【拡散希望】広島市平和記念式典で読まれない もう一つの平和宣言




人気ブログランキング
←はじめにクリックをお願いします。

原爆ドーム


8月6日に行われた、田母神講演会「ヒロシマの平和を疑う」で、5月に始動した「平和と安全を求める被爆者たちの会」が作成した、もう一つの平和宣言が発表されました。

内容が素晴らしいので紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~~

ここに眠る皆様に謹んで申し上げます。

65年前のあの日、火事を避けて太田川の河原で見た現実はこの世のほかの風景でした。
広島市の惨状は大戦で被害を受けた他のどの地にも増して悲惨な光景でした。
その日からわずか20日後の記録があります。

夥(おびただ)しい人の誰も泣かない。
だれも感情を抑え、阿鼻(あび)叫喚(きょうかん)の気配はどこにもない。
黙って静かに死んでいく人達、ひどい火傷の負傷者の寂(じゃく)として静かな姿に心打たれる。
水をのみ、握り飯(めし)を頬(ほお)ばってはっきりと名を告げて息を引き取った少年勤労学徒。
死骸と並んで寝ることも恐れぬ忍耐。
骸(むくろ)になった幼い妹を背負い、直立不動で焼き場に立つ少年。

あなた方はどんな貴族よりも高い精神の中にいたのですね。
中華民国は、日本破れたりとはいえ、秩序整然たる態度はわが国人(くにびと)の範(はん)とするに足る、と賞賛しました。

原爆はあなた方の心にまでは届かなかったのです。
私たちはそれを誇りとします。

しかし、あなた方はこれが犯罪的で理不尽な攻撃であることを知っていました。

外国人特派員を案内した日本人は断固として、「広島の住人は君達を憎悪している」と言ったのです。
その言葉は生き残った人々の眼にも顕れていました。
それでも、嘆きと憎悪の日を希望の日に変え、互いに助け、互いに労わり、手を携えて復興に邁進されたのです。

多くは斃(たお)れ、別の多くは永らえ、新しい命を育(はぐく)み、街は見事に蘇りました。私たちは今なお、あなた方の力と心によって生かされています。

思えば、我が国人(くにびと)は千数百年にわたり、時来(きた)れば御社(みやしろ)を壊し、また作り、そして精神もまた、蘇ってきたのです。

広島も同じです。

古(いにしえ)に海を越えてやって来た数多(あまた)の神々もそれぞれにその所を得て先祖たちと溶け合い、懐深い心を作りました。
それでも人の生きる営みは時に争いを起し、猛(たけ)き者もやがては滅びました。
この姿に、人々は千年も前に悟ったのです。
永遠に続くものは無いと。消えかつ結ぶ泡(うたかた)の命の、浅い夢に酔うことはないと。

東から吹き寄せた風は束の間の300年の平穏を破り、父祖たちは荒ぶる世界に直面しました。
そして様々な人たちの様々な故郷(ふるさと)は取り、あるいは取られ、ついにあの日が来たのです。 

私たちは矛(ほこ)を収めましたが、荒ぶる世界はなおも続きました。
世界の東西に壁が張り巡らされました。
時の流れの中で恩讐を超えて、この国はあなた方を苦しめた側に立ちました。
そして豊かさを得ました。
しかし、あなた方の、あの静かなる誇りと忍耐や高い精神は忘れられてきています。

20年前、西方では自由の風が壁を壊しました。
古人(いにしえびと)の悟りは正しかったのです。
近くの壁の力は弱くなり、勃興した新しい猛(たけ)き力は暖気と冷気の混ざり合った渦となり、我が国に吹き寄せています。
核の国は増え続け、核の知識は広がりました。
不気味な隣国の増大する核の脅威に私たちは曝(さら)されるようになりました。

未だなお、奪われたままの故郷(ふるさと)があります。
奪われたままの同朋(どうほう)がいます。
奪われるかもしれない故郷(ふるさと)もあります。

今、我が国の苦難は深まっているのです。
これに慄(おのの)き、避けんとする人々は茫漠(ぼうばく)たる抽象の彼方に視界を送り、観衆の声援を集めることに力を費やし、照らし出すべき光の焦点を定めようとはしていません。
しかし、声援はあっても、その光の先には未だ想像以外のどんな実像も結ばれていません。

その一方で、歩むべき足元の道は闇に隠れました。
そしてこの国では、足下の道を拓(ひら)くどころか、そこに光を当てることすら忌避されるようになりました。
私たちが苦難を乗り越えて生きるためには、今歩むべき道筋をしっかりと見定めなければなりません。
風の前の塵であってはならないのです。 

私たちは決意しました。例え忌避されようとも、闇にもまた光を当てなければならないと。
遠くも、近くも、そしてどんなに苦しくとも照らし出さなければならないのです。
万国の法は核と争いの縮小を求めています。
さらにその実現のために、声援だけではない努力も求めています。

直接の脅威に曝(さら)される我が国は、万国の法の認める価値をともにする国の取る行動と歩みを合わせ、あらゆる努力が傾けられなければなりません。
今日平和であることは、明日の平和を保証しないのです。
明日に連なる実効的な努力の継続だけが、永続する平和への扉を開くのだと確信します。

私たちはまだ、あなた方に「安らかに眠ってください」と言える資格がありません。
今の私たちには、世界と溶け合った古(いにしえ)の心に源流をもつ、その賞賛すべき高い精神を必ずしも受け継いではいないからです。

しかし、私たちは忍耐を持って理不尽な死を迎える直前、「兵隊さん、仇(かたき)を取って下さい」と言われた人のいたことを忘れません。
あなた方は今もなお、私たちと共にあります。

どうか見守ってください。
あなた方の高き心が私たちの精神に満たされたとき、そして継続する努力が日々の平和を繋(つな)ぐことが出来たとき、私たちの仇(かたき)討ちは終わります。
その暁(あかつき)には、改めてあなた方に申し上げるでしょう。

「安心してお休み下さい。過ちは繰り返させませんから」

式典で読まれないもう一つの平和宣言
広島 平成22年8月6日
「平和と安全を求める被爆者たちの会」
代表 秀 道広 (被爆二世)
事務局長代理 池中美平(被爆二世)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

世界が求める本当の言葉は、まさにここにあると思います。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

1/3【8.6田母神講演会】ヒロシマの平和を疑う!完全版[桜 H21/8/12]



日本の心を伝える会 日心会


やまと新聞会員お申込みページ



下の窓の中味をコピペすると、やまと新聞のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

皆さん見ましょう

対日勝戦記念日
第二次世界大戦の終わった日は、
世界では日本政府が公式に降伏文書に調印した1945年9月2日を指し、
「対日勝戦記念日」という。「終戦記念日」
日本から見れば「敗北記念日」、または「敗戦記念日」。


15歳の志願兵
http://www.nhk.or.jp/nagoya/jyugosai/


教師は名門一中の生徒として進んで戦場に行くべきだと語る。


「俺は、すべての夢を捨てます
あらゆる人生設計を捨てます」


2010年8月15日(日)
NHK総合 夜9:00~10:13放送

日本太郎

本当の反核とは
札幌医科大学の高田純教授(札幌医科大学教授)の現地調査による結果が発表されました。中国が東トルキスタンで実施した核実験による被害で同地区のウイグル人(現新彊省地域)ら19万人が急死し、また急性の放射線障害などで甚大な影響を受けた被害者は129万人に達するとの調査結果が発表されました。ウイグル自治区(自治区は名前のみ)やチベットには地下資源が豊富で、中国共産党はチベット人やモンゴル人(墓標なき草原参照)と同じようにウイグル人の虐殺を繰り返し「民族浄化」を行つて、ウイグル人の先祖の土地から資産を奪い取っています。中共やり方はヒットラーや金さんよりも巧妙で残虐性があります、詳しくは日本ウイグル協会のホームページをご覧になって下さい。日本ウイグル協会の方が共産党・社会党の主催する原水爆反対運動に参加しょうとしたら、ここは親中国の団体だから参加する事は出来ませんとの事です。中国・北朝鮮の核実験は黙認していますとの返事でした(間違なく賛成しているようです)。日本人が長崎・広島の原爆の被害者として核実験に反対するなら、中共の出先機関惰ある共産党・社会党系の反核団体に騙されずに日本ウイグル協会を応援して反核運動をしましょう。日本太郎

fuji

日本が降参したから核兵器が凄いのですよ
 何処の国が核兵器が凄いなんて思っているのでしょうか? 白人諸国に対して負け戦覚悟で戦った日本軍の強さは、白人には脅威であり、他民族には憧れであったでしょう。その日本が核爆弾投下後降参したわけです。
だから、核兵器は凄いんですよ。
何処の国に核の惨たらしさが分かるのですかね?
知っているのは、戦後戦火の日本国中を徹底調査したあめりかぐらいなものでしょう。
日本人は、もっと歴史を知るべきですよ。

緊急拡散希望
また拡散希望です。
8月10日か15日に、韓国のネットユーザーが、日本のネット掲示板にサイバー攻撃をしてくるそうです。
ちなみに、アメリカにも攻撃することになるらしいですが…

…絶望しかない…

MERCURY

No title
素晴らしい話をありがとうございました。
もう一つの平和宣言を引用させていただきます。

たか

田母神講演会「ヒロシマの平和を疑う」を聴きに行きました。
こんばんは。
8/6は祝日出勤の代休を取って沖縄から広島に田母神さんの講演会を聴きに行きました。田母神さんの公演は非常に勉強になったのはもちろんのこと、札医大の高田先生がお話されたシナの核実験と、核廃絶を謳いながらそれを見て見ぬふりをする、いわゆる「平和団体」の欺瞞に対する批判も大変興味深く、本当に聴きに行ってよかったと思いました。
そして、御二方の公演に先立ち、女性(「平和と安全を求める被爆者たちの会」の方かと思います)が朗読した「もう一つの平和宣言」にも非常に心打たれました。この記事であらためて読んでみて、あの女性の心のこもった朗読を思い出しております。
当日会場に行けなかった方のために、この朗読が行われたときの動画もこのブログで掲載してみるとよいと思います(ただし、可能であればになりますが)。

-

緊急速報
【緊急速報】細野幹事長代理、謝罪談話閣議決定方針を公表[桜H22/8/9]
http://www.youtube.com/watch?v=kYRo-Ew7vZI

いわゆる「日韓併合謝罪談話」につき、政府は明日8月10日に閣議決定を行う方針を固め、これを民主党の細野豪志幹事長代理が、本日の民主党幹事長定例記者会見の前に報道陣に明らかにしました。そのぶら下がり会見の模様をお送りします。

-

No title
産経新聞8月5日の記事で、多母神さんは『世界の専門家の間では、「核兵器が防衛の兵器」というのが常識です』と言っています。この常識からすると世界で一番、核兵器を保有しそうな国は周囲の国に核兵器で脅されている日本でしょう。米国ともめているし。
広島の式典に米国、フランス、イギリスが出席するのは、核廃棄の運動を利用した核を持たせない圧力と考えるのは考えすぎでしょうか。
国連事務総長は無能の噂どおりとして考慮外とします。

『緊急拡散希望』
例の韓国への対話みたいな話について、最悪の悪夢が…

「8月10日に変更」
http://politiceconomy.blog28.fc2.com/?mode=m&no=638&cr=394c095b50c4f15511e17aae141f9791

…ただでさえ、来年に中国が侵略・虐殺しに来るというのに…
…もう何やっても手遅れな気がしてなりません。選挙で民意がはっきりと出たのに、全く変化がなさそうな気がしますし…

……死ぬしかないのか…?

愛国志民

陸軍海上挺進隊
沖縄慶良間列島で住民に自決命令を出したなどと汚名を着せられている
陸軍海上挺進隊ですが広島市に原爆が投下された際に
宇品の船舶司令部の命令により、江田島及び似島で訓練中の海上挺進隊員は
多くの被爆者を似島検疫所に移送するなど文字通り挺身いたしました。

このため、不幸にも二次被爆して戦後亡くなられた隊員も数多くいたということです。
こうした事実は隠蔽して反戦平和を叫ぶ団体の何と卑劣なことか…。

お盆

No title
今年も終戦記念日が来ます。
8/14 夕方、
英霊を冒涜する不逞外国人、反日左翼が「社民党本部!」からデモ行進を行います。こいつらは極刑に値する
犯罪人です。


>日米韓軍事訓練が行なわれるなど、いまだに戦争の影が強く残っている東アジア。今年こそ「ヤスクニ史観」を解体し、反戦平和の東アジア共同体の道へ進みましょう!

皆さんの積極的な参加や宣伝をお願いいたします。
8・14 平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動
「植民地支配とヤスクニ」

KEN

《緊急拡散希望!!!》
皆さま
お疲れ様です。

菅談話反対署名はもうお済みでいらっしゃいますでしょうか?

【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では
創生「日本」の「日韓併合百年」総理談話発表に反対する署名のお願い
を公表しています。
http://sitarou09.blog91.fc2.com/blog-entry-215.html

お一人でも多くの方に御協力を頂きますよう、伏してお願い申し上げます。

菱海

惨禍の中に「国民」の在ったこと
今日の私たちが繰り返し教えられる被爆者は、直前まで祖国の勝利を願っていた「国民」が、原子爆弾の一瞬の閃光によって、それらの全てを忘却した「人間」に戻ってゆく、その姿を指します。

しかしながら、あの原子爆弾の惨禍の中にあってさえ、なお人々は「国民」で在ったのだということが、このもう一つの平和宣言の前提で、ここに重要な意味があると私は思います。

その証言の一つが、まだ占領軍による言論弾圧の行なわれていない、昭和二十年八月三十日の朝日新聞に掲載され、この平和宣言にも「阿鼻叫喚の気配はどこにもない」として引用されている、大田洋子氏の『海底のやうな光』です。

ここには広島に投下された原子爆弾が、人間による戦争の悲劇などではなく、どこまでも敵による殺戮であるとする一貫した認識が綴られています。そして最後の部分には次の文章があり、私たちに当時の「国民」の感情の有り様を伝えています。

新兵器の残忍性を否定することは出来ない。だが私は精神は兵器によつて焼き払ふ術もないと思つた。あの爆弾は戦争を早く止めたい故に、使つた側の恥辱である。ドイツが敗北した。ドイツを軽蔑できなかつたと同じに、あの新型爆弾といふものを尊敬することはできない。広島市の被害は結果的に深く大きいけれど、もしその情景が醜悪だつたならば、それは相手方の醜悪さである。広島市は醜悪ではなかつた。むしろ犠牲者の美しさで、戦争の終局を飾つたものと思ひたい。(大田洋子/『海底のやうな光』)

愛信

日本が朝鮮にした恐ろしいこと
日本が朝鮮にした恐ろしいこと
http://www.santanokakurega.com/2010/07/post-147.html#comments

★ 36年の日本帝国主義支配のせいで 
★ 朝鮮半島の人口が2倍に増えて 
★ 24歳だった平均寿命が30年以上伸ぱされて 
★ 人口の30%を占めていた奴隷が解放されて 
★ 幼児売春や幼児売買が禁止されて
・・・・
その外多数あり
・・・・
仙石がまだ戦後補償は不十分だと言っているので
上記を提示しましょう。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

65年のツケ
犠牲者が少なくなるに従い、運動家の活動が段々酷くなる「左翼の巣窟」がヒロシマとの感じを強く受けます。
「レメンバー・ヒロシマ」と書き直して欲し「核」議論をする、さすれば世界もヒロシマに目を向けるでしょう。

mm

ちょっと失礼します。
佐藤守様のブログ
http://archive.mag2.com/0000012950/index.html)より
「3K移民を大量に受け入れた結果、欧州はどうなったのか?」
そのことがよくわかる、動画
http://www.youtube.com/watch?v=O9HQI3MevvI&videos=tpQpCdroOp4


内容は、ベルリンのある学校で、移民の数がドイツ人の数を圧倒
してしまった。
この地区では、移民の数が【90%】をこえているそうです。
それで、少数派になったドイツ人の子供たちが【ドイツ人だ】という
理由でいじめられている。

映像を見ていただければわかりますが、移民のいじめっ子たちは、
カメラで撮られていることも気にせず、ドイツ人の子をいじめつづけ
ています。


いじめられる原因についてたずねられた、子供はいいます。
「だって、ぼくは外人じゃないから・・・」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



ドイツ人でもいじめられない子供がいる。
動画の中で「いじめられないドイツ人」がその秘訣を明かしていま
す。



「ギャングのように行動しなきゃね、ここでは・・・」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
いじめられないためにギャングのように行動するドイツ人の子供。


動画の後半は、「神様なんて信じない」といったら、イスラム移民
の子供たちに集団暴行された
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ドイツ人の子の話。
さらに、ドイツ人の女の子がいいます。


「ドイツ人だというと、笑われたり罵られたりすることがあるわ」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「女の子がきて、『わたしイスラム教よ』っていうから、『わたしは
キリスト教なの』って答えたの。
そしたら、突然みんな「あんたなんて嫌いよ」って。
キリスト教の子はイヤなのね」


そして、動画の最後。

経済的に余裕のあるドイツ人家庭は、全部この地区から引っ越したとあります。
そして、残ったのは貧しいドイツ人家庭だけ。

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク