天狗党の乱

人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

天狗党の乱
天狗党の乱


明治維新を4年後に控えた元治元(1864)年3月27日(新暦5月2日)、茨城県の筑波山で水戸藩の志士達62名が挙兵しました。
彼らは自らを「天狗党(てんぐとう)」と称し、「尊王攘夷」を旗としました。
水戸藩は、尾張、紀伊と並ぶ、徳川御三家のひとつです。
尊王攘夷と聞けば、薩長土肥の幕府と敵対した勢力というイメージを持つ方が多いですが、実は、尊王攘夷の火の手は、徳川側、それも御三家の水戸藩からあがったのです。

天狗党を名乗った彼らは、筑波山から日光東照宮を目指して進軍しました。
途中、栃木県の太平山に登り、山頂にある大平山神社に参拝しました。
大平山神社は、国を太平に治め、社会を平和に導き、家内の安全を守り、商業を繁栄に導き、人々を守護する祈願成就の神様がご鎮座あそばしている神社です。
そして、大平山から、彼らは四方に檄文を飛ばしました。

東照大権現(徳川家康)と、大平山の参拝を終え、旧暦の5月末に筑波に戻ってきたとき、天狗党は、総勢1400名の大部隊となっていました。
大盛況です。天狗党幹部は「真の尊攘ここに結す!」と喜びました。

ところが、兵の増加はそのまま兵糧(食)と寝所(住)と金子(銭)の手配の増加を生みます。
このため彼らは、軍用金調達と称して、豪商や豪農のもとに向かいました。
財貨や食糧を調達するためです。
そして従わない者や反抗的な態度をする者を問答無用で一刀両断に斬り捨てました。
それを「正義のため」としました。
けれど民衆は、次第に彼らを恐ろしい、ただの暴徒としか見なくなったのです。

天狗党は、京を目指して進軍しました。
進軍しながら、商家を襲いました。
結果、天狗党は、幕府による追討の軍勢に追われるようになります。
そして越前新保(福井県敦賀市)で、説得に応じて素直に投降しました。

大人しく投稿した天狗党に、幕府は厳罰をもって臨みました。
352名が死罪、137名を遠島です。
たいへんな処罰です。江戸全期を通じて最大規模です。
安政の大獄ですら、死罪はわずか8名です。

不思議なことに、これだけ大きな乱であった天狗党の乱について、最近の歴史物語や教科書では、まず触れられることがありません。
おかしな話です。
尊王攘夷が、親藩である徳川御三家から出て、その御三家の志士達が江戸期最大の懲罰を受けているのです。
これだけの事件について、何も書かれないことの方がおかしく思えます。

この事件をきっかけに、薩長や他の尊王攘夷の志士たちは、幕府の大量処刑を目の当たりにすることで、危機感を募らせ、その後、互いの主義主張の細部を越えて、大同団結を図るようになりました。
そして時代は一気に倒幕へと向かいました。

水戸・天狗党はなぜ生まれ、いかに滅んだのか。
江戸時代の思想言論界をリードした水戸藩が、なぜその後、明治政府にひとりの高官も送り出すことができなかったのか。

水戸天狗党の足跡を追ってみたいと思います。

~~~~~~~~~~

水戸学(みとがく)といえば、ご存知・水戸黄門の水戸光圀(みつくに)が編纂を始めた「大日本史」にはじまる体系的学問で(前期水戸学)、その教科書は、全国の藩校の教科書に採用され、吉田松陰や西郷隆盛をはじめとした多くの幕末の志士等に多大な感化をもたらしたものです。

水戸学は、もともとは日本史の修史事業です。
しかし寛政3(1791)年に、藤田幽谷(ふじたゆうこく)が「正名論」を出してから、単なる歴史研究ではなく「歴史に基づき具体的に行動する」実学としての動きが加速しました(後期水戸学)。

天保8(1837)年には、大阪で陽明学者の大塩平八郎が乱をおこしました。
大塩平八郎の主張は、ひとことでいえば、「将軍就任のお祝いするという形式にとらわれ、民の飢えを見過ごすとは何事か!何のためのご政道であるか!」ということです。

この事件を機に、水戸藩第九代藩主・徳川斉昭は、陽明学への傾斜をいっそう深めまています。
斉昭は、文理融合・文武両道を強く説きました。
内心では大塩平八郎を支持していたのであろうと思われます。

こうした藩公の意向を受けて、水戸藩では藤田幽谷の子、藤田東湖(ふじたとうご)が、日本の建国神話を基に「道徳」を説き、そこから日本固有の秩序を説きました。
「尊王攘夷」という言葉は、その著作「弘道館述義」の中で、はじめて出た言葉です。

そして藤田東湖は「尊王攘夷」の言葉のあとに、「神儒一致、文武合併」という言葉を続けています。

 尊王攘夷
 神儒一致
 文武合併

天皇を尊崇したてまつり、神道と儒学(陽明学)を一致させ、文武合併して夷敵を打ち払い、伝統ある日本文化を保持せよ、というのがその趣旨です。

こうした水戸思想界の動きとは裏腹に、黒船に惧れをなした幕府は、安政5(1858)年「日米修好通商条約」を、締結しました。
朝廷の意向を無視して、外国と勝手に条約を結んだのです。
しかも内容は著しく米国に有利で、日本の国益を損ねました。

朝廷はこれに激怒したといいます。
そして水戸藩に孝明天皇の密勅を差し向け、公武合体と攘夷を命じました。
これを「戊午の密勅(ぼごのみっちょく)」といいます。

幕府にしてみれば、これはたいへんなことです。
天皇が幕府首脳陣を飛び越えて、直接水戸藩に密勅を出したのです。
ウワサを聞いた大老井伊直弼ら幕府首脳は、密勅が倒幕を画策するものであると危惧し、水戸藩に勅書の幕府への引渡しを命じるとともに、「安政の大獄」を行って国内の尊王攘夷派の大弾圧を行いました。

一方、幕府から勅書返還命令をもらった水戸藩は、藩論が真二つに割れてしまいます。
穏健派といわれる人たちは、ひたすら幕府に恭順の意を表し、密勅をおとなしく幕府に引き渡そうという。
尊王攘夷派のひとたちは「勅令こそ守るべし!」と唱える。

水戸の学問である水戸学は、尊王です。
なによりも天皇のお言葉を大事にする。
ですから道理からいえば、尊王攘夷派の言うことが正しいとなります。
けれど現実論として、それを行えば、幕府と対立することになり、藩公にも責任が及ぶのです。

「思想」をとるか「現実」をとるか。
水戸藩は、まさに板挟みとなったのです。

若侍達は純粋です。
ですから「思想」に忠実であろうとします。
言を左右にして、ひたすら幕府にのみ気を使う年寄りたちの姿は、奸族(かんぞく)であり、ヒヒ爺いにしかみえない。

現実派の爺様たちにしてみれば、思想よりも藩が大事です。
藩あっての言論なのです。
そして藩の最大の使命は、藩内の民衆の安寧です。

噛み合ない両者は、激高し、斬り合いになるところまで過熱します。
そして結論がでないまま、翌年、朝廷から「やっぱり先の密勅は返してほしい」返納の勅が出されます。
とりあえずは、水戸藩内はほっと一息です。
ようやく朝廷へ直接返納することで藩論も統一された。

しかし、もし万一、返納する密書が途中で幕府に奪われたら、これはたいへんです。
下手をすれば、水戸藩はおとりつぶしとなる。
すくなくとも水戸藩の責任は重く追及され、藩公徳川斉昭は引責となり、藩内の尊王攘夷論者は、最大の庇護者を失うことになります。

これに危機感を募らせた水戸藩士・高橋多一郎らは、覚悟を決め、藩を脱藩し、長岡(現・茨城県東茨城郡茨城町)に集結して、同志・農民など数百人集めました。
そして長岡宿に、「大日本至大至忠楠公招魂表」と書かれた札を立て、道行く人々の荷物検問を実施したのです。
江戸への勅書搬入を阻止しようとしたのです。

慌てた水戸藩の重役たちは、安政の大獄の後、謹慎中となっていた前藩主の徳川斉昭に事情を説明し、斉昭から直接「返納の阻止は天意に反する」と、彼らを説得してもらいます。
尊敬する斉昭公からの説得で、高橋多一郎らは、検問所を解散しています。

しかし検問を解散したからとて、尊王攘夷の目的が達成されたわけではありません。すでに横浜などには、多数の外人が上陸し、駐屯しているのです。
しかも、高橋多一郎らは、すでに藩を脱藩した身となっています。

彼らは、数日後(安政7(1860)年3月3日)江戸へ出ます。
そして薩摩藩士と共謀して、尊王攘夷派の弾圧を行う大老井伊直弼を桜田門で暗殺しました(桜田門外の変)。
さらに竹内百太郎ら水戸を脱藩した浪士37人が、江戸の薩摩藩邸に駆け込み、「我ら、薩摩とともに攘夷の先鋒とならん」という意見書を提出したのです。
ところが薩摩藩は彼らを拘留し、翌年7月まで勾留したあと、彼らを水戸藩邸に引渡してしまいます。

9月になると、水戸藩尊王攘夷派の残党のうち、横浜における外国人襲撃(攘夷)を計画する大津彦五郎らが玉造に集合し、隊伍を組んで近隣から金や兵糧を勝手に徴収しはじめます。

幕府は、関東東北諸藩に命じて騒動に備えるとともに、水戸藩にも攘夷派の解散説得を命じました。
水戸藩は、尊王攘夷派の信望が厚い武田耕雲斎を藩政に復職させ、彼らの説得にあたらせました。

日ごろ武田耕雲斎を尊敬していた大津彦五郎らは、素直に解散を承諾します。
水戸藩は、彼らを捕縛し、獄につなぐ。そして大津ら一党は、次々と獄死させられてしまうのです。

ちなみに、このとき、一味の中から、上手に捕縛を逃れて逃走した者がいます。
それが「下村継次」です。
聞いたことのない名前と思われるかと思います。
後の新撰組初代組長芹沢鴨です。

藩の教えに従って、純粋な思いから立ちあがった仲間に対して、藩の対応は何だ!
武士としての名誉(切腹)も与えず、獄舎内で飢え死にさせる。それが藩の仕打ちか!
かくなるうえは、我ら自身の手で、攘夷を実現しなければならぬ。

危機感を強めた水戸の尊攘の志士たちは、文久元(1861)年5月、江戸・東禅寺の英国公使館を襲撃し、館員・警備兵を殺害ししたす。

当然、英国から幕府に対して厳重な抗議が出ます。
幕府は、翌月(6月)には、水戸藩に命じ、尊攘派藩士の謹慎を命じる。
水戸藩は、尊攘派の志士たちを問答無用で投獄します。

上級藩士なら格別、下級藩士にとって、投獄はそのまま「死」を意味します。
やむなく彼らは次々と脱藩する。
そして、文久2(1862)年1月には、江戸城坂下門外で老中安藤信正を襲撃し、負傷させます。

水戸の脱藩浪士たちが幕府の弾圧に危機感を募らせる一方で、文久2(1862)年夏、薩摩藩公・島津久光の政略によって、尊攘派である水戸の一橋慶喜、越前福井藩・松平春嶽が幕政に復帰しました。
そして松平春嶽は、将軍家茂に「京へ上洛し、朝廷にこれまでの失政を陳謝せよ」と奏上したのです。
それまでの二度に渡る勅使によって、幕府も勅命実行の確約(条約破棄+攘夷)を避けられないところまで追い詰められていたのです。

将軍上洛に先立っては、将軍の後見職にあたる一橋慶喜が先に入京すると決まりました。
慶喜は、実家の水戸藩に上洛の警護を命じます。
ようやく、尊攘派のリーダーが、幕政の表舞台に登場できたのです。
水戸藩に残っていた尊攘派の面々は、こぞってこの上洛に志願しました。

文久2(1863)年12月、一橋慶喜が江戸を出立します。
そして9日後、水戸藩主徳川慶篤らも家臣団を連れて江戸を出る。

家臣団の中には、武田耕雲斎、山国兵部、藤田小四郎など、尊王攘夷派の主導者たちがまじりました。
彼らは京において、長州藩士桂小五郎、久坂玄瑞、その他京都に集う志士達と交流を重ね、尊皇攘夷の志をますます堅固なものとして行きます。
藤田東湖は、長州藩と図り、東西で一斉に挙兵して幕府に攘夷を迫ろうと計画しています。

これは時期尚早として武田耕雲斎が諌めて未遂に終わりました。
けれど藤田東湖の子の藤田小四郎は、「なぜ父上は折角のチャンスを棒に振るのか!」と聞き入れない。
かくなるうえは、私たちだけででも、攘夷決行を行います!と、ひとり水戸に帰ってしまいます。

そして、藤田小四郎が、元治元(1864)年3月27日に、同志62名とともに、筑波山に登って結成したのが、「天狗党」だったわけです。

ちなみにこのとき藤田小四郎は、まだ23歳です。
そこで天狗党総帥に、水戸町奉行・田丸稲之右衛門(たまるいなのえもん)を迎えました。

天狗党は、みんなで力を合わせ、亡くなった水戸藩前藩主の徳川斉昭の神輿を作り、これを軍の中心としました。
自分たちは斉昭の素志を継ぐという意思表明です。
そして日光を占拠して諸藩を説き、幕府にも建議して、天皇の意思である攘夷を実行させようと決しました。

そして向かった先が日光だったわけです。
けれど彼らの行動は、日光奉行によって阻止されました。
やむなく、大平山にこもって四方に激を飛ばす。
彼らのもとには、宇都宮藩等から浪士が続々と集結しました。
こうして天狗党は、総勢1400名にのぼる大部隊となったわけです。

冒頭に書きましたように、これだけの熱い仲間が集まった!
天狗党首脳部は、「真の尊攘ここに結す!」と狂喜します。

しかし、兵の増加はそのまま兵糧(食)と寝所(住)と金子(銭)の手配の増加を生みます。
彼らは軍用金と称して、豪商や豪農を襲撃して、財貨や食糧を奪いました。
天狗党内部には、こうした暴挙に異論を唱える者もいました。
けれど、血気にはやった襲撃派は、そうした穏健派を「みせしめ」として問答無用の一刀両断に処しました。

これによって天狗党の内部には、強い結束が生まれます。
けれど、民衆からは、ただの「暴徒」とみられるようになります。
そして「暴徒」に対抗するため、近隣には自衛組織なども作られています。

それだけではありません。便乗者まで出始めたのです。
ただの泥棒や、強盗団が、偽の天狗党を名乗って、商家や豪農を襲うという事件が頻発したのです。
水戸藩とその近隣は騒然とした混乱状態に陥いってしまう。

この頃、天狗党の挙行に期待をかけた庄内藩士・清河八郎が水戸藩にやってきて、天狗党に入党しています。
清河八郎は、後に芹沢鴨、近藤勇、土方歳三、沖田総司らを率いて、新撰組の前身となる浪士組を結成する男です。
しかし尊王攘夷の理想に燃える彼は、狂乱ともいえる天狗党の状況に失望し、さっさと大平山を降りてしまっています。

こうして天狗党は、民衆や攘夷の志士、あるいは諸藩の支持を失ないました。
思想はともかく、「暴徒行為」に対し、幕府は天狗党追討令を出します。
そして常陸、下野の諸藩に出兵を命じる。
水戸藩もこれに応じ、市川三左衛門らに命じて追討軍を編成しています。

元治元(1864)年7月7日、天狗党討伐のための諸藩連合軍は、茨城県下妻市にある多宝院に集結しました。
ところがこれを知った天狗党は、その日のうちに多宝院に夜討ちをかけ、諸藩軍を潰走させてしまいます。
なんといっても、文武両道に秀でた尊王攘夷の志士たちなのです。
並みの正規軍では敵わない。

敗走した水戸藩士の市川らは、水戸へ逃げ帰ると何を血迷ったか水戸城を占拠し、天狗党に加わっている者の一族の屋敷に放火をしたり、家人を斬殺するなどの暴挙に出ます。
要するに腹いせ、報復です。

これにはさしもの天狗党の志士たちもまいります。
もともと親兄弟を大切にする、理知的な若者たちなのです。
身内虐待の情報には、黙っていれない。

天狗党は割れ、約500名が離別します。

残った天狗党は、危機感を募らせ、奸族市川を討つべし!と、水戸城へ攻め込みます。
しかし城砦戦には、兵力が足りない。
天狗党は、たちまち敗退し、那珂湊の近くまで退却する。

水戸藩の城そのものが、戦乱になったのです。たいへんな問題です。
京にいた水戸藩主・徳川慶篤は、幕命を受け、天狗党による内乱鎮静のため宍戸藩主松平頼徳を名代にたてて水戸へ向かいました。

松平頼徳一行が水戸城に到着する。
けれど、藩公の一行の中に、武田耕雲斎や榊原新左衛門ら尊攘派がいることを理由に、市川三左衛門は、一行の入城を拒絶してしまうのです。
これまたとんでもない話です。
藩主の命を受けてやってきた者たちを、部下が城に入れないとゴネているのです。

「殿のご命令である。開門をせよ!」と迫るけれど、市川は門を開けない。
逆に殺気立った市川らは、抗戦の構えさえ見せたのです。

宍戸藩主松平頼徳らは、やむなく兵を退いて、水戸に近い那珂湊に布陣しました。
すると、おもしろいものですね。そこに天狗党の一隊が駆けつけて、藩主頼徳方に加勢すると申し出たのです。
頼徳にしてみれば、そもそもは天狗党鎮圧のために赴いたのです。
それに天狗党が味方するというのは変な話です。
けれど水戸藩の城を奪われているのです。取り返すには味方が多いに越したことはない。
しかも天狗党の一行は、頭もキレ、腕も立つものばかりです。

ついに、松平頼徳は水戸城に立て篭もる市川らと開戦に及びました。
しかし、城です。そうやすやすとは落ちない。
松平頼徳は、補給と戦闘の休息のため、いったん那珂湊まで兵を引きます。

これをみた市川は、松平頼徳が、天狗党に寝返ったと幕府に讒言したのです。
幕府は、びっくりして頼徳討伐軍を組織してしまう。

松平頼徳らが布陣する那珂湊に、今度は幕府から派遣された田沼意尊を将とする部隊が到着します。
松平頼徳らが、当然味方の援軍がきたと思って喜んでいると、いつの間にか水戸城から出てきた市川らがそこに合流し、那珂湊を包囲したのです。

「そんなバカな!」
元治元(1864)年10月5日、松平頼徳は、「かくなるうえは、ワシが幕府に真意を伝えてくる」と、ひとり田沼方の幕軍に交渉に赴きました。
しかし、まともに話されたら、あとがなくなる市川は、さっさと松平頼徳を逮捕し、水戸城に連れ帰ります。
松平頼徳は、かりにも宍戸藩の藩主です。大名です。
にもかかわらず、市川は松平頼徳を切腹させてしまいます。

大将を失った松平勢千人余りは、幕府に投降しました。
そして幕府軍の田沼意尊も、ようやく事態の真意を理解しました。
けれど、事情を勘違いして味方を敵に、敵を味方にし、さらに大名を切腹にまで追い込んだとあれば、田沼意尊は責任を免れません。

田沼は身の安全のために、強硬手段に打って出ました。
投降した頼徳の手勢すべてを全員捕縛し、佐倉藩や古河藩などに預けた後、数ヶ月後に全員、切腹を命じたり、断首したりして全員を殺害してしまったのです。

せっかく松平頼徳軍と合流できたと思って喜んでいた天狗党は、松平頼徳逮捕の報に接し、一時的に大混乱に陥ったのですが、現実に活動してきて、武装を解くことの恐ろしさを知っている天狗党は、松平頼徳軍に同行していた水戸藩尊攘派の重鎮、武田耕雲斎らを連れて、那珂港を脱出し、水戸藩領北部の大子村(茨城県大子町)に落ちました。
このとき、天狗党、約千人です。

そして大子村で、あらためて天狗党の総裁として、水戸藩尊攘派の重鎮・武田耕雲斎を仰ぎました。
この武田耕雲斎こそ、元銚子市長で日本体操を28年ぶりにオリンピックの金メダルに輝かせた、つくる会の元副会長、岡野俊昭先生の曾祖父です。

天狗党の総裁に就任した武田耕雲斎は「最期の一戦を仕掛け、討ち死にしよう」と主張しました。
しかし天狗党の開始からすべてを見てきている藤田小四郎は、これに反対し、「かくなるうえは、京都に上り一橋慶喜殿を通じて朝廷へ尊皇攘夷の志を訴えよう」と生き残る道を提案します。

また、ここでの軍議で武田耕雲斎は、「天狗党は、以前、町に放火するなどして民衆の反感を買ったことを反省し、以後一切の略奪・殺戮を堅く禁じる」と軍規を定めています。

そして天狗党の一行は、11月1日、茨城から京都に向かって出発しました。
ルートは、下野、上野、信濃、美濃、中山道を約二ヶ月の行軍です。
このときの道中の天狗党は、実に堂々とし、軍律もきちんと守られ、宿代等の支払いもきちんとしたため、街道筋の民衆から、たいへんな好意をもって迎え入れられています。

しかし幕府からみれば、彼らは逆臣でした。
「中仙道・東海道・北国筋にある諸藩は速やかに天狗党を討伐し、全員捕らえよ!」
幕命に従い、元治元(1864)年11月16日には、上州下仁田で、まず高崎藩が天狗党を追撃しました。

激闘の末、高崎藩は、死者36名を出して敗走します(下仁田戦争)。
このときの天狗党側死者は、わずか4名です。
いかに武田耕雲斎の軍略が優秀であったかがわかります。

徳川270年の太平です。
多くの武士たちは、戦いからは縁遠い生活をしています。
それでも、優秀な軍略家を迎えることで、集団は虎の威力を発揮できるのです。

11月20日には信州諏訪湖近くの和田峠で、高島藩・松本藩連合軍と、昼から夕暮れ時まで交戦しました。
天狗党、連合軍とも15名前後の死者を出しました。
けれど、ここでも、天狗党が勝利しています(和田嶺合戦)。

あまりの天狗党の強さに、他の諸藩は、天狗党の通行を、こっそりと見逃します。
天狗党が間道や裏道を通ってくれさえすれば、藩の面目も立ち、戦闘による被害もなくて済むのです。
むしろ軍用金を献納して天狗党を通してくれた藩すらありました。

天狗党一行は中山道を進み、美濃鵜沼宿付近まで到達します。
しかしそこには、彦根藩、大垣藩、桑名藩、尾張藩、犬山藩の大軍が陣を敷き、天狗党を待ち受けていたのです。

これは手ごわいです。これら諸藩は戦国以来の強兵を持って鳴る藩です。しかも大軍です。
さしもの天狗党も、これら強藩兵を相手に戦いを挑むのは困難と判断し、中山道を迂回して、北陸道から京を目指そうとします。

しかし時は最早12月、寒気は厳しく、積雪の峠を越えるのは至難を極めます。
なかでも北国街道にある大野藩は、天狗党に宿舎や食糧を与えないように民家を全て焼き払い、一種の兵糧攻めのような戦術をとってきました。
天狗党は雪の中で露営せざるを得なくなり、苦しい行軍を余儀なくします。

このとき62歳になっていた天狗党総大将・武田耕雲斎は、次の歌を詠んで、冬将軍に苦しめられている心情を吐露しています。

 雨あられ 
 矢玉のなかは いとはねど
 進みかねたる 駒が嶺の雪

八甲田山のような、死の雪中行軍によって、疲労困ぱいしながら、天狗党は12月11日、ようやく越前新保村まで到達しました。
そこには、加賀藩の軍勢が天狗党を待ちうけていたのです。

武田耕雲斎は、天狗党上洛趣旨を加賀藩軍に伝え、進路を開けてくれるよう申し出ました。
ところが、加賀藩からは意外な返事をもらいます。

「我々は、一橋公の命令によって陣を張っている。無理に通るというのならば、一戦もやむなし」

天狗党の上京は、そもそも一橋慶喜公を奉じて朝廷へ尊皇攘夷の志を訴えることが目的です。
すべての鍵は、一橋慶喜なのです。
その一橋慶喜公が、自分たちへの討伐隊を編成した?!

兵たちは、雪中行軍で疲労困憊しています。
武田耕雲斎は、ここで進退窮まったことを知ります。
そして加賀藩に降伏し、武装解除に応じました。
武田耕雲斎は、このとき最後の願いとして、加賀藩の軍監・永原甚七郎に一橋慶喜公へ天狗党一同の陳情書を渡してくれるように頼みました。

抵抗せず、嘆願をしようとする天狗党に、心を打たれた永原ら加賀藩側は、彼らの勤皇の志を知り、同情し、これを承知します。

逮捕された天狗党833名は、三つの寺に預けられました。
加賀藩は、命を落して武士道を貫こうとした彼らの姿勢を高く評価し、彼らを丁重に扱いました。

しかし年が明け、天狗党討伐から処分まで幕府から一任された若年寄の田沼意尊率いる幕府軍が敦賀に到着すると、その情況は一変したのです。

彼等を武士としてではなく、天狗党を罪人として扱い、捕縛したのみならず、蝦夷から運ばれてくる肥料用のにしんなどの魚を入れておく蔵に彼らを閉じ込め、厳しく取り調べを行ないました。

そして、罪状を決定すると、斬首350名、遠島137名、追放187名という厳しい処分をなし、さらに津軽海岸で斬首した武田耕雲斎・田丸稲之衛門・藤田小四郎・山国兵部(天狗党の軍師)ら四名の首を、塩漬けにして故郷の水戸に送り、さらし首にしたのです。


天狗党の物語は以上です。
藤田小四郎の辞世の句があります。

 かねてより
 おもひそめにし 真心を
 けふ大君に つげてうれしき

日本を護る。その真心からの行動を、今日わたしは死んで、亡くなられた主君の前藩主・徳川斉昭に報告にまいることをうれしく思います。

もうひとつあります。

 さく梅は 
 風にはかなく ちるとても
 にほひは 君が 袖にうつして

自分の命は果てるとも、その志はきっと誰かが受け継いでくれるに違いない。
私心を捨てた藤田小四郎の、死の直前の心情です。

武田耕雲斎の辞世です。

 討つもはた
 討たれるもはた 哀れなり
 同じ日本の乱れとおもえば

水戸藩は、藩内の尊王攘夷派と穏健派との諍(いさか)いによって、藩論が二分し、互いに殺し合うという状況を招きました。

そして腕が立ち、頭も切れる優秀な人材が、天狗党の乱によって、ことごとく死んでしまいました。
このため、明治維新の先駆けとなった水戸藩からは、明治政府の高官は、ほとんど出していません。
国が疲弊してしまったのかもしれません。

天狗党の乱は、黒船来航によって、幕府が売国政権となったことに対する純粋な憂国の想いを社会にぶつけた兵乱でした。
昨今では、明治維新は、坂本竜馬の薩長同盟が原点のような印象操作がまかりとおっているけれど、実際には、こうした水戸藩士の純粋な愛国の情と決起が、まず先駆けとしてあったのです。

それともうひとつ、天狗党の乱から学べることとして、これは実は、
「天誅組に学ぶ、尊王攘華、尊王攘韓」http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-817.htmlの記事のテーマのひとつでもあったのですが、

「陛下は、いつの場合でも決して無秩序な暴行を望んでいない」ということです。
天誅組も、天狗党も、まさしく日本人の誇りであると思っています。
日本男児たるもの、先駆けとして死を賭して戦うという姿勢は常に持っていたいと思うからです。

なるほど、暴行行為もありました。
けれどこの頃孝明天皇は、幕府に対して再三尊王攘夷を勧奨しているのだけれど、攘夷のために無秩序な暴行行為が起こると、その都度、尊王攘夷を引っ込めておいでになられます。

陛下の大御心は、常に日本という大家族の安寧を願い、「正しい」からと無秩序な暴力は決して許されなかった。
どこかの国のような、愛国無罪は日本にはないのです。

陛下は「武力」を否定しているわけではありません。
しかし無秩序な「暴力」と、秩序だった「武力行使」とは、まるで違います。
そのことを私たちはあらためて、歴史から学ばなければならないのだと思います。

尊王攘夷の先駆けとなった水戸藩は、藩論が真二つに別れ、守旧派が、尊攘派を粛清しようとしました。
これは無秩序な暴力です。

そのために危機感を募らせた尊攘派は、藩の庇護を得ずに戦わざるを得なくなり、兵糧や金子を自分たちだけで工面せざるを得なくなった。その結果、民家が襲われました。
この時点で、天狗党は「暴力集団」となりました。

成田闘争や、東大安田講堂事件、あさま山荘事件等で、闘争を行った左翼の人たちには、それなりに主張もあったろうし、正義や、正義を証明するための理論もあったかもしれません。
しかしそれらは、ただの暴力闘争になった時点で、終わっています。

いま日本は、反日主義者によって乗っ取られるという危機に瀕しています。
わたしたちはそういう蛮行から日本を、家族を護るために、立ちあがり、戦わなくてはなりません。
もちろん街宣もある。もちろん集会もある。もちろんネット拡散もある。もちろんメディアを駆使した戦いもあることでしょう。
はらわたが煮えくりかえるような思もあります。
けれど、日本を護ろうとする者は、どこまでも「無秩序な暴力集団」となってはいけない。

保守系の街宣デモは、どこぞの国や左翼系のものとちがい、やはりキチンと秩序だった行動をしています。
これは誰かから言われたということでなく、自然とそのようになっている。
なぜなら、それが歴史に学んだ日本人の姿だからです。
どこかの国の反日デモとは、格が違うのです。

天狗党の乱に見られるように、世の中が変わろうとするときは、まさに「討つもはた 討たれるもはた 哀れなり
 同じ日本の乱れとおもえば」の混乱が起こります。
邪が正義となり、正義が邪となり、それが二転三転を繰り返します。
初期の活動家たちは、悪党呼ばわりされ、名誉を削がれ、世を追われるかもしれません。

けれど、そうした積み重ねが時代を変える。時代を築く。そう思います。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

侍ニッポン(徳山 )


日本の心を伝える会では、いま会員の募集をしています。
登録無料!! ご入会は、
①ハンドルネーム
②お住まいの都道府県
③メールアドレス

の3つを書いて、assist@nippon-kokoro.com にメールするだけ。
ご入会受付後、メーリングリストへの招待メールをお送りいたします。
この機会に、あなたも是非、どうぞ^^♪
日本の心をつたえる会ロゴ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

Phyxius

No title
ねずさんブログの記事を殆ど読んだと思っていましたが、今日始めてこの記事を読みました。

それでもワイは、怨を絶ちたいと想います。

怨は絶たねば新たな怨を生みます。

どこで、なにで、どうやって、怨を絶つかは、その源を知らねばならないのだろうと思います。

ワイはそれを知っていると思います。たぶんです。絶対そうだとは言いませんが、知っているから、たぶん、それで絶てると想えるのだと感じます。

ワイだけでなく、全てのモノはそれで良い方向へ向かえるだろうと感じます。利権、保身、名誉、そういったものに執着せねば、ありとあらゆる全ての調和は成せると思います。

どうか皆様にも、そういう事を知ってほしく思います。出来れば理解して欲しいと想います。今はそう想います。

白梅

No title
天狗党に関する様々な一方的中傷、非難、捏造文献にご注意ください。いわゆる「歴史小説」の類は殆どそれらに基づいています。例えば栃木陣屋の火事は、天狗党の放火と云われていますが、正しくは、天狗党側は交渉に行ったにも関わらず、最初に陣屋側が発砲したのが発端です。やむを得ず天狗党は応戦、結果、火事になりました。また、天狗党は軍規を非常に厳しく定めていました。
私は天狗党への中傷や批判と、大東亜戦争での軍への批判が重なって見えます。ありもしない蛮行を、よくもこうまで捏造出来るものだと思います。それが学者の実績になるのです。
幕末歴史で最も重要なのが水戸であり、天狗党です。1400名は水戸だけでなく全国から集まりました。
水戸は徳川御三家でありながら、尊皇に先駆けました。滅びは宿命です。日本の歴史は、滅びる者達が居て、受け継がれてきました。
松陰、西郷は、水戸の精神を受け継ぎました。
しかし薩長政府には受け継がれませんでした。明治に水戸の精神を受け継いだのは、明治天皇です。
ゆえに明治は偉大でした。

やす

素晴らしい愛国者たち
自分は水戸在住なのに天狗党を良く知らず調べたらこのblogに行き着きました。そして彼らの勇気と憂国の想いにひたすら感動しました。これから天狗党のことを勉強したいと思います。素晴らしい記事に感謝します。

真美

夏休みの宿題
ねずきち様、私の住んでいる街には天狗塚があります
落人が通過したとき殺されたそうで、哀れになった村人が塚を作ったそうです
小学校で天狗党の乱について調べなくてはならず、参考にさせて下さい
よろしくお願いいたします

愛信

【参院選 「2人目」擁立 小沢氏と地方組織が対立】
今日の内閣支持率はこちらをカッチとね
http://www.jra.net/ank/online/naikaku.php

【参院選 「2人目」擁立 小沢氏と地方組織が対立】
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100328/stt1003281959004-n1.htm

もっとも、「政治とカネ」問題などによる影響で、地方には現職の落
選や共倒れを懸念する声が強く、小沢氏の方針がすんなり受け入れら
れる情勢ではない。


【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi
【政治・経済タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

影丸

No title
これを読むまで全く知りませんでした。ありがとうございます。そして読んでいて不謹慎ながら今の時勢と重ね合わせてしまいました。
幕府=民主党 大老井伊直弼=小沢一郎
天狗党=在特会 日米修好通商条約=外国人参政権
尊皇攘夷派=地方自民党議員 穏健派=公明社民共産
一橋慶喜=谷垣総裁
しかし、確実に言えるのはあの時代より今の時代のほうが危機です。日本人の土台が戦後社会の空気で失われている所が当時と違うところ致命的です。
しかしそれは、ネットによる認識共有をすさまじいスピードで広げていくことでカバーできるかもしれません。
というか、やるやらないという選択肢はなくてやるしか
ないんですがw自分もがんばりたいです。

名無しさん

No title
成人式に特攻隊の遺書を拝読する、杉並区長・山田宏氏
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10175571
平成22年2月2日に日比谷公会堂で行われた「頑張れ日本!全国行動委員会 結成大会」より、杉並区長・山田宏氏のスピーチ。

杜若

No title
江戸末期、武士には帯刀が許され、身分が低くても武士同士ならばある程度対等といってもいい時代。

しかるに、今の時代に我々には抵抗する術が限られている。
しかし何とかしなければ、この日本が内部から腐敗し溶けていく。
力ずくでなんとかしようとしてもどうにもならなし、また社会の理解も得にくい。私たちの、合法的な武器は今のところこのネットの力しか無いのではと思えます。

色々なブログを覗けば、皆さんの色々な努力が見て取れます。この日本を本来の姿に戻したい。
そんな思いが伝わってきます。

中韓の考えることは民族の劣等感を逃れるためか、あるいは自分たちの腐りきった歴史を正当化するためか、巧妙に自分たちの姿を隠しながら、日本人の覚醒の邪魔をする。

私たちは、彼らの化けの皮をはぎ彼らの醜い姿を白日のもとに曝さねばなりません。
少しでも多くの日本人に本来の日本人に帰ることを伝えねばなりません。
ねずきちさん、頑張りましょう。

菱海孫

近代日本を貫く葛藤
天狗党や天誅組が明治維新の先駆けであったという認識は重要だと思います。草莽の人々の抱いた尊王攘夷や王政復古という理想は、事実として明治維新の原動力でしたが、実際に明治という時代を迎えてみると、そこにあったのは王政復古ではなく文明開化でした。島崎藤村の『夜明け前』は、この葛藤を主題としています。

また、坂本龍馬の薩長同盟などが表の歴史となり、天狗党や天誅組が裏の歴史となるということは、言換えれば、情勢論が表の歴史となり、思想論が裏の歴史となるということです。これは情勢という外発的な事情を、思想という内発的な要因に対して常に優位に置こうとする考え方を表しています。夏目漱石の『現代日本の開化』は、この事態を主題としています。

こうした文明開化と王政復古の関係を源流とする、情勢論と思想論の対立は近代日本を貫く葛藤です。文学界の自然主義と浪漫主義の対立、建築界の構造論と芸術論の対立、陸軍の統制派と皇道派の対立、これら対立の遠因はそこにあると私は思います。あるいは三島由紀夫の割腹と、これを冷ややかに眺めた人々の対立もそうであるかも知れません。

私は国を愛する方々には、まずもって善し悪しの問題というよりも以前に、日本近代に一貫してそうした事態のあることを、よく認識し、考えて頂きたいと思います。そうしたことが、日本近代を考え、ひいては私たち自身を考えることに、何かしらの一石を投ずるのではないかと思います。

コイワイ

ありがとうございます。
ねずきち様 私、茨城に住みながら天狗党の詳細については学んできませんでした。本日のブログで初めて全容を理解しました。
時代の先駆けとなった水戸藩から明治期に誰も活躍した官僚が出なかったことが不思議でしたが、有能な人材はことごとく亡くなってしまったのですね。
何とも忌まわしいことです。致知出版社の社長兼編集長藤尾秀昭氏が講演で「どんな組織でもナンバー1とナンバー2が仲良く力を合わせてゆかなければ弱体化する」と仰っていました。日産自動車しかり、日本航空しかり、そして今の日本、二大政党制は国力を奪う制度そのものかもしれません。
水戸藩は時代に取り残されましたが、水戸学によって日本国民は天皇を中心とした中央集権国家を作ることが出来たことは唯一、茨城の誇りです。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク