東国原知事「出るのか出ないのか」記者会見で露呈したこの国のマスコミの低脳さ



記事の内容は、ボクの下手な文章よりも、直接記事を読んでいただいた方がいいかと思います。

東国原知事「出るのか出ないのか」 40分イライラ記者会見の一部始終
(livedoorニュース)

この質疑は、東国原知事に軍配だと思います^^

知事は、責任ある立場の人間として、県民が、知事でいることを望むのか、国政の場での活躍を望むのか、あくまで県民の声に従うべきであるという姿勢が一貫しています。だから、いまの段階では「態度保留」なのです。

マスコミにしてみれば、東国原知事が、衆院選で落選しようが、知事を続けようが、どっちでも「ニュース」になりさえすればよい。
だから知事に対して、出馬か、不出馬か!と、まるで丁半博打のようにせまっています。

でもそれは、知事の出馬がニュース性を持っているからツッコミをいれているだけで、これで東国原氏が、衆院選で落選でもしようものなら、あとは見むきもしない。そんな酷薄さがただよっているように思えます。

マスコミ、無責任じゃありません??

いまの宮崎県は、ものすごい経済成長をしてますけど、それって、東国原知事自身が先頭に立って、宮崎県の物産のセールスをやってきたからでしょ? その知事が、国会議員になることが、はたして宮崎県にとって、どのような意味を持つのか、国政に与える影響は何か、宮崎県民にとっては、それこそ死活問題に等しい事柄です。

中山代議士不出馬の宣言があったとはいえ、事は、そうそう簡単なことじゃないように思うのです。

その日の記事になりさえすれば仕事になる記者と、

県民の生活をしょって立っている東国原知事と、

発言に、重さが違うと思うのです。

知事が態度を保留にしている以上、報道としては、知事が不出馬の場合と、出馬の場合の経済効果、県民意識、識者の意見等を調査し、報道するのが筋で、

出るか、出ないかという「決断を迫る」ことが、記者の仕事じゃない。

すくなくとも、この質疑の報道を見る限り、宮崎県に対して誰もが莫大な貢献をしたと認める知事に対し、尊敬や感謝の姿勢はまるでみることができないし、ひとことでいえば、きわめて記者の品性が低い。だって、これだけ持ち上げて、出馬意思を迫ったって、衆院選に落ちたら、ポイでしょ? マスコミって。

こうした品性の低い人たちの取材が、報道となり、世論になる・・・・なんだか情けない気がします。

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v

東国原知事


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

アレサさんコメントありがとうございます。
いあぁ、ぜんぜんなってないっすよ><;;
応援いきますね~^^

araraさんコメントありがとうございます。
地方自治の知事制というのは、三権分立の国政と異なり、大統領制度にちかいものがあるんですよね~^^
ボクも、いまのままがいいように思いますね^^

moharizaさん、いつもありがとうございます。
議員と知事では、やはり重さが違うし、知事のままで自由に発言しているほうが、多くの人の役にたつのではないかと思いますね。
もし、国会に出るのなら、自民・民主といういまの枠組みを超えた大同団結の巨大新党の幹部として・・・みたいなものでないと、意味がない気もします。

mohariza

自民党で衆議員として当選しても、自民党に集団に埋没する…
東国原知事は、自民党で衆議院に選挙に出て、たとえ、当選したとしても、自民党と云う「魑魅魍魎」の集団に埋没すると思います。

所詮、政治家は、(官僚では無い!)庶民の代表なのですから、<政治家と称する、どす黒い>玄人(くろうと)になる必要は無く、素人でもかまわないと思っています。
政治家<特に県知事等>は、理念が大事で、こそくな政略に乗る必要は無いと思います。

私は、(魑魅魍魎に染まらず、)素人の発想で自由に出来る、現知事のままの方が、自分の力を出せると思いますが…。

arara

まあ、詭弁がじょうずな人たちですから
知事はトップでいたからあのような活躍が出来たわけで、党の一部しかもペーペーとなればどの程度活躍できるのか疑問な点もあります。

もう少し地方の長としてマスコミを利用しつつ地方の格差を訴えるべきでしょう。

アレサ

政治
政治に関することは考えてはいるのですが
記事にするほど知識がなくて書くのは難しいけど、ねずきちさんはきちんと記事になっていますから凄いです。私にはできない作業です。実際起きたことの感想程度しかかけない。これはねずきちさんの才能だと思いますよ。どんどん発信してくださいね。応援します。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク