日本軍がきたら城門を開き各自平常の業務に服しておってよろしい



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

石原莞爾
石原莞爾09


3月24日の記事「貧農史観のウソ」へのotamaさんのコメントで、「森羅万象の歴史家」というサイトの記事をご紹介いただきました。

非常に内容のある文章だと思いますので、それを転載します。

<↓引用>------------------
http://oncon.seesaa.net/article/124934958.html

藤本治毅(元陸軍憲兵大佐)著石原莞爾の101~102頁に満州事変時の強姦事件について次のように記述されている。

昭和七年九月十五日、日本は満州国の独立を正式に承認し「日満議定書」の調印をも了した。事変当初、軍司令官以下が奉天に乗り込んできたときである。
奉天駐屯の歩兵第二十九連隊の一上等兵が、中国婦人を姦した一件が軍司令部に聞こえてきた。

連隊幹部はもとより、軍司令部内においてさえも、兵馬倥偬の間の出来事であるから、大目に見ようという意見があった。だが烈火の怒りを示したのは莞爾で、

「聖戦の前途を汚す悪鬼である」

とて、最も厳重な処分を要求して譲らなかった。
平田連隊長もその正論に屈し、これを最大限の降等処分に付した。
ために全軍将兵粛として声をのんだのである。


ところがこのことがはしなくも敵側に伝わり、後日馬占山がチチハルを捨てて退却するに際しては、

「日本軍がきたら城門を開いておけ。
 そして各自平常の業務に服しておってよろしい。
 張海鵬の軍(関東軍の友軍)が来たら、
 城門を固く閉ざして各々自衛の処置をとり、
 強姦、略奪に対処せよ」

と、住民に布告して立ち去ったという。


満州事変のとき日本軍将兵が犯した強姦件数は一件だったという話は、我が国の敗戦を契機に軽度の反日的日本人に転向した石射猪太郎の「外交官の一生」にも出てくるので、おそらく強姦事件は殆どなかったのだろう。

ここで我々戦後世代が留意しなければいけないことは、日本軍の強姦の定義である。
山本七平氏の「私の中の日本軍」88頁によれば、日本軍には和姦という概念が存在せず、住民と情を通じて問題になれば、すべて強姦事件であって、軍の慰安所以外の性行為はすべて違法であったという。

つまり信用できる日本側の戦史資料の中で日本の軍人が語る日本軍将兵の犯した「強姦事件」には、将兵が戦地や占領地の女性と恋に落ち情を通じて性交に及んだ場合を含むのである。

前述の「石原莞爾」の巻末に収録されている辰巳栄一の回想録によると、ロンドンを訪れた石原が各国の武官に対して満州の復興状況を説明し、

「近頃満州の娘さん達が日本軍の若い兵士にラブするものが多くて、部隊長は閉口している」と結び、会場の人々を大いに笑わせたそうだが、部隊長は軍紀上ほんとうに困っていたのだろう。


思うに、日本軍の強姦の定義は広く厳しいが、これは、加害者である将兵には

「合意があった」

という言い逃れを許さず、被害者である女性には

「合意はなかった」

ことを証明する義務を課さず、

合意の有無を調査する煩雑な手間を省いて軍法会議を迅速に進め軍紀を維持するためには、まことに適切であった。


もしサンフランシスコ講和条約の発効と同時に、政府と議会がGHQの占領基本法の一つである占領憲法を廃棄し、徴兵制度を復活させていれば、大東亜戦争に参戦して生き抜いた軍人から戦後世代の多くの一般国民へ、軍隊や戦争の本当の話が伝わり、朝日新聞や日教組は、容易には反日デマを国民に信じ込ませることはできなかったろうに…。


戦前世代が消えていく今後、我々歴史学徒が相当がんばらないと、戦後世代は1945年9月2日以前の日本を理解できなくなり、朝日ら左翼勢力は国民の無知に付け込み、彼らの赤い邪悪な政治目的のために、現在よりも大々的に大東亜戦争史を悪用してくるかもしれない…。


盧溝橋事件から敗戦に至るまでChina戦線で日本軍将兵が犯した強姦事件の総数を調査する能力と意思は、所長にはない。

ただ中華民国の軍事代表として満州をソ連から接収するために苦労した董彦平中将が、ソ連軍の掠奪暴行を目の当たりにして大いに憤激し、回顧録「ソ連軍の満州進駐」に、

「いやしくも社会主義を標榜するほどの国家が帝国主義に圧迫され続けて今ようやく解放の日を迎えたばかりの同盟国の人民に対し、残酷かつ非人道的な凌辱、掠奪をやってのける軍隊の行動を容認するということが凡そ想像されることだろうか。

日本帝国主義は東北同胞を奴隷のごとくコキ使ったが、彼等の軍隊(註、日本軍)は掠奪をしたり、婦女を強姦したりするような事例は、そうざらにはなかった」

と書き記している。

これは「南京大虐殺」が虚構である証拠の一つであろう。


1931年から1945年まで数百万の日本軍が外地に展開したにもかかわらず、ベトナム戦争に参戦した韓国軍とは違い、強姦混血児という国際問題を戦後に残さなかったのだから、おそらく日本軍将兵が犯した純然たる狭義の強姦事件は、極めて少なかったのだろう。

韓国はベトナム戦争に参戦した際、韓国軍兵士による現地ベトナム人女性への買春やレイプなどの暴力行為を適正に統制しなかったために、多くの混血児が生まれた。その人数は現在1万人以上存在しているという。

現時点では、韓国政府から被害者や混血児に対する謝罪や補償は、行われていない。
そしてネット界の韓国ウオッチャーは知っているように、現在の韓国も世界的に悪名高い強姦大国である。
日本のマスゴミが韓国に肩入れするのは厚顔無恥な同類を憐れんでいるのか。


かつてChineseは洗城(城内レイプ略奪し放題)、屠城(城内みな殺し)という風習を持っていた。そして現在の共産中国も、チベット族やウイグル族を大虐殺している人道に対する犯罪大国である。

韓国人と中国人が語る日本軍の残虐行為とは彼ら自身の素性と歴史を語っていると、我々は考えるべきである。


日本は中韓とは相容れない異文異種である。

我々はこのことを肝に銘じ、日本の女性を守るために、何としても東アジア共同体なる愚劣な構想を潰し、新脱亜論を実現しなければなるまい。

今上陛下が皇太子として昭和五十年二月にネパール国王の戴冠式に参列された際、イギリス首席随員のマウント・バッテン元帥から、

「過ぐる戦争中、私が東南亜連合軍総司令官として、インド・ビルマ戦域で対戦した日本軍将兵は、その忠誠、勇敢、規律厳正さにおいて、古今東西無類の精強でした。あのような素晴らしい将兵は、今後いずれの国にも生まれることはないでしょう」

と日本軍将兵を激賞する丁重な賛辞を捧呈された(世界から見た大東亜戦争)。


インパール作戦が終末を迎えんとしていた昭和十九年五月十一日、Chinaの雲南方面から、蒋介石の信任厚い衛立煌大将率いる中華民国軍の雲南遠征軍十九万六千人が怒江を渡り、文字通り雲霞のごとくビルマ東部国境付近に押し寄せ、六月二日に四万八千人の中国軍が拉孟城を包囲し、六月二十六日に四万九千人の中国軍が騰越城を重囲下に置いた。

これに対して雲南遠征軍を迎撃する我が軍は第五十六師団の一個師団約一万一千人のみ、拉孟守備隊は千二百八十人、騰越守備隊は二千二十五名に過ぎなかった。

だが両守備隊は、米軍式装備と巨大な物量を誇る中国軍に対して鬼神のごとく奮戦し、拉孟守備隊は九月七日まで、騰越守備隊は九月十四日まで、一歩も引かずに陣地を死守し敵軍のビルマ侵入を阻止した末に壮絶な玉砕を遂げた。

この間にビルマ東部の要衝ナンカンの築城を終えた我が第二師団が密かに東進し第五十六師団と合流、九月三日、約三十万人に膨れ上がった雲南遠征軍に対し総反撃の火蓋を切り、拉孟騰越の両城を救い出せなかったとはいえ、雲南遠征軍に戦死傷者約六万三千人の大損害を与え、中国軍のビルマ侵攻作戦を頓挫させたのである。

この「断作戦」における我が軍の損害は戦死傷者七千三百人、我が第二、五十六師団は十五倍の敵に挑み、我が軍の九倍の損害を敵に与えたのである。

蒋介石は日本軍の恐るべき戦闘力に驚嘆し、全軍に以下の特別布告を発し(菊と龍―祖国への栄光の戦い)、拉孟騰越を死守した日本軍人精神に

「東洋民族の誇り」

という最大級の賛辞を送ったのである。

「全軍将兵に与う。戦局の動向はわれに有利に展開しつつあり。勝利の栄光は前途に輝いているものの、その道に到達するまではまだなお遠しといえる。

各方面の戦績を見るに、予の期待にそむくもの多し。
諸兵、ビルマの日本軍を範とせよ。拉孟において、騰越において、またミートキーナにおいて、日本軍が発揮した勇戦健闘ぶりを見よ。
それに比し、わが軍の戦績の、いかに見劣りすることか。予は遺憾にたえざるものなり。

将兵一同、一層士気を昂揚し、訓練に励み、戦法を考案し、困難辛苦に耐え、強敵打倒の大目的を達成せんことを望むものである」


また東京裁判却下未提出弁護側資料集に収められた中国側の資料によれば、China戦線の日本軍各部隊は作戦終了後には、必ず付近の敵味方の戦死体を回収し、中国軍に攻撃される危険を冒してまで両軍戦死者の丁重なる慰霊祭を行った上で根拠地に引き揚げており、これを知った蒋介石は、この高潔なる武士道精神こそ寡(少数)をもって中国軍の大軍を撃破する日本軍の戦闘力の根源なり、と賞賛し、味方の戦死者に対する慰霊祭すらも行わない中国軍将官を

「汝らは日本軍を見て慙愧の念に耐えずや」と叱責したのである。

蒋介石にとって日本軍は中華民国軍の模範であった。

だからこそ蒋介石は台湾に落ち延びた後、彼の敵であり又友でもあった元China派遣軍総司令官の岡村寧次元大将に救援を求め、大将から派遣されてきた元日本軍将校から成る軍事顧問団「白団」の指導を受け、米軍式教育を改めて日本軍式教育をもって中華民国軍を再建したのである。

中国共産党および朝日と毎日が宣伝する日本軍の蛮行が事実なら、蒋介石がかつての敵であった日本軍将校の指導を仰ぐものか!

~~~~~~~~~~
http://oncon.seesaa.net/article/125071014.html

所長が思うに、我が国の大東亜戦争は失敗の連続であったが、それらの中には叡智あふれる軍事、外交、内政が少なからずあった。

日本の大人がそれらを子供を教え、子供が「ああっ惜しかった!」と我が事のように悔しがるようになってこそ、日本の子供は日本国を愛おしく思い、過去の教訓を未来に生かせるようになるのだろう。

<↑引用おわり>------------------------

≪日本軍最強伝説≫

(1) 兵士1人が日本刀1本で100人以上斬り殺せるほどの戦闘能力と有り余る予備の日本刀を持ち、
(2) 銃剣と単発銃のみで80万人以上殺すなど、原爆以上の破壊力を持つ携行兵器を誇り、
(3) 各植民地で無駄に現地人を殺してまわるほど武器弾薬が余っていて、
(4) 320万人もの現地労働者を動員し、そのうち100万人が死ぬほどの労働条件でも反乱を起こさせないほどの統率能力を使って、
(5) 国境地帯に計19ヶ所、4700kmにおよぶ要塞および1700kmもの地下要塞を作るほどの労働力を動員し、
(6) その工事後1万人を生き埋めにしたり、揚子江の川幅を2m以下にしたり、するほどの高い土木技術を持ち、
(7) 沖縄で米軍上陸後も市民に玉砕命令が出せるほど命令系統がしっかりしていて、
(8) 当時オランダ領だったインドネシアにも開戦前から日本軍用の慰安婦を送り込むほど先見性があり、
(9) 日本兵の数を上回るほどの従軍慰安婦を一日に一人あたり何十人も暴行するほど体力と食料があって、
(10) AVが無かった時代にも関わらず慰安婦に顔射するほど独創性に富み、
(11) 韓国で文化施設はもちろん一般家庭にある辞書から料理本に至るまで処分してまわるほど暇で、
(12) 保護するために植民地ではなく「併合」したにも関わらず、韓国の運気を捻じ曲げるために、山の頂上に鉄杭を埋め込むほど風水に明るく、
(13) 韓国の優れた建築施設・街・鉄道を全て接収することなく破壊し尽くした上、新たに日本のダメな建築物に建て替えるほど資材と資財が有り余っていて、
(14) 当時の朝鮮の人口のおよそ半数近くを日本へピストン輸送するほど燃料と船舶が豊富で、
(15) 中国で家々に火を放ちまくり無駄に虐殺した民間人の死体を一カ所に集めてたっぷりとガソリンをまいて燃やすほど石油資源に余裕があり、
(16) 人間の脂肪から、航空燃料を作れるほど錬金術に長け、
(17) わずか70万人の関東軍で戦闘の合間に20万人もの中国人慰安婦を満足させるほど絶倫で、
(18) 広く険しい中国大陸を大軍勢で移動していたにも関わらず、各地区の兵士や民間人が逃げる暇も無い程のスピードで動き回るなど金メダル級の運動能力を誇り、
(19) 山東省で広島+長崎の核2発分の犠牲者数を超える42万人を殺戮するほどの細菌兵器を保有し、
(20) 田舎から都市部まで全ての街道を余す所無く隅々まで破壊し尽くし、さらに人気の無い山の奥深くでさえ草一本残さず毟り取る程の根気と几帳面さを兼ね揃え、
(21) 11歳が戦場で暴れ回るほど若い内から逞しく、
(22) 終戦後になぜか意味の無い強制連行を行いまくるほどの軍備と余裕があり、
(23) 圧倒的科学力を誇る朝鮮の反日勢力になぜか圧勝するほど運がよく、
(24) 朝鮮人を殺しまくりながら人口を2倍にするという魔術を持ち、
(25) 敗戦国でありながらGHQを手玉にとって朝鮮戦争を起こすようコントロールするほど政治力と外交能力に長け、
(26) 中国での最初の慰安所「大一サロン」にはハイテクエアコンを完備させ、
(27) 半世紀以上放置されても使用出来る毒ガスを作れるほどの科学力を誇り、
(28) 金の掛かる化学兵器砲弾を200万発も生産して中国全土に埋め、
(29) もともと無い記憶を奪えるという摩訶不思議な技術を持っていた

大日本帝国が敗戦したことは、人類史上最大のミステリー!!

~~~~~~~~~~~

反日左翼の宣伝工作には反吐が出る!と思った方
 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

オランダの悲劇―「多文化共生社会」がもたらしたもの・・・虐殺・暴行


日本の心を伝える会では、いま会員の募集をしています。
登録無料!! ご入会は、
①ハンドルネーム
②お住まいの都道府県
③メールアドレス

の3つを書いて、assist@nippon-kokoro.com にメールするだけ。
ご入会受付後、メーリングリストへの招待メールをお送りいたします。
この機会に、あなたも是非、どうぞ^^♪
日本の心をつたえる会ロゴ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

otama

子供手当は政権与党による二兆円の選挙買収
報告によれば、実子であれ養子であれ、具体的な家族の証明は、市町村の独自判断に任されており、厚労省はそれに「アドバイスする立場でしかない」とのことであった。ここにもまた民主党の歪んだ「地域尊重」姿勢が見える。謂わば「地域丸投げ」である。負担と責任は各地方自治体に押し付け、自分達は「理想に燃えた政治家である」ことを気取る。誠に偽善者の鑑である。


家族関係の証明は、電話でもメールでも「定期的に連絡を取り合っている」という証拠さえあればいい。定期的の「定期」が何を意味するのかさえ定かでない。毎日なのか、週一なのか、月一なのか。年に一回、顔でも合わせればそれで充分なのか。

この問題を地方自治体の判定に委ねるならば、市町村の受付は、怪しげな外国人、またそれに操られた怪しげな風体の連中が屯し、通常業務に支障が出るまで、騒ぎ続けるだろう。「貰ってやるから早く出せ!」と怒鳴り続けるであろう。忽ち処理能力の限界を超えた役所は、苦渋の決断、即ち「支給許可」の判定を与え、御一行様にお引き取り願う、ということになる。国は護ってくれないのであるから、致し方無い。

相手は商売なのである。「子供手当ビジネス」が、非常に利益率の高い商売になることを教えたのは、「謎の鳥」を頭目とする革命政府である。歯止めの無い法律は絶対に悪用される。それが世の常である。

また、厚労省はアドバイスする立場に身を引いている以上、各地域で判定基準がバラバラになる。当然、彼等は弱い所を突いてくる。その結果、裏情報、闇情報が飛び交い、職員の直接的な買収も始まるだろう。「俺達を差別するな、手続をもっと簡素化しろ、紙一枚で終わらせろ」と喚くのが目に見えている。


止めるなら今である。外国人参政権問題と同様に、「直接の被害者」である各地方自治体から火の手を上げる以外に方策は無い。市会議員、県会議員の尻を蹴り上げて、この問題を大きく論じさせる以外に無い。
http://jif.blog65.fc2.com/blog-entry-332.html

杜若

No title
≪日本軍最強伝説≫というものを一つ一つ検証したわけではありませんが、これらの逆説が中韓の主張であることに違いはないでしょう。日本人(あるいは他国人)が騙されやすい逆説をパロディーにしたのがこれでしょう。
どこにも問題はないと思いますが。

むしろ、問題なのは≪日本軍最強伝説≫の逆説を疑いもせず受け入れてしまう日本人であり世界であることなのではありませんか?
これはそれへの警鐘として味わうのが本筋というものでしょう。

こんなことを真に受けるのは、まさに真正の情弱なのでは?
しかし、これらのことを本当のことのように宣伝するのが中韓であって、悪質極まりないと言えます。

勘違い

11:24 の名無しさんへ
上記の  <<日本軍最強伝説 >> の(1)~(29)
は、宣伝=プロパガンダ ですよ。

つまり、暗示にかけたり話を誇張したりして、洗脳に導くのが目的の捏造(嘘)です。

1~29は反日左翼の工作文例を掲載したのであって、史実ではありません。

どうか誤解のないように。

中国が反日を止める時 

悪逆非道な日本鬼子@1938
中国はそろそろ、行き過ぎた「反日教育」を是正すべき時です。
日中“友愛”や、東アジア共同体を検討するなら、なおのこと馬鹿げた反日政治に終止符を打つ事です。

「反日を止めたら日本が攻めてくる・・(怯)」等は妄想です。
台湾人は親日が多いですが、日本は台湾を侵略しましたか?
香港人も、大陸人ほど反日ではありませんが、日本人とは上手くやっています。

中国政府は、そろそろ自分達だけが相変わらず阿呆であるという事実に気がついて下さい。

昭和13年 北京の日本兵 カラー映像
http://www.youtube.com/watch?v=RlkRKKPHfGA&feature=related

一有権者

No title
色々と調べていけばこのように彼らの矛盾を知ることができるのですから聞き分けの無い子供のようにわめきまくる彼らに対しては冷静にかつ冷徹に追い詰めていくべき。

もう日本人の美徳であった寛容さ、忍従、寡黙等を一度封印し彼らから日本人の手に日本国を取り戻す為に
徹底的に反論し撃破するべきと思います。

もう時間はあまり無いと思われます。

杜若

No title
≪日本軍最強伝説≫の逆説的表現はとても解りやすいですよね。まさに中韓のお馬鹿さんたちが言ってることを、逆説的に語ればこういうことになりますでしょう。

こんな日本人なら武力に於いての世界制覇も無理ではない?
しかし、今の日本は逆の面で世界制覇をしつつあるのかも知れません。それは、技術、文化、人間としての洗練された感性というもので。

今の、世界中の若者の多くは日本文化にあこがれる。もし、この日本から中韓の係わりを取り除けば、ほとんど完璧なのに残念です。彼らが係わるとろくなものが生まれない。いいかげんにこの国から出ていってほしいと思います。

逆説的と言えば、やはり新約聖書でしょうか。イエスキリストの表現には逆説的な表現が多用されます。だからわかりやすいともいえますし、彼を迫害する者にとっては余計に腹立たしかったのかもしれません。
彼はAB型だったそうですが、そんなことも影響しているのでしょうか(根拠ははっきりしませんがどこかで読みました)。
AB型は反骨精神に富み、理屈っぽいそうですから。
まあこんなことは関係ありませんが。

とにかく、中韓の情報に触れれば触れるほど虚無感に囚われます。はっきり言って、係わりたくないとの思いは彼らの歴史と、民族性を少しでも知れば万人の思うところでしょう。

ココア

No title
転載しますね!

-

こうして歴史的事実を書き出すと、なぜ負けたのか?わからなくなります。
こういうのが世界中に知れ渡る日が本当の戦後なんだろうなー

日本軍と慰安婦
日本軍と中国馬賊軍団とは比較に成りませんが、当時の世界の軍隊の中でも日本軍はピカ一の軍隊だと思います。軍隊としての理想と規律のある軍隊も日本軍だけと今でも思っている。
中国軍?7馬賊の中では毛沢東は小さいモノでした。
従軍慰安婦1970年代には左よりの辞書を見ても「慰安婦」とは「軍隊と行動を共にする売春婦」と記載されている。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク