海の上のラピュタ



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

天空の城ラピュタ
天空の城ラピュタ


天空の城ラピュタといえば、おなじみの宮崎アニメです。

昭和61(1986)年8月に公開されて大人気となりました。

この映画に登場する天空の城ラピュタは、空に浮かぶ要塞都市で、いまは廃墟となっています。
もちろん空想上の都市です。

そのラピュタが日本にあって、しかも海に浮かんでいる、といったら驚かれますでしょうか。

その都市の名は、通称を軍艦島といいます。
正式な名は、端島(はしま)です。

端島は、長崎県長崎市にある島です。
かつて海底炭鉱で栄え、島の人口密度は83600人/km2と世界一。

まだ木造住宅ばかりだった大正時代に、日本で最初の高層マンションが建設され、建物の屋上には、庭園と幼稚園、島の端には同じく高層住宅式の小学校や、近代的体育館などが整備されていました。

そしてその外観が、日本海軍の戦艦「土佐」に似ていることから、通称「軍艦島」と呼ばれています。

軍艦島(みるからに軍艦です)
軍艦島01


島の大きさは、南北に約480メートル、東西に約160メートルのほぼ長方形のような形で、島の面積は、わずか6.3ヘクタール。
島を一周したときの海岸線の全長が約1200メートルといいますから、都会なら1ブロック程度の広さです。

その小さな島に、最盛期には、なんと5,267人の人が暮らしていました。

島には、ビルの屋上を利用した緑化庭園や幼稚園、鉄筋コンクリート7階建ての小中学校、スーパー、映画館、料理屋、飲食店、娯楽場、病院などがありました。

なかでも大正5年に建築された鉄筋コンクリートの高層集合住宅は、まだ日本の建築物が木造だった時代に登場した、日本初の高級高層マンションとして、日本の近代建築史上特筆に値する重要な文化的遺構です。

なぜ、この島にこれだけの人が暮らしていたかというと、実はここに海底炭鉱があったのです。

かつて石炭といえば、国家の資源エネルギーの中心をなしていました。
石炭産業は国家の柱とさえいわれた。

しかし、資源エネルギーの中心が石炭から石油に代わり、昭和49(1974)年に炭鉱は閉山。

端島は無人島となります。

そして、いまは誰もいない廃墟となっている。

軍艦島02


廃坑になったかつての石炭鉱山は、日本中、いろいろなところにあります。

しかし端島が、他の鉱山と決定的に違うのは、そこにある住居跡が、昭和49(1974)年4月20日で、時間がぴったりと止まっているという点です。

島には、当時の生活の様子が、そのまま残されている。

人々は、いつかは島に帰ってくる日も来るだろうと、部屋も家財もそのままにこの島を後にした。
そして、島はそのまま36年間、放置された。

軍艦島03


建物は、長い時間の経過とともに風化し、窓は破れ、木造の住居は崩れ、家財や什器は錆びて崩壊した。

廃校の崩れた鍵盤
軍艦島04



戦後の日本を考えてみるとき、いつも思うことなのですが、私たちの戦後は、いったいなんだったのだろうか、ということです。

日本は、先の大戦でまさに焼け野原になりました。
艦砲射撃で家は焼も財産も、みんな焼かれてしまった。

しかし、何もかも失った日本は、戦後またたく間に復興を遂げ、昭和31(1956)年には、東海道本線が全線電化となり、昭和37(1962)年には首都高羽田線が開通、昭和39年には東京降りんピンクが開催され、東海道新幹線が開通しています。

いや考えてみると、戦前はたった13年で、満洲のなにもなかった大地に、日本は忽然と東洋のパリと謳われるほどの超近代都市を誕生させています。

さらに昭和40年代、50年代と日本はまさに高度成長を遂げ、終戦の頃には世界の最貧国状態だったのが、昭和の終わりごろにはなんと世界第二位の経済大国にまでなってしまった。

すごいことです。

しかし、よくよく考えてみると、そうした社会の復興や成長、あるいは新しい未来社会の構築や経済の高度成長を担ったのは、戦前の教育を受けてきた人たちではなかったか。

たしかに働いたのは、わたしたち戦後生まれの世代も同じです。
しかし、それは社会の、いわば下っ端として働いていたのであって、社会の構造を変革し、日本の復興を責任もって実現してきたのは、間違いなく戦前の教育を受けてきた人たちだった。

そして、そういう戦前の教育を受けてきた世代が完全に引退し、戦後教育を受けてきた私たちの世代になって、最初にやったのが、バブル経済です。

バブル経済というのは、簡単にいってしまえば、すでに蓄積された富の投機です。
あたりまえのことです。元手がなければバブルは起きない。

そしてあっという間に、バブルを崩壊させ、あれから20年。

いまだに日本経済は、先の見通しも立たず、経済は失速。新たな国家の建設の矛先さえみえず、いまや、購買力平価でみたひとりあたりのGDPは、IMFの試算で世界第24位です。
香港やオーストリア、カナダ、デンマーク、フィンランドなどよりはるかに劣り、台湾とほとんど変わらないところまで落ち込んでいる。

戦争が終わってボクらは生まれた。
戦争を知らずにボクらは育った。
大人になって歩き始める、
平和の歌を口ずさみながら。

これは、フォークソングの「戦争を知らない子どもたち」の歌詞だけれど、なるほどその通り「平和の歌を口ずさみながら」、結果、われわれ戦後世代というものは、戦前世代、戦中世代が築いてくれた富と社会に、結果として、ただ甘え、安住し、わがままを言っていただけなのではないのか。

わたしたちが小学生の頃、未来はバラ色だった。

大人になったら何になる?

先生の質問に、子どもたちは目を輝かせて、「○○になりたぁ~~い」とやったものです。

手塚治虫の描く21世紀の未来社会は、まさに夢の未来都市そのものだった。

しかし、現実に、わたしたちが社会の中心となって築いた平成の世の中は、いったどうなのか。

人々の所得は下がり、安売り店に殺到し、政治も家庭も未来などまるで考えず、自分だけの贅沢といまある、もはや残りカスのようになった富の配分をめぐってあい争うだけのなさけない社会になりさがっている。

その結果は、どうなるのか。

上に示した軍艦島の廃墟は、もしかすると、このまま進んだ先の、日本の大都市の姿そのものなのかもしれないのです。

日本は、子や孫を可愛がり、子や孫の未来を、大人たちが大切に守り育む社会だったのです。

そういう大人たちだから、子供たちは大人たちの言うことを聞いたし、大人たちも責任をもって子どもたちの未来を守った。
そのためには、命すら捧げた。

そうやって、守り育んでいただいた日本を、われわれの世代は、いったいどうしたのだろうか。

いまのままで、ほんとうに子どもたちの未来を守ることができるのだろうか。

このままでは日本は廃墟となってしまうのではないだろうか。

私たちは、いま、とても大切な歴史の転換点に差し掛かっているのではないでしょうか。
 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

Hashima (Gunkanjima), Japan 2002 part 1
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

蜷川正大

No title
初めまして、横浜在住の蜷川正大(にながわまさひろ)
と申します。昭和29年の5月に、熊本の紫垣隆邸で開催されました「宮崎滔天・民蔵、孫文追悼集会」の前夜祭に出席しました67名の方々のプロフィールを作成しております。その過程で、長島秀顕という人を検索しておりました時に、このブログを知りました。内容がとても格調高く、本当に勉強になります。感激しています。今後ともご指導のほどをよろしくお願いいたします。寒さの折から、くれぐれも御身を大切にお過ごし下さい。

お達者クラブ

日米同盟の危機 緊急対策会議
主催:沖縄と共に自立国家日本を再建する草の根ネットワーク
共催:沖縄から日米同盟堅持の声を挙げる県民の会

明日(もう今日ですね)、参加してきます。
担当の仲村氏から「まだ少し席はある」とのことでしたので日本を愛する皆様、是非、満席にしてください、お願いします。
Tel:080-5021-8105 仲村まで

究極のボランティアの募集
満身創痍の世界を、建て直しませんか。
世界を救う為に、「素(す)の声」で、蔓延している億兆の魔を、世界全体から無くして、「清々しい素の世界」に、一日も早く戻しましょう。世界の1万ヶ所で、同時に「素の声」がかけられるようになると、世界が変わり始めるのです。十億いた神も、むたいな魔王に、全て魔にされてしまったのです。「素の声」を、世界中でかけ続けると、魔が退治され、魔にされていた神が、元の姿に戻れるのです。「素の声」で、世界が救われ、あなたも救われるのです。「素の声(歌声)」は、自由にダウンロードしていただけます。
http://in-su.jimdo.com/
清々しい身体と空間が取り戻せる「素の声」が、世界の1万以上の場所でかけられ、世界が救われますように、あなたの力をお貸し下さい。

ねずきち

No title
みなさん、コメントありがとうございます。

一日本国民さん、リンクしておきましたよ^^b

杜若

No title
”天空の城ラピュタ”は宮崎アニメのなかでも好きなアニメです。
エンディングの曲が素晴らしいのも特筆ものですよね。
最後に見て以来ずいぶん経つので、内容もおぼろげになっています。何故、街だけが残り誰一人として住むことがなくなったのか。
しかし、そこには残されたロボットたちが、小鳥たちと共にのどかに暮らしている。人のいない平和。
ある面悲しい風景といえましょう。

ねずきちさんのおっしゃるように戦前の教育を受けた方々の遺産で今の日本がかろうじて保たれているのかも知れませんね。
それを、真に復興させるのは、私たちに課せられた重い課題と云えましょう。

ただ、私たちは日本人という民族の延長線上に生きています。この時代にのみ生きている訳ではなかろうと思います。
私たちは、先祖の方々と共に生きているように感じます。

その、重みを今一度思い返し、日本人とはどうあるべきなのかということに思い至らねばなりませんね。
日本の未来が、軍艦島のごときものであってはなりません。その意味では、自戒の思いも含めて、時にこの島を振り返ることは、この島に縁を持つ人達のみならず重要なことでしょう。

愛信

沖縄の人達と普天間基地問題
沖縄の人達と普天間基地問題
http://blog.goo.ne.jp/mutouha80s/d/20100430

沖縄の方のご意見をピックアップしてみます。
(上記リンク先を参照願います)
そして、なんと8人中 基地に反対されている方は1人でした。
もちろん、正しい統計にはなってませんけど沖縄の方にも「基地
賛成派」は存在するってことですよね。 (以下省略)と書かれてい
ました。 これを見ると反対の一人も米軍でなくて自衛隊が守れと
言っています。

JSN■沖縄県民緊急フォーラム「開会の挨拶」呼びかけ人 仲村俊子(動画)
http://www.youtube.com/watch?v=L0jFY5_yDME&feature=player_embedded

【マスコミ隠蔽の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

一日本国民

No title
もし、よろしければリンクお願いいたします。

職人

軍艦島は単なる産業の転換、日本の国が今後衰退する事が有ったとしても、知識の転換衰退というものは有り得ない。
日本国が素晴らしいのは、古来より受け継がれた知識道徳技術等によるものです。よって明治維新、戦後復興の様なことは、日本国民が存続する限り、陛下が安寧である限り何度でも有ることなのです。

そんなに心配しなくても、遅い早いは有ったとしても必ず立直ります。
今、日本の国が独立する事をじゃましているのは、アメリカ、反日勢力、マスゴミ、教育なのです。これらに対しての反撃を成功させれば、理想の国家が出来上がるのです。

世界の人々が、日本に住みたいと思う、そんな日が必ず訪れる。私たちが、日本の伝統を大切にする限り、そんな日本が必ず訪れる。

共通一次世代

普天間に国民の関心があるいまのうちにこそ、洗脳を解きたい。
>「戦争を知らない子どもたち」
この歌を思いだすと最近はすごく腹がたちます。

「ドラマを見るように現実を見てしまう」

今の日本人が誤った見方をすることの1つはこれだと強く思うのです。

先日の沖縄での反対集会。どう見ても9万人もいるはずがない。しかし、沖縄の二つのマスコミを始めとして日本のマスコミが「9万人の叫び」としてドラマ化し捏造する。

あの集会での普天間の女子高校生の叫びをテレビで見ました。
天に掲げた右手を胸の前で握り締め、「沖縄の未来は私たちの手に!!」と陶酔している高校生の姿が映りました。

「演劇部・・・?」
子供たちと一緒に見ていましたが、ただただ呆然としてしまいました。
今まで以上に子供を使う汚さは度を超えていました。

この高校生は一生左翼の創作した捏造ドラマから目が覚めないままとなるんでしょうか。


この間の党首討論の時、鳩山の言った「愚かな首相かもしれません」や「昨年の12月において、もし、えいやっと、辺野古という場所に、新たな普天間の移設先を決めていれば、どんなに楽であったか、計り知れません」という言葉は、鳩山が自分自身を悲劇のヒーローに仕立てたドラマに陶酔していると思いました。

現実を見据えるべき一国の首相が、自己に酔いながら国を危険な方向へ向かわせることは本当に許し難く、心の底から怒りを覚えます。

子供たちに向かって「みんなが元気でいられるのは、魚がいて、猫がいて、ハトがいるからなんですよ」などと抜かすこの首相を選んだ国民は、自分の非を認めるべきです。

テレビは鳩山のいい加減さを批判しつつも、今度は一気に日米安保破棄の方向へと舵取りをしています。本当に恐ろしいです。自分の国をどうやって守るかをすっぽり除いて無防備宣言をするマスコミの汚れた言葉の先には当然ながら「中国共産党の支配下になる」ことしか結果が見えませんが、相変わらず国民にはその危険性をこれっぽっちも知らせずに上海万博の宣伝マンとなっています。

沖縄で頑張る保守の人たちの言葉は、本土の人間が訴えるよりもとてつもなく説得力があります。「現実」に生きる人達の声は強いです。米寿を迎えた沖縄の女性の訴えを広く知らせなくてはいけないと思います。
基地問題がクローズアップされている今こそ、なんとかして知らせたいです。↓

【沖縄県民緊急フォーラム「開会の挨拶」呼びかけ人 仲村俊子 】
http://www.youtube.com/watch?v=L0jFY5_yDME&feature=related

あの普天間の高校生を見て、将来ある若者に未来を託せないことが本当に悲しくてたまりません。彼女らは、米寿を迎えたこの中村俊子さんの訴えを聞いたことがあるんでしょうか。
普天間の高校生は全員が洗脳されてしまっているんでしょうか。
どうか目を覚まして欲しいです。そうでなければ、本当に戦争で最後まで沖縄と日本を守った人たちが浮かばれません。

魚がいるから、猫がいるから、ハトがいるから、子供たちは生まれてこれたんだ、なんて有り得ません。今自分たちがいるのは日本を守ってくれた人たちがいるからだ!!ふざけるな!鳩山!!


沖縄の事実を知らせるにはまず、沖縄の人たちが声を挙げるしかないと強く思います。
沖縄の本当の声は、多くの日本国民をも目覚めさせてくれる、そう思います。
現実を知り、現実と向き合い、現実と戦わないといけない、そう思わせてくれるはずです。

下記のブログでの「沖縄の真の声」を広めたいです。↓

『ブログ:沖縄と共に「自立国家日本」を再建する草の根ネットワーク(JSN)』より

【琉球新報の洗脳社説】
http://blog.goo.ne.jp/jiritsukokka/e/142a4e848d7722e84a73d1b9aae811c6
【普天間基地闘争は、間接侵略における沖縄決戦! 】
http://blog.goo.ne.jp/jiritsukokka/e/cf4a6c7f0dbfc1d932fea3ad62e36067

侍ジャパン

そのとおりですね!
自分たちは戦後大きな誤解をしてきたのではなかったか?
現実を見ずに偽りの繁栄に現を抜かしてきた・・・・
そのツケが今、回ってこようとしている。 

-

【平沼赳夫】「たちあがれ日本」結党の本意[桜H22/4/29]
SakuraSoTV — 2010年04月29日
満を持して結党に至ったものの、その経緯や政策の方向性などに少なからぬ疑問の声も聞かれる新党「たちあがれ日本」。
既存メディアの報道からは見えてこない結党の本意について、党代表の平沼赳夫氏にインタビューした模様をお送りします。
http://ameblo.jp/sakurara-f/entry-10521204316.html

-

「はやぶさ」広報すら廃止する「仕分け」の正体
あの探査機「はやぶさ」が六月、地球に帰ってくる。様々な困難に遭遇しながらも、それを次々に克服し、満身創痍になりながらも帰ってくる。

確保されたと思われる「小惑星表面物質の地上に向けての放出」という計画の一大フィナーレを、いよいよ現実のものとすべく、遂に帰ってくるのである……
http://jif.blog65.fc2.com/blog-entry-366.html

十津川 昭和

活動報告
韓国民団と栄で外国人参政権反対、政治資金問題、パチンコ献金問題などについて街宣
http://jyutte.gjpw.net/Entry/4/

プク

No title
今は改革や変革ではなく、明治維新のような転換点なのだが、血を流せる侍がいない。戦後は侍を根絶やしにして来た百姓天国だ。優しさ・親切・思いやり・善意・平等・民主主義・命が一番・平和が一番を尊ぶ奴隷道徳社会だった。命よりも大切なものを誇りとする侍が居てこそ、鎌倉以降、農耕民族であるからこそ、日本は相補・補完できていたのだ。侍道徳の復活しかない。

普通のパパ

初コメントです
心に沁みました。31歳の私が国の為、我が子の為に出来る事をしっかりやり遂げます。

相模

バブル経済
バブル経済を引き起こした責任者は戦後生まれの人々、との言葉にあっと息を呑む思いです。
富の上に乗って、実体経済を軽んじました。

頑張れ日本軍

保田與重郎『「日本浪漫派の時代」日本的の論』より
■伏見の正道館は長嶋秀顕氏の道場だが、ここの道場訓として、武道の極意を教えていることばに、三流の教えというものがある。

一、自分のためには汗を流せ。
二、人のためには泪を流せ。
三、国のためには血を流せ。

人の生身の體から流れ出るものは、汗と泪と血の三つである。
(中略)
長嶋秀顕氏は故河上利冶氏の門下、河上氏は維新の河上彦宰齋先生の嫡孫、正道館の極意の源はそのあたりに発するもののようである。また長嶋氏も河上氏の血族である。


■ドイツの初期ロマンテイクを「近代」の生みの親とするのは常識である。

ゲエテとナポレオンという二つを高い峰とする近代の開始に當って、ナポレオンは強力な地ならし機械である。この巨大な力は自分では何をしているのか、何もわからぬことをしたのである。盲目で無明の大暴力である。無明は大暴力となりうる。無明の大文学も、大芸術もいくらもありうる。これが即ち「近代」である。

しかしゲエテはいち早くに、自分が最も責任をもつべき近代に対し、その政治にまで及んだ制度全部に疑問をもった。

ナポレオンは自分が何をしたかわからなかったので、死の間際のうつつに、なおも軍隊に進軍の号令をかけつづけた。ゲエテが最後に光といったのは、象徴的である。味爽の光明の世界と思っていたのが、薄暮だったのであろうか。

ハイネにとって、ゲエテは憎々しい大俗物で、ナポレオンは神の如く悲しい英雄だったことには理由がある。しかし我々の学生時代に、不本意な田舎教師の境遇にいたドイツ語の先生は、祖国を持たない詩人を信じるな、彼が詩人たることはあり得ない、と教えられた。

憂国子

No title
初めまして!
いつも勉強になる記事ばかりで感謝の一言です。

私も高度成長期に育ち、関東圏のため、小学生の同窓生
の半分以上が、夕張出身・九州・大阪・沖縄・・・他の友達
でした。
光化学スモッグで校内放送で窓を閉めた思い出が・・・
振り返ると当時は、今より地域の助け合いも、他人の子も
自分の子も自衛団式に守って今がある気が致します。

本当に子供の夢も素直でした。分かち合いの精神もありました。

原点に戻って(良い意味)日本は日本らしく、生きられる
様に、我々が先人から受け継ぎ、明るい希望を持てる日本を次世代に受け継ぐ番だと・・微力ですが政治参加他
させて戴いております。 打倒!民主!!日本人は魂を
売らないのが義だと思います。

左近尉

日本を廃墟と成さないために
戦前世代の偉大さと、その心の豊かさを掘り起こされている「ねずきちの ひとりごと」様の記事を読ませいただくと、心のかさかさに清水が染み入るようです。

汚沢と鳩山の民主党政権の迷走は、確固とした日本人らしい信念を忘れてきた、今の日本だからこそ起きている、日本全体の堕落なのでしょう。

「我が郷……」も 現在の 政治や経済を 検証することで、あすの日本が 今より力強く豊かになることを 信じています。

http://blog.goo.ne.jp/wagasato
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク