伝書鳩物語



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

伝書鳩
伝書鳩


最近はあまり見かけなくなったけれど、筆者などが小学生の頃は、近所や同級生に、結構「伝書鳩(でんしょばと)」を飼っている人がたくさんいました。

伝書鳩というのは、は、カワラバト(ドバト)などのハトを飼い馴らして、ハトの帰巣本能を利用して、遠隔地からハトにメッセージや小さな荷物などを持たせて届けさせるというものです。

伝書鳩とヒトとの関わりは非常に古く、古くは旧約聖書のノアの箱舟に、小枝を届けた鳩の記述があり、紀元前約5千年のシュメールの粘土板にも使用をうかがわせる記述、紀元前3千年のエジプトでも、漁船が漁獲量を陸に伝えるために使われていたという記録があります。

ギリシャのポリス間では、競技会(いまのオリンピック)の覇者について、鳩の足に赤いリボンを結び付けて、故郷に勝利と栄光を伝えたのだそうで、ローマ帝国の時代になると通信手段として広く普及。

さらにジンギスカンも、カエサルも、ナポレオンも、戦いの状況報告に伝書鳩を使っています。

日本でも、飛鳥時代には輸入され、江戸時代には広く普及しています。

なるほど、伝書鳩は昔は使われたものだ・・・とご理解いただけると思うのですが、実はこの伝書鳩、大東亜戦争でも、大活躍をしています。

昨日の記事で、パラオ・アンガウル島の戦いで、艦砲射撃で島内の通信がズタズタに切断された中、残った通信手段が伝書鳩しかなかったということを書きました。

いま、事業仕訳で日本における「塩」の備蓄が民主党の「仕訳人」たちに「不要」であるとレッテルを貼られていますが、筆者から見ると、

「えっ?! たった10万トン(3か月分)しか備蓄がないの?」という感じです。

何十年も洪水が発生してないから、堤防を築いたりメンテナンスしたりする必要が「ない」ことにはなりません。

万一のことに備える。それは国家としての大命題です。

脱線しましたが、なるほど世の中にはハイテクが発達しましたが、なんらかの天変地異で電力の供給がなくなったら、日本の情報通信ネットワークは、その時点で壊滅です。

早い話、まるで無防備な北陸の原子力発電所ひとつが、どこかの隣国の軍隊によって破壊もしくは占領されたら、その時点で、関西から東海地方の電力はアウト。

充電しなければならない携帯は使えないし、電話もダメ、パソコンもテレビも全部、ダメ。真夏の猛暑にエアコンもダメ、高層ビルではエレベーターも停止です。
どうすんでしょうね。

ローテクといって馬鹿にするようなことが、最後土壇場になると大きな力を発揮する。

そして平時には不要不急に見えることが、実は災害などの非常時にはたいへん重要なことになる。

そういうことを、日本人は忘れてはいけないのだと思います。

さて、伝書鳩です。

フランス革命のとき、王妃マリー・アントワネットは、投獄中に伝書鳩で外部の王党派と連絡を取り合っていました。
雪のような純白の鳩だったそうです。
マリー・アントワネットは、その鳩を「La Naige(ラ・ネージュ、雪)」と呼んで可愛がっていたとか。

日露戦争(1904~1905)では、旅順要塞のロシア軍が伝書鳩を使って外部と連絡を取りあいます。
乃木大将率いる日本軍は、これにおおいに困り、宮中に鳩退治のために「鷹」を出動させてくれ、と要請します。
ところが、鷹には鳩を襲う習性がない。
そこで宮中では、急きょハヤブサの育成をはじめますが、その訓練半ばで旅順要塞は陥落してしまった。


伝書鳩は、第一次世界大戦(1914年~1918年)でも大活躍します。
なんと20万羽以上が使われた。

この時代には、電話も電信も普及しています。
しかし情報通信の分断は、戦略上非常に重要な作戦です。

電話は電線を切断されしまったらアウトだし、電信も未だ無線技術が確実性が乏しかったのです。
だから伝令に伝書鳩は欠かせなかった。

第一次大戦後、イギリスは、「もう戦争も終わったし、事業仕訳して経費を節減しちまえ」と、軍の鳩舎を閉鎖し、2万羽の伝書鳩と四百人の専門トレーナーを解雇してしまいます。

一方、巨額の賠償費を取られることになった敗戦国ドイツは、長引く不況の中でも伝書鳩の飼育を継続し、ヒトラー率いるナチス党が政権を握って間も無くの昭和九(1934)年には、完全に法のもとで、伝書鳩を政府の保護下に置きます。

ヨーロッパにナチスドイツが台頭し、再び戦争の影が差し始めた頃、ハイテク無線が通信の主役になっていたイギリス軍部にあって、オスマン少佐という人が、伝書鳩の重要性を説き続け、2年がかりで軍内部に伝書鳩局を開設させ、飛行機には万一に備えて必ず伝書鳩を搭乗させることを義務付けます。

多くの人から「無駄なこと」「経費の無駄遣い」と、そしられる中で、いよいよ第二次世界大戦が始まる。

間も無く、スコットランドを発った一機のイギリス軍爆撃機が、ノルウェー沖で、エンジントラブルで墜落します。

この機に搭載された伝書鳩のウィンキーは、なんと墜落の衝撃に堪え、海水と油にまみれてさんざんな状態になりながらも、二月の寒風吹き荒ぶ夜空の洋上を飛び続け、翌朝、未明には基地に帰還して鳩小屋係の軍曹に発見されます。

ウィンキーが帰還したとき、救助本部では既に墜落現場の捜索が、その広過ぎる捜索範囲に、もはや断念、とされていたのですが、ウィンキーの体の状態と凡その飛行時間から遭難現場の絞り込みに成功。

救命ボートで洋上を漂っていた乗組員、全員が無事救助されています。

この一件で、ウィンキーは戦時功労賞として、軍用犬18頭、軍馬3頭、伝書鳩32羽を受賞し、伝書鳩局は一躍脚光を浴びる事になります。

ウィンキーと仲間たち
ウィンキーと仲間たち


イギリス軍の伝書鳩は、さらに大活躍をします。

アメリカ軍が、ドイツ軍の占領下のあるイタリアの街を爆撃しようとしたときのことです。

イギリス軍がその町に到着すると、ドイツ軍はすでに撤退したあとだった。

イギリス軍部隊が、敵不在、爆撃中止を米軍に伝えようとしたら、無線機が故障して連絡が取れません。

爆撃開始予定時刻まで、あと20分。

急遽書簡を託された伝書鳩、その名も「GIジョー」は、米軍基地までの32キロの道程を、時速100キロノ猛スピードで飛び、間一髪、出撃直前の爆撃機部隊を止める事に成功しました。

これによって命拾いしたイギリス軍兵士の数は1千人以上にのぼったそうです。

こうしてイギリス軍の伝書鳩による伝令成功率は、なんと98%。

これに対抗してドイツ軍では、フランスやベルギーから大量のハヤブサを放ってイギリス軍の伝書鳩を襲わせます。

ハヤブサは、水平飛行時の飛行速度は鳩と同じで時速100キロです。
ところが、獲物をとらえるために急降するときは、なんと時速300キロの猛スピードになる。
この速度は、鳥類最高なのだそうです。
訓練を積んだ伝書鳩でも、これには敵わない。
しかも、上空背後は、視野の広い鳩にとっても死角です。
狙われたらまず助からない。

ところが、1942年にベテラン鳩飼育者チャーリー・ブルーワーがフランスに送り出した「エクセターのメアリー」は、幾度もハヤブサの鉤爪を逃れて舞い戻ったそうです。

ある時は胸を22針も縫う大怪我を負っていたけれど、それでも回復すれば戦地に送られ、必ず戻ってきた。

最近の研究で、賢い鳩は、ハヤブサが獲物を鉤爪にかけるときに、ほんの一瞬、空中で一時停止する、そのときを見計らって、羽ばたくことを停止し、石のように急速落下することで、逃げ延びることが明らかになったそうです。
おそらく、メアリーはこの方法で、ハヤブサをふりきり、なんと第二次世界大戦を終戦まで生き残っています。


ちなみに、携帯電話の普及から、最近では、鳩の地磁気探知能力が影響を受け、1990年代後半から、日本国内でも迷子になって帰巣できない伝書鳩が激増しているのだそうです。

いまでは、国内だけで、帰巣できない鳩が年間60万羽にのぼるとか。

「平時にあって戦時を忘れず」というのは武家の心構えですが、平時にあってもあらかじめ非常時への備えをする、というのは国家の運営にとってとても大切なことです。

塩の備蓄そのものを、あたまから「不要」と鼻で笑うような人間に、たとえそれが国会議員であったとしても、たいせつな国家の予算や国政を任せることはできない。

ヒトには、誰しも間違いがあるものです。
失敗の連続が人生でもあります。
だから失敗がある、ということは、それ自体はとても良いことです。

しかし、同じ過ちを二度繰り返すのはアホです。

前回の衆院選で、「自民党にお灸を据える」、あるいは「子供手当をもらえると助かる」などと民主党に投票したみなさんは、次回以降の選挙では、絶対に、同じ「あやまち」をしないでいただきたいと思います。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

満州行進曲


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

Keito(けいと)

No title
とても興味深いエピソードでした。久しぶりに鳩小屋で、クークルクーと独特のリズムで鳴く伝書鳩かレース鳩かを思い出しました。近くで飼っていたりすると、知らず知らず眠くなって困った事があります。

>「平時にあって戦時を忘れず」
戦争なんて”今の時代にありえない事”と皆どこかで思い込もうとしているけれど、何かのきっかけで、押し流されるように巻き込まれて行く可能性はいつも隣にありますね。

電池を除いて、電気が止まれば動かないものばかり…と、備蓄を考えた際に改めて知りました。短時間の停電でも薄暗い部屋の中でうろうろしなくてはならない現在の生活です。

国には無駄と切り捨てる物の見極めと想像力を鍛えて欲しいです。私事ですが、何年も保管していて流石にもう要らない、と、捨て去ったとたんに必要になるという経験を何度かしていますし…塩のような生命を維持するのに必要なものを、年単位で備蓄しても無駄とは思えません。何かの時には他所の国に融通する事も出来るのですから。

派手さが薄れた事業仕分けですが、相変わらず根本的な公務員制度などには手を付けずに、国民の体に触れる所まで削り始めているように思えます。

伝書鳩の今昔が現在の日本を鮮明に現していて寂しさを覚えます。携帯が使えなくなった状況下で、迷える伝書鳩が次々と帰巣する姿を想像すると複雑な思いがします。

日本人

緊急事態です

民主党が、政権を批判するブログ等を閉鎖できる法案放送法改正を27日に法案成立予定だそうです。

日本が、終了してしまいます。

-

No title
こちらもお忘れなく。

沖縄米軍基地 驚きの実態“軍用地”に投資家が熱視線 (1/2ページ)
2010.5.25 21:00

http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100525/biz1005252104049-n1.htm

http://sankei.jp.msn.com/photos/economy/business/100525/biz1005252104049-p1.htm

どこかの与党幹事長が、辺野古付近に土地を買っていたような覚えが…

linkstation復旧

No title
なるほど、勉強になりますね。いつも見てます

やっち

日本で毎日見かけるのは、電波で頭をやられて迷走状態の鳩ですね。


彼をニュースで見るたびに、憂鬱になる……

azumogama

yo!
66兄

 居ましたいました 小生の中高の同盃にも!

 小鳥家の息子で、兄貴は東大、弟は阪大!!!
そんなこたは!どうでもええとして!

 美しい はっとする 鳩ですね!!

 目が、鳩山総理に似ている????

怒るで!!!どっちが???

 六六兄 立候補伏してお願い致します。
 一票お入れ致しますがな!!!色付きの文字

-

Bullet Ballot
4/6【外国人参政権阻止】埼玉県民大会 パネルディスカッション1[桜H22/5/24]
http://www.youtube.com/profile?user=SakuraSoTV#p/u/8/AX-vg57sYT4
SakuraSoTV 2010年05月22日
昨年12月の県議会にて、請願採択の上「永住外国人への地方参政権付与の法制化に慎重な対応を求める意見書」「選択的夫婦別姓法案提出について慎重な対応を求める意見書」「改正国籍法に基づく国籍取得の厳格な審査を求める意見書」がそれぞれ可決され、今国会へ提出されるに至った埼玉県で開催された『外国人参政権阻止!埼玉県民大会』の模様を拡大版でお送りします。

5/6【外国人参政権阻止】埼玉県民大会 パネルディスカッション2[桜H22/5/24]
http://www.youtube.com/profile?user=SakuraSoTV#p/u/7/lDnB4oqiXt8

6/6【外国人参政権阻止】埼玉県民大会 パネルディスカッション3[桜H22/5/24]
http://www.youtube.com/profile?user=SakuraSoTV#p/u/6/fIehpQMM_Xs

スカイキッド

伝書鳩と言えば…
☆昔のマンガアニメで不思議と全く話題にならないのが
「チキチキマシン猛レース」の後番組の「スカイキッドブラック魔王」です。
私は子供の頃、夢中で観ておりました。後年に発売されたビデオも持っております。
あのブラック魔王の航空隊と伝書鳩との珍妙なる空中戦は、今でもワクワクするものがあります。
毎回登場するブラック魔王側の珍型飛行機は「ヤッターマン」のドロンボーメカの原型というべきものであると考えてます。
たった1羽の伝書鳩を捕まえるために必死で攻撃を仕掛けるという、
他人から見れば馬鹿馬鹿しい事に夢中になれる情熱は、宮崎アニメにも一脈通じるものがあるでしょう。
しかし、それが史実を下書きにしていたとは、全くアニメではあるが侮れない。
ねずきち様、楽しい思い出を甦らせて下さって有り難うございました。

憂国子

◆◆宮崎種牛49頭助命嘆願署名へご協力◆◆
>ねずきち様、
今回の仕分けで、農業???基金がバッサリ仕分け!
伝書鳩は、優れているのに、日本の鳩(山)以下Loopies
の強欲と自己保身・独裁にはウンザリです。
全て、中途半端で、本人達の仕分けが1番の国益ですね

>やまと新聞の件も微力ながら、拡散して参りました。
今回・・「博士の独り言」さんが
★★宮崎県種牛49頭の助命嘆願・署名★★
を、MAIL FAX 郵便 バージョンでUPしております。
MRT「口蹄疫」報道特別番組 を観て、毎日泣いております。山田の牧場の肉も、赤松も許せません。

※是非・・皆様も「宮崎種牛49頭の助命嘆願署名」に、
ご協力をお願い申しあげます。
※「朝日新聞が今期赤字」です。淘汰されますね。
TVも軒並み視聴率低下・スポンサーはPCへ
>今日も私は微力な飛べない伝書鳩です。ご自愛を。

ぱと

事業仕分けといえば・・・
こんにちは いつも拝見しております・・。
大変勉強になっております。

さて、現在喧しい"事業仕分け"ですが、なにやら外野が騒がしくなってませんか?
仕分け会場内の傍聴者です。品のないヤジを仕分けされる側にとばす・・・・・・。
見ていて????あの人達は何?

・・・・・・・・・おかしなことばかりです。

応援しております。

-

ロボット 非民主党
2010/5/24【衆院倫理選挙特別委・史上最悪の政権、今日も強行採決!】
国会議員の選挙等執行経費基準法改正法案(174国会閣19)

これまでの強行採決
1)平成二十二年度における子ども手当の支給に関する法律案(衆院)
2)平成二十二年度における子ども手当の支給に関する法律案(参院)
3)医療保険制度の安定的運営を図るための国民健康保険法等の一部を改正する法律案
4)国家公務員法改正案
5)地球温暖化対策基本法案マイリスト
http://www.syawaful.com/nicotter/watch/sm10830750

bb

ねずきちさん、おはようございます。
先日、中山恭子参議院議員の講演会にいきました。
「今の政権は革命政権です。国家感が違うんです。今まで日本は文化や制度を引き継ぎながら続いてきました。伝統を守りながら、変えなければならないところは変えてきました。

革命政権は伝統や価値観を全部壊してから、独裁政権を目指すのです。」

本当だと思います。塩を事業仕分けの対象とした時点で、この人たちは人の命など頭にないと思いました。人の命でさえ、大事にしない人たちが、牛や豚の命をわが事として考えられるわけがない。

口蹄疫にたいする大臣、副大臣のコメントに優しさのかけらも見えません。背筋が凍るようなコメントばかりです。

無駄だといわれたら、反論の余地がないようですが、無駄って何でしょう?無駄と呼ばれる組織や行為で日々努力している人たちの真実に、一部の天下りを血祭りにあげている彼らと、それに拍手を送り、自分の溜飲を下げる人たちは、どう責任を持つのでしょうか?

今医師不足とか騒いでいますが、思い出してみてください。医局制度を諸悪の根源だと大騒ぎしていた頃を。結局医局制度の崩壊が今を招いています。

この頃、TVや大手メディアが嬉々として伝えることは、後でとんでもないことになると思って見ています。

彼らは「マッチポンプ」です。相当無責任な!

. 

宝くじを仕分けた途端に、宝くじ詐欺で逮捕
そう言えば、仕分に絡んだ、こういう事件もありました。
民主の小宮山議員の実景が宝くじ詐欺で逮捕されたそうです。
余談ですが、宝くじ廃止というのは、地方を経済的に締め上げる効果もあったようです。

詐欺:小宮山泰子議員の兄を逮捕 宝くじ販売権詐欺容疑
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100525ddm041040160000c.html

.

密かな予算の復活
「仕分」したはずの予算が、突然復活を遂げているケースが多々有るようですね。
仕分第二弾が始まる前に、ニュース番組で報道されていました。

かっこよく仕分ている映像だけが流されていますが、その後、仕分けたはずの予算が密かに「復活」している現実については、知らない人が殆どではないでしょうか?

予算復活の条件は何でしょうか?
小沢一郎への忠誠でしょうか?
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク