異常かつ悪質な家賃取立規制法



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

「政権交代」こそ最高の景気対策であると言いきっていた民主党が政権をとってから八カ月が経過しました。

その間、彼ら民主党鳩山政権が打ち出してきたことは、

「事業仕訳」と称するパフォーマンスと日本教育の破壊、
日本を直接的に外国に売り渡そうとする「外国人参政権付与法案」、
夫婦二人で力を合わせて育む家族を崩壊させようとする「夫婦別姓制度法案」、
代々の先祖から子々孫々へとつながる日本人の誇りを抹消しようとする「戸籍制度廃止法案」、
日本の良心を守ろうとする勢力を日本社会から一掃しようとする「偽装人権擁護関連法案」、
ただでさえ日本人の就職がない中で、外国人に就職をさせようという「1000万人移民推進法案」、
日本に住みさえすれば日本国籍を与えるという「二重・三重国籍(重国籍)法案」、
世界中の子供たちに手当を支給しようという財源不明の「子ども手当支給」等々、

まさに彼らのやってきているのは、景気対策どころか日本を崩壊させ、日本人をいっきに世界の貧困国家に陥れようとする売国政策のオンパレードといえます。

そしてその民主党が今回通過させた法案が、異常かつきわめて悪質な、「家賃取り立て規制法案」です。

この法案の正式名称は、

「賃借人の居住の安定を確保するための家賃債務保証業の業務の適正化及び家賃等の取立て行為の規制等に関する法律」

という非常に長い名前の法律です。

法案の全文は、↓にあります。
http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g17405036.htm

なにが問題なのかといえば、そもそも家賃をきちんと払わなければならない、というあたりまえのことを「故意」にしない悪質な賃借人を積極的に保護しようとしている法案だということです。

どういうことかというと「家賃を払わない者」を積極的に国が保護しようという法なのです。
そして家賃を払ってもらえなかった側、すなわち家主の側を「取締る」というのです。
そもそも発想の根幹からして間違っています。

取締を受けるのは、賃貸住宅の家主、不動産管理業者、家賃保証会社など、家賃の徴収をする人や業者です。

そして第61条には、
「面会・文書送付・張り紙・電話等の手法を問わず、人を威迫する行為を禁止する」とあり、

第73条で「第61条に違反した家主、管理会社は二年以下の懲役、もしくは300万円以下の罰金に処する」としている。

さらに家賃保証会社に対しては、新たに国土交通相への登録を義務づけ、無登録営業をすれば5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金、あるいは両方を併科する。
国土交通大臣は、業務改善命令や業務停止命令も出せる。

たしかに事情あって家賃を払えなくなった者も世の中には多いわけですから、あまり過度な取立行為は規制するというのは、それなりに筋が通る話です。

しかし問題は、この法律に、れいによって「国籍条項」が入っていないということです。

つまり「1000万人移民推進法案」でChineseやKoreanが大挙して押し寄せ、彼らの「人権を擁護」し、彼らに「参政権」を与える。

そして彼らが本国に100人の子供がいると主張すれば、月額2万6千円の100人分、すなわち260万円を毎月支給し、

彼らが、もらうものをもらいながら、1円たりとも家賃を払わなかったとしても、日本人が彼らを追い出すことは許されない。

それは「人権擁護法」に反するだけでなく、「家賃取立規制」にもひっかかり、日本人には罰金もしくは懲役を課す、というのです。

筆者も、所有する賃貸物件を朝鮮人に貸したことがあります。
ひどい目に遭った。

とりあえず家賃の支払いは月に一度はあったけれど、支払日は、好きな日(笑)。
よそと同じように、毎月月末までに翌月の家賃をお支払いいただく約条だが、末までに入金があったのは、最初のほんの何カ月かで、あとは、翌月の1日から20日頃までの任意の日に、ようやく入金があった。

やっと出てっていただくことが決まると、もう最後の方の家賃は払わない。
しかも、敷金は全額返せ!という。
そりゃーないよ、と抗議したら、逆切れして、胸ぐらつかんで「やるのか、オラァ!」(笑)
うちのカミさんが警察を呼んで、ようやくその場はおさまったけれど、結局、裁判をして半額返金で和解した。

あるマンションでは、Chineseがエレベーターで大便をするので困っているとか。
部屋のトイレでウンコをすると水道代がかかるからなのだそうで、だから「個室」のエレベーターでするのだとか。

2005年に法務省が発表した日本の刑務所における犯罪者の収監率は、Chinese犯罪者の収監率は、人口比で日本人の14倍です。

日本人  1万人当たり  5人
Korean 1万人当たり 34人
Chinese 1万人当たり 76人

これも、短期滞在で本国に逃げ帰られるおかげで、ChineseやKoreanの犯罪の場合、迷宮入りになるケースが非常に多い、という中で、上の数字です。

これを「ヒット・アンド・アウェイ」というのだそうです。大きな犯罪を犯すときは、さっとやって、すぐに日本を脱出する。

基本的に、約束事は守る、人に迷惑はかけないという本来の日本人的・・・というかあたありまえのことだけれど・・・文化の中にあって、事情があって家賃を滞納することになった人を、法的に保護するということは、これはあっても構わないと思います。

しかし、ハナから約束など守らない、自分さえよければ人に迷惑をかけることをなんとも思わないという、日本文化とは対極にある人たちを、なぜあえて積極的に日本に招き入れ、彼らの人権を擁護し、経済的恩恵を与え、家賃を払わなくても構わないかのような法律を、いま、作らなければならないのか。

昨年の民主党ブームに乗って、民主党に投票した人も多いかと思うけれど、ここまできたら、もう目を覚ますべきです。

国家感のない政党に、政権担当能力はナイ!

売国政党は日本から出て行け!

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング


<参考:朝鮮進駐軍の非道を忘れるな>
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-748.html

西村眞悟 新党結成と日本


日本の心を伝える会では、いま会員の募集をしています。
登録無料!! ご入会は、
①ハンドルネーム
②お住まいの都道府県
③メールアドレス

の3つを書いて、assist@nippon-kokoro.com にメールするだけ。
ご入会受付後、メーリングリストへの招待メールをお送りいたします。
この機会に、あなたも是非、どうぞ^^♪
日本の心をつたえる会ロゴ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ジャギ様

No title
 なりわいとしての部屋貸業は、不労所得と勘違いされている人も多いと思いますが実態は、土地を耕し、種まき、草むしり、害虫駆除をして果実を得る「農林業」に近いものです。
 私自身はそういう身分ではないのですが、仕事上ボンクラ息子に資産を食い潰されている人からの相談では傍目より苦労の多い業態のようです。
 地震のリスクのある国で長期投資で物件を建て、地域社会の核として各種イベントにも協賛する保守層の中核といってもいい人たちです。
 この階層は日本の真の中産階層でもあり、この業界を罰ゲームのような法律でイジメる民主党は何処の国の政党か問いただしたくなりますね。

bingo

No title
これは、明らかに移民を受け入れするための準備法案でしょう。

人口侵略の受け皿強化だと感じます。

愛信

「たちあがれ日本」結党 打倒民主で政界再編 平沼代表ら5議員
「たちあがれ日本」結党 打倒民主で政界再編 平沼代表ら5議員

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100410/stt1004101710008-n1.htm

「応援団長」として石原慎太郎東京都知事(77)も記者会見に
同席した。
 
綱領では、
(1)自主憲法制定
(2)信頼される行政の実現
(3)財源に裏打ちされた持続可能な社会保障制度と経済成長力強化

-などを掲げた。

【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi
【政治・経済タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

一有権者

馬鹿ン国の政党が!
隣国のハンナラ党という政党が対馬はウリ達の領土だと騒ぎ始めました。

観光客として対馬に入りこみむくげの花という隣国の国花の種をこっそり植え込んだりして証拠を捏造する為の工作等を行っていたのはネットにて日本国の危機を覚醒された方達はすでに御存知ですよね。?

なんとしても「たちあがれ日本」に頑張ってもらいたいし
応援しますよ。私は!

 

外国人参政権法案、間もなく成立か?
民主党が議員立法を解禁したようです。

硬直化した一元化はそのままで、議員立法だけを解禁という事で、党の分裂につながらない限りは、外参法案は成立するでしょう。

外国人の力を借りてまで票が欲しいのか、民主党?

対馬はどうなる、与那国はどうなる?

民主、議員立法を解禁
http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-2796.html

隆介

本質的な解決を
バリーーンさんへ

いやな世の中になったね。追い出し屋ですか、こんな輩までいるとは世の中おかしくなった。昔は大家と店子は顔が見えて信頼関係があったものだ。

まずあなたが言っているようにサラ金まがいの違法な取り立ては判例が出ているように公序良俗に反する違法行為なので厳しく取り締まるべきだろう。問題の本質はきつい取り立てが無くなったとしてどうなるの、と言うこと。家計が破綻していればいずれ退去になるのではないか。これには前にも言っているように別の法律での救済が必要だと思う。公共住宅の拡充や仕事の斡旋、最悪生活保護だ。寧ろこちらの方に力を入れるべきだ。

さて、家賃さえ払えない状況となると正直かなり深刻だと思う。こう言うときこそ救いの手を差し伸べるべきだ。家庭により事情は様々だろうが多額の借金があるなら酷なようだが整理するか破産するしかない。働き口が無いと言うなら求人が一切無いのかと問いたい。あれはいやだこれはいやだじゃ埒があかない。甘えは捨てるべきだ。本当に働きたくても働けない人のために生活保護がある。私はこれを不正に受給する輩を断じて許せない。

誰かが甘えれば誰かがそれを背負わなきゃならない。甘えたやつが増えれば真面目に働くやつが辛い思いをするんだ。その辺を理解してほしい。私も今までの人生は平坦ではなかった。歯を食いしばって頑張っている。頑張っても駄目なら家賃が高すぎるのだろう。風呂無しアパートからのやり直しを勧める。

逆の視点から大家がそんな業者を雇うには理由がある。それは次々に発生する家賃滞納に対応しきれないから費用を別途払ってでも業者に任せてしまえとなる。そしてこの法案が成立したら誰が大家の損失をカバーするのか。その損失は必ず市場に転嫁される。その穴埋めはまたしても税金ではないか。弱者救済は結構、本当の弱者を救済してもらいたい。

そしてこの法案には国籍条項はない。差別を理由に中国人の入居を断れず、不良化しても催促すら出来ない状態になり、また中国人の入居希望者がくる。いったい大家は正気でいられるのだろうか。

goen

どちらが貧しいか?
今般の賃借人保護は適切です。
 資産運用で不労所得を得ている人と、稼いでも稼いでも其れでも貧しい人は多いのです。貧しさは資産家の責任てでもあるのです、不況も不景気其れは経済活動の結果です。利益を不当に得て飽きたらず更に利益を上げようとする資産家は当然その利益を放出する責任があります。
 お金がお金を生む経済の行く先は破局です。
 貧しさは政治の貧困から生まれているのです、儲けた金は直ぐに使いなさい、そうすれば又戻ってきます。本当の貧しさは政治の政策を変えなければ解決しません。

-

今必要なのは政界再編ではなく「民主解体」である-6
・・・誇り高き保守新党の結党を否定するつもりは全くない。いや、心待ちしているというのが本音である。しかし、だがしかし、今はその時期ではない。それを喜ぶ時期ではない。民主解体による自民党の政権復帰、全てはその後の話である。こんな乱暴な政権運営を為された後の、「傷だらけの日本」を修復出来るのは、歴史と伝統があり、数々の実績を積み上げてきた自民党しかないのである。

一番簡単な話が外交である。ズタズタにされた日米関係を筆頭に、全世界から信用を失った日本外交を、元のレベルにまで戻すには、どれほどの時間と、どれほどの人材が必要であろうか。少なくとも、元総理クラスの方々が、世界中に説明して回るしか、その切っ掛けは掴めないものと思われる。外務省や民間人が、どれほどこの分野で活躍しようとも、元総理の肩書きには到底太刀打ち出来ない。・・・
http://jif.blog65.fc2.com/blog-entry-356.html

バリーーン

隆介さんへ
私は専門家ではないので、法律の知識はありません。また、隆介さんが指摘していることも理解できます。家賃が収入減の家主にとって家賃の滞納は痛い問題なのは事実です。

では、家賃を請求するためならどんな方法を使ってもいいのかというのが一番の問題じゃないですか。ルールを逸脱し、時に違法な追い出しに発展している現状は法的に規制しないと危険としかいえません。

例えば玄関の鍵を住人の知らない間に勝手に変えたり、勝手に家財道具を持ち出されてしまうなど…。違法な追い出しが社会問題化しているのは事実。こんなサイトまでできているのは被害が深刻だからです。
http://www.ichounokai.jp/query110/query110.html

あと、隆介さんはいろいろと書かれてますが、あなたは将来に渡って公共料金や家賃などを滞納しない保証がありますか?もしそういう事態になったとき、執拗な取り立てや追い出しに耐えられますか?それぐらいのことは考えておくべきでしょう。

?

No title
民主党がまた外人=中国朝鮮系、に有利になるようなトンデモナイ法案を作ろうとしているのですか、、、

民主に投票した人たちが、これで少しはおかしいと気がついてくれると良いのですが。


こんな訳の分からない法案よりも、在日に今も土地を奪われたままの日本人の保護の方が先ですよ。

日本人を守る。これが日本の政治家の仕事なんですけど、、、

愛信

「過去現在未来塾」発足記念講演会実況中継
「過去現在未来塾」発足記念講演会実況中継

超緊急拡散をお願いいたします。国内外の日本を憂う皆様方に緊急
に告知させて頂きます。
Ustream生中継の視聴はこちらからご覧下さい。

http://bit.ly/bpoKfz

緊急拡散《「過去現在未来塾」発足記念講演会》
(日比谷公園野外音楽堂:平成22年4月10日午後2時~6時まで!)

【動画ニュース掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュースタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

ゴネ得国家「日本」(泣)

>裁判をして半額返金で和解した

どう考えても「部屋を借りてた人」の
方に全面的に非がある様に感じますが・・・裁判して和解?半額返金?信じられません。

現状でこれだと今度この「家賃取り立て規制法案」が
施行されたら部屋を提供してる人達は
更に泣き寝入りする羽目になりそうですね・・・

隆介

No title
バリーーンさんへ
現在の借家人の権利は借地借家法で十分守られています。一方的に追い出されるやら、差し押さえされるなんてことは聞いたことがありません。きちんと裁判をへて執行されるものです。大家の立場からすれば本来であれば毎月きちんと期日に家賃を払ってもらって借家人と良好な関係を保ちたいと思っていますが何ヶ月にも及ぶ家賃滞納などで裁判まで縺れたケースでは裁判費用や弁護士費用などの経費の他、払えないと居直られたらほとんど取れずに和解になる大損害のケースが多いのです。このような現状にたった上で

>第61条には、
「面会・文書送付・張り紙・電話等の手法を問わず、人を威迫する行為を禁止する」とあり、

これをどう解釈するのか、威迫する行為だと誰が判断するのかここに大いなる危険性を感じざるを得ない。威迫と感じるのは借家人であり、その借家人の主観で成立してしまうのは恐ろしい事だと思いませんか。

そもそも何ヶ月、半年以上も家賃を滞納している状態はすでに家計が破綻しているか、家賃など払わなくても大丈夫とする邪まな考えが根底にあるかのどちらかでしかない。
本当に生活に困っている者であれば別の法律での救済が必要だろう。遊びや浪費で払えるはずの家賃を長期滞納しているものは自業自得と言わざるを得ない。大家の
側も全てが裕福とは限らず、将来の年金がわりと借入金でアパート等を運営しいる人も多い。少子化で空室が多くなる中、不良賃借人に対して退去相当になるほど期間をおかなければ家賃の催告ができなくなると破綻する大家もでてくるのではないか。

今の日本の風潮は弱者救済というまやかしの元で怠け者を甘やかせている。いや、それも偽装で本来の目的は特定外国人への優遇策にしか思えないのだがいかが。

ジュジュン

外国人ヘルパー
決して“安く”ない外国人ヘルパー

インドネシア人看護師を受け入れた病院の反応と、山積する問題 08/9/17(日本介護新聞)
上記の記事でも紹介したが、インドネシア人を受け入れたところ、来日時のコストや3年分の賃金などを含めて1人あたり1000万円前後かかるという。たしかに月給20万円として3年間で720万円必要。
http://plaza.rakuten.co.jp/keijishiomi/diary/200812070002/

-

経世済民
ブログの読者の方から『日本書紀』において次のような宣化天皇の詔(みことのり)の文言があると教えて頂きました:
詔曰。食者天下之本也。黄金万貫不可療飢。白玉千箱、何能救冷。
『日本書紀 巻第十八 《宣化天皇元年五月辛丑朔》』
 詔(みことのり)に曰く。食は天下のもとである。黄金が万貫あったところで、飢えをいやすことはできない。白玉が千箱あったところで、身体のこごえを救うこともできない。
 「宣化天皇元年」とは、調べましたところ西暦536年になるようです。「経済」とは「経世済民」、世を適切に治め、民を苦しみから救済するという意味ですから、宣化天皇はまさに経済の本質、根本をついた詔を1500年も前に発せられていたのであります。
http://mp-j.jp/modules/d3blog/details.php?bid=67

闇法案を片っ端から粉砕!

日本が「やり逃げ」「ごね得」の国になってしまう
>2010/04/10(土) 10:41 | URL | バリーーン

工作員乙

賃借人保護法案って何だ?
http://knnjapan.exblog.jp/10941560/

あん

No title
賃借人の保護は戦争直後住む場所を失った人たちを巣食う為行われてきたが、賃貸人の蒙った損害は計り知れない。今でもそういうトラブルは多いのにまたまた拍車をかける民主党。いい加減にして欲しい。

バリーーン

その法案の考え方、勘違いしていませんか?
最近、この手の話があちこちで出ていますが、この法案は違法な取り立てや追い出し行為を禁止するものであり、悪質な家賃滞納者を放置するものではありません。長期に渡る滞納の場合裁判所の許可の元で合法的に家賃の徴収や差し押えができますし、家主を守るための方法もあります。この法案が成立しても、悪質な家賃滞納者を守るものではありません。

この法案に反対している人たちは家賃を請求するためなら家主の判断だけで部屋の家財道具を勝手に撤去したり、執拗に電話や対面などで支払いを求める行為を認めているのでしょうか。一昔前のサラ金のような悪質な取り立て行為が蔓延してもいいという考えなのでしょうか。そんな事が罷り通るのであれば、日本はおしまいでしょう。

反対するのは勝手ですが、一つのサイトの情報に流されすぎです。

-

西田参議院議員からの「Showyou通信」です
【Showyou通信 VOL.87】-2010.4.9-
  ★伝えよう、美しい精神と自然。
  -日本の背骨を取り戻そう-

  平素は西田昌司の政治活動に対しまして、
  格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

  【出演番組の告知】
 4月17日(土)、25日(土)、5月1日(土)、8日(土)の4週連続
11:00~11:30「西部邁ゼミナール~戦後タブーをけっとばせ」
(TOKYO MXTV)に出演致します。

タイトル:
4月17日 「はやくも瓦解する民主党政権」
4月25日 「『沖縄』において露呈された民主党外交戦略の小児病ぶり」
5月01日 「社会保障の根拠は『弱者保護』か『社会安定』か」
5月08日 「保守は近代主義とどう対峙するのか」
※〔再放送〕翌日の日曜日 7:30~8:00
http://www.mxtv.co.jp/nishibe/index.html

(放送翌日以降に西田昌司のホームページにてご覧頂けます)

-

教育勅語
もともと教育勅語は維新以来の急激な欧米化の中で、道徳の紊乱(びんらん)が問題とされ、明治23年2月の地方長官会議における「徳育涵養(かんよう)の義につき建議」等を経て渙発(かんぱつ)されたものである。そしてその建議の文章は次のとおりである。

「我国には我国固有の倫理の教あり。故に我国徳育の主義を定めんと欲すれば、宜(よろし)く此固有の倫理に基(もとづ)き其教を立つべきのみ……冀(こいねがわ)くば今日猶(なお)狂瀾頽波の勢を挽回し以て我国固有の元気を維持することを得べし」
http://www.melma.com/backnumber_170937_4818000/

隆介

反日、売国は許せない
今回の家賃に関する法案にしてもほんのちょっと考えればその異常性に気付く。貸し手側が著しく不利になるのだ。何故こんな法案を恥じらいもなく出せるのか。どう考えても異常、どう考えても日本人にとってメリットがない。外国人地方参政権法案から次々と垂れ流される異常法案はある意図を達成するために作り出されている。静かに侵略する内なる破壊、日本解体だ。これらの行き着く先は何なのか。痴呆でなければ気付いているはず。

政治ブログの上位に位置する植草氏や永田町異聞氏に言いたい。何故これらを読者に伝えない。日本にとってこれほど変革を強制する法案を何故取り上げない。 鋭い視点を持っているだけに残念で仕方ない。日本の富を垂れ流す売国を指摘するならこれらの闇法案を指摘してみせよ。一方のみの指摘に終始し他は見ぬ振りでは工作員の片棒を担いでいると言われても仕方あるまい。

アメリカがロシアが中国が朝鮮がそれぞれの思惑で日本で工作している。当然だろう。こんなに仕事をしやすい国も無い。だからこそ憂国でペンを取ったならば偏った思想を置いて全方位で日本の危機を伝えるべきだ。


ねずきちさん本日の講演頑張ってください。応援しています。

ごね得
ごね得国家に成りつつありますが、民主党のやる事は全部「私的」な事ばかり、これじゃ国が維持できるわけがない。
家主さんも情報を開示してもらえないと家も貸せない危なくて仕方がない。

小沢総書記

鳩山由紀夫は嘘つき脱税王
左翼民主党の鳩山由紀夫、小沢一郎、景山景子ら及び社民党の福島瑞穂らは外国人に参政権を与えることを主張してきた人物である。
しかし日本のために、これらの売国議員を落選させることは容易でない。

通りすがり

No title
逆に、不動産関係者はこれで民主党離れが起きるのではないでしょうか?利用すべきだと思います。これは本当にキレると思いますよ。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク