閉塞感からの脱皮




人気ブログランキング
←はじめにクリックをお願いします。

大正時代20100804


8月2日、中山成彬先生のブログが、久々の更新となりました。

参院選に立候補した者は、選挙直後は、挨拶文はもとよりブログでのお礼も違反ということで、これまで自粛されていたのだそうです。

たとえ不条理な事柄でも、決めごとはキチンと守る。
そういうことろが、中山成彬先生のまさに日本人たるところだと思います。
実に立派だと思います。

キムヨナと浅田真央の先般のバンクーバー五輪の時がそうでしたが、相手がたとえどのような不正をしようとも、常にルールをキチンと守り正々堂々と戦う。
それこそが日本流であろうと思います。

もっともそういう不正や不条理をいつまでも放置しておくわけにはいかない。
そのためにも、次期選挙では、中山成彬先生に絶対に勝って国会に出て行っていただきたいと強く思います。

さて、その中山先生のこのたびの更新記事の中に、次の文章がありました。

~~~~~~~~~~~~
さて、これから日本政界はどう動いていくのか、菅総理がどこまで続くのか。

菅総理は攻めには強いが、守りにはまったく弱いようです。
ゲバ棒を振っていた過去からか、

壊すことに関心があっても、何かを創り出すことは苦手なのでしょう。

何かをなし遂げるという情熱なくしては政権維持は難しいと思います。
~~~~~~~~~~~~

そうなのです。
実は、菅直人に限らず、左翼主義者というのは、いかなる場合においても「壊すことに関心があっても、創ることは苦手」という特徴をもっています。

たとえばミスター年金とまで言われた長妻昭厚生労働大臣。
彼は、野党時代に年金問題について、政府の対応に批判の限りを尽くした。
ところが自分が年金問題の長となるや、何もできない。何も変えれない。
結果、喧々諤々の末、自らが否定していたもとの政府の年金問題対応を、そのまま承認することになった。

なにやら現代社会では、「批判」をすることが「正しい」ことで、批判者は優秀な施政者となれると誤解している人があるけれど、これは違います。

「批判」などというのは、上司の悪口や井戸端会議みたいなもので、無責任な放言でしかない。目のウエのたんこぶの「批判」は、共感は呼んでも、それで何かが変わるわけでは決してないし、上手な批判者だからといって、上手なマネジメントができることにはなりません。

このことは、実際に管理職を経験したことがある人ならば、誰にでも経験のあることで、アホだと思っていた上司のポストに、実際に自分が座ったら、自分はもっとアホだったという経験は、実際、多くの人が持っている。

千葉景子法務大臣にしても、死刑執行絶対反対ときれいごとを並べながら、実際に法務大臣として事案の内容を知ってみれば、「これは許せん」ということになるわけで、であればそれまでの死刑廃止論は、いわば無責任な井戸端会議のうえでの話でしかない。
実際に責任を負ったときに、公正な判断をするというのは、井戸端左翼ではできない相談だからです。

そもそも左翼主義というのは、大元は共産主義(コミュニズム)からきています。
共産主義は、提唱したのはマルクスで、実行に移したのがレーニンといわれている。

マルクスの提唱した共産主義理論というのは、ひとことでいうなら、金持ちは働かなくても贅沢な暮しをし、労働者はいくら働いても生涯貧乏だから、金持ちから富を取り上げて、貧乏な労働者に再配分せよ、というものです。

どうやって金持ちから富を取り上げるかというと、それは「革命」です。
もっとひらたくいえば、暴力と殺戮で、富を取り上げ、その富を再配分しよう。
その富の再配分を国家規模でやるのが「社会主義国家」で、社会主義国家は、それがさらに進化すると人類は富の偏在がない「共産主義国家」を形成できるという。

ところが不思議なことに、マルクス自身は、その理想社会であるはずの社会主義、共産主義社会の具体的青写真を描いていないのです。
これはマルクスだけでなく、その後の共産主義者のいかなる論者の評を見ても、あるべき共産主義社会の制度や仕組み、システム等について、具体的なビジョンを描いている者がいない。

では、社会主義国家を標榜するソ連、共産主義国家を標榜する中共は、どういう社会主義、共産主義国家なのかというと、これは共産主義の理想を目指した「実験国家」なのだという。

冗談じゃあないです。
実験のために、いったい何人の人が犠牲になったのか。

ソ連は、解体までの70年で、国内だけで一説によれば5千万人の人が殺されたといいます。日本の人口のおよそ半分の人が殺害されたわけです。

しかも、そのリーダーたるレーニンや、スターリンは、間違っても共産主義者ではない。
共産主義というものが、富の再配分や富の平等主義を唱えるものだとするならば、彼らの頭脳にも行動にも、「再配分」という思想はありません。
彼らは、自己の権力の拡大と自らの贅沢のための暴力や殺人を正当化するためにマルクス論を「利用」しただけであり、実際、レーニンも、スターリンも、まさに王侯貴族もこれに及ぶまいと思われるような贅沢三昧を尽くしている。

そして一緒に戦った仲間である共産主義の信奉者、つまり奪った富の平等な再配分を求める仲間を全員殺害し、政府の高官、すなわち権力の地位には、ことごとく自分の身内を置いています。

簡単にいえば、人の命などなんとも思わない猛烈な権力主義者が、暴力寛容のマルクス論を「利用」し、その論の賛同者である平等主義者のエリートを「利用」して、自己の権力と蓄財を図っただけの話です。
そのために、どれだけ多くの命が犠牲になったか。

共産主義の教科書をみると、必ず出てくるのが、ギリシャ時代にプラトンが「太古の昔は人々は貧富の差がなく、平等に暮らしていた」という原始共産主義社会の話です。

しかしこの時点で、すでに大きな間違いがある。
その太古の昔というのが、いつごろの時代かもわからないし、その原始共産主義社会というものが、現実であったかどうかすらわからない。つまり偶像化されているだけの話であって、現実とはいえない。

ちなみに、旧約聖書に出てくるアダムとイブの話、エデンの園の話は、誰でも知っている話ですが、どうやらエデンのいうのは、現実にあったらしいとは言われています。

場所は、ちょうどサウジアラビアの真ん中あたり。
遺伝子の解析によるミトコンドリア・イブの発見によって、どうやら人類は5万年ほど前に、アフリカ中部から旅立った150人ほどの人が、まず、このサウジアラビアのド真ん中あたりに住みついたことから始まったといわれるようになりました。

いまでは、見渡す限りの砂漠地帯であるサウジアラビアですが、当時は、ここはまさに緑豊かな大地だった。
そこで人々は、狩猟採取生活を行いながら、それなりに平和に暮らしていた。

そして人類は、煮炊きのために火を使うことを覚えます。
火=赤=リンゴです。

要するに、女性たちが煮炊きをするために、火を使った(リンゴを食べた)。
火を起こすために使われたのは、もちろん森林資源です。
そして森林は、木々を伐採したら、ちゃんと植林しないと、次になかなか生えてこない。
そして次々に火を使うことで、あたりが砂漠化し、当然、果実も小動物もいなくなり、食料がなくなった。

人々は、エデンを追い出されたのです。
そして世界に散らばった。

緑がなくなり、食料や燃料資源が乏しくなった中東に残った人々もいました。
こうなると、水も食料も燃料も奪い合いです。
盗った者、奪った者勝ちです。
そうしなければ生き残れない。
当然、暴力がはびこり、強者が、資源を独占する。ついでに女も独占する。暴力に対抗できない女性は、自己の遺伝子を残すためには、強者につき従うのが安全です。

そうして、ひとりの富者が、多くの資源と女を独占する。
だから中東のイスラムの教えは、汝、盗むなかれ、汝、姦淫するなかれ、汝、殺すなかれで、妻は10人までにしろ、となった。

要するに、資源が枯渇したら、殺し合い、奪いあって勝者にならなければ、生き残れない。
あたりまえのことです。人には生存本能がある。

殺し合い、奪い合いをしないためには、まずはみんなが食える状態を作らなければならない。そのためには、みんなが働かなきゃならない。そして効率的な生産をするためには、社会的分業も必要だし、リーダーも必要です。

暴力を容認し、他人の財物を奪い、殺すような社会では、こうした社会的分業はできない。
殺されないためには、権力者は、味方の中に敵を作り、常に敵対するもの、逆らう者を殺し続けなければならないからです。

これを効率的に実現したのが、実は、中東を出て、バイカル湖のあたりまで進出したモンゴロイドです。
彼らは、共同で生産をすること、武器を持たない社会を構築することで、殺し合い、奪い合うことよりも、助けあい共存しあうことを選択した。

このモンゴロイドが、いまから1万8千年ほど前、地球気温の急激な寒冷化によって東西に四散した。
一部は、中央アジアに流れ、一部はアラスカから北米大陸、南米へと長い年月をかけて進出していきます。
そして、太平洋岸を南下したのが、日本の先祖となった縄文人です。

この、中央アジア、北米、南米、日本、そして太平洋の島々に共通した文化があります。

それが「対人用武器を持たない」という文化です。

アメリカインデアンも、南米のインデオも、古代の遺跡から刀剣とか、槍、強力な弓矢といった古典的な武器が発掘されていません。
あるのは、ウサギやイタチなどの小動物を狩るのに使う、道具だけです。
ちなみに対人用武器となると、大型で威力も強い者になります。

ハワイは、いまはアメリカ合衆国の一部ですが、その昔、カメハメハ大王がハワイ30万の人々をまとめたとき、彼らハワイ人には、所有という概念自体がなかったといいます。
≪参考:アロハ・オエ≫
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-406.html
これは、タヒチなどにも共通した事柄です。

武器を持たないから、スペイン・ポルトガルといった、銃を持つ文化の人々がやってきたとき、ほんの一握りの白人に、すべてを奪われてしまった。

インカも同じです。
≪参考:インカ帝国の滅亡≫
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-921.html
≪参考:悪は断じて許さないという心が大切≫
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-476.html

たまたま日本では、弥生時代に、大陸から武器を持った連中が押し寄せ、これに対する対抗手段として、武を磨く風俗があったから、日本は征服されずに済んだ。
なにせインカ帝国は、たった150丁の鉄砲によって国が文明の痕跡すら失われるほどまでに滅ぼされたけれど、日本では、戦国時代、世界の鉄砲保有数の約半数が日本国内で流通していた。

さらに江戸期になると江戸徳川体制は、富と権力を完全に切り離します。
士農工商は、身分の上下を顕す言葉ですが、同時に貧乏な順番でもある。
富に社会的価値を置くのではなく、人として立派であること、世の中のために尽くすことにより大きな価値を置いていた。
武士は人を殺す道具である大小を腰に差します。斬り捨て御免です。
人を斬り殺す権限が与えられている。
しかし、むやみに殺したら、殺した武士は死罪です。
つまり、武士は人を殺せるけれど、人を殺したら自分も死ななければならない。
場合によっては、お家断絶。つまり一族郎党が、翌日から路頭に迷うことになる。

要するに、人々が権力のために殺し合ったり奪い合ったりすることを認める社会規範からは、絶対に人々が平等で豊かで平和に暮らせる社会というものはできない。

人々が、財はなくて、食を得ること、みんなが豊かに暮らすこと、たがいに尊敬しあい譲り合って平和に暮らせる社会というものは、殺し合い、血で血をあがなう社会では、絶対に実現できない。

マルクスの論は、この時点で根本的に間違っているのだとボクは思います。

なぜなら、富める者から奪う、富める者を殺すという「革命思想」では、結果としてたくさん殺し、たくさん奪ったものが、富を得、贅沢な暮しができるようになるという結末しか生まないからです。

しかし、共産主義思想というものが、結果として一部の権力者だけが贅沢できるという結論になることに気付かれたら誰からも相手にされない。

だから共産主義者というものは、結論を持たない。どういう風にしたいのか、という青写真を描かない。
要するに、「壊すことにだけ関心があって、何かを創り出すことができない」のです。
だから共産主義者は、結果を考えて行動することができない。
考えれない。考えたら自己破たんするからです。

壊すための批判しかできないのです。
そのために暴力を犯すこと、人を苦しめることをなんとも思わない。
ですから簡単にいえば、共産主義というものは、この世に暴力と破壊をもたらす「悪」が被っている仮面にすぎない。

その「悪」と戦い、豊かで平和な社会を守ろうとするならば、つまり、奪い、殺し、破壊する連中に蹂躙されない社会を守ろうとするならば、悪は断じて許さないという、絶対的な防衛力と、戦う気概、勇気、武器、訓練が不可欠です。

世界中の誰もが、日本とだけは戦争をしたくない、と思わせるだけの絶対的な防衛力、それは単にハード面だけでなく、思想、言論、社会規範や、教育、制度、システムといった国をあげてのソフト面での強靭さも必要です。
それがなければ、われわれは武器を持つ「悪」、つまり奪う者、殺す者に、好き放題蹂躙され続けることになる。

「保守」という言葉は、昔からあるわけではありません。
左翼主義者が目的としている「革命」を行うために自らを「革新勢力」と名乗り、自分たちにとっての敵対勢力を「保守勢力」と呼んだところからきている言葉です。

ですから「保守」を定義しろというなら、単純に「共産主義以外の全部」としか言いようがない。

これでは、共産主義以外はなんでもかんでも「保守」ですから、では「保守思想とは何か」と言われると、喧々諤々、議論百出で、全然まとまらない。

いま必要なのは、そういうものではないと、ボクは思っています。

日本文化の伝統を重んじ、人々が互いに助け合い支え合う、豊かで住みよい社会を実現し創造していこうとする人々とその規範となる思想。おそらくよく聞かれる「真正保守」とか「日本再生」などいう言葉は、そういう意味と意図を持った言葉であり集団なのではないかと思います。

一方、共産主義ないし革新勢力とは何かといえば、それはひとことでいえば「破壊主義」そのものです。とにかくいまあるものを破壊する。いい悪い、人々の役に立っている立っていないに関わらず、否定し、批判し、破壊し尽くす。
で、そのあとにくる未来の社会像は、何かといえば、そんなものはない。
破壊さえすれば、あとはなんとかなる程度の、いい加減さがあるだけです。

これに対し、多くの人々が求めているのは、不条理や閉塞感からの脱皮です。

先の大戦で、日本は、まさに焼け野原となりました。
その焼け跡から、とにもかくにも、戦後復興のため、ハード面での整備を行ってきました。
同時に、戦後65年の長きにわたって、戦争で夫や子を死なせることのない、平和な国家を建設してきました。
いまさら、都市や家屋を焼け野原にしたいとか、戦争で夫や家族を死なせたいなどと思う人は、おそらくよほど特殊な人でもなければ、誰もいないのではないかと思います。

しかしその一方で、道徳の崩壊や、経済の失速、左翼の跳梁跋扈によって生まれている様々な暮しにくさに、多くの日本人がどうにもならない閉塞感を抱え、また、弱者保護や人権保護と言いながら、凶悪犯の犯罪者ばかりが人として扱われ、被害者やその家族の人権がないがしろにされるといった不条理、努力しても報われなかったり、働きたくても職場がなかったり、その一方で、在日外国人ばかりが生活保護を受け、なかには働く日本人よりも豊かな生活をしているなどの社会の矛盾といった状況に、多くの日本人は、あきらめと同時に憤りを感じています。

グアム島で長年暮らすある人は、ときどき英霊たちの声を聞くことがあるそうです。
それは、「俺たちはこんな日本を見るために死んだんじゃない!」

いまの日本は、二つの日本があるのかもしれません。

ひとつは、戦後解体された日本。
もうひとつは、戦後に築き上げた日本、です。

前者は、ご皇室を中心に、伝統と道義を重んじる日本です。
後者は、戦後に生まれた様々な社会インフラと平和国家日本です。

いまある社会インフラを活かし、平和であること、豊かであれことを失わず、同時に戦前の皇国日本と伝統と道義を重んじる日本を取り返す。

私たち日本人の、ほんとうの戦いは、これからなのかもしれません。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

中山成彬氏が語る 国家観のない人がトップになってしまった



日本の心を伝える会 日心会


やまと新聞会員お申込みページ



下の窓の中味をコピペすると、やまと新聞のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

絶賛致します。

いつも、誠に勝手ながら記事を読ませて頂いております。

手前、様々な読書をしてきたなかで、文章ではなかなか感動・感涙はしないほうですが、特に今回の記事は言わんとすることを貴殿は、正論から理路整然と全てを分かり易く述べて下さった。

素晴らしいアイデンティティの持ち主ですね。
例え、素晴らしいアイデンティティを持っていても、それを相手に文章で伝えられるのは、能力そのものが無いと不可能ですので、貴殿の卓越された能力には恐れ入ります。


まだまだ猛暑が厳しいですが、気長に行きましょう。

スカーレット

正に武士の考えと同じかと
>世界中の誰もが、日本とだけは戦争をしたくない、と思わせるだけの絶対的な防衛力、~~~つまり奪う者、殺す者に、好き放題蹂躙され続けることになる。

この文章を読んで、武士を思い出しました。
武士がなぜ剣術が強くなるように励むのか?
は、剣とは人を切ることではない、自分を守ること。
つまり、剣が強いと分かれば、相手が掛かってこないから。

国の防衛力は、武士の剣と似ていると思います。
左よりの人達は、国力を増すことは戦争をするためではないか?
と言いますが、正に上に書いた通りです。

最近、時代劇映画を見ていて、そう感じました。

-

朝鮮学校の高校無償化などもつてのほか、国際テロ国家北朝鮮のテロリスト養成学校に何故国の税金を投入するのか納得出来ない。また、防衛省が発行した防衛白書が発売延期になった事など考えると、民主党政権はさすがに旧社会党や左翼の輩による好き勝手な行動を起こしている。菅直人率いる左翼朝鮮民主党のムチャクチャな政治ただ見ている訳には行かない、韓国人の歴史認識と戦後補償については、韓国人の捻れた考えを是正し意識改革と正しい歴史認識が必要だ

志士

八月、終戦原爆記念の大切な時期故に、昨年もこのブログで取り上げてくださいました、開戦の御詔勅、終戦の御詔勅を再掲ください、是非とも一人でも多くの国民に触れて頂きたい。覚醒のきっかけとなります。

志士

武士道と外道
戦前教育には新渡戸稲造の著作にもある、武士道の精神が日本人には行き渡ってました。戦後の占領教育政策によりWGIPで日本人の崇高な精神は破壊されはじめ根幹精神が外道となりました。特定世代を責める訳ではありませんが団塊前後の学生運動盛んな世代は批判評論家自己中老人の予備軍となり行動具現化力に欠けます。公教育システムは占領政策と左翼に精神基幹を破壊され、一部私学に日本人リーダー精神の伝承を僅かに頼む時代となりました。中山先生の力で、また多くの日本人がこの日本人精神の回帰運動をもり立て賛同して欲しいものです。今幸いにもネットで覚醒する若い世代が増えつつある事が嬉しい兆しです。ネット言論を陰から統制することなどは言語道断、みんなで監視が必要です。

愛信

驚愕!!佐々淳行氏「菅直人、仙石由人、千葉景子は、いずれも過激派全共闘のリーダーだった!」
驚愕!!佐々淳行氏「菅直人、仙石由人、千葉景子は、いずれも過激派全共闘のリーダーだった!」
http://blogs.yahoo.co.jp/hisao3aruga/archive/2010/8/5?m=lc#33311281
菅直人、仙石由人両氏は、いずれも過激派全共闘
のリーダーだったのです。
法務相に再任された千葉景子もそうです。
これらは、外国人参政権付与に賛成しており、日本
の政治家でありながら、国を売ろうとする輩達です。
左傾化した社会主義的全体主義者が、羊の仮面を
被って日本の政治運営をしているとは、情けない限
りです。
即刻辞職させるべく、行動して参りましょう!!!
http://www.youtube.com/watch?v=eFaUXN0bOqQ&feature=player_embedded
(動画)
【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

KEN

《緊急拡散希望!!!》
皆さま

お疲れ様です。

【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では
意見書文例:「朝鮮学校無償化」への反対意見書 *利用、改変可*
http://sitarou09.blog91.fc2.com/blog-entry-214.html

意見書文例:菅首相の『日韓併合100周年謝罪談話』の中止要望書 *利用、改変可*
http://sitarou09.blog91.fc2.com/blog-entry-212.html

が公開されています。

どうか皆さま、文例を改変していただいて、
皆さまの思いを一通でも多く送信をお願いいたします。

「朝鮮学校無償化」絶対に阻止!
菅首相の『日韓併合100周年謝罪談話』絶対に阻止!

よろしくお願い申し上げます。

ねえさん

ありがとうございます
中山先生が国政に戻られる日を心待ちにしております
ねずきち会長
暑さにまけずに、熱くいきましょう♪

明日の86広島頑張って下さい

比呂

菅総理の本質
いつも最後まで読ませてもらっています。
>壊すことに関心があっても、何かを創り出すことは苦手
そのとおりですね。
菅さんは学生のときから筋金入りの活動家です。
この手の人たちは他人の批判はとてもうまい。聴衆もときには拍手喝采します。
でも他人の批判ばかりする人は普通に嫌われます。
批判はうまくても自分が批判されるのは弱い。予算審議を見てそう感じました。

愛信

はやぶさカプセル 全国で公開へ
はやぶさカプセル 全国で公開へ
http://sankei.jp.msn.com/science/science/100804/scn1008042156005-n1.htm
8月中に宇宙航空研究開発機構(JAXA)が公募条
件を公表して会場を選定。早ければ11月から公開を
始める。首都圏では7月末から期間限定で公開されており、相模原市では2日間で約3万人が訪れた。

NHKがはやぶさ帰還を中継しなかった理由
はやぶさの名前の由来

【旅の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/tabi/tabi.cgi


高級学校≠高等学校

   ∧__,,∧
   ( ´・ω・)  これが有名な”ゴケン派のお面”か・・・ドキドキ
  /O(▼3▼)O
  し―-J .

   ∧__,,∧
   (-(▼3▼)  ムズムズ・・・・
(( / つ O ))
  し―-J .

   ∧__,,∧
   ∩-(▼3▼) 
  /TBSノ⊃↓
  し―-J

【朝鮮民主主義人民共和国憲法】

猫のひげ

サヨク撲滅

サヨク思想について分かりやすく書いていただきありがとうございます。
何にでもケチをつけ否定する、この習性は保守を自認する者にもありがちなことで、インテリといわれる人間に共通のことではないかと思います。
誰でも持っている、「現状に対する不満」に付け入りやすい要素を上手くまとめたのがマルクス理論なのでしょう。

ところで、P.ブキャナンの著作中に「デンマークでは福祉予算の33%が4%の非西洋移民のために使われている」との記述があったのですが、日本での在日外国人、帰化人のためにどの位の予算が使われているのか、どなたかご存知でしたら教えていただきたい。
或いは、調べる方法をご教示いただけるとありがたいです。

日本が、北欧のように移民だらけの国になるのは耐え難いことです。中共人の数は既に在日特別永住者を追い抜いたとのこと。糞食い人種や「騙されるほうが悪い」といった価値観の人間もどきが日本に繁殖するのは御免です。

ミヤビ

おはようございます☆
今日もためになるお話をありがとうございました。
とっても、わかりやすかったです。
共産主義=破壊主義  何も生み出すことをしない!!
ですね。

二つの日本がうまく融合すれば、理想の国になります。
きっとなります!!

中山先生を、これからも応援させていただきます。
ねずきちさんも、頑張って下さい☆

左巻き菅

左翼・民主党は信頼できない
民主党を象徴する外国人参政権及び夫婦別姓を推進する極左翼・千葉景子は、幸い落選した。
これは、死刑反対の千葉景子法相が神奈川県民から受けた“死刑判決”。
菅直人は死刑囚を法相として政権内に温存する。
死刑反対の法相が2人だけ処刑したが、まだ100人以上が未処刑のまま。
独身の変人・千葉景子の個人的な判断を裁判所の判決よりも優先させてはならない。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク