中山成彬先生、たちあがれ日本から参院選出馬



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

中山成彬先生
中山成彬先生


およそ保守の方々は、総理並びに閣僚の皆様方の靖国参拝については当然と思っておいでと思いますし、拉致被害者問題の早期解決を願い、人権擁護法案、外国人参政権、子ども手当、夫婦別姓、戸籍制度改悪等には、断固反対の立場をとり、かつ、日教組教育には虫唾が走り、道徳教育の復活を願っている方々であろうかと思います。

現在、様々な新党ができていますが、今回の参院選において、これら各事項を政策として掲げ、かつそれぞれの問題の中核となる議員の先生を擁立している政党は、なぜか「たちあがれ日本」だけです。
http://www.tachiagare.jp/pdf/newsrelease_100617_2.pdf

つまり、これまで保守を自認する皆様方が戦ってきた「すべて」の事柄について、これを綱領、公約に掲げている政党は、2010年6月21日の本日ただいまにおいて、「たちあがれ日本」だけ、です。

どんなにうまいことを言っても、ボクには、靖国参拝を掲げない政党は、日本の政党とは思えません。

日本を守るために戦い、命を捧げられた236万柱の英霊に対し、国家として感謝の念を顕すのは、あたりまえのこと、と思うからです。
お国のために死んだのです。
それを国家として顕彰しないで、なんのための政府か。

どんなにきれいごとをならべても、どんなにニコニコといい顔をしても、国家のために命を捧げた英霊に対する礼ができないなら、それは「命まで捧げて国家のために貢献しても、無視します」と意思表示しているようなものです。

そういう政党は、信頼の名に値しない。

だって、そうじゃありませんか?
命がけどころか、命を捧げた人に対してすら無視するのです。
そういう政党が、普通に生きる日本人を真剣に護ると思いますか?

いわば、護国の政党かどうかは、簡単にいえば、靖国参拝の1点が踏み絵となる。

そして、このことをはっきりと主張し、かつ、この一年、日本を守ろうと様々な戦いをしてこられたすべての保守にとって、その主張を、そのまま政権公約として意思表示しているのは、「たちあがれ日本」である、ということです。

その「たちあがれ日本」に、今般、中山成彬、中山恭子両先生が入党しました。

中山恭子先生は、拉致被害者を実際に北朝鮮から連れ帰って来られた方です。
この方は、おっとりとした、まさにやまとなでしこそのもののようなやさしさを讃えておいでですが、ウズベクスタンで、武装タリバンが日本人4人を拉致したとき、日本の大使として、単身、武装タリバンのもとに乗り込み、見事日本人拉致被害者を連れ帰った実績があります。

ウズベクの大統領でさえ、怖がって行かなかった武装タリバンのもとに、女性の身で、単身、乗り込む。
男だって、そうそうできることじゃありません。

世界的な有名な武装ゲリラのもとに、拉致被害者を取り戻すために、単身で乗り込む。
あなたならできますか?

それを現実にやったのが中山恭子先生です。

そして北朝鮮の拉致被害者に関しても、実際に北に乗り込み、被害者を日本に連れ帰って来られたのは、中山恭子先生です。

恭子先生まで、拉致され抑留される危険だってあったのです。
それを堂々と北朝鮮に乗り込み、被害者を取り返してきた。

拉致被害者と中山恭子先生


そして、北朝鮮が日本に帰って来た拉致被害者を返せ、と言ってきたときに、当時の自民党執行部の全員が、北朝鮮との対立を惧れて「返そう」と傾く中で、断固、国家の手で被害者を守りぬくべき、絶対に返してはならない!と、ただひとり明確に主張され、日本復帰を守りとおしたのも、中山恭子先生です。

ですから、自民党内においても、また国際的にも、中山恭子先生は絶対の信用があります。

そしてその中山恭子先生が、ご自身の所属する政党として選んだのが、「たちあがれ日本」です。
なぜなら、「たちあがれ日本」だけが、拉致被害者救出を公約に掲げている。

そして靖国参拝と日教組教育の撲滅を明確に主張され、議員生命まで賭して戦いぬいているのが、夫である中山成彬先生です。

そもそも、中山成彬先生の東京事務所は、靖国神社と自衛隊市ヶ谷駐屯地のすぐそばです。

他の多くの先生方が、東京事務所を永田町界隈に置く中で、あえて靖国神社の境内のすぐ近くに事務所を構えられているのは、実際のところ中山先生だけです。

中山先生は、ご自身で相当の集票力のおありになる方です。
その中山先生が、今般の参院選という厳しい選挙において、ご自身の所属する自民党に最後の最後まで、公認の要請をされました。

自民党が、まいかい肝心な時に腰砕けになるのにです。

中山先生は、公認締め切りの最後の瞬間まで、自民党で出馬してもよいとされました。

これは当然のことです。一宿一飯の恩義があるのです。
簡単に転向などできない。

そして最終的に自民党で公認しない、となったところで、たちあがれ日本からの出馬を宣言されました。

ご存知の通り、たちあがれ日本は、もともとは平沼赳夫先生、中山成彬先生で新党構想を固め、組成した政党です。

ここで中山成彬先生が、たちあがれ日本からの出馬を宣言されることで、たちあがれ日本は、本来のあるべき結党の姿になったわけです。

来たる参院選で、「選挙区(全国区)中山成彬」と投票することは、そのまま「たちあがれ日本」の比例区に一票を投じることになります。

そのたちあがれ日本は、この一年、保守系のありとあらゆる会派が、デモやネット拡散、ビラまき、ポスティングで主張し続けたすべての主張を、そのまま綱領、公約に記載しています。

旗色明確です。

この一年、本気で靖国、拉致、人権擁護法案反対、外国人参政権反対、子ども手当反対、夫婦別姓反対、戸籍制度改悪反対、日教組教育断固阻止を思い、かつ行動してきたなら、投票はこれで決まりです。

全国区 中山なりあき

で、投票です。

さらにいえば、いまこれをお読みのあなたが、票を投じれば1票です。
しかし、あなたが友人や知人に声をかけ、
5人に投票をお願いすれば、5票。
10人に投票をお願いすれば、10票。
そしてそのお友達の妻子が、さらに票を投じれば、その票の数は、あなた自身の1票は、100票にも1000票ににもなっていきます。

「中山成彬」は難しいので「中山なりあき」と書いて頂くように、お知り合いにメールでお願いしてみてください。

なんとしても中山なりあき先生の100万票以上のトップ当選を目指しましょう!

中山成彬先生は、昨年10月27日、日本解体法案阻止の先鞭をきって「10・27『日本解体法案』反対請願受付国民集会:中川昭一先生追悼」を発起人代表として開催され、その時に国内外から集まった請願書は約10万筆でした。

中山成彬先生は、日本解体法案を阻止する象徴として、いまこそ日本に必要な政治家です。

中山成彬先生がツイッターとブログを始められましたが、6月24日公示以降の選挙期間中は、更新できなくなりますので、激励の一言を入れて頂ければ参議院選挙を戦うエネルギーになると思われます。

ブログ:http://nakayamanariaki.cocolog-nifty.com/blog/
Twitter:http://twitter.com/nakayamanariaki

以上よろしくお願いします。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

中山成彬氏、中山恭子議員、たちあがれ日本入党へ


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

BLACK HOLE

“在日”と“左翼ミンス党”との紛れも無き“ずぶずぶ”の関係
【拡散希望】

“在日”と“左翼ミンス党”との紛れも無き“ずぶずぶ”の関係

今や 参議員選挙に突入しているが“ひだりまきミンス党政権”なるものの存在は?
この政党は本当に 日本国の政権政党で在ろうか?......なる
深刻な疑問が 沸々として 沸き上がるのは 果たして 小生のみで在ろうか?

罹る“ひだりまきミンス党政権”=“公党もどき”として要求している“悪法”
即ち 明白に憲法違反である 『外国人参政権付与』 法案 であるが......

罹る 不条理な要求は 換言すると 永遠に外国人であり続けながら
参政権を要求することであり 「日の丸」も「君が代」も認めない“在日外国人”が
例え 地方レベルとはいえ 政治的権力の行使を要求することに 他ならず
此処には 何らかの 特別な意図/謀略/策謀があるものと 疑わざるを得ない。

正に 俗に言う所の 得て勝手な “いいとこ取り” 法案の最たるものである。

下記の URL 情報 等々を拝読すると“ひだりまきミンス党政権”なるものの
存在が 日本国/有権者にとり 如何に 危険 極まるもので在り かつ
醜悪を極める 唾棄すべき存在であることが 如実に/具体的に/明白に
体感することが可能です。

http://dogma.at.webry.info/201006/article_7.html?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+at%2Fwebry%2Finfo+%28*.at.webry.info+Feed%29

 http://banmakoto.air-nifty.com/blues/2010/06/post-8b9d.html
 http://banmakoto.air-nifty.com/blues/2010/06/post-aed2.html
 http://banmakoto.air-nifty.com/blues/2010/06/post-f8d0.html
 http://banmakoto.air-nifty.com/blues/2010/06/post-e6fa.html
 

座敷わらし

ミンス党はなりすまし政党です。
ミンス党には90~100のなりすましがおります。まあ、自民党にもいるが、この国の政治は狂ってるぞ! 帰化したとは言え、外国人に日本の政治を委ねている訳、反日教育をうけ育った者が、日本の日本人の為に政治をやると思いますか?! まあ、これまでの売国法案の数々を見ればおわかりだと思いますが、 今の朝鮮総連=朝鮮進駐軍なのであります。 ねずきちさんのブログでも以前に取り上げられましたね、日本は現在 密入国者達が幅をきかせている「異常国家」なのです。在日特権などと言う狂った法的根拠もない生活特権は、在日を優遇するだけではなく、税金を収めない在日を我々日本人の血税で年間2兆円からの税金が使われているのです。民主党は事業仕訳など猿芝居をやっているけど、技術しかない日本を技術カットシナチョンにスパイされて技術を盗まれ、民主党は国防も出来ず、姦ガンスは「沖縄なんかシナにくれてやれ」発言!要するに売国発言だ! 首相が国を切り売りしていいのか!なりすましチョン総理さん。 チョン鳩山の次はチョンガンスですか? まあ、このままいけば、なりすまし達に政権とられてシナチョンの属国に日本はなりさがる、そうならないためにも民主党解体!保守政権復活をお願い

-

No title
通りすがりの言っている事は正しい。あさやん、自分の目で見たら良いでしょう。
http://www.nippon-soushin.jp/manifesto/manifesto.html

ところで、この「立ち上がれ日本」という政党は国家防衛の意識があるのだろうか?この政党のサイトを見ても、防衛に言及した箇所が無い。更に怪しげな政策が目立つ...皆さん、自分の目で見てください。

添付資料:参議院選挙公約 政策宣言2010(原案)(PDF)
http://www.tachiagare.jp/pressinfo.php

hisa

難しいところですね
中山成彬先生は私も以前から応援しています。

しかしながら、今回の参院選においては、民主党の単独過半数阻止が最大の目的です。

「立ち上がれ日本」の主張や理念にも賛同いたしますが、戦略的に考えると今回は自民党に絞らざるを得ません。

中山先生が自民から出馬できなかったことが悔やまれます。

保守票が割れると負けます。
小異を捨てて大同に付くという考えから、今回は自民党一本に絞るべきです。

共通一次世代

たちあがれと自民党はお互いの立ち位置を認識し協力して日本を守って欲しい
「たちあがれ日本」からの中山氏の出馬、良かったと思います。

「たちあがれ日本」は「愛国、護国」を全面に打ち出して欲しいです。
「日本列島は日本人のものであり、日本人のために政治を行う」ということを徹底的に街宣して欲しいです。
今後、社民党、民主党という「がん細胞」を国会から完全に排除させることが重要です。
国民の「意識改革」を是が非でも推進して欲しいです。いわば、国民の意識の中に「保守」を取り戻させて欲しい。日本が日本で無くなるのは嫌だ!そういう思いを掘り起こして欲しい。

特に日教組が、最も大事な「教育」を手段として日本的なものを全て破壊させているのだとうことを、広く国民に知らせて欲しい。

私は、卒業式で「仰げば尊し」がどこの学校でも歌われることが希望です。誰もが希望する教育の原点を自然に感じる歌だと思います。この歌を卒業式で歌うことも、日本人皆が必ず共有出来る素晴らしい伝統の1つだと思います。

自民党は、ずっと現実の中に生きてきた政党です。
現実の中で、よりよい政策を打ちだそうと頑張ってきたのが自民党だと思います。
そしてマスコミのターゲットになるのは必ず自民党です。マスコミは全力で潰しにかかってきます。

自民党が突然「靖国」の話をしても誰も聞いてはくれない。
「庶民」は目の前の生活しか頭にない。
自民党は現実的な話をしなければいけない立場なんです。自民党は民主党の事業仕分けや公務員改革の嘘、マニフェストの幻想を徹底的に糾弾しなくてはいけない。民主に流れる票は、これらを盲信してる人たちの票です。蓮舫は人気があります。これが今の現実です。枝野や蓮舫らの「嘘」を暴かなくてはいけないです。

「たちあがれ」は多少毒づいてもいい位置にいます。日本の危機がどんなところにあるのか、それをはっきりとストレートに言えるのは「たちあがれ」だと思います。
「たちあがれ」と「自民党」は同じ保守の中での「立ち位置」をお互いしっかり意識し、協力しあって「打倒民主党」に向かっていって欲しいです。

安倍さんや麻生さんが、「現実の状況を優先」し、徐々に土台作りをする間もなく潰されたことを保守派は理解すべきだし、2度,3度と同じ過ちをさせないで欲しい。

中国は「自民党の崩壊」を最も望んでいます。自民党はなんだかんだいっても保守の砦です。

本当は「要」として中川昭一さんがいてくれたらと思います・・。

進次郎は演説が解りやすくて巧いと思います。

宮川典子&小泉進次郎 甲府から日本が沸いた日(3)
http://www.youtube.com/watch?v=RHktdNvGWc4&feature=related
宮川典子&小泉進次郎 甲府から日本が沸いた日(2)
http://www.youtube.com/watch?v=jv1VrTL_OeE&feature=related

お達者クラブ

比例選挙ですよね(詳しくないので)
保守票の奪い合いになると、民主の総取りになりかねない。
浮動票と民主党票を取り込む事が絶対に必要になる。
平沼票200万票の帰趨を計算したと言う”情報捜査官の講演”では、どちらに行っても民主党優位と言う数字が示された。
悪夢のシナリオになるかもしれない。
保守票の投票率を上げてもらうことしかない。

お花畑思想の日本人へ


愛国者中山先生頑張って下さい。


マスコミ操作する中、韓、アメに負けないで下さい。応援しています。


マスコミ操作されているお花畑思想の日本人は、目を覚まして下さい。


今は、日本の存亡の危機です!


中華人口侵略進行中

中韓アメマスコミ操作拡大中

あさやん

No title
嘘はいけないと書いている通りすがりさんは工作員です。
ねずきちさんは嘘など書いていません。
このようなブログ主を貶めたりする工作コメントは止めていただきたい。

Fox2

立ち上がれ 日本
平沼赳夫先生、中山成彬先生、
中川昭一さんの分までぜひ頑張ってもらいたいです。
応援しています!!

目標100万票…頑張って参りましょう!!

侍ジャパン

No title
本日、地元小樽にて、中山先生ご夫妻の講演を聴くことが出来ました。直接先生にお会いして決意をひしひしと感じました。
侍ジャパン 「新党 大和」としてあくまでも真の保守、
「立ち上がれ 日本」を支援してゆくつもりです!

たぬきち

明確な目標ができました!
      中山 成彬 全 国 比 例

「日本のこころをここに集結! 目標100万票!」
      日本を救うあなたの一票。

愛信

第22回参議院議員通常選挙・第八次公認候補者 中山成彬 / たちあがれ日本
第22回参議院議員通常選挙・第八次公認候補者 中山成彬 / たちあがれ日本
日本(参)__ 中山 成彬 全 国 比 例 -回
http://www.youtube.com/user/tachiagarenippon#p/u/1/66hSdnn8-GE
(動画)

中山恭子(参議院議員)入党 決意表明 / たちあがれ日本
http://www.youtube.com/user/tachiagarenippon#p/u/0/HWU-0suHCfQ
(動画)

【要請書送信先国会議員一覧】
http://www.aixin.jp/yskgd.cgi

【動画ニュース掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュースタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

愛国市民

勘違いされていますけど…
☆在米日系人は戦時中に、アメリカに対して忠誠を誓い、野蛮で遅れた本国を西洋文明の力で解放し、
アメリカ式民主主義に改革しなければならないという妙な使命感に取り憑かれているので、
反日的スタンスを採ることが基本となっています。
親日で祖国を裏切ることが出来なかった一世の方々は、戦時中強制収容所に入れられ、戦後は日本に強制送還されています。
『日系人=親日』という安易な考えは捨てるべきでありましょう。
マイク・ホンダ議員のようにアジア系マイノリティの票が頼みの日系人は、ハッキリ言って反日工作員です。

平民

No title
中山先生ご夫妻がたちあがれ日本に入党なされてとても
感激しております、精一杯応援させて頂きます。

日本 太郎

やったね
たちあがれ日本は、真の保守政権です、其処に中山夫妻が、入党してくれた事は益々芯が通り磐石になりました。
ただ残念でならないのが中川昭一さんがいない事です。
中川先生が在命ならばと、誠に残念です。
しかし、中山夫妻にはその分も頑張って活動していただきたいです。応援いたします。

戦い抜く覚悟

平成維新の時来たる☆☆☆
民主党は国政において責任ある政党であるとは、
とても言えたものではないが、
小沢執行部体制の下で強固な基盤を持っている。
これにクサビを打って突き崩すには並大抵の努力では出来ない。
小政党が個々に批判攻撃したところで、マスゴミを支配した連中の反撃の前には簡単に潰されてしまうに違いない。
ここでは薩長同盟の如く小異を捨てて大同団結して戦い抜く覚悟と度量が必要だ。

わん太

中山さん、ばんざい!
ばんざい!
万歳!
中山さん、ばんざい!

-

No title
そうしん党は政党要件も満たしてないです。
もう、たちあがれに合流したら?

chiwawa

中山先生を尊敬してます
you tube 5/30日本創新党キックオフ大会 山田党_1,2,,3
を見てください。たちあがれ日本は、批判ではなく協力関係を築いて欲しいと思いますが。

日教組
日教組は潰して欲しい、今回も輿石・千葉を落とせれば日本は変わりは決めるでしょう。
山梨・神奈川の選挙民の方は「将来の日本を作る」のは輿石・千葉を落す事、真剣に考えて欲しいものです。

通りすがり

嘘はいけない
創新党は夫婦別姓反対、外国人参政権反対は
マニュフェストにちゃんと書いていますし、
靖国参拝は創新党ニュースの中で、党首の参拝を
宣言しています。今までも参拝していますし。
確認していただければ、分かると思いますので、
訂正をお願いいたします。

目高

たちあがろうこんどこそ


たちあがれ日本 陣容もそろってきました

     ひとりひとり目をひらいて
        くにのため こどもたちのため
           たちあがろう

-

中山先生こそ政治家と言える政治家
待ってました。
そう来なくちゃ。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク