「日本派」の政治家



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

中山成彬601-020


田母神俊雄さんの最近のご主張に、

“出でよ! 日本派の政治家!”

という言葉があります。

これは田母神さんのおっしゃる通りで、そもそも日本の政治家は、親米派、反米派、親中派などと色別されるけれど、本当に日本人にとって必要な政治家は、親米でも反米でも、ましてや親中などではなく「日本派」の政治家です。

米国やChinaへの気配りも、それなりに大切かもしれないが、いちばん大切な、「日本人の生命と財産を守る」という視点に欠けていたら、それは最早日本人の政治家とはいえない。

以下、田母神さんのブログからの引用です。

~~~~~~~~~~~~~~
「出でよ日本派の政治家」
http://ameblo.jp/toshio-tamogami/entry-10569269913.html

我が国の国会では、どこの国の国益を守ろうとしているのかわからないような発言をする政治家が多い。

外国人の地方参政権付与法案など、少し想像力を働かせれば、これによっていかなる事態が発生することになるのか判りそうなものだ。


日本にはいま、50万人以上もの中国人が住み、毎年1万人以上も増えているという。

これらの中国人が、地方の人口3万人や5万人の町に集結したら、その町の市長などは、たちまち中国の意を体した人になってしまう。
合法的に日本の町が中国人に乗っ取られてしまうのだ。

河添恵子氏の「中国人の世界乗っ取り計画」(産経新聞出版)によれば、カナダのリッチモンド市ではすでに人口の過半数が中国系になり、町の景色、看板の文字、バスの車内で交わされる言語などは、すべてが中国に変貌しているという。

もし、我が国で外国人の地方参政権が付与されることになれば、我が国にやってくる中国人はどんどん増加するであろう。

そして、本国で選挙権を持たない中国人が日本国で選挙権を持つようになり、日本の街が中国の街へと変貌するであろう。

北京オリンピック聖火リレーの際の長野市の状況を思い出しただけでぞっとする。


外国人参政権法案は、菅総理も推進すると明言しているし、多くの中国派の政治家も頑張るに違いない。

これに対して、保守派といわれる政治家はこの法案には反対すると思う。

保守派といわれる人たちは、あまり中国が好きではなく、中国に対して毅然とした対応をすべきと主張する。

彼らは中国よりはアメリカが好きで、日本の安全保障の根幹は日米安全保障条約だと考えている。
それは、現在の日本がおかれた状況を考えれば最善の方策であると思う。

しかし、日本の保守派といわれる政治家は、日本的な伝統文化を守ろうとするよりは、アメリカの言う通りにした方がよいと思っている人たちが多い。

現在進行中の日本の政治、経済、金融、雇用のシステムのアメリカ化などには、全くの無頓着である。

日本の国益を守るのではなく、アメリカとぶつかることだけは、絶対に避けようとしているのだ。

たとえば核武装すべきではないと主張する人の多くは、それによって日米関係が悪くなるからという理由を挙げる人が多い。


それらの人たちに私は質問をしたい。

「それでは、アメリカが日本に核武装を薦めた場合でも、あなたは核武装に反対するのですか?」 と。

どんなに困難なことでも、政府が総力を挙げて努力をすれば達成できないことは少ない。

アメリカが反対をしても、それを説得するのは政治家や外交官の仕事である。
これに挑戦する勇気がないから、失敗したくないという自己保身から、困難であるという理由をつけてやらない場合がほとんどだと私は思っている。

だから我が国はいつまで経っても真の独立国になれないままである。

55年体制化で自由民主党が綱領で目指した真の独立国家は、55年後の今日でも未だ達成されていない。

日本とアメリカは、それぞれ別個の独立国であり、日米の国益が一致するわけがない。
日米は政治的には同盟国であっても、経済的な利害は対立することが多いのだ。

アメリカの言う通りばかりしていたら、我が国が損をすることが多い。だから、我が国の国益を守るためには、アメリカに対しても必要な主張はしなければならない。

もっとも、アメリカに守ってもらわなければならない現状を考えれば、我が国の対米主張にも限度があることは認めざるを得ない。

自分の国を自分で守れなくては、強い主張も出来かねる。
だからこそ軍事力、情報力を増強し真の独立国を目指さなければならない。


私のような主張は、しばしば反米だといわれることがある。
しかし私はアメリカを敵視しているわけではない。

私は反米ではなく親日であるだけなのだ。
絶対に妥協するななどと硬直的な主張をしているわけではない。
政治はリアリズムだから、どこかで妥協が必要なことは、私も十分に理解しているつもりである。

しかし、真の独立国を目指す覚悟がなくて、世界の尊敬を受けることなど無理な話である。

自分の国を自分で守ることが出来て初めて大人の国になったといえる。
それが出来ないうちは子供のままである。
日米対等などとは、とても現在の段階で言うことは出来ない。
小学生が大人に向かって対等だと言っているようなものである。

我が国の保守派といわれる人たちの大半はアメリカ派なのである。
日本の政治家には、中国派がいる、アメリカ派もいる。

しかし、日本派の政治家が極めて少ないように思う。

中国やアメリカへの過剰な気配りをやめて、真に我が国の国益を追求する日本派の政治家に出てきてもらいたい。
~~~~~~~~~~~~

米国をはじめ、ヨーロッパ諸国などでは、

「市民権というものは自国という共同体を一緒に守る意思のある者にのみ与えられる」という共通認識があります。

戦って負ければ市民は全員殺される。
だから大陸では、城塞国家を築きました。

ヨーロッパにおいても、婦人に参政権が与えられたのは、ずっと最近になってからのことです。

それまでなぜ婦人に参政権がなかったかといえば、
「女性は国を守るために戦う者ではない(戦いは男がするもの)」という意識が根底にあったからなのだそうです。

日本を守る気のない人たちは、その時点で日本人ではない。
日本人でない人たちに、日本の政治や軍事をどうこういう資格はない。

ましてや、日本を守る意思のない者は、日本の政治家たる資格はない。
あたりまえのことです。

日本の政治家なら、日本人の生活と安全をなによりも優先して考え、行動せよ!と、あえて申し上げたいと思います。

明日は、いよいよ参院選です。

参院選では、間違いなく、日本を守る意思のある、日本派の候補者に投票をしべきと思いますが、みなさんはいかがでしょうか。
 ↓クリックを↓
人気ブログランキング



日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

eco

拡散お願いします
〝日本の底力〟さんのブログからのコピペです。

比例でも個人名で書くと落選時に党の票になるとのこと。


比例も個人名で【拡散希望】

しかし断然お勧めなのは、比例でも党名を書くより候補者名

を書く方がお得です。なぜなら個人名を書いた票はもしその

候補者が当選できなくても、その人が立候補した政党の得票

になるからです。

投票した方にとって政党名では1票分の値打ちしかありませ

んが、個人名では2票分の値打ちがある事になります。詳し

くは下記サイトをご覧下さい。この情報は結構知らない方が

多いみたいなので、できる限り拡散をお願いします。

「参議院 比例代表制のドント方式で 候補者名を書く方が
党名を書くよりなぜ有利なのか」(月夜のぴよこ と ロバの耳)
http://twinklestars.air-nifty.com/samurai_woman/2010/07/post-ae82.html


『参院選』個人名を書けば2票分の価値がある?
(akiraさんの「平凡な日常」)
http://akiran1969.iza.ne.jp/blog/entry/1663345/


ご近所、お知り合いの方、一人でも多くの方に是非お伝え下さい。

フリーチベット

とある選挙民さんふ
中山なりあきブログを見たのか?ちゃんと書いてあります。

新聞ゲンダイの見出し

『民主党政権を終わらせるのか』

-

民主党の千葉景子は絶対落選させればならない。夫婦別姓問題、外国人参政権問題、人権擁護法、国籍法改正、二重国籍、慰安婦補償など全て賛成国旗国歌問題に関しては反対である。こんな輩は国会からでて行ってもらつた方が正しい判断だと思う。真の日本人は愛国心をもって国旗国歌にたいして敬意をもつ事は当然である。日本を守る事が出来る保守政党の健闘を期待したい

-

No title
共通一次世代さん

すばらしい意気込みですね!!

余談ですが、その美容師さん、「竹谷とし子って写真とテレビで観る顔って全然違いますね~修正しまくりですよあれは。」と言っていました。
私はテレビあまり観ないのでどの程度のものか分りません。

さあて、期日前投票したし一安心♪
午後はネイルサロンへ行って手と足お手入してもらいながらネイリストさんたちとおしゃべりしてきます。

とある選挙民

明日の選挙は
ここで支持している政党・候補者を外して投票します。理由は自国で起きている諸問題(雇用や貧困、格差社会、少子高齢化など)にいっさい触れていないからです。ここニ週間読んでいましたが、話はいつもライバルをけなすことばかりで呆れてました。こんなのに日本の未来を託したくありません。

日本を破壊するのは、中国でも韓国でもなく自国民であることに気付くべきです。

山河

日本を守ってくれると確信できる候補者に投票しましょう★比例区は「中山なりあき」と書いて、解体法案阻止の意思表示を!
中山なりあき先生を国会へ送りましょう!頑張って応援しましょう。

●立会演説会の冒頭、6月23日に旅立たれた中村あきら先生を追悼して、伊藤玲子先生が思い出を披瀝された後、「一分間」の黙祷をしてから立会演説会が始まりました。

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-73.html

__

頑張れ!

共通一次世代

日本という国を守るための重い重い一票、という意識。
>ヨーロッパにおいても、婦人に参政権が与えられたのは、ずっと最近になってからのことです。
それまでなぜ婦人に参政権がなかったかといえば、
「女性は国を守るために戦う者ではない(戦いは男がするもの)」という意識が根底にあったからなのだそうです。

ねずきちさん、私にとってはこれって「目からウロコ」でした。
婦人参政権をそういう方向から見ることは今までありませんでした。ただただ「男女平等」という見地からしか見ていなかったので、本当にある意味、新鮮な説明でした。

そう、「国を守る」ということは、戦うために銃を持たざるを得ないないこともある・・。
女性は留守を守るのが役目で、それも勿論国を守るための重要な役割だけど、やはり前線に立つのは男性だった。

戦争状態でない今、選挙は多くに国民にとって「自分たちの生活をラクにするためのもの」という軽い意識しかない。
結局その意識が間違っている。その意識を変えさせなきゃいけないのだと改めて思います。

選挙は国や地方を支え、国や地方を守る、最も重要な役目を仰せつかる人を選ぶ。
国政選挙はこの国の行く末を託す。地方も国政に最終的に関わってくる。
だから、両方とも、日本という国と命運を共にする日本人でないと絶対にだめ。

婦人参政権は自分たち女性にとって有り難いものですが、子供の為にといいながら「子ども手当」という将来子供たちに負の遺産を与え、外国人にまで搾取されるバラマキ政策に一票を投じた「お母さん」達が前回の衆院選で大勢いた事にやはり腹立たしさを感じると同時に、自分たちの持つ一票の重みを考えなおして欲しいと切に願います。

自分の一票が国の生死を賭ける一票だという意識を多くの人たちが持つべきです。
このことを、やっぱり学校でもしっかり教えるべきだと強く思います。教育は本当に大事だと痛感します。

今は、戦争はないけれど、この一票で日本は中国や韓国,、北朝鮮の言いなりになり搾取され、最後には中国の属国という恐ろしい結末を迎えかねない事となってしまう。
自分たちは銃は持たないけれど、この国を左右する一票を持つんだという意識。

私自身もそれを強く強く持って明日の選挙に臨みたいと思います。

今日は美容院に行ってきます。
選挙の話を持ち出せる選挙近くになってから行こうと計画していましたが、直前になってしまいました。
髪も今ボサボサですがすっきりしてきます。

「名無しさん」のように、話を「弾ませて」来ます!!






-

この国を守る為にも、たちあがれ日本や自民党へ支援をお願いします。朝鮮民主党へ一票は日本が滅びる一歩となります。今回の選挙期間中も朝鮮民主党の悪質な行動は日本人がするわけがなく、あれ日本にいる偽物日本人です。朝鮮民主党は許す訳にはいかない。

-

各党政策のについて
国民新党代表の亀井静香、財務副大臣の野田佳彦らが言っている。現在、問題になっている永住外国人地方選挙権付与問題は、選挙権の付与ではなく、帰化要件を緩和して解決すべきであると。

http://www.matayoshi.org/document/kikayouken.htm

帰化要件緩和は容認できません。
外国人参政権付与に反対、賛成だけではなくその内容についても精査しましょう!!


ワン太

チャイナはゴキブリ
日本もカナダもロシアもそう。
チャイナはゴキブリです。
あちこちに糞をしながら蔓延ります。

通りすがり

中山先生を応援します
歴史と伝統ある日本の未来の為に
中山先生を応援します。

これから妻と期日前投票をしてきます。
妻は自民の山谷えり子議員の予定でしたが、
山谷先生は大丈夫であれば、
二人共に中山先生へ投票するつもりです。

中山先生には是非とも日本の未来の為に
働いて頂きたいと思っております。

-

これだけは読んで欲しい
仙石由人と高木健一とマイク・ホンダと統一教会と・・・
http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-540.html

国民

日本の有権者よ
日本の有権者は絶対に日本の政治家に票を入れねばなりません。
与党で闇法案に反対をしている
国民新党」 「たちあがれ日本」の
比例代表候補に党に投票しましょう。

こういう話があるようです。
谷亮子候補に「外国人参政権に賛成ですか?反対ですか?」
という質問をした市民に、「選挙妨害だ」と言いがかりをつけるミンス。


7月9日 民主党・候補者に質問した女性に「この人選挙妨害です」と連呼
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm11331618

-

日本人は投票に行きましょう!!
おはようございます。

今回の選挙についていろんなかたと話してきましたが、選挙に興味がない,投票に行かない、というかたが多くて驚かされます。

あるかたは創価学会信者のご近所、PTAなどのしがらみがわずらわしいから何年も行ってないとか、、、

昨日美容院で美容師さんとお話しました。
美「選挙誰に投票するんですか?」
私「たちあがれ日本に入れるつもり。」
美「でもじじいばっかりですよね~」
私「ベテランの人が多いんでしょう。若い人は杉村大蔵とか、、、」
美「あいつだけはゆるせないですよ。」タイゾー語録についての批判あり。
私「でも本50冊位読んだり勉強したらしいわよ。それより何故投票日が7月11日になったか知ってる?
前回3年前は7月の終わりだったのに。」
美「そういえば7月末でしたね。どうしてですか?」
私「民主党の支持母体である日教組、年金ぶちこわした自治労などの団体が夏休みが減るのがいやだって言って7月11日になったの。わずか3年でここまで反日団体のやりたい放題になってしまったから、若いひとには是非投票に行ってもらいたいわね。」
美「ふっざけてますね~日曜日店のまえに投票に行ってこようかな、、、」

若い人たちに先ず意識を持っていただきたいです!!

昨日期日前投票で中山なりあき先生に投票してきました!!
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク