保守新党の旗揚げにあたっての提言



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

日下公人先生
日下公人先生


いま、保守新党の旗揚げにたいへん大きな期待を寄せられています。

日本解体を図ろうとする民主党政権などは論外ですが、さりとてなんでも「人のせいにして責任転嫁をする」という、日本建国以来、というより人類史上、未曾有のボンクラ政権が、なんでもかんでも前政権のせい・・・すなわち自民党のせいにするという卑劣な手法を用いられた中で、さしもの自民党も、いささかブがわるい。

加えて、自民党に巣食う売国政治家のご乱行のおかげで、自民党結党理念である自主憲法制定、道義国家の建設すら、あやうい状況といわれています。

元来、自民党応援だったねずきちとしては、こうした点は歯がみするほど悔しくてならない。

自民もダメ、民主もダメ。となると世間の期待は、まさに真正保守党に集まるわけで、その新保守政党には、正直、おもいきり期待しています。

そうしたなかで、実は先日、日下公人先生にお会いしてきました。

以下のお話は、日下先生が、いろいろなところで提言されていることですが、是非、これを新党にて、マニフェストに入れていただき、実現を図っていただきたい。

実に素晴らしい案です。
日本の政治は、かくあらねばならないとすら思います。


【第一の提言】

女性が出産し、その子供が三歳になったら、その子のお誕生日に、母親に現金1,000万円を支給する。

これは、実は、ばら撒きではないのです。

何故なら、まず第一に、働きに出る女性が減って、家庭にお母さんがいる確率が高くなり、より健全な家庭が増える。

その結果、優秀な日本人が増える(先生が言われる「優秀な」というのはの平均的日本人、すなわち「まじめで働き者で、家族を愛する日本人」です)。

すると、出産時に支給した3倍以上の税金がその子から得られるようになる。

公共事業として、いちばんプラスな乗数効果のある事業です。

素晴らしい案だと思います。

以下はねずきちの意見ですが、そもそも民主党の27000円の子供手当なんてのは、ほんとうのバラマキであり、国家的にみてなんの意味もないし魅力も乏しい。

これとくらべると、3歳になったら1000万円支給というのは、金額がまとまっているだけに、これは魅力的です。

銀行は、その支給を担保に、女性向けローン商品なんて出すかもしれないし、主婦が専業で子育てに専念することで、親子のコミュニケーションも深まる。

実はねずきちは、最近、町道場で孫を連れて柔道に通っているのですが、この道場に行くと、実におもしろい。

毎日、親が、練習を見に来ている家がある。まるっきり親が来ない家もある。

そして、親が観に来ている家の子は、めちゃ上達が早く、強くて、しかも礼儀正しく、先生の言うこともちゃんと聞ける。
加えて、学校の成績も良いのです。

実に不思議な話ですが、これは事実です。

日心会の副会長のたぬきちさんは、少年野球チームを率いているけれど、小学校6年間で、ただの一度も親が練習を見に来ない家もあるそうです。

そういう子は、残念ながら、なかなか上達しない。これも事実なのだそうです。

子にとって、親が身近にいつもついていてくれるというのは、それほどまでに、大きなものです。

そして子供は、国家にとっての宝でもある。

その子に対し、国家として1000万円支給。
是非実現していただきたいと思います。

ただし、当然のことですが、国籍条項は必須です。

ねずきち的には、三代さかのぼって日本人であることが証明された母親でなければ、支給しない、外国人は、ダメ、帰化人も、当然ダメ、としてもらいたい。

当然です。そうでなければ、1000万円がほしいためだけのために、日本に帰化するヤカラがかならず出ます。
日本のすぐ隣には、イナゴの大軍がいるのです。
こんな危なっかしいことはない。

国籍条項は、必須しましょう。あたりまえのことです。

それと、別姓の夫婦や同棲者は、支給対象から外す。

子は、夫婦合い和して育てるものです。
コミュニズムにかぶれて、反日思想に染まり、「別姓がいいわ」なんていう福島○穂みたいな女性に支給なんてする必要は、さらさなないと思います。

外国人や、帰化人、あるいは別姓者には支給しないというと、差別だ、という声も出るでしょう。
しかし1000万円は、日本という国家百年の大計のために支給するのです。

国家として理想とすべきご夫婦以外は、相手にしない。
当然です。

これは福祉ではない。
日本民族繁栄のための国家的事業です。


【第二の提言】

第二の提言は、参政権の変更です。

どういうことかというと、子供持ってる人には、子供の数だけ参政権を持っていただく。

御夫婦で、お二人のお子さんがいれば、夫婦それぞれが、二票の投票権を持つのです。

いいかえれば、子供の投票権を、親が代理行使する。

こうすることで、政治が、ジジババ票ばかりを相手にするのでなく、若い人や子供の未来を見据えた未来指向の政治になる。

ようするに、老人票ばかりあてにするな、ということです。

これはとても大切なことです。

人の人生は、自分だけのものではない。親がいて子がいて、孫がいて、そういう縦軸の中に、人は生まれ、育ち、生きています。

そしてかけがえのない子供たちのために、親がその投票権を行使する。

そうすることで、選挙行動が、未来的になり、自分の老後のためだけでなく、子の未来を見据えた投票行動になる。

とても素晴らしいアイデアだと思います。


【第三の提言】

日本の男は18歳になったら、6ヶ月の兵役義務を課します。

そして修了者にのみ、国立大学の受験資格や、国家公務員の受験資格を与える。

言い換えれば、兵役の義務を果たさないものは国立大学の学生にも国家公務員にもなれない。

同時に、国立大学や国家公務員不合格なら、兵役を延長することも可とする。

ただし、女性の場合は、国防軍への参加ではなく、社会福祉の訓練と実習でも可とする、というものです。


国家を愛し、国家を大切に思い、集団生活の規律を学んだ者でなければ、国家公務員としない。素晴らしい案だと思います。

ねずきち的には、さらに、国会議員の立候補に際しても、その条件として兵役義務を果たした者でなければ立候補できない、という一項を入れていただきたいと思います。

そして、軍隊の中で、国防や日本の素晴らしい歴史と日本武道を徹底的に若者たちに叩き込む。

そして心身ともに鍛え上げた若者を、新生日本の柱としていく。
素晴らしい案だと思います。


【第四の提言】

総理大臣クラスの政治家が「核武装」を議論の俎上にあげる。

これだけで、外交にとって大きなプラスになるのです。

総理が、「日本が核武装するぞ」といえば、たったそれだけのことで、世界は震えがる。

なぜか。日本にはその技術も能力も資金力もあるからです。

東シナ海にしても、日本が「空母を持つぞ」といえば、それだけでChinaは震えあがる。

それが政治というものです。

靖国にしても、日本の総理が参拝を遠慮する必要などさらさらないのです。

堂々と参拝すればよい。
なんの遠慮をすることがあろうか、といいたいのです。

2010年の今年、まぁ、ポッポは行かないでしょうが、仮に新保守政権が誕生したとして、新政権の総理が靖国に参拝します。

Chinaや朝鮮が文句を言ってくる。

言わせておけばいいのです。

ただし、文句を言ったChinaには、来年の上海万博で、日本は不参加を表明する。

万博に出品する日本の企業は、ほんの数えるほどです。

たとえば、トヨタや日産が万博に参加しないなら、GMも、フォードも、ルノーも参加しない。

そういうことなら、なにも無駄金を遣うことはないですから、ベンツもBMWも参加しないかもしれない。

そうしてChina産や韓国産のクルマしか展示されないような万博なら、世界は誰も見向きもしません。

要するにChinaは大恥をかくのです。

恥をかきたくないなら、靖国参拝に、いちいち文句を言うな!、これが外交政治というものではないかと思います。


~~~~~~~~~~

以上の提言に、経済のことが入っていないじゃないかと思われるかもしれません。

当面の景気刺激策は、当然必要です。

しかし、忘れてはならないのは、経済も人の営みである以上、「道徳と経済は不可分の関係にある」ということです。

日本は、先の大戦で敗れはしたけれど、日本人の中には確固とした道徳観が、戦後もまだまだ息づいていた。

だから、日本は、まるっきりの焼け野原の、超がつくほどの貧民国状態から、わずか10年で、国家のインフラを取り戻し、さらに昭和を通じて、高度経済成長を続けたのです。

ところが、日教組の影響を受けた戦後の、不道徳世代が世の中の中心となるにつけ、日本の経済力はどんどん落ちている。

預貯金に余裕のあった頃は、バルブを起こし、それが弾けたあとは、どんどん国民所得が下がっていく一方です。

要するに、礼儀正しく、弱者をいたわり、人に迷惑をかけず、他人の悪口を言わず、謙虚で、自分の功を誇らず、神がからず、なにかやるときには精根をつくし、誰かに言われてやるのではなく、自分の表現として製品を作り、サービスし、家族を愛し、先祖を敬い、先輩を尊敬し、友を大切にする。

そういう日本的な、目に見えない、あるいはカタチのない価値観が、結局のところ、産業を発展させ、信頼の和を拡げ、国家の経済を発展させる。

要するに、短期的には、もちろん目先の景気対策は必要だけれど、政治には、もうひとつ、国家百年の大計が必要だということです。


上に述べた提言は、日下公人先生のかねてからのご主張に、ねずきちの意見を交えて述べさせていただいたものです。

是新保守政党にお願いしたいのは、是非とも日下先生のような頭脳を、新党のマニフェスト作成にお加えいただきたいということです。
これは、ねずきちの勝手なお願いです。

日下先生がこれを読んだら、ボクは叱られるかも^^;

しかし、作戦には、大将だけでなく、優秀な参謀と、兵が必要です。
わたしたち一般庶民は、兵となってはたらく。

日本を建てなおす政治家の先生方には、日本の現在・過去・未来のために、是非、日本の誇る最優秀な頭脳の参画をと、ご推薦申し上げたいと思う次第です。

新保守政党を応援しようと思う方
 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

100202頑張れ日本!全国行動委員会結成大会_西村眞悟先生


100202頑張れ日本!全国行動委員会結成大会_日下公人氏井尻千男氏


日本の心を伝える会では、いま会員の募集をしています。
登録無料!! ご入会は、
①ハンドルネーム
②お住まいの都道府県
③メールアドレス

の3つを書いて、assist@nippon-kokoro.com にメールするだけ。
ご入会受付後、メーリングリストへの招待メールをお送りいたします。
この機会に、あなたも是非、どうぞ^^♪
日本の心をつたえる会ロゴ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

neko

とても賛成できません。
第一の提言→ギャンブルや無駄遣いに消える家庭が多いでしょう。それに、どんな風に育てた3年間かにもよります。虐待、放置、あるいは逆に過保護で、日本の未来に害を及ぼす子育てもあるんですよ。支給するとしたら、18歳になったときに、本人と両親のIQとEQテスト、識者の面接を経てからでしょうね。
そもそも、まともな親は、我が子をお金に換算したりしませんから。
現在でも、子供手当クレクレ言っている親たち、ほとんどが低俗な輩です(断言します)。
まともな親は、将来の増税を案じ、支給されても使えないと言っていますし、
子育てはお金でなく愛情なのに、「金をやるから産め」という姿勢に立腹しています。

第二の提言→家柄も良く、揃って人格者な夫婦。子供が出来なければ選挙権は2票分。
知能指数も学力も並以下、酒とギャンブルと暴力の夫婦。無計画に10人の子供を産み、飢えさせ、周囲に迷惑を掛けまくっても、選挙権は12票。
そういう家族の多いエリアで、売国議員を当選させることは容易になります。
とんでもない提言です。

第三の提言→おおむね賛成ですが、半年では短く、せめて一年間。そして、これにも三代さかのぼった日本人であることが重要です。

第四の提言→それを出来る世論を作り出すことが重要なのです。
上海万博の撤退は、もう、間に合いませんけどね。

-

No title
↑根拠が薄い。
嫌だねぇ~顔の見えない書き込みはこのような輩が勝手な推測で違いないwなんて書くのだから。

。。

きっと枯れ葉は維新政党新風か在特会の信者に違いない。

名無し

うわぁ…
枯葉さん
ちょっとアクセスできない日が続いたので久しぶりに見にきたら、ものすごい粘着っぷりに唖然としました。
私とは建設的な話ができないので会話しないんじゃなかったんですか?

>ここでいう「健全な家庭」とは「お母さんのいる家庭」であり、「専業主婦」ではありません。

「働きに出る女性が減る」との前置きがあります。「働きに出ない女性=専業主婦」と解釈しました。よって「専業主婦のいる家庭が健全」と読め、それは専業主婦至上主義ではないかと解釈しました。
これでよろしいでしょうか。

さて、コメントもらったのならコメント返さなきゃ、と思って返信してきましたが、このエントリーへのコメントはこれで最後にしますね。
枯葉さんの異常な粘着コメントは唖然を通り越して怖いです。もうソープ嬢でもデリヘル嬢でも反日でも何でも勝手に想像してくださって結構です。
あなたの粘着コメント連投を「まとも」だと思う人は誰もいないでしょう。そして私もどうやらここでは「まとも」ではないようですから、お互いどっこいどっこいじゃないですか(笑)

九州

No title
鳩山邦夫氏離党のニュースを聞き、やっぱりとの思いです。 どれだけ若手議員がついて行くのか、誰がついて行くのか、焦燥感が募るばかりです。
選挙までの時間は少なく、候補者の選定も民主党に遅れを取っているようですが、
この様な状態を、自民党再生の陣痛だと思い、私は最後の最後まで自民党を応援するつもりです。
外国人地方参政権等、日本を売ろうとする法をに反対

-

打倒民主党
民主党が政権を担っている限りゆっくり休むこともできない、非情に健康に悪い。

日本は亡国を企む日本人の名前を持った、外人部隊に国会を占領されてしまったと、言っても過言ではない。

日本の命運は、コイツラニ握られているのが現状、子供手当てしかり、その他恐ろしい亡国法案という時限爆弾を国民がボケている今、気が付かないように通過させようと必死になっている。

魂を朝鮮に売った鳩山、弟も判ったもんじゃないやはり、兄弟だから。

  ”打倒民主党、日本人は真剣に日本の置かれている状況を把握せよ、時間は限られている”

  隣人の覚醒に努力せよ決して諦めるな、私は諦めない!!

 ”立ち上がれ日本人、国民にしか出来ないことがある”

共通一次世代

No title
山井のやり方なら、アホでも国会議員ができますね。

私「毎月3万円の小遣いをあげるよ。」
息子「えっ?急に、どうしたの?どこにそんなお金があるん?」
私「パチンコにでも行って勝ってくるよ。」
息子「そんないい加減な・・。」
私「約束したからには守るよ。絶対勝ってくるからね」

そして借金地獄になり、家庭は破綻・・。

共通一次世代

No title
どうしても言いたいのです。

お金は人それぞれに価値が違います。
日本も一時期、一億総中流家庭と言われていましたが、今は違う。

1000万円貰っても有り難いとさえ思わない家庭もあるかもしれない。貰った当初は有り難いと思うかもしれない。でも、そんな気持ちを持続するのは難しい。

以前、確か、ねずきちさんのブログのコメントでもどなたかが紹介してくださってたと思いますが、茨城県取手市で母親と2人暮らしだった女性が昭和62年ごろ、自身の病気もあって生活保護を受けていましたが、その2年後ぐらいに仕事に就き、生活保護を辞退し、コツコツと貯金を続け、そして、年金生活者となった年齢になってから、「恩返ししたい」と、同市に100万円の寄付をされた、という2年ほど前の記事がありました。

この女性の方のように「有り難い」「感謝の気持ちを持つ」「社会に恩返しをしたい」そういう気持ちが全ての人に沸き起こるでしょうか・・。

そんな気持ちがなければ現物支給など全く意味のないものになりはしないでしょうか。

今の生活保護者は「まだ少ない」「母子加算、元に戻せ」と訴える。「貰って当たり前」なのです。生活保護など、「働いて生計を立てる」という目標達成までの「臨時給付」とみなすべきなのに、です。。

お金はそうやって人を変えていく。変わるつもりがなかったとしてもそうなるものです。

上に紹介した記事は、本当に珍しいから記事になったんです。

性善説は無理だと思います。
現実を見据えないといけないと思います。

人を狂わせないように、現物支給はやめるべきです。
お金が無くても学べる場や環境を設け、充実させることに力を注ぐべきだと思います。
学びは勿論学問のほかに、それこそねずきちさんの取り上げる「こんな人になりたい」日本人を紹介する、上記の記事なども良いテキストだと思います。スポーツだって学びです。

子どもたちに多くの人が関わることが一番です。その関わりを見て親も変わっていくかもしれないです。親が子供から学ぶことだって沢山出てくると思います。

今朝の「朝ズバ」で、民主党の山井厚生政務官が「子ども手当は6月から支給と、マニフェストに書いた約束事だ、細かい事を議論してたら5月に間に合わない。国民との約束を守る方が大事だから、採決した」などと言っていたことに無性に腹が立ちました。

財源あるとした上での約束事であり、その財源すらいいかげんな提示でしかないのに何が約束事だ!!と。

子ども手当など要らない!!年金積立金にまで手を出しかねない民主党、日本を心身ともに完全に破綻へと導く民主党に今は全ての怒りをぶつけましょうよ!!

子供たちがどうなってもいいのですか・・?

枯れ葉

偽装でしょう
自分の発言に信憑性を持たせるために何とでもいうヤカラには辟易した。

専業主婦?
ウソでしょ。兼業主婦じゃないの?
で、仕事はソープかデリヘル
もしくはニート

旦那に反論してもらえばどうか?

あと「一般庶民」くんもねえ。子供っぽいこと書きなさんなよ。

君の理屈だと「民間企業」=「社会経験」になるけど、
変な奴は民間にも公務員にもいるよ。公務員のほうが常識人が多い分だけましだよ。

よくいるんだよ。

民間でダメな奴が公務員に応募して、「自分は民間出身だ」とかいって浮いている。

一般庶民

No title
第三の提言には賛同します。
実はこれ前からわたしも思っていました。 

仕事で○○省の方とお仕事する機会があるのですが、仕事人としてのマナーを知らない世間知らずが多くて、あきれてしまいます。 自分の所属名前を名乗らずに、「おい、xx(呼び捨て)いるか」と電話かけてきたときはあきれました。
  
兵役でマナーと根性を叩き込んでもらってからではないと、公務員になってもらいたくないです。

 
それから学校の先生には、兵役に「民間企業の経験」もプラスして欲しいです。 社会経験もない奴に、子供に自分達の住んでる社会の常識が教えられるわけないでしょv-293

枯れ葉

表現欲といいか
自分がどうだったってことばかり書いているよね?

で、本テーマとどういう関係があるの?

枯れ葉

もちろん
こちらのコメント欄を汚したくないので、次に示すが、だいたいこの手のおばさんは逃げるのよね。逃げないならちゃんと答えなさい。

枯れ葉

本気で怒っているよW
私は国語教師でさ、毎年センター試験を受けても190点以上取るよ。

でも、それは毎年やっているから要領がわかっているのでどうということはない。東大二次だってある程度の要領はわかるさ。

いいたいのはね。

自分の勝手な言い分を相手がわからないからといって「おまえは日本語がわかるのか」といわれたら、「へえ、じゃああお相手しましょう」てなもんだわね。

まっていますよ、自称専業主婦さん。

枯れ葉

まだ言っているのか・・・
>何故なら、まず第一に、働きに出る女性が減って、家庭にお母さんがいる確率が高くなり、より健全な家庭が増える。

ここでいう「健全な家庭」とは「お母さんのいる家庭」であり、「専業主婦」ではありません。

「お母さんのいる家庭は健全ですが、お母さんのいない家庭は不健全だ。」と発言するのがいかん、というならまだわかる。ふつうそういう子には同情して「何も言わないが、がんばれよと心で思う」からね。

で、これがなんで「専業主婦至上主義」なのかね?

その飛躍をどう説明するの?出来なければただのプロパガンダであり、反日精神の表れだろう。

なにか一人で勝利宣言しているが、「バカか」と思うしかない。

名無し

No title
ネトウヨさん

>私の知る限りでは、好きで働いている主婦は少ないですね。

え、そうですか?
私の周りでは逆に嫌々働いている人の方が少ないですけど。職種や地域や、働く理由にもよるんじゃないでしょうか。

>方は何かしら父子家庭に激しく失礼だ(激しくはいらないと思いますよ。子供っぽいです。)だの仮想の味方を作りますね。

子供っぽいと思われるのはあなたのご自由ですが上にも書いている通り、「私が働く女性の権利を守らなきゃ!」という勘違い正義感から書いたコメントではありませんので「仮想の味方を作る」は当てはまらないかと思います。

>大人である主婦が2時半までネットしてる姿は健全とは感じ難いですよ。想像するに不健康にしか見えない。

そうですか?
昨日は土曜の夜でしたが子供は当然寝ていましたよ。主人は主人で平日はなかなか満足にできないネットやゲームなどしながら起きてましたので、私も起きていました。今朝はお花見日和でしたので家族より早く起きてお弁当作って出かけましたけど不健全ですか?
平日も遅くまでネットしている時はありますよ、でも起きなきゃいけない時間には起きます。失敗する時もたまにはありますけど…不健全ですか、そうですか。
まあそれぞれの家庭の生活スタイルなんじゃないでしょうか。
あ、これもいきすぎた個人主義とか言われちゃうんでしょうか?(笑)

追記:やはり「家庭に女性がいる=健全」は言いすぎだと思います。
また「両親ちゃんと揃ってた奴が片親の代弁すんな!」とか怒られちゃうんでしょうけど、色々な事情があって色々な家庭があるんだし、とてもデリケートな話題なのに無神経だなと思います。
せめて「(もろもろの提案によって)女性が子供と接する時間を長く持つ事ができるようになる」くらいで留めておくべきだったのではと思いますよ。
不健全な時間に失礼いたしました。

ネトウヨ

No title
私の知る限りでは、好きで働いている主婦は少ないですね。そんなにいますかね??貴方は何かしら父子家庭に激しく失礼だ(激しくはいらないと思いますよ。子供っぽいです。)だの仮想の味方を作りますね。
うちの会社で働いている主婦たちは塾のお迎えだ~家事洗濯だ~と会社に相談しながらシフトを組んでる現状です。大変そうです。失礼ですが貴方にはお子様がいらっしゃるのでしょうか??いらっしゃるとしたら土曜だとしても
大人である主婦が2時半までネットしてる姿は健全とは感じ難いですよ。想像するに不健康にしか見えない。子供より先に起きますよね?
私もたまに妻に怒られますから「高校生か!」っとw
明日休みだから遅くまで起きていていいなんて親には言われたことないです。子供は土曜も普通日も同じ時刻に寝かせていますよ。ちなみに20時です。枯葉さんも不健康なネットサーフィンをされてるようで・・・。
何が保守なのかが分かりませんね。
最後に私は1000万支給は現実的ではないなぁと感じます。
あ・・・子供さんいらっしゃるんですね。

名無し

No title
名無しさん

仕事して無い人に仕事をしている人の気持ちを代弁されても・・・

「私が働く女性の権利を護らなきゃ!」とか、そこまでアツイ正義感で書いたわけではなかったのですけどね(最初は)。
でもをれを「大きなお世話!!」と受け取られる方がいらっしゃっても仕方ないかもしれませんね、今仕事をしていないのは事実なので。

ちらりと書きましたが私は独身時代に十分な仕事の実績を積めなかったのと、自分の性格を考えて専業主婦という道を選びましたが、できることなら仕事を続けたかったのです。チャンスに恵まれればいずれ復帰したい気持ちもあります。
それに私の母親も私が中学生の頃から働きに出ていましたが(私は中学生でしたが弟は小学校低学年でした)、母親がいなくてさびしいと思った事も無いし、肩身の狭い思いをした事も無いし、家事が行き届かなくて不自由な思いをした事もいっさいありません。むしろ、仕事をがんばっていたり、仕事に必要な資格を取るために一生懸命勉強している姿を可愛らしく思っていました。(親に向かって可愛らしい、というのは適切な表現ではないかもしれませんが、本当にそう思っていました。可愛い人だなと。)

ですから、母親が専業主婦として家にいるのが健全、との言われ様にはどうしても賛同できません。
それだけはわかっていただきたいと思います。

追記:なんだか私を荒らしみたいに思っていらっしゃる方がいるようですが、ねずきち様のブログは知らなかった日本のいい話などとても楽しいので毎日チェックしていますよ。まあ今回の味付けは激しく好みに合いませんでしたけど(笑)、これからも子供達に聞かせて伝えていきたい「いい話」をたくさん聞かせて下さいね。応援しています!

枯れ葉

改めて木をみる
私が特に賛意を示したいのは、第三の提言です。

かつてとは異なり、近代はハイテク兵器を使いこなす専門的戦闘が必要で歩兵クラスの重要度は落ちているそうです。

大戦末期に硫黄島などへ徴用された一般人のイメージが強いからついつい「え、戦闘(人殺し)の模擬訓練を受けるのか?」といった反応もありそうです。

しかし、核を含め「決して他者を殺す」ことがないように、国防を充実させ、一般人にも「軍事」の本質を知らしめようということではないでしょうか。

どの国でもいちばん「倫理的である」ことが求められるのは「兵」であり、最高の道徳教育になるのではないか。「モラール」とはそもそも「士気」なんですから。そしてその後軍事に携わらなくても、見事な企業戦士になりうるでしょう。

インテリジェンスなどソフト面での「リテラシー」も重要になっているのがテロを想定した現代の戦争。単に「鍛える」ためだけの軍事教練だけでなく、そういう教育も実現した際の「体験入隊」ではなされるかもしれない。

そしてそれ以前に、国内に真の敵がもぐりこむ事態を避けることこそ、保守も革新もない、日本国民の急務ではないかと私は思います。

幼い或いは若い人たちと接していて、二十年前と比べた場合の「総合的な力」の低下を感じて真剣に危惧していますから、他の提言での運用面などでの検討はご検討の余地ありとしても、巨視的にはこの提言をすすめてほしいとわたしは思います。

愛情たっぷりに大切に守られた記憶→他者を守る気概と力をもつ大人

こういう太い糸を私は四提言の底にみるものです。

枯れ葉

木より先に森をみると
日下先生のご提言は四つがばらばらではなく、四つを通して強い日本国家を目指し、その姿をおおまかに描いてみようということでしょう。

根っこには母子とのかかわりを通じた育成、そういう主権者の声が反映しやすい環境づくり、一度国家を守る経験をさせたのち適性を考察させ、力強い国家のあり方を問う、といった主旨でしょう。

昨今の配偶者控除の撤廃から子供手当ては、家族単位から個人単位への変容という観点から反対する保守論者も少なくありませんでしたが、「家族」ではなく「母親」としている点で、第一の提言はむしろ多様な女性の生きかたを許容したものでしょう。しかし、「現物支給の方が・・・」という声、不正な利権への危機感など、昨今のさまざまな問題と根を同じくするコメントが読めて勉強になりました。

ふた昔ならむしろ第三の提言への批判「身体がじょうぶでないといけないのか」というのが多かったようが気がしますが、相手を選ばずしごき倒せばまずいことくらいの知恵は生じるだろうという信頼の問題かもしれない。

第四の提言はあまり教育とは関わりがなく、とってつけたような印象も受けますが、自衛隊で働いた経験が国際感覚を学ばせ、無理なく「当たり前の国」でできるような話ができるようになるだろうということかも。

何せ、「話す」だけで他国への牽制になることは明らかで、現状のように「核武装について検討する」ことさえ問題視される異常な状況は一刻もはやく終わらせないと危険。

その間に敵は「外」にではなく「国内」に「合法的に」ますます入り込み、静かなるテロ決行をはかっているとさえ思われる現状ですから。

一言

No title
<国債>現状はすでに「暴落なき暴落」/浜 矩子(同志社大学教授)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100311-00000002-voice-pol
産油国のような税収に困らない国であれば諸手を挙げて賛成ですが、日本は違うのではないかと思います。
国が破綻したら(例)預貯金は封鎖、年金、医療介護、福祉、インフレ等どうなるかわかりません。
アルゼンチンやソ連、アイスランド、ギリシャのテレビで見た光景が現実となるのではないかと思います。

ジャギ様

棚ぼたの金は国民の根を腐らせる
 保守思想は人間の勇気と努力への賛歌であり、その言行が「誠の心、直き心、清き心」の発露でなくてはなりません。
 子供を産み育てる行為は、無私の愛と精神から親子の絆を育み、本来は父子不伝の才能や思想・精神・富貴を、不断の努力で継承していくものでなくてはなりません。
 明治の肝っ玉母ちゃんの与謝野晶子が、児童手当や子ども手当てに依拠する現代人を見たらどう思うことやら。

 年金制度にしても65歳を過ぎれば無為徒食で生きていける、人間の尊厳の根幹に関わる視点では誰も論じようとはしていません。
 私の知人の老人は、年金受給資格があるのにも関わらず、「店番ができるうちは国の世話にはならん!」と年金を受け取ることなく他界しました。
 あまり議論にはなりませんが、母子保健と教育・年金制度、医療・障害者福祉・生活保護などは密接に関わっていて、実態は福祉制度全体の中でパイを取り合っています。
つまり一方が増えると一方が渋くなり、人間の観念や規範に強い影響を与え、未来の社会構造を変えていきます。
 子供の養育や老後の生活を国家に頼る考えは、もともと左翼思想から派生したものです。
 共産主義に対抗するため、恩給以外の諸制度が「権利」として国民に付与されてからの歴史は浅く、未だ実験と途上といったところでしょうか。

 高度成長期に日本は平準的な産業戦士を量産し、家族の絆を蔑ろにする雇用環境・民法・商習慣・教育を取り入れ産業に特化することにより、他国との比較優位を確立してきました。
 その結果、近代人としての人間のライフサイクルと、家族の絆の中で数万年の歴史を歩んできた社会的生物としての人間のライフサイクルは、乖離していく方向にあります。
 現在の日本社会や今回の政治的提言が、ステロタイプとして日本民族の存続を保証するとは思えません。(寧ろローマ帝国の崩壊の主因となった人心の堕落につながる気がします。)

 全方向で才能を発揮できる人間は少数です。ねずきちさんのブログで掲げる「人間賛歌」や「かなりいい話」には全面的に賛同しますが、政策面での才能には「?」です。個人的には政治と距離を置いて欲しいところです。

文芸春秋

新党続々誕生!
来月の新党結成に意欲=鳩山邦氏「覚悟できている」
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010031400049


鳩山氏は自民党の現状について「賞味期限切れだ。
政策の中身の問題だけではなく、非常に古くさい、しがらみを持っている。いまだに派閥政治をやっている」と指摘した。

hisa

賛成!!
素晴らしい案ですね。
基本的に全て賛成です。


特に第1の提言は目からうろこです。

お母さんが無理して働かなくっても良い家庭が劇的に増える。
学校から帰ってくると「お帰り~」と母親に迎えてもらえる子供が増えるってことです。
どんなに子供にとってプラスとなるか・・・。

なにやら女性の選択肢が制限されるという意見もあるようですが、むしろ選択の幅が広がると思います。

あとはこのお金の使い道のチェック機能を考えなければいけないですね。
一括現金で払うのではなく、「返済義務のない子育て支援融資枠」の1000万として申請ごとに
20万単位程度で振込みってのはいかがでしょうか?
申請時には使い道を明記する。もちろん、子育てに使う以外は却下です(^^

第3の提言で兵役は半年としていますが、もうちょっと長くてもいいかなと思います。
1年くらいがいいんじゃないですかね。
あと、ねずきちさんの書き方では国立大学や公務員に不合格の場合の受け皿として兵役延長がある様にとれますが、「キャリア」(職業軍人)への選択肢も用意したいですね。


今回ねずきちさんが示されたのは大筋の提案であり、支給方法等の細かい部分は今後議論を深めてゆけばよいことです。
コメント欄で提案はなく、非難だけをされてる方に違和感を感じます。
工作員さんかな?

Keito

子育てと日本
今回の記事を読み、また皆様のコメントを読んで感じる事は、保守という枠組みの曖昧さと難しさです。

日本の置かれた立場と特殊性がそれを形作っているのでしょうか。事情をよく知らない他国から見たら、「日本は自滅したいのか?」と驚愕するような政治を行っていて、多数の国民がそれを知らずにいる。

本来なら国益を柱に据えて頼れるリーダーが引っぱり、国民は協力する。私の小さな日本という国への信頼はその為のものでした。

帰化人が多くを占めるという政党政権下で、待ち望まれている保守政党は本当にあるんでしょうか。誕生するんでしょうか。そんな強力なリーダーがいるんでしょうか。一つの山場となる参議院選挙はもう数ヶ月先にと迫っていますが、”風の気配”がまだ感じられません。

記事の内容と関係ない事から入ってしまって申し訳ありません。日下先生の日本への愛情は存じていますが、 【第一の提言】としている『女性が出産し、その子供が三歳になったら、その子のお誕生日に、母親に現金1,000万円を支給する』

この提言は私としては賛同致しかねます。「ばらまき」ではないとしてらっしゃいますが、形の違うばらまきになってしまう恐れがあると思います。自治体などがお祝い金など小額を渡してお祝いするなら分りますが、現金の高額一時支給は問題が多いと思います。

現在子育て中の方で保育園に預けられないのが最も困るという意見はよく聞きます。親の子供への関わりの集中度を問題とするのは、スポーツ関係などでは顕著かも知れません。大多数の普通の親御さんは、子育てがし易い環境や仕組みがきちんと作られるのを望まれているのではないでしょうか。

日本の構造自体がどの程度錆び付き壊れているのか想像も付きませんが、戦後の歪みから基礎を建て直し、新たに構築して行くだけの気概と体力を持った政党が現れるのを願う気持ちは、これからも細々とでも持ち続けます。

ねずきちさんにももちろん期待しています(^^

松岡

No title
猛烈な批判だけ…個人的にはそういうコメントはあまり参考にできないなと思ってしまいます。
人の提案に反対する場合は代替案を出した方が建設的だし、説得力も出るのでは。(とにかく感情をぶつけたい!というなら余計なことかもしれませんが)

一言

No title
日本人の心、精神、魂、を強く訴えられてるブログだと思って読んでいましたが、今回の子供手当て1000万円記事にはがっかり、残念です。

文芸春秋

こちらも新党結成
与謝野氏、谷垣総裁辞任を要求…新党結成も視野
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100307-OYT1T00102.htm

-

No title
>働いている人や父子家庭の人に激しく失礼でしょ

??働いている人自身が「失礼だ!」と言うならまだしも、
仕事して無い人に仕事をしている人の気持ちを代弁されても・・・私も「ええええええ?!」という感じです。
私は女性で仕事してますが、そこまでねずきちさんの文章を深読みしていませんでした。

「親が子供の為に親の人生の一時期を子供中心で生きることのできる」
その為の政策を1000万と言うお金に込めたのだと理解は出来ますが、私も現金支給はして欲しくないです。
子供の為でなく自分の為に当てにする人が
日本人でもでてくると思います。

お金ではなくもっと母父が子育てをしやすい環境を
整えられるような政策を希望します。

杉並区の政策等参考にするのもいいと思います!

http://sibaryou55.iza.ne.jp/blog/entry/1494664/

友愛

ねずきちは二重人格ですヨ 熱くならないで
この人の文面には二重人格の特徴がみえます。
 文章の流れと言いたい事の内容には離反してます、特に最後のほうの文面が本心でしょう。前置きは一般の人々をひきつける餌なのです、...すみません判っていましたら余計なお世話ですね。
 せめて熱くならないで横目で見る程度にしましょう。
 それならば面白いでしょう。

名無し

No title
枯葉さん
すごいですね、午前2時半に返信したら専業主婦じゃないんですか?土曜の夜ですし、やるべき事も終わって遅くまでネットしているのがそんなにおかしいですか?じゃあ寝る前にレスして、日曜の朝にレスする私は本物の専業主婦じゃないんですかね?おんなじ時間にレスしているあなたはおかしくないわけ?あなたが独身か男性なのか知りませんけど、同じ時間にネットしている自分はおかしくなくて専業主婦はおかしいとか、ほんとに意味のわからない人、というかほんとに失礼な人ですね。

それから”攻撃”しているとか??”たしなめ”とか??
これも「ええええええ?!」という感じです。
確かにあなたのトンチンカンなレスには攻撃的な発言になってるかもしれませんがそれはあなたがトンチンカンだからです。
私はねずきち様や元ネタの方”を攻撃”してるわけじゃないでしょ?元ネタが「家庭に母親がいる事が健全」と言い切っているのだから、それは専業主婦至上主義で、働いている人や父子家庭の人に激しく失礼でしょ、という話です。日本語わかりませんかね?それのどこが”攻撃”になるのか、また”いきすぎた個人主義”なのかぜんぜんわかりません。基地外フェミじゃなくてもわかりません。それなのに私は「たしなめ」られちゃってたんですか?それは全然気が付きませんでしたwというかすごい上から目線ですね、びっくり通り越して新鮮でしたw

あなたの解釈は勝手ですけど、ご自分の解釈だけで、「私の愛するねずきち様の書いた文章を攻撃しないで!!(怒)」と一方的に攻撃しているのはあなたの方だと思いますけどw
(wって書く内容によってはとっても失礼で相手に不快感を与える文字だと思いますけど、あなたが書いたので私も書きますね。失礼な人には失礼な言葉で返して差し上げます。)

-

No title
世界最長の皇室と世界帝国の盛衰

http://www.youtube.com/watch?v=uaUZbhwduV4

枯れ葉

まあ、午前3時に本物の専業主婦の方から即座に返信されるとは思いませんでしたがw

これまで一方的に「個人主義重視」の戦後教育があったから、ここいらで日下さんの年齢の方が「家族重視」を盛り上げたいという主旨だと思いますが?

それを認めずに攻撃しているのはあなたでは?

外で働いてもちゃんと子供を育てる人もいるでしょうし、それを攻撃した文章ではないのに、あなたは「専業主婦至上主義」という攻撃を加えていることに気づきませんか?

あなたの解釈は勝手ですが、「意図したものではないでしょう」という「たしなめ」をどこまでも突っぱねられるなら、どのみち建設的な話にならないので、もう会話はやめましょう。

疑義を呈するのはかまわないと思いますが、ご自分の解釈だけで突っ走るのはどうかなあと書いただけで、「一方的で心が狭い」とまで言われたのは、初めてで新鮮でしたw

名無し

No title
枯葉さん
は???ますます意味がわかりません。
何故なら、

まず第一に、働きに出る女性が減って、家庭にお母さんがいる確率が高くなり、より健全な家庭が増える。

これは「家庭に母親がいる=健全な家庭が増える」とはっきり言ってますけど?
家庭に母親がいる事=健全なのでしょ?
じゃあ父子家庭で育った人は?
母親が仕事をしていた人は?
健全ではないのでしょうか?
ずいぶん失礼ですよね。
そう受け取られても仕方の無い文章だと思いますけど。
だから専業主婦至上主義と書きました。
その通りじゃありません?

何でも認めろ=さまざまな自由を認めろというあなたの主張
えええええええ?!?!
100人いれば100通りの生き方があるように、人それぞれの生き方の自由があるのは当たり前じゃないんですか???
それにどうしてそんなにかみつかれるのか意味不明。
それこそ、いきすぎた個人主義に過敏になっているあなたの過剰反応だと思いますけど???
反感というよりポカンというのはこちらもそうですよ。

コメントでも書いている通り私は千葉景子や福島みずほみたいな頭のおかしいフェミ団体関係者じゃりませんから、男女の機能的な違いを超えてなんでも男女同権にしろとは露ほども思ってませんよ。
私は専業主婦ですが専業主婦を選んだのは自分の性格上色々な事を器用にこなせないとわかっているからです。独身時代、仕事で実績を積めなかったのもあります。
けれど能力も実績も十分にあり、夫や子供の理解を得ながら仕事を続けている女性もたくさんいるでしょ?
それがいきすぎた個人主義なんでしょうか?
それが家族を軽視している事になるんでしょうか?
意味不明すぎて頭の悪い私には全然わかりません。

私からみればあなたは、狭い世界で一方的な意見にしか耳を貸す事ができない、心の狭い人だなと思います。

枯れ葉

遅くなりましてすみません
拡大解釈し=専業主婦至上主義というあなたの解釈
何でも認めろ=さまざまな自由を認めろというあなたの主張

もともと意図していない誘導をしていろいろな自由を認めろという書き方は、いわば「ないものねだり」ではないのですか。

あなたのご意見には反感というよりポカンとしました。

ねずきちさんも敬意を持ちますが、これ、そもそも日下公人さんの提言ですよ。

書物もおもしろいですが、文章だけではなくて、講演も聞かれたらまた印象がかわるかもしれませんね。

それに個人主義を声高に言いたがる戦後民主主義へのアンチテーゼですから家族重視の色合いをもつのはふつうじゃないかな?

cnteriver

子供手当ての総額
2.7万円×12カ月×15年=486万円
子供手当ての総額は約500万円
ねずきちさんの第一の提案は、子供手当ての2倍です。
支給数を子供手当ての半分に絞れば、
民主党や民主党支持者に、財源問題をどうこう
言われる筋合いは無いですね。

共通一次世代

No title
「子供」はまずはとにかく親が自分で働いたお金で養育する・・そう思っています。

お金って、先に貰うとそれが「貰って当たり前」の感覚になってしまうものだと思います。
まず自分たちがお金を出す。子供を育てるには知力、体力、気力・・お金も勿論かかる。
その現実をまずはちゃんと受け止めないといけないと思うのです。

そういうことから考えると、例えば出産一時金は出産してから貰うので有り難いと思いました。子供を産むということは1つの生命を守り育てること、それは大変なこと、ということをちゃんとわかった上で、出産を迎える。お金もかかる。だからこそ、一時金にも感謝の気持ちが湧いたものです。

現在の、「税の控除」というシステムはよく出来てると思います。
扶養のために必要分をまず自分たちが働いたお金を使う。
そして、あとから、「補助をしてもらう」代わりに税控除をしてもらい、その分が還付される。
働いた分から、「ご褒美」、「頑張ったで賞」的にお金があとから戻ってくる。この方法は私は最善だと思います。また、誰でも経験ががあると思いますが、なんだか得をした気分になるんです、なぜか。。

でも、だからこそ納税は国民の義務としてちゃんとしなければならない。
鳩山みたいなことは絶対にあってはいけない。そう思います。

現金支給、特に頻繁な支給や一度にべらぼうな金額の支給はすぐに「ありがたさ」が薄れます。また、お金には色がないから「子供の養育に使うため」という目的が曖昧になるので私はやっぱり反対です。

税金は、みんながともに同じ目的で恩恵を受ける「公共」の場に主に使われるべきだと思います。
それは保育所から学校までの施設、環境、雇用などのより良い充実をもたらすために使われることが一番だと思います。また、そこに携わってくれる人たちをボランティア精神に頼るだけでは人間は長続きしません。やはりそれには少しでも報酬やご褒美が必要だと思うのです。

子ども手当でも思いますが、650名ほどの1つの中学校で各家庭に流れていく「こども手当」を集めれば、約2億ものお金になるんです。なぜ「子どもたちのために」お金を集めて子どもたちの学力を上げ、スポーツを向上させ、徳育をし、地域が育てることを考えないんでしょうか。

今の時代は核家族も多い。こればかりは仕方が無いと思います。大学や就職で、地方を離れる人も多いですし、転勤もありますし。また、たとえ1000万円のお金を貰っても仕事にすぐに復帰したい人を止めることはできません。

お金というものは、人を簡単に変えてしまう。
勤勉であることがまず大事であって、お金は頑張ったことへの「ご褒美」と位置づけて考えることがまず先決だと思います。「投資」に税金をつぎ込むには「公共性」、子どもたちがどの子も参加出来る体制づくりに絞るべきだと思います。

嵯峨野 恵

3歳では遅すぎる
私は今甥っ子がいますが、2歳で頭悪いと感じましたが
7歳なっても本質は変わりません。
あと5歳の甥っ子がいますが、これまたボーとして、性格も
あまりよく有りません。
なにが言いたいのかと言うと、0歳児育児で全てが決まると言っても過言では有りません。人格形成も、基礎頭脳も、感性の鋭さも、運動能力、反応速度、集中力、・・・。
全て決まります、0歳児育児の重要性を本格的する事が
遥かに重要です。0歳児育児は誰も言いませんし、マスゴミもガン無視です、1歳では8割以上脳が固まります。
0歳児の1日は大人の10年には匹敵します。
0歳児育児に300万の方が遥かに効率的です。
それで十分です。

Q9FC

No title
【第一提言】
条件が緩くて金額が大き過ぎる気がします。天井が高くて庭のある広めの家を国が用意して一定期間割安で当該家庭のみ使用の契約で貸すとか、お金でないものをメインにすると良いのでは。家庭の器である家は本当に大事です。再開発を国がやって、区画整理も計画的にやり直すべきです。サブ的に売買できないよう不正防止の手段を講じたクーポン。
ついでに、相続税を見直して一家の資産が細切れになるのを防いでほしい。(関係なくてすみません)
【第二提言】 賛成です。
【第三提言】
 基本的に賛成。健康診断などで合否判定や段階評価もされるのでしょう。道が1本しかないのは、やはりまずいですから。小学校からの体育強化も含めて、何かしらインセンティブがあるとさらに良いと思います。
【第四提言】 政治家や官僚の愛国心や外交センスの問題でしょうか。
神道を国教に制定するか、せめて第一宗教としてご皇室の存在を高めて守り、自衛隊を国軍と位置づけるのを急いでほしいです。これらがなくては、核保有を宣言しても見透かされます。
あとは、遠回りのようですが、政治・経済両方を身につけさせるエリート育成の高度な国営専門学校を作るべき。フランスにありますよね。毎朝、日の丸に敬礼して授業が始まる。民間会社やボランティア経験もカリキュラムに入れるのは有益ですね。これらを着実に行えば、おのずと国益に沿った行動をとれるプロの政治家が出てくると思います。我々有権者も自らを高めなければ意味はありませんが。

名無し

No title
CJさん
うなづかれるのなら教えてください。
そもそも拡大解釈しつつ何でも認めろでは、政策提言にならないでしょうに。
って何ですか?
私のコメントのどこにそんな事書いてあります?
全然わからないんですけど。

追伸 ねずきち様:レスするの初めてだったんですが、コメント編集機能があったんですね。気が付かなかったとはいえ補足でコメント増やしてしまい失礼いたしました。

弥生兎

協調性
うちらが子供の頃‐だいたい3、40年前ぐらいは、
世論も、また、日本中、どの学校に転校しても、
「協調性が大切」だと、耳にタコができるほど言われたものだった。
どころが、1985年ぐらいから、
「協調性」という言葉は、あまり言われなくなった。
奇しきも、日本の衰退もその頃から始まっているように思う。
日本は和の国。日本には日本のやり方がある。
今こそ、日本の伝統である、協調性の復活を!

こん

日本の選挙は消去法ですからね。本当にまあろくな党がない。
たまにあらわれる保守を冠にした党もバカボンばっかだし。
新風なんかチンピラ以下の情けなさ。

近い将来
日本に真生の保守政党が出来る事を祈念してます。

ぱこぱこ

がっかりです。
真正保守でこういうのなんですか?
第4提言しか賛成しかねますね。
第1提言:子供手当ての拡大版にしか思えない。
第2提言:良い様な気はするのですが第1提言があるので本当に台無しです。民主党よりグロテスクに感じます。
第3提言:国立大学の受験資格に兵役等を課すのは反対です。本当に優秀な頭脳が海外に逃げてしまいます。国家公務員の受験資格には一考の余地はありますが半年だけしかも国家公務員となりますと予備役としては使えません(公務員の兼業規定)し、本当に基礎的な訓練しかできません。やる気のない者を引き受けざるを得ない自衛隊にしたら現場はいい迷惑です。やるなら民間と同じように受かってから研修として組み込むほうがベターなような気がします。
核と徴兵言ってたら保守なんですか?小手先ではなく、もっと踏み込んでこの国をどういう風にしたいかグランドデザインを語ってくれないととても支持には結びつかないと思います。

CJ

No title
枯れ葉さんのご意見には深くうなずきます

名無し

No title
↑に補足しますと私は専業主婦です。
仕事をがんばっているワタシを否定しないで!!!なんてニュアンスは1ミリグラムたりともありません。

名無し

No title
枯葉さん
あなたが過剰反応とか、つっかかってるなどと受け取ったのならそれで結構です。私から見ればあなたこそ、敬愛するねずきち様の意見を否定された!と私につっかかっているように聞こえますけど。
それは受け取り方の違いですからいいとしても、最後の

そもそも拡大解釈しつつ何でも認めろでは、政策提言にならないでしょうに。

って何ですか?
私の投稿のどこに拡大解釈しつつ何でも認めろなんて書いてあります?意味がわかりません。

bingo

No title
アイデアとして、純粋の日本人、教育勅語、修身教育を受けていた時代の女性への育児教育資金なら、「生き金」だと思います。

お金には「死に金」と「生き金」があります。これは、国家運営、会社の経営、家庭の家計簿にも、必要な概念です。「生き金」であれば、いくら使っても良いと思います。しかし、現代の日本社会が政界を中心にその区別もできない政治になっています。

民主党と、公明党がくっついて、長妻が外国人を含む、国籍を問わない育児資金交付を強行採決しました。彼等には、最低限の「死に金」と「生き金」の区別さえできないのです。彼等にあるのは、無能なイデオロギーに縛られた、思考停止と利権のみです。

したがって、現段階では、尊敬する日下公人先生のお言葉ですが、無謀になると感じます。時代背景は違いますが、明治、大正、昭和初期までの時代の女性は、不便な家事の中でも8名ぐらいの子供を生み育て、立派な日本人としての教育を行っていました。

現在の日本の問題は欧米型の個人主義が入り込み、伝統的な日本の家庭の絆、コミュニティーの崩れが第一の問題だと思います。

らお

お願い
ねずきちさん、日下さんらの有識者の方々とともに、
ぜひ新党を立ち上げてください。そうしたら応援します。
もちろん、今度の参議院選挙に間に合うように。
もう時間がない。お願いします。
ぜひご一考くださいませ!

?

No title
帰化人や在日じゃなく、


『本物の日本人の子供』が増える政策。

どうしたら良いものか、、、

あ太郎

景気回復
3歳で1000万円でもいい。 一人産むごとに100万円でもいい。 子供が増えること請け合いだ。

実現されたら、紙おむつなどのベビー用品、文房具などの学用品が爆発的に売れる。  

景気を回復させよう! ・・・・26000円程度では無理だが。

博士~

No title
>>福島みずほ 灰国-語録です!

「朝まで生テレビ」
福島「ですから、日本はスイスのような平和中立国を目指すべきなんですぅ。」
田原「スイスは国民皆兵制で、一般家庭に自動小銃が有る国だよ。」
福島「いえ、例えばスウェーデンみたいな中立国もあるわけですしぃ…」
田原「スウェーデンはナチに協力して中立を守った国だし、今では武器輸出大国だよ。」
福島「えーと、ベルギーのように歴史的に中立を貫いた国もあるんですぅ。」
田原「ベルギーみたいに何度も外国軍に蹂躙されてもいいの?」
福島「・・・・」
田原「ベルギーみたいに何度も外国軍に蹂躙されてもいいの?」
福島「え~?でもぉ~、侵略するより侵略される方がイイですし~…」
田原「・・・・」

博士~

my日本 集合 願う
履歴
2010/ 3/13 会員数15,000人突破
2010/ 3/ 6 会員数14,000人突破
2010/ 3/ 2 会員数13,000人突破
2010/ 2/18 会員数12,000人突破
2010/ 2/ 8 会員数11,000人突破
2010/ 1/25 会員数10,000人突破
2010/ 1/16 会員数9,000人突破
2010/ 1/13 会員数8,000人突破
2010/ 1/ 9 会員数7,000人突破
2010/ 1/ 1 会員数6,000人突破
2009/12/26 会員数5,000人突破
2009/12/24 会員数4,000人突破
2009/12/23 会員数3,000人突破
2009/12/18 会員数2,000人突破
2009/12/ 2 会員数1,000人突破
2009/11/28 会員数500人突破
2009/11/19 会員数100人突破
2009/11/16 my日本設立
http://sns.mynippon.jp/?m=pc&a=page_o_sns_privacy

枯れ葉

ちょっと疑問を感じたので
>子供を産まない自由、子供を産みながら働きに出る自由もあります。
>専業主婦至上主義に誘導

いずれも過剰反応ではないでしょうか?

残念ながら、ご自身が否定されたかのように勘違いして「つっかかっている」ように感じられてなりません。

テーマは、少子化が問題視される状況下で、子供を「国の宝」とし育てていくうえで、近い過去において一般的であった、健全な一つのあり方を提示なさっているだけで、そこからずれるものを否定するものではないと思います。

そもそも拡大解釈しつつ何でも認めろでは、政策提言にならないでしょうに。

CJ

No title
【第一の提言】に断固賛成します!
【第二の提言】に断固賛成します!
【第三の提言】に賛成します
兵役義務 18歳から40歳に3ヶ月の訓練を10回
【第四の提言】に断固賛成します!

先祖代々日本人です!

No title
いつもながら、ねずきち様のご意見には深くうなずきます。
ふと思ったのですが、もしねずきち様が立候補されるなら、絶対に応援したいと思います。
何故なら、今までのブログの記事でどんなお考えや意見をお持ちの方か分かり、共感できるからです。
昨年の衆議院選挙では、もちろん自民党に投票しました。

名無し

No title
↑の補足
言いたいのは、仕事に専念したい人も、子育てに専念したい人も、仕事も子育てもバランス良くできる人もみな、それぞれのやりかたで社会に貢献できるし、家庭も幸せにできるという事です。
社会の風潮が専業主婦至上主義になる事で、女性の生き方が制限されてはならないと思います。
ちなみに私はおかしなフェミ団体関係者でもなんでもありませんので。福島みずほも千葉景子も大嫌いです。

名無し

No title
自分で言うのもなんですが、私はけっこうゴリゴリの保守派だと思ってます。
が、女性が主婦になる→子供が幸せ→社会が幸せ、みたいな考え方は大嫌いです。
女性にだって多様な生き方を選ぶ権利がある。子供を産まない自由、子供を産みながら働きに出る自由もあります。そしてどんな立場であっても生き方であっても、社会に貢献できます。
専業主婦至上主義に誘導するのはやめてください。

はじめ

No title
「第一の提言」に断固反対します!
「○○○をくれるから・・・○○をする」と言う理論は愚民化一直線だと思います。
なんら、民主党の売国手当てと変わらない。

子供を持ち、育てることで、人間としての「責任感を自ら育て、子供を持つことに誇りを持つ」のではないですか?

「少子化対策」「国際化」を振りかざして、日本の国柄を解体しようと、虎視眈々としている論理としか思えません。

1000万円頂けるなら、子供を産みます!なんて、あまりにもさもしい。
子供に対して侮辱です。

かなりガッカリです。
本当に真性保守なのか疑います。

しっかりして下さい(怒)!



-

No title
【子ども手当問題】
<<埼玉県だけで>>
在日外国人に約23億4000万円支給
<<埼玉県だけで>>
海外の子供に約2億円超支給


田村議員質疑打ち切り強行採決! 3/3
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10000235
最後の3分 田村議員の悲痛な叫び

史上最悪の狂った全体主義政党が日本を破壊する。
皆さま、抗議の嵐を!!闇法案も強行してきます

iza snowdrop

離婚とスポ少
燕返しさん:福井はいいところですね。自然が豊かで、ゆったりとしている。一度ふぐを食べに行って気に入ってしまいました。

>問題は離婚して母親だけで子育てしている家庭が増えているのが問題だと思います。そういう家庭では子どもが希望しても金銭的な面や送り迎え等でスポ少等にも通わすことができない方もいます。

その通りだと思います。「スポ少」と短くするのですね。うらやましい。
都会ではスポーツ少年団を指導するような時間にゆとりのある大人たちがいません。雇用されている勤労者が大多数だからです。空間もありません。ですから運動能力など育つはずがありません。子どものための政治がないからだと思っています。神奈川県横浜市のように児童館さえ設置しないと決めている日本最大の自治体さえあります。【第二提言】のように子ども自身に投票権がないからだと思っています。

配偶者がいること、夫婦が協力していることで何らかの有利性を、政治として与えなければ行けないと思います。どうしたらいいのか?

-

国民の知らない子供手当ての実態
日本人は 「働けど働けど、我が暮らし楽にならず」

住民票を置いてる、出稼ぎ外国人は 「母国に50人子供がいても」 子供手当ては支給される。

外人にとって 日本は天国そのものだ。

子供手当ては、日本崩壊法案。

座敷童子

なるほどなるほど!!
素晴らしい案です!

tubamegaesi

No title
例えば福井は共働きが多い県ですが全国規模の試験や運動能力でトップにいる。そこらも考えてみる必要があるのでは。かならずしも母親が家にいるからよいとは短絡的だと思います。ただ祖父母とくにお婆ちゃんが家にいる家庭は孫も成長にもいいのかも。問題は離婚して母親だけで子育てしている家庭が増えているのが問題だと思います。そういう家庭では子どもが希望しても金銭的な面や送り迎え等でスポ少等にも通わすことができない方もいます。

iza snowdrop

「母」が家庭にいられるよう
わたしも 親が自分の子どもを自分で育てられる環境の整備が必要だと思っています。

【第一提言】に賛成します。
共働きの多くは住宅ローンの返済をするためであることが多いのじゃないでしょうか?1人育てると1000万円、2人なら2000万円頂けるなら、「母」が家庭で丁寧に子育てしていても住宅が手に入りそうですね。

高給取りだと言われる公務員給与でも住宅が高い都市では共働きは多いです。
若い夫婦で手取りが20万円程度でも、将来に不安なく、子どもと一緒に月に一度くらいは野外活動や外食、映画や遊園地に行けるくらいにすべきでしょう。

景気をインフレ傾向にするためにも現金を増やす必要は経済学者も提唱していますね。

【第二提言】
投票権についても子どもの施策が行われないのは、子どもに投票権がないからだとずっと思ってきました。親権者が投票することに大賛成です。

【第三提言】
兵役義務についてもすべての国公立大学、公務員(議員も公務員)志願者はその修了者のみが受験できるシステムが必要ですね。女子も普通は一般的な兵役で良いと思いますし、男子でも場合によっては福祉等に変更が可能で良いと思います。何を修了したのか記録を残しておけば良いと思います。主旨に賛成です。

【第四提言】
GHQ占領憲法破棄、大日本帝国憲法改憲が良いと思っています。原爆被害国のみが原爆所有を許される立場にあると思っているので、賛成です。
http://www.youtube.com/watch?v=0TjgNRfGbAE
*付け加え
「母」なのに、働きに出る理由として、もう一つ大きな理由があると思っています。それは・・・
「母」が一旦雇用されている関係を絶って、子育てに専念しようと家庭に入ると、二度と元の職に復帰させないのが現状です。 企業の雇用方法に対抗して、働き続ける「母」も多いと思います。子育てに目処が立った「母」が再びそれまでと同様の労働市場に参加できるとよいと思います。30代後半くらいから再び社会参加ができる日本であったら良いと思っています。

亮太

No title
兵役の主旨は良いと思うけど半年兵役があっても実際の軍事力には寄与しないと思う。精神的な面での向上jは予想できるけど。昔は徴兵があった時、理系は免除されるとか言ってたもんだけど今の戦争は理系が狩り出されるでしょうね。半年なら介護とか労務使役もいいな。
選べるようにしたらどう。兵役の場合は少し多くお金もらえるとか。
3歳児で1千万円ね。アイデアとしては面白いけど一時金で渡すのは面白くない。学費券とか、養育費用券とかの金券にしたらどうか。
とにかく民主党の馬鹿を政権から引き摺り下ろすべくちゃんとした政党を作らなくちゃ。今までの自民党の長期政権も党内にリベラル左翼を飼っていてバランスとれてたから続いてたんだろうけど、左翼が民主党に流れたから真正保守を強化して対立軸をハッキリさせるしかないだろうね。

道徳教育の復活を

No title
文中の「不道徳世代」という言葉が実に言い得て妙で印象的でした。
皆様のコメントを拝読して、どんなにすばらしい提言であろうとも、我々日本人の道徳観が欠落した状況では効果が無いということをよくわかってらっしゃるなと感心しました。どにもかくにも道徳教育(日本人教育・人間教育)を根幹に据えることが肝要ですね。

たいまつ

No title
【第一の提言】への思い
お母さんが家庭にいて欲しいのは賛成ですね。
お母さんが家にいるからこそ子供は安心して家に帰れると思います。
ただ一括であたえると無駄遣いするような気はします。
子供を保育園等に預けて働いている主婦の収入程度を月払いで支給した方が良いと思います。
働きに出ない/家庭に専念する事が条件。
3代遡っての国籍条項必須は秀逸ですね。
両親が三代日本人なら100%支給、片方だけなら50%支給でも良いかと・・。


【第二の提言】への思い
趣旨には賛同します。ただ悪用されそうな気もします。
外国人が今の国籍法で簡単に国籍を取った後、子だくさんであれば帰化人の選挙権が多くなります。
抜け道がありそうなので要検討が必要と思います。

【第三の提言】への思い
素晴らしい提案ですね。
何も言う事はありません。是非実行して頂きたい。

【第四の提言】への思い
今すぐにでも行うべき事です。
現行憲法を破棄し、根本的に日本の防衛を考える必要があります。

これらがインターネット上だけの議論でなく、国会で議論され実際に行使される事を強く望みます。

-

No title
1000万円を段階的に、1歳大きくなるごとに100万とか、どうでしょうか?使い方が悪い場合は即不支給。

グリーンマメ

No title
1000万円支給、大賛成です。

財源?
年間出生数×1000万円です。
ベビーブームの時でも200万人台。
民主党の子供手当ての予算は52兆円。
どちらが安いですか。
しかも、日本人のみに支給。

ギャンブルで使ってしまうとか、別居してしまうとか、日本のお母さんはそんな馬鹿ばかりですか。
大体、別居してたかが1000万円で何年暮らせます?

日本のお母さんは、利口です。

JPN

No title
>27,000円の子供手当てだって財源に苦慮している
>のに、 1000万円だって?どこに財源があるの。

期限付政府紙幣発行

あ太郎

いいね
一人生まれるごとに、100万円支給でもいいと思います。

もちろん、国籍条項は必須! 夫婦別姓者は論外!


-

No title
真正保守として心意気は感じられますが、私も1000万の現金より専業主婦さんと同じ意見です。

子供を育てている人はその間「所得税無し!」とか・・・凄く助かるかも!(^^)/

影丸

No title
第1提言の1000万は私も反対です。
もしかしたら、それだけで女性が別居して家庭がばらばらでも生活に支障がないということも考えられます。
要するに家庭を築くどころか逆効果になるのではと。
第2の提言は賛成です。
ただメディアによる扇動を受けやすいのが主婦でして
そのために政治が歪まされる恐れがあるのが心配です。
第3の提言は賛成です。
今すぐにでもやるべきではないでしょうか。特に兵役だけ
を課すのではなく、兵役をすますことによって国立大学の
受験資格や公務員資格が得られるというシステムは
秀逸だと思います。
第4の提言はまあ賛成ですが、これはこうと決めずに
いろんな状況を見て柔軟に利用していくべきでは
ないでしょうか。

このようなことが実現できれば、日本の将来に希望を
持てそうです。ただ、これから保守新党が出来上がったと
しても現実の前には妥協すべき点がたくさんあり
理想どおりに政治が出来ないこともあろうかと思います。
ゆえに支持者は信者となることなく、現実を見据えた上で
しっかりと支持を続けていくことが大事かと思います。
何かあったらもうだめだと反発し自分で潰すことのないよう
支持者としても成熟が望まれます。

金の使い方
自分で金を稼いだことのない日本の殆どの政治家は、ホントの金の使い方を知らないのが困る。

赤尾瓶

新党は工作員排除。でなければ今までと同じです。

専業主婦

No title
現金での1000万円一括支給には反対です。
私は専業主婦ですが、悲しいかなパチンコ等のギャンブルやブランド品等に金をつぎ込む主婦をたくさん見かけます。子供を虐待したり、育児放棄で遊びほうける親もいます。現金ではなく、子供の為の衣服や習い事(塾なども)、書籍のみに使用できる特別支給券といった、他の用途には使用できない形での支給が必須だと思います。

M、K

No title
そんな日本になったらいいな、と思います。
日本の子供たちにそんな日本を引き継ぎ出来るよう今を頑張りたいです。
在日特権や部落利権にメスを入れたら可能かもしれません。

ヒョウドウ

No title
27,000円の子供手当てだって財源に苦慮しているのに、
1000万円だって?どこに財源があるの。
払った子供に最初から借金を負わせるようなもの。
国債を発行するか消費税増税するかのどちらかしか
ないでしょ。
でなきゃ仕分け作業で特別会計削減に踏み込むわけ?
そんなことが出来る人がこの世に存在するか。
日下先生は相変わらずのデンパっぷりですなあ。
そんな算数も出来ないヤツは話になりませぬ。
チャンチャラおかしいわ(笑)

都民

No title
すばらしいと思いますが、そのすばらしさを逆手に取る、
日本人(帰化、在日、中国人もOKか?)がその金を食い散らかすそれが脳裏に浮かびます!

-

ねずきちさんお疲れ様です
”三歳になったら母親に一千万支給する”  とは。

極端な例として出てきた案だとは思いますが、まじめに考えてみました。

幼稚園時に100万支給
小学入学どきに200万円支給
無事に中学まで漕ぎ着けた300万支給
高校入試まで漕ぎ着けた400万支給

以上の使い方が理想かなと想像してみました。

”日本民族繁栄のため国家的事業” のため
国民の血税を国益のために使う。  これをマニフェストに掲げ勝利した  ”純日本人党が国政を担う” 

健全で日本のあるべき姿です。
そんな我が祖国を想像しただけで胸がワクワクします。

日本亡国を意図し、ぬけ抜けと行動している帰化人政党の民主党を、いつまでものさばらせる訳にはいかない。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク