8月6日に寄せて

人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

支那の核実験現場(ロプノルの衛星写真)
ロプノルの衛星写真


今日は、8月6日、広島に原爆が投下された日です。

わりと知らない方が多いのですが、広島と長崎に落ちた原爆は、種類が違います。

広島上空で投下されたものは、ウラン235型原爆( リトルボーイ )です。

長崎で投下されたのは、プルトニウム型の原爆(Fat Man)です。

ウラン235型爆弾と、プルトニウム爆弾では、まったく種類が異なります。

なぜ、わざわざ違う種類の原爆が投下されたのでしょうか。

「戦争を終わらせる」という目的のためなら、同じ種類の原爆でもいいはずです。

なぜわざわざ、あえて種類を変えて原爆を投下したのか。
ここに重要な問題があります。

二度にわたる原爆は、アメリカで原爆開発のためのマンハッタン計画を担当した ロス・アラモス研究所で開発されました。

そのロスアラモス研究所の公式記録には、「 史上二度の原爆実験に成功した」と書かれています。

二度の投下は「実験」だというのです。

広島と長崎に投下された原爆で、広島で二十万人、長崎で七万四千人の非武装の市民が無差別に殺された、という世界史に残る大量殺戮事件です。
それが、「実験」です。

ではなぜ「実験」なのか。
歴史学者 バーンスタインは、次のように述べています。

~~~~~~~~~~~~~
日本への原爆投下は「ソ連を威嚇すること」が根本理由であり、ソ連の影響力が日本、満州、支那、朝鮮に及ぶことを阻止するために、いわばソ連に対する威嚇攻撃として、日本に原爆を投下した。
~~~~~~~~~~~~~

要するに、目的は、対ソ向けの威嚇行動だったのである、と書かれています。


そしてもうひとつ。
終戦後の昭和二十年九月に日本に訪れた、米国戦略爆撃調査団の「最終報告書」です。トルーマン大統領に提出されたものです。
(U.S Strategic Bombing Surbey,Summary Report ( Pacific War ) ,1946、の26頁)

~~~~~~~~~~~~~
たとえ原爆が 投下されなかったとしても、
ソ連が参戦しなかったとしても、
本土上陸作戦が行われなくても、

日本は非常に高い確率で九州上陸作戦の決行予定日である昭和20年11月1日から、12月31日までの間に、確実に降伏したであろう。
~~~~~~~~~~~~~

その通りであろうと思います。

昭和20年の日本の石油輸入量は、ゼロです。
飛んできたB-29を迎撃するための飛行機のガソリンは、墜落したB-29から抜いてきたガソリンなどを使って、ようやく飛ばしている。

この年の年末までには、石油も完全に枯渇し、軍艦や飛行機どころか、バスや公用車さえも、ガソリン切れで動かすことができない状況になっていた。

昭和20年6月に沖縄戦が終了していますが、この直後、ブラッドレー米国統合参謀本部議長は、次の報告書を大統領に提出しています。

~~~~~~~~~~~~~
日本は既に事実上敗北しており、降伏を準備している。
~~~~~~~~~~~~~

昭和20年7月の時点で、日本はすでに制海権も制空権も失ない、陸軍も事実上、使える武器弾薬が乏しく、すでに戦える状態ではなかった。

戦略爆撃調査団の報告書にある通り、日本は、ほっておいても、戦争遂行能力がなく、終戦するしかなかったのです。

にもかかわらず、アメリカは、日本に原爆を投下した。
そしてその理由は、「日本との戦争を終わらせるために」ではなく、

「実験のため」です。

つまり、日本人は、原爆の被爆者は、実験材料としての「モルモット」にされたわけです。

広島の平和公園には、原爆死没者慰霊碑が建っています。

そこにはこう書いてある。

~~~~~~~~~~~~~~
安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから
~~~~~~~~~~~~~~

これはおかしな話です。

実験材料に使われて死んだモルモットが「過ちは繰り返しません」と言っているのです。

古来、モルモットは、過ちを犯したから実験材料に使われているのではありません。
人間の都合で、一方的に実験材料にされているのです。

そのモルモットが、

「もう過ちは繰り返しません。わたしたちは二度と実験しません」と言っている。

いくらモルモットが、そういったところで、モルモットは、人間の医療開発のための「都合」で実験材料に使われます。
モルモットが過ちを犯したから実験材料にされているのではないのです。

そのモルモットが「過ちは犯しません、だからもう二度と実験しないで」と言ったところで、茶番にもならない。

実際に、被爆し、命を失われた方の身になってみてください。

何の武装もしていない、普通の市民が、とつぜん、ピカドンと、命を奪われたのです。

その被害者が、その後、65年(原爆死没者慰霊碑が建てられたのは昭和27年ですから、そのときから起算したら58年)間もの長きにわたり、ずっと、

「あなたがたは過ちを犯したから、原爆で殺されたのです」と、まじめな顔で言われ続けているのです。

ありえない話です。

町を歩いていて、いきなり通り魔に刺殺されて、あるいは地下鉄でサリンをまかれて、命を奪われた被害者に、同邦家族が「あなたがたは過ちを犯したから殺されたのです」と言われ続けるのと同じです。

おかしくないですか?
被害者の身になってみてください。
あなたなら、堪えられますか?
まさに世界のもの笑いです。

いきなり殺されて、君達は罪人である、といわれて、毎年黙とうを捧げられる。
わけがわからないとはこのことです。

広島だけで20万人が殺されたのです。
長崎でも7万6000人が殺された。

その人たちは、「過ちを犯した」から、殺されたのですか?

本来、核というのは、いまも昔も、「使えない」究極の兵器です。

相手国が核を保有していたら、報復攻撃の危険があるからです。
核攻撃したら、核で反撃される。
だから相手国が核を保有している限り、核は使えない。そういうものです。
ですから核を使う相手は、絶対に、報復の危険のない相手でなければならい。

昭和20年8月の時点で、日本は満身創痍です。
しかも核は保有していません。

だから米国は、対ソ戦略のための牽制のために、日本に安心して核を落とすことができたのです。

「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」

ですから「過ち」というなら、日本が核を持っていなかったこと。反撃の余裕がその時点でなくなっていたことが、最大の過ちです。
だから日本は、核を落とされた。

ならば、日本は、二度と核を落とされないように、世界最大の核保有国となる。
そして世界が、絶対に、二度と日本に核を落とせないようにする。
日本に核を落とさせ、多くの人命を失わせるような「過ち」は、二度と繰り返しません、というのでなければ、論理が矛盾する。
亡くなられた方々が、うかばれません。

日本に核が落とされたときに、トルーマン大統領がメッセージを発表しています。

~~~~~~~~~~~~~~
President Harry S.Truman Address to the Nation,
6 August 1945
広島への原子爆弾投下のトルーマン大統領声明
(1945年8月6日)

Sixteen hours ago an American airplane dropped one bomb on Hiroshima, an important Japanese Army base. That bomb had more power than 20,000 tons of TNT. It had more than 2,000 times the blast power of the British "Grand Slam," which is the largest bomb ever yet used in the history of warfare.

今から16時間前、米国の一航空機は日本陸軍の最重要基地である広島に1個の爆弾を投下した。
その爆弾は、TNT火薬2万トン以上の威力を持つものであった。

それは、戦争史上これまでに使用された爆弾の中で最も大型である英国の「グランド・スラム」の爆発力の2000倍を越えるのであった。
~~~~~~~~~~~~~~

おかしな声明ではありませんか?
広島を「日本の陸軍の最重要基地(=an important Japanese Army base)」と書いています。
広島は、陸軍の軍事基地ですか?
亡くなられた広島市民は、全員が陸軍軍人ですか?

昨今、広島の平和記念館では、当時「広島が軍事基地であった」という宣伝がされているそうです。

広島の方々に問いたい。
亡くなられた方、被ばくされたあなた方のお身内は、全員、陸軍の軍事基地の人だったのですか?と。

トルーマン声明の4日後、日本政府が、スイスを通じて米国政府に抗議文を提出しています。

下に、全文(日本語及び英語)を紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~
【米機の新型爆弾による攻撃に対する抗議文】

今月6日、米国航空機は、広島市の市街地区に対し新型爆弾を投下し、瞬時にして多数の市民を殺傷し同市の大半を潰滅させました。

広島市は、何ら特殊の軍事的防衛機能や、そのための施設を施していない普通の一地方都市です。
同市全体を、ひとつの軍事目標にするような性質を持つ町ではありません。


本件爆撃に関する声明において、米国トルーマン大統領は、「われらは船渠(せんきょ)工場および交通施設を破壊した」と言っています。

しかしこの爆弾は、落下傘を付けて投下され、空中で炸裂し、極めて広い範囲への破壊的効力を及ぼすものです。

つまり、この爆弾で、この投下方法を用いるとき、攻撃の効果を右のような特定目標に限定することは、物理的に全然不可能なことは明白です。

そして本件爆弾が、どのような性能を持つものであるかは、米国側は、すでに承知しているものです。

実際の被害状況は、広範囲にわたって交戦者、非交戦者の別なく、男女老幼を問わず、すべて爆風および幅射熱によって無差別に殺傷されました。

その被害範囲は広く、かつ甚大であるだけでなく、個々の傷害状況を見ても、「惨虐」なるものです。

およそ交戦者は、害敵手段の選択について、無制限の権利を有するものではありません。

不必要の苦痛を与えるような兵器、投射物その他を使用してはならないことは、戦時国際法の根本原則です。

そのことは、戦時国際法であるハーグ陸戦条約規則第22条、及び第23条(ホ)号に明定されています。

米国政府はこのたびの世界大戦勃発以来、再三にわたって、
「毒ガスその他の非人道的戦争方法の使用は文明社会の世論によって不法であり、相手国が先に使用しない限り、これを使用することはない」と声明しています。

しかし、米国が今回使用した本件爆弾は、その性能の無差別かつ惨虐性において、従来かかる性能を有するが故に使用を禁止せられをる毒ガスその他の兵器よりも、はるかに凌駕するものです。

米国は国際法および人道の根本原則を無視して、すでに広範囲にわたって日本の大都市に対して、無差別爆撃を実施しています。
多数の老幼婦女子を殺傷しています。
神社や仏閣、学校や病院、一般の民家などを倒壊または焼失させています。

そしてさらにいま、新奇にして、かつ従来のいかなる兵器、投射物とも比べ物にならない無差別性、惨虐性をもつ本件爆弾を使用したのです。

これは、人類文化に対する新たな罪悪です。

日本政府は、ここに自からの名において、かつまた、全人類、および文明の名において、米国政府を糾弾するとします。

そして即時、かかる非人道的兵器の使用を放棄すべきことを厳重に要求します。

昭和20年8月11日



PUBLIC INTERNATIONAL LAW - ATOMIC BOMBING OF HIROSHIMA AND NAGASAKI WAS AN ILLEGAL ACT IN VIOLATION OF INTERNATIONAL LAW.

The Japanese Government presented a letter of protest as stated below, to the Government of the United States through the Government of Switzerland on August 10, 1945.

August 10, 1945

A New-Type, Cruel Bomb Ignoring International law; Imperial Govern-ment Protest to the Government of the United States.
With regard to the attack by a new-type bomb on the city of Hiroshima by a B-29 bomber on the 6th inst. the Imperial Government filed the following protest on the 10th inst. to the Government of the United States through the Government of Switzerland, and gave instructions to the Japanese Minister to Switzerland, Kase, to make the explanation of explanation of the same effect to the Inter-national Committee of Red Cross.

Protest against the Attack of a New-Type Bomb by American Airplane:

On the 6th of this month, an airplane of the United States dropped a new-type bomb on the urban district of the city of Hiroshima, and it killed and wounded a large number of the citizens and destroyed the bulk of the city. The city of Hiroshima is an crdinary local city which is not provided with any military defensive preparations or establishments, and the whole city has not a character of a military objective. In the statement on the aerial bom-bardment in this case, the United States President “Truman” asserts that they will destroy docks, factories and transport facilities.
However, since the bomb in this case, dropped by a parachute, explodes in the air and extends the destructive effect to quite a wide sphere, it is clear to be quite impossible in technique to limit the effect of attack thereby to such specific objectives as mentioned above; and the above efficiency of the bomb in this case is already known to the United States. In the light of the actual state of damage, the damaged district covers a wide area, and those who were in the district were all killed indiscriminately by bomb-shell blast and radiant heat without dis-tinction of combatant or non-combatant or of age or sex. The damaged sphere is general and immense, and judging from the most cruel one that ever existed. It is a fundamental principle of international law in time of war that a belligerent has not an unlimited right in chosing the means of injuring the enemy, and should not use such weapons, projectiles, and other material as cause unnecessary pain; and these are each expressly stipulated in the annex of the Convention respecting the Laws and Customs of War on Land and artices 22 and 23(e) of the Regulations respecting the Laws and Customs of War on Land. Since the beginning of the present World War, the Government of the United States has declared repeatedly that the use of poison or other inhumane methods of warfare has been regarded as illegal by the pubic opin-ion in civilized countries, and that the United States would not use these methods of warfare unless the other countries used these first. However, the bomb in this case, which the United States used this time, exceeds by far the indiscriminate and cruel character of efficiency, the poison and other weapons the use of which has been prohibited hitherto because of such an efficiency. Disregarding a fundamental principle of international law and humanity, the United States has already made indiscriminate aerial bombardments on cities of the Empire in very wide areas, and it has already killed and injured a large number of old people, children, and women and collapsed or burned down shrines, temples, schools, hospital and ordinary private houses. Also, the United States has used the new bomb in this case which has indiscriminate and cruel character beyond comparison with all weapons and projectile of the past. This is a new offence against the civilization of mankind. The Imperial Government impeaches the Government of the United States in its own name and the name of all mankind and of civilization, and demands strongly that the Government of the United States give up the use of such an inhumane weapon instantly.


Note: Japan Branch of the International Law Association, Japanese Annual of International Law, 8, pp.251-2. (Tokyo: 1964)
~~~~~~~~~~~~~~~

文中にあきらかな通り、広島市は、何ら特殊の軍事的防衛機能や、そのための施設を施していない普通の一地方都市ですし、同市全体を、ひとつの軍事目標にするような性質を持つ町でもありません。

間違いなく原爆は、普通の大都市に投下され、「多数の市民」が殺されたのです。

以下は、日心会MLにあった投稿です。

~~~~~~~~~~~~
[日心会:13743]

広島へ行き、平和記念館へ初めて訪れました。

ここの最初の展示物は広島が「軍都」であったという強調でした。
左翼教科書にあるように「広島は軍都であったために原爆攻撃された」と言いたいのです。

そして小中高の修学旅行生たちに張り付いて「広島平和ボランティア」と書いたTシャツを着た左翼らしい、中年の男女私設ガイドたちが反日反軍洗脳をしていました。
おそらく共産党員か9条の会、日教組の連中でしょう。

彼らはこの場所だけの解説で、これから延々と続く原爆被害の悲惨な展示解説にはついて来ませんでした。

要するに日本の軍国主義の歴史を告発して「日本を恥ずべき国家だ」と洗脳したいのです。

横で聞くに堪えないので「日本の悪口を言うな!」と一人の女性ボランティアを怒鳴りつけました。

「すみません」と謝っていましたが、次の日にも左翼プロガンダを続けていたことでしょう。

書籍売り場には左翼好みの膨大な原爆被害の本の羅列のなかに、日本シルクロード科学倶楽部発刊の「核の砂漠とシルクロード観光のリスク」だったか「中国の核実験」が無視されたかのようにひっそりと2冊だけ置かれていました。
それだけが救いでした。

ここでは多くの「強制連行」された朝鮮人も原爆で殺されたという展示もあり、記念館の入口には韓国姉妹都市から贈られたという強大な極彩色の太鼓が展示されていました。

ここの趣旨と違うだろう、と怒りがこみ上げてきました。

出口付近にあった記念館の感想を書く「対話ノート」に最後の怒りを込めて

「このような左翼の反日反軍プロパガンダの拠点はもう一度原爆で破壊されたらいいのだ!」

などと書いて出てきました。

ここはぜひ愛国保守が日々抗議の狼煙を挙げるべき場所だと感じました。
~~~~~~~~~~~~~~

戦後、65年、反日左翼は、ずっとこんなウソばかりついてきた。
もう、こんな馬鹿げた妄想や妄言のデタラメをゆるしてはいけない、そう思います。

広島に原爆が投下されたのは、昭和20(1945)年8月6日午前8時15分です。
ボクは、この時間に、亡くなられた皆様のご冥福のお祈りと、二度と原爆を落とされない国づくりを決意して、黙祷を捧げます。

【参考資料】
高田純著「核と刀」明成社
http://www15.ocn.ne.jp/~jungata/SSP-J5.html>/a>

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

Chinese nuclear tests in East Turkestan 2of3


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

共通一次世代

No title
>アメリカの前に…日本政府が全ての被爆者に家族に、無条件で謝罪をして歩き、保障をする事から初めるべきだと私は思います

広島は、その悲惨さと、「原子爆弾」という兵器のために「特別視」されますが、東京大空襲も、同じホロコーストです。大阪も神戸も、そして、空襲を受けた多くの地方都市も。加えて言えば、満州や朝鮮半島に住んでいた日本人に対する虐殺も。

日本人が受けたものは全てがホロコーストです。
そこではみなが同じ立場だと思います。

広島が広島自身を特別視すればするほど、日本人の心は離れていってしまうかもしれない・・・。

日本人なら広島はある意味「聖地」です。
被爆者の方たちの前では私たちは言葉を掛けるよりも、頭を垂れ、凄惨な死を遂げた方々に対し、ただただ祈るしかありません。皆、自然にそうするのではないでしょうか。
事実を知っていてもその悲惨さを体験していない私たちは、「広島」を目の前にすれば祈るしかありません。軽い言葉を掛けるより祈りたいと思います。誰しもそうだと思います。

日本政府に謝罪と賠償・・・。これを求められるのですか?
「聖地」を悪用する反日と同じ方向です・・・。
沖縄も同じです・・。

>責任云々は置いといて、人を想う事が全てです

日本政府に謝罪と賠償を求めることは事実上「責任は日本政府にある」と認めさせることになります。その時点でアメリカの責任はもう追及できません。

「人を想うこと」とは「保障をすること」なのですか?

とてつもなく虚しい気持ちに襲われます・・・・。

-

広島人様へ
私には貴方を説得できるほどの体力も精神力もありません。

ただ、広島人様が 『真実の歴史を500年ほど遡って勉強してくれたらなあー』と願っております。

生意気をお許し下さい。
過ちは繰り返しませぬから、、、
とはつまり、日本は最強の軍隊、核を超越した兵器(平和の武器)を発明し、世界一の情報局と局員を保持すること。 そう自己解釈しています。

私は正直、真剣に日本人なら実現させることが可能だと、そう思っています。 日本人ほど沈黙で心から平和を愛する民族としては世界で、稀なのですから。

日本だけとは戦争は出来ない、勝てる見込みは100%ないと、世界中が認める国になれと、亡くなった被爆者たちはそう願っているのではないかと考えたこともあります。

日本民族が生き残る為にもそうならなければならない。

今は、毎日目まぐるしく変わる情勢と迫る危機に、日本がどうしたら生き残れるかそれだけで頭が一杯です。

 

広島人

言葉が悪かったのは謝罪します スミマセンm(__)m


このブログを昨日発見してのコメントでした

↓のコメントは管理人ご本人ですか?


貴方が言うように考え方感じ方十人十色です


私が言いたいのは‥結果論だけが全てではないと言う事です

アメリカに賠償してもらえ等の意見もあります

先ずはファシズム対民主主義の対立……
そこから民族間の違い等々からの戦争です

だからと言って原爆を使って良いと言うものではありませんね

ただ‥全てを受けとめる、全ての戦争、争いを終結して欲しい……

それが…

安らかに眠って下さい
過ちは繰り返しませぬから

であるのではないかと解釈してます


責任は誰か?
賠償は誰が?

日本政府でも、きちんとした責任をとってはいません

だからこその全てを受けとめる

全てを受けいれる


言葉の碑だと私自身は信じいます


この責任を問える程‥人間は綺麗な生き物では有りません

前を向いて生きる為に責任は誰かを探しているような気がします


アメリカの前に…日本政府が全ての被爆者に家族に、無条件で謝罪をして歩き、保障をする事から初めるべきだと私は思います

責任云々は置いといて、人を想う事が全てです

失礼しましたm(__)m

共通一次世代

No title
>だから何だ?

先日のNHKでの日韓の討論番組で「君なんか歴史を語る資格などない!!」と日本の若者に暴言を吐いた在日の映画監督とまるで同じですね。

>客観的に視た事と我々被爆した御先祖とは違う

65年間、一方的に、さも広島の人たちの代弁をしてきたかのような人たちが表に出てきます。マスコミに取り上げられる人たちはみな同じことを言います。しかもここでの意見と方向性が全く違う意見です。
でも、親戚で被爆死された方をもつ広島の人の「本当の声」を私も聞いています。ここで述べられていることと同じです。

あなたの意見がすべてではない。

沖縄も同じです。ある一方的な意見しか中央に届かないのは絶対におかしい。マスコミが一方的にしか意見を流さないのは絶対におかしい。

「理不尽」に「無残な」殺され方をしたご先祖様は、どう思われるのか。
「子孫にはどうか人間として尊厳ある死を迎えられるように」と思われるのではないですか?

ヤクザ国家の言いなりになって、麻薬を買い、パチンコで身を滅ぼし、殺人を犯す身にになって欲しいと思うでしょうか。

目の前にいる、核という「刃物」を持った鬼畜の言いなりにならなかったら、どうなるのでしょうか。ご先祖様と同じ殺され方をするんです。
それをご先祖様方は望まれるのでしょうか?

今のままでは、鬼畜に加担し、鬼畜に魂を売り、自他共に、心身ともにぼろぼろになるか、あるいは、丸腰でむかい、捕虜となり、辱めを受け、人間の尊厳も奪われ、無残な死を遂げるか、どちらかではないのですか?

丸腰で「平和」を唱えることが何の解決にになるのですか?
鬼畜が懐柔するとでも思っているのですか?
鬼畜のなかで、心から謝罪をする人間なんているんですか?

広島人

だから何だ?
これはおかしな話だ…等々今の時代だから言える事をベラベラとお疲れ様

客観的に視た事と我々被爆した御先祖とは違う

無念の想いを超越した場所に……

安らかに眠って下さい

過ちは繰り返しませぬから

知識、その時の感情だけで解釈出来るものでは無い

正直同じ日本人でもムカムカする

アメリカに保障を求めよう

黒い雨
「黒い雨」範囲拡大 早急な救済につなげよ
http://www.chugoku-np.co.jp/Syasetu/Sh201008020087.html

国の線引きは大ざっぱと言わざるを得ない。
終戦直後、気象台員が100人余りの住民に
聞き取った調査にもっぱら基づいているからだ。
当時「ここが大雨だった」と
見立てて地図に書き込んだ楕円(だえん)形をそのまま、
現在の健診区域として使っている。

がんなどが見つかれば被爆者手帳が交付され、
健康管理手当も出る。だが同じように雨を浴びたのに、
道を隔てると何の救済もないケースがある。
制度ができて34年、
区域外の住民たちが拡大を求め続けてきたのも当然である。

国は「新たな証拠がない」と門前払いしてきた。だが、ここにきて「証拠」が次々出ている。

第一に雨域である。市がおととし実施した大規模アンケートで、黒い雨が降った場所と時間について1500人余りの証言が集まった。統計学的な分析によって、範囲の広がりとともに健康不安が残る現状が浮き彫りになった。

ぽんた

既に核でさえ時代遅れなんだが・・
第二次大戦以降、米軍を筆頭に新兵器の開発研究は休むこと無く、
継続されてきました。それを知らないのは日本人がお花畑だからです。

公式に認めて居るものでは、最近米軍が全世界を一時間以内に爆撃可能な、
爆撃機を公表してますが、そんなものは氷山の一角にすぎません。

ハープ等の気象制御兵器や、
特定の人種だけに作用するよう改造された人造ウイルス、
敵国のコンピューター網を乗っ取って無力化するコンピューターウイルス、
電磁波による非殺傷兵器や、精神に作用するマインドコントロール兵器

ですが核に変わると推定されるのは、放射能を出さずに強烈な破壊力を有する反物質爆弾です。
通常大型の粒子加速器を用いいても大量の反物質生成は困難だとされてますが、旧ソ連の文献を元に米軍が地下核実験にて大量の反物質生成に成功しているという話があります。

核以上の兵器があれば、放射能を出す核はお荷物以外の何者でもありません。つまりオバマが平和主義者だからそういう流れになったのではなく、
優秀な代替品ができたから、無くてもいいやwという流れです。

こんなことを言うと恐縮ですが原爆の慰霊祭で核廃絶とか言ってるのは、
言う方も真面目に聞いてる方も私にとっては唯のアホなピエロですね。

日本人もいい加減、人や情報を疑るというクセを身につけてくださいな・・

-

No title
「過ちは繰り返しません」に関しては
アメリカに二度と核を使わせない、って意味だと
自分は理解してたんだけど、違うのかな?

ホロン部の方へ送る

こういうことですね?
日本を韓国に変えてみた>

世界は、正しい歴史を認識しています。
嘘の歴史を言うのは、
韓国人だけと思いますよ。

韓国は、
戦争、侵略、強制連行、植民地、奴隷、慰安婦、
全て、世界から、非難されています。
だから、今でも、世界に、
「韓国人おことわり」のプレートが、
多いのですよ。

韓国は、アジアで、
数千万人の、命を、沈めました。
朝鮮半島では、その半分の、被害をやられました。
韓国は、そのお返しを、受けたのですよ。
これを、「因果応報」といいます。

韓国は、国際の弱さを、認めるべきと思いますよ。

とやってみるとあまりのしっくり加減に噴いた。
まあ、日本に来ている半島人のほとんどが日本でいう
同和などの部落民なので素行の悪さはいたしかたないかと、
本国でも居場所がなくて格別のマイノリティーなんですから

あ、もしかして釣られた?www

-

No title
>アメリカがソ連への威嚇として原爆投下をしなかった場合、北海道、下手をすると東北地方くらいまではソ連に占領されていた可能性があります。


だからと言って、正当化できるものではないので「私は原爆投下を肯定するつもりはありません。 」と書かれたのですね。

そもそもソ連への威嚇になっていたかどうか、疑わしい気がするのですが。

-

No title
通りすがりに失礼します。

私は原爆投下を肯定するつもりはありません。
しかしあまりに偏った論調に疑問を覚え、投稿しました。

アメリカがソ連への威嚇として原爆投下をしなかった場合、北海道、下手をすると東北地方くらいまではソ連に占領されていた可能性があります。
その場合、原爆の被害者より更に多くの民間人がシベリア送りや虐殺・略奪に遭い、犠牲になっていたことが考えられます。
この点はどうお考えですか?

-

「日韓併合百年」総理談話発表に反対する署名
創生「日本」が、「日韓併合百年」総理談話発表に反対する署名を募集しています。
オンラインで署名できます。
国民運動で談話を阻止しましょう!

創生「日本」
http://sosei-nippon.jp/

[LDPchannel] 安倍晋三元総裁「軽率なる『総理談話』を阻止!!」2010.08.06
http://www.youtube.com/watch?v=UATcBUORLwI

[YamatoPress] 「日韓併合百年」 総理談話 阻止! 共同声明 【第1章】
http://www.youtube.com/watch?v=qu19PJU-cSk

共通一次世代

No title
>国際の弱さ

変な日本語ですね。

>「日本人おことわり」のプレートが、
  多いのですよ。

変なところに読点打ちますね。

「日本人おことわり」のプレートは韓国ではよく見かけるらしいですね。逆にありがたいですね。分かりやすくて。
日本人が入店してお腹でも壊したら大変ですし、突然殴られたりして殺されてはたまったもんじゃありませんから。
そうそう、駐韓日本大使に石を投げつけた輩も居ましたし。
あんなこと起きれば、普通は国交断絶でしょう。
まぁ、あれほど嫌っているのなら国交断絶しましょうよ。
快くお受けしますよ。
せいせいします。

【★「日本人はお断り」「100倍謝罪しろ」 理想と現実の狭間で揺れる韓流ファン - ★厳選!韓国情報★ South Korea News Channel】
http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/e900d1f044ca2786b10d1ef3066cdca1

愛国志民

仙石の盟友タジタジ☆
仙谷幹事長は東大全共闘の名うての活動家で、元社会党党員の左翼政治家だというの
は誰も知っていることですが、正真正銘の国賊である高木健一弁護士の友人であると
自ら表明した事には驚きました。これは日本解体を確信的に表明したものと受け取
るべきでしょう。菅内閣は菅首相以下全員がアナーキストであり、アナーキストが
政府を構成するという笑えない冗談には、この糞熱い熱夏というのに肌寒さを感じざ
るを得ませんね。民主党全体がアナーキストパーティであると言って差し支えないで
しょう。こんな政党があと三年も日本を牛耳るのだとしたら、死んでも死にきれませ
ん。

仙谷が友人と表明した、従軍慰安婦仕掛け人の正真正銘の売国奴である高木健一につ
いて、どんな顔をした奴だったか記憶が定かでなかったので、ネットで探していたと
ころ、youtubeで凄いものを見つけました。
勇気がわいてくる映像です。

是非、皆さんにも見て頂きたいですね。
見てのお楽しみです。
http://www.youtube.com/watch?v=piYEA2VsQY0&feature=player_embedded

反ネトウヨ

No title
世界は、正しい歴史を認識しています。
嘘の歴史を言うのは、
日本の右翼だけと思いますよ。

日本は、
戦争、侵略、強制連行、植民地、奴隷、慰安婦、
全て、世界から、非難されています。
だから、今でも、世界に、
「日本人おことわり」のプレートが、
多いのですよ。

日本は、アジアで、
数千万人の、命を、沈めました。
朝鮮半島では、その半分の、被害をやられました。
日本は、そのお返しを、受けたのですよ。
これを、「因果応報」といいます。

日本は、国際の弱さを、認めるべきと思いますよ。

町工場の親方

日韓基本条約における経済協力の規模
表題について。

無償援助ーーー3億ドル
優勝援助ーーー2億ドル
民間借款ーーー3億ドル

計8億ドル

当時の韓国の国家予算ーーー3.5億ドル
物価20倍として、現在の貨幣価値で6兆円
当時の日本の保有した、貴重な外貨ーーー18億ドル
8億ドルは日本の全外貨の44%

如何に莫大なものかおわかりいただけると思います。

朴正熙・大統領はこの94%を公共事業に投じ、朝鮮戦争による、惨憺たる状態からの復興を果たした。

私見によれば、これだけの莫大の援助を韓国にした日本の政財官高官の気持ちは
左翼の植民地支配への贖罪などでなく、

○、かっての日本人同胞だった韓国の人たちの気の毒な状態の救援
朝鮮戦争は南北に分かれ、大量の軍隊が国内を何回も南下、北上し、韓国の軍民は途方も無い死者を出し、都市は破壊尽くされた。

○、一方、その反面、朝鮮戦争により、日本はその、特需により経済的復興、発展の基礎ができた。敗戦直後のアメリカの対日政策が大変換した。

○、韓国の経済発展により、ソ連共産主義による、赤化の防止。

[50年前の話になりますが、サラリーマン時代の私の部長、が、「朝鮮動乱により、本当に息をついた」、と語っていたのが印象に残っています。また大学から海軍へ行き、海軍将校で復員し、家業を継いだ業界の先輩も、「朝鮮動乱により日本経済は救われた。」、と語っていました。]

日本は、サンフランシスコ条約による、賠償を誠実に実行しました。

もうかなり前になりますが、「選択」、という情報誌を取っていたことがあります。いつでしたか、そこに憎日左翼が寄稿した文を読んでゾッとしました。(この雑誌は何人かを除き、匿名で書かれており著者名はわかりません)
戦後の日本は日本が戦争犯罪を犯した国々に対して、いかにまったくなにもしていないか、という悪意に満ちた文章で、日本を罵倒、糾弾していました。
あまりの文の酷さに、どうにも腹に据えかね、編集部に電話して、怒りをぶつけましたが、著者は完全なる確信犯による、思い込みでなにを言っても無駄と考えます。
これと同類項の憎日左翼は日本に数多くいます。平成五年、雑誌、「諸君!」、11月号にて、西尾幹二・電通大教授により、完膚なきまで批判され、以後言えなくなりましたが、(その手が使えなくなりましたが)、それまでは、「朝日」、(築地カルト・チョーニチ)、は
ワイゼツカー・ドイツ大統領の演説を引き合いに出しては、
「ドイツはユダヤ人に、謝罪と多額の償いをしているのに対して、日本はアジアに謝罪も償いもロクにしない、タチの悪い国民だ」、と、日本の国と日本人を繰り返し責め立てました。NHKも、「朝日」、に悪乗りし繰り返し報道しました。

平成七年八月十五日、全国戦没者追悼集会の席で、衆議院議長・土井たか子は、天皇皇后両陛下、戦没者遺家族を前にして、
「日本は今もって、アジア諸国と和解をしていないのであります」。と声高く日本を非難、糾弾たときの、私の怒りは生涯忘れられるものではありません。

このように、チョーニチを始め、憎日左翼カルトは、日本の国家、国民に対する愛情が根本的に欠落していますので、いかに日本国民が誠実に義務を果たしても、非難こそすれ、絶対に評価や感謝はしません。

連中が、絶対に日本の国を良くいわないのと、軸を一にしていまいす。

素浪人

核武装せよ
無いから落とされた。
人種差別の問題もあるが、上の理由の方が重い。

それは、相手が中露鮮になっても全く同じ。
無いから万事、なめられる。好き勝手に排他的水域に入られる。領土は掠め取られる。国民は誘拐される。
アメリカの影響力が落ち、日本が裸になれば、落とされないまでも、連中の好き勝手は確実にエスカレートし、日本侵略が加速度的に進むだろう。

核廃絶論者は、全く不毛な、非現実的な議論をしている。
何故なら、核兵器は、全世界で一斉に、一発残らず無くさねば全く無意味。米・英・仏だけならそんなことも出来ようが、ヤクザ国家の中・露・鮮(自称)が簡単に捨て去るか?周りが敵だらけのユダ公はどうか?廃絶出来ても、あと一億年位かかるだろう。オバマの鶴の一声で世界が平和になることなんておバカのおとぎ話だ。

(今は世界が核廃絶出来ていないし、日本には)無いから持て。それ以外に言うべき言葉があろうか。理屈だけだ。
感情は、要らない。

反ネトウヨ

No title
右翼はアメリカが日本に原爆を落としたことに対して
批判する。
しかし原爆の日に慰霊祭に集まった人に対しても
批判する。
頭の中はどうなっているのだろう。

No title
朝鮮戦争、ベトナム戦争、湾岸戦争、ソマリア、コソボ、9・11、アフガン、イラク戦争・・・米国も庶民層の犠牲者数は日本に負けてないような。

天網恢恢 疎にして漏らさず・・・

-

民主党の仙石は、4日の記者会見で植民地支配の過酷さは言葉を奪い文化を奪い韓国の人々に言わせれば土地を奪うという実態もあった。直視して考えなければならないと述べている。こいつは、さすが全共闘運動過激派のリーダーだけの事はあり人間自体が腐れきつている。菅や仙石や低脳民主党議員は韓国にたいして竹島を返せと強く訴えろ。左翼朝鮮民主党よ

春風

No title
数年前に平和記念館を訪れました。
まず最初に広島は日露戦争当時(明治37-38年、1904-1905)明治天皇も数ヶ月ご滞在、そこから指揮をされたという説明があり、当時の模様を写した屏風絵が飾ってありました。

当然のことながら明治天皇の御製はなし。
「四方の海みな同朋と思う世になど波風の立ちさわぐらん」

訪れたものは皆広島は軍都だったという先入観で展示室を廻ってゆくことになります。
しかし原爆投下候補地は小倉、京都など複数ありました。

忘れられないのは銀行の入口前にあった階段が一部保存してあり、そこには黒い影が残っています。
銀行の開店を待っていたご婦人がそこで犠牲になったということでした。
このように普通に生活していた人々が一瞬で犠牲になったのです。

米軍が日本国民に向けて降伏を促すビラがいくつか展示してある中に、「大東亜共栄圏は嘘である」と書いてあるのを見つけました。
日本軍は、国民は崇高な目的のために戦ったんだという思いがこみ上げました。
これを見つけたのが唯一の救いでした。

開戦と終戦の詔書改めて読みたくなりました。

トラ

背中一面火傷を負った、凛々しい日本男子
毎年8月6日になると、世界中から偽善者達が集まる。
日本からも偽善者と左翼が、尤もらしい顔をして式典に列席する。

確か去年の8月6日に原爆生存者から、投稿がありました。  式典に参加しているのは左翼で、原爆生存者達は参加しません、と。

世界の偽善者達は毎年、綺麗事を並べ、日本人の平和ボケをしかと確認し、安心して帰国するのだろう


内心では『なんと言う目出度い民族だ』と侮辱しながら。

戦後65年早くも過ぎ去ろうとしていますが、日本はこのまま終わる国、民族ではありません。

目下の問題はシナイナゴの日本浸食、自分の町は自分達で守る。  変化の把握が必要でスキを与えてはいけない。

『日本が核保有国』 となるには、アメリカの支持、指導の下で行う。 それしか方法はなく、可能性は大と見なします。 外交の天才が現れるでしょう。

菅首相の『核の脅威に対応して、云々』
この日本人成り済まし男は、日本に核の保有を仰いで何を企んでいるんだろうか?

シナイナゴと共に、民主党打倒は一時の猶予もない。

壁に横ずけにされた診察台の上にパンツ一つで、背を向け膝を軽く曲げた10歳くらいの男の子。 白人の医者、実録を撮るカメラがこの子に近ずく。 不快な顔をしてカメラを見た。 子供とは思えぬ全体からにじみ出る、凛々しさ。

指先のちよっとの火傷でも痛くて、私は大騒ぎするのに、この子は背中に大火傷をしているにもかかわらず 『小さなサムライ』 その者でした。

今までの火傷の治療では効果がないので、医療団が研究会議を開こうとしたのですが、連合軍に阻止されました。 平素の火傷治療で効果の是非を見たい、人体実験の為に。 屈辱そのものです。

人間としての尊厳を無視された日本人、あまりのショックに現実から目を逸らして、65年。

世界は悪魔ばかり昔も今も変わってはいません。

 民族存続の為には 『したたかに、日本人はしたたかになれ』。

志士

広島長崎の原爆の凄惨さを日本の全うな防衛論や核武装議論封殺の巧妙な道具として背後から操作されている。日本民族は侵略略奪の概念などない平和共栄民族である。韓国、台湾の現在の繁栄がそれを証明している。満州も繁栄し、その遺産で中共の重要産業拠点を担ってきた。世界の繁栄は日本の真の独立覚醒に委ねられている。背後支配の構図をゆっくりと断ち切らねばならない。

名無しさん

No title
なぜ広島市民は毎年この日に虚仮にされ続けているのに
怒らないのか。
平和の歌なんぞで戦争がなくなるわけないのに。

boekveld

No title
色々考えさせられる月が今年も来ましたね。

>本来、核というのは、いまも昔も、「使えない」究極の兵器です。

>相手国が核を保有していたら、報復攻撃の危険があるからです。
>核攻撃したら、核で反撃される。
>だから相手国が核を保有している限り、核は使えない。そういうものです。

日本と被爆者が原爆の悲惨さを長年世界に訴えてきたからこそ、この考えが世界に浸透し、本当に核抑止力が機能したのではないかと最近強く思います。その上で戦後日本が核攻撃を受けなかったのは何故かを日本人は一人一人改めて考えるべきと思います…もう日本も核武装を真剣に考える時期でしょう。

茶番
言っちゃ悪いが毎年、糞熱い夏に「広島市長」の茶番劇に付き合わされる日本人もかなわない。
人種差別がなければ落されるわけがない、人種差別が第一に有った事ぐらいは大人なら気がつく筈、またアメリカ・フランス・イギリスの自由国家には抗議するが、消される心配のあるソ連・中国には抗議出来ない、まやかしだよ。

-

これから先は、核保有国にたいして対等に外交で勝負する為には核武装は必ず必要となる。核武装をすれば中国や韓国や北朝鮮の発言行動も微弱なるだろう。日本も核武装で抑止力を高めて行くしかない

わざわざ広島に来て、国連総長が核廃絶について話しているニュースを見ました。この人物の出身国で日本に原爆が落ちたことをどう言ってるのか知らないとでも思っているんでしょうか?
本当に気分の悪い茶番です。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク