インカ帝国の滅亡



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

インカ帝国
インカ帝国


先日、日心会メルマガに、以下のお話を書きました。

インカ帝国のお話です。

~~~~~~~~~~~~~~

インカ帝国というのは、いまは南アメリカのペルーのあたりにあった、一大文明国でした。

最盛期には、80の民族と1600万人の人口をかかえていた。

巨大な石の建築物、
カミソリの刃も通さないほど精巧に重ねられた石の加工技術、

黄金の仮面
水晶のドクロ、
土器や織物
謎の高原都市

インカの遺跡は、ものすごく高度な統治システムと、進化した技術に彩られています。

ところが、それだけの巨大文明でありながら、いまでは、その歴史、伝統、文化の一切は失われ、遺跡もただ「謎」です。

このインカ文明のおおもとにあたるアンデス文明は、紀元前7500年ころまでに始まったとされています。

紀元前7500年といえば、日本では鹿児島沖でカルデラ大爆発が起こり、遠洋漁業が始まった頃です。

アンデス文明を形成したインカの民は、男性の身長が平均1m57cm、女性が1m45cmくらいのモンゴロイドです。

遺伝子的には、いまから1万8千年ほど前に、地球気温が急速に低下し、北極圏、南極圏の氷が発達(年間平均気温で▲8度くらいだったそうです)。
これにより、海面がいまより140メートルほど下がり、シベリア、アリューシャン列島、樺太、北海道、本州などがみんな陸続きになった。

このとき、バイカル湖のあたりにいたモンゴロイドが、一部は、中央アジアへ、一部が太平洋を南下して日本へ、一部がアラスカを経由して北米へと流れ、長い時間をかけて、南米にまで南下したといわれています。

この民族の特徴は、遺跡から武器が出土しないことです。

つまり、武器を持って人と争い、力で敵を征服するのではなく、自然と共存し、武器を持たず、争いを避けて技術の進歩によって人々の幸せを図ろうとし、太陽を信仰するという共通の特徴を持っている。

おそらく、こうしたことは、DNAのなせるわざなのではないかと思います。
しょせんは、ヒトも動物も哺乳類です。
犬が犬種ごとに、性格がまったく違うのと同様、人間も、人種ごとにその性格的特徴、非常時の行動パターンなどがまるで異なる。

インカの民も、太陽を崇拝し、灌漑と台地栽培によって、農業生産しています。
そして、インカの遺跡からは、不思議なほど、武器が出てこない。

日本も、全国に数万カ所ある縄文時代の遺跡から、現在に至るまでただの一度も対人用の武器が出土したことがないです。

さらに、ものの本によると、インカでは、灌漑農業のために貴族が労働力を搾取していたなどと書かれているけれど、これなど共産主義に洗脳されたプロパガンタです。

インカの遺跡をみると、神殿、民家、要塞、道路など、きわめてすぐれた技術によって建設されていますが、こういうことは、古来、上からの命令と奴隷のような隷従のもとでは、なかなかできるものではない。

人々が、むしろ喜びと未来への希望を持って力を合わせたときに、はじめて高度な技術が誕生するし、それが民生用であれば、なおのこと大きな力となる。

インカの石造りの幹線道路など、北部のキトからチリ中部のタルカまで、5230kmにも達しています。

その道路が、王侯貴族の栄華のためだけに築かれたとするのは、どうみても無理がある。

みんなが使い、みんなが大事にするから、道路が伸び、補修され、大事にされるのです。

それを言うと、だって万里の長城は、皇帝の権力で完成したのだ、などという人もいます。しかし万里の長城が立派な城砦のような形状をしているのは、ごく一部分でしかない。ほとんどは、単なる盛土が延々と伸びているだけです。

さらにいえば、馬族の侵入を防ぎ、農地を守ろうとすれば、人々は長城を作ろうとする国家の指針に、進んで協力する。

その協力が、自らの家族や生命、財産を守るのに「必要な」行動だからです。

同様に、インカの道路も、王侯貴族が、彼女を連れて馬車で、チョロチョロする程度なら、ほんの数キロの道で構いません。

5000キロもの長い距離の道路が完成し、かつ保持されたのには、そこに一般の庶民の期待と協力とニーズがあったからと考えるのが自然です。

実際、この道路には、1トポ(約7km)毎に里程、約19km毎にタンボ(宿駅)が、設置されているのです。

そこには、チャスキと呼ばれる飛脚が約8km毎に設置されていた。
どういうことかというと、タンボ間のリレー方式で、1日に、なんと約240kmの情報伝達能力を持っていたのです。

こうした情報伝達を、軍事利用と想像するのは、結構なことです。
しかし、インカでは武器らしい武器が出土していない。
あることはあるけれど、それはオンダと呼ばれる携帯用の投石機です。
これは大型獣を倒す狩猟用のものであり、対人用の武器を目的としたものではない。

そうしてみると、オンダが生まれたのは、多くの人々の情報伝達のため、つまり民生用と考えた方が自然です。

そもそも、なんでもかんでも古代は王侯貴族が大きな顔をし、労働は奴隷にやらせていた社会などというのは、そういう社会体制を基礎とする西洋か、日韓併合前の朝鮮くらいなものです。

一部の貴族だけが贅沢の限りを尽くし、一般の民衆が搾取され(中世ヨーロッパや、李氏朝鮮では、平均寿命が24歳くらいだった)る社会では、文明はかならず停滞し、退廃する。

してみれば、インカは、すぐれた統治と豊かな民生のある武器を持たない文化が、そこにあったと考えるのが自然です。


ところがインカは、それだけ発達した交通網や文化を持っていたことが、結果として、文明を滅ぼしています。

どういうことかというと、スペインの掠奪者、フランシスコ・ピサロの一行がやってきたのです。

武器を持たないインカの民に対し、ピサロは情け容赦なく銃をぶっ放し、女を強姦し、黄金や貴金属、宝石などの富への略奪を重ねた。

そして和平を願って交渉にきたインカの王、アタワルパを逮捕し、まる裸にして辱め、殺害し、ついには、わずか180名、たった180名です。ただの180名の銃で、1600万人の人口を持つインカの大帝国を滅ぼし、その文明の痕跡さえも失うまでに、略奪の限りを尽くした。

人口のわずか0.001%です。

たったそれだけの数のスペインの乱暴者が、1600万人の人口を持つ一国の文明を滅ぼし、富も、政治体制も、歴史も文化も、そして言語までも破壊し、失わせた。申し上げにくいことだけれど、いま、ペルーのインディオたちのDNAは、100%インディオの純潔種というのは、いないそうです。
ほぼ100%の人が、スペイン人のDNAを持っている。
これがどういうことか、何を意味しているかは、ご想像におまかせします。

「武器を持たない文化」は、戦後の日本がそうであったように、内政面で人々の平和をもたらし、話し合いと共存、民生技術の進歩等、人々の生活を豊かにします。

なぜなら、対立したときの問題の解決に武器を用いることができない分、発達した内政用の統治システムが必要となるからです。

インカの滅亡は、大切な事実を、私たちに語りかけてくれます。

それは、すぐれた内政統治システムも、歴史も伝統も文化も、それを、ハナから相手にしない「武器を持った暴力的な外国人が来襲」には、まったく無力である、ということです。

日本は、ポルトガル人が同じ時期に来ました。
ポルトガル人も、銃を持ってきた。

それを見た種子島の領主は、なんと現在のお金で銃一丁を5000万円という高値で、二丁、買い取ります。

ポルトガル人にしてみれば、これは大儲けです。

彼らは、これはすごい商売になる!と、さっそく本国に帰って大量の銃を仕入れ、船に積んでふたたび種子島に運び込みます。

ところが、船がやってきたときには、種子島では買い取った銃を分解し、なんとポルトガル人の数十倍の火縄銃を、量産していた。
しかも、ポルトガル人の所持する銃よりもはるかに性能がいい。

だからポルトガル人は、日本を植民地にできなかったし、日本文明を滅ぼすこともできなかったのです。

幕末も同じです。

黒船来航の何年かのちには、日本では、各藩が、それぞれに蒸気機関を開発。
軍艦まで買い取っていたし、日本中の武士たちが、攘夷と称して刀を持って暴れまわっていた。
これでは欧米列強は容易に日本に上陸できません。
そうやって時間稼ぎが行われている間に、日本はどんどん国力をつけ、明治政府が誕生する頃には、日本の保有する軍艦の数は、欧米から渡航してきている黒船を、少なくとも数の上では圧倒するレベルにまで達していた。

何日か前に、広島と長崎に原爆が落とされたのは、日本がその時点で核による反撃ができる可能性が皆無だったからだ、と書かせていただきました。

現在でも、世界には、話し合いや和の心だけで平和的に物事を解決できるだけの高度な世界的統治システムは完成していません。

誤解を恐れずに言うならば、世界は、いまだに法のない群雄割拠の時代にあるのです。

世界に向けて正義を実現できるのは、話し合いだけでなく、武力が背景にあるときだけです。

弱虫は、どんなに正しい理屈を垂れても馬鹿にされ、蹂躙されるだけなのです。

そしていまの日本は、あきらかにChinaや朝鮮に馬鹿にされ、蹂躙されている。

この日本の現状を救い、本来の日本の歴史、伝統、文化を取り戻すためには、私たち自身が、武力行使も辞せずという強い信念を持たなければならないといえるのかもしれません。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

地球浪漫 栄光のインカ帝国


日本の心を伝える会 日心会

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

よしこ

No title
極論や二元論だけで語るのはとても危険だけど、どちらの選択もできないのも危険。
こっちは闘いたくなくても、自分や家族や国を守るためには、武器をもつ選択や決意をする心構えや準備が必要。
国は滅んでほしくないけど、自分は武器を持ちたくないから、他の誰かよろしくね〜責任はあんたが持ってね〜ってのはずうずうしく傲慢だと思う。

どちらでもない
インカ帝国の二の舞は嫌だけど、だからと言って武器賛成とは言えない。
今まで世界情勢、とくに武器大好きアメリカなんか見てると、武器が必ずしもいいとは思えない。人を殺し、国を占領し、民間人でさえ、消し去る。
日本も最初は守るためとか言ってるけどそうならないと言えるか?

今度はさりげなくFAX

選挙前までさりげなくビラをFAXしませんか?
民主が勝つとは考えたくありませんが、
民主が勝った後のことも考えなくては
いけませんので、ポスできない時は
FAXで一人でも多くの人へ知ってもらいましょう。

http://sati.lucky-princess.com/

瑠可

mixiアカウントをお持ちの方へ
応援しませんかv-252

mixi「やまと新聞」コミュニティ 
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5054065 

kokkikoki

No title
あなたの意見に全くもって、賛成です。
現在でも軍事力のある国が世界を牛耳っている。
さらに核を持っている国。

だから北朝鮮が必死になって開発しているわけで…
だらか国際社会は阻止しなければならないが、
もう遅いのでしょう。

こうなれば日本も本当に核保持の議論をしなければならない。北に核爆弾投下されてからじゃ、遅い。
しかも、議論さえできないなんてどう考えてもおかしい。

-

捨身飼虎
 憤死の当日、すなわち昭和四十五年十一月二十五日の日付けで「ニューヨーカー」編集部に当てた書簡には、

 過去四年間熟慮をめぐらせたあげく、日に日に失はれていく古来の美しい日本の伝統のために、私は自らを犠牲にしたいと願ふに至つた

 と書き送っていた。身近な友人や、同胞の日本人にむかっては、身らの行為を意味づける私的な説明を嫌い、むしろそれを恥じらい、且つ潔(いさぎよ)しとしなかった人である。そのような人にして、せめて異国の人にはと、己が意のあるところを誤解なきよう明らかにし、真意を吐露せずにいられなかった真情を、ここに思いみるのである。
(よみがえる三島由紀夫 戸田 義雄 永藤 武 著)

真空妙有

No title
平和を愛するからこそ、武器をとり、防衛せねばならないのです。現在、平和主義を唱えるものたちを見て下さい。あれは『丸裸の羊宣言』です。「狼さん、どうぞ食べて下さい」という懇願です。そんな輩が議員バッジを付けているとは何事か!!先日、小林千代美のブログを見て呆れました。シナ人の強制労働者のドクロを載せてました。ならばシベリヤ抑留者の邦人のドクロも載せよ!と言いたい。こんな馬鹿どもが、民主主義の皮を被った衆愚選挙で選ばれてしまうのです。ヒトラーやムッソリーニらが生まれた原因と全く同じです。まして、国旗に敬意を払わず、信念で君が代を歌わない輩が首相の座に就くとは何事か!断じて許してはならない!!保守よ、戦え!不惜身命!!

ジャギ様

未開人を滅ぼす文明人が持ち込む感染症
 猩紅熱、麻疹、風疹、インフルエンザ...。
 現代の日本の成人には免疫力で封じ込め可能な感染症でも、幾世代も隔絶した地域で生活している部族にとっては免疫がないため死の病となり、瞬く間にパンでミックを引き起こします。
 30年くらい前に、日本のバラエティー特番でTVクルーが持ち込んだ感染症により、村ひとつが翌年には壊滅していたこともあったそうな。

 一種類の病気ならまだしも、文明の衝突を繰り返した地域から
「黒さが違う!」複数の感染症を持ち込まれた日には、ナショナリズムを励起する前に滅ぼされるのもむべなるかな。
 南米・北米・オーストラリアの先住民族は、確信犯的に持ち込まれた感染症により滅ぼされたといっても過言ではない。
 免疫力は意外にも筋肉質な戦士階層の方が低いため、欧米人が来てから2~3ヵ月後には目も当てられない状況になったであろうことは想像にがたくない。

日本は消滅する?

No title
私はノンポリ(古い言葉でごめんなさい!)の典型でしたが、子供、孫がいる年になって、はて? 軍事力がないと、侵略され、虐殺され、同化され滅亡する。名も知れずの民族(島や山間での少数民族は歴史にも登場せず抹殺されました)。ローマ帝国(素晴らしい文化あり)も退廃もあるのでしょうが、蛮族といわれる周辺国(ゲルマンとかフン族?)に滅ぼされる。よく 民度なんて言ってますが、民度より軍事力。今の先進諸国もなかなか野蛮でした。中国でも文明を創造した漢民族はとうの昔に滅亡され、その文化は万里の長城を乗り越えた、北方系蛮族に支配された。

山河

緊急拡散《中山成彬先生・中山恭子先生「拉致と教育を語る夕べIn小樽」ライブ放送決定!》
拡散《座して死を待つのか:「たちあがれ日本」中山なりあき先生が参議院選挙比例から救国の立候補!》

皆さん おはようございます。
ねずきちさん 御世話になります。

武器を持たない国は滅ぶ、、というとチベットもそうです。
ある映画でそれを教えてくれました。日本ももっと早くそれを気づくべきでした。

メキシコの世界遺産のピラミッド?見てきました。階段が急勾配で私は登れなかったんですが、今は禁止にされたそうです。昔はあの天辺から儀式があったんですね?映画で観てあの急勾配の意味がわかりました。

宜しくお願いします。
_____

ライブでご覧になれるそうです。楽しみです。

★ライブURL
ttp://ustre.am/jv5f

日本時間:6月21日午後6時より8時まで


★☆ ★水間条項は転載フリーなので、メールでも何でも拡散して欲しいそうですので
どんどん宜しくお願いします。

★☆ ★☆「中山成彬」は難しいので「中山なりあき」と書いて頂くように、お知り合いにメールでお願いしてみては如何でしょうか。

★☆ ★☆中山なりあき先生の100万票以上のトップ当選を目指しましょう! ★☆ ★☆

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/

ーーー抜粋ーー
★中山成彬先生が「たちあがれ日本」から出馬するに当たって同党は、「靖国神社参拝」を党として宣言されました。

★これで過去現在未来塾の趣旨にも近くなり、中山成彬先生が忌憚なく「たちあがれ日本」に参加できることになりました。

★中山成彬先生は、昨年10月27日、日本解体法案阻止の先鞭をきって「10・27『日本解体法案』反対請願受付国民集会:中川昭一先生追悼」を発起人代表として開催され、その時に国内外から集まった請願書は約10万筆でした。

★中山成彬先生は、日本解体法案を阻止する象徴として、いまこそ日本に必要な政治家です。

★中山成彬先生がツイッターとブログを始められましたが、6月24日公示以降の選挙期間中は、更新できなくなりますので、激励の一言を入れて頂ければ参議院選挙を戦うエネルギーになると思われます。
ブログ:http://nakayamanariaki.cocolog-nifty.com/blog/
Twitter:http://twitter.com/nakayamanariaki

-

1/4【経済討論】菅内閣発足!どうなる日本経済[桜H22/6/19]
http://www.youtube.com/watch?v=NImzDi55RhY&feature=youtube_gdata
SakuraSoTV — 2010年06月18日 — ◆経済討論第12弾!「菅内閣発足!どうなる日本経済」
パネリスト:
 上村シーラ千賀子(シスコシステムズ上級管理職・早稲田大学、秋田大学講師)
 さいとう弘(前山形県知事・日本創新党政策委員長)
 田代秀敏(エコノミスト・ビジネス ブレークスルー大学教授)
 宮崎正弘(作家・評論家)
 山本伸(金融ジャーナリスト)
司会:水島総

-

パスカル「パンセ」
293 「なぜ私を殺すのだ〔そちらが優勢なのに。私には武器がないのだ〕」
「なんですって。君は水の向こう側に住んでいるのではないか。友よ、もし君がこちら側に住んでいたとしたら、僕は人殺しになるであろうし、君をこんなふうに殺すのは正しくないだろう。だが、君は、向こう側に住んでいる以上、僕は勇士であり、これが正しいことなのだ」

294 彼は、その統治しようとする世界の機構を何の上に基礎づけようとするのか、各個人の気まぐれの上であろうか。なんという混乱。正義の上であろうか。彼はそれを知らない。確かに、もしもそれを知っていたのだったら、人間のあいだで最も一般的なこの格率、すなはち、各人は、自国の風習に従うべし、などというのを確立しなかったであろう。
(中略)
ある人は、正義の本質は立法者の権威であると言い、他の人は、君主の便宜であると言い、また他の人は、現在の習慣であると言うことが生じる。そしてこの最後のものが最も確かである。理性だけに従えば、それ自身正しいというようなものは何もない。すべてのものは時とともに動揺する。習慣はそれが受け入れられているという、ただそれだけの理由で、公平のすべてを形成する。これがその権威の神秘的基礎である。
(後略)
298 正義、力
正しいものに従うのは、正しいことであり、最も強いものに従うのは、必然のことである。
力のない正義は無力であり、正義のない力は圧倒的である。
力のない正義は反対される。なぜなら、悪いやつがいつもいるからである。正義のない力は非難される。したがって、正義と力とをいっしょにおかなければならない。そのためには、正しいものが強いか、強いものが正しくなければならない。
正義は論議の種になる。力は非常にはっきりしていて、論議無用である。そのために、人は正義に力を与えることができなかった。なぜなら、力が正義に反対して、それは正しくなく、正しいのは自分だといったからである。
このようにして人は、正しいものを強くできなかったので、強いものを正しいとしたのである。
(前田陽一、由木 康 訳 中公文庫)

紅のシラサギ

No title
えっ 日本ってあの頃は既に蒸気機関の開発に
取り組んでいたのですか?!∑(゚Д゚;)
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク