カナダからの手紙




人気ブログランキング
←はじめにクリックをお願いします。

昭和初期の東京・銀座
昭和初期の東京・銀座2


カナダの友人からお手紙をいただきました。

その中に、平成4年頃、日系教会の会報に掲載された記事の写しがありました。

これを書かれた廖青山(れうせいざん)さんという方は、昭和11年8月、20歳のときに来日された台湾の方です。

その頃の日本人の様子が感動的です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【日本で経験した感激】
廖青山(れうせいざん)

わたしの人生を左右した物語です。
日本人の皆様に厚くお礼申し上げます。

私はもう八十歳の老人です。
六十年前の昭和十一年八月、発展途上の台湾から留学のため東京に来ました。

東京に来て初めて乗る市街電車、中野から日本橋に着き降りるとき、停留所には想像もつかない程、たくさんの人が並んでいました。
私には初めてのこと故、慌てて電車から飛び降りました。

その途端、最前列におりました二〇歳前後の若い娘さんの白い足袋の爪先を強く踏み付けてしまいました。

痛かったはずですが、その時の私は、謝る言葉も出ないほどびっくりしてしまい、ひどく責められるか怒られると思ったのです。
その時代の台湾での出来事ならひどく罵られるなど、ただでは済まないことでした。

ところがその娘さんは、びっくりしている私に頭を下げて「アラ、御免なさい」と逆にあやまられました。

私はびっくりして恐縮し、感激しましたが、早々にその場から逃げてしまいました。

これは六十年前の日本社会の一風景と言えましょう。
しかし私には、当時の日本人の生活水準の高さを示す出来事として、生涯忘れられません。

私の人生において最大の感激であり、日本人に対するよい印象であり、日本人に対する認識の始まりでした。
それ以来、私は日本民族を非常に尊敬するようになりました。

カナダに移民してから、すべての友や各集会で、機会あるごとに六十年前に受けた日本に対しての感激をお話ししてきました。

私に足を踏まれた当時の娘さんも、いま、この世におられるならば、もう八〇歳前後のお婆さんです。
私の人生に潤いを与えてくださったこのお婆さんに、厚くお礼を申し上げます。

私は昭和十六~十八年、東京府(都)庁学務部社会及び住宅課に勤務、十九年厚生事業研究所の課程を終えて、科学統制会台湾支部勤務を命ぜられました。

台湾生まれですが、いまはカナダ国籍を取得しております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

【もの言わぬ鉄の城】連合艦隊戦艦 空母 巡洋艦



日本の心を伝える会 日心会


やまと新聞会員お申込みページ



下の窓の中味をコピペすると、やまと新聞のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

日本は魂の国

思い出すこと
思い出すこと

"回想さん”のお母様のお話を読んで、私も思い出したことが
あります。 昭和11年と言えば、私の母が25歳ぐらいのときです。 その当時は、「れう青山」さんが書かれたような日本の精神文化が当たり前の日本ではなかったか、と考えます。

自分は悪くなくても、まず自分が引いて謝る。 相手の困惑を一瞬のうちに察知して、
相手を包み許す。 同じ価値観で生きている日本人ならば、許されたことで
自分を恥て、”いやあ、私のほうこそ悪かった”となります。

子供の時、母から、"負けるが勝ちよ”とよく言われました。
いっとき、負けたように見えても、結局はこちらの思うように治まる。 
小さいとき、よく遊び友達から、"どうしてあなたは、すぐごめんなさいと言うの?”
と言われました。  きっと日本人の血の中にあるんでしょうね。

日本人同士なら、滑らかに行くこれらの深い知恵も、これからは特亜の人たちの、
"自分の非は決して認めない"精神文化と 摩擦して生きていかねばならないのは 悲しいですね。

裸族のひと

No title
>アメリカでは自動車事故を起こしても絶対に自分が悪いと言うな

日本でも同じようになって来ている気がしますが、中国では無い金風の女性が高級車でバイクや自転車を跳ね飛ばしても、逆切れして被害者を罵倒しているケースが多々見受けられます。

また時と場所を選ばずに公衆の面前で大声で罵り合い、周囲のヤジ馬に自分の正しさや相手の誤りを主張します。日本人の私には、とても見るに堪えない光景ですね。

一人っ子政策で両親や双方の祖父母に甘やかされ、叱られずに我儘一杯に育ってきたせいか、仕事で叱られても決して謝る事が有りませんね。理由にもならない言い訳だけは、飽きる事無く主張しますが。

現在(これからも)中国の人が大量に日本へ来ておりますが、この台湾人のように感じる方が一体どれほどいるのでしょうか・・・。


愛信

【首相激高、平沢氏に「証拠出せ」 君が代拒否指摘で】
【首相激高、平沢氏に「証拠出せ」 君が代拒否指摘で】
http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010080301000467.html

「こういう場でそこまで言うなら、きちんと証拠を挙げていただきた
い」。
菅直人首相が3日午前の衆院予算委員会で、自民党の平沢勝栄氏から
「2002年のラジオ番組で、君が代斉唱を拒否した」と指摘され、
声を荒らげて反論した。


【経済・政治の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi
【政治・経済タイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。


【愛信選挙情報】
[長野県知事及び県会議員補欠選挙情報]
http://www.aixin.jp/scjh/sjmenu.cgi


今日の内閣支持率はこちらをカッチとね
http://www.jra.net/ank/online/naikaku.php

おれんじ

No title
アメリカでは自動車事故を起こしても絶対に自分が悪いと言うな、ですからねえ。「右の頬を打たれたら左の頬を差し出せ」と教会で教わっているにも関わらず、実際は「右の頬を打たれたら最低5倍は殴り返せ」ですから、つくづく野蛮な民族なのだと思います。こういう日本のよいところは残していきたいですね。

-

No title
本日、高田馬場の芳林堂書店で「朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実:韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった」を購入しました。SAPIO(小学館)で連載中から読んでしていました。単行本は小学館でなく他の出版社になることが多いようですね。個人的にアマゾンなどに購入傾向を知られ利用されるのはいやです。

回想

私が悪いんです。
もう何十年も前のことです。
母から聞いた話ですが、道路で自動車と接触して倒れたそうです。
幸い怪我をすることさえありませんでした。
(昔のことですから車道、歩道の区別はありません)

その時の母が相手の運転手に言った言葉が、「いいえ、私が悪いんです。」だったそうです。

その当時、私も別に普通の事のように聞き流していました。
それは、例え自分に落ち度がなくても自分の存在が相手をそのような状況にさせたことに申し訳ないという気持ちだったそうです。
このような話は、当時よく見聞していましたので。

でも、今ではそのような状況ではなくなってきているのでしょうね。

まる子

No title
動画を見て泣けました。 歯軋りするくらい悔しい…!

先の戦争、アジアの解放の任を負った日本軍は強かった。 
もし次の戦争が始まれば日本軍は更に強くなると思います。
「負けたら」どうなるか知っているから。 戦争は始めたら絶対に負けてはいけない。 大東亜戦争で私たちが学んだことはこれです。

愛国志民

因果応報
アメリカに謙譲の美徳を求めるのはナンセンスかも知れないが、
何故『真珠湾』を攻撃されたかを冷静に考えるべきだったのではなかったのでしょうか。
忠臣蔵も討ち入りだけならテロ行為ですが
そこまでに至る過程があったわけですから
アメリカはもっと日本民族について研究しておくべきでした。

bb

ねずきちさん、こんにちは。
今だって捨てたものじゃないと少し思います。

最近孫を連れ歩くことが多くなりました。

みな親切ですよ。電車が大好きなので、散歩代わりによく電車に乗ります。

座ったら靴を脱ぐ、電車に乗ったらおとなしくする、とか結構口うるさく言うのですが、時々羽目をはずしてしまうことがあります。

そんなときでも、周りはニコニコして見守ってくれます。

自分ひとりで歩いているときは気付かない人々のやさしさを感じます。まだ大丈夫と私は信じています。


友人で言語学者の方がいらっしゃるのですが、カナダに移民した日本人は鹿児島の人多く、その地区に行くと、今は日本では使われなくなった鹿児島弁が生きているそうです。調査に行くといってました。

海外で暮らしていても、言葉を大切にしている暮らしぶりが思い浮かびます。言葉とともに生活態度もそうだと想像に堅くありません。

せめて、自分の回りだけでも、よき心根を伝えていきたいと思います。

菱海

どっちも偉い
『逝きし世の面影』にも日本人の礼儀正しさについて書かれた箇所があります。ここに集う皆さんであればご存知とは思いますが、以下に引用させていただきます。

「楽しい群衆」のおとなしさ秩序正しさについては、モースがたびたび述べている。隅田川の川開きを見にゆくと、行き交う舟で大混雑しているにもかかわらず、「荒々しい言葉や叱責は一向聞えず」、ただ耳にするのは「アリガトウ」「ゴメンナサイ」の声だけだった。彼は書く。「かくのごとき優雅と温厚の教訓! しかも船頭たちから! なぜ日本人が我々を南蛮夷狄と呼び来ったかが、段々判って来る」(渡辺京二/『逝きし世の面影』平凡社 p.162)

当時の日本人の礼儀も偉いのですが、それを率直に認めて記録するモースも偉いと思います。それと同じように、足袋を踏まれた若い娘さんの態度も偉いのですが、それを率直に認めて自らを省みた廖青山さんも、実に偉いと思います。

-

他のオンライン書店を利用しても
山河様
 国産品を国内の日本人経営の店で買うことにしています。
オンライン書店bk1(ビーケーワン)で昨日上記の本購入しました。在庫あるようですよ。近くに大型書店の無い方はネット購入が手軽でお奨めです。アマゾンは昨年脱税も有りましたし、わざわざ米国の大資本に儲けさせなくてもとの思いです。
参考までに 「オンライン書店を比較 本のみちしるべ http://www.hon-michi.net/

名無しさん

No title
自らの襟を正さねばならないと痛感する逸話ですね。
売国左翼憎しで過剰に戦闘的になってしまわないように気をつけます。

むさし777

No title
戦前の日本人、日本社会は本当に素晴らしいかったのですね。しか戦後も同じようにすばらしい人間、素晴らしい社会なのでが、これを左翼、売国勢力が破壊しようとしてきたのです。反日売国勢力を打倒し・排除しましょう。太字の文

山河 

水間さんの新刊「朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実:韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった」は繰り返される捏造、謝罪話に一家に一冊は置きたい資
こんにちは。
いつも一番乗りですね。
カナダの北東部にある島に行ってきました。サミットも開かれた島です。夏でしたが、朝寒くて暖炉を使うほどの日もありました。窓がどの家も小さくて、多分冬が寒いのだろうと思います。
◆☆◆☆◆☆◆☆◆☆◆☆
反日アマゾンはこの本を売ろうとしません。ずっと在庫切れだと表示しています。まさに彼らにとって都合が悪い本を検閲しています。
アマゾンは反日会社という事もをツイッターでも流しましょう!このまま黙っているのは良くないです。日本人の粘り強さの見せ所です。
★★
azon.co.jp ランキング:: 本 - 113位 (本のベストセラーを見る)
2位 ─ 本 > 歴史・地理 > 日本史 > 日中・太平洋戦争
2位 ─ 本 > 歴史・地理 > 日本史 > 一般 > 日本史一般

■水間さんの新刊「朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実:韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった」は繰り返される捏造、謝罪話に一家に一冊は置きたい資料本として、ブログ、ツイッターでどんどん拡散お願いします。

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/

水間条項さんより、一部転載~~

◆☆◆このまま書籍を検閲するアマゾンが、日本国内の出版流通のシェアをのばし、独占的地位を持ったときは、言論出版界を無言でコントロールする「暗黒社会」が到来します。◆☆◆

●同書を書店で購入するとき、
東京は紀伊國屋新宿本店で、
大阪は紀伊國屋梅田本店を指名してお願いしましたが、地域性から大阪で話題になると思っております。

★『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実・韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』だけは、アマゾンを監視するためにもアマゾンを利用して、
総合ランキング第1位を勝ち取りたいと思っております。

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク