歴史に対する姿勢



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

日の出999


昨日、日心会関東会議のあとの懇親会で、会長からひとこと、というお話をいただいたので、皆様に次のようなお話をさせていただきました。

それは、歴史に対する姿勢というお話です。

歴史というのは、過去の事柄です。
その過去の歴史をめぐって、ときおり意見の対立が生まれます。

たとえば、インパール作戦は無謀な戦いであったとか、そうではないとか。
あるいは、源頼朝はすごい人物だったとか、いやそうではないとか。
はたまた乃木大将は、すごい人だとか、いやそうではないとか。
2・26事件で決起した青年将校たちは正しかったとか、間違っていたとか。

それら歴史をめぐる「対立軸」というものは、いずれも歴史を「評価する」という姿勢から生まれてきているように思います。

しかも「結果」のわかった未来(現在)から、過去を見て「評価」している。

過去に対しては、だれしもが天才になれます。

そりゃ、そうです。
だって、結果が分かっている。

うまくいった行動なら、それは「だたしかった」といえるし、失敗した行動や、多数の死者が出た行動には「まちがっていた」と「評価」することができる。アホでもできます。

しかし、どの場合においてもいえるのは、その「評価」をしている「未来(現在)の」人物は、すくなくとも歴史に名を残したその当事者ほどの苦労もしていず、その当事者ほどの切羽詰まった環境にもいない、ということです。

過去の歴史を「評価」する、というのは、ボクに言わせれば、階級闘争主義に汚染された歴史観でしかない。

そもそも結果の出ていることがらに、いまさら「評価」もへったくそもないわけで、結果は、結果として受け入れるほかないです。

大切なことは、ボクたちは、過去の歴史から謙虚に「学ばせていただく」ということです。
それがいちばんたいせつな姿勢だと思っています。

「評価」は傲慢です。
そして傲慢は、謙虚さを失わせます。

たとえば、インパール作戦についてです。
この作戦には、いまなお賛否両論があります。
作戦は「是」だったか「否」だったか。

結果はあきらかです。
日本軍が敗退した。これが事実です。

だから責任者の牟田口中将はバカだったとか、インパール作戦は間違っていた、いやそんなことはない、などと喧々諤々議論したところで、後世の人間にとっては、なんの意味もないです。

ただ、後世に生きるわれわれにとっては、日本軍が崩壊し、誰もが怪我をし、飢え、マラリアに犯され、帰還する街道は、後に「白骨街道」と呼ばれるほど、日本の軍人さんたちの遺体が累々と横たわっていたという事実。

その苦しい逃避行においてすら、街道筋に散在する民家や村に、日本人に襲われたという記録がまったくないという事実が示されています。

銃を持っているのです。何日も食わず腹を空かせていたのです。マラリアに冒され熱があったのです。何日も女を抱いていなかった。

そして眼の前には、民家があり、そこには牛もいて、作物もあって、それなりの食い物もあったし、女もいたのです。

にも関わらず、数万の日本兵の誰一人、それらの村を襲わなかったし、女も犯さなかった。

最近、チリで大地震があり、生き残った住民たちが生きるために商店を襲う暴徒と化している姿が報道されました。

生きるか死ぬか、食えるか食えないかというぎりぎりの生存競争の現場において、すくなくともインパールの日本兵たちは、誰一人、自らの命がなくなってでも、他人を襲って食い物や女を奪うという行為をしなかった。

それって、なぜなの?って思うのです。
そこが大事だって思うのです。

もちろん、軍学者や、自衛官という「戦い」を職務とする人たちにとっては、そうした作戦への反省や評価・総括は必要なことです。
なぜなら、彼らは戦いの専門家です。
専門家には、純粋に軍学上の問題として、こんどこそは絶対に勝てる戦いをしていただかなければ困る。当然のことです。

それは「評価」ではなく、次の戦いへの「備え」という明確な目的を持った検証です。

しかし、軍人でも兵学の専門家でもないぼくたち一般庶民にとって大切なことは、どうして日本の軍人さんたちは、何万人もいながら、武器まで携帯していながら、お腹を空かせていながら、民家を襲わなかったのか?、そちらのほうが、はるかに貴重な事実であるように思います。

軍の隊律が厳しかったからではありません。
すでに指揮命令系統は完全に崩壊していたのです。
みんながてんでバラバラに逃げている最中のことなのです。

おそらくそこには、当時の帝国軍人さんたちの「現地の人々のために自分たちは戦っているんだ」という、「誇り高い矜持」があったのだとボクは思うのです。

だから、どんなに飢えても、どんなにつらく苦しくても、そして武器を持っていても、日本人は近隣の民家を襲ったりしなかった。

だから自分も、どんなに苦しくても、どんなにつらくても、泣きごとをいわず、弱者をいじめず、たとえ自らの命が犠牲になっても、人々を護り抜くことができるような、立派な人になりたいと思う。

歴史を学ぶということは、そういうことなのだと思うのです。

長い歴史のなかで、まさに「命がけ」で築いてきた歴史について、それを「いいか、わるいか」とか、「ただしいか、ただしくないか」などと「評価」しても、悪いがなんの得にもならない。

大切なことは、いまをいきるわたしたちが、いまを生きるために、過去の、その時代をまさに「命がけで生きた」人たちから、謙虚に「学ばせていただく」。

そのことこそが、歴史に向きあう、もっとも大切な姿勢なのではないかと、ボクは思うのです。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

歴代天皇と帝国史地図


日本の心を伝える会では、いま会員の募集をしています。
登録無料!! ご入会は、
①ハンドルネーム
②お住まいの都道府県
③メールアドレス

の3つを書いて、assist@nippon-kokoro.com にメールするだけ。
ご入会受付後、メーリングリストへの招待メールをお送りいたします。
この機会に、あなたも是非、どうぞ^^♪
日本の心をつたえる会ロゴ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

竹心

No title
インパール作戦、竹心は感激です。
世界の歴史に残る記録です。後世の人に多くの教訓を与えてくらました。日本ばかりじゃなく、インド人ばかりでなく、近隣の軍人たちが、俺にはできないと話してくれました。
第一次世界大戦のときのドイツ人俘虜の如く、歴史に刻まれていく出来事のように思います。竹心

裸族のひと

No title
椿さんへのレスを投稿したつもりなのですが、何故か消えているようです。私のミスか、それとも何か内容に問題でも有ったのでしょうか・・・。

椿

No title


名無し=やすへ
また、成り済ましの「やす」ですか?
ハンドルネームを変えても分かります。質問されるのが嫌なら、最初から相手にしなきゃいいのに、あんたも“かなりの変態野郎”ですね。そっちこそ、いい加減にしたら?




椿

子孫としては、『肯定』しかないのでは?
裸族のひとさんへ

>貴方がおっしゃるように、誰もが自分の物差しで安易に、或いは恣意的に善悪または美醜について好きなように「評価」をしてしまいがちです<

お言葉を返すようですが、私は安易に恣意的に、自分の物差しで、善悪または美醜について好きなように「評価」をしているつもりはありませんが、私のどこをどう読んで、そう思われるのですか

>過去をどう評価するかは時の権力者によって好きなように判断・評価され、都合の良いように利用されるのが世の常です。<

その通りです。『勝てば官軍、敗ければ賊軍』であり、どんなに良い目的を持って戦っても、負ければミソカスに言う連中は、腐るほどいますよね。

>それこそ「神の視点」を持たない限り、過去の歴史に対し公平・公正に評価する事など不可能ではないでしょうか。<

同意です。人間は神ではありません、しかしながら、一言言わせて頂くなら、だからこそ、私たち日本人は、過去のご先祖様の結果については、絶対に『是=正しかった』としなければならないのではないでしょうか

特に対外的に、『非=間違っていた』ということは、決して言ってはならない事です。非=間違っていた=謝罪=賠償ですからね

なぜなら、どこの国の誰が、私たち日本人ほど、私達のご先祖様の名誉を守れるのですか?そして、日本人がそれを守らなくってどうするのですか?とお聞きしたいのです。

自国の歴史については、どこの国もそうですが、『肯定以外にはないのではないか?』と思います。

そこで私の質問なんですが…「歴史を評価する事よりも、史実(事実)から、我々は是は是、非は非として謙虚に学び・・・」と仰ってますが、裸族さんは、日本の歴史のどの部分が“是”であり“非”であると思っていらっしゃるのですか?

>先人には感謝すべきは感謝し、尊敬すべきは尊敬する。そうでない事は他山の石とすれば良い、という事だと私は思うのですが如何でしょうか。<

どこを尊敬し、どこを他山の石とされているのですか?



-

お詫び
訂正

裸族のひと >裸族のひとさん

-

理想です
椿さんと裸族のひとに賛同します。

ぽこぺん

世界史はモンゴル帝国からはじまった
中国の歴史観は政治利用
韓国の歴史観は願望と妄想
日本の歴史観は学術とサヨク者偏重
世界史は西洋史観

本当の世界史史観の軸で見るとすれば、モンゴル帝国ではないでしょうか?
シルクロードしかり東西陸路交流が密になっている。
イタリアで始まった銀行(両替商)もモンゴル帝国内交易が基礎になったそうです。

世界史はモンゴル帝国からはじまった
宮脇淳子先生の動画で目が覚めた一人です。

にゃんきち

ジャングルの厳しさが理解できてなかったと思う
もともと日本軍の計画ではなく、インドから依頼があり、日本が受けた戦いで、はじめはイギリスに打撃も与えた戦いでしたが、20日分の食糧はつき、マラリアなど、病気になり、日本に撤退要請の連絡しますが、許さなかったようで、戦わずして、全員餓死させ、見捨てたかたちです。

これは、インドの為に命まで、落した一番心に残る作戦だと感じます。ジヤングルの厳しさが、ここは特別にきびしかったようですし、食糧、薬、兵器の補給なしに、精神力で戦うことは、できません。
その地域のインドの人が、今でも日本軍称えるはずですね。

日本人には悲しい歴史で、軍司令部の責任だと思います。

裸族のひと

椿さんへ
横レス、失礼致します。貴方がおっしゃるように誰もが自分の物差しで安易に、或いは恣意的に善悪または美醜について好きなように「評価」をしてしまいがちです。更にそれによって「相対化」されて無価値となってしまう事を、ねずきちさんは危惧されているのではないでしょうか。

過去をどう評価するかは時の権力者によって好きなように判断・評価され、都合の良いように利用されるのが世の常です。それこそ「神の視点」を持たない限り、過去の歴史に対し公平・公正に評価する事など不可能ではないでしょうか。これが安易に「評価」する事への傲慢、という表現に繋がったのだと思います。

歴史(既に起こってしまった過去の事がら)を評価する事よりも、史実(事実)から我々は是は是、非は非として謙虚に学び、未来に生かす事が重要だという意味に私は受け取りました。

その上で、先人には感謝すべきは感謝し、尊敬すべきは尊敬する。そうでない事は他山の石とすれば良い、という事だと私は思うのですが如何でしょうか。

M、K

No title
子供手当の財源が有りませんので
年金基金160兆円を子供手当財源にまわせ・・!と、民主党の議員発言がネットで問題に・・!
選挙前、年金問題はわが党が見事に解決します!と民主党長妻さん、半年経ちましたが何にも出来てません。
それどころか
年金原資が子供手当に消える日も近そう・・!
40年間コツコツ積み立てた団塊のお金が民主党によって外国人の子供たちに~世界中に~
子供手当は民主、公明、で衆議院を通過したみたいですよ。

椿

『評価』に対する、素朴な疑問???

うーん、そうでしょうか?
評価」なくして、大東亜戦争が私達にとって、“大義の為の戦い”だったとは、言えないのではないでしょうか?

サヨク・西洋列強・シナ・朝鮮は、あの大戦を「日本がアジアを侵略した戦争である」という評価を下していますよね?だからこそ、あの戦争は「大東亜戦争ではなく、太平洋戦争なのだ!」と、彼らは主張するのだと思います。

反対に、日本の保守からすれば、あの大戦は、『アジア・アフリカの解放と、人種平等の大義の聖戦であった』との評価があるから、“大東亜戦争なのだ”と、主張するのだと思います。

また、特攻隊員達も私達日本人からすれば、『日本を守って下さったカミ様だ』という評価をしているからこそ、靖国神社にお参りし、『英霊』として顕彰されるのではないでしょうか?

反対に、シナ・朝鮮にとっては、特攻隊員は『英霊』でも何でもなく、ただの「キチガイ集団」・「侵略者の手先」としてしか評価をしないから、日本を侵略国家だったと、のたまうのではないでしょうか?(私からすれば、シナ・朝鮮の方が、ただのキチガイ集団のように思いますが・・・)

もし日本人が、英霊方の身を賭した戦いぶりが、「素晴らしかった」、「美しかった」と評価をしなければ、どうやって“尊敬”というものが生まれるのでしょうか?私には分かりません

私達の先祖は素晴らしかった」と、子孫が評価しない限り、どんな素晴らしい功績を持つご先祖様も、『感謝』されないし、『尊敬』されないのではないでしょうか?

「評価」というものは、必ずしも悪いものでも、傲慢な物でもないと私は思いますが・・・。

むしろ…評価なくして、どうやって「善・悪」や「美・醜」を決めれるのでしょうか???素朴な疑問です・・・。





裸族のひと

No title
司馬史観のように昭和の時代、軍部はひたすら愚かで駄目だったというような歴史認識が多すぎますよね。私から見れば逆に反日サヨクの跳梁し、言論を封殺していたという意味でなら暗黒時代と呼べるかも知れないと思いますが。

後から偉そうに批評するなら誰でも出来ます。当時の常識や時代背景などを無視して、頭ごなしに貶す事の方が愚かしく、又おこがましいと感じます。大体、大東亜戦争を戦わなければ日本は欧米列強に植民地化されていたのは明白でしょうに。

人を殺すのはいやだ、攻められたら逃げればいい。なんて公共の場で堂々と述べる似非知識人には、とっとと外国に移住して貰いたいものです。こういう人々には愛国心など無いのですから、選挙権も剥奪してやりたい。どこか遠くで勝手に地球市民の村でも作って、そこで幸せに暮らせば良いんですよ~。

戦争に負けたという結果を受け止め、良い事は次(未来)に生かし、まずかった事については如何に克服するかを学びとるのが、歴史に対する正しい姿勢だと思います。悪い事だけをあげつらって、自分(の思想やイデオロギー)は如何に正しいかを吹聴するような愚者が多すぎるので、本当に困った事です。

早く狂った日教組を追放し、ねずきちさんのブログのような話を教育する日が訪れる事を、私は望みます。遠くない将来、誇り高い日本人が復活し、新しい時代を切り開いていく事を・・・。

愛信

驚愕!子ども手当、出稼ぎ外国人が母国に50人子供いても支給
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20100310/plt1003101648003-n2.htm

「子ども手当は問題山積だ。手当ほしさの出稼ぎ外国人労働者が増え
かねないし、法律を悪用し、受給できるよう養子縁組したりする
ブローカーもでてくる可能性もある。
歯止めをかけないと大変なことになる」 
自民党の平沢勝栄衆院議員はこう警告する。

この法案の施行を阻止しよう
【国政に対する要請書】みんなの声
【国政に対する要請書】コメント一覧はこちらをクリックして下さい。
http://www.aixin.jp/ysksh.cgi

花うさい

No title
ねずきちさん

>銃を持っているのです。何日も食わず腹を空かせていたのです。マラリアに冒され熱があったのです。何日も女を抱いていなかった。

>そして眼の前には、民家があり、そこには牛もいて、作物もあって、それなりの食い物もあったし、女もいたのです。

>にも関わらず、数万の日本兵の誰一人、それらの村を襲わなかったし、女も犯さなかった。

何回聞いても「感動」ですね~。だれか、この話を動画にしてくれませんか、お願いです(--)。

-

世界でも稀な民族
穢れのない魂を持つ、崇高な民族 それは日本、大和民族です。

日本は、日本人は何かの使命を持ってこの世に誕生した特別な民族なのかな、、、と感じたことがあります。

ユダヤ人、イタリヤ人、韓国人、インド人などなど、日常生活を通して色々な人種と、かかわりながら生きてきました。  

上記は、長年の人種体験から得た結果と言えるかもしれません。

「あなたは、日本人として生まれた、それだけにでも、誇りに思っていいんですよ」 って

 自信を持って若い人達にそう声をかけてあげて下さい。

プク

No title
父祖の歴史を矜持できる子孫のために擁護せねば誰が擁護するのか、日本人。

憂人

同感です
おっさん様
>ただインパール作戦について負けたから悪だという感じを受けました。

僭越ながら、僕はそうはとりませんでした。
作戦の良し悪しや勝ち負けを云々するよりも、むしろこのときに日本軍のとった行動(略奪の証拠がほとんど存在しない)に意味がある、ここに力点があるのだと思います。

>(ねずきちさん)大切なことは、どうして日本の軍人さんたちは、何万人もいながら、武器まで携帯していながら、お腹を空かせていながら、民家を襲わなかったのか?、そちらのほうが、はるかに貴重な事実であるように思います。
引用終わり

日本軍人の行動を示すこのような事実の一つ一つが、南京大虐殺などという左翼や中華の過剰な主張に対する反駁の材料になると思うのです。

ミヤビ

いつもありがとうございます
ねずきちさんのお話を読むと元気がでてきます。
私も過去の事柄に対して、評論家めいた議論はあんまり好きではありません。
過去の事柄で<今をどう生きていけるか>を謙虚に学ばせていただける人間でありたいです。
杉並区長の「日本よい国」構想
を読ませていただき、一番感じましたことは
私たちは一度も天皇についてのお話を学校で習わなかった!!
ことでした。
なんで山田区長さんが書かれるようなことを、学校で聞けなかったのか・・・
小さいうちに日本の伝統の根源である皇室についてのお話を、是非習いたかったです。
今からでも間に合いますか~~??

共通一次世代

No title
すごくコジツケかもしれませんが、バンクーバー五輪の女子フィギュアスケートのことを思い起こしてしまいました。

浅田真央選手の戦いぶりは素晴らしかった。
正々堂々と金メダルを取るために戦って、同時に3Aを3回飛ぶという目標も決して曲げなかった。「鐘」という曲目が真央ちゃんには合わないという素人の意見(恥ずかしながら自分もそうでした)も多かった中、全日本選手権で素晴らしい「鐘」を見せてくれて五輪出場を決め、バンクーバーでは、ロシア革命後潰された教会の鐘が人々の強い思いで打ち鳴らされている、そんな「鐘」を、全身全霊で気力体力を使い果たすかのように表現し、ゾクッとしました。その表現はスケートの技術を持ってしての素晴らしう表現だったし、氷上には今までに見たことのないくらいの「自分の思いを目指す強い浅田選手」がいました。
今、思い出しても涙が出ます。

韓国の汚さ、卑怯さを改めて見せつけられ吐き気がするとともに、同時に、マスコミの浅田選手に関する報道姿勢は日本国内でなぜ・・?と思うようなことばかりで決して許せません。

これも歴史の1つになると思います。
浅田真央選手は日本の誇る素晴らしいアスリートです。

その時代
歴史はその時代を生きた人達がベストと考えてやることで時代が変化している中で、過去の「悪い面」と思われることの検証は良いでしょうが失敗で有る、成功で有るを限定して敗者を裁く事はやっちゃいけないと思います。
現在の日本が世界の中で恵まれた環境に有る事、当時虐げられていた有色人種が世界で活躍している。
日本の上げた人種差別・日露戦争・大東亜戦争の20世紀の日本がなし得た貢献を日本人が忘れてどうするんでしょう。
明治の人達・それ以前の日本人が作り、残してくれた日本の歴史、血と汗と涙が今日の日本を支えて呉れている歴史は大事にしましょう。

おっさん

インパール作戦の評価
初めての投稿と思います。本文の内容にはほとんど同じ気持ちです。ただインパール作戦について負けたから悪だという感じを受けました。しかし、戦争はやる前から負けるか勝つかは判らないのです。負けたら全てが悪では牟田口司令官を始め多くの戦われた将兵の方々には申し訳がないと思います。大東亜戦争が敗戦であったから日本はだめなんだと決めつける必要もないわけです。その後の世界の動きを見たら、日本が掲げた大東亜共栄圏の根本思想は世界中に広がり、今では敗北したのは当時の植民地支配国家だったのではと言われる場合もあります。それと同様にインパール作戦に関しても、英国ロンドン大学教授をされていたエリック・ホプスバウ博士の言葉で、「インドの独立は、ガンジーやネールが率いた国民会議派が展開した非暴力の独立運動に依るものでは無く、日本軍とチャンドラ・ボースが率いるインド国民軍(INA)が協同して、ビルマ(現ミャンマー)を経由し、インドへ進攻したインパール作戦に依ってもたらされたものである。」というのがあります。決して負け惜しみではないと思いますが。昭和24年ころインドから象が一頭日本の子供のために贈られてきました。私はその当時小学2年生だったと思いますが、非常にうれしかったことを覚えています。また、パール判事は東京裁判でただ一人全員無罪の判決書を書かれました。これらには、インパール作戦の結果が凝集されているような感じがしてなりません。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク