竹カゴとカーボンナノチューブ・・・飯島澄男博士



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

宇宙エレベーター
宇宙エレベーター


「宇宙エレベーター」構想というのがあるんですね。

人工衛星から地球へ垂らしたケーブルを伝ってエレベーターで、人やモノが上下する。
これなら、大気圏突入時に高温に晒されることもないし、人々が自由に宇宙空間に遊びに行けます。

でも、ボールに割り箸を立てたら、ボールがひっくりかえってしまうのと同様、重たい物質で、エレベーターを作ったら、地球がヤバイ!

夢物語と思われていた構想なのですが、なんと日本の技術で、いまや実現可能段階に至っています。

どういうことかというと、宇宙ステーションから、地球に糸を垂らす。
まるで芥川龍之介の「蜘蛛の糸」ですが、その糸にエレベーターをつけて、上下する。
これなら、地球がひっくり返る心配がありません。

なんと、この糸を開発したのは、埼玉県越谷市の方です。

名前を、飯島澄男(いいじますみお)博士(NEC特別主席研究員、名城大学理工学部教授)といいます。
昭和14(1939)年生まれの方です。

飯島澄男博士
飯島澄男博士


発見したのは、平成3(1991)年。
発見した物質は、カーボンナノチューブといいます。
この名前をつけたのも、飯島博士です。

カーボンナノチューブは、直径0.5~10ナノメートルのチューブ状の形の炭素(カーボン)の結晶です。飯島博士は、この功績で、ノーベル賞候補のひとりとなっています。

発見したカーボンナノチューブは、なんと、アルミニウムの半分という軽さ、つまり、綿よりも軽く、強度は、鋼鉄の20倍です。繊維方向の引っ張り強度では、なんとダイヤモンドより硬い。

しかも、しなやかです。弾力があります。

加えて、銅の1000倍以上の高電流密度耐性があります。
高熱伝導特性は、銅の10倍です。

おかげで、いろいろな可能性が生まれてきた。

冒頭の宇宙エレベーター構想の実現もそうだし、1000GB以上のナノ光ディスクの開発、原子間顕微鏡の探針や、ナノピンセット、超伝導への応用等々、とにかくこのカーボンナノチューブによって、いろいろな未来の可能性が広がっています。

たぶん、機動戦士ガンダムのようなガンダムスーツは、カーボンナノチューブ素材が使われるのじゃないか。なにせ布よりもはるかに軽くて、強度はダイヤモンド以上で、しかもやわらかくて柔軟性がある!!

とまあボクのような素人から見ても、とにかくものすごい物質です。

カーボンナノチューブ
カーボンナノチューブ


上の図が、そのカーボンナノチューブなのですが、何かに似ていませんか?
そうです。
日本に古くからある「竹カゴ」です。

竹カゴは、細く切った竹ひごを、六角形に組み合わせたものです。
日本の竹カゴは、ものすごく丈夫で、いろいろなものに応用され、使われている。

その竹カゴを、飯島博士は、電子顕微鏡の中で発見したのです。
そしてその竹カゴが、将来、宇宙エレベーターになって、人々を宇宙に運ぶ!!

竹かご
竹かご


飯島博士は、少年時代、植物や昆虫の採集、魚釣りが趣味で、鳩やウサギ、カエルやカニの飼育などもされていたそうです。

都立上野高校を卒業後、電気通信大学に進み、そこから東北大学大学院で博士号をとり、米国アリゾナ州立大学の研究員として12年間を過ごしながら、物質構造を原子レベルで解明する高分解能電子顕微鏡技術を世界に先駆けて開発されています。

そのご縁で、電子顕微鏡を使った物質のナノメートルレベルの構造や物理現象の探求が専門となって、カーボンナノチューブの発見に至ったそうです。

博士はよく、「セレンディピティ(serendipity)」という言葉を使われるそうです。

「セレンディピティ」というのは、何かを探しているときに、探しているものとは別の価値あるものを見つける能力のことです。
ふとした偶然をきっかけに閃きを得て、幸運を掴み取る能力のことです。

しかし同時に博士は、そういうふとした偶然の幸運を得るには、そこに至る「過程」が大事ともいいます。

飯島博士は言います。

~~~~~~~~~~~~~

先にも述べましたが、「人のやったことはやらない」というのがポイントだと思います。

でも、「人のやっていないことをやる」というのは、強いモチベーションに裏付けられなくてはなりません。

日本の若い皆さんにお願いしたいことは、「日本に誇れる研究成果を生み出して欲しい」ということです。

誇れるものがないことは、世界の中で伍していくとき、精神的ゆとりができません。

日本の文化を創造するんだ、というぐらいの自負が必要です。

例えば、私の専門である電子顕微鏡による研究や製造技術は、世界に誇れる技術だと思っています。

ぜひ、皆さんも世界に誇れる科学・技術を創造してください。

~~~~~~~~~~~~~~

博士は、ご自身のカーボンナノチューブの発見にすいて、

「何かの意思が働いていた」
「単なる偶然ではなかったように思う」と語られています。

博士はおそらく、そこに神仏のご意思というか、ご加護のようなものを感じたのではないか。

イチロー選手が以前、「神が降りてきた」と発言したことがありました。

そして神は、おそらく日ごろから真摯に生きる、まじめに取り組む、ひたむきに頑張り抜く、そうしたところに降りて来られるものなのかもしれませんね。

ご参考
≪まず読んでください≫
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-888.html

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

【日本の技術】カーボンナノチューブ


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

おかしいのはどっち

迷宮の安来
 とにかく人類や国家、人々に貢献・還元できない学術原理はいらないと思う。

十神山

低粘度オイルフリクションに福音
 小生遅ればせながら知りました。なんかオイルが摩擦中にトライボケミカル反応によって、ボールベアリングのような結晶構造のグラファイト層間化合物を作るという物理化学を応用しているらしいですね。たぶんこれはCNTの10倍ぐらい価値のある発明になると思う。

軸受マン

熊野大佐のひとこと
 それは日立金属の冶金研究所で開発された鉄鋼材料ですね。ここは昔から数々の神話がある。

トライボロジスト

インパクトあるPV値
 そのPV値は900MPa・m/minが正しい単位だと思うが。いずれにしても素晴らしい。今後、自動車のエンジンオイルは低燃費のため時代は低粘度オイル化を進めようとしている。しかし境界潤滑状態外が頻発するのでベアリングなどの固体材料のPV値が低いと耐久性が劣化する。こういったフリクション用途に対して大きな可能性が広がっていると見る。

機械屋

驚異のPV値
 遅ればせながら私もこの材料の存在を知りました。なんとPV値が900MPa/minもあるらしいですね。

STOP温暖化

No title
 そのエコグリーン材料でエンジンを作れば、オイル交換フリーな自動車ができるんじゃないの?実現できればすごいです。

潤滑油研究者

CNT頑張れ
先日、その工具鋼の自己潤滑性とかいう話を日本トライボロジー学会で聞いたが、モリブデンとかカーボン、それにDLCコーティングなどの怪しげな論説とも整合し、油中添加剤の極圧効果にも拡張できる話は面白かった。ひらたくいえば世界初の本格的ナノマシンである分子性結晶が表面に自己組織化されて、滑りが良くなるということです。

自動車屋

地球を救うカーボンオフセット材料
 それにしても日立金属の高性能冷間工具鋼SLD‐MAGICのトライボロジー特性は凄いですね。先月の、日刊工業新聞社の「プレス技術」で読みましたが、微量の油を塗ったセミドライ状態で、摩擦させると先端技術のDLCのような自己潤滑性(摩擦係数が下がる)が出るなんて。耐摩耗性もたかいのでコーティング費用分コストパフォーマンスがよく、耐荷重能も相当応力で2500MPaと高強度でベアリング・金型などのいろんな機械の転動・摩擦・摺動部品に使えそうだ。まさにノーベル賞級の発明だ。

鉱山工具屋

インパクトある話
 このまえのNHKのクローズアップ現代で、やっとシェールガス革命の事の重要さを認識しました。それでいろいろと調べていると、なんかその自己潤滑型高性能工具鋼が掘削用のドリルの材質に使われたこともブレークスルーの一助となったとか。

冷間金型屋

トライボロジーマジック
 島根県安来市に巨大な工場を構える日立金属が開発した新型工具鋼 SLD-MAGIC(S-MAGIC)は微量な有機物の表面吸着により、金属では不可能といわれていた自己潤滑性能を実現した。この有機物の種類は広範囲で生物系から鉱物油に至る広い範囲で駆動するトライボケミカル反応を誘導する合金設計となっている。潤滑機械の設計思想を根本から変える革命というものもある。
 このトライボケミカル反応にもノーベル物理学賞で有名になったグラフェン構造になるようになる機構らしいが応用化の速度にはインパクトがある。

日本人

このブログの閲覧者の皆様方は、愛国者が多いと思われます。

菅氏は、一貫して、外国人参政権に賛成です。

ネットを見ない日本人は、外国人参政権の危険性等を認識していません。

7月で、日本の運命が決まります。

あと、わずかの期間で、決まります。

何卒、日本の危機の周知をお願い致します。

SGI

No title
瀬戸先生のブログから来ました。
ねずきち先生の家業は食品生産業(抹茶飴)であり、いろんな神社仏閣に納めていると書いてありました。
どこの神社仏閣に行けばねずきち先生の飴を買うことができるのでしょうか。
あと、瀬戸先生はりんごジュースやりんごジャムをネット上で販売しているのですが、ねずきち先生は抹茶飴をネット上で販売しないのでしょうか。
ぜひ教えてください。お願いします。

杜若

No title
>kkztさん

基本的にねずきちさんはコメント欄に干渉されないとのことなので発言しますが、竹籠はYouTubeのなかで飯島博士が述べられてることでねずきちさんはそのことを述べてるだけでしょう?
また、こういう話題はもっといろいろなところで取り上げられるべきではないでしょうか。多くの方々に周知し、理解を得られやすいようにしておくべきと思います。

以下、蛇足。
それに、飯島博士がCNTを発見された顕微鏡写真を拝見したことがありますが、そのときの写真を見る限りでは竹籠状なんて想像するのは素人では無理ではないですか?単にウィルス状の物体にしか素人では判別できませんよ。
そこが、セレンディピティ(serendipity)と呼ばれる所以ではないのでしょうか。
だからこそ、世界的に評価されているのですよ。

kkzt

竹カゴは関係ない
軌道エレベータの話もずいぶん昔から言われているし、カーボンナノチューブなんて理系出身者やSFを見てきた人間なら特に目新しい話題でもない。

しかし竹カゴと結びつけたのには笑ったw
全然関係ないじゃん。せめてハチの巣と同じハニカム構造になっているとか書けばよかったのに…。

憂国子

No title
>ねずきち様。
スレ違いをお許し下さい。 実は「口蹄疫」被害で、自身のBLOGに近況等を報告の 
「川南町のムッチー牧場だよ~ん。」さんのコメントに
◆や ま と 新聞◆さんが、号外を発行して下さる旨を
依頼したところ、ムッチーさんが、やまと新聞さんに協力
を求めて、号外 配布 の ボランティアを募集しております。 遠方は送料は、自己負担ですが、真実を報道しない
在京の新聞を、撃破したいものです。

◇配布・ボランティアをなさって下さる方は、やまと新聞社
まで、ご一報お願いします。 「赤松農相」が、逃げた今、是非、ご協力お願いします。

杜若

No title
>名無しさん #WV4V227Mさん

なにを言いたいかわからない。手話でもしてるみたいでわからないですよ(手話が出来る人はえらい)。自分の言葉で語ってください。

察するに、人類は自然の前には無力だといいたいのでしょうか?それとも月は眺めるだけでいいといってるのでしょうか?(その月も毎年地球から数センチ遠くになってるようで、そのうちにピンポン玉ぐらいにしか見えなくなるんじゃないですか?まあ、少なくとも我々の生きてる間には見た目はかわらないでしょうが、、。)

まあ、人それぞれ考え方の違いがあって、こういうことの意見の対立なら別にかまわないとは思います。
私も、自然は大事にしたいと考えます。古来、日本人はそうでしたから。
でも、せっかくだから、解説もお願いしたいところです。

-

No title
>>空想なんていってたら笑われますよ
故山本夏彦
「何用有って 月世界へ 月は眺めるものである」
メキシコ湾原油流出、封じ込め失敗、人類には不可能!
メキシコ湾原油流出事故_「核爆弾で油井に栓」とNYTが報道が、--地球生命が絶滅の恐れ!

-

No title
……その挨拶を省いたということの意味を、国民は深く深く考えるべきである。鳩山は国民に対する最後の礼すら省略した。民主党もそれを強く促さなかった。国民に対する「直接の説明責任を最後まで放棄」し、記者会見の開催を「私が決めることではない」と言い放った。「では誰が決めるのか」の問にすら答えなかったのである。
(中略)
そして、幾つになっても己の感情を抑える技術すら身につけられず、常にイライラした態度で発言し、黙ったかと思えばスヤスヤ寝ている男が後任となった。加えて、官房長官にはこれに輪を掛けて短気で傲慢な「文化大革命崇拝者」が就任するらしい。また党幹事長には、怒鳴りまくる「仕分けの元締め」が噂されている……
http://jif.blog65.fc2.com/blog-entry-384.html

杜若

No title
>名無しさん

宇宙エレベーターはもうすでに実用に近いところまで検討されてるはずですよ、。それも日本ではなくアメリカで。
あとはその構想に耐えうる素材を準備するだけなんですよ。空想なんていってたら笑われますよ。CNTが発見されるまでは、この構想は頓挫してましたが、可能性が十分であると確信されたからこそ再開されたのです。

また、CNTは人間を宇宙に運ぶだけでなく、海洋へも誘うでしょう。なにせ強度が抜群で、化学変化しない素材だからです。今、これを笑っている人は30年前に液晶など夢だと笑ってる人と同じです。

-

No title
空想作家、アーサー・C・クラークの「ジャックと豆の木」ですか?

杜若

No title
液晶パネルは昔(ちょっと前)は、実現化は不可能と呼ばれていた時がありました。
それが、今では畳2枚大の10世代パネルが生産されています。
カーボンナノチューブ(CNT)も今はまだ、純金の数十倍から数百倍の値段がしますが、液晶パネルのごとく開発されるのは明らかではないでしょうか。

用途は非常に広範囲であり、しかもどの分野にも画期的な変革をもたらす素材です。日本政府は、事業仕分けなどと言わずに、こういった部分の開発に湯水のごとく今資本を注入すべきでしょう。
日本が、この分野でイニシアチブを取るべきだと思います。
他にもiPS細胞の分野とか、日本には金をかけるべき部分が山のようにあるのに、今の政府はど近眼で数センチ先しか見えない半島気質です。

早く、この民主党をなんとかしなければ日本の先行きは暗い、、。(政府のすべきことは施しやばら撒きではありません。希望をあたえることであり、公正な社会の構築であり、雇用を準備することです。日本人なら怠けるよりも、そういった勤労を求めるはずです。)

CNTの情報について、面白いと思った文献をリンクしておきます。興味のある方はどうかご覧ください。びっくりしますよ。

☆世界を変えるか・驚異の新素材カーボンナノチューブ
http://www.org-chem.org/yuuki/nanotube/nanotube.html

☆世界を変えるか・驚異の新素材カーボンナノチューブ(2)
http://www.org-chem.org/yuuki/nanotube/nanotube2.html

4.特集:カーボンナノチューブ製造技術開発の動向
http://www.nistep.go.jp/achiev/ftx/jpn/stfc/stt004j/feature3.html

私の、考えでは人類の社会環境は来るべき数十年で今よりも劇的に変化すると思います。そしてその中心に位置するのがこのCNTという素材だと思います。

-

緊急特番
【討論】 民主党、菅直人代表選出・鳩山氏は逃亡、小沢氏は死んだふり? [桜H22/6/4] You Tube
SakuraSoTV 2010年06月04日 ◆新民主党代表選出、キャスター討論
パネリスト:
 小山和伸(「報道ワイド日本Weekend」キャスター)
 鈴木邦子(「報道ワイド日本Weekend」キャスター)
 西村幸祐(「報道ワイド日本Weekend」キャスター)
 藤井厳喜(「桜プロジェクト」キャスター)
 三輪和雄(「桜プロジェクト」キャスター)
 山際澄夫(ジャーナリスト)
 山村明義(ジャーナリスト)
司会:水島総
http://blogs.yahoo.co.jp/tankou_2008/32356369.html

-

中国は包囲される
(読者の声1)ホンダ・中国が生産再開ですね。年2万台は小さい規模。カルホル二ア・トヨタNUMMIでも。カローラ5万台だったから。
それよりゲイツの訪中が拒絶された。11月の中間選挙は共和党が米議会の両院を制す公算が高い。つまり、国家の財布を握る。もともとブッシュを除いて、中国の軍拡に警鐘を鳴らしてきた共和党です。
アメリカが制御しようとするイラン、北朝鮮、アフリカ側に中国は立つ。さらに共和党とイスラエルは仲良し。そのイスラエルは中国がハマスなどに武器弾薬を売るのを嫌っている。中国は包囲される。
   (伊勢ルイジアナ)


(宮崎正弘のコメント)中国のネットでは、尖閣諸島は中国領、日本は生意気だからやっつけろ、という勇ましい書き込みが急増しています。菅直人新政権への批判も強いようです。
http://www.melma.com/backnumber_45206_4872033/

凄いことです
このナノチュウーブの応用が航空機・船舶あらゆる用途の核心に使われているのですね、アメリカの戦闘機もこの恩恵にあずかっている、本当に日本もこの様な話を子供たちに聞かせる、小さい頃に英雄の話を聞いて良い人に成ろう・立派な男に成ろう、と言う「夢」が芽生えるのですが日本の教育では歴史は「年代」、戦争は「悪」、平和は日本憲法で維持されている?阿呆ばかりを製造する教育現場情けな事です。

-

偽善
D.H.ロレンス(David Herbert Lawrence)のアポカリプス論(田恆存)
アポカリプス(新約聖書「黙示録」)は弱者の歪んだ自尊と復讐の書といはれる。

世には二つのキリスト教があり、一つはイエスに中心を置くもので、互いに愛せよと無我の同胞愛を説く愛他思想である。

もう一つは、ヨハネの黙示録に中心を置くもので、強きものを打倒せよ、貧しきものをして栄光あらしめよとの教へであり、弱者の支配欲、権力欲等の我意(エゴイズム)である。

権力欲は金銭やパンより人間にとつてアダム以来の根源的な欲求であり、決して消滅することはない。しかし、イエスはこのやうなエゴイズムを絶対に認めようとはしなかつた。

だが、エゴイズムはいくら否定されても消滅することはないため、否定されれば地下に潜り、しかも、死に絶へることなく、大義名分といふ美名に覆はれ、地上に再び姿を現す。かうして、エゴイズムを大義名分に擦り替へる自己欺瞞が生まれることになる。

「利己心に徹したらどうか、さうして初めて人は利己心だけでは生きられないといふ事実を痛切に感じるであらう。」
http://www.nishiokanji.jp/blog/?p=944

人はひとりになつたときにのみ、はじめて真のキリスト教徒たりえ、仏教徒たりえ、プラトン主義者たりうる。他者と共になると別々の水準が形づくられる。
http://youloan-iza.iza.ne.jp/blog/entry/271428

レコードチャイナ 2010-06-04
「史上最も革新的な首相」菅新首相の誕生で日中関係は切っても切れない仲に―中国紙
http://kakutatakaheri.blog73.fc2.com/blog-entry-2254.html

敢闘軍

当たり前だけど…
矢沢永吉さんが東大で初ライブ
『日本のために頑張ってください』って言っていたけど…
 ァ   ∧_∧ ァ,、
 ,、'` ( ´∀`) ,、'` ポッポ先輩は、失格だったな☆
  '`  ( ⊃ ⊂)  '`
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク