日本人という生き方

人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

中山成彬先生201006
(写真提供:やまと新聞)


以前、「日本人という生き方、ウガンダの高校生を変えた日本の躾」という記事をご紹介させていただきました。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-876.html

これは、小田島裕一さんという方が、実際にウガンダに行き、そこで野球を通じて得た心の交流の物語です。

この物語は、小田島さんが書かれた「日本人という生き方」という本を題材にしています。
ご興味のある方は、是非、ご一読をお勧めします。

「日本人という生き方」
日本人という生き方2


今日、書こうとしているのは、この本の前書きで日本アホ会会長の西田文郎氏が寄せられた文章です。

以下にその抄をご紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~~~

人間は、ただ良い思いを描いているだけでは良くなっていきません。

良い考え方を身につけるには、良い行動から始める必要があるのです。

良い行動をすると、良い考え方が強化されます。

プラスの行動はプラスの考え方を作り、マイナスの行動はマイナスの考え方を作ります。

小田島さんの本気がウガンダの少年の心に火を灯し、夢を育みました。

そしてわずか二年の間にたくさんの奇跡を起こしました。

~~~~~~~~~~~~~~~

日本の未来も同様だと思うのです。

日本を良くしたいという思いを抱くなら、まずは良い行動からはじめなければならない。
ボクはそう思っています。

なんでもかんでも「人のせい」にしたり、誹謗中傷をするのは、マイナスの行動です。

昨日のエントリーで、私や日心会についていろいろと誹謗中傷を重ねている方々について書かせていただきましたが、彼らは、日本人ひとりひとりがすべて、自分だけが正しく、他はすべて間違っていると言い張り、陰口をたたくような日本の姿を夢見ているのでしょうか。

私はそれは違うと思う。

日本を良くしたい。本気でそう思うなら、まずは自らの身を律するところか始めるのが筋なのではないでしょうか。

上にご紹介した本に、こんどは小田島さんご自身の書かれた「はじめに」に、次の文章があります。

~~~~~~~~~~~~~~

私は、アフリカのウガンダ共和国で二年間高校野球を指導してきた。毎日ウガンダの船首を指導しながら、いつも考えていたことは「日本」との違いについてであった。

当初はウガンダで起こることのすべてが、特別なことのように思えた。

しかし、時間が経ち、日本や日本人について学んでいくにつれ、日本が特別であるということを知った。

ウガンダに行き、働くことで、初めて自分が日本人であることを意識し、日本という国、日本人の素晴らしさを感じ、感謝する日々を過ごすことができた。

もし、ウガンダに行かなければ、私は、日本人であることに誇りをもてなかったかもしれない。また日本がどんなに素晴らしい国かということも知らずにいただろう。

外国において、日本人への尊敬、信頼は大変高かった。

尊敬や信頼というものは、一朝一夕では得ることができないものだけに、本当に価値がある。

いま、平和な国日本に生まれてきたことは、決して当たり前のことではなく、特別なことなのだ。

そして今の豊かな日本は、先人たちの血のにじむ努力の上に成り立っていることに、いまこそ、わたしたち日本人は気づき、感謝する必要がある。

~~~~~~~~~~~~~~~

日教組による反日教育の成果で、日本人として日本に生まれながら、日本が大嫌いな人がたくさんいるといいます。

ところが、そうした方々が外国に出ると、なんと日本は良い国なのかと、あらためて驚きます。

日心会にも、そういう方がたくさんおいでになります。

そして小田島さんが書かれている通り、いまの日本は、まさに先人たちの血のにじむ努力の上に成り立っています。

その日本を取り返すために、ずっと戦い続けているのが、元文部大臣の中山成彬先生です。

実は、元鎌倉市議の伊藤玲子先生が、現職の議員時代、あまりの日教組教育の酷さに驚き、足を棒にして、なんと10年間、代々の文部大臣に、なんとかしてほしいと、直接陳情をされました。

ところが、残念なことに、どの文部大臣も誰も反応してくれなかった。

そして中山成彬先生が文部大臣になられたとき、またダメかもしれないと思いながら、それでも、行かなければ!と、伊藤玲子先生は、勇気を奮い起して陳情に行きます。

中山成彬先生は、玲子先生のお話を、黙って静かに最後まで、きちんとお聞きになられた。

「お話はよくわかりました」

それがそのときの中山先生のお答えです。

何日か後、伊藤玲子先生のご自宅に、一本の電話がはいります。

なんと、文部大臣(当時)の中山成彬先生からの直接のお電話です。

そして文部省の幹部を集め、勉強するので来庁してもらいたい、ご一緒に教育現場を視察します、とのお話でした。

その瞬間、伊藤玲子先生は、全身に鳥肌が経つほどの感動を覚えられたそうです。

電話での中山成彬先生の一語一語から、日本の教育へのゆるぎない信念と情熱が伝わってきたからです。

その日から、教育現場の視察が始まります。
文部大臣が直々に視察にまわるのです。
前代未聞の出来事です。

そして中山成彬先生は、総理と諮り、教育基本法の改正に取り組まれた。
戦後初の大改革です。
日教組や野党は猛反発、猛反対です。

ありとあらゆる非難中傷も受けた。

それに対し、中山成彬先生は、堂々と、かつ粛々と法を改正されました。
戦後、50年以上にわたり、誰もできなかったことを実現されたのです。

現代日本にもっとも欠落しているもの、そして日本国内に反日政権を誕生することを許してしまった最大の理由。

それは日本人の「国家観の喪失」にある、とボクは思っています。

ならば、日本を取り返すための戦いは、日本人が国家観を取り戻すための教育改革は喫緊の課題です。

なんとしても、中山成彬先生は国政に復帰いただかなければならない人である。

ボクはそう思っています。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

第22回参議院議員通常選挙・第八次公認候補者 中山成彬 / たちあがれ日本


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

-

No title
  中身無き

  空缶総理に

  一夜詰め

-

表紙替え  小沢無様に  逃げ隠れ
>小沢一郎民主党前幹事長の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法 違反事件で、小沢氏側は24日までに、 「元秘書らとの共謀は成り立たない」との主張を盛り込んだ申し入れ書を、近く東京第5検察審査会に提出する方針を決めた。
>告発された側が検察審へ申し入れ書を提出するのは異例。


最低な人ですね。

だからこのような川柳が出てくるのですよ。


  馬をシカ   俺はシロだと   小沢流


小沢は、自身が法や道徳よりも上だと思っているのか?

愛信

【検察審に申し入れ書提出へ=小沢氏側「共謀成立せず」-陸山会事件】
【検察審に申し入れ書提出へ=小沢氏側「共謀成立せず」-陸山会事件】
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010062401097
小沢一郎民主党前幹事長の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法
違反事件で、小沢氏側は24日までに、
「元秘書らとの共謀は成り立たない」との主張を盛り込んだ申し入れ
書を、近く東京第5検察審査会に提出する方針を決めた。
告発された側が検察審へ申し入れ書を提出するのは異例。

犯罪者が自分が起こした事件を采配する超法規的権力で天皇さえ蔑ろ
にする陸山会

【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi
【政治・経済タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

山河

緊急拡散《25日(金):「中山成彬・恭子」両先生・街頭演説日程》
ねずきちさん 頑張りましょう!

緊急拡散《25日(金):「中山成彬・恭子」両先生・街頭演説日程》

■ 「新橋駅SL広場前   08:50~09:20」
■「 有楽町マリオン前  09:50~10:20 」
■「秋葉原駅      10:35~11:05」
■「 上野駅       11:25~11:55 」
■「浅草雷門前     13:00~13:20 」
■「巣鴨(とげぬき地蔵) 13:50~14:20」
■ 「池袋駅東口パルコ前 14:50~15:20」
■「新宿駅西口     15:40~16:00」

以上、拉致と教育問題の日本に於ける象徴的国会議員の肉声に触れて、マスコミが報道しない現状を認識していただければ幸いです。

◆☆◆☆◆☆◆☆◆☆◆☆

緊急拡散《「朝まで生テレビ」中山恭子先生出演決定(6月25日金曜深夜)》

●中山恭子先生が、6月25日深夜の「朝まで生テレビ」に「たちあがれ日本 」を代表して出演されます。

生番組ですので、最近、報道されない「拉致問題」だけでなく、国家の根幹をなす「戸籍制度廃止」や「二重三重国籍」法案を国民の知らないところで、通そうとしていることを取り上げていただきたいですね。

◆☆◆☆◆☆◆☆◆☆◆☆
今回の参議院選挙は、インターネットユーザーの皆様方の力も試されております。小生の記事は、殆どインターネット転載フリーにしてありますので、一人でも多くの方がメールからメールで広げて頂き、マスコミに一泡ふかしてやりたいものです。

中山成彬先生は、日本解体法案を阻止する象徴として、いまこそ日本に必要な政治家です。

★中山成彬先生がツイッターとブログを始められましたが、6月24日公示以降の選挙期間中は、更新できなくなりますので、激励の一言を入れて頂ければ参議院選挙を戦うエネルギーになると思われます。
ブログ:http://nakayamanariaki.cocolog-nifty.com/blog/
Twitter:http://twitter.com/nakayamanariaki

★公職選挙法違反とは!★

海外在住日本人の皆様へ!

いよいよ参議院選挙が、24日に告示されます。今回、インターネットのブログが解禁される予定でしたが、民主党の独断で国会が閉会になりました。それによってインターネット選挙の解禁法は、廃案になってしまいました。
そんな中にあって、海外在住日本人の方々への公職選挙法は、今まで通り適用除外になりますので、もし、この参議院選挙がインターネットの力を存分に発揮できる方は、日本国内法が及ばない皆様のお力添えが必要ですので、宜しくお願いいたします。

-

Mr.愛国主義者
日本を救えるのはたちあがれ日本しかありません。
裏で蠢く勢力に屈することなく、昔のように祝日に
国旗を掲揚し、国歌斉唱ができる日本に戻れること
を切に願っています。

右翼と言われようが我が家はマンションですが祝日、
お正月は国旗を掲揚し、8/15には靖国神社を参拝
し、心から感謝の意を伝え、気合いを入れ直します。

-

No title
中山先生の出馬は嬉しいです。

絶対応援します。日本を守るため、頑張ってください。

-

武田邦彦 【ツバル、最終決着 NHKの虚偽報道が明らかに】
 鳩山政権の無策、そして菅政権の誕生と何もしないまま日本の時が過ぎている時,イギリスの科学雑誌,「ニューサイエンティスト」が小さいが驚くべき記事を出した。

 それは「沈んでいると報道されていたツバルの島の面積が3%以上、増えていた」という論文だった……

http://www.melma.com/backnumber_133212_4887340/

-

パリが中国人に乗っ取られたようだ
在仏華人、華僑、新移民がパリで「治安強化」を求めるデモ。フランス人の反中感情拡大のなか、暴力反対行進に一万人ほどが集結......
http://www.melma.com/backnumber_45206_4890200/

陰謀に対する私の嗅覚は天才的?

皇室が危ない
>名無しさん #GJ7BxEmw さん
>やっぱ日本人として誇らしいのは帝室、皇室を何が起きようとぶっ壊さなかった所。

同感です。

簡体字なので文字化けして非常に酷く読みにくいですが、「20世紀初頭になって幸徳秋水が明治天皇の正当性に疑問を呈した。それに対して明治天皇は最終的に、南朝こそが正統であり、北朝の天皇は名ばかりで正統性は無いという結論を下した。」という事が書かれています。(もっとも、明治天皇の発言は、南朝関係者に対する単なるリップサービスだと思います。)
この手の発言なのですが、最近、似非保守や創価関係者と思しき人々も、しばしば主張しています。
「保守」の仮面をつけて。
中国人と一緒になって、なにやってんでしょうねぇ?
胡散臭い事この上ないです。

気をつけましょう。

南北朝 (日本)
http://zh.wikipedia.org/zh/%E5%8D%97%E5%8C%97%E6%9C%9D_(%E6%97%A5%E6%9C%AC)

直至20世纪初期幸秋水提出当时明治天皇的正统性问题,明治天皇最后作出结论:
以南朝天皇为日本的正统,北朝天皇保留名号,但不列入正统。

-

No title
やっぱ日本人として誇らしいのは
帝室、皇室を何が起きようとぶっ壊さなかった所。
時の法、時の気分に流されず、個人の権利などで周りを見失わず
文化伝統、歴史を守って来た道徳観。
これに尽きる。

プク

No title
歴史、慣習、伝統などの国柄の中に叡智として発見できる「法」、この有り難い「法」は憲法原理であり、この「法」に「主権」があることを「法の支配」とか「国民主権」の名で呼ぶのです。人が決める制定法ではありません。

敢闘軍

死すれど止まず
沖縄で売られている
硫黄島の写真集は凄惨な日本軍戦死者の写真が表紙になっています。
これだけでも出版社の配慮のなさが窺われますが
この中で、二人組の兵士が機関銃を構えたまま散華されている写真がありました。
正に軍神の御姿と涙を禁じえません。

町工場の親方

重要なブログの文章。
No.187717:参院選始まり。
「朝日新聞をみんなで叩き潰す掲示板」、より。

お奨めする文章ーーー投稿者:町工場の親方投稿日:2010年6月24日 (木) 09時12分44秒通報

いよいよ日本興亡を決める、参院選の火蓋がきって落とされました。
本日の、M.P.J.(メディァ・パトロール・ジャパン)
、の下記の文章はお奨めです。ご一読を

2010-6-24.7:18
『日本に皇紀2700年は来るのか?』
(花うさぎの「世界は腹黒い」)

-

国民主権
■自由主義の政治とは〝法による政治〟であって、「人による政治」ではない。「国民主権」とは、国民という〝人〟を絶対とするように、この「人による政治」の論理であり、未開的であり野蛮的であり文明に逆行している。

日本が迷信の「国民主権」を憲法に掲げながらかろうじて文明的な自由主義の政体とその政治社会を維持できるのは自由の淵源である天皇を立憲君主として戴くことによって「国民主権」の毒性を中和しているからである。
(中川八洋『正統の哲学 異端の哲学』「人権」「平等」「民主」の禍毒)

■F.A.v.ハイエク Friedrich August von Hayek
(国内政治において)
主権がどこにあるかと問われるなら、どこにもないというのがその答えである。
立憲政治は制限された政治であるので、もし主権が無制限の権力と定義されるなら、そこ(立憲政治)に主権の入り込む余地はありえない。……

無制限の究極的な権力が常に存在するに違いないという信念は、あらゆる法(国法・伝統・慣習)がある立法機関(ある一世代のある一時期の国民の代表者にすぎない集団)の計画的な決定(法治主義による立法権)から生まれる、という誤った信念に由来する迷信である。

国法・伝統・慣習は過去の祖先から世襲した叡智の中にあるのであって、永い歴史の中のある一世代のある一時期の国民の代表者にすぎない集団が立法によってつくりだすものではないということ。つまり〝法〟と「法律」の相違についての無理解による。
(『法と立法と自由』第十七章)

バロン

ぐりとぐらの福音館は反日出版社
子供向け絵本に天皇を貶める記述!
第二次世界大戦も、全部日本がワルモノに!
http://whisper-voice.tracisum.com/

児童書の福音館には注意

共通一次世代

No title
エントリーの動画、中山成彬氏の「日本を失いたくないんです」という言葉、涙が出てきました・・。本当にそう思います・・。

サッカーW杯で、よく国歌を聞きますが、その中で、パラグアイの国歌の題名が、
『パラグアイ人達よ、共和国か死か(Paraguayos, República o Muerte)』というすごい題名であることと、7番まであることを知りました。

また、ウルグアイの国歌が11番まであるものすごく長い国歌であることも知りました。↓

『W杯2010予選プレーオフ ウルグアイ×コスタリカ 国歌斉唱』
http://www.youtube.com/watch?v=3utGyKIr2ug
=======
オリエンタレスよ,命を失っても我が国を守れOrientales, la Patria o la tumba!
自由を侵されるならむしろ栄光の死をLibertad, o con gloria morir! Es el voto que el alma pronuncia,
この真心の願いを勇ましく成し遂げようY que heroicos sabremos cumplir!
オリエンタレスよ,自由を求めよ!Libertad, libertad Orientales!
この叫びが祖国を守ったEste grito a la patria salvó
戦いではその激励を受けQue a sus bravos en fieras batallas
勇士は奮い立たされたDe entusiasmo sublime inflamó
自由の栄光を求めDe este don sacrosanto la gloria
占領者よ,我が力を知れMerecimos: tiranos temblad!
占領者よ,我が力を知れMerecimos: tiranos temblad!
自由を戦いで取り戻しLibertad en la lid clamaremos,
自由のためには潔い死もY muriendo, también libertad!
========

国歌の内容は,自由を賛歌し祖国を守ろうというものですが、W杯予選大陸間プレーオフ、ウルグアイ対コスタリカ戦では、試合前の国歌斉唱の際、国歌のあまりの長さに耐えきれなくなったコスタリカ代表の選手たちが、国歌の途中でピッチに散り、アップを始めてしまったそうです。

でも、どの国の国歌もその国の人々にとってはかけがえのないものだと感じます。

「君が代」は私たち日本の国歌。
日本人にとってかけがえのないもの。
崇高で素晴らしい自国の国歌をとても誇りに思います。

この日本を失いたくはありません。

田代照夫

私たち日本人が知っておく事
田代照夫です。
動画でアップさせていただきました。
YouTube『chako3491』
又は
検索語=日心会 朝鮮進駐軍 三国人

ねずきち

PPG真正保守さんへ
貴殿の2010/06/24(木) 07:03の書いたコメントは、昨日のエントリーに関するものですね?

昨日のエントリーの本文末尾にある通り、貴殿らに解放しているのは、昨日のエントリーのコメント欄のみ。
それ以外にコメントしたら、即刻削除しますと書いています。

これは、ルールです。

なので、ルール通り、削除します。

bb

PPG真正保守さん
お願いです。

前のエントリーで質問して頂けませんか。記事と関係ないコメントは、混乱を招きますので、よろしくお願いします。

bb

ねずきちさん、おはようございます。
一昨日、我が家の前の往還に「たちあがれ日本」の宣伝カーが通りました。

あ~がんばっているなと、少しうれしくなりました。道行く人も、振り向いたり、注目したりしていました。

頑張ってほしいし、応援していきたいです。

伊藤先生もきっと一生懸命応援すると思います。

お手伝いできるところは、なんでもしていきます。
「日本を失いたくない、これが私の願いでございます」
伊藤先生の口癖です。

私も同じ思いです。

本日、公示ですね。

ぱらっち

日本人に生まれて良かったと思うことは、素晴らしいと思える日本人がこの国にたくさんいたこと、そして今でもいること、その人達が決して特別な存在ではないことです。
それだけで頑張ろうという気持ちが湧き上がってきます。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク