「理論」と「心」と「都合」のお話



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

よく言われることですが、議論に勝つと恨まれる(笑)
理屈っぽいと、嫌われる(笑)


なにかを行うに際し、理屈は、とても大切なことです。
だって、理屈が間違っていたら、どこまで行っても間違いです。

その理屈と理屈がぶつかるのが議論です。
どちらの理屈が正しいか、そこを議論する。

しかし、いかに論が正しくても、人には心があります。

感情を逆なでしたら、いくらそれが正しいことであっても、「俺知らね」ってなって、これが「へそを曲げる」(笑)

政治討論番組などを見ていると、よく出る言葉が、
「その件については、もっと議論しましょう。」

だけど、互いに相手を信頼し、ちゃんとした答えをだそうという建設的な意思がなければ、最終的に議論に負ければ負けた方は相手を恨むだけです。

されにいえば、よくある政治討論のように、ただ、お互いに自分の言いたいことだけを言い張るようなものは、「議論」ですらない。

つまり、議論の前に、互いの信頼とか、相手に対する尊敬や互譲、あるいは一緒に「正しい答えを見つけ出そう」という建設的な「心」が必要で、それがなければ議論は、単なる「言い張り合戦」にしかならないです。

そして、「論」と「心」に加えて、もうひとつ重要なファクター。
それが「都合」です。

実はこのお話は、先日、日心会の仲間と話していたときに、ほっしんさんから出た言葉です。

どんなに「論」が正しく、「心」も一致していても、「都合」がわるければできない。

つまり「都合」は、「論」や「心」より、どうやら優先する。

たしかにそうです。

今日どうしてもやらなければならないことと、理屈でわかっていても、やるき満々であったとしても、物理的に無理、という場合は、結構多いものです。

してみると、「論」と「心」と「都合」の3つは、どうやら何事かをなすのにあたって、とても大切な要素といえるかもしれません。

言いかえると、何事かをなすのにあたり、

「都合」>「心」>論理

となるのかもしれません。

よく、「保守どおしは仲が悪い」などといわれることがあります。

女系天皇か男系天皇か、親米か反米かなどは、ことさら保守同士の意見の対立となるところです。

いまなら、外国人参政権の問題など、大きな争点でもある。

どちらにつくか、どれを容認し、どれを否定するかなどということは、非常に大きな保守同士の壁であるかと思います。

しかし、いまの日本は、放置しておけば、売国政党と在日議員たちによって、日本のカタチそのものが失われようとしている有史以来の最大級の危機にあります。

なにせ、反日勢力の人たちは、現政権によって日本で「無血革命が出来たのだ」と言っている。政権交代によってできた現政権は、革命政権なのだそうです。

そういう日本の危機にあって、保守どおしが「論」の違いによって反目しあうというのは、たいへん残念なことなのではないかと思います。

いまは、日本を奪われないために、保守が大同団結すべきときです。

そして、そこにおいて大切なことは、なによりもまず、陛下を、そして日本を守らなければという「心」であり、まずは「反民主党」でまとまらなければならないという「都合」なのではないでしょうか。

そして、来たるべき参院選に、保守系議員が勝利を飾り、確実に過半数を得たうえで、各論においては、互いの信義と誠実をもって、こころゆくまで議論すればよい。


反日勢力は、まさに「いまこそ日本を壊すとき」という「都合」、○沢事務所から、月々のお手当が出るという「都合」でまとまった、いわばご都合集団です。

その政党の中には、個人の主張としてはあきらかに「保守系」と思われる議員も多い。

しかし彼らは、○沢事務所からカネをもらえるという「都合」で、その政党にいる。

そして、各種売国法案に、賛成の票を投じている。
論より、都合が優先し、心を失っている。

そんなものを容認するわけにいかないというなら、保守系政党、団保守系議員、そしてその応援者であるわたしたちひとりひとりが、いまは、議論はさておいて、日本を護るという心で、そして売国政権を許してはならないという「都合」をもって、団結していかなければならない。

そういうときなんだ、とボクにはそんな気がします。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

yamato.o

その通り!
仰るとおりです。この日本を護るため、細かいことは後で考えましょう。このまま行けば全ての革命法案が成立します。断固阻止するためには生半可なことでは無理です。すべての力を結集し戦うべきです。小沢一郎をなめていたら痛い目に合います。すばらしい日本を外国人に渡すわけには行きません。とにかくがんばります。今やらなければ後悔します。

あん

No title
私はこのサイトで先人たちの苦労や純粋性、公徳心にあふれるお話を読んで涙している日本大好きな人間だと思っています。保守の大同団結というご主旨はとてもよく解ります。保守同士仲間割れは反日勢力の思惑どおりかもしれませんね。私も保守同士仲が悪いのは不思議なことのように思っていたのですが、こういった小さな違いから、代々木・反代々木・核マル・中核などの内ゲバの例のように、他の者の意見を排除する傾向があるのだと思います。 カリスマ的な指導者がでないと、なかなか難しいのかもしれません。 その点、民主党の小沢さんは自分の政治理想をすてているので、すばらしい指導力を発揮されてきたんでしょうね。 大きな勢力を作るのには自分の思想のみを正義とすれば上手くはいかないでしょう。 民主党も反自民ということだけで結束してきたのだし、与党になれば全体主義者と中道主義者との内輪という構図になっていくはずでした。 日本人はここで何に求心力を求めるのでしょうか。ねずきちさんや真正保守の方々の地道な活動で、以前の倍以上の愛国者の数になっているとは思いますが、ここからは正に保守の正念場です。今の政治家の多数は、労働組合・企業・医師会・農協など団体の利益を代表している者たちばかりであって、真の国益を目指す政治家はだれなのか検討もつきません。若手の政治家は単に自分の手腕を発揮することを目標とし、ベテランには純粋性の欠如が否めない。しかしこんな混乱期こそ腹の座った真の英雄がでてくるような気もする。

通りすがりの名無し

No title
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10565626
こちらも、のぞいてやってください。

愛信

上海万博・日本館は1日、日の丸の掲揚を見送った。
上海万博・日本館は1日、日の丸の掲揚を見送った。

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100501-OYT1T00433.htm?from=navlp

多くの国のパビリオンが国旗を掲げる中、上海万博・日本館は1日、
日の丸の掲揚を見送った。 担当者は「過去の万博でも掲げなかっ
たことはある」と説明するが、反日感情に配慮した措置と見られる。


国旗日の丸を切り刻み売国法案を推進する売国政党民主党や
このような国辱行為を容認した鳩山内閣を直ちに解散させよう。

【マスコミ隠蔽の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

ヒトデ

日本解放第二期工作要綱
自民党が「多数の小党」に分裂していく状況を見るにつけどうしても脳裏に浮かぶのは…

日本解放第二期工作要綱
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/S47/4708/470801china.html

「日本解放第二期工作要綱」(B)
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/S47/4708/470801Bchina.html
のくだりです。ねずきちさんの御懸念は妥当と思います。

頑張れ日本軍

働く野党 蹄疫対策本部記者会見(2010.4.30)
働く野党 蹄疫対策本部記者会見(2010.4.30)
http://nico.ms/1272621435
宮崎県で家畜伝染病である口蹄疫が拡がっていることを受けて、口蹄疫対策本部(本部長・谷垣禎一総裁)は4月30日、政府に対し万全の対策を講じるよう申し入れました。 申し入れ終了後、宮腰光寛事務局長は党本部で記者会見を開き、政府の対応のまずさを批判しました。

-

【厳喜に訊け!】世界同時金融保護主義-渡邉哲也氏に聞く[桜H22/4 /28]
http://www.youtube.com/watch?v=2WxMFrafexo&feature=channel
SakuraSoTV — 2010年04月27日 — リーマンショックに端を発し、ギリシャ危機から欧州全土に飛び火しつつある世界金融危機。各国とも保護主義に走るなか、世界経済を席巻してきたグローバル主義は終焉を迎えるのか?今回は「経済討論」でもお馴染みの渡邉哲也氏をお招きし、拡大版で経済・金融問題を論じていきます。

-

【海軍哨戒艦沈没】海軍参謀総長「必ずより大きな代価を支払わせる」
金盛賛(キム・ソンチャン)海軍参謀総長が海軍哨戒艦「天安(チョンアン)」沈没事件と関連し、報復の意志を明らかにした。29日に平沢(ピョンテク)第2艦隊司令部で行われた46人の勇士の告別式でだ……
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=128709&servcode=200

杜若

No title
協調、共生とは確かに一方通行では、成り立ちませんね。
一個人はともかく、共同体に宗教のようなものは適用できません。
ある共同体がともに生きようとすれば、やはりそこにはある程度の共通認識が存在しなければ非常に困難なものとなりますよね。
その共通認識が非常に遠い民族が、隣にいる。
まあ、なんという皮肉かと思います。

ちょっと的外れでしたので追記
そうです、まずは日本人が、今失おうとしている尊い民族性を覚醒させることが第一ですよね。
このブログをなにか国粋主義のように勘違いされておられる方々も見受けられますが、私としてはねずきちさんのおっしゃることは、プラトンのイデアに相当するものと思っています。正三角形というイデアは存在しても実世界に正三角形は作りようがない(厳密な意味で)。

現実世界で人間関係に疲れるほど、そのイデアなるものに拒否反応を示す方も多い。しかし、そこは勘違いされないほうがいいのではと、私なりに思っております。

日本人というイデアは提示できても、現実は様々。
しかし、それは確かにあるし、、、あった。
その復興が急がれます。

、、ややこしく書いてしまいましたが、荘子が述べるように、あんまり歩き方のことをとやかくいうと歩くのさえままならなくなります。
とにかく、日本人の足跡をねずきちさんと歩けば答えはでてくるのではと思います。
こんなことを書くと、またとやかくいわれそうですが、、^^。

日本人
矢張りグローバルや国際化・民主的と叫ぶ前に、始めに日本国家が有り、日本人であることを認識する事から始めないといけない人が、政治家にも経済界にも多すぎます。
それからの協調であり・共生で有るのではと考えています。

杜若

No title
他を認めるか、認めないか。他者を尊重するか、あるいは貶めるか。自分だけの安寧に生きるか、それとも他者と共に苦労しても生きようとするか。

そんな命題が、人類の歴史のなかで延々と繰り返しているような気がします。
本来的には、人類とは、協調し、協力し、他者の力を素直に認め、競争し高めあえば全体が豊かになっていく。

そんな事は百も承知の介でしょうけれども、感情が許さない部分がある。宗教の世界で言うところの、穢れの部分でしょうか。
日本の歴史には貧しい時も多々あったけれども、その時は皆が貧しかった。しかしそんなんかで助け合い、自らの仕事を職人魂というもので最高の仕事をすることを生きがいとしてきた。

人は、ある程度豊かになると、そんな大事な事を忘れてしまうのでしょか。他者を排斥し、認めず、貶める行為は結局は一時凌ぎの気分の開放でしかないことを。

助けあい、協調し、共に研鑚し共にゆたかになる。
言い換えれば絶対善を規範としようとする自由主義と相反した共産主義という美名ではあっても究極の利己主義の違いであるかもしれません。

他者を尊重するところに、共生は成り立つ。
我々はそのことに、時あるごとに気づき、はっとさせられる。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク