風が変わり始めている



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

映画「アバター」
映画アバター0714


映画「アバター」といえば、世界中でメガ・ヒットを記録した映画です。
製作費は、史上最高の300億円。
3DのCGを駆使し、映画を「観る」ものから「体験する」ものに変えた初の映画とも言われています。

監督のジェームス・キャメロンは、この映画を「映画史の革命」と銘打ち、なんと興業開始からわずか39日で約1700億円を稼ぎ出すという世界新記録も樹立しています。

「アバター」は、全編CG(コンピューターグラフィック)を駆使した映画です。人間以外は、ほぼすべてがリアルなCGで描かれている。しかも3Dです。

ここで描かれる世界は、もちろんジェームズ・キャメロン監督のオリジナルなのだけど、その世界観は、かなりの部分、日本アニメの影響を受けているといいます。

六本木ヒルズで行われたジャパンプレミア出席のため来日したキャメロン監督は、短い舞台挨拶の中で「僕は宮崎駿の大ファンだから」と語っています。

実際、光る芝生のような糸は、「風の谷のナウシカ」のオームの髭だし、ドラゴンに乗る姿も、ナウシカの飛行機に乗った姿。

空中に浮かぶ島は、「ラピュタ」そのものです。

天空の城ラピュタ
天空の城ラピュタ0714


もしかすると人間が乗るニューマン型戦闘マシンは、「エヴァンゲリオン」かもしれない。

また欧米的な収奪目的で圧倒的火力を誇る武闘民族と、森や自然に神が宿るとして木々や自然と調和して生きようとする誇り高き民族の戦いは、いっけんすると白人とインデアンの戦いであり、日米の大東亜戦争のようでもあります。

よくよく考えてみると、昔の60年代のたとえばインデアンものの映画などでは、常に、白人の側が正義として描かれた。

しかし、昨今の潮流を見ると、たとえば日本アニメが全世界に受け入れられ、また、今般の「アバター」のような映画が大ヒットするという風潮の背後に、もしかすると世界的に、大きな価値観の変動(パラダイム・シフト」が起こっているのではないかと思わされます。

このことについて、≪ゆるちょの「海の上の入道雲」≫というブログに、非常に面白い記述がありましたので、ご紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~
「アバター」大成功に見る「日本人的美意識」の雄飛

欧米的価値観から、民族的価値観へ価値観がシフトしているんです。
特に日本的価値観というものが、これだけ世界中から注目され、ファンを獲得している背景には、日本的価値観により創作された漫画やアニメが世界中で注目され、売られ、放送されている事実がまずあります。

アメリカンコミックのような単純な世界観ではなく、日本のアニメや漫画に見られる日本人的美意識に裏打ちされたサムライ的構図、「大切なモノに殉じたり、そのために死をも恐れずに戦う。どんな状況にも絶望せず、誇り高く戦う!」、といった姿勢が、人間の根源に訴えるのではないでしょうか。

自分は日本人で、日本人的美意識旺盛な人間なので、それ以外のひとが、どういう意識で日本人的な美意識にあこがれていくのか、よくわかりませんが、本能的に惹かれていると見ていいでしょう。

そういう日本的美意識に惹かれる素地というものは、欧州にはあったということでしょう。
そして、ほぼ日本的価値観や美意識を下敷きにして、作られたこの「アバター」の大成功はそれだけ、日本的価値観や美意識が世界的に受け入れられ、主流にさえ、なりつつあるということを表現していると見るべきでしょう。

近年、世界各国で、ジャパニメーションのイベントが行われ、日本の漫画が普通に売られています。日本食は大ブーム、日本人のアイドルが欧米で活躍し、ツール・ド・フランスに日本人が久しぶりに出場すると、各国の報道陣が先を争って報道する。

そういう事実を鑑みれば、日本人的価値観や美意識というものが、世界の潮流の中で、大きな位置を示し始めているということが、納得できると思います。

そういうことから言えば、この「アバター」という作品は、「日本人的価値観や美意識は非常にすばらしいものなのだ」、と全世界の人間に認めさせた、日本人にとって記念碑的作品ということになるのです。

我々は、そういう世界に今、日本人として生きているのです。
それは、大きな誇りでもあります。
我々は今や、日本人であることを大いに誇りにすべきなのです。

今が大きなチャンスじゃないですか。
世界に打って出るのは、今が最高にいいときです。

日本人的価値観や美意識が今、大きく世界に羽ばたき始めているのです。

~~~~~~~~~~~~~~~

そして今度公開されるのが、「ザ・パシフィック」です。

こちらは、ジェームズ・キャメロンと並ぶ、ハリウッドの巨匠スピルバーグ監督と、トム・ハンクス、ゲーリー・ゴーツマンが総指揮を執ったテレビシリーズです。

この映画は、大東亜戦争をテーマに扱ったものですが、従来のアメリカ映画の第二次大戦ものにありがちな、米軍礼賛や、日本=悪の枢軸という図式ではなく、「我々は、日米の戦争ではなく、戦争そのものを描きたかったのだ」というスピルバーグ監督の話にあるように、米軍の犯した様々な日本兵等に対する残虐シーンも出ているのだそうです。

戦記そのものとしては、ガダルカナル島の戦い、ニューギニアの戦い、パラオ・ペリリューの戦い、硫黄島の戦い、沖縄戦と、まさに激戦の地について、史実にできるだけ忠実に描いたとしている。

実際に予告を観ると、米軍が機銃を乱射するのに対し、日本人がまさに軍服一枚で突撃するシーンや、無抵抗の日本人少年を、銃で撃ち殺すシーンなども出ている。

日米どちらが正しいかではなく、戦争そのものを忠実に描くことで、戦争とは何かそのものを、両軍のどちらをひいきするとか抜きに、描写する映画になっているのだそうです。

楽しみにしたいと思います。

ザ・パシフィック
ザパシフィック0714


それにしても、日本の軍部は、戦後65年もの長い間、反日左翼や特ア三国から、ひどい誹謗中傷を受け続けてきました。

日本の軍人さんたちは、最後まで立派に戦い散華されたのに、国のため、私たち子孫のために、苦しい戦いを命がけで戦って来られたのに、濡れ衣を着せられても、言い訳ひとつしないで、じっと耐えてこられた。

すこし考えれば、誰でもわかることなのです。
軍は、国家の命令がなければ、動きません。

「腰の軍刀は竹光か!」とまで謗(そし)られても、命令がない以上、じっと我慢するしかなかった。

China事変の前、多くの日本の軍人さんや民間人が、Chinaの国民党兵に酷い殺され方をしています。

仲間を、家族を殺されたのです。
それらすべてに対し、じっとこらえ、耐え忍んできた。

そして日本が国家として、これ以上はもはや耐えきれないとなったとき、はじめて国家の命令によって軍は動いたのです。

すこし考えれば、誰だってわかることです。
軍が勝手に兵を動かし、国家規模の戦争などできることではない。

にもかかわらず、命令があったから動いた兵隊さんたちに、戦争の罪を全部きせて、過去を他人事として目をそむける。

それは、人間として、ボクは恥ずべきことだと思います。

その恥ずべきことを、戦後の日本人は、国をあげてやってきた。

そしていま、日本アニメやマンガというまったく武力とは異なる分野から、日本的美学が世界に普及し、その精神を受け継いだ「アバター」が世界的ヒットとなり、スピルバーグ監督が、大東亜戦争の真実の姿を描いた映画のメガホンをとった。

以前、ボクは、大東亜戦争で、日本が玉砕を伴う苦しい戦いを行い、戦艦大和すら、戦艦として玉砕させるという行動に出たのは、死して名を残す日本武士道の精神からきたものだ、と書きました。

アメリカインデアンは、かつて北米に800万人いたとされます。

それが白人の入植によって、次々に殺され、いまやわずかに35万人が残るのみです。
しかも、遺伝子レベルでは、そのほぼ全員が、白人種のDNAを持っている。
(これが何を意味しているかは、わかりますよね)

インカ帝国は滅びました。
いまでは、当時の言語、風俗、習慣、社会システム等のすべてが、わからなくなっている。

アメリカインデアンは、それぞれの地域ごとにいろいろな部族がいて、部族毎に言語・習慣等がまるで異なっていたであろうけれど、いまではほとんどわからなくなっている。

ただ、その文化や伝統の破壊がインカほどではなく、ある程度でもインデアンの生活様式がいまでもわかるのは、アパッチ族が最後まで白人に抵抗して勇敢に戦ったからです。

インデアンの習俗・習慣等は、インデアンの側というより、むしろ白人の側に、アパッチ族への強力な印象とともに残っている。

戦争というのは、民族の存亡を賭けた国家規模の一大賭博である、と書いたのは司馬遼太郎ですが、その賭けに敗れ、まさに民族自戒、民族滅亡の危機に瀕したとき、日本が行ったのが、もしかすると玉砕戦だったといえるのではないか。

激しく、勇敢に、最後の最後まで戦いきることによって、日本側だけでなく、米軍の側にも、日米戦の激しさの記録が残る。

もし仮に日本民族が、滅亡の危機に瀕したとしても、昨日の敵が、まさに日本民族の凄みを、思い返し、訴えてくれる。

そういう時期が、やってきたのではないのでしょうか。

日本が、日本人が、日本人としての誇りと自信を取り戻すべき時、それが戦後65年という時を経由して、いま再び、めぐってきた。

そのことを「アバター」のヒットや、「ザ・パシフィック」が、いまあらためて、われわれ後世を生きる日本人に教えてくれようとしているのではないか。

よく、潮目が変わる、という言い方をします。
これまで封印されてきた日本の近代史、辱められ中傷され続けてきた日本の名誉が、いま再び回復されようとしている。

まさにいま、その潮目にある。ボクにはそんな風に思えるのです。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

ザ ・パシフィック


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

だめだこりゃ

2chにあった「パシフィック」評(転載)
815 :エージェント・774:2010/07/19(月) 16:48:49 ID:/noAEBPV
昨日から放送が開始されたアメリカドラマ「ザパシフィック」

1、「日本がはじめた戦争」というのをナレーション、台詞でやたらと強調
2、「つり目のサル」「黄色いチン○」などやたらと日本人に対する露骨な
差別用語が連発。(字幕でこれだから英語がわかる人が見たらもっとひどいかも)

3、博愛主義の米軍、残虐で狡猾な日本軍との印象操作。
まだ息のある日本兵を米軍衛生兵が看護しようとすると遠くから仲間が「針を刺してやれ」とからかう。
治療のため立たせようとすると件の日本兵が手りゅう弾を爆発させる。
それを見ていた米兵は「イエローモンキー!」と叫ぶ。
負傷日本兵に対する情けのない仕打ちは間違っていないと印象付け。

4、中国がイギリスに並ぶ友軍とラジオで放送するシーンあり

5、生き残った日本兵を銃撃でなぶり殺しにする場面が負傷自爆兵の後に描かれる。
米兵の手紙のなかで「人はなぜここまで残酷になれるのか」と書き記す場面あり。これを見た人の多くは
日本兵のせいだと結論付けるのでは。

6、「反日ドラマ」の批判を回避するために死んだ日本兵の遺品から家族の写真を
取り出すシーンが加えられている。

このドラマはっきりいってパールハーバー並、ザコーブ以下

嗚呼

☆硫黄島映画の場合
■アメリカの作る物はあらゆる物が大胆で単純だが、
こういう戦争映画はとても細かく精密だ。
何に精密かというと、絶対に米国民に罪悪感を持たせないようにするという事。

例えば捕虜銃殺シーン。
「敵の標的になる」と言って清水を撃つシーンだが、
「捕虜殺害はやむをえなかった」と思わせる状況になっている。
更には、清水を撃った米兵の顔が暗闇で隠されている。
しかし、もう一方の米兵は、相方が撃とうとした時「おいおいマジかよ」というような
表情をし、顔がみえている。

あと、一見残虐シーンなど「日米お互い様」を思わせておいて、日本側を少し悪にするという方法もとる。
日本兵が火炎放射で焼かれ、米兵が刺し殺されるシーン。
日本兵のほうは、穴を覗きに行って焼かれた、いわば「偶然」だが、
米兵は「集団」の日本兵によってリンチされメッタ刺しにされる。

本当にアメリカ戦争映画のこういった細かさには驚く。

シャキィィィィイイン☆
三.∧_∧  ______
三( `・ω・) /監視中/
三(_⊃┳O / ̄ ̄ ̄
三◎ゞ=◎

ppsh41kar98k

ザ・パシフィック
はじめまして、ねずきち様。
私が投稿した動画を紹介して(埋め込んで)いただきましてありがとうございます。
私もねずきち様のご意見に賛同します。
こらからも「戦争」をテーマに投稿したいと思いますが、過去に著作権の侵害とか言う奴で、警告されたり、すぐに削除されたり、さらにはアカウントごと消されたりと煮え湯を飲まされたような経験がありますので、なかなかうまくはいきません。
「宣伝効果>著作権侵害」の手法をとってるつもりなのですが…
ちなみにこのザ・パシフィックの動画は慌てて編集したので、あまり画質は良くはございません。ご了承くださいませ。
しかし、逆に低速回線(私も含めて)の方は観やすくなったのではないでしょうか?と思います。

やっぱり

No title
許すまじ特亜3カ国とロシア。!アメリカもやはり気をつけなくてはいけない。

私が知り合いになった米国人はアメリカは自国の利益の為に動くとはっきり断言した。

わが国日本はあまりにもお人よし過ぎる。このままでは
滅亡してしまう。推測しか出来ないが戦前までの日本国はそのような弱肉強食の国際社会の中必死に有色人種唯一の(タイ王国は英仏の植民地の干渉地帯として独立を保つ事ができたと聞いている)独立国としての対面を保つ為に頑張ったのだと思う。

アメリカの窓から

日本食ブームの裏話
一分の所に SUSHI の持ち帰り屋ができた、覗いてみたら韓国人だけが(3人)働いていた。 どんなものかと、ネタを見てそのまま店を出た。

NYのいたる所で SUSHI 看板を見る。コンビニやで、覗いて見たら、シナ人、インド人の店、お寿司も見たが買う気になる見てくりではない。

そんななか、30年以上も続いたまともな、日本食レストランが先月閉店した。

近くの有機栽培野菜のスーパー (全米店舗)には、生ものは避け、ラップに包んだ海苔巻きだけを SUSHI として売っている。 これは便利だと思い買った。 酢気のない糊上のご飯を海苔に巻いた、、、、勿体ないからと無理したが、二口で止めた。

日本食スーパーのフードコートでは、週末外人で混み合う。 日本人オーナーで日本人が調理は、一店舗だけ。  あとの日本食店の厨房には、シナ人、韓国人、オーナーも同族。

でも食べている外人たちは日本人が作った日本食だと、疑わないだろう。(味はまずいか、どうにか)
 お弁当、お惣菜も今では韓国人が作っている、昔はけっこう、いけたが、あきらめた、そして働いている韓国人達の顔つきを見て最近は買わないことにした。

全米の都市殆どがこんな感じだと、言っても過言ではないでしょう。

外国ではお寿司、日本食まで 『成り済まし』 されているのが現実です。 

お達者クラブ

日本の日本人の歴史の凄さ
靖国神社の遊就館の前に『特攻勇士を讃える』という碑が特攻戦士の立像の横にある。
陸海軍人5843名の殉国の戦士の追悼碑です。

シナ人、韓国人(半島人)、台湾人、欧米人などが「靖国神社のみたままつり」に訪れている。
彼等は冷静になればなるほど、日本の歴史の凄さに圧倒されるのではないかとフッと思った。
故中国周恩来首相が日本に留学していた時に「みたままつり」をみて感動したというのも理解できる。
『誇り』と言うのは別段何の意味も持たないが、何かで行き詰った時など、心の奥底でしっかりと支えてくれるものなのでしょう。
「恥ずかしいことは出来ない」「どんなことがあっても頑張ろう」という想いを呼び興してくれるはずです。
家や両親・祖父母そして国の誇りが人生の背骨ともいえるのではないか。
其れは会社や勤め先でも同じです。

-

No title
民主党が、日本のアニメを潰したい理由が分かるような気がします。

確か、中国では「アバター」の放映を制限して、別途中国政府が制作した映画を大々的に放映させていたと覚えています。

共通一次世代

国のために動く政党はどこか。
日本各地で集中豪雨による災害が起こっています。
自民党 は本日15日、石破茂氏を本部長に災害対策本部を設置 しました。
http://p.twipple.jp/data/3/H/7/p/t.jpg

民主党は・・・?口蹄疫の時と同じでしょうね。

共通一次世代

これからも事実を伝えることなくじっと耐えなくてはいけないのでしょうか
>日本の軍人さんたちは、最後まで立派に戦い散華されたのに、国のため、私たち子孫のために、苦しい戦いを命がけで戦って来られたのに、濡れ衣を着せられても、言い訳ひとつしないで、じっと耐えてこられた。

特亜だけでなく、日本人までもが一緒になって「日本は悪いことをした」と咎め続ける・・。私たちの大切なご先祖様を・・。異常すぎます・・。

しかも日本のために懸命に頑張る人ほどこんな目に遭うのです。こんな理不尽なことがずっと続いているんです。この国は・・・。
安倍さん、麻生さん、中川さん・・。

東国原知事も・・。
知事が、民間種牛に関する延命嘆願書を山田農水相に提出した時の、山田の態度と言葉に私は怒りが収まりません。
山田は、座ったまま、ふんぞり返ったままで、知事の差し出した嘆願書に手も触れなかった。そしてのちのインタビューでは、

「県の甘さ、この危機管理に対するこれが、これだけの感染とこれだけの被害を生んだんだと僕は言ってもいいんじゃないかと。
また例外を、また例外をというわけには絶対にまいりません。」
とのたまった。

知事が延命を希望した民間種牛は唯一の民間種牛であり、所有者は無償で県に譲渡する形であることから、『公平でない、示しが付かない』という農水相側の言い分はそのままではない。
また種牛の所有者は種牛以外の処分には承諾しているそうです。
私は、感情論で超法規的にことが進むことがあってはいけないと思います。それは千葉がやってきた数々の不法外国人へのゆるゆる措置を認めてしまうことでもあります。

しかし「国家的危機」である場合、超法規的措置ということも考えなくてはならない。それはけっして感情論ではない。

拉致問題では、万景峰号入港禁止を超法規的措置で行えなかったことがありました。
不法滞在者を救うことと、国家的危機とは全く関係がなく、むしろ千葉の行ったことは国家的危機を引き起こす元凶になってしまった。しかも表面上は「人権」という名文句の下でした。

今回は、地元とろくに話し合いもせず、現地も赴かず、ただただ「殺せ!殺せ!」と叫ぶばかりの赤松、山田だった。宮崎を、国家的危機を、解決しようなどという気持ちは最初から全くなかった。むしろ潰れたらそれで仕方が無いじゃんというスタンスだった。

また、種牛問題の実際の状況ははっきりせず、マスコミはただただ民主党の大臣がまともに口蹄疫問題を解決しようと努力しているかのように報道していることがどうしても許せません。

知事は直接畜産農家の人達の声を聞き、日々、懸命に動いていますが、その知事に全責任を追わせ、国は全く責任を取らない方向を山田は取ろうとしているのだと思います。

種牛に関しては、先々月の5月末、国連食糧農業機関(FAO)主席獣医官は日本に警告をしました。民主党が対策チームを拒否した、あのFAOの見解です。(日本経済新聞 5月29日版)

「種牛の殺処分は慎重にすべき。殺処分は感染の初期段階では非常に効果的だが、すでに拡大した今は長期的な視野を持つ必要がある」
「種牛の殺処分は(畜産)資源に大きな損失をもたらす」

今回の種牛問題で宮崎県の中まで分裂させるような状況に追い込んだのはまさしく国、民主党政権です。

沖縄も、徳之島も宮崎も、すべて民主党が無茶苦茶にしました。
これが事実です。

蓮舫に票を入れた170万人もの東京の有権者はこの事実をどう見るのでしょうか。
人口1000万人のうち、投票率50%で単純計算したら3人に1人が蓮舫に入れたんです。
ほんとうに恐ろしいです。異常です。

自分で自分の首を絞める日本人を責めたい気持ちになります。今まではマスコミが悪いと思っていました。だけどそれだけじゃない。政治に関心がないと言いながら、ワイドショーで司会者やコメンテーターの言い分を丸飲みし、さも自分も分かった風に思っている人たちをやっぱり「あなた達に罪はない」とは思えません。罪はやっぱりあるのだと思います。
それは必ず自分に返ってきます。自分から知ろうとしない限り、その人達の責任は大きいと思います。

おれんじ

堀内今朝松一等兵
日本兵士にはとてつもない兵隊もいたことを紹介せずにはおれません

ひたすら友軍のサイパン奪回を信じてジャングル生活を続けた日本兵の中に 堀内今朝松一等兵に率いられる「はだか部隊」があった 堀内一等兵はアメリカ兵を100人殺すと豪語し、米軍を見ると狂犬のように歯をむき出して向っていった

堀内今朝松は松本の歩兵50連隊の補充兵としてトラック島に渡る途中、 サイパンで米軍の上陸作戦に遭遇した部隊である牛山隊の一員だった彼の様相は異様なものがあった

99式軽機関銃を首から前に吊るし、腰には軍刀をぶら下げ、2挺の拳銃を両腰に装備していた

あるときは浴衣を羽織ったり、あるときは米軍から奪った迷彩服を着た

軍刀はもちろん拾ったか奪ったもので、拳銃もアメリカ兵のものだ

背中一面に般若の刺青が彫られ、凄みがあった

生まれつき喧嘩早い性格と高い戦闘能力に加えた確かな腕により
仲間のリーダーになっており、常に10人ぐらいの部下を引き連れていた

ホリウチの名は米軍内では有名であり、この男の首に5千ドルの懸賞金がかかった
あまりにも暴れん坊ぶりに日本兵からも恐れられた

ある日、食事の用意で火を焚いていると
「バカ野郎!火をたけば敵に見つかるじゃないか!」
すごい剣幕で怒鳴り散らし
必ずその飯盒を全部撃ち抜いた
せっかくの食糧を台無しにされても、怒ることもできず、震え上がった

米兵が「デテコイ、デテコイ」と呼びかけると
堀内は「ヤンキー、出て来い」と言って前に立ちふさがり機銃を乱射した

米軍の兵舎にも白昼堂々と忍び込み、食糧を盗みにいくこともあった
米軍は「堀内を探せ」のビラをつくりジャングルにまいた
協力した日本兵にも賞金を出すというものだった

20年にはいり終戦の頃には米軍による掃討作戦も激しくなり
山に潜む日本兵は70から80名になっていた
タポチョ山南西のタコ山の洞窟には大場隊、
ハグマン半島海岸の洞窟には歩兵40連隊第3大隊(河村隊)の本部付である田中祐徳中尉率いる部隊があった

20年11月には米軍による大掃討が始まった
大場隊が隠れ屋を移動することとなり、隊列をつくって移動した
堀内は部下と思われるのを避けて、最後方を少し間隔を空けてついていった

11月15日、安全な場所に移ったはずの大場隊の隠れ屋の崖山めがけて米軍が押し寄せた
用意周到に計画された掃討に大場隊は沢山の死者をだした
絶体絶命の大場隊長は崖山の頂上に一人取り残された
覚悟を決め両手に拳銃を持ち立ち上がろうとした、そのとき、
99式機関銃が山の下の押し寄せる米軍の更に後方から鳴り響いた

堀内今朝松一等兵であった
次々に米兵を撃ち抜いていき
堀内は何人撃ったかを数えていた
顔はニヤっとしていたという

米軍は2小隊いたが、さらに援軍の2小隊が迫った
堀内は仁王立ちで撃ち続けた
米兵も激しく撃ち続けている

堀内の体には何発もの弾が当たっていた
何発どころではない
300、400人の米兵が一点に集中しているのだ
しばらくして機銃の音は止んだ

大場大尉はその隙に包囲された崖山から退避し
下を見下ろすと米兵が堀内の周りに寄って遺体を調べていた
ボコボコの亡骸のシャツのめくれたところから
般若の刺青が見えていた
大場はカッと頭に血が上り、あるだけの弾を米兵に撃ったという

そして大場隊が山を下る前夜、隊長は堀内一等兵のことを考えていた
部隊全員の命を救った勇敢さに感謝の気持ちは強かっただろう

米軍キャンプではサイパンタイガー堀内今朝松一等兵は死んだ
しかし更に40人以上のアメリカ兵が犠牲になった 
と、ターゲットニュースは報じた

おれんじ

No title
そうそう!アメリカ人は勇敢に戦った日本人に敬意を払ってくれますよね。坂井三郎さんや船坂弘さん、現在映画化が進行中の堀内今朝松さんとか。

そういう所は好きです。少々長くなりますが、以下他ブログで見た記事の紹介(これってねずきちさん?)

おれんじ

No title
うーん、どうでしょうかね。
私もアニメが海外に影響を与えているとは思いますが、先程放映されたクローズアップ現代などを見ると、

「先端医療に投資して金儲けを狙うアメリカ人の投資ファンド連中」

病を治すための革新的な技術に群がる、金金金の強欲なアメリカ人たちを見ると、何と醜い人達かと心の底から呆れてしまうのです。

そもそもアメリカでは医療保険が民間企業で運営されており、保険者の収入に「全く関係なく」毎年保険料が上がっていくというトンでもないことが当たり前のように行われています。人の命で金を貪るアメリカ人…。私はあんまり期待しておりませんが。

強欲のシンボル、アングロサクソンのイギリス人も、さすがにアメリカ人程の凄まじさはないですよ。

正直、よくあんな国に人が住んでるなーと思ってます(笑)。まあ行ってみれば印象も変わるのでしょうが。
よく政府に洗脳されている国民だなーという感じです。

-

名文
そして真実は隠蔽された。

Blow Back

潮目が変わった原因
潮目が変わった原因は、『核の拡散』です。

『日本的美意識に惹かれる素地というものは、欧州にはあった』 ←違います。

常任理事国5カ国だけが核を保有していた時代が終わり、イスラエル、パキスタン、インド、北朝鮮、イラン、今後、さらに拡散していくことでしょう。

白人は、復讐を恐れています。
アメリカは核攻撃を受ける心当たりが大有りです!
白人はハリウッド映画で反省した振りをする裏で、復讐者である有色人種の絶滅を企図しています。

予防接種のアジュバンドが、その一つでしょう。
中国人による日本への人口侵略もそうでしょう。
しかし、日本人を絶滅させても、アメリカに核攻撃をしたい民族は、世界中にいます!!

菱海孫

名文
いや、なるほど君の言うことは筋が通っている。宙で憶えているほど練りに練った理屈だからな。そしてたしかに、いろんなことがみなぴったりと君の説明に当てはまる。それは認める。君の理屈で説明のつくことは実に多い。だが、その説明では取り逃がしてしまうことも実に多いではないか。世の中には、君の理屈以外に理屈はないのか。誰もかれも、みんな君一人のことにかまけきっていると君は言うのか。なるほど瑣細な事件はいちいち君の言うとおりだとしよう。往来で君と擦れちがう男が、君のほうを見ないとして、それは奴が陰謀を洩らさぬために、わざとそうしているのだと認めよう。あるいは警官が君の名前を訊いたとして、知っているのにわざわざ訊いていたのだと認めてもよい。だが、こういう連中は、実は君のことなどてんで気にもとめていないのだと君が知ったら、そのほうがどれだけ幸福か、君は考えてみたことはないのだろうか。君がこの世の中でいかにちっぽけな存在かを知れば、この世の中が君にとってどれほど広々した存在となることか。普通の人間は、他人に対して、ただ普通の好奇心と喜びを持っているだけだ。君もただ虚心にそれを眺めさえすればそれでいい。他人は君に興味なぞ持ってはいないからこそ、君は彼らに興味を持つことができるのだ。今の君は、せせこましくもけばけばしい劇場だ。やっている芝居は相も変わらず、いつでも君が作者で、君が主役で、そして君が観客だときている。こんな息のつまる劇場は叩き壊して、思いきりよく外へ飛び出せ。そこにはのびやかな空が広がり、街路の見知らぬ人びとの群が無限の歓びを君に与えてくれるだろう。

(G.K.チェスタトン 著 福田恆存・安西徹雄 訳/『正統とは何か』より)

-

台湾人との違い
「日本の軍人さんたちは、最後まで立派に戦い散華されたのに、国のため、私たち子孫のために、苦しい戦いを命がけで戦って来られたのに、濡れ衣を着せられても、言い訳ひとつしないで、じっと耐えてこられた。」

ここに問題があったように思います。
台湾では外省人の圧力があった中でも、きちんと戦前の日本人の美徳を子供たちに伝えていたそうです。
なぜ日本人に出来なかったのか?
一言でいえば「どこまで行っても、お人よし」だったからだと思う。
お人よしだからトクア以外の全ての国から好感を持ってもらえる。
でも、その代償は小さくなかった。
そういうことだと思っています。

私としては「現実を知っている」軍人さんたちに本当のことを話していただきたかった。


-

No title
映画、アニメ、音楽と妙にオカルト的メッセージが込められているのが気になりますが。

http://www.youtube.com/watch?v=9LEljS3ib84

菱海孫

文明観
宮崎駿さんの作品の、あのフワーッとした遠近感を私は好きになれませんが、それでも仰っていることは、例えば以下のiPadについての発言のように、なかなか面白いと思います。

「あなたが手にしている、そのゲーム機のようなものと、妙な手つきでさすっている仕草は気色わるいだけで、ぼくには何の感心も感動もありません。嫌悪感ならあります。その内に電車の中でその妙な手つきで自慰行為のようにさすっている人間が増えるんでしょうね。電車の中がマンガを読む人間だらけだった時も、ケイタイだらけになった時も、ウンザリして来ました。」

http://blogs.itmedia.co.jp/yasusasaki/2010/07/ipad-ab70.html

-

朝鮮民主党政権の人間がメディアを通じて、マンセー、マンセー、ならぬ総括、総括と連呼しているがこの用語を使う集団こそ左翼である民主党議員の大半は革マル派、日本赤軍の息のかかった奴か日教組もしくは各労働組合の幹部だった問題児

taizou

No title
家族でアバターを見たとき、僕もまさに大東亜戦争のようだと思いました。
自然と一体となってる民族が、侵略を受けている回りの少数民族とともに立上り、巨大な現世利益追求の物欲主義者と戦う。
まさに大東亜戦争です。
ただし、映画を見終わった後、興奮して家族にそう話したら、おもいっきり非難されました(泣)。

敢闘軍

スピルバーグの映画
私としては日本海軍の神風特攻隊に憧れた
イギリス人少年ジムが主人公の「太陽の帝国」が一番好きです。
この映画に反感を持った中国人?から自宅を放火されるという
災難に監督は遭いましたが
そのためか、北京オリンピックにも批判的でしたね。

それにしても、中国に民主主義が根付くのは何時になるでしょう?
民主党惨敗で日本には民主主義があることを世界に示せて良かったですね。

紅のシラサギ

No title
こんにちは。
私はアニメヲタクなのでこういった記事を読むと
嬉しくなります^^
まあyumi様のようにアニメは苦手だという方も勿論
おられるわけなんですけど;
宮崎氏とジブリ社長の件はちょっと調べ甲斐がありそう
ですね。

それではまた訪問します。

P.S.
ちなみに私は最近「サクラ大戦」というゲーム&アニメ
にハマっています。

mikan

No title
おはようございます。おじゃまします。宮崎口蹄疫の件です。緊急拡散おねがいします。感染していないのに種牛が殺処分されそうです!
http://ameblo.jp/000hime/

hide

戦争を回避するためには
ねずきち さん
こんにちは。はじめまして。

ぼくはしばらく仕事でアメリカ(ロサンゼルス)にいました。
ぼくが接した向こうの人たちには、
大変フレンドリーで、愛国的。
日本人に敬意を持っている人も大変多かったです。

東條英機元首相や、昭和天皇、今上天皇についても
質問を受けましたし、ルーズベルトをどう思うか
原爆の使用についてどう考えているのか、など、たくさん質問を
されましたが、それらは皆悪いところがあれば、
反省し直していこうという、愛国的立場からのものでした。

向こうの女性と恋もしました。
お互い強く惹かれ合う中で、人類というものを強く感じました。
友達もたくさんできました。

そういった人たちと戦争という場面で殺し合うことに
なると考えると大変悲しく、耐えられない気持ちになります。

ロシア、シナ、朝鮮、台湾など近隣諸国との関係を考えれば
不要な戦争や紛争を避けるためには、
日本においては、祖国愛を国民が取り戻し
自立した国になることではないかと強く思います。

昨夜は靖国のみたままつりに行ってきました。

ototo9

夫婦別姓賛成派のフェミ男 戸籍制度破壊を狙う本音を暴露

ミヤビ

おはようございます☆
ねずきちさん
素晴らしい記事をありがとうございました。
私も日本のアニメの影響力の素晴らしさを感じておりました。
どんなに反日勢力が伝統と文化を壊そうとしても、アニメや漫画を、いいえゲームからでさえ日本的美学を感じとることができます。
現在は、いろんな意味で格差社会ですから愛国心や日本人としてのプライドの持ちようにも格差があります。
でも、着実に子どもたちの中には(一部ではあるでしょうが・・・)日本人としての誇りをもつ若者がたくさん育っております。
アバターを見て、世界中の人々が感動してくれて良かったです。
日本的な価値観が大ヒットになって、流行になれば・・・
またまた
日本が世界を救う!!
ですね☆
楽しみです!!

愛信

大量の無効票
大量の無効票

http://oyoyo7.blog100.fc2.com/blog-entry-532.html

輿石氏といえば、日教組を牛耳る大ボス。
いわば、日本の教育行政を大きく歪めている極悪
人です。彼の選挙区で、大量の無効票が見つかっ
たそうです。
その数、15,000票ほど。
http://twitter.com/youarescrewed
どうも胡散臭いですね。
当 輿石  東 187,010
△ 宮川 典子 183,265
その差、僅かに3700票余り。

山梨選挙区は救国ネットの創世日本(自民党愛国派)、たちあがれ日本、日本創新党の連合軍が
打倒輿石東氏で大攻勢を仕掛けた選挙区です。

山梨県選挙管理委員会は第21回参議院議員通常
選挙の開票結果を発表していません。
http://www.pref.yamanashi.jp/senkyo/index.html

【新党勝手連の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/ktr.cgi
【新党勝手連タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

yumi

宮崎アニメ
宮崎アニメには何故か興味を持てず、
たまたま見た一つが千と千尋でしたが、
豚と食事してるシーンにイヤな印象を持ちました。
宮崎駿は強い共産主義者で、
今のジブリの社長は某宗教団体の信者だといいます。
日本のアニメは現代の浮世絵と同じサブカルチャーだと
言われているようですが、
今に伝わる写楽や歌磨呂は浮世絵の中でも別格の芸術品です。
アニメをそれらの日本の伝統文化と同じ扱いをする事には
とても抵抗を感じます。私はそれらはゲテモノだと思っています。
アバターのあの顔にも深い嫌悪感を感じています。

いつも拝読してますが、
今日の記事についてはどうしても同調できず、
思わずコメントしてしまいました。

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク