地上の楽園のウソ



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

高政美さん
高政美


「脱北者」という言葉を聞いたことがあると思います。

北朝鮮から、命からがら逃げ出してきた人のことをいいます。

その「脱北者」である女性が語った真実。

あるセミナーでご本人の口から語られた、これが現代の実話だと思うと、おぞ気が走ります。

以下の文章は、筆者宛てにご紹介のメールでお知らせいただいたものです。

転載します。

~~~~~~~~~~~~~~~

講演テーマ「自由であることの大切さ」
講師:高政美(コ・ジョンミ)

「1963年7月18日。この日さえなければ」
この言葉から、脱北者、高政美(コ・ジョンミ)さんのお話が始まりました。

昭和35(1960)年、大阪生まれの方です。

昭和38(1963)年7月18日、帰国運動で北朝鮮に渡りました。

お母さんとおばあさんは、北朝鮮への帰国を迷っていたそうですが、朝鮮総連の人が何度も家に来ては、

「北朝鮮は地上の楽園。
 大学も無償で行けるし何もかも自由」

と帰国を勧めていたそうです。


北朝鮮へ着き、船をおりた瞬間、それが嘘だとわかった。

だまされた。
北朝鮮の人たちのクサイ。
貧しいみなり、頭はふけだらけ。

高さんはこの時3歳です。

一緒に船に乗っていた6歳の兄が、

「降りたくない。このまま、この船で日本に帰してほしい」

と泣きだした。

すると、

「この子はちょっとおかしい」と、兄はどこかへ連れて行かれてしまった。

北朝鮮に着いた途端、私たち家族は一度も食事することもなく、あっというまに家族は離され、6歳の子どもだけどこかへ連れて行かれてしまった。

精神病院に入れられた、と聞いた。


5年後、自分が8歳の時に、はじめて家族全員で兄に面会できることになった。

兄はこの時、11歳。

病院に入院していると信じていたので、母はお弁当を作っていった。

お世話になっている病院の人や、同室のほかの患者さんの分まで、たくさんお弁当を作っていった。

ところが、面会に連れて行かれたのは、コンクリートの塀に囲まれた山の中の建物。

これは病院じゃないとわかった。

まるで動物園のような、1m四方ぐらいの「おり」がたくさんあり、中にはなんと人間が入れられていた。

兄に面会に行った両親、姉、自分はいったいどこに来てしまったのか、わからなかった。

鉄格子の中に、大勢の人が入れられている。
小さなおりの中で、立つこともできないので、みんな四つん這い。

はじめは、人間ではなく動物に見えた。
よく見ると人間だった。

顔も手も真っ黒。髪は伸び放題でライオンのよう。
誰ひとりとして、表情がない。

おそろしくて、自分は母親の手をしっかり握っていた。
母親も、自分の手をしっかり握りかえしていた。

ブルブル震えていた。

おりの中に入れられた人間の髪をつかまえて、
顔をぐいっとあげ、兄を捜している。

父が兄をみつけた。

でも、動物のようだった。立ち上がることもできない。

3分ほどでその場を離れた。

その日から、家族は食事ものどを通らず、会話もなくなった。

父は平壌に行った。スパイ活動に従事するためらしい。
兄が収容所で亡くなったと、父が通知書を持って家に帰ってきた。

家族の目の前で、父はその通知書に火をつけて燃やし、

「誰にも話してはいけない」

と言った。

一度だけ面会にいけたのも、例外的で、決して人に話してはならないのだと言っていた。

この時、自分は11歳。

毎日、日本からの帰国者というだけで、壮絶ないじめを受けていた。
20人ぐらいから殴られ、肌の色が見えないほどだった。

日本から持って来たきれいな服を着ているので、服をびりびりに破かれ、パンツ1枚にされてしまい、恥ずかしくて家に帰れないので、真っ暗になるまで隠れて、夜になってから裸で家に帰った。

毎日、どうしたら自殺できるだろうかと、そればかり考えていた。

北朝鮮では、自殺すると政治犯になり、残された家族も捕まってしまう。
だから自殺もできない。

家族に迷惑をかけずに自殺する方法をずっと探していた。
壮絶ないじめを受けていることは、母に隠していたが、姉が母に相談したことで、わかってしまった。

母が学校に来た。

見ると、母が学校の先生の前に正座して、

「うちの娘を許してください」

と謝っている。

日本から持って来た洋服や、いろいろな物を差し出して、土下座して、娘を許してくれ、いじめないでくれと頼んでいた。

先生は、

「こんな親だから、子どもがいじめられても当然」

と言っていた。


次の日から、自分は学校に行くのをやめた。
すると、52人もの人(学校の友達など)にアパートを取り囲まれ迫害を受けた。

母は毎日、神様にお祈りしていた。
神様に守ってもらうしか、もう道がなかった。

子どもを守る言葉を書いて、

「となえるだけじゃだめ。心からお願いしなければいけない」

と母に言われた。

もうだめだと思った時は、この最後の3行を唱えなさいと言われて、お祈りの言葉を覚えた。

のちに脱北に失敗して刑務所に入れられた時も、拷問を受けたときも、まるで死人のようになって横たわっていると、

「必ず生きて、しなければいけないことがある」

という声が聞こえてきた。

歯を抜かれる拷問を受けたり、手首を切って動脈を引きだして自殺をはかったこともある。
肉体的には10回以上は死んだはず。

なのに、どうしても死なない。不思議。

こうして日本に生きて帰ることができ、本物の人間になり、こうしてここに来られた。

祈れば必ずかなう。本当に今日、かなった。

皆さんとお会いして、これで何かが変わる気がしている。

今まで何度も死のうとしたのに、死ななかった。
神様が守ってくださった。


≪脱北を決めた動機≫

自分は卓球で体育大学にすすみ、体育大学の教師になった。

平成7(1995)年、北朝鮮で大量の餓死者が出た。
駅を出ると、道ばたにいっぱい、飢え死にした死体が転がっていた。

体育大学の学生が、この死体の片付けを命令された。
自分は体育大学の先生だったので、学生たちの監視役として死体処理の仕事をした。

自分のように政治的な行事(体育大学の学生は、公的行事で踊りや競技をする)にかかわる人間には、食事やバスなど十分な援助が与えられていたので、町でこんなに餓死者がでているなんて、まったく知らなかった。

外国人が来る地域だけでも、死体を片付けろということになり、学生に白衣を着せて医者のふりをし、死体を担架に乗せ、病人を運んでいるようにみせかけて、駅の部屋にどんどん積み重ねていった。

あまりにもいっぱい死体があるので、部屋に詰め込んだ。

死体を重ねていくと、下のほうの死体から茶色くなっていき、そのうち、人間の油がしみだしてきた。

夜になると、山に死体を埋めに行く。

人間の死体を、まるで物のように、どこの誰かもわからないのに、どんどん投げて、大きな穴に埋めた。

自分はきっと地獄に堕ちるだろうという気持ちでいっぱいになった。

学生もどんどん倒れていった。
しかし、その場を離れると政治犯になるので、離れることはできない。

学生たちは「ここで死ぬ」と言っていた。

この死体処理にかかわったことで、自分の頭がくらっと変わった。
これは絶対おかしいと思った。

この仕事のあと、食事もとれなくなり精神病院に1カ月入院。

90年代には300万人の北朝鮮人が餓死した。

日本が食糧援助しているということを、脱北してから知った。

そんなものは、一切届いていない。
それどころか、北朝鮮は韓国に米を輸出していた。

餓死者がでているということなど、ニュースでも報道しないので、北朝鮮の国民でも知らないはず。
自分も死体処理の仕事を命令されるまで、知らなかった。


川を渡って脱北し、中国で捕まる。

北朝鮮の収容所に送られ、すさまじい拷問を受ける。

顔がはれあがり、口や目や耳がどこにあるかもわからないほどだった。
歯も抜かれた。

脱北して何をしようとしたのか、聞きだそうとしていた。

早く殺してほしかった。

1976年に、父も同じような拷問を受けている。

父は半年間、1m四方の穴に閉じ込められていた。
拷問の時に出され、拷問が終わるとまた穴に入れられる。

四つん這いで過ごしているうちに、手足の指先の肉が腐って落ちてしまった。
お尻の肉まで見えるようになってしまった。

20年後に、自分も同じような目にあってしまった。
でもどんなにひどい拷問を受けている時でも、死人のように横たわっている時に

「あなたは絶対しなない。
 あなたはこのことを黙っていられますか。
 生きて話さなければならない。
 あなたには使命がある」

という声が、毎日のように聞こえてくる。

ここにいる皆さんなら、この話を信じてくださるでしょう。

刑務所の中で、そういう声が聞こえたことを、ここにいる皆さんなら信じてくれると思う。

日本に来てはじめて、拉致被害者の存在を知った。

自分のように帰国事業で北朝鮮に渡った日本人のことは知っていたが、無理矢理拉致された人がいることは、まったく知らなかった。

なぜ日本人が拉致されて、あんな恐ろしい北朝鮮に連れて行かれるのか、許せない。

なぜ日本の皆さんは、これを黙っているのか。
命がけで助けなければ。

今一番しなくてはならないことは、北朝鮮の人々に知らせること。

韓国人にも拉致被害者がいるそうだが、日本人ほどひどい扱いは受けていないらしい。
日本人が拉致されていることは、北朝鮮の国民は誰もしらないだろう。

日本人は本当は強いはず。

何かあったら心を一つにしてまとまると聞いている。

皆さんの力を信じています。
何とかお願いします。

~~~~~~~~~~~~~

現実は、映画「クロッシング」の100倍ぐらいひどい状態だそうです。

宣伝と情報操作と幹部の贅沢が優先し、立場の弱い者の命を極端に軽んじるというのは、コミュニストや反日主義者に共通していることです。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

映画『クロッシング』予告編
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

菅野茂

No title
夫婦別姓は長年やっていますが全く問題はありません。どんどん法案化しましょう。

菅野茂

No title
この記事を書いたのが日本の極右というのは残念ですね。でも他の人の書いた記事も同じような内容なのでこの北朝鮮の記事だけは信用できるでしょう。


愛信

【蓮舫サン「事務所費(血税)」172万円はどこへ消えた】
http://8632.teacup.com/ozawakiller/bbs

事実とすれば、いわゆる、蓮舫氏は自宅を“事務所”として報告し、
架空の賃貸料を報告していた疑惑が生じる可能性がある。
鳩山由紀夫氏や、小沢一郎氏の、政治資金収支報告書における巨額の
不実記載に比べれば、「金額の多寡(たか)は関係あるまい。
だって、蓮舫サン、一連の自民党議員の事務所経費疑惑にも、
「金額は問題ではない」と一番厳しく追及していたはずだし」、と
誌面は指摘している

詳細は【小沢政権反対掲示板】をカッチとね
http://8632.teacup.com/ozawakiller/bbs


今日の内閣支持率はこちらをカッチとね
http://www.jra.net/ank/online/naikaku.php

【マスコミ隠蔽の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

山河

いろいろ要請のお願いがあります。
おはようございます。

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/

★ブログに各種お願いがありますので宜しくお願いします★

◆小沢さんの幹事長でない今が権力を削ぐ絶好のチャンスです。

◆緊急拡散《「谷垣自民党総裁に本会議場での代表質問で、民主党にトドメを刺す質問のお願いを!》

◆Twitterでのお願いも良いと思います。★緊急です。★ ↓

自民党はあのような素人タレント、元スポーツ選手は公認して中山成彬先生を公認してくれません。

こんな事があって良いのでしょうか?これだから支持率が上がらない事が全く判って居ません。

このままでは本当に日本が終わってしまいます。皆さんも谷垣さんにお願いしてください。宜しくお願いします。

「覚醒されていらっしゃるインターネットユーザーの皆様、参議院選挙告示まで時間がありませんが、中山成彬先生に自民党を建て直していただきく、谷垣総裁、大島幹事長、河村選挙対策委員長に参議院選挙比例区に、中山成彬先生を擁立もらえるように、FAXかメールでお願いしてください。皆様方の強力な支持の要請があれば山も動きます。 」(水間条項より )

全て転載フリー

-

No title
消したい内閣☆管違い総理=不正直人

日本人

自分自身の保身(外国)の為に働く政治家が多すぎる!

日本にサムライは、いないのか!

たちあがれ日本、
国民新党、
頑張れ!

外国人参政権反対
外国人住民基本法反対
重国籍法反対
夫婦別姓反対

soho

No title
民主党の怖いところは極左と保守(3割ぐらいか)が混在しているところでしょう。
教条主義的な左翼には人間を物体として平等に把握する、非人道性や宗教的ともいえる排他的な独善性があり、これが独裁へと繫がるのです。
耳障りの良いことばかり言う左翼の人間は、現代の悪魔なのかもしれません。しかし、どうして多くの日本人にその左翼の体質が見抜けないのか不思議に思うことがあります。左翼が支配した国ほど自国民を殺害したところはないことは、ソ連・中国・北朝鮮・カンボジア・東欧いくらでも例があげられます。
民主党を見ているとそういった体質を垣間見ることが多々あるのに、だれもそれを注視・批判していない。違う捉え方をしている。 
毎日の生活に追われ、そんなことを考察する暇が無いのでしょうか。 

愛信

杉村太蔵 / 決意表明 / たちあがれ日本
杉村太蔵 / 決意表明 / たちあがれ日本

http://www.youtube.com/watch?v=lLQivXMfzPw&feature=player_embedded
日本(参)__ 杉村 太蔵 全 国 比 例 -回
(動画)

新宿駅東口・街頭演説会4 / たちあがれ日本
http://www.youtube.com/watch?v=CISiWMQ_TPQ&feature=player_embedded
日本(参)__ 中畑 清 全 国 比 例 -回
(動画)

【参院選辻立の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/sgi.cgi

愛国☆市民

売国奴政権を討つ
拉致された罪なき人々は北朝鮮で消息不明
菅等売国奴に助命嘆願された拉致実行犯のテロリストは、民族の英雄として恵まれた余生を生きる。
全く許し難い不条理である☆

-

No title
朝鮮総連自身が何故帰還しないのでしょうか?
朝日や岩波が何故それを煽らないのでしょうか?

-

No title
朝鮮総連の帰還事業の目的は何だったのでしょうか?
工作員・奴隷・必要な人材確保?
朝鮮総連は反省・謝罪・補償しているのでしょうか?

-

No title
■「日本は中華の一員になれば良い」と暴言を吐いた、あの伊藤忠のトップ。媚中派の「あきんど」を駐北京大使に任命する管直人政権の「野望」

あきんどが中国大使?

いくらなんでもひどい話ですね。外務省のチャイナスクールだってひっくり返って驚き、裏面で妨害工作をはじめたという噂も聞こえて来ます。

財界は内心で反対の様相です。経団連米倉新会長も奥歯にもののはさまった表現ながら『驚いている』とのべています。

丹羽宇一郎・伊藤忠相談役は財界活動でも有能と判断され、鳩山政権でも閣僚入りの噂もあった。しかし、その丹羽氏がつぎの中国大使となると有能か無能かの話ではない。

伊藤忠は中国市場にべっとりとのめり込んだ商社であり、前の幹部の藤野某は「日本はいずれ中華の一員となれば良い」という暴言を、しかも堂々と『文芸春秋』誌上ではいて平然としていた人物である。

『政治優先』を掲げた管政権、最初の大物人事ではやくも露骨な野心をだし、つぎに訪米より先に北京訪問を発表している。参勤交代はワシントンから北京にするという外交姿勢には問題が多いのではないか。

http://www.melma.com/backnumber_45206_4874496/

■ウアルカイシ氏が釈放後、記者会見、『中国政府への突撃的アピールの真意』を語った

6月7日午後、日本外国特派員協会で行われたルアルカイシ氏の緊急会見にビデオカメラは何台か入っていましたが、活字メディアの記者は組閣取材に追われているようであまり来ていませんでした。

ウアルカイシ氏が中国大使館に”突撃”した真意を日本のほとんどの活字メディアは伝えないでしょう(現在のところ毎日新聞だけは5日の紙面に共同通信の取材として「亡命生活を終え、帰国後に裁判で無実を訴えたい」「両親も高齢となった。どうしても会いたい」との同氏の真意を伝えています)。

≪湾岸署留置中に作成した直筆声明の訳文≫
私の声明
ウアルカイシ
2010.6.5

昨日、六四事件(天安門事件)二十一周年祈念日当日、私は在日本中国大使館前で全世界の中国民主化に関心を有し、天安門事件を忘れることのない人々とともに、この日を祈念していました。

祈念活動終了後、私は日本の警察を通じて中国大使館に対して、自首という方法により中国に帰りたい旨を伝えました。正面から何も回答を得られなかった状況下で、私は警察の封鎖線を破って中国大使館、つまり中華人民共和国の領土へと、進入することを決意しました。

この一歩をもって、私は普通の市民として中国に帰る合法的な権利を持っていることを強烈にアピールしたいと思いました。私のこの努力は、日本の圧倒的な強さを持っている警察力の前で失敗しました。私は逮捕されました。

私のこの行動は、メディアに広範に注目されました。私は、私の努力及び合法的な帰国の権利を支持してくださった皆様に心から感謝の意を表します。この行動によって、日本社会に不安を与えたりすることがあれば、非常に申し訳なく思っております。

私のこの行動の主要な目的は、家に帰る権利を勝ち取ることであります。訴える対象は中国政府であります。私は日本社会にトラブルあるいは何か破壊的な結果をもたらすつもりは全くありません。この行為は日本の法律に違反する可能性があることも理解しています。日本で長く滞在することを含め、私は、日本の検察・警察の取調に完全に協力するつもりであります。ここで日本の民衆に私の已むを得ない心の苦しみを理解していただきたいのです。

中国国内の市民にも知ってもらいたい。
我々は、帰国して皆さんと一緒に闘う心情をあきらめることはありません。我々の努力は決して止むことはありません。
(ウアルカイシ、東京湾岸省察署において)

(この報告はJFCC会員より寄せられました)

http://www.melma.com/backnumber_45206_4874501/

朝日新聞・読売新聞
御父さんも、騙された朝日新聞・読売新聞加えて当時「金日成」の表紙の雑誌を店に堂々と出していた食堂を怨むんですな・・今もその食堂は有りますが日本の雑誌以外は置いて有りませんね。
大江健三郎氏も熱烈なる北朝鮮オタクでした。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク