緊急拡散:この窮地は、インターネットユーザーにしか日本を救えない

人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

真の保守だけが日本を救う


4月28日(水)午後6時から、新宿駅西口で平沼新党「たちあがれ日本」の街頭演説会が予定されています。

ねずきちも、行きます。

以下は、水間条項からの転載です。

~~~~~~~~~~~~

緊急拡散【この窮地は、インターネットユーザーにしか日本を救えない!】
http://blog.goo.ne.jp/mizumajyoukou/e/3ba1c8c2f23bc3ba34b5a18d7a51b7a9

●中国『日本解体第二工作書』では、自民党が最終的に解体されるとき、少数政党でバラバラにされていました。

今回の政局では、中国がかなり動いています。今日(25日)の基地反対沖縄県民集会も、共産党と社民党だけでは力不足で、必ずや背後に中国がいます。


また、中国の艦船が10隻で沖縄県民の目の前を示威航行しても、県民から安全保障の議論が、一切起きないことが不思議でした。

その答えが基地反対沖縄県民集会だった。これに中国が関与しているからこそ、示威行動が可能だったと解釈すると、すべてスッキリ見えてきます。

中国は、どのような手を使ってでも民主党政権を維持するため、中国の軍門に堕ちた自民党の総理経験者など、ありとあらゆるパイプを総動員しているのが判ります。


『たちあがれ日本』の政策綱領から3月に「靖国神社」の文言が消えた陰に、中曽根康弘と渡邊恒雄の存在が見え隠れします。

ここから先は、小生と行動を共にしてくれていた方々にしか、理解して貰えないと思っております。
新党『たちあがれ日本』をスクープしたのは読売新聞だったことで、ナベツネが深く関与していることは明らかです。そのナベツネの刎頸の友が中曽根です。中曽根は、靖国神社公式参拝を中止した張本人です。その中曽根の秘書だったのが与謝野馨で、この政局で、重要な役割を果たしているのが園田博之衆議院議員です。

園田議員は、1978年10月23日に発効した「日中平和友好条約」に署名した園田直外務大臣の息子です。そして、今回の「たちあがれ日本」を、今や中国の手に堕ちた、似非保守雑誌『文藝春秋』に共同寄稿していたのも園田博之議員でした。また、今回の動きを強く牽制できない、ハニートラップ谷垣自民党総裁にも中国からの圧力を感じます。


中国共産党政府は、最初に井戸を掘ってくれたものに対して、刑事被告人(田中角栄)でも大事にすることは周知の事実です。

今回、『真の保守だけが日本を救う』の出版に合わせて、新党『改新』が発足する寸前で潰された陰に、国際的謀略が見えてきます。

しかし、平沼赳夫先生がそれに気付けば、ギリギリで巻き返しも可能です。

それには、『真の保守だけが日本を救う』を、読了した感想を平沼赳夫先生(東京事務所FAX:03-3502-5084)かメールで届けることなのです。靖国神社の文言が政策綱領に入っていない「真の保守」などあり得ないとか、中山成彬先生と田母神俊雄氏が参加しない新党など「具のない味噌汁」みたいなものだとか、覚醒されているインターネットユーザーの皆様方の思いを真摯に届けてください。


そして、『たちあがれ日本』の後見人であられる石原東京都知事にも、中山成彬先生と田母神俊雄氏の参加を石原知事(秘書室FAX:03-5388-1204)からも呼びかけてもらって戴ければ、中国の圧力を吹き飛ばして「山」も動きます。

因みに、『たちあがれ日本』は、今月28日午後から選挙事務所開きの記者会見の後、午後6時から新宿駅西口で街頭演説が予定されています。そこに、中山成彬先生と田母神俊雄氏も一緒に「たちあがれ」とのブラカードを持って駆けつけましょう。

宜しくお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~

水間さんの文中に出てくる中国『日本解体第二工作書』というのは、中央学院大学の西内雅教授(故人)が昭和47年にアジア諸国を歴訪した際、偶然、入手した秘密文書です。

全文は國民新聞HPで見ることができます。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/S47/4708/470801china.html

内容は中国共産党が革命工作員に指示した陰謀で、当時から現在に至る迄、中国の対日謀略は秘密文書の通りに続いているとみられています。

この文書はごく一部のメディアで政治的問題として取り上げられる程度で、学術的に問題とされることはほとんどありません。

その日本解放第二期工作要領に、自民党についての以下の記載があります。


「自民党を解体し、多数の小党に分裂せしめる。」
「(自民党は)多数の小党に分裂する如く工作を進めねばならない」

不思議なことに、まったくぶれることのない一貫した保守政治家である平沼赳夫氏が新党「たちあがれ日本」を旗揚げしたとき、メディアは、一様に「爺さまたちの家出」といった扱いをし、さらに「なにをしようとしているのかさっぱり見えない政党」であると報道し、要するにとるにたらない渦にすぎないといった印象を植え付けようとしました。

これに対し、在日であることが噂される舛添新党の結成については、まるで「時流に乗り遅れるな」とばかりのはしゃぎようです。

そしてどうやら舛添氏の離党の真意は、反民主・護国救国新党と称しながら、その実、外国人参政権に賛成し、移民受け入れに賛成し、自民党を分断し、究極的には小沢氏と同調して、参院選で民主が大敗したときの民主との連立を狙うのが本意であるといわれています。

その一方で「たちあがれ日本」は、いろいろなところから中山成彬氏、田母神氏を「入れるな」という圧力がかかっているとか。

逆にいえば、いま、政界工作を急ピッチで進めている中共にとって、もっとも恐ろしいのは、平沼、中山、田母神三氏ががっちりと手を握り、真の護国救国政党として旗揚げすること。

いわば、陸・海・空の将軍が、一致団結して護国のために立ちあがることです。

逆に、もっとも中共が歓迎するのが、各個撃破。
保守を分断し、護国の志士達を振り回し、部隊を分断して補給も断ち、孤立させて撃破する。
疑心暗鬼を誘い、仲たがいを誘い、分断を促進し、自滅させる。

一方で、反日組織には巨額の資金を与え、ゆるぎない大同団結を実現する。

日本は、まさにいまこの術中にはまりそうな情況に至っています。

どうやら中共による工作は、保守の中にも進んでいて、平沼赳夫氏らと、中山成彬氏、田母神俊雄氏らとの離間工作が、目下進行中なのだそうです。

軍隊でいえば、平沼氏、中山氏、田母神氏は、保守の将軍級の人物です。

青年将校や、われわれ兵が活躍するには、まずは将軍が結束し団結してくれなければなりません。

日本は、中共のものではないのです。

日本を護るために、4月28日は新宿西口へ集合し、三氏の合体を訴えよう!!

≪平沼赳夫氏オフィシャルホームページの御意見箱≫
http://www.hiranuma.org/new/debate.html

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

【ニュース Pick Up】「舛添新党」「たちあがれ日本」に関して[桜H22/4/22]
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

-

拡散依頼!
【保守割れの小党乱立が議席にどんな影響をもつか、計算してみた。】
http://twinklestars.air-nifty.com/samurai_woman/2010/04/post-f4c9.html

小党に分裂するということは保守派議員が国会に法律を提出できなくなることになる。

つまり、参議院選で小党乱立すれば、参議院も2/3ラインを達成し、憲法改正も自由に民主党の思うままになり、法律の提出権のある自民党の力が極限まで弱まる。 日本をよくしようという意志があるなしにかかわらず、小党に分裂した人々に一票でもいれれば、参議院選以降、完全独裁、国の根幹の憲法すら自由にできる体制が整う。 まっすぐに共産主義、日本自治区に向かって暴走することになる。

こんな簡単な数字マジック、議席数と質問時間、議席数と法案提出権。どう考えても自民温存以外に対抗する力はない。

-

海外の対日論調より
【感々学々】海外の対日論調より[桜H22/4/23]
http://www.youtube.com/watch?v=uyV5TzKEPzs&feature=channel
SakuraSoTV — 2010年04月22日 — 鳩山内閣の「子ども外交」により、日本の信用は地に墜ちた状態である。国内のマスコミはこれを正確に報道しないが、実際に海外ではどのように論評されているのか、その一部を御紹介いたします。

ジャギ様

保守を前面に何をやるかが問題です
 子ども手当、外国人住民基本台帳法などの法律だけでなく人権擁護法案、外国人地方参政権など喉元まで迫った法案をガラガラポンのちゃぶ台返しにするには、強い求心力と国会運営力が必要となってきます。
 政治の世界はリアルな権力闘争であり、善や正義が勝ち残るわけではありません。
 一般大衆には「保守」は票になりえないことを、ねずきちさんは身をもって知っていることと思います。

 今も昔も日本国民の関心は、日本経済のダイナミズムをいかに盛り上げるかに向いています。
 強力な内需振興策(日本の未来の発展に資する)を早急に(しかも税金を使わずに)打ち立てるべきでしょう。

【ヒント】 現在250cc以下のオートバイは、排ガス規制で軒並みパワー半分のヘタレと化し、中古バイクに人気が集まっています。(4月に107ccの中国製ホンダのバイクを買いましたが、質感は向上しても2スト50ccより出力ダウン→慣らし中ですが余裕で時速30km以下の走行ができます。)
 原付免許(50cc以下)の岡持ち業界は、現在の車両が寿命を迎えたら死活問題となる状況となっています。

 そこで提案ですが、道交法を改正して原付免許で排気量150ccまで乗れるようにするのです。
 この政策だけで、貧しく娯楽の少ない若者は新党に1票入れるでしょう。(取得年齢も18歳以上にすべきか)
 また、軽自動車税は自治体から警察に移管して60%代の徴収率を低コストで100%すべきです。

 他にも酒税→小規模特定プラントによる自家醸造を特例で認める→自家製ビールや日本酒で客をもてなす新文化が金持ちのステータスに→庶民も倣って内需振興(現在の日本酒は殆ど外国米で造られています。)
 といった具合に税法や、規制を緩和するだけで国民の多幸感を増大させる政策は幾らでもあるのです。

No title
管理人様、いつも更新お疲れ様です。

その舛添新党についてですが、
舛添議員は下記に記すURLの動画(新党立ち上げの記者会見?)
においてマイクの前に置かれた日の丸の旗を
「邪魔だからどかしてください」
と言ってスタッフに下げさせるシーンが映っています。
私にはこのワンシーンが引っかかって仕方がなかったのですが、
管理人様の記事の内容と照らし合わせると
この一見ささいなシーンにも意味があるような気がしてきます。
動画の11分あたりに問題のシーンがあります。
不愉快かもしれませんが一度お確かめください。
http://www.ustream.tv/recorded/6374816

山河

プラカードを持ってかけつけてください!
ねずきちさん 
新宿西口で大きな声援をお願いします。

FAX作戦をもしまだの方は水間条項さんのブログを参考にお願いします。日本に今こそ本当の本物の議員さんが必要な時です。
http://blog.goo.ne.jp/mizumajyoukou
FAXをどんどん送ってください。
中山成彬先生の教育、田母神先生の防衛、平沼先生の経済、どれも日本を強固にさせる為の一番ベーシックなものだと思います。
頑張れ日本、中国なんか吹っ飛ばせ!

悪党自民党

前官房長官・河村をビビらせた野中広務の告白

機密費食い逃げ疑惑に新証拠

新築祝いに3000万円!?自民党の河村建夫・前官房長官がビビりまくっているという。
河村は政権交代直後の昨年9月に2億5000万円もの
官房機密費を引き出したとして、
大阪市の市民団体に背任容疑などで東京地検に告発されている。

この問題に関連し、思わぬところから新証拠が飛び出した。
野中広務元官房長官がテレビで官房機密費の使途を洗いざらいブチまけた一件だ。
河村を告発した原告代理人のひとりで弁護士の辻公雄氏はこう言う。
「野中氏の発言で、官房機密費があらためて情報収集に使われていないことが分かりました。
野中氏の発言を載せた記事を基に先週、東京地検に証拠資料の請求をしました。
河村議員の件が訴訟になれば、
野中氏を裁判の証人として呼ぶことも検討したいと思います」

野中の衝撃告白は、先週放送された「官房機密費の真実」(TBS系)。
番組で野中は、官房機密費の使途をバクロした。
「総理の部屋に月1000万円。
衆院国対委員長と参院幹事長に月500万円ずつ持って行った」
「政界を引退した歴代首相には盆暮れに毎年200万円」
「外遊する議員に50万~100万円」
「(小渕元首相から)家の新築祝いに3000万円要求された」と次々に明らかにしたのだ
「これはもう公私混同どころのレベルじゃなく、
税金ドロボー、公金横領ともいえる驚愕の実態です。
告発されている河村はもちろん、
自民党の歴代首相や官房長官はみな泡を食っています」
(司法ジャーナリスト)
野中証言にはもうひとつ注目発言があった。
「(政治)評論をしておられる方々に盆暮れにお届け」と明かしたことだ。
「テレビに出ている政治評論家やタレントが
数百万円を提示されてマスコミ工作をお願いされたという話もある。
この人たちが“毒まんじゅう”を食べていたと仮定すると、
官房機密費のニュースに触れない理由が分かります」(民主党関係者)
鳩山政権が、歴代政権の官房機密費の使途を完全公開すれば、
政界と大マスコミは一気にガタガタだ

ぽんた

クーデターがダメなら、民衆暴動で政権転覆へ
前から売国民主党に危機を抱きクーデターを呼びかけていたが、
なんのことはない、我が国の主権者は我々国民であり、
国民が選挙で選んだ政権与党が詐欺集団だと分かったのであるから、
主権者達が一致団結してレジスタンスとなり、民主暴動で政権を転覆させればよいのである。

政府や与党に対してリコール権が無い以上、それは正当な権利である。

訪問販売ですらクーリングオフがあるのに、詐欺師の政治家に対してリコール制度が無いのがそもそも間違っているのである。

自らの間違いは自ら正さなければならない!
自分で撒いた種は自分で刈り取らなければならない!

民主党を選択した日本国民全員で決起すべきときである。

愛信

鳩山首相団体偽装献金:首相不起訴相当 地検捜査にも疑問 規正法改正に言及
鳩山首相団体偽装献金:首相不起訴相当 地検捜査にも疑問 規正法改正に言及

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100426dde041010013000c.html

東京地検・大鶴基成次席検事は「本日議決書の送付を受けた東京
第4検察審査会の議決については、基本的には、検察の判断にご
理解を得たものと考えている」とのコメントを発表した。

法務大臣千葉景子の支配する検察の意向に従った検察審査会の
議決は意味なし。

【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi
【政治・経済タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

-

No title
日本はどうなるんでしょう・・・参院選で共産化に歯止めを
かけられるのか、一気に左に傾いてしまうのか。
新党乱立が「日本解体第二工作書」のままというのが恐ろしいですね。思惑通りに真の保守が潰されない為には国民が歴史を学び、世界情勢を知り、賢くなるしかないと思うのですが、現状は厳しいです。
とにかく参院選まで、出来る限り周知活動していきます。

-

子供手当ブローカーと長妻昭の「直接対決」を望む!
本ブログ2月25日附記事「日本国民は世界の奴隷なのか?」において、『何故、我々日本国民が「世界の生活困窮者」を、率先して救っていかねばならぬのか。孤児院の話は決してこじつけではない。当然、考えられる問題である。それに対して、何の歯止めも無いという「事実」が恐ろしい。一切を市町村の運用に任せて、実現可能だと考えるお花畑が信じられない』と書いた………
http://jif.blog65.fc2.com/blog-entry-364.html

あ太郎

日本終了の幕開け
中国機が成田空港の管制を無視して着陸。  パイロットは空軍の士官でしょう。

海上自衛隊の護衛艦に中国海軍のヘリコプターが、異常接近したことからして、これはもはや「さぐり」の段階を超越しています。

民主党はなんら対策をとろうとしません。 中国共産党の傀儡政権である民主党がするはずはありません。

経済の崩壊と国内の混乱を国民の目からそらすため、まもなく日本侵攻が始まるでしょう。 私は、まだ十年以上先だと考えていましたけど。

ダム、港湾、ゼロメートル地帯の堤防、発電所、変電所、放送局などは、侵攻開始とともに既に日本国内に送り込んだ相当数の中国人が押さえるでしょう。 つまり爆破・破壊・占拠です。

中国は、沖縄問題を含めた日本の政治状況を見て、「ここが潮時だ」と踏んだのかもしれません。

あ太郎の思いつきでないことを祈ります。




非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク