ケネディと駆逐艦「天霧」




人気ブログランキング
←はじめにクリックをお願いします。

ジョン・F・ケネディ
ジョン・F・ケネディ


ジョン・F・ケネディといえば、アメリカの第35代大統領です。
ダラスで凶弾に倒れたことで知られています。

このケネディ大統領について、日本と関わるあまり知られていないお話があります。

ケネディが大統領である間、ずっとホワイトハウス執務室に椰子の実が置かれていたのです。

ケネディは、大東亜戦争に従軍し、中尉として魚雷艇PT-109の艦長をしていました。

昭和18(1943)年8月2日のことです。

PT-109操舵席のケネディ中尉
PT-109操舵席のケネディ中尉


ソロモン諸島のニュージョージア島の西を哨戒していたケネディは、日本のの駆逐艦「天霧」と、遭遇します。

「天霧」はこのとき、コロンバンガラ島への輸送任務を終え、帰路についていました。

8月1日、「天霧」は30ノットの高速で輸送船団の最後尾について、あたりの海を警戒しながらブラケット海峡をひたすら北上していました。
船団警備は、昼は敵の航空機、夜は、敵の魚雷艇を警戒しなければなりません。
この日の夜は、スコールをともなった天候で視界は非常に狭かった。

午前二時頃、「天霧」の見張員が突然、叫びます。

「黒い物体が右10度10(ヒトマル)!」

1キロほど先に、何か黒い小さな物体が見えます。
「天霧」の花見弘平艦長は、ただちに「戦闘配置」を命じます。

30ノットというと、時速55キロです。
黒い物体はどんどん近づいて来る。

雨天の中での発見です。
発見時点で、もう目の前だった。
しかも物体は、敵の魚雷艇です。

目標が近い。近すぎて砲撃が間に合わない。

「天霧」は、艦をまっすぐに魚雷艇に向け、艦首で敵を踏みつぶした。

日本帝国海軍駆逐艦・天霧
日本帝国海軍駆逐艦・天霧


巨大な駆逐艦と、小型の魚雷艇の衝突です。
いってみれば大型ダンプと、原チャリがぶつかったようなものです。

衝突により魚雷艇は、真っ二つになり、大破炎上し、あっという間に沈没します。
「天霧」は、艦首とスクリューの一部に若干の損傷があった程度で、ほぼ無傷です。

実は、この「踏みつぶし」には、後年様々な議論がされています。

どういうことかというと、魚雷艇というのは、当然のことながら「魚雷」を搭載しています。船は小さくても、搭載している「魚雷」はたいへんな威力があります。

もし、衝突とともに「魚雷」が爆発すれば、これは雷撃されたのと同じことです。
魚雷艇とともに、画体の大きい駆逐艦も沈没する危険がある。

このとき、「天霧」に乗っていた警戒隊第十一駆逐隊艦司令は衝突を避けようとし、艦長の花見弘平中佐は船を衝突させる道を選んだといいます。

魚雷艇PT-109
魚雷艇PT-109


もっとも、花見艦長自身は、後年、「あれは偶発的な事故だったんだよ」とおっしゃられています。しかしボクは違うと思う。

「天霧」は、とにかく猛烈な訓練で有名な船で、歴戦連勝、大東亜戦争の多くの海戦に参加し、その中を堂々生き延びた駆逐艦です。
花見艦長も乗組員も、艦に対する絶対の信頼を寄せていた。

敵が魚雷艇であり、すでに距離が近すぎて艦の砲撃が間に合わない。しかも敵は小さい。
もし、敵魚雷艇が「天霧」の砲撃可能距離に到達する前に、魚雷を装填し発射したら、至近距離からの魚雷攻撃を避けることは不可能です。
間違いなく「天霧」は大破もしくは轟沈するし、無傷となった敵魚雷艇は、反転して味方輸送船団をほしいままに攻撃することができる。

どんなことをしても、その場で敵魚雷艇をやっつけなければなりません。
そのためには、艦と魚雷艇の距離が至近距離にある、その瞬間に敵を踏みつぶすしかない。

これは、大博打です。
万一、魚雷が爆発したら、その危険と被害はたいへんなものとなります。
艦と乗員のすべてを失う

しかし博打というなら、戦いそのものが大博打です。

艦と猛烈な訓練を施してきた乗組員全員の命を一手に預かり、花見艦長は、その瞬間、踏みつぶすことを選択した。

そして彼は、博打に勝ちます。

魚雷艇は、衝突の衝撃でガソリンタンクに引火し、大爆発を起こします。
閃光をみて、僚艦は、「天霧」がやられたと思い、ただちに「状況知らせ」の無電を打っている。
それほどまでに緊迫した衝突事件だったし、爆発の衝撃も大きなものだった。

「天霧」は、衝突現場海上を確認しますが、大爆発後であり、生存者なし、と確認。そのまま帰国の途についています。

この点で、「天霧」を薄情だと問うことはできません。
もし、生存者が確認されれば、帝国海軍は、必ず救助をしている。

実はこの事故のとき、米国魚雷艇は、他にも2隻いたのです。
要するに、3隻で、哨戒任務にあたっていた。
そのなかの衝突轟沈した1隻が、後年アメリカ大統領になるケネディが指揮する艇でした。

ところが豪雨の中から、いきなりニュッと現れた日本の駆逐艦隊に惧れをなし、ケネディ艇以外の2隻は、敵から発見されない豪雨の奥に、すぐに逃げ出しています。

ところが、このときケネディ艇だけが、なぜかまっしぐらに「天霧」に向かっていき、爆発しています。

逃げた2隻も、その大爆発を見て、ケネディ艇は全員即死と判断。
艇を帰投させ、基地では、翌日、ケネディたちPT-109魚雷艇乗組員全員の追悼式を行っています。

それだけひどい大爆発だったのです。

ところが後年、全米の大統領にまでなる人物というのは、運が強いものです。
ケネディ少尉は、このとき真二つになった艇の片方に乗っていたのだけれど、その半分も、すぐに沈み、13人の乗員のうち、2名が死亡したけれど、ケネディを含む残り11名は、艇の残骸にしがみついて、海に漂っていたのです。

そしてケネディは、負傷者を命綱で結びつけ、その綱を咥えて全員を励ましながら、ほぼ5時聞かけて約5キロを泳ぎ、近くの小島にたどり着いた。

ところが、この小島の位置は、どうみても味方の航路から外れている。

そこでケネディは、ひとりで別の島まで泳いで渡ります。
彼はハーバード大学時代、水泳の選手だったのです。泳ぎには自信があった。

島で椰子の実を食べながら5日目、友軍の救助を得るためには、もっと基地に近づかなければならないと、さらに別の島まで泳いで渡ったケネディの前に、ひとりの島の原住民が現れます。

そこでケネディは、落ちていた椰子の殻にナイフで、
「11名生存、場所はこの原住民が知っている、ケネディ」と刻んで、原住民に手真似で頼んだ。

原住民は、それを理解したのか、カヌーで去って行きます。
その場で死んだように眠っているケネディの前に、ふたたびその原住民が現れます。

彼は、ニュージーランド軍哨戒部隊の隊長からの手紙を持っていた。

こうしてケネディとその一行は、全員、無事に救助されます。
艇が沈んで、7日目のことだったそうです。

ケネディは、自分も衝突の瞬間にしたたかに腰を打ちつけ、大怪我を負っていたにも関わらず、部下を見捨てることなく、痛みを抱えながら、部下を島に落ち着け、自身は島から島への渡って、救助を得るための努力をしました。

彼の勇敢な行動は、ハルゼー海軍提督からの感謝状、名誉負傷章、海軍メダルおよび海兵隊メダルの受章となります。

冒頭に書いた、椰子の実は、このときの椰子の実です。

その椰子の実は、ケネディが暗殺されるその日まで、ホワイトハウスの彼の執務室に置かれていたそうです。

昭和26年秋、下院議員として来日したケネディは、出迎えの国連協会の細野軍治氏に、「私の艇を沈めた駆逐艦長に、ぜひ会いたい」と申し出ます。

このとき花見弘平艦長は、大東亜戦争を生き延び、福島県に住んでいました。
ケネディはその翌日には日本を離れなければならない。
ケネディは心を残して、機上の人となった。

残念ながら、このときの二人の再会は実現していません。
しかし、その後、二人は、互いに連絡を取り合うようになり、その交誼はケネディが亡くなるその日まで続きます。

ケネディは、花見氏に「昨日の敵は今日の友」と語ったそうです。
ケネディにとって、このときの体験は、単に、自分の努力というだけでなく、「天霧」の果敢な決断を知ことによって、自身の負けない心、くじけない心、あきらめない心だけでなく、いざというときの花見艦長の果敢な決断が、彼の政治家としての姿勢を形作ったといわれています。

両者の交流は、ケネディが亡くなるその日まで続く。

どんな人でも、偉人でも、最初からすごい人というのは、いません。
いろいろな経験や失敗、負け戦、敵の示した決断等を経験して、人は成長していく。

「歴史は学ぶためにある」とボクは思っています。
後年、その場にいあわせもしない安全な場所にいる者が、ああでもない、こうでもないと批判するために歴史があるのではないと思う。

だから、歴史は評価するためのものではなく、学ぶためのものと思っています。

戦争反対とか嫌だとか、そんなものは誰だって思う。軍人さんだって戦争には反対です。
たいせつなことは、嫌だとか反対だとか、まるで経文を唱えるように言い募ることではなく、歴史に虚心に向かい、そこから学び、私たちが未来を築くこと。

戦後左翼の教育に、もっとも欠けているのが、この「学ぶ」という姿勢の欠落なのではないでしょうか。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

国旗の重み 海洋国家日本の海賊退治  番外編 最高のお出迎え



日本の心を伝える会 日心会


やまと新聞会員お申込みページ



下の窓の中味をコピペすると、やまと新聞のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

遠藤

No title
信管がONになっていない状態では魚雷に少々の衝撃を与えても爆発はしないものですが、発射管から飛び出た時点で信管ONになりますので、『発射する前に踏みつぶせ』というのが艦長のとっさの判断だったのだろうと思います。
その判断と勇気が功を奏したもので、そういうところが名艦長たる所以ということではないでしょうか。
とっさの時にどのように行動できるか、それとも、できないか。人間の真価が問われるケースです。民間人ならともかく軍人ならば行動しなければならない、それが軍人たるものの勤めであると私は思いますが、、、

お達者クラブ

歴史は学ぶために有る
>歴史は学ぶために有る

いい言葉です、本当にそう思います。
平和で自然の流れるに任せるように過ぎていくような日々であれば歴史の必要性は感じません。
自分の知恵や知識では対処できないことに遭遇したとき、先人たちの知恵を確認したいと思うのです。
個人的には、親であったり、おじいちゃんで有ったりします。
ほとんどの人は現在と未来を見て生きているわけです、懐かしい思い出に浸ることと違った、過去を言い出すときは何らかの思惑があると考えるのが普通です。
思惑とは、金銭であったり、精神的打撃を与える為なのです。

本来であれば、国民がお願いもしていないことをした、murayamaさんやkounoさんは自分がそう思っているのなら、自分の財産をなげうつべきです。

手取川

二つのパレード
アメリカからの初めての衛星中継。忘れもしません、走り書きのようなへたくその日本語で始まったんです。
それがケネディ大統領の葬儀のパレードの中継でした。
そして大統領に就任した時のパレードも話題になりました、このときに魚雷艇がトレーラーに載せられて参加しています。 後に映画になっているはず?
そうそう彼の死後大統領になったジョンソンは戦時中将軍でケネディたちの上官だったそうですよ。
あの当時のアメリカは全て輝いていたですね。 一方の日本はストばかりで炭鉱から交通にいたるまで連日のありさま、社会党や共産党がでかい顔をしていたのもこの頃がピークでなかったのでは。 いまや社会党なんて見る影もなし落日の思いがします。 左翼なんて騒ぐ事はできてもそれを納める手段を知らないんですね。いまの民主党がいい例だ。 悪いことは全て前政権のせいにするなんて馬鹿もいいとこですよ。 こんな連中に国会議員などやってほしくないと思うのは私だけではないと。

楽仙堂

No title
スレ違い失礼します。

韓国人への戦後個人補償への道を開く『菅談話』が出される可能性があります。
my日本より(緊急回覧、ブログ・HP転載可) の文章をコピペいたしました。
わたしのブログに貼りましたので、コピペしてくだされば幸いです。(結構長いです)
http://d.hatena.ne.jp/ooidoya/

過去に騒動を起こしましたので、顔を出すことも恥ずかしいのですが、あえて恥を忍んで書き込んでいます。

情報を持っていっていただけたら幸いです。

おれんじ

No title
母から聞いた話ですが、ケネディ大統領はかつて戦った日本兵からの寄せ書きを大事に持っていたとのこと。

大統領の執務中も傷めた腰を守るためのコルセットを常につけていたそうです。

自分の艇を大破させた艦長に会いたいと言ったケネディさんに、真の軍人を感じます。こういうエピソードは沢山残っていますね。極限状態において人間の本当の姿が浮き彫りになる例だと思います。

アメリカ兵の残虐行為に憤慨する一方で、このような精神を持った方もいるのだということが心の救いになりますね。

春風

No title
いつも更新ありがとうございます。

先日戦争に行ったことのある職人さんが来たのでいい機会だと思って戦争の体験談を聞いてみました。
職人さん「オレよりも、兄貴が三度も徴用されて、アリュー、、、」
そこに父が来て、「アッツ島に行ったの?!」
職人さん「行ったんだけど、玉砕する前に外に配属になって生きて帰ってきたんだ。」
父・私「よかったね~」
父「しかし今度NHKでやるみたいだけど、通信も何も出来なくなったから玉砕ってことにしたんだってね、ひどいね~」
私「はぁ?!」

職人さんが帰った後、父にねずきちさんの過去のエントリー「アッツ島の戦い」を見せました。(最後まで読んだかわかりません。。。)

平成22年8月12日(木)午後10:00~10:49総合テレビ
NHKスペシャル「玉砕~封印された真実~(仮)」

皆さま、来週の放送に向けてねずきちさんの「アッツ島の戦い」の再読と拡散のほどお願いします。

何度読んでも、胸が締め付けられ、陛下の電報の件までくると溢れる涙を抑えることができません。
昨日の今上陛下が白鳳へ書簡を送られたことといい、このような天皇陛下を頂く日本国民に生まれてよかったと心底思うとともに自然と感謝の念が沸きあがってきました。

NHKが最悪なのは知っていても、あまりテレビを観ないため、偏向報道に毒されている人(父です!!)を目のあたりにして大変ショックを受けました。
現代は情報戦ですね。

さて職人さんはお兄さんの戦地での活躍した新聞記事を持っているそうで、今度見せてもらうことになりました♪
別の機会にご報告します。
これからもよろしくお願いします。

●☆日米同盟堅持

名越先生の名著
『日本の戦争博物館』にはこのエピソードも詳しく書かれており、
ケネディが大統領になれたのは駆逐艦『天霧』元乗員を呼んでの
選挙運動のおかげとさえ言われているそうです。

体当たりで失敗した例としては
終戦直前の7月23日、米護衛駆逐艦『アンダーヒル』が
浮上してきた回天[勝山中淳中尉搭乗]に衝突して誘爆
大破して友軍に処分された事実がありました。

前線の将兵はともに国のため必死だったということです。

mama

弾劾訴追
ねずきちさん、こんにちは。
民主党の、外国人の子供に対する「子供手当」は憲法に違反していますよね?
そうであるならば
法治国家である日本国の政権が、憲法違反をおかしていることになります。当然、弾劾訴追ができるはずです。
これは、検察の仕事なのでしょうか?
不正も厭わない民主党に対抗できることになりませんか?
私は、黙ったままでいてはいけないと思います。
ねずきちさんのお考えを、お聞きできればと思っています。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク