消えた歴史



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

忠魂碑(春日部八幡神社)
忠魂碑希典書


今日のお題は、消えた歴史です。

戦後、ほんとうに日本的なもの、日本人が絶対に知っておくべき様々な歴史が、次々と消えて行っているように思います。

たとえば、物語として、日本の神話や、曽我兄弟、二宮尊徳、赤穂浪士、山鹿素行、乃木希典、天狗党、天誅組、義経と頼朝の相克、壬申の乱、朝鮮進駐軍、ハーグ陸戦条約、軍人勅諭、教育勅語等々、数え上げればきりがない。

そしてそういう大きな話だけでなく、ほんの身近な小さなお話も、あとすこしで消えてなくなりそうになっています。

こんなことを書きだしたのは、実は、先日、ウチの近所の神社で、高さ3メートルくらいの大きな石でできた碑文を観たからです。

その碑文は、冒頭の写真のものです。

「忠魂碑、希典書」

と書いてあります。

乃木大将が、揮毫(きごう)し、地元の八幡神社に置かれたものです。

年号ははいっていません。

おそらくは、日露戦争で春日部のあたりで編成された部隊が旅順要塞の二百三高地で戦い、玉砕されたのでしょう。

そのことを悼んだ乃木将軍が、自ら筆をとって、大きな碑文を春日部八幡神社にご寄贈された。

おそらくこの碑が建てられたときは、地元民は大集合して戦没者を悼んだものと思われます。

日本が大東亜戦争に負けたとき、GHQがやってくると聞いた地元の人たちは、世話役たちが集まって、万一、この碑文がGHQによって接取または取り壊しになったら申し訳ないと、みんなで力をあわせて、この碑を、地面に埋めてしまいます。

昭和20年の夏のことです。

そしてサンフランシスコ講和条約締結によって、日本が主権を回復したとき、地元のおじちゃんたちが集まって、みんなでこの碑を掘り起こします。

そしてもとからある台座の上に、碑を建てた。

日露戦争が終わったのが、明治38(1905)年です。
大東亜戦争の終戦が昭和20(1945)年。

サンフランシスコ平和条約が、昭和27(1952)年です。

つまり、日露戦争が終わって、サンフランシスコ条約が締結され、この碑が掘り個々されるまで、わずか47年しかたっていない。

日露戦争に従軍され、命を落とされた兵隊さんは、当時だいたい20歳前後です。

彼らのお嫁さんも、当時はたち前後だった。

ですから、この碑が掘り起こされたときは、65~70歳くらいです。
まだまだご存命だった。

若い日に、大好きだった勇敢で明るくてしっかり者だったうちの父ちゃんが名誉の戦死を遂げた。

その死を悼んで、乃木将軍が、大きな碑を建ててくださった。

その碑は、地域のみんなで大事に大事に、地元の神社に建立されていた。

毎年、神社に行くたびに、この碑の前で、お父ちゃんに手を合わせていた。

その碑が、日本が戦争に負けて、地面に埋めてあった。

ようやく、7年経って、その碑が掘り起こされて。。。

重機なんかありません。
ぜんぶ、手作業で、みんなでエンコラってやった。

土を払い、水できれいに洗って、みんなで力を合わせて、碑をふたたび境内に建てた。

そのとき、おばあちゃんは、地面にひざまづいて、両手を合わせ、涙を流していた。

おばあちゃんには、その碑が、きっと亡くなられた夫の姿に見えたにちがいありません。

夫が帰って来た、そんなふうに感じられたのかもしれない。

両手を合わせて涙を流すおばあちゃん。

そのおばあちゃんの横で、一緒に涙を流す、もう、いいかげんおばちゃんの年齢になっている娘さん。

旅順要塞戦の頃、まだ3つだった伍長の息子さんは、もう壮年です。
境内で、碑を起こす人夫さんたちに大声で指揮をとっている。

サンフランシスコ講和条約締結の日は、9月8日です。

まだ残暑が厳しい。

神社の境内には、蝉がミンミン鳴いている。

飛び散る汗。人足さんたちの掛け声、三角に組まれた足場。

地面に座り込んで手を合わせるお婆ちゃんたち。

碑が立ちあがり、お天道様が西の空に沈んで、その日の夜、神社の氏子会館で、簡単な宴が行われます。

なつかしいおじいちゃん、青春の日のおじいちゃん、勇壮な出征のときの様子が語られる。

乃木将軍がやってきた日のことが語られる。

「あの日は、県知事さんや、市長さんたちも来てね・・・」

「乃木将軍、大礼服来て、あの日、暑かったぺや」

「おめえ、いたずらこいて、兵隊さんに怒られてたろ?」

「やめてよ、お母さん。あれはもう50年も昔の話でねーか」

宴が終わって、帰り道、またまた境内で、両手を合わせ、深々とお辞儀をして二拍する人々。

そんな歴史が、いま住んでいる、すぐ近くの神社にあった。

でもね、そんな歴史が、紙にはなってない。文字になってない。
もう90歳になる近所のおじいちゃんが、亡くなったら、もう「忠魂碑」が、なぜ、いつ建てられ、戦後の一時期、みんなでそれを埋めて、講和条約のあと、また掘り返したって話は、おそらく消えてなくなってしまう。

でも、ボクには、この「忠魂碑」のお話は、とっても大切なお話に思えました。

昔は、日本の家は、二世代三世代同居があたりまえでした。
家にはテレビもファミコンもなかったし、一家団欒の時間などに、その家のお年寄りが結構、昔話などを聞かせてくれた。

そんな話が、代々語り継がれた。

しかし、戦後政治は、核家族化を推進し、家族が揃って食事をする時間さえも、昨今では、非常に少なくなり、さらには、食事の時間も、目線や耳は、テレビのバカ話にとられています。

だから、こういう昔のお話を、知る機会自体が、ほとんどなくなってきている。

おそらく、みなさんの地元、これを読んでくださっているみなさんの故郷や地元にも、「このままほっといたら、消えてなくなってしまう」地元のとっても大切な物語が、たくさんあるのだろうと思います。

そんなお話を、全国で次々に発掘し、文字にし、後世に正しく伝えるという活動は、これからの日本の再生に欠かせないことなのではないかと思っています。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

乃木希典将軍 士規七則講話


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

雪 風

継承
肉体と共に、心魂も伝えられなくてはなりません。

愛信

たちあがれ日本街頭演説会について
たちあがれ日本街頭演説会について

http://www.tachiagare.jp/pdf/newsrelease_100622_1.pdf


日 時 平成22年6月23日(水) 12:30~13:15頃
場 所 JR新橋駅前SL広場東京都港区新橋2丁目7番付近
弁 士 平沼 赳夫(代表)
与謝野 馨(共同代表)
藤井 孝男(参議院代表兼選挙対策委員長)
中山 恭子(参議院幹事長代理)
ほか

たちあがれ日本イメージソング
(動画)
http://www.youtube.com/watch?v=Tu80O0_9Wec&feature=player_embedded

http://www.tachiagare.jp/song/index.php

【動画ニュース掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュースタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

-

日本の誤りは、情けない政治家連中に始まる
日本の誤りは、国家と家計の混同に始まる
2010/06/22 11:21 イザブログの記者ブログ(田村秀男経済がわかれば世界がわかる)より
私の拙論は、経済というものは何か、という認識に基づいています……

http://blogs.yahoo.co.jp/sort5694/26235717.html

-

No title
今回の参院選は、民主党プラス公明党プラス社民党プラス共産党を、過半数割れに追い込む必要があります。

言うまでもなく、「外国人参政権付与法案」を断固阻止するためです。

有権者の方で、これら売国法案の危険性を知っておきながら投票に行かない方は、これら危険な政党に加担する事に近いのです。

万障を排し、我が国を守るために、投票に臨みましょう。

千葉県民

No title
★人権委員会、内閣府に設置=報道機関の取材規制せず―法相方針

千葉景子法相は22日午前の閣議後の記者会見で、差別や人権侵害の調査・指導を行う人権救済機関の在り方に関し、「人権委員会」を内閣府に設置するとの方針を明らかにした。政務三役の協議を踏まえたもので、犯罪被害者らに対する報道機関の取材規制は行わないともしている。法務省は、同委員会を外局にするかどうかなどを内閣府と調整した上で、人権救済機関設置法案(仮称)の早期取りまとめを目指す。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100622-00000055-jij-pol

共通一次世代

すみません,、憂国子 さんと一部かぶりました。
すみません,、憂国子さんと一部かぶりました。
でも、本当に恐ろしい民主党。
許せないです・・。
拡散希望です。

共通一次世代

民主党を絶対に許してはいけない
【口蹄疫と選挙と予算と・・・。】
http://ttensan.exblog.jp/11355599/
==============(以下抜粋)
・口蹄疫すら選挙に悪用

すでに各政党とも選挙モードに突入していますが、
長崎の知事選や鳥取市長選挙でも行われた恫喝が宮崎でも行われているようです。

民主党から「今度の選挙で自民党議員を通すような事があれば補償は出ないぞ」
という事を暗に示すことで票集めをしている事が判明しました。
電凸して確認しましたが地元議員の事務所にもその話は届いているとのこと。
民主党による権力の濫用は目に余る物があります。

===============(以上)

こんな恐ろしい政党が今の日本国を牛耳っている。


【「選挙用CM撮りのため」に国会を延ばしたかったが権限が無かった(BY枝野)】
http://ttensan.exblog.jp/11361718/

【自称・クリーンでお金のない幹事長 枝野幸男】
http://ttensan.exblog.jp/11346704/

にっぽんじん

大切な漢字文化
先日の新聞で「常用漢字」が大幅に増やされた記事を見ました。常用でない漢字は使用されません。しかし、私の子供が住んでいる「三鷹市」の「鷹」の字は認められなかったようです。使っているのに認められない。理不尽を感じます。

難しく、通常使用しない字は教えない今の教育は間違っているような気がします。明治時代の書物を読みたいと国会図書館の蔵書を探しました。折角見つけたのに読めない漢字が多く、歯抜け読書となりました。

昔は小さい頃から論語を勉強し、漢文も勉強していました。今の子供も同じ知能を持っているはずです。多くの漢字を学び、漢文が読めるようになれば素晴らしいと思っています。

漢字が読めなくなれば歴史の勉強ができなくなります。お隣の国の韓国は漢字を廃止してハングル文字に統一しました。その結果、漢字を読める人がいなくなり、漢文で書かれた自国の歴史が読めなくなりました。

歴史を捏造する韓国政府にとっては都合の良いことかもしれません。が、不幸なことです。

卑劣な犯罪
善意の仮面を被った宗教グループが、何の罪も無い元会員を、卑劣な手段を使って、
密かに、闇に葬り去ろうとしているのです。
下記の、掲示板(67番~103番、121番、125番)を、ご覧下さい。
http://wm-giron.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=6239310

憂国子

日本人の高齢者の孤立
>やはり、文明の発達の影で、古き良き物が失われ
淋しい(さもしい)時代だからこそ、原点(心)に返って、ご近所・親族・家族のあり方を考えれば、今の殺伐とした
平成の世はなかったと。私もお向かいさんや自治会の皆様、PTAなどで、助け合いをしています。上辺ではなく。
心が豊かになります。 

※それから「口蹄疫」で由々しき「民主党の正体」が露呈
いたしました。 現場は火の車です。作業員の食事も打ち切りです。民主党の補償は「真っ赤な嘘」・・・票が補償の
交換条件です。 下記のBLOGをお読み下さい。

◇◆周知・拡散もお願い申しあげます。◇◆

   http://ttensan.exblog.jp/11355599/

★ねずきち 様、 どうかもう一肌・お力をお貸し下さい。
 こちらにお越しの読者の皆様にも、伏してお願いいたします。 有事の際に、日本人は捨てられます。

バロン

戦前の日本の軍事費 GDP5%程度に過ぎなかった
日本が戦前、強大な軍事一辺倒だったというのは間違い
http://whisper-voice.tracisum.com/?eid=102
日本は戦前から親英米だった

みゆ

本当の歴史
はじめまして。いつもROMばかりですが、
いつも楽しみにブログを見ております。

私の祖父が、先の戦争に行ったときの話を
話を聞いてました。
学校では、徴兵される人達はいやいやな気持ちだったみたいな感じで赤紙が来たら絶望の状態のようだったみたいに
教えられていたのに対し、
私の祖父は、身体検査などで、視力もよく
”優1等兵”とか言われたらしく、誇らしげに
語ってくれたのを覚えてます。
祖父は88歳で他界してしまってますが、
生きている間にもっと話を聞いておけばよかったなと
後悔してます。

何か違和感がずっとあったのは、
実際にその時代に生きた人の話と
教育で教えられた内容とのバランスの悪さなんだなと
思います。
ブログ、ずっと続けていってください。
応援してます。

八目山人

昔小学校では
私が通った小学校では、校庭の片隅に忠魂碑が有りました。それは立派なものでした。直径が1.5mもある自然石をいくつも組み合わせて作った3mぐらいの台座の上に、高さ2.5mぐらいの碑が立っていました。裏に回ると鉄で出来た扉があり、鍵がかかっていました。中にお骨が入っているのだと言っていました。
周りがちょっとした庭に成っていて、子どもたちはよく遊びました。
母が通ったl頃は、校門の横に直径が1.5mぐらいの、日露戦争で使った機雷が置いてあったそうです。

乃木さんつながりで、この場をお借りして、7月11日に鎌倉で行われる、児玉源太郎についての講演会のご連絡をさせてください。
                  記
児玉源太郎を祀っている「児玉神社」は、日本に2つあるのをご存知でしょうか? 出身地の周南市徳山の児玉邸跡地のほか、神奈川県藤沢市江の島にもございます。江の島神社の左手にある小高い山のなか、ひっそりと静かなお社があります。神社の歴史は、山口県周南市より江の島の方が古く、大正7年(1918)に風光明媚な地として児玉大将が愛した江の島に創建されました。
現在の社殿は大正10年(1921)に建てられ、平安神宮や明治神宮などを手掛けた神社建築の第一人者、伊東忠太工学博士が設計したものです。
その資材は台湾から贈られた檜で、鳥居や狛犬も台湾産の石で造られています。2006年、没後100年祭の折に、台湾の近代化に尽力した児玉総督を慕う、台湾元総統の李登輝氏が揮毫した扁額が序幕されました。
江の島に児玉神社がありますのに知る人も少なく、鎌倉坂ノ下に別荘があり、ご家族で保養されたのに、忘れ去られております。とても残念に思いまして湘南ゆかりの偉人として取り上げ、鎌倉で講演会を催すことに致しました。

テーマ  「児玉源太郎」(明治日本を担った文武の大才)
日時   7月11日 (日) 午後1時30分~4時(開場1時10分)
会場   鎌倉生涯学習センターホール(JR鎌倉駅東口徒歩3分・鎌倉郵便局隣)
講師   岡田幹彦氏(日本政策研究センター主任研究員、産経新聞「元気のでる歴史人物講座」好評連載中)
資料代  1000円(学生半額)
当日先着 280名(予約不要)
連絡先  080-6603-5335  山内
主催   鎌倉の教育を良くする会  後援 鎌倉市教育委員会
皆様のご参加をお待ちしております。よろしくお願い申し上げます。
(鎌倉の教育を良くする会 山内裕子)

きょん

心の迷宮から抜け出しました
初めまして。最近こちらにお邪魔させていただくようになりました。
私は昭和50年代前後に日教組の洗脳教員を受け、恐ろしい事にその事に気付かず人生を過ごし、そして又子供にも同じ家庭教育をしていました。最近その事にようやく気付き始め、こちらで勉強させて頂き、慌てて子供にも正しい教育を始めました。
我が事ながら本当に洗脳教育は恐ろしいものです。私の親はGHQの元で育てられたようなものですから、気付かなければこの先も代々、この思想が我が家にははびこっていたのだと思うとぞっとします。

日本が大好きで、その感情と洗脳思想が自分の中でせめぎ合い、ようやく愛国心が勝ったのだと思います。
ですから以前広島で、原爆記念館を見学した時も、何か違和感があったのですが、それが何なのか分からないままでした。先日ねずきち様の記事を読み、心の迷宮から抜け出せた気がしました。
これからもこちらで勉強させて頂きます。
どうぞよろしくお願いします。
本当にありがとうございました。

文化・伝統
戦後の教育が全部壊して仕舞いました、鳩山・菅がその代表的な人間でしょう。
又大臣の顔ぶれを見ても、大臣に成っては国がおかしくなると言う人材ばかり。
日本人の誇り自体が教育で破壊されましたが、その中で今少し見直され始めている事も、地道に努力した人が居たからで感謝したいものです。

お達者クラブ

童謡唱歌も危機?
CDを一枚持っているのだが、車で聴いていて飽きてきたので、日本の懐かしい童謡唱歌のCDを注文したら無かった。
今年初め、町会の役員行事で、小学校の授業参観をしたとき、AKB48でしたっけこれが謳われている。
漢字の授業で授業をしていた町会の元教職員の人の、「清国、今の中国のこと」と言うにいたっては、もう日本じゃない。

手取川

忠魂碑は守られています。
 消えた歴史?どういう意味でしょうか。 私達の街の公園にはりっぱな忠魂碑があります。 旧暦のお盆の前に慰霊祭が行われます。 また金沢の野田山墓地にも大きな忠魂碑がありまして、ここは県が主催者となって毎年慰霊祭をしています。 日露戦争に従軍して亡くなった九師団の兵士の大半が石川県の人達ですから、なおさらです。 また小さい町や村にも必ずありますよ。 それだけ多くの戦死者を出した証拠ということでしょう。 他の県や街は知りませんが、石川はそんなことはありません。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク