貧農史観というウソ

人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

江戸時代の農業


以前、このブログで、実は「悪代官はまじめ人間だった」というお話を紹介させていただきました。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-658.html

年貢米を規程通りにとりたてるお代官様が、いわゆる「悪代官」と呼ばれた人で、良い代官というのは、年貢米の取り立てに際して「お目こぼし」をして、年貢を規程以下の分しかとりたてをしなかった人が「良い代官」というお話です。

その年貢ですが、よく言われる話が江戸時代の農民は、「六公四民」とか「五公五民」という過酷な年貢の取り立てを受けていて、相次ぐ自然災害と凶作、飢饉で貧困にあえいでいた、とよく言われます。

教科書などでは、そのために農民は、むしろ旗を押し立てて百姓一揆や打ちこわしをしていたと書いてある。

こうした記述によって、なんとなく現代人は、江戸時代の農民=いつでも死にそうなほど貧困にあえいでいた人々という極端な印象を持っている。

しかし、よくよく考えてみると、これはおかしな話です。

江戸時代の農民は、人口の八割です。
武家が一割、残りが商人と職人です(士農工商)。

農民の収穫の六割もの年貢を搾取していたとするなら、人口の2割に過ぎない非農民が、六割の米を食べていたことになる。
人間の胃袋の大きさなんて、農民も武家もそうそうかわりがあるものではありません。

六割の米を取り立てて、輸出でもしていたというなら、話は別ですが、江戸時代は鎖国です。米の輸出もありません。

そうなると、米は大量に剰ってしまうことになります。
加えて、多くの武家は借金もぐれです。

話が「???」です。

本当に、当時の農民は貧困だったのでしょうか。

なるほど農業は自然を相手にしますから、凶作が続けば食糧難にもみまわます。
代表的なものが、享保、天明、天保の三大飢饉です。
このときは、一揆や打ちこわしがあった。これは事実です。

いまでも台風などの天災による被害で、農業生産物が大被害を被るときがある。
そういうときのために、平素から米を備蓄するのですが、それにしても毎年六割もの米では、剰りすぎです。

年貢のもとになるのは、言うまでもなく「検地」です。
検地台帳は、耕地の広さはもちろん、土地の質、陽当たりの善し悪しなどまで克明に記録され、一定区画の土地からどれだけの収穫が見込めるかが算出されています。

「検地」に基づいて年貢(税)が取り立てられます。
当然、この「検地」は、毎年調査されていると思いきや、なんと江戸270年を平均して、ひとつの村につき「2回」しか行われていない。

しかも新田開発したところは、開発時点で「検地」が行われているけれど、たとえば幕府直轄地などは、豊臣秀吉の「太閤検地」以来、検地は行われていません。

これがどういうことかというと、今でいうなら、「会計監査」が270年間、まったく行われなかったということです。

平和だった江戸時代に、農業技術は非常な進歩を遂げ、江戸中期以降の1ヘクタールあたりの米の収穫量は、いまとほとんど変わりがないところまで進歩しています。

それだけでなく、養蚕や、小麦、大豆、大根などの他の生産物の収穫も、進んだ。

いまでいったら、明治初期の税率で、いまの所得を計るようなものです。
太閤検地の頃に定めた納税額で、いまの税金を納める。
となれば、実際には、脱税のし放題です。

まじめなお代官は、これではいかんと検地を再施行しようとします。
すると農民は既得権を侵害されることになるから力一杯抵抗する。
まじめなお代官を「悪代官」と呼んでそしる。

お代官は、派遣された官僚ですから、民から不評が出ると、更迭の対象となる。
こうしてまじめなお代官(悪代官)がいなくなると、民ははたまた脱税のし放題となる、というわけです。

おかげで、江戸期の農村は、所得水準・教育水準とも非常に高く、農民出身の学者もたくさん出現しているし、武芸に秀でる者もいた。
それだけ、経済的に余裕があったのです。
新撰組の近藤勇も、土方歳三も、沖田総司も、百姓の出ですが、武家以上に剣術に励めるだけの経済力があった。

もちろん、現代に較べて豊かであったかどうかは別問題です。
凶作が続けば餓死者も出るし、当時の住居にエアコンが完備してたわけではないです。

しかし、江戸初期には入口は「むしろ」だった農家も、江戸中期にはちゃんとした扉ができ、多くの農家が家内で養蚕ができるほどの大きな家を建てていた。

そしてもうひとつ大事なことは、年貢は「土地にかかる税」であって、人にかかる税ではない、ということです。

どういうことかというと、年貢を払うは、自分の土地を持って農業を営んでいる自作農以上の農民であり、圧倒的多数いた小作農ではない。

地主から土地を借りて耕作している小作人は、地主に小作料を納めるのであって、彼らに年貢を治める義務はなかった。

小作人というのは、今でいったら歩合制の従業員です。
自作農は、小作人に土地を貸している地主、つまり経営者です。

そして実際には、江戸時代の農民一揆や打ちこわしは、領主や代官と農民の間の紛争ではなく、地主と小作人との間に持ち上がっていた場合の方が多い。
要するに、いまで言ったら、企業内のストライキのようなものです。

さらに、水呑百姓というのは、実質的には、地主に雇われて耕作をする季節労働者です。
これを教科書などでは、最下層の貧民のように扱っているけれど、ところがどっこい、水呑百姓には、相当裕福な者もいた。

実は、水呑百姓というのは、今でいったら、パートさんです。
別に本業を持って、アルバイトとして農作業を手伝っていた人たちです。

要するに、ただ、自分の土地を持っていないというだけで、江戸期の制度では水呑百姓に分類されているけれど、実際には、商工業者や武家の次男坊や三男坊が、農家の手伝いをし、給金を稼いでいた。
当然、水呑百姓も、年貢の納税義務は持っていません。

さらにいえば、自作農というのは、土地持ち農民であり、生産手段と労働力を自前で持っている人々です。
マルクス主義でいうなら、ヨーロッパでいう「ブルジョワジー」、つまり地主支配層に分類されるべき存在であり、人口的に圧倒的に多かった小作人や水呑百姓からみれば、かれらこそが「領主さま」そのものだったといえます。

「農民は生かさず殺さず」とか、「農民とゴマの油は絞れば絞るほど良く取れる」などという言葉だけが独り歩きし、江戸期の農民が恒常的に極度に困窮していたようなイメージ、印象操作がされていますが、要するにそれらは反日左翼のプロパガンタにすぎません。

六公四民、五公五民、四公六民などなど、いかにも厳しい税率だったようにいわれる江戸時代ですが、最近の研究では、どうやら、当時の実際の税率はおおむね10%程度であったと言われています。

そうなると、国富の九割を農民が、残りの一割を、武家が受取り、商人は農業生産物の流通で儲け、職人はそれぞれの階層の利益の一部から所得を得ていたことになり、鎖国経済の日本の姿が、自然と納得できるものとなります。

さらにいうと、新規に開発された新田などでは、課税されない場所も多かった。
おかげで、農村にも和算(日本の数学)をはじめ読み書きソロバンといった基礎教育が普及し、全国的に極貧どころか相当に文化的な生活を送る農民が多かったというのが史実です。

中には、農業の専門書も書かれているし、自分で農業を行うかたわらで、各地の農業指導を行う者もいた。
農業の専門書を買うにしても、勉強するにしても、生活にある程度の余裕がないと、こうした事はできません。

そもそも、反日左翼というのは、非常に宣伝上手な人たちのようです。
その反日左翼の人たちに、わたしたちはこれまで、いいように、わたしたちの国の誇るべき歴史を壟断され、ダマされ続けてきているような気がします。

歴史の真実を、くだらないプロパガンタでゴマかすな!といいたいと思うのですが、みなさんはいかがでしょうか。


 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

日本の美人像変化


日本の心を伝える会では、いま会員の募集をしています。
登録無料!! ご入会は、
①ハンドルネーム
②お住まいの都道府県
③メールアドレス

の3つを書いて、assist@nippon-kokoro.com にメールするだけ。
ご入会受付後、メーリングリストへの招待メールをお送りいたします。
この機会に、あなたも是非、どうぞ^^♪
日本の心をつたえる会ロゴ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

かな

No title
毎回興味深く読ませていただいてます。
ふと、思い出したのですが、かつて歴史の教科書に
「飢えて大根をかじる子供」という写真が載っていました。
明治時代の東北地方の農村の窮乏を写したものだと
されています。でも、よく考えると
大根一本丸かじりするとかなりお腹いっぱいに
なるんじゃ…今思えば、キャプション捏造のウソ写真
だったのかな?と思います

-

米は粉にして保存食として使ったり、団子や餅等商売用としていくらでも利用できた。また当時の米は保存技術が低く天候次第では虫が湧き駄目になり易かった。
さらに自然の物を使う日本は、和紙を作る為や紙や板等を張り合わせる糊、着物などの生地に模様を作る為にも米から作っていた糊を利用していた。他にも利用方法が沢山あり商売としてはいくら有っても使い道があった。

すみません。どうしても気になったもので…。場違い申し訳ありません。

otama

(追記)
所長が思うに、我が国の大東亜戦争は失敗の連続であったが、それらの中には叡智あふれる軍事、外交、内政が少なからずあった。日本の大人がそれらを子供を教え、子供が「ああっ惜しかった!」と我が事のように悔しがるようになってこそ、日本の子供は日本国を愛おしく思い、過去の教訓を未来に生かせるようになるのだろう。
http://oncon.seesaa.net/article/125071014.html

愛信

【自民党・平沢勝栄議員が「外国人参政権問題」の欺瞞性をブッタ斬る!】
今日の内閣支持率はこちらをカッチとね
http://www.jra.net/ank/online/naikaku.php

【自民党・平沢勝栄議員が「外国人参政権問題」の欺瞞性をブッタ斬る!】
http://www.cyzo.com/2010/03/post_4156.html

私が一番けしからんと思うのは、まさにそこでね。民主党は先の衆院
選で民団(在日本大韓民国民団=韓国政府からの資金提供で運営され
ている在日コリアンの組織)から強力な選挙応援を受けてるんですよ。

【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi
【政治・経済タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

江戸侮りがたし
一揆にしても大規模な飢饉等により一揆が起きた事もありましたが、実際は今の春闘みたいなモノだったみたいですね。

食えない武家の三男坊とかは農家になったりとかもあったりとか。

参勤交代は大名にとっては大変な散財だったかもしれませんが街道沿いの宿場街の発達、土産物の発達等もあり効率の良い文化発達に貢献する公共事業だったという話もあります。献上品等で色々な技術に磨きもかかるというモノです。

結構色々な村に他の農村での作付技術と新しい種とかを買いに行ったりとかの研究交流会的なモノもあったり。

お伊勢参りの記録から暇な時期に農家の人が旅行を楽しんでいたというのもわかっているみたいですね。

歴史的に悪い時代、幕府による圧政という事にしておかないと都合の悪い勢力による歴史改竄が此処にもという感じが気持ち悪いです。これは左翼勢力というより政治的にはには西洋白人社会より江戸幕府が進んでいたという事になると困るというのがあったのではないかと思います。まぁ西洋かぶれになった日本人が違いを遅れていると勘違いした面もあるのでしょう。

農家に限らず「切り捨て御免」というのも実際に理由も無しにそんな事をしたら御用になっていたみたいですし。

士農工商にしてもカーストの様な身分制度ではなく住んでいる場所区分的なモノだったみたいです。

長屋も結構今で言うワークシェア的に修繕の仕事とかを回していたりとかで働いていたりで人も良かったのではないかと思います。

愛国太郎

貧農史観を見直す
「貧農史観を見直す」講談社現代新書 佐藤常雄, 大石慎三郎著
お薦めの本です。
以下のようなことが書かれています。
---------- 一部要約 ----------
ヨーロッパの在地領主制と違って、武士は「村」には立ち入らなかった。日常的に暴力支配があったのではない。
「村」という社会組織を通して支配した。
年貢の納入は「村」単位。未納者が居れば「村」で弁済する連帯責任。
農民は、代官領主に非がある場合は、所定の手続きを取れば、村から離れることができた。
農民の生死はすぐに幕藩領主の存亡にかかわる。
農民を理由もなく切り殺すなど許されてない。百姓切り捨て御免など大嘘。「生かさぬよう殺さぬよう」も大嘘。
-----------------------------

明治時代の税率が約10%です。
五公五民すなわち税率50%だったのが、10%に大減税が行われたわけです。
そんな大減税が行われたのだから、普通だと農民が狂喜乱舞して喜ぶはずです。
ところがそういう話を聞いたことがありません。
不思議に思っていましたが、洗脳から覚めて歴史を調べていくうちに、「五公五民」が嘘だと知ったのです。

階級闘争史観は、近現代史だけでなく、原始時代から嘘を書いてますから気をつけないといけません。
原始共産制。弥生時代になり貧富の差が生まれ、階級闘争が始まった。
これが彼らの歴史観なのです。

kotarou

No title
こんばんは。いつも勉強させて頂いてありがとうございます。
いつも本当に江戸時代の人は、黒澤明の映画のようなみっともない格好をしていたのかと内心ムッとしていたつかえが取れた気持ちです。
ありがとうございました!

-

中国人の半数が「結核の保菌者」 抗生物質効かない耐性菌増加 「危険性は、エイズをはるかに上回る」
かつては「死病」と恐れられた結核も、日本では死亡者が大幅に減少したが、それでも年間2000人以上。中国では2009年、肺結核が原因で死亡したと報告された人が3783人、感染者の報告は107万6938人だった。抗生物質が効かない耐性菌も多く、中国日報によると、流行が爆発すれば、恐るべき事態になるという。

中国工程院院士で、呼吸器感染症の権威とされる鐘南山氏によると、2000に調査では、体内で結核菌の活動が活性化している人は中国全国で450万人、保菌者は5.5億人との結論が出された。人口の約半数が結核菌を持っており、一生のうちに発病する確立は10%と考えられる。

一般的な治療法は、抗生物質4種を同時に使うことで、連続して6-8カ月使いつづければ、結核菌を完全に消滅させることができる。しかし最近では、抗生物質に耐性を持つ結核菌が増えている。

中国政府・衛生部の陳竺部長によると、結核発病者中、耐性菌による患者の割合は8.32%で、患者数では世界で最も多いインドに匹敵する。 効果が出ない抗生物質の種類が特に多い耐性菌の場合、0.68%。耐性菌による流行が爆発すれば、「その危険性は、エイズをはるかに上回る」という。

発病者の8割が、農村部住民ということも、問題だ。うち、75%は働き手であるはずの青年から壮年にかけて。鐘氏によると、耐性菌による結核患者は、特に西部地区で目立つという。
都市部に労働者として一定期間移り住む人が多い地域で、公共衛生上も極めて危険であり、「貧困が結核を生み、結核が貧困を生む」悪循環が発生しているという。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0324&f=national_0324_037.shtml

CJ

江戸時代を見直そう
ぼやきくっくり
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid801.html#sequel

そのなかで一番驚いたのは、関所抜けです。関所抜けと言うと言葉は柔らかいのですが、つまり関所破りのことで、幕府の掟では磔の刑に処せられることになっていました。一番重い刑ですね。それを、江戸時代の庶民たちは実に易々と破りながら長い旅をしているんです。庶民の女性は関所手形を持たないで長旅をするのが常識だったようなんです。

それでどこを通るのかといえば、関川の関所を通るんです(笑)。関所には鍵のかかった頑丈な木戸がありますから通れません。ところが、端のほうに小さなくぐり戸があり、そこを堂々と抜けていくんです。それが毎夜、毎夜繰り返されている。ある人の旅日記によると、そのくぐり戸の下の地面が窪んでいたそうです。どれだけ大勢の人がそこを通ったことか。関所の関守は関所の内部かすぐ近くに住んでいましたから、毎夜、毎夜繰り返される関所破りを知らないはずはないんです。それなのに捕まえたという記録がありません。


旅日記を読んでいて感動したことがあります。それは、小さな男の子たちだけで奥州から伊勢まで旅する例が、とても多いことです。錦絵や各種の名所図会などに少年たちだけの絵が出てきますし、『東海道中膝栗毛』にも戸塚のちょっと手前で、弥次さんが奥州から出てきた少年たちをからかっているつもりが、逆にからかわれて餅をせしめられる場面があります。子供たちだけで二カ月も三カ月も旅行をしても、誰も「危ないから家に帰れ」とは言わない。みんなが少年たちの旅をまっとうさせてやろうとすごく援助しているんです


大人の旅でも無一文で旅に出る人がたくさんいました。それでもちゃんと帰ってこられるというのは、それだけ沿道の人たちの喜捨が多かったということです。自分よりも貧しい人には、お金なり、食べ物なりを施すというのが当たり前だった世界、それが江戸時代なんです

JPN

No title
子供手当ては日本の法人税の半分
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10125620

-

No title
小沢幹事長辞職喚問 署名サイト(実名)
企画者: 浜田 幸一
提出先: 国会
開始日: 2010年03月23日 http://www.shomei.tv/project-1497.html
目標署名数 125,000
現在の署名数 1,032 (達成率 0.8 %)
期限 2010年03月31日

クモリナキマナコデ

君が代
聴いて震えるほどの感動を覚えました。いつも勇気と自信をくれるお話しありがとうごさいます。国家独唱http://www.youtube.com/watch?v=_ORh8TKxsMU&sns=em

-

No title
大阪堂島の(正米取引)米の先物相場を忘れていませんか?帳合米取引

飢饉の時、そのコメの支払の為に回米(米倉)放出を拒んで農民が食えなくなり、餓死したり一揆が起こったりしていました。

my日本@健全化を求める有志の会

my日本@健全化を求める有志の会
最近、人気ブログランキングの一番上の広告スペースに
snsサイト「my日本」の宣伝広告が表示されているのにお気づきでしょうか?
私は基本的には「my日本」の趣旨に賛同しますが、my日本には下の様な問題点があり、強く改善を求めていく必要があります。

●問題点
トップページに陰謀組織イルミナティが世界政府樹立・人類奴隷化計画を狙って暗躍している等とほのめかす動画を掲載しており

①情報リテラシーの高い人からは、馬鹿にされるか呆れられ、保守派の信用を落としてしまう。
②情報リテラシーの低い人の場合は、それを真に受ける危険性が高い。
特に「中韓よりも本当に危険なのはイルミナティだ。中韓ばかり攻撃している既存の保守派は馬鹿だ」という様な彼らの主張を真に受ける人が既に何人も発生している。
③情報リテラシーが中程度の人であっても、情報判断が混乱させられる危険がある。

なお、これらのイルミナティ陰謀論の発信者は、反対意見に対して、かたくなにコメント拒否・アクセス拒否しており、sns内で盛んに一方的なプロパガンダ活動を行っています。
(ブログランキング49位の「お母さんのブログ」が代表的な例で、最近コメントを全削除し不可としました。sns内でイルミナティ関連のコミュニティを主宰しています)

つきましては、以下のアンケートを実施して、my日本の管理者に改善を要望したくご協力をお願い致します。

◆my日本のトップページで世界政府、イルミナティを常時設置紹介することに反対?賛成?アンケート
http://sentaku.org/seikei/1000018626/

現在、反対100票、賛成12票、どちらでもよい14票

↑アンケート投票にご協力下さい。

松岡

「カムイ伝」
いつも勉強させていただいております。
本当に有難うございます。

私の中学の図書室には「カムイ伝」が何冊も置かれていました。
(ちなみに小学校には「はだしのゲン」)

私も友達も、なぜ図書室にマンガが置かれているのか疑問でしたが、学校で堂々と読めるマンガということで大変人気があり競って読みました。

そのおかげで
 「カムイ伝=史実」
 「江戸時代は生きる希望が持てない悲惨な時代」
私に限らず読んだ生徒はほぼ全員がそう信じたと思います。

20年以上経った今、やっと「なぜ図書室にマンガが置いてあったのか」分かりました。
非常に悪質で悲しいです。

通りすがりの草莽人

No title

★明治政府は日本の文化・歴史を破壊した !
http://soumoukukki.at.webry.info/200903/article_8.html

★明治維新は薩長というリベラル左翼勢力による革命である!
http://soumoukukki.at.webry.info/201003/article_3.html

otama

近衛内閣の再来-鳩山民主党内閣という悪夢
近衛内閣の再来-鳩山民主党内閣という悪夢 日本国憲法下の異常な権力集中現象 09.08.28

驚くほど鳩山民主党は近衛内閣に酷似している。ブレーンとして多数の極左を抱え、マスコミの大衆煽動力を取り込み、国民の表現の自由を否定し、企業の生産活動を統制する危うい法案(人権擁護法案と地球温暖化対策基本法案)を用意し、亡国の「東アジア共同体」を掲げる鳩山民主党内閣は、近衛内閣の再来ではないか!
中国共産党に漁夫の利を与えた1938年の第一次近衛声明が、以後の内閣を拘束して我が国を敗戦へ導いたように、鳩山内閣の桎梏は永く我が国の政治と経済と生活を苦しめることになるだろう。
http://oncon.seesaa.net/article/126701662.html

愛信

10年度予算、今夕成立 子ども手当も月内に
10年度予算、今夕成立 子ども手当も月内に

http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010032401000072.html
一般会計総額が92兆2992億円で過去最高の10年度予算案は
24日午後、参院予算委員会で与党の賛成多数により可決される。
同日夕の参院本会議でも可決され、成立の運びだ。

売国法案は参議院で否決を要請しよう

【マスコミ隠蔽の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

杜若

No title
そうですね。左巻きの人達のプロパガンタは巧みです。
ですから、こういったブログに書かれたことを素直に信じられなくて、いつまでも自分の固定観念にこだわる方々の多いこと。
負けずに頑張ってください。応援します。

きあら

No title
アニメ「マンガ日本史」を観ていても、古代史からして偏向してますね。
私は戦後日本が世界で最も成功した社会主義国家的資本国家として成功したのは江戸時代から誰に教えられなくても社会主義というか助け合い精神が生きていたからと思っています。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事

*引用・転載について

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク