不自惜身命・・・小原竹五郎と江崎邦助



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

江崎邦助巡査
江崎邦助巡査


以前、「4日間の恩義を100年経っても忘れない日本」という記事で、コレラに感染した患者を背負い、自身も感染して亡くなった警神、増田敬太郎巡査をご紹介させていただきました。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-603.html

増田巡査の事件があったのは、明治28(1895)年のことですが、実はコレラは幕末から明治にかけて大流行した伝染病で、明治12(1879)年、明治19(1886)年にも猛威をふるっています。

コレラというのは、コレラ菌(Vibrio cholerae)を病原体とする経口感染症です。
潜伏期間は2~3日で、早ければ数時間で、突然お腹がごろごろ鳴って水のような下痢がはじまり、1日に20~30回もトイレに駆け込むことになります。

そして体温が34度台にも下がり、下痢による急速な脱水症状が出て、血圧が低下、筋肉が痙攣し、体は虚脱状態となって死亡します。

死亡時、極度の脱水によって皮膚が乾燥して、顔じゅうしわだらけの老人様の顔になります。

致死率は、75~80%にも及びます。
(ちなみに現在は、適切な対処を行なえば死亡率は1~2パーセントになります。)

さてそのコレラが大流行したときの事件を2つご紹介します。

どちらも三河(愛知県)豊橋市のお話です。


明治12(1879)年8月9日付けの「多聞山日別雑記」に、次のような記載があります。

「コレラ病流行。下地舟町辺コロコロ死スル者有」

人々は感染をおそれて、病死者に触れることを嫌います。
そりゃそうです。誰だって死にたくない。

なので、町中の人がコロコロ亡くなっているのに、ご遺体の運搬もできない。
片づけられない。これではますます危険です。

町の用係であった大口喜六という人が、運搬役を募るのですが、誰も応じません。
そのとき、町内の嫌われ者であった暴れん坊の小原竹五郎が立ち上がります。

結局竹五郎は、コレラに感染して命を落としてしまうのだけれど、その当時の模様を、大口喜六の子で、衆議院議員や豊橋市長を歴任した大口喜六氏が書き残していますのでご紹介します。
(文語なので、ねずきちが口語に訳しています)

~~~~~~~~~~~~

「小原竹五郎」

明治十二年の夏のことです。
私の郷里の豊橋に、コレラが流行しました。

私の住所である船町にも数名の患者が出ます。
しかし、伝染力が強いので、誰も遺体の運搬をしてくれません。

当時、私の父は、町の用係を勤めていたのですが、その頃の用係は、後の戸長に相当するもので、町内のあらゆる世話を行っていました。

その頃、町に小原竹五郎という者がいました。

竹五郎は、いつも酒を飲んでは暴れまくる乱暴者です。
町の人たちは、彼のことを「オボ竹」と言って、たいそう嫌っていました。

その竹五郎が、この非常事態に際して、父の勧誘に応じて決然と立ちあがり、進んで遺体の運搬夫の役を買って出てくれました。

彼の動作は勇敢で、見るものをして驚嘆させました。

しかし竹五郎は、ついに自分もコレラに感染してしまいます。

初代渥美郡長だった中村道太氏は、当時はまだ豊橋にお住まいだったのだけれど、深く竹五郎の侠気に感じ、自ら竹五郎を病床にお見舞いされた。

私の父もしばしば石塚の庚申堂の一隅にあった竹五郎の床を見舞ったのですが、その甲斐なく、竹五郎はついに還らぬ人となります。

竹五郎の死後、明治15(1898)年6月20日に、竹五郎の墓が建設されます。

このとき中村氏は、自ら筆を揮って、その墓標に
「奇特者小原竹五郎之墓」と大書されました。

それは幅40cm、高さ1m50cmくらいの石柱なのですが、その側面には碑文が刻まれ、今猶ほ龍拈寺の墓地内に現存しています。

~~~~~~~~~~~~

どんなに大酒のみの暴れん坊でも、いざとなったら町の人たちのために一肌もふた肌も脱ぐ。
そしてそのことを地域の総主がちゃんと慈しむ。

先日、出光興産の初代社長、出光佐三氏の「大家族主義」の記事を書きましたが(http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-827.html)、当時の日本では、竹五郎のお話などを読むと、当時の日本は、地域もひとつの「家族」という意識にあったということがよくわかります。


さて時は変わって、明治19(1886)年のことです。

この年、江崎邦助(えざきくにすけ)という巡査が、豊橋警察署田原分署(現田原警察署)勤務を命ぜられ、転勤してきます。

江崎邦助は、文久元(1861)年の生まれですから、このとき25歳。
三重県鳥羽市の生まれで、長じて愛知県警に就職し、明治19年には、19歳の妻「じう」と結婚しています。

いわば新婚ホヤホヤです。

そしてこの年、大阪で発生した伝染病のコレラは、またたくまに広がって、6月には愛知県全域にまで多数の死者を出すようになった。

そんなある日のこと、分署長の命令で、奥郡(現田原市渥美、赤羽根一帯)を巡察していたしていた邦助は、「堀切村でコレラが発生した」との情報を聞きつけます。

これはたいへんなことです。
邦助は、すぐに医師を連れて現場に向かいます。

医師の見立てにより、真性コレラであることが確認される。
菌を退治するために、すぐに消毒をしなければなりません。

すると村人たちは、消毒などとんでもないことだという。
村の恥さらしだというのです。

邦助は、医者とともに、村人たちを懸命に説得します。
一時は石を投げつけられた。鎌を向けられた。

三日三晩、眠らずに説得を続けた結果、ようやく村人の協力を得て、村中の消毒が行われます。

ようやく消毒を済ませた邦助は、この事を署に報告するため、急いで堀切村を出発します。

しかしこのとき、邦助もコレラにかかっていたのです。

そして若見村(現田原市赤羽根町若見)まで来たときには、もう一歩も歩けなくなってしまう。

一緒にいた医師が、人力車を呼んでくれ、帰路を急いだけれど、加治村(現田原市田原町加治)まで着いた頃には、もはや人力車に乗っていることさえままならい状態になっていた。

なかった。この時邦助は初めて自分がコレラにかかった事を自覚した。
勤務を命じられる。

邦助は人力車を降り、近くの林に身を置きます。

しばらくすると、役場の職員や妻の「じう」も現場に到着した。

邦助は、こう言ったそうです。

「自分が田原の街に入ったら大勢の人にコレラにうつってしまう。
だから、もう署には帰れねえ」

そして
「きみたちは、私に近づくな。私に近づくとコレラに感染する」と、人を近寄らせなかった。

しばらくして、医師や仲間の警察官が到着します。

それでも邦助の態度は変わらない。

仕方なく、みんなでまわりを囲むようにして、邦助を近くの小屋に運び入れます。

妻「じう」は、
「私がしっかり看病します。そして、きっと近いうちに、夫の元気な姿をお目にかけます」と言って、小屋の中に入って行った。

じうは、ひとりで必死に夫・邦助の看病をします。

翌日、邦助は、ついに還らぬ人となります。
そして「じう」も、邦助の後を追うように、19歳の命を閉じた。

邦助が林に残ったことで、田原の町では、コレラの罹患を最小限に抑えることができた。

邦助が殉職した稲場を校区に持つ田原市立衣笠小学校では、いまでも毎年11月の学芸会で、六年生が「江崎巡査物語」を演じているそうです。

江崎邦助が、村人の説得などせずに、さっさと「報告」のためと称して田原の町に帰っていたら、もしかしたら死なずに済んだのかもしれません。

新婚ホヤホヤの若い巡査です。
そうしたとしても、おそらくは誰も責めはしなかったでしょう。

しかし彼は、警察官として、村人の消毒の説得のために、三日三晩も村に留まり、多くの村人の命を助け、自らの命を犠牲にした。

そして妻じうも、結婚したての夫のために、必死の看病をして、この世を去った。

職務のために、そして多くの人々のために、自らの身命をかえりみず。


いまではすっかり死語になってしまった「不自惜身命」の心が、この時代の日本には、確かにあった。こんなすごいやつらがいた。

そのことを、わたしたちはもう一度思い返して、日本再生の道を考えていきたいと思います。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

国歌独唱/第82回選抜高校野球大会


日本の心を伝える会では、いま会員の募集をしています。
登録無料!! ご入会は、
①ハンドルネーム
②お住まいの都道府県
③メールアドレス

の3つを書いて、assist@nippon-kokoro.com にメールするだけ。
ご入会受付後、メーリングリストへの招待メールをお送りいたします。
この機会に、あなたも是非、どうぞ^^♪
日本の心をつたえる会ロゴ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

河童工房('◇')

No title
不惜身命で思い出すのは今の元貴乃花。
そう言う意味があったんですね。

日本がんばれ!

No title
現在の日本の政治が危機的な事は充分分かっている・・・
でも、今回の話は・・・
人間の命の使い方、使命とかと思うんですよ。
いかに生きて、いかに死ぬか・・・
現在の生命至上主義の世の中では測れない価値観!
自分もこう在りたいと思い子供にも伝えたい!!

楽仙堂

ニコニコ動画・アンカー
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10064765
ニュースアンカー・青山繁晴氏の解説
 「与謝野馨、鳩山邦夫、枡添要一は小沢と仲がよい」との情報です。自民崩しは何もかもが小沢の選挙がらみという話です。v-40
ぜひ一度見てください。

右翼

がんばれ与謝野
若手を総裁・幹事長に」自民・与謝野氏http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100325-OYT1T01133.htm

当面は党にとどまって谷垣総裁をはじめとする執行部刷新と
若手起用を求める考えを示す一方、
新党結成も選択肢として引き続き検討していることを明らかにした。


一方で、与謝野氏は「新党を作れば、結構人気が出るのではないか。
『自民党』という名前がもうすり切れている」と述べた。
新党結成に踏み切るかどうかは「一瞬のタイミングだ」と語った。

緊急情報 

緊急情報 
民主がまたも売国法案!◎外国人に家賃催促ができなくなる法案が国会で審議中
http://www2u.biglobe.ne.jp/~t-tutiya/cgi-bin/sf2_diary/sf2_diary/
在日特権と関連しているのですが 公営住宅の入居条件が日本人には大変に厳しいのに 外国人にはものすごく甘くて、埼玉県のある団地など中国人でひしめいていると言うのにだ!
これは大変だと思っていたら 家賃の取立てもできにくくなると 益々日本人は外人に対して奴隷化が進む事に!もう冗談ではなく、 外国人参政権、住民基本法、子供手当て、とどめの人権擁護法案で 完璧に日本人は奴隷にされる!
だいたいこんなに外人に貢ぐ税金が無い。どこにも無い。そうしたらどうも年金の120兆か、140兆?これに手をつけようとまで言ってる。なし崩しにしようと!冗談では無い!

-

不自借身命は日本人の基本精神
小学校を卒業するまでの六年間の間、今日のような人物のお話を聞かせ、伝え続けることが出来たなら、日本の未来は明るいと確信いたします。

今の日本は全てが狂っている、何かが間違っている。

幾重にもこんがらがった糸のように、一夜にして解くことは出来ないが 「諦めない」 それができる。

やくざ教師の日教祖は、完全に解体しなければならない。

もし、中山氏がまた、議員になったら何があっても辞任をしてはいけない 「国民は聞く耳を持っている」 はっきりと国益を、説明をすれば味方になる。 また国民が、心の底で、そんな議員を待ち望んでいることは、確かだ。

日本の 「不自借身命」 の精神は志願して戦地に行った先人たちの基本精神であった。 

-

朝鮮 小沢政界追放! 署名
現在の署名数 4,470 (達成率 3.6 %)

小沢幹事長辞職喚問 署名サイト(実名)
http://www.shomei.tv/project-1497.html
企画者: 浜田 幸一
提出先: 国会
開始日: 2010年03月23日
目標署名数 125,000
期限 2010年03月31日
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク