過去現在未来塾発足記念講演会に参加して



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

中山成彬先生
20100410-03現在過去未来塾


4月10日の東京・日比谷公園野外音楽堂で開催された「過去現在未来塾、発足記念講演会」は、盛会のうちに終えることができました。

ネットを通じて、開催情報の拡散をしていただきましたみなさん。
当日会場にお集まりいただきましたみなさん。

ほんとうにありがとうございました。

当日の模様については、すでにいろいろなサイトで紹介がされていますので、ボクからは出演ならびに受付や警備など、裏方側からのご報告をしてみたいと思います。


会場では、はじめに全員起立して国歌斉唱を行いました。

斉唱のあと、前列にいた方が、突然「天皇陛下ばんざ~い!」と声をあげ、みんなが釣られる形で万歳をしました。

万歳自体は、素晴らしい子とだと思いますが、我々は「右翼」ではありません。

「過去現在未来塾」は、保守が日本国内におけるマイノリティ(少数派)となっているという現実の中で、多くの人々に国を思う気持ちを呼び覚まそうとする運動です。

保守にすでに目覚めている人だけでなく、そうでない一般の多くの方々に、素晴らしい日本という国を知っていただき、日本の心に覚醒していただく、というのが、塾の趣旨でもあります。

ですから、街宣右翼と間違われるような振舞は、すくなくともこの場では、講演会の主催者側の意図と、万歳三唱は、すこし違いがある、ということを申し添えておきます。


会場にご参集いただいた方の人数については、公会堂の担当者の見立てで、約2000名。
私たち日心会が、ご入場者にお渡ししたチラシが、約1100枚で、入口4カ所のうち、チラシ配布が2か所であったこと、および、配布担当者の感覚としても、チラシをお渡しできた方の人数が、おおむね5割くらいであったこと等から、やはり、ご来場者の人数は、2000名程度であったろうと思います。

今回の日比谷野外音楽堂は、来場告知期間がわずか3週間。しかも印刷物をいっさい使わず、インターネットだけでの告知でした。
主催の水間さんに至っては、お持ちになっているのは、携帯のみ。
それで拡散して、この人数の集合です。

これはすごいのひとことに尽きると思います。


講師には、残念なことに、たちあがれ日本の石原慎太郎東京都知事は、急用で来れなくなりましたが、与謝野馨先生、中川義男先生などがお越しになり、祝辞を述べてくださいました。

たまたま、ねずきちは先生方とご一緒に舞台の裏にいたのですが、そのとき、会場の奥の方から、なにやら痩せたおじさんが、一眼レフのカメラを抱えて、ひとり、ちょこちょことやって来られる姿が見えました。

平沼先生が、「あれ、与謝野君じゃないか?」とおっしゃるので、「あっ、ほんとだっ。迎えに行ってきます」と、ねずきちが舞台の裏から走って行って、与謝野先生を檀上にお迎えにあがりました。

急きょ、与謝野先生と中川義男先生にご登壇いただくことになりましたので、プログラムをすこし変更し、途中の休憩時間を取りやめにして、お二方にご講演をいただきました。

お二人とも素晴らしい講演でしたので、結果、良かったと思います。


ご来賓の中川恭子先生(参議院議員)は、「私はみなさんとご一緒がいい」とおっしゃって、ご自分の登壇のとき以外は、ずっと会場の客席にお座りになっておいででした。

なにかあってはいけないので、慌てて日心会のメンバーで、客席の恭子先生の周囲を囲んでガードさせていただきましたが、屋外の会場で、日中は暑く、夕方には冷え込んで寒くなった会場で、ご来場いただいた皆様と「常にともにありたい」という恭子先生のお姿には、とても感銘を受けた次第です。

中山恭子先生とは、講演会のあとの懇親会までご一緒させていただきましたが、つねにゆったりとにこやかにお話になるお姿に触れ、なにかそばにいる全員が、いつのまにか幸せな気分になってしまう。
たおやかで、それでいて芯が強い、まさに日本女性のお姿をそこに見た、ような気がしました。
もう、観音様というか、神様の域に達したお心をお持ちなのだと思いました。


大阪からお越しの八尾市議会議員の三宅博先生(西村眞悟先生のお友達)も、ご来賓の皆様と懇親のあと、会場客席でご来場のみなさんと一緒に、さかんに拍手を贈っておいででした。

思ったのですが、ご来賓の皆様、お集まりいただいた皆様、全員が、いわゆる「偉ぶる人」が誰一人いない。

みなさん、いつのまにか、仲間というか、古くからの友というか、ボクからみたら先輩、あるいは兄貴のような感じなのです。

いつだったか、議員会館で、辻元清美議員が、目の前を通り過ぎましたが、二人の男性秘書を従え、あごをあげ、胸をそらして、それでいてすこしネコゼで、あたりを睥睨するような姿で闊歩する姿を見たとき、ああ、この人はものすごい権威主義者なんだな、という感じを持ちました。

あの姿に、Chinaの国民服を着せたら、そのままChina共産党の女闘士になる。

ピースボートかなんかを主催し、平和主義を擬装しているけれど、中味は人を愛することを知らず、他者を批判し、非難し、自分以外のすべてに対して闘争を挑む、まるで狂犬のような姿。階級闘争主義者の恐ろしさを垣間見たような気がしました。

それに対して、日比谷に集った先生方、そしてお集まりいただいたみなさん、どのお顔も、どの人も、誰一人として権威主義的な階級闘争主義者特有の、狂犬病のようなオーラを出している人がいない。

みんなやさしさがあって、それでいて芯に強いものをもっている。

中味が空っぽで、他人の批判だけで生きている者と、自ら努力し他者から学びながら生きようとする者の違い、そんな、まるで人種の違いのようなものを、感じました。

やっぱり保守の人たちの方が、みなさん、すてきです。


講演会が終わった後の懇親会でも、中山成彬先生自ら、私たち一般人というかメンバーの席をまわって下さり、出席した全員、ひとりひとりと親しく懇談してくださいました。

先生のお姿をみていると、ほんとうにこの方は、日本人みんなを「家族」のように思っておいでなのだなあとの感を強くしました。


日本を守る、とかいうと、なにやらたいそうなことをしでかす、ような語感があるかもしれません。

しかしそこにいう日本というのは、わたしたちひとりひとりであり、わたしたちの家族であり、友人であり、私たちの住む地域であり、所属する団体や組織です。

そして大切なことは、わたしたちは、個人として忽然とこの世にあらわれ消えて行く存在ではなく、血のつながった祖先がいて、自分たちがいて、次の世代の子や孫がいる。

わたしたちひとりひとりが、先祖に恥じず、次の世代に迷惑をかけることのないよう、自らを律して生きること。そのことをもう一度思い起こそうよ、というのが、「現在過去未来塾」でもあります。


わたしたち、ひとりひとりが協力し合い、互いに学び合うことで、次の時代を素晴らしい日本にしていきたいものですね。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

~~~~~~~~~~~~

【過去現在未来塾概要】

■塾長: 中山成彬先生

■講師陣: 伊藤玲子(日教組問題など)、島袋伸子(お産問題など)、土屋たかゆき(民主党マニフェスト違反問題など)、戸井田とおる(靖国神社公式参拝問題など)、西川京子
(女性問題法案など)、牧原秀樹(二重・三重「重国籍」問題など)、水間政憲(歴史認識問題など)

■事務局: 中山成彬東京事務所
〒162-0845
東京都新宿区市谷本村町3-17
パシフィックレジデンス市ヶ谷904号室
*FAX03-3269-5873


■塾員に登録希望の皆様は、事務整理の都合上、往復「ハガキ」にてFAX番号かメール番号を明記の上お申し込み下さい。講演会の御案内等をFAXかメールにて送信します。

■尚: 塾員会費は無料です。

■今後、「過去現在未来塾」は、覚醒されているインターネットユーザーの皆様方にご協力をいただき、より多くの国民が参加しやすい企画を整え、国内外へ向けての「オンライン塾」とか「シンポジウム」などを展開し、一人でも多くの国民の賛同を得られるよう展開していきます。
尚、「過去現在未来塾」は、中山成彬塾長のもとに集結した同志と展開して行きますが、アメリカ大統領戦でも明らかになっておりますが、広く国を憂うる市民の皆様方からのご支援を浄財として、周知活動を国内外に展開してまいります。

★塾へのご支援は、
【みずほ銀行市ヶ谷支店 普通2098113 口座名:過去現在未来塾】

~~~~~~~~~~~

「過去現在未来塾」中山成彬塾長インタビュー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

りょうこ

No title
1人で行くには、私には勇気が必要です。
1人で参加されたなんて凄いです。
1人でも参加できる強い心が欲しいです。
名無し様、一般に参加された方々様とお話出来たら良かったですね。私もしたかったです。
中々お話が出来るきっかけがないですね・・・

-

No title
初めて集会に1人でですが、参加をさせて頂きました。
自分の予定では始まりから2時間位で上がろうかな、
と思っていたのですが結局最後まで話を聞いてしまい
ました。話が興味深かったです。また何かこういったことが
あれば参加してしてみたいな、という気持ちになって帰宅
しました。ありがとうございます。

りょうこ

いかがでしょうか~!
ねずきち様の掛け声に、主人ははまってしまいました。
いいね、ねずきちさんと。(ねずきちのひとりごとブログは教えていました。)
初めはどこかの先生だと思っていたみたいです。
議員で無いのがもったいないなぁと言っていました。
これからも応援しています。
中山成彬塾長など色んな先生方の生の声を聞きたかったと言っていました。
そして行って良かったと言っていました。ユウチュウブで聞くとのとはまた違うねと。
過去現在未来塾の発足記念日でした。
頑張れ頑張れ日本!頑張れ頑張れ自分!です。

はなはな

No title
こんにちわ
わたしも夕方1時間くらい参加させていただきました。
既に人がまばらでした。そのとき気がついたのは、一人で座っている人が多かったこと。

せっかく同じ志で集まったと思うのに、横の連携が無いのはもったいないと思いました。
せっかく長い時間をとっているのですから、隣に座っている人とコミュニケーションをとることができるきっかけづくりをして欲しかったです。 

-

私も行きたかったです。
こんにちは

>本来の日本人ではない国会議員の方々が70数名もいる民主党は間違いなく日本人用の「収容所」をつくりますね。

そんなに大勢いるのですか?不勉強ですみませんが、びっくりしました。

もやし

No title
ねずきちさんのブログは昨年来からずっと拝見しておりました。
今回の辻本清美の態度やシナ服の話ですが引きあいに出す必要があるのかな?と正直思います。
来賓でこられた先生方が素晴らしかった。それで良いのではないですか?政策や行動を非難するのであれば良いと思うのですよ。
ブログですから自由なんですが…

linz

No title
この集会に参加した者ですが、どうにも「集会というものを理解して居ないのではないか?」と感じました。

と言うのも、こういった政治的な集会というのはまず何よりも雰囲気作りが重要であって、長々と学者が恰も講義をする様にぐちゃぐちゃ喋ったり、又、何の政治的パフォーマンスも無しに集会を進めるべきでは無いのです。これでは人が離れて行き、決して再び戻って来ないでしょう。

詰まり二千人も集める政治的集会と言うのは政治学の講義会ではないと言うことです。理性に訴えるより、感情に訴えなければ、集会の目的である「政党若しくは団体の支持者を集める」という目的が達成されません。大衆は理解力乏しく、記憶力貧弱で、忘れやすいのですから。

山河

過去現在未来塾の新しいバナー
ねずきちさん どうも素晴らしい記事を書いていただきありがとうございます。

「過去現在未来塾」の新しいバナーを以下のように作りましたのでブログのサイドバーに貼って頂くと大変に有難いです。

http://i168.photobucket.com/albums/u187/suntrees/kakogenzaimirajyuku12.jpg

http://i168.photobucket.com/albums/u187/suntrees/kakogenzaimirajyuku13-1.jpg


ブログのサイドですと、下の小さいサイズが良いようです。

バナーのリンク先は、
内容の全てが網羅されている此方のページにお願いします。↓
http://blog.goo.ne.jp/mizumajyoukou/e/ce39f134075bce6e76958452a30f3b81



< a href="http://blog.goo.ne.jp/mizumajyoukou/e/ce39f134075bce6e76958452a30f3b81"><img src="http://i168.photobucket.com/albums/u187/suntrees/kakogenzaimirajyuku12.jpg"></a >

HTMLコードですと、大きいサイズのバナーでこんな感じになります。
最初(< a )と最後の( a >)に1スペースを開けてありますので、そこを詰めてください。

宜しくお願いします。

愛信

【中国海軍、日本近海に 沖縄本島・宮古島間】
【中国海軍、日本近海に 沖縄本島・宮古島間】

http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819481E3E1E2E0818DE3E1E2E6E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2
防衛省によると、海上自衛隊の護衛艦が10日午後8時ごろ、
中国のキロ級潜水艦2隻など10隻が沖縄本島の
西南西約140キロメートルの公海上を航行していることを確認した。
潜水艦は浮上していた。 

【前航空幕僚長の論文問題の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj10.cgi
【前航空幕僚長の論文問題タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

-

No title
ねずきちさんのブログで、
過去現在未来塾の発足式を知り、日比谷野外音楽堂に参りました。
国想う国士の方々の講演は真に圧巻で感動しました。

中川さんの奥様のお話に涙し、中山恭子先生に優しさと強さを、伊藤玲子先生に元気と逞しさを、西川京子先生に希望と勇気をいただきました。

日中は日差しが暑く、日が陰ると寒く、長時間居るには辛い場所でしたが、参加した甲斐がありました。
ねずきちさんのお話も印象的でした。
有り難うございました。

わさび漬け

文章で違いが…
あれま さん

あのね、不思議なものでプロの物書きではない我々は、文章に何かが出てしまうものなんですね~

ねずきちブログの常連の読者なら あれま さんは「我々と違うよね~」と思うかもしれません。

ま、だからどうと言うこともないので、これからも よろしくお願いしま~す。

スカーレット

お疲れ様でした
本当に素晴らしい講演会でした。
4時間40分、最後の質問者が終わるまで、長くは感じなかったです。
沢山の人々のスピーチは熱き思いが伝わってきました。

その中での、ねずきちさんのスピーチには、熱き思いがほとばしり出ていて、いつもの柔和な表情とは、違った、正に、国思う、男の顔になっていたと思います。
お疲れ様でした。

>ご来賓の中川恭子先生(参議院議員)は、「私はみなさんとご一緒がいい」とおっしゃって、ご自分の登壇のとき以外は、ずっと会場の客席にお座りになっておいででした。

一般席にお座りだったので、どうしてかな?と思ったのですが、
そういう事でしたか。
感動ですねぇ~。
ますます応援したい気持ちになりました。
まさに、たおやかで、芯が強く、日本の女性の鏡です。
先生のお側を、日心会のメンバーがしっかりとガードしていましたねぇ~。

-

桝添を…某幹事長室での会話
「在日に優しい」桝添要一を首相に

外国人参政権は絶対諦めない!
http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/entry/1547575

銀時

No title
ねずきち様今晩は。
コメントするのは久しぶりになると思います。
自分は仕事の都合上(東京はなかなか行けません・・・)どうしても行けずとても残念でした。
その代わりネット中継は14:00から終わりの18時頃(最後の一般の方の質問のあとの握手など)まで見ていました。
今回初めてねずきち様のお姿を見ました。
イメージしていたよりも威厳のある方だったのでビックリでした。
最初の突然の「天皇陛下ばんざ~い!」には自分も驚きました。
「天皇陛下ばんざ~い!」をされた方ももしするのであれば事前に主催者側と調整をしておいた方がよかったと思います。
ねずきち様も仰るようにこの国の異常さに、民主党のおかしさにめざめたばかりの一般の方も多くいるのでやはり突然の万歳は(マスコミや反日教育に植え付けられたイメージが抜け切れてない方は多いと思いますので)考慮するべき(せめて主催者側と調整すべき)だったと自分も思います。
ねずきち様や諸先生方の講演、とても素晴らしかったと思います。
田母神先生はとてもテレビで見たままのとても聞きやすい演説だったし、土屋都議の辛口の演説もパンチはきいていましたがよかったと思います。
ねずきち様の会場の皆さんに訴えかけるような演説もよかったと思います。
後は参加者をいかにして増やしていくかが課題かと思いますが、東京などは自分的には難しいですが地方を回るおり自分の地元で行われる時は可能な限り協力したいと思います。

ねずきち様や講演された諸先生方やスタッフの皆様今回本当にお疲れさまでした。

-

会員は2度押しができませんので。
廃校に1万人までボタンお願い
何度も失礼。すべての朝鮮学校を廃校にするべき---在日特権を許さない市民の会 - 投票・アンケート よろしく。会員は2度押しができませんので。

八目山人

最初に万歳を叫んだ人
藤田東湖と言うHNでブログを書いている人が、自分が万歳を叫んだと言っておられます。
http://momochan1225.blog31.fc2.com/blog-entry-53.html

-

やはり違和感が・・・
はじめまして
今回初めてこのような会に参加させていただきました。
話題に上っている方ですが、それよりも前に”捏造NHKは帰れ”と大声を出していた方ではないですか。
そして私も皇室を尊敬していますが、いきなりの”天皇陛下万歳”には引きました。
やはり何か意図を持って誘導しているような気がして私は加わりませんでした。
そのときだけ空気が変わったように感じられました。
以上初参加の感想です。

-

国民に対して居直るヤクザ閣僚達
谷垣総裁ら自民党議員が、「民主党を攻め切れていない」などという戯れ言を気安く信じる人達は、国会中継を恣意的にしか行わない問題や、捏造報道への苦情をNHKに言ってみるがいい。横柄、不誠実、昼寝の三本柱で、まともに答える気すらない人間に、果たして言葉の力のみで、何処まで対応出来るものか、直ちに実感出来るであろう。

有権者は、マスコミに誘導されて安易な自民党批判に興じるのではなく、自らもNHKなどマスコミを実験台にして、人格が破綻した「特殊な人達」に接し、その異様な応対を体験して、自民党議員と「同じ苛立ちを共有」するべきなのである。そうして初めて、「新しい攻めの道具」が発見される。攻め切れていないのは、独り自民党の問題ではない、我々国民全体の問題である。それを見出さねばならない。「新兵器の開発」が待たれるところである。
http://jif.blog65.fc2.com/blog-entry-358.html

-

日本列島に寄生し中枢を蚕食するガン細胞
チャイニーズの脅威は地球規模であり、世界中で嫌われているのに
http://www.melma.com/backnumber_45206_4819326/

河添恵子『中国人の世界乗っ取り計画』(産経新聞出版)

 あるとき、気がつけば周囲はみんな中国人。ゴミの仕分けはしない、階段で排便するのは水洗がもったいないから。自治会費を支払う理由がない。自分勝手、自分だけが良ければコミュニティがどうなろうと知ったこっちゃないさ。
 埼玉県川口市にある公団住宅はかくて中国人に乗っ取られつつある。
 池袋北口はその典型、いまやチャイナタウンが混在している。周辺の居酒屋の仲居はほぼ中国人、スナックも風俗も中国人専用がある。中国食材店、中国映画テレビのDVD屋、中国語新聞は無料配布。飛びかう言葉は北京語。

 ことほど左様な現象が日本だけではない。世界的規模で同時進行中である......

-

高天原の伝説
高天原の伝説は今から十万年ぐらい前、地球が一番熱かったころ、多分西蔵辺にいたのがすずしくなるとともに高地を北におりたころ、できたのではなかろうか。わたくしはそう思っている。
それで地神第一代の瓊瓊杵尊時代は、西蔵辺を下り始めてから黄河の上流地方にしばらく住み、南下してペルシャ湾に出るまで。
地神第二代彦火火出見尊時代は、インド洋沿いに東南にシンガポール辺へいくまで。
地神第三代鸕鶿草葺不合尊時代は、それから南方の島々を経めぐり、再びシンガポール辺から北上して南支沿岸をつたい、琉球列島を経て九州の南端に着くまでだとそう想像しているのである。
わたくしは、はにやすのうみ(大阪湾)は、何だかペルシャ湾の模型であるような気がしているのである。
(岡潔 『春の雲』)

十万年くらい前からこの民族中でのみ生死してきた人たち、といっても中核は個であるから、量であって数ではないのだが、二つの個の関係は「不一不二」であるから、十万年も志向するところを一つにして共に暮らしていると、情緒の基調の色どりは同じものになってしまっている。これを日本的情緒ということにする。これももちろん時と共に変わるのであるが一番変わりにくいと思う。またここが同じであればすぐわかるし、ここが違っていてもすぐわかる。ここについては中核以外の人たちは次第に同化されていくのである。
私は、日本的情緒の中から生まれてきて、その通りに行為し、またそこに帰っていくことを繰り返してきたのだと思っている。本来の日本人はみな本質的にはそう思っていると思う。
(岡潔 『一葉舟』)

あれま

まあ弁護したけりゃ
>わさび漬け様

 ああそうですか、作為的な人だったとして、それでもいいじゃないですか。万歳は万歳、その結果を、どう扱うかではありませんかね。少なくとも垣根は作りましたよね。
泰山は寸土を捨てず、大海は細流を拒まず、我を立ててるうちは天下は無理でしょう。
TOPねえ、60年以上前からみなさん日本捕虜収容所の奴隷じゃないんですか。だって社会的地位を得て金もうけしてるでしょ。大東亜戦争継戦論者がそういう皆さんにどれだけ陰湿な思想弾圧されてるかなんて気付かないでしょう。既にミソクソの平等状態で何を気取るんですか。結集するそばから分派行動、既成の権力は魅力的なんでしょうねえ。あはははは。

愛信

新党「たちあがれ日本」が会派届け提出
新党「たちあがれ日本」が会派届け提出
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819481E3E0E2E3818DE3E0E2E6E0E2E3E28297EAE2E2E2;at=ALL

衆参両院の新たな会派別勢力分野は次の通り。 
【衆院】民主・無所属クラブ310▽自民・改革クラブ116▽公明21▽共産9
▽社民・市民連合7▽みんな5▽国民新3▽たちあがれ日本3▽国益と国民の生活を守る会2▽無所属4  
【参院】民主・新緑風会・国民新・日本122▽自民・改革クラブ78▽公明21▽共産7▽社民・護憲連合5
▽たちあがれ日本2▽無所属6▽欠員1

衆参同時選挙の報道で参考にどうぞ。 保守勢力不在の選挙区が
多すぎ、我こそはと思う賢者に期待します。
【選挙区別国会議員一覧】
http://www.aixin.jp/yskgd.cgi

戸塚氏入党
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20100414-OHT1T00071.htm

【新党勝手連の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/ktr.cgi
【新党勝手連タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。


ps:
中山先生入党はまだか

わさび漬け

あれま は ア!レ!マ!
>自然に発生したものは心の発露<

そりゃそうです。

しかし、当日現場にいたねずきちさんがかの人物の挙動(受付から万歳発声、退場まで)を受付・警備を担当した日心会のメンバーに確認して判断したのが「新聞・テレビ局のカメラの前で大声で天皇陛下万歳を叫ぶ」ことで「過去現在未来塾」を極端な民族原理主義に印象づけようとの作為が見えた、という事なのでしょう。

ハハッ~ あなたはねずきちさんをまったくご存知ありませんね。

聞くところに寄ると、天長節では1番大きな声で「天皇陛下万歳」を発し、日頃のカラオケで国歌斉唱は定番だそうですよ。

「臭い」も何もご自分で直に嗅いでみなさいよ(笑)

そういうねずきちさんが「TPOを考えて!」と話しているのですよ。

戦術の事です。

反日左翼は軍歌を騒音とし、日の丸を掲げながらの粗暴な態度で 右翼=嫌悪すべき対象 という構図を見事に大衆に浸透させました。(戦後60年以上もかけています)

その成果は物凄く、いまの日本で、旗日に日の丸を掲げる民家がいったいどれだけありますか?

多くの日本人は共産主義や社会主義の嘘には直感的に気づいております。

しかし、ゆっくりとした洗脳には完全にやられたのです。

ほとんどのマスコミがその洗脳に手を貸しているのですからなんとも仕方もありません。

ただ事ここに至っては、覚醒した人が率先して行動を起こさなければなりません。
猶予はないのです。
【反民主党】で大同団結をしなくては日本が解体が現実となります。

7月の参議院選挙で売国民主党に過半数をとられたら、自衛隊のクーデター以外に政権交代は不可能になるでしょう。

「そんな馬鹿な!?」と思っている あ なた!!

いまの中国をよく見てください。反政府活動をすればどうなりますか? 北朝鮮はどうですか? 崩壊前の、あのアメリカと世界を二分したころの強いソビエト時代はどうでした?

共通項は、時の権利に刃向かえば「収容所」行きです。

例外はありません!!
反対意見に容赦しないのが共産・社会主義者です。

これは歴史の事実ですから、いかんともしがたいのです。

本来の日本人ではない国会議員の方々が70数名もいる民主党は間違いなく日本人用の「収容所」をつくりますね。

小沢一郎は、そういう事がしたくて「うずうずしている」ようにしか私には見えないのですよ。

共通一次世代

No title
ねずきちさん、ご報告ありがとうございます。そして日心会の皆様、お疲れ様でした。
実際に活動されている様子を伺い、心から敬意を表したい気持ちです。

>街宣右翼と間違われるような振舞は、すくなくともこの場では、講演会の主催者側の意図と、万歳三唱は、すこし違いがある、ということを申し添えておきます。

このお気持ちとても解ります。ごくごく普通の一般人は、やはり左翼的な思想のもとに長いこと染まっているのは事実です。私自身、拉致事件を知ることでやっと目が覚めたのです。それでも当初、西村眞悟議員がフジテレビの「とくダネ」という番組で、「日本は核兵器を持つべきだ」と発言されたのを聞き、驚きました。いわば「引いてしまった」というのが本当のところです。
今は田母神氏の「核をひとつだけ抑止のために持ち、そして絶対に使わない」という言葉に賛成ですが、当時はやはり「ちょっと怖いな」という気持ちであったことは確かです。現実を見据える目を持つにはもし目が覚めたとしても更に時間を要します。

とにかく多くの人に先ず目を覚まさせてもらわなければいけない。
そして、目を覚まさせるためには今が一番大事な時だと思います。

民主党が人間の「醜さ」の全てをさらけ出しているからです。

左翼の言葉は「机上の綺麗事」の上で成り立っているだけに、人の根本的な良心的思想を覆すことにもなるため、説得させるのが最初は難しいと思います。
「自由と平等」、「人権」という言葉は本当に悪用されやすい言葉だとつくづく思います。
でも現実を突きつければ全ての論理が破綻する。(そんな脆いものであるのにも関わらず、左翼思想は「学問」の中で生き延びています。)

いま、鳩山は見事に「全ての論理が破綻する」ようなことを率先してやってくれています。
「やってくれています」と肯定的に書きましたが、それは勿論、「目を覚まさせる要因」としての見地からです。しかしもう我慢の限界です。
普天間問題は沖縄県民、徳之島の方たちの事を考えただけでも「余りにも人の心を弄び、人間として許せない!!酷過ぎる!!」の一言です。

今現在の鳩山という日本の首相を人間として恥だと思わない人は少ないと思います。

中山恭子さんを信頼でいるのは何故か。
中川さんや麻生さんや安倍さんを応援したのは何故か。

国会での質疑を見て、「この人は頑張っている」という人を見つけた時の嬉しさはありません。自民党はそういう人が実際多い。
元ですが、与謝野さんも然り。

政策については、当然様々な政策の違いがあることは致し方ない。でも「日本を潰すわけには行かない」こういう思いがある議員ならいまは応援します。

とにかく民主党は絶対にダメなんです。

猫のひげ

妨害
一有権者様

>他ブログによれば、その誘導?をした人は程なく会場を去ったとか。

なるほど、そういうことがあったのですね。それは怪しいです。この手の集会に敵方の人間が混じるというのは、多いにあり得ます。街宣の目的も天皇や愛国心のイメージダウンが狙いですから。

いかにも味方風を装う「なりすまし」には気をつけたいです。
冷静なコメントに一有権者様の品格を感じました。

一有権者

No title
このようなさまざまな一般人の方が大勢集まる集会には
純粋な心を持って参加される方、何らかの意図をもって参加する方、反対勢力側が偵察と情報を集める目的で参加する等あるのでしょうね。

我々は右翼ではないと言うコメントについては左傾化した人から見れば欺瞞だと思う事でしょうし、自称右翼の方から見れば許せない言葉と取られるでしょう。

しかし世間一般の日本国民は右翼とか左翼とかの言葉尻や思想ではなく純粋に日本国と言う国を他国からの侵略から守り子孫達に受け継ぎたいと言う、言葉や態度に
あらわす事が普段無くともそのような思いでいるのです。

一部のおかしな考えを持つ日本人や反日外国勢力を除いては。

万歳と叫んだ人の意図はなんだったのかなと。
他ブログによれば、その誘導?をした人は程なく会場を去ったとか。これが本当であれば明らかな意図を持った行動でしょう。

果たして今回の集会を何も知らない一般庶民に右翼の街宣と怖がらせるつもりだったのか。
それとも純粋な気持ちからだったのか。?程なく会場を去ったと言う事からであればおのずから推測できますが。

大規模集会ではどのような人物が紛れて入るのかまでチェックできませんが、小規模集会ではチェックも出来るのではないかと思います。
いずれ脇が甘くなり相手に対しての警戒感が薄くならぬように気をつけましょう。彼らは何十年と工作をしてきた人達ですから。

KEN

「鳩撃ち猟」祭りにご参加ください!
いつも素晴らしい記事をありがとうございます。

皆様、お疲れ様です。

【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、
藤井厳喜さんによる「鳩撃ち猟」祭りを開催中です。

『鳩撃ち猟は「幸&後援会の公選法違反」で連座制(公選法第251条の2)により告発し「鳩を当選無効に追い込む」こと』が目的です♪

告発の締切が4月末です。【告発時期】5月初旬を予定しています。集団で札幌地検に直接告発状を持ち込みます。

告発状のツールはすべて揃っています。
詳細はhttp://sitarou09.blog91.fc2.com/blog-entry-166.html

奮ってご参加をお願い申し上げます。

あれま

天皇陛下万歳
自然に発生したものは心の発露じゃないんですかね。
それを我々は右翼じゃないと。右翼というのはごみだという事ですよね、社会の。
天皇陛下万歳というやつはごみなんですか。

なんかがっかりしました。
やっぱり既得権益があるんですかね。
こういう時の態度で判定できますわな。
なかなか勉強になります。
やっぱ嘘くさかったなあ。資料は使ってるけど。
相当臭います。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク