそモデルがなんとか着こなしていますが、絶対に中国人には似合わない衣装なんですよね。100年前の中国人の写真を見ると、とてもこんなものを着こなしていたようには見えない・・・っていう。
確かに、コーカソイド系に近い民族が着ていたものなのかもしれません。

よっしー

No title
シナ文明は漢代までは発展していますがそれ以後文化的に停止してしまいます。わたしもここに書かれているような歴史だとすれば新モンゴリアンの今のシナ人は漢文明を造った人々ではありません。ローランの美女も完全にコーカソイドでした。日本はブータンやチベットに近い古モンゴロイドです。シナ大陸の中原に興亡したすさまじい民族とうまくいくわけはありません。

斉藤一

画期的研究
某掲示板から回ってたどり着きました。
国立遺伝研の斎藤先生とは何度かお会いしたことがありますが自由な発想を持つ優れた学者です。
DNA解析をもとにした遺伝学は非情かつ正確な学問です。このような画期的な発見がほとんどニュースにもなっていないのは不思議です。
漢字文化もコーカソイドの発明というのも興味深いところですね。
春秋戦国時代こそ中国文明の真髄と言っても良いものなので今の中国人にとっては受け入れがたいのかも知れませんが。

togyo

No title
中国は攻め入られる大陸であり 、日本は守れる島国であり、日本は文明や文化を温存することに確かに恵まれています。
有難いことです。歴史に恵まれたこの国に感謝です。
民族が歴史を紡ぐことが、どれほど人間の温かみを築くことが出来るか、世界中の人々にとっても生きる礎となるはず。

ねずきちさんは、歴史家でも、科学者でもないと思いますが・・
中国がどのような壮絶な歴史背景にあるかは、隣国の脅威として大切です。
加えて共鳴するコメントより、孫文やスサノオなど、興味をそそりました。

ブログはブログ主さんが自由に主張できる空間です。
ブランさんの斬りコメントで終わらせるわけにはいきませんでした。

ブラン

No title
お前は歴史家と科学家失格だな!
そんなばかばかしい妄想をやめたら?

esper

臨シの位置
人骨のDNA調査が行われた臨シとはどこなのか調べてみました。「中国山東省、黄河下流にある春秋戦国時代の斉の都」とのことですがちょっとイメージがわかないので・・・
昔の地図だと分かりやすい。(地図右上渤海湾に隣接しています。)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:%E6%98%A5%E7%A7%8B%E6%99%82%E4%BB%A3.PNG
で、グーグルマップで現在の地図ではどうなっているのか調べたんですが、これがなかなか分かりづらい。
臨シという地名は臨シ区として残っていました。
済南事件で有名な山東省は済南市の東約100kmにあるシ博市のさらに東30km程行ったところです。
以上、覚書までにコメントさせていただきました。

ototo9

No title
http://chiraurasouko.blogspot.com/2010/03/blog-post_10.html
天皇陛下が事業仕分けの対象に
http://www.youtube.com/watch?v=d1xBhFLbq_w&feature=channel
鶴岡八幡宮の大銀杏折れる

愛信

【公明、与党の道再び?「驚くほど10年前と似てきた」幹部も認める 】
【公明、与党の道再び?「驚くほど10年前と似てきた」幹部も認める 】

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100310/stt1003102152019-n1.htm
政府・民主党と公明党は10日、政府提出の
「子ども手当創設法案」と「高校授業料無償化法案」を修正し、
公明党の賛成も得て成立させることで一致した。
---中略---
「公明党は与党への道を歩み出した」(民主党幹部)との指摘が出て
いる。社民、国民新両党は「公明党が民主党と組めばわれわれはいら
なくなる」(国民新党幹部)と警戒感を示している。

【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi
【政治・経済タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

funa

日本の伝統文化
ねずきち様こんなことを言ってる人がいます。3月4日深夜のNHK深夜便で{小椋 佳}が「日本には伝統文化はありません。外国のまねをしたものばかりで、雅楽は中国からロックは米国から入ってきたものをまねているだけだ。」いつからロックが日本の伝統文化になったんですかね。雅楽は中国の文化だったんですか。さすが東大出の音楽家はすごいことを言いますね。

ちょっとアレな名無し

No title
しかし歴史は10年20年で見解がころころ変わって見る分には楽しいな、これが魅力なんだろうけども。

Z

No title
【子ども手当問題】 鳩山政権 「支給する外国人の子供の数、調査してません」「法案の準備期間、非常に短くて…」 
◆「申請書類を信用」
子ども手当支給の仕組みは現行の児童手当を踏襲。厚生労働省は「児童手当の不正受給はほとんど聞いたことがない」としているが、社会保障の専門家は「児童手当に比べて金額が大きくなるため、狙われる危険性が増大する」と指摘する。「悪徳ブローカーが現地で『子どもが5人いることにすれば何もしなくても大金が入ってくる』と動きだしている」。アジアから研修生を受け入れる中部地方のある団体の責任者は、こんなうわさ話を研修生から聞いた。「そんなはずはないと思ったが、制度を調べて驚いた」と憤る。

外国在住の子どもがいる場合、公的機関が発行した書類や、子どもへの送金記録などが申請時に必要。だが、岐阜市の担当課は「書類が精巧に偽造されていれば見抜けない可能性はある」と漏らす。

外国人の証明書の発行機関は学校や警察などさまざまで、確認は困難。長野市の担当者は「申請書類が本物かと言われれば判断がつかない」と認める。

三重県松阪市の山中光茂市長は、外国に子がいる同市の外国人は110~120人いることを明らかにした上で、こうした子への支給額が将来的に年間8000万~1億円規模に膨らむ可能性を説明した。

委員会終了後、本紙の取材に「地方自治体で、外国に本当に子どもがいるかどうかを確認するのは難しいにもかかわらず、国が政策を進めようとしているのは問題」と訴えた。

自民党・大村議員は「子供を本国に残した在日外国人にも子ども手当が支給されるのはおかしい」として、支給対象となる外国人の子供の数のデータを示すよう求めた。これに対し、政府側は「調査していない」と答弁した。

ttp://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2010031002000126.html

「調査していない」
「調査していない」
「調査していない」...orz バカ? 完全なる選挙対策


これが分かりやすい 子供手当ての恐ろしい実態
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm9958237
参議院予算委員会 
丸川珠代 対 民主党

-

2,26事件のコメントで
戦争にはルールがあり、テロは「問答無用」で「目的のためなら手段は正当化される」 と回答した方がいましたね。  すぐにおかしいと感じたのですが、今日がよい例ですので一言。

東京、名古屋、大阪、神戸大空襲で20万人以上が焼き殺されました。

目的 >出来るだけ多くの日本人を殺すのが目的。
手段 >何度も実験し、どの方法がベストか、一人でも多くの日本人を殺すには 「殺人鬼が考え出したその方法と手段」 が採用された。
正当化 >日本は敗戦、戦争に勝った連合国には犯罪など存在せず、正当化された。

過去の戦争にはルールはなく「目的のためなら手段は正当化される」 が正しいのでは。

日本人は過去から学べない…過去を許す国民性です‥「罪を憎んで人を… 」
まぁ学べない仕組みを日〇組に作られてしまったのが現在の日本の姿です…現実には過去を知るより・明日の種蒔きですね‥

椿

3月10日(東京大空襲の日)

名無しさん、本当にそうですね。

・3月10日・・・東京大空襲
・3月12日・・・名古屋大空襲
・3月13日・・・大阪大空襲
・3月17日・・・神戸大空襲等々、

アメリカによって、日本の主要大都市への大空襲が行われ、 日本全土が“焦土と化した日”であり、20万人以上の日本人が、アメリカ人に大虐殺されました。

日本人として、『決して忘れてはならない日』ですよね




-

No title
本日「3月10日」のエントリーは、東京大空襲に関するものだと思っていたので、すこしがっかりしました。

MR2

中国‥

中国東北部のハルビンって所,中国一の美女の宝庫らしいが、そこの女性は顔つきはちょっとだけヨーロッパ人入ってるようなの多いな!たしかに‥

他の中国人はいかにもアジア顔,ただし肉食系の強いアジア人(笑)

ブランドコピー

No title
大変勉強になりました!!!

光夫

No title
自衛隊に駐屯して貰った方がいい --> 増員

光夫

No title
★韓国人の脅威にさらされる対馬、市議会が「外国人参政権付与」反対の意見書採択を可決…長崎 

韓国資本による観光開発で土地買収が島内で進められていることが明るみにでた長崎県対馬市の市議会は8日、民主党が進めている「外国人参政権(選挙権)付与法案」に反対する意見書を採択することを賛成多数で可決した。地方参政権の付与には外国人が多数移り住み、母国の意向を受けた投票行動でわが国の主権や国益、住民の意思が脅かされる恐れが指摘されていた。市議会の採決は他国と国境で接する離島住民の危機感を代弁するもので、注目されそうだ。

同日の本会議での採決結果は賛成18に対し、反対2で欠席2だった。

議員の1人は「意見書採択を決めたことは市民生活への深刻な危機感が背景にある」と語った。今後、首相や衆参両院議長に文面を提出する。
ttp://sankei.jp.msn.com/politics/local/100309/lcl1003091240002-n1.htm


反対2と欠席2は韓国人から金貰ってるな
今からでも遅くはない、韓国人は渡航禁止にした方が良いと思う。そして自衛隊に駐屯して貰った方がいい

こうなったら日本国民みんなで対馬を応援してあげなきゃいけないな
飯でも食いに行って金落としてくるか ^_^)/

★長崎・対馬がピンチ 大量の韓国人観光客に、韓国人経営店。島民困惑…「ここは韓国領だ!」と叫んだり、集団万引きしたり
ttp://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081022/plc0810220825001-n1.htm
◆交通標識もハングル
 対馬を車で走ると、至る所に、名所、旧跡を示す交通標識にハングルが併記されている

商工会の関係者は「観光客で潤っているようにみえるが、実はそれほどでもない。渡航費は全部韓国の船会社に入るし、食事も韓国人が経営する飲食店を利用している。土産も、それほど買っているようには見えない」とぼやく。精彩を欠く理由はここにあった。韓国人はそれほどお金を落としていないのだ。
韓国人観光客を専門にするホテルの従業員も「うちは1泊6000~7000円ぐらいだが、韓国人は特別料金で、2000~3000円ぐらいで泊めているようだ。それで採算が取れているのかどうか…」と、格安サービスに首をかしげる

4000年の中身
秦ー漢ー晋ー隋ー唐ー北宋ー南宋ー元ー明ー清ー中華民国ー中華人民共和国が歴史ですね。
為政者の人種も文化も異なるのは歴史が断絶して居ることでしょう。建物は残るでしょうが文化は切れています。

知られざる歴史、知るべき歴史

孫文と『揚州十日記』
陳舜臣の書いた『孫文』という本があります。
(個人的に好きな本です。)

『孫文』には、孫文が世界中の「」の様な華人をまとめる為に、17世紀半ば、満州族が中国中心部に攻め込んだ際に行った、殺戮や略奪、放火などの記録を詳細に記録した『揚州十日記』という資料を用いた事が書かれています。

その貴重な資料が何処に存在したかと言うと、何と日本です。
日本に資料の写しが存在したので、日本に留学していた中国人たちが必至にそれを写して、“知られざる民族の悲劇”を知り、「滅満興漢」の決意を新たにしたそうです。
孫文は、「これは、日本に残っていた反清文書です。記念に一冊差し上げます!」と言って、共感する華人に配って回り、支持者を集めていたそうです。

この本によると、かつての中国知識人の間には、「日本は古い文化を保存する国」という好ましい印象があったようです。
その理由は、日本では中国と異なり「易姓革命」が起こらなかったので、焚書文字の獄が滅多に発生せず、中国の古い本や、その写しも綺麗に保存されていたからだそうです。

また、日清戦争当時、戦場となったのは限られた地域であり、上海辺りはまるで「戦争」の雰囲気が無かったそうです。
実際清国人だった孫文も、その頃、交戦国の日本を経由してホノルルに向かっています。

縄文人

本当に食い尽くします
明末に起こった「張献忠屠川」で四川省は無人の地になっています。これは張献忠率いる占領軍によって四川省の住民が数年間に渡り組織的に殺され、最終的には全員食料として食い尽くされたという事件です。
日本には「四川料理」というものがあって有名な料理人がいますが、四川省の住民は明末に絶滅しているのですからこの料理は古来から四川にあった料理ではなく、清の時代に四川で出来上がった料理ということになります。
諸葛孔明が何を食べていたかもう判らないわけです。
毎日、人肉ばかりなんだからきっと中華料理というものは毎日食べる人肉をいかに美味しく食べるかという所から発達してきたのかもしれません。
王朝末期には新しい王朝による大量虐殺は付き物のようですが、その中でも毛沢東による虐殺が歴代王朝のなかで最大と言われています。
大量虐殺の後には必ず大飢餓があり、毛沢東による「大躍進時代」の飢餓も筆舌に尽くし難いものがあったようです。

影丸

No title
今日も大変勉強になりました。
ありがとうございます。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク