日本人が知らない資源のお話



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

日本の天然資源
日本の天然資源


まず、引用します。

2010.4.20、産経ニュースからです。

<引用開始>-----------------------------

沖縄通過の中国艦艇、その後に沖ノ鳥島近海へ
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100420/plc1004200131001-n1.htm

今月10日に沖縄近海を通過した中国海軍の艦艇が、その後、日本最南端の沖ノ鳥島(東京都小笠原村)近海に入り、同島を基点とする日本の排他的経済水域(EEZ)内で島を1周するように航行していたことが19日、わかった。

複数の日米軍事関係筋が明らかにした。

沖ノ鳥島は島ではなく、EEZの基点とならない「岩」だと主張している中国側による日本への示威行動とみられ、日本政府は中国艦艇の航行記録を慎重に調べている。

中国艦艇は、東海艦隊(司令部・浙江省寧波)のソブレメンヌイ級ミサイル駆逐艦2隻、フリゲート艦3隻、キロ級潜水艦2隻、補給艦1隻など計10隻で編成。

10日に沖縄本島の南西約140キロの公海を東シナ海から太平洋に向けて通過した後、11日に沖縄南方海域で洋上補給を行うと、13日ごろに沖ノ鳥島周辺海域に到達した。

防衛省関係者によると、現在も太平洋上で演習を継続しているという。

8日には東シナ海で艦載ヘリが監視中の海上自衛隊の護衛艦の約90メートルまで接近している。

中国軍の機関紙「解放軍報」によると、中国海軍は今回の行動を「近来まれにみる期間と規模の遠洋訓練」と位置づけている。

航海中には、艦載ヘリの誘導で空母機動艦隊を攻撃する訓練や対艦ミサイルによる攻撃を電波妨害で防ぐ訓練などのほか、「世論戦、心理戦、法律戦の訓練」も行うという。

中国は過去、国連海洋法条約で必要な日本への通告を行わずに沖ノ鳥島周辺のEEZ内の海洋調査を進めてきた。今回の行動も独自調査による海流データなどを通じて、同周辺海域で潜水艦を含む軍事行動が可能になったことを誇示するねらいがあるとみられる。

また、艦艇が同周辺海域に進出したとされる13日には、米ワシントンで日中首脳会談が行われていた。鳩山政権の反応を探る意図もありそうだ。

日本政府は、中国艦艇の航行について、11日までの情報は日中首脳会談後の13日午前に公表したが、その後のことは、中国政府への対応を含めて明らかにしていない。

<引用終わり>-----------------------

Chinaが、「岩だけ」というなら、来る必要もあるまいに。

もうひとつ引用します。

時事ドットコムの4月20日の記事です。

<引用開始>-------------------------

海自機に速射砲の照準=中国海軍の駆逐艦、東シナ海で-関係筋
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010042000046

中国海軍の駆逐艦が今月中旬、東シナ海で哨戒飛行中の海上自衛隊のP3C哨戒機に対し、速射砲の照準を合わせ、いつでも撃墜が可能かのように威嚇する行動を取っていたことが20日、日中関係筋への取材で分かった。

こうした行動は冷戦時代の旧ソ連も、自衛隊機や自衛艦に対して取ったことがないといい、政府は外交ルートを通じ、中国に対し事実関係の確認を申し入れている。

関係筋によると、中国海軍の駆逐艦が海自のP3C哨戒機に速射砲の照準を向けたのは、13日午後3時半ごろ。2種類の速射砲の照準を向け、いつでも撃墜できることを示した。

P3Cは国際法にのっとった通常の哨戒飛行を行っていた。

これに先立ち、中国海軍の潜水艦2隻を含む部隊が10日夜、沖縄本島と宮古島の間の海域を通過し、太平洋の硫黄島方面に進行。8日には、艦隊の艦載機とみられるヘリコプターが東シナ海で、護衛艦に対して水平距離90メートルを切るような近接飛行を行っている。

関係筋は「冷戦時代の旧ソ連さえやらなかったような行動を行っている」と分析


「中国海軍が太平洋や日本近海で何をしようとしているか、慎重に見極めなければならない」としている。

---------------------------------------

一般に、日本は「資源の乏しい国である」と言われています。

実際、現状ではエネルギーの50%は石油に頼っているし、その90%は原油であり、原油は99%以上を輸入に頼っています。

ところが、ここにひとつの報告書があります。

国連のアジア極東経済委員会(ECAFE)が行った東シナ海海底の調査報告書です。

調査期間は、昭和43(1968)年10月12日~同年11月29日まで。

この調査をもとに、翌昭和44年5月に公刊された答申です。

名称は「東シナ海海底の地質構造と、海水にみられるある種の特徴に就いて」という文書です。

そこには、次のような文章があります。

~~~~~~~~~~~~

「台湾と日本との間に横たわる浅海底は、
将来、世界的な産油地域となるであろうと期待される」

~~~~~~~~~~~~

そしてこの海域における昭和44(1969)年~昭和45年の日本側調査によると、そこに眠る石油の埋蔵量は、1095億バレル。

1980年代初めの中国側の調査結果では、700億~1600億バレルです。


ちなみに、世界第二の産油国といえばイラクですが、イラクの推定埋蔵量は1125億バレル。
イランのアザデガン油田の埋蔵量は260億バレルです。


このときの調査報告でも、日本は、実は、イラクに次ぐ世界有数の大油田を保有しているとされている。

さらに近年の調査では、尖閣領域だけで、なんと原油が1000億バレル以上($39.40/バレル)、天然ガス2000億m3($6.68/mmBTU-100万英熱量単位)が埋蔵されていることが確認されている。

実は、中東の石油の枯渇が問題となってきているいま、世界が眼をつけているのが、この日本の東シナ海の海底の大油田なのです。

とりわけChinaは、露骨な示威活動をし、さらに日本国内に大金をバラまいて日本の政治経済、社会を混乱におとしいれ、日本の国力を削ぎ、返す刀で、東シナ海領域の油田と天然ガス田を独占しようと活動しているといわれています。


もし、お時間があるのなら、ネットで、「日本の天然資源」でググってみてください。

上位にあるどの記事を見ても、

日本は資源のない国
埋蔵資源(天然ガス、石油)は、使い物にならない粗悪品、

等々と書いてある。

しかし、「資源がない」と書いているサイトには、資源調査の結果に関する記述はなく、「使い物にならない粗悪品」と書いているサイトには、具体的な調査資料の裏付け記事はまったくない。


日本をめぐる天然資源調査に関しては、戦後間もないころ、実はGHQも、詳細な調査をしています。

その調査報告によると、北海道(千歳~宗谷岬にかけて)、秋田~新潟にかけての日本海側、東シナ海の尖閣諸島領域には、豊富な石油資源が眠り、さらに(信じられないことに)東京湾から千葉にかけては、豊富な天然ガス田が眠っていると書いている。

日本の天然資源(関東)


そしてこれに追い打ちをかけるように仔細に調査されたのが、上に示した国連のアジア極東経済委員会の調査報告です。


東シナ海領域の海底資源の分布図を見ると、なるほど国境のChina寄りの部位にも、多少の資源はあるものの、その9割以上は、日本側領海下にあることがわかっています。


ところが、争いをおそれる日本の外務省が弱腰なことをいいことに、Chinaはすでに勝手に盗掘をはじめており、それも「フィッシュボーン・テクノロジー」という採掘法を使っているという話もある。

フィッシュボーン・テクノロジーというのは、日本側の地下資源の方に採掘パイプを地下で伸ばしに伸ばして、日本が文句を言ってくる前に、ガンガン、これを吸い上げちまおうというテクノロジーです。


そして、現にそういう盗掘をする一方で、上に示したような軍事的示威活動で、日本を脅している。


ちなみに、沖縄の普天間基地問題について、四の五のやっているのは、なにも日本政府や米軍基地を持っている米国政府の都合ではありません。


東シナ海の海底資源を、勝手に盗掘している泥棒国家にとって、眼と鼻の先にFBIがいたら、そりゃあ仕事がやりにくい。

だから何かにつけて文句をつけて、住民運動かなんかを扇動して、いちにちも早く米軍を追っ払おうとしている、という筋書きです。


拳銃を(核)を持っている警官(米軍)がどっかに去ってくれて、残るのが武器をもたない一般人(日本)だけになれば、あとは盗掘だろうが領海侵犯だろうが、要するに「やりほうだい」というわけです。


政権交代を歌った去年の選挙で、Chinaが莫大な資金を汚ザワに出したともっぱらのウワサが絶えないのも、背景にあるのは、そういう石油をめぐる欲の皮があるからだといわれてもいる。


ちなみに、日本の領土領海をめぐる地下資源に関する報告書は、米国のものも、日本のものもGHQによる古いものを含めて、公的なものはすべていまだに国家関係に重大な影響を及ぼす資料として、いまだに非公開文書となっています。


こういうことを書くと、いささかカルトじみた話と思われるかもしれないけれど、しかし、露骨にChinaが欲の皮を突っ張らせて資源の独占をはかろうとしてきているのです。

これ以上Chinaに振り回され続けることは、もはや日米両国だけの問題をこえ、まさに世界の平和と安定と秩序を脅かす大問題です。

まだまだ石油は、世界の人類共通の資産であり、財産です。

もはや、情報をオープンにして、悪は徹底的に叩く、という抜本的な政治的転換が必要になってきているのではないかと思います。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

田母神塾 メタンハイドレート- (1/3)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

匿名

中国側の理屈だと、中国が主張するクアーテロン礁(Cuarteron Reef)(華陽礁)、ファイリィ・クロス礁(Fiery Cross Reef)(永暑礁)、ジョンソン南礁(Johnson South Reef)(赤瓜礁)も岩になりますね。

ジャギ様

あの戦争はエネルギー争奪戦争
 最近、淡水・海洋性の藻から軽油代替燃料が採取できる技術が注目を集めています。
 この技術のキモは一般家庭の窓や屋根の一部を、緑の油田に変える可能性があること。
 「一身独立して一国独立す!」家庭や自動車のエネルギーを自給できるようになれば、20世紀型の戦争は誰得?の世の中になります。
 油は既存のバッテリーよりエネルギー密度が高く、寒冷地でこそ地産地消で熱効率が高まります。

 中国のやせ我慢はいつまで続くのでしょうか、白樺油田で採掘される原油・天然ガスより、哨戒・軍事訓練に使われているエネルギーの方が多い気がします。
 まともな思考力を持つ政治家ならどこかで手を打たないといけないと考えているとは思いますが、この緊張関係を飯のタネにしている人間が増える程、方向転換が難しくなります。

 次世代エネルギー、都市鉱山などを判りやすく解説をしてくれる「自然の摂理から環境を考える」というブログがあります。(正直母体の「類グループ」の思想には?ですが、科学全般に興味がある方にはお勧めです。)

-

中国艦載ヘリの近接事件
RT @SatoMasahisa: 中国艦載ヘリの近接事件で、中国は日本政府の抗議を一蹴した。「通常の訓練だ、むやみに勘ぐるべきではない、神経質すぎ」と反論している。更には「日本は中国艦艇が頻繁に外洋に出ることに慣れるべきだ」とまで。弱腰外交の結果だ。事務方が鳩山首相に説... 44分前 APIから
daitojimari
http://twitter.com/daitojimari/statuses/12636616823

新党

断固たる決意で2人を処分を
谷垣自民党総裁、離党の舛添氏「議員辞職が筋
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381949EE0E0E2E5858DE0E0E2E6E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;at=ALL


自民党の谷垣禎一総裁は22日午後の記者会見で、
舛添要一前厚生労働相が新党結成のため離党届を提出したことについて
「比例で選出されている以上、新党を作るなら議員辞職してからやるのが当然の筋だ」と述べ、
議員辞職を求めていく考えを示した。

舛添氏の行動については「明らかに党の規律を乱すもの。
断じて許すわけにはいかない」と強調、党紀委員会で厳しく対処する姿勢を示した。
党運営への影響については「あまりあるとは思っていない」と述べた。



与謝野氏らの処分を先送り 新党結成で自民
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100421/stt1004211048001-n1.htm


与謝野馨と舛添要一は直ちに除名処分にしていただきたい。

ミヤビ

いつの日にか・・・
石油産出国として、資源大国として、日本国民が超リッチになるのではないかと感じています。
でも、誰もそんな事言わないし、領土意識・国防意識が低く、膨大な赤字穴埋めのために消費税UP・各種税金UPの話題にばかり流されるのが不思議でたまりませんでした。。
税金あげなくても、国家が領土権益をしっかりと守ってくれさえすれば、私たちはホクホクではないのか・・・
教育・社会保障・老後も安泰!!
と思うのですが、真実はどうなのでしょう。

KM

内緒
まずい例を一つ、、、
日本の外食系の方も利益優先で寿司、刺身の美味しさを特亜に教えた事です。
散々生魚を食べるのは野蛮人だとか言っていましたが、蛋白源としての有用性を認めると、、、、
特に人口が多い某国は魚が勝手に泳ぎ回っている海洋に資源を求めに行きます。

管理人さん、
上記の例のように この様な美味しい話は、特亜が気がつくと、異常に欲しがりますので、そっと胸にしまっておいた方が良いと思います。

-

哨戒艦沈没直後に北朝鮮関与報告 韓国軍情報機関
【ソウル共同】韓国の聯合ニュースは22日、同国海軍哨戒艦の爆発、沈没直後に韓国軍の情報機関が、北朝鮮の関与が明白との報告書を作成し、大統領府と国防省などに伝えていたと報じた。軍消息筋の話としている
http://www.kobe-np.co.jp/knews/0002902182.shtml

soho

No title
日本近海のガス田、石油などの資源を安く入手する技術を開発し、国が専売したら今の政府債務の問題はなくなるし石油ガスの輸入減らせばGDPにも貢献。 だいたい海水からウランをとる技術あるんだから原発の燃料も安くとれるし。これらが実現したら日本は超大国なのに。
中国に占領されてから開発されちゃうという。
温暖化のおかげで北海道の農産物・米作もとれるし、目先の経済政策だけしかやらないけど充分に外国人入れずにやっていけるんで。政治家は馬鹿ばかり、その辺りは麻生さんが一番マシだったのに国民も大馬鹿ぞろい。 国難は政治家が作っているんですよ。

-

おはようございます
今朝は春季例大祭が行われている靖国神社に参拝し、近代日本が築かれる過程で戦争などによって亡くなられた方々に対し、厳粛な気持ちで哀悼の誠を捧げてまいりました。 約2時間前 webから
Tanigaki
http://twitter.com/Tanigaki_S/statuses/12608288537

-

麻生太郎、その偉大なる功績
Project X 中東に平和と繁栄の回廊を描け ~ 麻生太郎の挑戦
http://www.youtube.com/watch?v=pZWOFKfEBXE&feature=player_embedded
126,801
再生回数
AsoGiin — 2009年04月01日 — 銃を握らされ訓練を受ける少年兵、家族を失い瓦礫の中ひとり佇む 少女・・・60年間、紛争が絶えなかった パレスチナ・ガザ地区に、政治信念ひとつで平和のヴィジョンを打ちたてた男がいた。「テロリズムの克服は軍事力ではなく経済的繁 栄と民主主義を希求する先にこそ築かれる」。彼の武器は、世界第 二位・総額1545兆円とも言われる日本の国力。そして世界で唯 一無二の技術立国・日本の職人技だった。彼の政治信念は果たして 膠着した欧米流・軍事外交に風穴を開けられるか。政治家・麻生太 郎の挑戦はいまも続いている。


ここにマスメディアが国益という視座も国民にとっての実益もないまま、一方的な誹謗中傷を繰り返し下野に追い込んだ先の麻生太郎自民党政権、その真実の一端が示されている。

本来なら、国民はこうしたマスメディアがわざと伝えなかった隠された真実を知るべきであったし、そのような崇高な政治姿勢を実行しえた政治家をこそ誇りにするべきでもあった………
http://blog.goo.ne.jp/adlum99v3t/e/9d63071a5880691a859d8a87a7470985?fm=rs

-

千葉景子と歌おう「この世を花にするために」
……消しゴムでさえ、当たり所が悪ければ、失明の危険性がある。それを狙い澄ました上での投石である。火炎瓶である。これは、「その直撃によっては相手が死ぬこともあり得る」という認識を当然持ちながら行われた、殺人未遂に相当する犯罪行為である。

彼等は平然とそれを行った。そして自らは決して死など覚悟しなかった。形勢が不利と見ると直ちに「撤退」するという軟弱極まる「お遊び戦士」であった。

機動隊に甘え、警官に甘え、彼等にテレビゲームの標的にでもなって貰ったかのような感覚で、革命ごっこをしていたのである。彼等が恐れたものは唯一つ、遠慮会釈の無い仲間内の攻撃、即ち内部抗争のみであった。

そんな連中の残りカスが、今閣僚席に座っている……
http://jif.blog65.fc2.com/blog-entry-362.html

共通一次世代

No title
2つの記事は本当に恐ろしい・・・。
徳之島で沖縄と同じパターンの反対集会があったのも吐き気がする。
反日左翼はまた、高校生を連れ出し叫ばせている。
徳之島を沖縄と同じく利用し、米軍基地反対を日米同盟破棄へと繋がらせようとしている。
中国海軍は、せせ笑いながら日本の足首を舐めるように通過していったことだろう。

>冷戦時代の旧ソ連さえやらなかったような行動を行っている」と分析

昨年の9月6日、 世界ウイグル会議日本全権代表のイリハム・マハムティ氏が講演会で語ったウイグルでの中国の実態を日本国民は知らなくてはいけない。

========(一部抜粋)
90年代から、その地域を完全に治めるために、たくさんの中国人移民がウイグル地域に入植してきました。90年代半ばから、ウイグル地域でたくさんの天然資源があることがわかってきました。
どうして突然そういうことが分かってきたかというと、まず技術の発展があったのは間違いないです。
大きかったのが核実験。地下核実験の地震波でどういう物質が地下にあるか、ということがわかるそうです。
それで、たくさんの場所で、石油、天然ガスがあることがわかってきました。

ウイグルの核実験は1964年10月、ちょうど東京五輪が行われている最中から始まりました。その時期から70年代後半、80年代の初めまで、すべて、地表、空中で核実験を行っていました。
=========


そして、札幌医科大学・高田純教授の警告も国民は知らなければいけない。↓
=========(一部抜粋)
この東トルキスタンと国境を接するカザフスタンは、かつてソ連の支配下にあり、そこにはソ連によるセミパラチンスク核実験場が設けられていた。

中国の核実験の非道ぶりは、ソ連と比較しても明らかである。

ソ連の核実験場は四国ほどの面積の土地から人々を外部に移住させ、周囲に鉄線で囲いを設け、実験場につながる道路の出入りを厳重に管理していた。

その広大な面積においても、場外の民衆の安全に配慮して、最大0.4メガトンに抑えていた。

さらに核爆発を実施する際には、核の砂が降ると予想された風下の村の人々を、事前に避難させる措置も一部とっていた。

一方、中国は、鉄条網で囲んだ実験場など設けていなかったと、現地の人々の証言からも推察される。

しかも、最大4メガトンと、ソ連の10倍もの規模の核爆発を行った。

さらに住民に警告して避難させるなどという措置もとらなかった。逆に現地の農民は「(核爆発)基地では、漢人の住む方向に向かって、つまり西から東に風が吹く時は核実験をしない。西に吹いた時に行っていた」と憤っている。
=========
『1/4シルクロードにおける中国の核実験災害と日本の役割』より
http://www.youtube.com/watch?v=ef21O_MyDe4

中国人の入植も恐ろしいほどに加速している。
中国人は日本語はおろか、もはや英語さえ喋らない。中国語でしか喋ろうとしない。

日本は完全に東トルキスタンやチベットと同じ道を歩んでしまっているとしか思えない。
民主党を許してはいけない!売国政治家を許してはいけない!

戦争の反省
なぜ負けたか?何故戦争せざるを得なかったのか?作戦は別として、人種問題・経済問題が日本が立たざるを得ない環境を作る出したのです。
資源の無い日本が生きるのは教育・軍事力(抑止力)・政治力が必要なのが現状を見ると惨憺たるもの、自ら「愚」と言う首相がノホホンと統治責任者で居る恐怖、恐ろしいですよ。

-

当用憲法論
私は理系です。学生時代、春夏の休暇中にも実習などがありクラブ活動とも相俟って結構忙しく、アルバイトに専念する文系の友人を不思議に思った記憶があります。
鳩山首相(理系)の厚顔無恥ともいえる言動を見聞きし、その自信の基は何かと考えていたのですが、やはりこれにあったのでは。

福田恆存 当用憲法論(「潮」昭和四十年八月号)より抜粋
当用憲法前文 平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専従と隷属、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思う。

この虚偽、或は誤認。

刑法や民法の如き国内法の場合、吾々は同胞に対してすら人間は悪を為すものだという猜疑を前提にして、なるべく法網を潜れぬ様に各條項を周到に作る、それなのに異国人に対しては、すべて善意を持って日本国を守り育ててくれるという底抜けの信頼を前提にするのは
おかしいではないか。

なにを今更、とお思いでしょうが悪しからず。

きあら

No title
いや~、メタンハイトレードの事は知ってましたが、石油まで眠っているとは。
ちなみに中国は日本の水資源も狙っていますが、さすがに現地の人間が気持ち悪がってすぐに政府に報告したので何とか食い止める事ができました。
石油がなくても死にませんが、水がなくては死活問題です。
ほんとにひょっこりひょうたん島みたいにハワイあたりに移動できたらいいんですけどね。

Sura

確か東京都心でも火が噴いたような
先日はスレッドを荒らし大変ご迷惑をかけました。
心よりお詫び申し上げます。

たしかに、いつかは忘れましたが、
水道工事中か如何かで、火が吹き、消火に苦労したというニュースを見た記憶がありました。

資源外交

仕分人の不可解な行動
>「台湾と日本との間に横たわる浅海底は、将来、世界的な産油地域となるであろうと期待される」

尖閣諸島周辺の海底油田が国連でクローズアップされて以降ですね、中国・台湾が「釣魚台は俺の物だ!」と叫び出したのは。
全く滑稽ですね。
資源が無かったら、一生声を上げずに無視していたでしょうが、「資源」に目が眩んで嘘をつき始めた手前、引っ込みが付かなくなった、という一例です。

石油に関して気になる情報が有ります。

蓮舫が石油の備蓄を仕分けして今減らしている最中らしい
http://chiraurasouko.blogspot.com/2010/04/blog-post_7696.html
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク