浪曲二題



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

五月一朗師匠
五月一朗


ちょっと感動したことを書いてみようと思います。

実は、陸軍記念日でもある3月10日、18時から九段会館で西村真悟先生主催の「時局と乃木大将を大いに語る会(乃木大将口演会)に行ってきました。

そこで、ナマの浪曲を、はじめて聞いた(笑)

もともと浪曲は好きで、広沢虎三の清水次郎長伝など、全巻持ってたりしています♪
ですからテレビで観たり、CDを聞いたりはあったのですが、なぜかナマは、今回が初めてだったのです。

なので、行く前から、((o(*^^*)o))わくわく!

演目は、関西出身の松浦四郎若さんの「乃木将軍 信州墓参」と、関東出身の五月一郎さんの「乃木将軍 伊勢参り」の2題です。

松浦四郎若師匠
松浦四郎若


松浦四郎若さんは、もともと紳士服の仕立て職人のサラリーマンから浪曲師を目指された方で、着実堅固な芸風です。

お題の「乃木将軍・信州墓参」は、乃木将軍が戦死した多くの部下の遺族を慰問する旅の途中、信州松本の乃木の先祖の墓の前で、たまたま一人の老女に出会った。

老女は、相手が乃木将軍と知らずに「自分の一人息子を殺したのは乃木だ、乃木が憎い」と恨みの数々を口にします。

老女の厳しい言葉を、じっと聞いていた乃木将軍、

「あんたもあの戦争で子をなくしたんかね?」
「ワシも二人の息子を亡くしました」
「そりゃあ、辛かろう。あの乃木のおかげでなぁ」

最後に老女は、前に立つ老人が乃木大将とわかり、「へへぇ~!」とかしこまります。

このお話をナマで聞いているとね、情景が眼の前に、映画のスクリーンのように鮮明に浮かび上がるんです。

そして最後に、二人の息子を亡くしながら、部下の遺族の弔問の旅を続ける乃木将軍に、それまで、汚い言葉でののしっていた婆やが自分を恥じる。

乃木将軍の振舞も立派なら、自らの不明に気づき、それを素直に恥じた婆やも、実にじつに立派な方とお見受けしました。

途中、笑いあり、涙あり。

まさに文化庁芸術祭優秀賞をとっただけの名人芸を堪能させていただきました。

松浦師匠の演題には、忠臣蔵もあります。
これ、是非、聞いてみたいです^^


もうひとつの演目は、名人五月一朗師匠の「乃木大将・伊勢参り」です。

五月一朗師匠は、東京にお住まいの方で、なんと大正8年のお生まれ。

いかにもおじいさんといった風な登場だったのですが、いざ、一曲を唸りだした瞬間、声は、つややかにのびあがり、若い青年将校にもなる、宿屋の番頭にもなる、乃木将軍にもなる。

いやはや見事のひとことです。

明治40年、奈良で挙行された陸軍特別大演習を終えた乃木将軍一行が、秋の吉野山をあとにして、名古屋に立ち寄ります。

駅前の一等旅館、科忠(しなちゅう)に投宿を決められた乃木将軍、お伊勢参りを思い立ち、東京にいる妻・静子夫人に、大礼服を持ってくるようにと、電報を打ちます。

静子夫人、風呂敷包みに大礼服と、自らの礼服を包み、一路、名古屋へ。

駅を出た婦人が、宿屋の前に立っていると、中から出てきた番頭さん、みずぼらしい姿のおばあさんがそこに立っているからと、静子夫人を女中さんと間違えて・・・・

いやはや五月師匠のお話が、おもしろいことおもしろいこと!!

情景が目に浮かぶのもさりながら、巧みに間をとる浪曲に、聴衆者一同、ぐいぐい引き込まれて、ときに大笑い、ときに、涙ぐみながら、曲を聞き終えました。


おもしろかったのが、エアガンマニアの会の、若い人も来ていたのですが、ヘビメタのロックファンだという彼、生まれてはじめて聞いた浪曲に、ただただ感動のひとこと!!

こんなにもすごい芸能が日本にあったのかと、顔を紅潮させて、さっそく師匠らにご挨拶に行ってました。


乃木将軍といえば、戦前は、名将といわれ「軍神」ともいわれ、昭和30年代半ばまでは「尊敬すべき日本人」の一位、二位を占めていた人物です。

ところが司馬遼太郎の「坂の上の雲」以降、無能な将軍というレッテルを貼られてしまっています。

しかし、よくよく考えてみると、そんな、部下をただやみくもに死なせるような「無能な将軍」であれば、なぜ、日露戦争後、乃木将軍が学習院の校長となったのでしょうか。
さらに明治天皇は、将来の天皇となる幼き日の昭和天皇の教育係に、乃木大将を任命しているのです。

わるいけれど、明治という国家は、東洋の最貧国だった日本が、欧米列強に負けない強い国になるために、必死の努力を続けた国家です。
無能で役立たずな人間を、未来の陛下の教育係にするような行動は、普通に常識で考えてありえない。

会場で、西村眞悟さんが乃木将軍について、当時の外国の新聞記事を引用し、難攻不落といわれた旅順要塞の攻略が世界からどう評価されていたのかを説明されました。

武器と砲弾の圧倒的不足の中、一九世紀以降、最強の要塞と呼ばれた難攻不落の最強要塞を、わずか半年で、しかもそれまでの要塞戦では考えられない程度の被害で攻め落とし、それでいて敵の将軍ステッセル以下、生き残りの将兵たちにも慈悲の心を与えた乃木大将を、まさに世界が絶賛している。

日心会副会長のたぬきちさんが、MLに書いてくださいましたが、司馬遼太郎は昭和40年代に自らの国家観を次のように述べています。

1、戦争を仕掛けられたら黙って降伏する
2、占領されたら敵に同化してしまう
3、もしも、日本が軍国主義になったら、自分のような者でも革命に立ち上がる。

1と2の前に(中国に)と加えれば、これでは現在の民主党と全く同じヘタレです。

司馬遼太郎は、あくまで作家であって、国を守る責任を持った将軍や政治リーダーではない、ということは、司馬史観などともてはやすまえに、きちんと体に刻んでおくべきことと思います。

そうそう!

最後にご挨拶に立たれた、元陸上自衛隊中部方面総監で、阪神・淡路大震災で、自衛隊の最高指揮官として100日間にわたる災害救助活動を指揮された松島悠佐氏が、次のように語っておいででした。

以前、「あんたは歩道橋を作るとか、地元にごきげんとることはせんのかね?」と問われた西村先生。

たったひとこと、こう答えられたそうです。

「俺は票乞食じゃない!!」

こんな啖呵の切れる男こそが、新しい日本の柱なのだと、強く思った夜でした。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

水師営の会見


日本の心を伝える会では、いま会員の募集をしています。
登録無料!! ご入会は、
①ハンドルネーム
②お住まいの都道府県
③メールアドレス

の3つを書いて、assist@nippon-kokoro.com にメールするだけ。
ご入会受付後、メーリングリストへの招待メールをお送りいたします。
この機会に、あなたも是非、どうぞ^^♪
日本の心をつたえる会ロゴ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

愛信

【「民公接近」に与党から不満続々 小沢氏はだんまり】
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100313/stt1003130116000-n1.htm

11日の民主党役員会で、石井一選対委員長は、子ども手当法案など
で公明党との修正協議に応じたことを受け、厳しい口調で国対幹部を
指弾した。 
さらに石井氏は「支持者から『これまで批判してきた公明党や創価学
会と接近するのはどういうわけか』と電話やメールがたくさん来てい
る」とまくし立てた。2月26日の小沢一郎幹事長と創価学会幹部と
の秘密会談が念頭にあったことは明らかだが、小沢氏はムッとした表
情で黙ったままだったという。


【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi
【政治・経済タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

花うさぎ

No title
ねずきちさん、GJ!!!

-

No title
【政治】 自民・鳩山邦夫氏 「新党結成の覚悟、もう完全にできている」「自民党は賞味期限切れだ」…与謝野、舛添氏と連携も

自民党の鳩山邦夫元総務相は14日、フジテレビの番組に出演し、新党結成論について「覚悟はもう完全にできている。私自身が表に出ず、裏方で捨て石でもいい」と重ねて強い意欲を表明した。

 「与謝野馨元財務相や舛添要一前厚生労働相ら皆が一緒になれるよう(幕末に薩長連合を仲介した)坂本竜馬になりたい」とも述べ、連携に前向きな姿勢を示した。

 ただ月刊誌論文で、新党結成も辞さない考えを示して自民党執行部刷新を求めた与謝野氏については「私は与謝野氏と若干違う点がある。谷垣禎一総裁の迫力がないからという理由で新党をつくるわけではない」と立場の違いも指摘した。

 結成を目指す具体的時期については「夏の参院選を堂々と戦えるタイミングだ。3月末は無理だと思うが、4月末からの連休前ですかね」と指摘。その上で「(政党要件を満たす国会議員数の)5人のメドは立っている。舛添氏を引き入れたい」と同調者を増やすことになお時間をかける考えを示した。

 新党を必要とする理由については「自民党は賞味期限切れだ。政策の中身の問題だけではなく古くさいしがらみを持ち、いまだに派閥政治をやっている」と説明した。
 http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010031401000229.html

与謝野馨 外国人参政権反対派...but
財団法人ジョン万次郎ホイットフィールド記念国際草の根交流センター
<<会長>> 小沢 一郎
<<副会長>>与謝野馨
鳩山邦夫 外国人参政権賛成派
舛添要一 外国人参政権賛成派

民主と連立だろ? 参議院で一定数の集団形成できれば入閣は必然

tamago

No title
【拡散希望】 「母国の村の子供たち300人養子にした」 by中国人

中国人のフリをして、地元の市役所に電話しました。
「母国の村の子供たち300人養子にしたのだが、児童手当ての手続きはどうするの?そしたら子供手当ても貰えるんでしょ!」と。
「ちなみに計算機ないから、ちょっと計算してください!」と。
「いくらになるの?15年間で14億!」
「やったー大金持ちだー!仲間の中国人も、みんな養子もらってくるって言ってるよー!」

この時点で担当者、声が震えてました。
(担当者いじめが目的ではないので、嘘である事を話し、謝罪しました)
ここからは、担当者の話。
「子供手当ての問題点は、自治体は認識している。上級官庁にも伝えている。担当者レベルでは、大問題だと思っている。今日は、いつか来ると思っていた電話が来て、心臓が止まるほどびっくりした。このことは、しっかりと対応して報告します。」

こんな感じでした。自治体から危機感を煽りましょう。まだ間に合います。


財源不足で、年金120兆円切り崩しの可能性 さらに自民の甘利議員によると、子ども手当の財源無いので、企業の内部留保への課税、&年金積み立て120兆円切り崩しが民主党内で議論されている模様。

日本の底力
http://defferentiatejapan.blog115.fc2.com/blog-entry-471.html

CJ

No title
【海外】中国は大規模な銀行救済迫られる恐れ-地方の公共事業向け融資が火種

 中国は、同国の銀行の救済を余儀なくされる恐れがある。2008年以来の大規模景気刺激の一環として銀行が実施した地方の公共事業向け融資が火種になると、米シティグループと、米ノースウエスタン大学のビクター・シー教授がリスクを指摘した。

 シティの大中華圏担当チーフエコノミスト、沈明高氏(香港在勤)は12日付のリポートで、「最悪のシナリオ」では地方政府の投資機関関連の不良債権が11年までに2兆4000億元(約31兆7700億円)に達することもあり得ると試算。

 シー教授は「最も可能性が高いシナリオは、中国政府が金融セクターに巨額資金を注入する救済策をまとめなければならなくなるというものだ」と述べた。同教授は数カ月をかけ約8000の地方政府系機関による借り入れの状況を調査した。

 中国の政府高官は今週、政府系の投資機関から生ずるリスクを制限する方針を表明した。地方政府は投資機関を利用することで、借り入れに関する規制を回避し、景気刺激プロジェクトに投じる資金を確保してきた。中国銀行業監督管理委員会(銀監会)の上海責任者、閻慶民氏は5日、地方政府がこれらの投資機関向け融資に付与した保証を無効化することを中国当局が計画していると語った。

http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=adr1iCjNqs9U

とうとう崩壊か ( ̄ー ̄)ニヤリ
バブルは絶対に弾ける物

あ太郎

人望
降伏したステッセルと他の幕僚と一緒に、乃木大将が部下と撮らせた写真があります。 外国プレスの報道で、その写真がヨーロッパに伝わりました。

乃木大将は、ステッセル以下に帯剣を許して撮影したのです。

それを見たドイツの皇帝ビルヘルムは、感激のあまり乃木大将に勲章と栄誉を与えると言い出しました。

乃木神社に、ステッセルからもらった馬を飼っていた厩がまだ残っています。

人望が大切ですね。

枯れ葉

いい啖呵ですね
>俺は票乞食じゃない!!

票乞食のくせに、相手に条件を押し付けていつのまにか大政治家面しているものあり。

親の金にたかり続けながら票乞食にさえなれないものあり。

後者が前者に頭が上がらないというありさまをこれ以上続けるのは、日本の子供の教育に悪い。

今しばらく忍従のときのようです。

沖野ピノキオ

坂の上の雲
私も、「坂の上の雲」を読んで、乃木大将、伊知地参謀は無能。
大山大将、児玉参謀は優秀。
と思い込んでいました。

なるほど、小説は歴史書ではないのですよね。

三国志演義と正史くらいに差があるし、正史ですら後世の人々の都合や感情でで捏造されたり省略されたりしますもんね。

勉強になりました。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク